夜をこえて

この曲の表示回数 13,573
歌手:

角松敏生


作詞:

角松敏生


作曲:

角松敏生


夜が明けて行く 空の彼方から
金星の光届いたら すぐにも
君の心へ一番大切な事を伝えよう
今こそ気付いて
Run away from the lonely night
安らぎは明日にはない
夜をこえて光る
人の痛みが解かる時まで

君は自由が欲しいから そう言って
この僕を捨てて行ったけど いつかは
楽しみのためだけの空しさに心をくもらせて行く
それは自由じゃない
Run away from the lonely night
あきらめきれぬ悲しみも
愛にかえて送ろう
君をいつか気付かせてあげる

朽ち果てた愛もきっと蘇るさ 全て許せば
人は変われる
Run away from the lonely night
すぐにも会いに行きたい
夜をこえて光る
真実なら届け この想い
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜をこえて 歌手:角松敏生

角松敏生の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-07-01
商品番号:BVCR-89
BMGビクター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP