サンタが泣いた日

この曲の表示回数 16,404
歌手:

角松敏生


作詞:

角松敏生


作曲:

浅野祥之


もうあの日からとぎれたままの
愛を今宵つなぎとめたくて
ただ一人君の部屋へ
この想い届けに来たよ

けれど知らない誰かと二人
口づけていた君を
扉の影に見つけた僕は
声も出せないままに
瞳を止めて冷えた花束
にぎりしめるだけさ

白い吐息闇にたゆとう
部屋の中に消えた二人の影
窓灯りを見ればはるかな
遠い日の僕らが見えた

Merry Christmas さよなら
僕は一人で雪も降らない街へ
消えて行くだろう
これでいいんだ君が幸せならば
だけど叶うならこの一言を
伝えたい “Merry Christmas”

ふりむかず生きて行くよ
この花束も夜空に投げよう

Merry Christmas さよなら
僕は一人で雪も降らない街へ
消えて行くだろう
これでいいんだ君が幸せならば
誰かのために流せる涙
それがあればいいさ
Mm…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:サンタが泣いた日 歌手:角松敏生

角松敏生の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-12-04
商品番号:BVCR-65
BMGビクター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP