FIELD OF VIEWの歌詞一覧リスト  83曲中 1-83曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
83曲中 1-83曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
I Want...ヤバいくらい枯れちゃってるんだ アレもコレもドレも I Want... 予期もしない失敗ばかりで 壊れそうなMyself チョット弱すぎだね  現在で結果じゃない 本気で信じた Precious way 最上級を探す間に間に 疲れただけさ 問題ない  つまらない毎日は誰のせい? ヤバいくらい枯れちゃってるんだ アレもコレもドレも I Want...  真夜中にDancing 天使たち 何を選んでるの Do you want? 答えなどどうにでもなると 言ったけどMyself 全然アオすぎだね  過去にとどまらない やりたいように Precious way ただ順番を待っているだけの 邪魔する輩 問題外  負け癖は創らないで Top of the world! 比べられないでしょう? Mind & Pride  現在で結果じゃない 本気で信じた Precious way 最上級を探す間に間に 疲れただけさ 問題ない  つまらない毎日は誰のせい? ヤバいくらい枯れちゃってるんだ アレもコレもドレも I Want...FIELD OF VIEW浅岡雄也小橋琢人徳永暁人・FIELD OF VIEWヤバいくらい枯れちゃってるんだ アレもコレもドレも I Want... 予期もしない失敗ばかりで 壊れそうなMyself チョット弱すぎだね  現在で結果じゃない 本気で信じた Precious way 最上級を探す間に間に 疲れただけさ 問題ない  つまらない毎日は誰のせい? ヤバいくらい枯れちゃってるんだ アレもコレもドレも I Want...  真夜中にDancing 天使たち 何を選んでるの Do you want? 答えなどどうにでもなると 言ったけどMyself 全然アオすぎだね  過去にとどまらない やりたいように Precious way ただ順番を待っているだけの 邪魔する輩 問題外  負け癖は創らないで Top of the world! 比べられないでしょう? Mind & Pride  現在で結果じゃない 本気で信じた Precious way 最上級を探す間に間に 疲れただけさ 問題ない  つまらない毎日は誰のせい? ヤバいくらい枯れちゃってるんだ アレもコレもドレも I Want...
愛のカケラ君の居ない 0と1だけの街 サビついた時計は僕を縛ってる  無駄な物を抱え過ぎて壊れてく 恋心もなんだかすり減らしてる  アセるばかりの毎日じゃきっと 未来は変わらない  Why searching for Dream? 心の奥の想いをひとつの言葉に変えよう 迷路のような日々の出口まだ見えない いつの間にか消えてゆく愛のカケラ....  「優しさ」さえ薄くて軽い世紀末 ココロの暗闇を何で埋めようか?  重ねた肌 温もり感じるなら 本能は鈍ってない 目覚めよ D.N.A!!!  小さな決意だけでもいいよ チャンス来るだろう  What do you believe? 思うがままで過ごせば 全ての願いかなわない 迷いながら人間は強くなるだろう いつの間にか探してた愛のカケラ....  Why searching for Dream? 心の奥の想いをひとつの言葉に変えよう 迷路のような日々の出口まだ見えない いつの間にか消えてゆく愛のカケラ....FIELD OF VIEW浅岡雄也小田孝中川寛之・FIELD OF VIEW君の居ない 0と1だけの街 サビついた時計は僕を縛ってる  無駄な物を抱え過ぎて壊れてく 恋心もなんだかすり減らしてる  アセるばかりの毎日じゃきっと 未来は変わらない  Why searching for Dream? 心の奥の想いをひとつの言葉に変えよう 迷路のような日々の出口まだ見えない いつの間にか消えてゆく愛のカケラ....  「優しさ」さえ薄くて軽い世紀末 ココロの暗闇を何で埋めようか?  重ねた肌 温もり感じるなら 本能は鈍ってない 目覚めよ D.N.A!!!  小さな決意だけでもいいよ チャンス来るだろう  What do you believe? 思うがままで過ごせば 全ての願いかなわない 迷いながら人間は強くなるだろう いつの間にか探してた愛のカケラ....  Why searching for Dream? 心の奥の想いをひとつの言葉に変えよう 迷路のような日々の出口まだ見えない いつの間にか消えてゆく愛のカケラ....
I'm thinking a lot of you愛の形が此処にある 安らいだ寝顔 このまま触れていたい 朝が来るまで見ていたい  一度離れた二人だから もう迷わない  時間は魔法だね 僕達を大人にした 傷や悲しみを優しさに変えて...今は... I'm thinking a lot of you  いろんな出逢いがあったけど 君だけが違った 本音で話せた 飾ることなく自然に  一度にいくつも守れなかった あの頃は  強くなったのは 思いやりや愛しい気持ち 道に咲いている名もない花をいたわる様な...  時間は魔法だね 僕達を大人にした 傷や悲しみを優しさに変えて...今は... I'm thinking a lot of you  I'm thinking a lot of youFIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也池田大介・FIELD OF VIEW愛の形が此処にある 安らいだ寝顔 このまま触れていたい 朝が来るまで見ていたい  一度離れた二人だから もう迷わない  時間は魔法だね 僕達を大人にした 傷や悲しみを優しさに変えて...今は... I'm thinking a lot of you  いろんな出逢いがあったけど 君だけが違った 本音で話せた 飾ることなく自然に  一度にいくつも守れなかった あの頃は  強くなったのは 思いやりや愛しい気持ち 道に咲いている名もない花をいたわる様な...  時間は魔法だね 僕達を大人にした 傷や悲しみを優しさに変えて...今は... I'm thinking a lot of you  I'm thinking a lot of you
青い傘で窓の外眺めてはしゃぐ君の 声を聞きながら眠る帰り道 明日になればまた会えるのに この安らぎの中 離れたくない ただ真実が ふいに見えた時でも それが全てじゃない 君といればそう思う  雨が降る日は ふたり青い傘で空をつくろう 小さなシェルターみたいに 僕らこれからも何かを 選びながら行くよ 確かなものはなくても また明日を愛せるように  こんなに擦り切れた かかとの靴 僕らはどれほど 歩いてきたんだろう 大人になれば涙かわくまで やけに時間をかけて 抜け出せなくなる もし君が迷い 光が見えなくても 手探りで届くキョリに いつもいたいよ  晴れた空にさした青い傘は 色付きの影をつくる ひとつの宇宙 大きな流れに のみ込まれそうな時 守りたい未来抱いて 過ぎ去りし日々を許して  雨が降る日は ふたり青い傘で空をつくろう 小さなシェルターみたいに 僕らこれからも何かを 選びながら行くよ 確かなものはなくても また明日を愛せるように  また明日を愛せるようにFIELD OF VIEWAZUKI 七大野愛果徳永暁人・FIELD OF VIEW窓の外眺めてはしゃぐ君の 声を聞きながら眠る帰り道 明日になればまた会えるのに この安らぎの中 離れたくない ただ真実が ふいに見えた時でも それが全てじゃない 君といればそう思う  雨が降る日は ふたり青い傘で空をつくろう 小さなシェルターみたいに 僕らこれからも何かを 選びながら行くよ 確かなものはなくても また明日を愛せるように  こんなに擦り切れた かかとの靴 僕らはどれほど 歩いてきたんだろう 大人になれば涙かわくまで やけに時間をかけて 抜け出せなくなる もし君が迷い 光が見えなくても 手探りで届くキョリに いつもいたいよ  晴れた空にさした青い傘は 色付きの影をつくる ひとつの宇宙 大きな流れに のみ込まれそうな時 守りたい未来抱いて 過ぎ去りし日々を許して  雨が降る日は ふたり青い傘で空をつくろう 小さなシェルターみたいに 僕らこれからも何かを 選びながら行くよ 確かなものはなくても また明日を愛せるように  また明日を愛せるように
秋風のモノクローム最期に会ったのも こんな黄昏 新しい暮らしは 慣れたかい  サヨナラ云った君のほうが 大人だったね わかるよ 今なら  鼓動と鼓動 重ね合いたいのに 僕はなぜ 手放して 夢を追うのだろう  秋風のモノクローム 君はもう 振り向かない 眩しい想い出を 駆け抜けて 知らないうち創った傷のように 後になって 痛むよ 誰かと過ごしてみても  君の寂しさ 背を向けながら 忙しい日常に 流されてただけ  愛のない毎日は自由 だけどまだ よく似た声に立ち止まる  君を泣かせた夜も 責め合ったまなざしも 暖かく思えるのは どうしてだろう 大事な事は いつだって 終わってから気付くなら 出会った頃のあの日に戻りたい  秋風のモノクローム 僕もまた 歩き出そう 眩しい想い出を 通り過ぎて ガードレール腰かけて ふたりきり 見上げた空 夕陽が 君がいない街 染めてFIELD OF VIEW小田佳奈子多々納好夫最期に会ったのも こんな黄昏 新しい暮らしは 慣れたかい  サヨナラ云った君のほうが 大人だったね わかるよ 今なら  鼓動と鼓動 重ね合いたいのに 僕はなぜ 手放して 夢を追うのだろう  秋風のモノクローム 君はもう 振り向かない 眩しい想い出を 駆け抜けて 知らないうち創った傷のように 後になって 痛むよ 誰かと過ごしてみても  君の寂しさ 背を向けながら 忙しい日常に 流されてただけ  愛のない毎日は自由 だけどまだ よく似た声に立ち止まる  君を泣かせた夜も 責め合ったまなざしも 暖かく思えるのは どうしてだろう 大事な事は いつだって 終わってから気付くなら 出会った頃のあの日に戻りたい  秋風のモノクローム 僕もまた 歩き出そう 眩しい想い出を 通り過ぎて ガードレール腰かけて ふたりきり 見上げた空 夕陽が 君がいない街 染めて
明日のために悲しみなど まるで無い様な 笑顔溢れてる週末の街 今でもまだ 君の影を 探して歩くけど… 君の一途な心 向き合えず 失くした本気の恋 誰かを傷つけて 生きるしかないなら もう強さはいらない  過ぎていく季節に 心止めたって 何も変わりはしない… 明日のために 想い出には さよなら告げてゆこう 答えばかり急ぎすぎて 気付いた時には もう戻れない  恋の痛み 君がくれた 最後の優しさだね 君の選んだ道を ただ僕は 遠くで見ているだけ 誰よりも悲しみ 知っているふりして 甘えていただけさ 全てを失くしても 君が欲しかった 今では遅いけれど 明日のために 想い出には さよなら告げてゆこう  誰かを傷つけて 生きるしかないなら もう強さはいらない 過ぎていく季節に 心止めたって 何も変わりはしない… 明日のために 想い出には さよなら告げてゆこうFIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也安部潤悲しみなど まるで無い様な 笑顔溢れてる週末の街 今でもまだ 君の影を 探して歩くけど… 君の一途な心 向き合えず 失くした本気の恋 誰かを傷つけて 生きるしかないなら もう強さはいらない  過ぎていく季節に 心止めたって 何も変わりはしない… 明日のために 想い出には さよなら告げてゆこう 答えばかり急ぎすぎて 気付いた時には もう戻れない  恋の痛み 君がくれた 最後の優しさだね 君の選んだ道を ただ僕は 遠くで見ているだけ 誰よりも悲しみ 知っているふりして 甘えていただけさ 全てを失くしても 君が欲しかった 今では遅いけれど 明日のために 想い出には さよなら告げてゆこう  誰かを傷つけて 生きるしかないなら もう強さはいらない 過ぎていく季節に 心止めたって 何も変わりはしない… 明日のために 想い出には さよなら告げてゆこう
あの頃の僕に繁華街抜ければよく通った店は今もある 笑ったり泣いたり一途な程夢見てたね 僕達は  あんなにも熱かった気持ち忘れてる もう一度僕の中のDoorを開けたくて  想い出は眩しくて 綺麗になってくけど 懐かしむだけじゃ 明日は見えない 何でも語り合った 仲間達に逢えたら あの頃の僕に戻れるかな  空瓶が転がる夜明けの店笑顔溢れてる 計算や肩書き無いから素直なままで居られるね  誰もが悩み迷いながら生きてる 不器用でも自分らしく進んで行けたなら  今手にしてるものを見つめ直してみれば 失くした何かが分かるかもしれない とりとめない会話でも大事な時間に変わる あの頃の僕に出会えた...  想い出は眩しくて 綺麗になってくけど 懐かしむだけじゃ 明日は見えない 今日は逢えて良かった 言葉にならないほど 曇った心が晴れたよ  今手にしてるものを見つめ直してみれば かけがえのない仲間に囲まれているね とりとめない会話でも大事な時間に変わる あの頃の僕に出会えた...FIELD OF VIEWU-Ya AsaokaU-Ya Asaoka池田大介繁華街抜ければよく通った店は今もある 笑ったり泣いたり一途な程夢見てたね 僕達は  あんなにも熱かった気持ち忘れてる もう一度僕の中のDoorを開けたくて  想い出は眩しくて 綺麗になってくけど 懐かしむだけじゃ 明日は見えない 何でも語り合った 仲間達に逢えたら あの頃の僕に戻れるかな  空瓶が転がる夜明けの店笑顔溢れてる 計算や肩書き無いから素直なままで居られるね  誰もが悩み迷いながら生きてる 不器用でも自分らしく進んで行けたなら  今手にしてるものを見つめ直してみれば 失くした何かが分かるかもしれない とりとめない会話でも大事な時間に変わる あの頃の僕に出会えた...  想い出は眩しくて 綺麗になってくけど 懐かしむだけじゃ 明日は見えない 今日は逢えて良かった 言葉にならないほど 曇った心が晴れたよ  今手にしてるものを見つめ直してみれば かけがえのない仲間に囲まれているね とりとめない会話でも大事な時間に変わる あの頃の僕に出会えた...
あの時の中で僕らはさよなら告げた季節 ふり返らない君が居た 夕暮れの街の中 一人うつむき歩く  こんなに愛していたと気付くまで 素直じゃなかった 君を傷付けてばかり  あの時の中で僕らは 少しだけ大人になったね あの時の中で僕らは 夢をただ見てた 今じゃもう Just a memory 愛してる 愛してた  二人見たあの映画 ラストシーンは Happy Ending 流した君の涙 僕は誤解していた  近くて見えない愛があることを 失くして初めてわかったなんて せつない  あの時の中で僕らは お互いの弱さを知ったね あの時優しくなれたら この愛は きっと… 色あせた Just a memory 今もまだこの胸に  あの時の中で僕らは 少しだけ大人になったね あの時の中で僕らは 夢をただ見てた 色あせた Just a memory 今もまだこの胸に 今じゃもう Just a memory 愛してる 愛してたFIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也池田大介さよなら告げた季節 ふり返らない君が居た 夕暮れの街の中 一人うつむき歩く  こんなに愛していたと気付くまで 素直じゃなかった 君を傷付けてばかり  あの時の中で僕らは 少しだけ大人になったね あの時の中で僕らは 夢をただ見てた 今じゃもう Just a memory 愛してる 愛してた  二人見たあの映画 ラストシーンは Happy Ending 流した君の涙 僕は誤解していた  近くて見えない愛があることを 失くして初めてわかったなんて せつない  あの時の中で僕らは お互いの弱さを知ったね あの時優しくなれたら この愛は きっと… 色あせた Just a memory 今もまだこの胸に  あの時の中で僕らは 少しだけ大人になったね あの時の中で僕らは 夢をただ見てた 色あせた Just a memory 今もまだこの胸に 今じゃもう Just a memory 愛してる 愛してた
ある晴れた日ビル越しに夜が薄れ 星が瞬きを終えてく 仕事の帰り道 君の好きな歌 口ずさむ  留守録に入っていた 僕を気遣う優しいメッセージ 寂しさこらえてる明る気な声が判るから  会いたい時に会えない そんな擦れ違いに 馴れたくはない  ある晴れた日  前ぶれもなく出会い かけがえのない  相手になった 頑張ろうとか 励まされるのは 君と云う存在なんだよ  夏の日射しのようだね 君の瞳はまっすぐで どこにも迷いがない ずっと  変わらずにいてほしい  約束もままならない僕を許すその笑顔に 時々 甘えてた 心の中見過ごしていたせい  先を急ぎがちの癖 指摘された事が胸かすめる  ある晴れた日 ひとつの始まりから 幾通りもの未来を重ねる 君が僕の傍にいること いつでも 感じているよFIELD OF VIEWKanako OdaU-Ya Asaoka徳永暁人ビル越しに夜が薄れ 星が瞬きを終えてく 仕事の帰り道 君の好きな歌 口ずさむ  留守録に入っていた 僕を気遣う優しいメッセージ 寂しさこらえてる明る気な声が判るから  会いたい時に会えない そんな擦れ違いに 馴れたくはない  ある晴れた日  前ぶれもなく出会い かけがえのない  相手になった 頑張ろうとか 励まされるのは 君と云う存在なんだよ  夏の日射しのようだね 君の瞳はまっすぐで どこにも迷いがない ずっと  変わらずにいてほしい  約束もままならない僕を許すその笑顔に 時々 甘えてた 心の中見過ごしていたせい  先を急ぎがちの癖 指摘された事が胸かすめる  ある晴れた日 ひとつの始まりから 幾通りもの未来を重ねる 君が僕の傍にいること いつでも 感じているよ
アンダンテいつの日もそうだった 君のやさしさに 憧れてた でもそれを素直に 受け取ることできなくて  夢に迷い 焦る気持ちを全てぶつけた ただ何も言わずに微笑んだ 瞳は 寂しそうで…  風にひらひら 涙に変わる 君の胸の奥 舞い散る花びらよ ゆっくりと離れるふたりの距離を あの頃の僕は 分かってなかった…  移りゆく都会明かり 忙しい日々に 言い訳して 潰れてた夢さえも 棄て去ろうとしていた  頬をつたう涙おさえた あの夏の夜 震えてた君の細い肩は あんなにも小さかった…  波にゆらゆら 拾い集める 自分の弱さ 漂い浮かんでた ゆっくりと何かが溶けだしてゆく そして触れたもの 君の温もり…  空にきらきら 心の欠片 哀しい色の輝く星たちよ それでも…  ゆっくりとふたり 歩いて行けたなら それだけでいい 君がいてくれれば もう一度その心触れたなら 伝えたい言葉“愛しています”と…FIELD OF VIEWTakuto kohashiU-ya AsaokaDaisuke Ikeda・the FIELD OF VIEWいつの日もそうだった 君のやさしさに 憧れてた でもそれを素直に 受け取ることできなくて  夢に迷い 焦る気持ちを全てぶつけた ただ何も言わずに微笑んだ 瞳は 寂しそうで…  風にひらひら 涙に変わる 君の胸の奥 舞い散る花びらよ ゆっくりと離れるふたりの距離を あの頃の僕は 分かってなかった…  移りゆく都会明かり 忙しい日々に 言い訳して 潰れてた夢さえも 棄て去ろうとしていた  頬をつたう涙おさえた あの夏の夜 震えてた君の細い肩は あんなにも小さかった…  波にゆらゆら 拾い集める 自分の弱さ 漂い浮かんでた ゆっくりと何かが溶けだしてゆく そして触れたもの 君の温もり…  空にきらきら 心の欠片 哀しい色の輝く星たちよ それでも…  ゆっくりとふたり 歩いて行けたなら それだけでいい 君がいてくれれば もう一度その心触れたなら 伝えたい言葉“愛しています”と…
We'll be Together桜が咲く頃 僕らは離れた 同じ未来を 描けなかった  結構 社会は厳しくて 疲れるね 帰りの駅で 君に再会った  何気ない日常に 誰かが居れば 希望になる そう思えたんだ  So We'll be Together 一緒に行こう 永遠のような Feeling もっと遠くへ 君だから 答え探せそう We'll be Together 解き放とう ココロなんか 自由さ きっと I love you 幸せは 二人で決めればイイさ  「これが最後だろう」と気付いていたのに 何も言えなかった あの頃は  どうしたって終わりの瞬間は来るから くだらない意地なら捨てよう  So We'll be Together 君ならば 迷いなく進めるから もっとそばで その瞳 見つめ続けたい We'll be Together 運命なら 変わるように変えよう ずっと I love you 信じよう こんな汚れた世界でも  So We'll be Together 一緒に行こう 永遠のような Feeling もっと遠くへ 君となら 答え探せそう We'll be Together 解き放とう ココロなんか 自由さ そして I love you 幸せは 二人で決めればイイさFIELD OF VIEW浅岡雄也多々納好夫明石昌夫桜が咲く頃 僕らは離れた 同じ未来を 描けなかった  結構 社会は厳しくて 疲れるね 帰りの駅で 君に再会った  何気ない日常に 誰かが居れば 希望になる そう思えたんだ  So We'll be Together 一緒に行こう 永遠のような Feeling もっと遠くへ 君だから 答え探せそう We'll be Together 解き放とう ココロなんか 自由さ きっと I love you 幸せは 二人で決めればイイさ  「これが最後だろう」と気付いていたのに 何も言えなかった あの頃は  どうしたって終わりの瞬間は来るから くだらない意地なら捨てよう  So We'll be Together 君ならば 迷いなく進めるから もっとそばで その瞳 見つめ続けたい We'll be Together 運命なら 変わるように変えよう ずっと I love you 信じよう こんな汚れた世界でも  So We'll be Together 一緒に行こう 永遠のような Feeling もっと遠くへ 君となら 答え探せそう We'll be Together 解き放とう ココロなんか 自由さ そして I love you 幸せは 二人で決めればイイさ
Wake Up!!Ah 思い通りにならない現実に振りまわされっぱなしだと Fake 見抜けなくなる 流行のマニュアルだけども  らしくない自分自身に苛立ってばかりいたくせに 傷つくのが怖くて時々社会のせいにしていたよ  なんとなく なんとなく 生きて行くのもいいけれど それじゃあんまり夢がなさすぎるから そろそろ本気で Wake up!! Life  24時間何でも売ってる店につい通ってしまう毎日 僕たち体内時計なんだかズレてる  “自由が欲しいよ”と叫んだ過去がきっと一番自由だったね だけどそれを教えてくれたのは 今日まで重ねた月日  ちょっとずつちょっとずつ 変わってゆく背景に惑わされず 僕は穏やかな顔で笑えるのだろうか… どうしても どうしても 嫌なことがあった日は 少しぐらいハメはずしたっていいじゃない 人生は Exciting Game  なんとなく なんとなく 生きて行くのもいいけれど それじゃあんまり夢がなさすぎるから そろそろ本気でWake up!! FIELD OF VIEW牧穂エミ浅岡雄也徳永暁人Ah 思い通りにならない現実に振りまわされっぱなしだと Fake 見抜けなくなる 流行のマニュアルだけども  らしくない自分自身に苛立ってばかりいたくせに 傷つくのが怖くて時々社会のせいにしていたよ  なんとなく なんとなく 生きて行くのもいいけれど それじゃあんまり夢がなさすぎるから そろそろ本気で Wake up!! Life  24時間何でも売ってる店につい通ってしまう毎日 僕たち体内時計なんだかズレてる  “自由が欲しいよ”と叫んだ過去がきっと一番自由だったね だけどそれを教えてくれたのは 今日まで重ねた月日  ちょっとずつちょっとずつ 変わってゆく背景に惑わされず 僕は穏やかな顔で笑えるのだろうか… どうしても どうしても 嫌なことがあった日は 少しぐらいハメはずしたっていいじゃない 人生は Exciting Game  なんとなく なんとなく 生きて行くのもいいけれど それじゃあんまり夢がなさすぎるから そろそろ本気でWake up!! 
everywhere落ち葉踏みしめ 二人歩いた道は 舗装されたばかりの新しい匂いが  二十歳越えてからの日々 安定求めていたけど 解決しないこの気持ち 胸の奥でざわめくよ  逢いたくて 言葉にはしなくても この想い きっと同じはずだよね 一人では夢なんてつかめない 君となら叶えられそうで... まだ僕は僕の居場所を探してる  君の住む部屋 電車で二駅の距離 喧嘩して遠くなった 意地を張り合ったね  普通に暮らす毎日 何故か僕は焦っていた 君が傍に居てくれる事 当たり前と感じていたから  逢わないと不安にもなったけれど 定期入れ 二人笑う写真見れば 心が少しだけ息をした これからは素直になろう 泣き笑い受け止め合って進みたいね...  逢いたくて 言葉にはしなくても この想い きっと同じはずだよね いつの日か胸張って伝えたい 「この人生を一緒に行こう」 何処にでも愛はあること 気付けたんだFIELD OF VIEW浅岡雄也小橋琢人池田大介・FIELD OF VIEW落ち葉踏みしめ 二人歩いた道は 舗装されたばかりの新しい匂いが  二十歳越えてからの日々 安定求めていたけど 解決しないこの気持ち 胸の奥でざわめくよ  逢いたくて 言葉にはしなくても この想い きっと同じはずだよね 一人では夢なんてつかめない 君となら叶えられそうで... まだ僕は僕の居場所を探してる  君の住む部屋 電車で二駅の距離 喧嘩して遠くなった 意地を張り合ったね  普通に暮らす毎日 何故か僕は焦っていた 君が傍に居てくれる事 当たり前と感じていたから  逢わないと不安にもなったけれど 定期入れ 二人笑う写真見れば 心が少しだけ息をした これからは素直になろう 泣き笑い受け止め合って進みたいね...  逢いたくて 言葉にはしなくても この想い きっと同じはずだよね いつの日か胸張って伝えたい 「この人生を一緒に行こう」 何処にでも愛はあること 気付けたんだ
大空へ漂う雲を眺めていたら 悩めることさえも流れてく こんなに弱い存在だったんだと 自分が愛しく思えるよ そう 少年の夢は今でも あの頃のまま僕の心に輝き続けてるから  大空へ 羽ばたこう だれより一番高く 無謀なことだけれど ちからの限りを知りたくて どこかで彷徨い つまづいたって 焦らないでしばらく休もう 風に身を任せ  明かりもつけず暗がりの中 たくさんの物事が見えてきた もう あんなにも欲張れないよ 大事なものがひとつ増えてゆく度に行き場が失くて  恋をして 少しは変わった僕だけれど どんな理屈だって通用しないこの世の中 いつかは 離れてゆく夢を 恐れずに いつかまた巡る季節を待てばいい  大空へ 羽ばたこう だれより一番高く 無謀なことだけれど ちからの限りを知りたくて どこかで彷徨い つまづいたって 焦らないでしばらく休もう 風に身を任せFIELD OF VIEW小松未歩小松未歩寺尾広漂う雲を眺めていたら 悩めることさえも流れてく こんなに弱い存在だったんだと 自分が愛しく思えるよ そう 少年の夢は今でも あの頃のまま僕の心に輝き続けてるから  大空へ 羽ばたこう だれより一番高く 無謀なことだけれど ちからの限りを知りたくて どこかで彷徨い つまづいたって 焦らないでしばらく休もう 風に身を任せ  明かりもつけず暗がりの中 たくさんの物事が見えてきた もう あんなにも欲張れないよ 大事なものがひとつ増えてゆく度に行き場が失くて  恋をして 少しは変わった僕だけれど どんな理屈だって通用しないこの世の中 いつかは 離れてゆく夢を 恐れずに いつかまた巡る季節を待てばいい  大空へ 羽ばたこう だれより一番高く 無謀なことだけれど ちからの限りを知りたくて どこかで彷徨い つまづいたって 焦らないでしばらく休もう 風に身を任せ
想い出すよ 君の笑顔を十二月の海岸線 沖を縁取る銀色の波 君から届くエアメイル 胸を暖めてる  また会えると握手をした あの日の君の瞳が好きだよ 不安と夢を抱いて 未来だけを映していたね  忘れないで 触れるために 傷ついた痛みさえも 時の中で 優しさに いつか 変わるから  君がいない助手席には 陽だまりのような西日があたる どこかで くじけたなら 想い出すよ 君の笑顔を  言葉だけじゃ もどかしくて 喧嘩をした夜もあったよね 壊しちゃいけないもの 君以外になかったけれど  忘れないで 心のまま 誰よりも愛したこと 祈ってるよ 君らしく生きてゆけるように  同じ季節 同じ景色 ふたり過ごした日々は嘘じゃない シアワセと云う形に こだわらずに 自分を信じよう  忘れないで 触れるために 傷ついた痛みさえも 時の中で 優しさに いつか 変わるから  君がいない助手席には 陽だまりのような西日があたる どこかで くじけたなら 想い出すよ 君の笑顔を  想い出すよ 君の笑顔をFIELD OF VIEW小田佳奈子新津健二池田大介・FIELD OF VIEW十二月の海岸線 沖を縁取る銀色の波 君から届くエアメイル 胸を暖めてる  また会えると握手をした あの日の君の瞳が好きだよ 不安と夢を抱いて 未来だけを映していたね  忘れないで 触れるために 傷ついた痛みさえも 時の中で 優しさに いつか 変わるから  君がいない助手席には 陽だまりのような西日があたる どこかで くじけたなら 想い出すよ 君の笑顔を  言葉だけじゃ もどかしくて 喧嘩をした夜もあったよね 壊しちゃいけないもの 君以外になかったけれど  忘れないで 心のまま 誰よりも愛したこと 祈ってるよ 君らしく生きてゆけるように  同じ季節 同じ景色 ふたり過ごした日々は嘘じゃない シアワセと云う形に こだわらずに 自分を信じよう  忘れないで 触れるために 傷ついた痛みさえも 時の中で 優しさに いつか 変わるから  君がいない助手席には 陽だまりのような西日があたる どこかで くじけたなら 想い出すよ 君の笑顔を  想い出すよ 君の笑顔を
終わらない恋~ひとつになれる~僕らが目指してたのは こんな歪んだ世界じゃない うわべの言葉ぶつけて すれ違うばかりだなんて  肌に刺さる冷たさ コートの襟をたてた 離れて歩くこの距離が君の心写すよ...  終わりそうな恋 感じたとき 優しい言葉は見つからないもの まだ二人が愛の深さで傷つくのならば ひとつになれる  楽しくやれるだけなら 君と居る必要あるのかな? そろそろ将来の事 話そうと思ってるけど...  自動販売機の「あったかい」押したら出てきたのは 何故か冷たいコーヒーで 目を見合わせ笑った  終わらない恋 何気ない瞬間大切に出来るならつかめる 二人だから解ること きっとまだあると信じていたい  キレイなままで進めないから そばには誰かいて欲しいときは 君じゃないとダメなんだ 何度でも言うよ  終わらない恋 もう一度だけ 優しい言葉を探して行こう まだ二人が愛の深さで傷つくのならば ひとつになれるFIELD OF VIEW浅岡雄也新津健二僕らが目指してたのは こんな歪んだ世界じゃない うわべの言葉ぶつけて すれ違うばかりだなんて  肌に刺さる冷たさ コートの襟をたてた 離れて歩くこの距離が君の心写すよ...  終わりそうな恋 感じたとき 優しい言葉は見つからないもの まだ二人が愛の深さで傷つくのならば ひとつになれる  楽しくやれるだけなら 君と居る必要あるのかな? そろそろ将来の事 話そうと思ってるけど...  自動販売機の「あったかい」押したら出てきたのは 何故か冷たいコーヒーで 目を見合わせ笑った  終わらない恋 何気ない瞬間大切に出来るならつかめる 二人だから解ること きっとまだあると信じていたい  キレイなままで進めないから そばには誰かいて欲しいときは 君じゃないとダメなんだ 何度でも言うよ  終わらない恋 もう一度だけ 優しい言葉を探して行こう まだ二人が愛の深さで傷つくのならば ひとつになれる
風よ空が 季節変わりを告げる 君が居る故郷はどうなっただろう?  「離れても想いは変わらない」と出発つ最後の夜 それでも時々探してしまう 居ないと判っていても....  風よ 伝えてくれ 心はそばにいる 愛情のもどかしさを どうか君のところまで...  社会では通用しない泣き言も 君だけに素直に言えるから  当たり前のように過ごせた日々が今では懐かしいけど 夢をあきらめて傷癒しあう二人にはなりたくなくて  風は流れてゆく とどまること知らず いつか探し出そう 僕らが求める大地を  後悔のない生き方選べたのは 君が寂しさ隠してたから but it's so regret....  風よ 伝えてくれ 心はそばにいる 愛情のもどかしさを どうか君のとこへ  風は流れてゆく とどまること知らず いつか探し出そう 僕らが求める大地をFIELD OF VIEW浅岡雄也小橋琢人池田大介・FIELD OF VIEW空が 季節変わりを告げる 君が居る故郷はどうなっただろう?  「離れても想いは変わらない」と出発つ最後の夜 それでも時々探してしまう 居ないと判っていても....  風よ 伝えてくれ 心はそばにいる 愛情のもどかしさを どうか君のところまで...  社会では通用しない泣き言も 君だけに素直に言えるから  当たり前のように過ごせた日々が今では懐かしいけど 夢をあきらめて傷癒しあう二人にはなりたくなくて  風は流れてゆく とどまること知らず いつか探し出そう 僕らが求める大地を  後悔のない生き方選べたのは 君が寂しさ隠してたから but it's so regret....  風よ 伝えてくれ 心はそばにいる 愛情のもどかしさを どうか君のとこへ  風は流れてゆく とどまること知らず いつか探し出そう 僕らが求める大地を
渇いた叫びGOLD LYLICこのまま もう少し 歩こう 肩を抱き 消えゆく夢を数え 枯れてく仲間を見た 通い慣れた道に迷い込む このごろ 闇が もう一人の自分をつくる  渇いた叫びが くじけそうな胸を突き刺す 君を誘って世界を見たいな だれにも出せない答えが僕の中にある 駆け引きがカギとどけ fly at higher game  いくつの悲しみを 一緒に越えただろう? 気が済むまで求めた あの日の僕達がいた 時代が巡るなら またどこかで会えるね その時が 来るまで 諦めない  冷めていく想いは どうしても 否めないけど 恋に落ちて変わってくのもいいね 焦らず 騒がず あるがままでと願うから 心に花を咲かそう just take my heart  渇いた叫びが くじけそうな胸を突き刺す 君を誘って世界を見たいな だれにも出せない答えが夢の中にある 僕を信じて 咲かそう just take my heart 人生は続いてくGOLD LYLICFIELD OF VIEW小松未歩小松未歩小沢正澄このまま もう少し 歩こう 肩を抱き 消えゆく夢を数え 枯れてく仲間を見た 通い慣れた道に迷い込む このごろ 闇が もう一人の自分をつくる  渇いた叫びが くじけそうな胸を突き刺す 君を誘って世界を見たいな だれにも出せない答えが僕の中にある 駆け引きがカギとどけ fly at higher game  いくつの悲しみを 一緒に越えただろう? 気が済むまで求めた あの日の僕達がいた 時代が巡るなら またどこかで会えるね その時が 来るまで 諦めない  冷めていく想いは どうしても 否めないけど 恋に落ちて変わってくのもいいね 焦らず 騒がず あるがままでと願うから 心に花を咲かそう just take my heart  渇いた叫びが くじけそうな胸を突き刺す 君を誘って世界を見たいな だれにも出せない答えが夢の中にある 僕を信じて 咲かそう just take my heart 人生は続いてく
奇跡の花大きな翼 飛び立つのを見てた 夕暮れの空港  「終わりと始まり感じられるから」 此処が好きだって...儚げです  時代に合わせられない 不器用なとこ似てる  奇跡の花 咲かせよう二人で 焦らないで 夢を追って生きてる姿は綺麗さ 君を抱いて飛べるような僕で居たい 疲れた羽根休めて そばにいるから  人は真実を知りたがっているよ 僕だってそうさ  だけど時には傷付ける事も 傷付く事も必要なんです  涙を流せるならまだ飛べるよ to the sky!  奇跡の花 咲いたならゼロから始められる なんにも無い場所から産まれて来たじゃない? カタチ無いカタチならば名を付けよう 君の味方で居るよ ずっとこれからも  奇跡の花 咲かせよう二人で 焦らないで 夢を追って生きてる姿を見ていたい 君を抱いて飛べるような僕で居たい 疲れた羽根休めて そばにいるからFIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也&小田孝池田大介・中川寛之・FIELD OF VIEW大きな翼 飛び立つのを見てた 夕暮れの空港  「終わりと始まり感じられるから」 此処が好きだって...儚げです  時代に合わせられない 不器用なとこ似てる  奇跡の花 咲かせよう二人で 焦らないで 夢を追って生きてる姿は綺麗さ 君を抱いて飛べるような僕で居たい 疲れた羽根休めて そばにいるから  人は真実を知りたがっているよ 僕だってそうさ  だけど時には傷付ける事も 傷付く事も必要なんです  涙を流せるならまだ飛べるよ to the sky!  奇跡の花 咲いたならゼロから始められる なんにも無い場所から産まれて来たじゃない? カタチ無いカタチならば名を付けよう 君の味方で居るよ ずっとこれからも  奇跡の花 咲かせよう二人で 焦らないで 夢を追って生きてる姿を見ていたい 君を抱いて飛べるような僕で居たい 疲れた羽根休めて そばにいるから
きっときっと 君がいるから 僕は僕になった 切なさも 無情さも 抱きしめるよ  どれだけ過去を振り返っても あの日 戻れない事なんて理解ってる Time goes by...  輝きを追いかけ 残った感情たちは 時代の責任じゃないです 生きて来た証明(あかし)  きっと 君がいるから 僕は僕になった 巡り逢い ココロ合わせ 奇跡だった  そして 描いた未来は 現在と 違うけど 切なさも 無情さも 抱きしめるよ  無邪気に 人を笑っていた あの日 優しさの意味を理解ってなかった 若さ故...  擦れ違う激情で 互いを手放しさ 振り返る景色はもう 後悔さえないけど  きっと 君がいたから 愛は愛になった 偶然は 世界さえ 変えてしまうネ  そして 瞬間切り取って 未来を 信じてた 今はただ 揺れてる 夢の中  切なさも 無情さも 抱きしめるよFIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也葉山たけしきっと 君がいるから 僕は僕になった 切なさも 無情さも 抱きしめるよ  どれだけ過去を振り返っても あの日 戻れない事なんて理解ってる Time goes by...  輝きを追いかけ 残った感情たちは 時代の責任じゃないです 生きて来た証明(あかし)  きっと 君がいるから 僕は僕になった 巡り逢い ココロ合わせ 奇跡だった  そして 描いた未来は 現在と 違うけど 切なさも 無情さも 抱きしめるよ  無邪気に 人を笑っていた あの日 優しさの意味を理解ってなかった 若さ故...  擦れ違う激情で 互いを手放しさ 振り返る景色はもう 後悔さえないけど  きっと 君がいたから 愛は愛になった 偶然は 世界さえ 変えてしまうネ  そして 瞬間切り取って 未来を 信じてた 今はただ 揺れてる 夢の中  切なさも 無情さも 抱きしめるよ
きっと離れていても雨が上がれば この空は晴れるけど 心は晴れない 君が居ないと  逢えないほど 遠くで二人過ごすけれど 見上げる星の夜 君に続いてる  きっと離れていても 変わらない想い 愛と言うなら信じたい うるんでたあの瞳 wow 募るせつない心 君はどうしてる 時間(とき)よ早く過ぎゆけ 笑顔で抱き合うその日まで  想いの全て 言葉には出来ない だけどお互いに 感じてたはずさ  出発(たびだ)つあの日 いつもの様に“またね”とだけ 本当は抱きしめて もっと知りたくて  離れてるからわかる 誰が大切か 孤独が僕を強くする 何もかも君だけに向かう 心伝わる様に 歌い続けたい いつか重なる未来 僕らは今 夢の途中で…  きっと離れていても 変わらない想い 愛と言うなら信じたい うるんでたあの瞳 wow 募るせつない心 君はどうしてる 時間(とき)よ早く過ぎゆけ 微笑み交わせるその日までFIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也池田大介雨が上がれば この空は晴れるけど 心は晴れない 君が居ないと  逢えないほど 遠くで二人過ごすけれど 見上げる星の夜 君に続いてる  きっと離れていても 変わらない想い 愛と言うなら信じたい うるんでたあの瞳 wow 募るせつない心 君はどうしてる 時間(とき)よ早く過ぎゆけ 笑顔で抱き合うその日まで  想いの全て 言葉には出来ない だけどお互いに 感じてたはずさ  出発(たびだ)つあの日 いつもの様に“またね”とだけ 本当は抱きしめて もっと知りたくて  離れてるからわかる 誰が大切か 孤独が僕を強くする 何もかも君だけに向かう 心伝わる様に 歌い続けたい いつか重なる未来 僕らは今 夢の途中で…  きっと離れていても 変わらない想い 愛と言うなら信じたい うるんでたあの瞳 wow 募るせつない心 君はどうしてる 時間(とき)よ早く過ぎゆけ 微笑み交わせるその日まで
キボウメロディー卒業してから かなり経ったね 10年ぶりの同窓会 あいつは居ない  あの日の願いは 叶えられたかい 胸の奥の痛みを 皆 隠して  世界変えるような 大人にはなれなくて だけど君と話せたら まだ出来る気がした  キボウメロディー 僕らは 奏でていた 負けたり 泣いたり 一途なままで だからきっと 笑ってまた逢おうよ 重ねた時間は 消えないから  あれから君も 闘っていますか 元気ならばいいけど 便りはない  誰もが行きたい 世界を目指したけど 強いだけが価値じゃないと 教えてくれたね  キボウメロディー 今でも 聴こえてるよ 僕らの痛みは 今は宝物(たから)だね 捨てきれない 夢なら まだ在るけど 少しの 勇気は 出せないまま  キボウメロディー 僕らは 奏でていた 負けたり 泣いたり 一途なままで だからきっと 笑ってまた逢おうよ 重ねた時間は 消えないからFIELD OF VIEW浅岡雄也多々納好夫池田大介卒業してから かなり経ったね 10年ぶりの同窓会 あいつは居ない  あの日の願いは 叶えられたかい 胸の奥の痛みを 皆 隠して  世界変えるような 大人にはなれなくて だけど君と話せたら まだ出来る気がした  キボウメロディー 僕らは 奏でていた 負けたり 泣いたり 一途なままで だからきっと 笑ってまた逢おうよ 重ねた時間は 消えないから  あれから君も 闘っていますか 元気ならばいいけど 便りはない  誰もが行きたい 世界を目指したけど 強いだけが価値じゃないと 教えてくれたね  キボウメロディー 今でも 聴こえてるよ 僕らの痛みは 今は宝物(たから)だね 捨てきれない 夢なら まだ在るけど 少しの 勇気は 出せないまま  キボウメロディー 僕らは 奏でていた 負けたり 泣いたり 一途なままで だからきっと 笑ってまた逢おうよ 重ねた時間は 消えないから
君。月が綺麗だから歩いて帰ろう 話の続きをしよう 時々子どものように無邪気になるね 飾らない感じがいいよ  雨の上がった道は懐かしい香りがした  愛してると言葉にしなくても 伝わる想いは Love is all ずっと孤独だった僕の心を 変えてくれた 君だから...  長いキスの後に服に染みた フレグランス残っているよ 君が此処に居ると実感出来る 大切な瞬間だから...  約束しないでいても逢えるなんて素敵だね  でも何時かは僕らの身体消えて 宇宙に溶けてゆく Love is gone 見えないチカラ感じあえたら それはきっと真実だろう  愛してると言葉にしなくても 伝わる想いは Love is all ずっと孤独だった僕の心を 変えてくれた 君だから...  やっと言えた 素直に Love is all....FIELD OF VIEW浅岡雄也小田孝池田大介・FIELD OF VIEW月が綺麗だから歩いて帰ろう 話の続きをしよう 時々子どものように無邪気になるね 飾らない感じがいいよ  雨の上がった道は懐かしい香りがした  愛してると言葉にしなくても 伝わる想いは Love is all ずっと孤独だった僕の心を 変えてくれた 君だから...  長いキスの後に服に染みた フレグランス残っているよ 君が此処に居ると実感出来る 大切な瞬間だから...  約束しないでいても逢えるなんて素敵だね  でも何時かは僕らの身体消えて 宇宙に溶けてゆく Love is gone 見えないチカラ感じあえたら それはきっと真実だろう  愛してると言葉にしなくても 伝わる想いは Love is all ずっと孤独だった僕の心を 変えてくれた 君だから...  やっと言えた 素直に Love is all....
君がいたからGOLD LYLIC抑えきれない想いや 人が泣いたり 悩んだりする事は 生きてる証拠だね 笑いたい奴らには 笑わせておけばいいさ 僕らは風に吹かれよう  感じ合えば すべてがわかる 言葉はなくても 何度もくじけそうになって ここまで来たんだ oh 今 僕らの心はひとつになる 振り向けば いつも 君がいたから  ドアを開けて中に入ろうとしても 入口が見つからなくて 誰かを傷つけた… そんな時 友達(ひと)が自分より偉く見えたよ 僕はちっぽけな存在(やつ)だった  まるで鳥になったみたいに 自由にはばたくよ 何が正しい…何が間違っているのかなんて… oh 大勢(なかま)の中に居ても 孤独を感じていた 目を閉じると そこに 君がいたから  輝く季節(とき)の中で 夢は 藍く染まるだろう 失うものは何ひとつない 愛さえあれば oh この世界に 踊り続けるしかないのか… 心の中に 君がいたからGOLD LYLICFIELD OF VIEW坂井泉水織田哲郎葉山たけし抑えきれない想いや 人が泣いたり 悩んだりする事は 生きてる証拠だね 笑いたい奴らには 笑わせておけばいいさ 僕らは風に吹かれよう  感じ合えば すべてがわかる 言葉はなくても 何度もくじけそうになって ここまで来たんだ oh 今 僕らの心はひとつになる 振り向けば いつも 君がいたから  ドアを開けて中に入ろうとしても 入口が見つからなくて 誰かを傷つけた… そんな時 友達(ひと)が自分より偉く見えたよ 僕はちっぽけな存在(やつ)だった  まるで鳥になったみたいに 自由にはばたくよ 何が正しい…何が間違っているのかなんて… oh 大勢(なかま)の中に居ても 孤独を感じていた 目を閉じると そこに 君がいたから  輝く季節(とき)の中で 夢は 藍く染まるだろう 失うものは何ひとつない 愛さえあれば oh この世界に 踊り続けるしかないのか… 心の中に 君がいたから
君がいないだけああ 今日も君を想っていたよ 忘れたいのに ああ 感情なんて無くなってしまえ どんなに楽だろう?  三度目の夏に 答え出せず離れた...  君がいないだけ 僕は変わらない 切な過ぎて笑った 受け止められなかった 全ての事から逃げてたから...  ああ 離れる事は終わりじゃない ただの始まり  閉じてた窓から風を入れてみようか  君がいないだけ 何も間違ってない 強がることやめよう 汚れを気にしながら歩いてた僕に さよなら出来たら...  君がいないだけ 僕は変わらない 切なくても笑おう 受け止めようとしたこと 無理だったんだね 心は消せない  いつの日にか街で会ったとしたなら なんて声かければいいんだろう? 明日の事なんて今はわからない また言い訳してるよ...  アア キョウモキミヲ オモッテイタヨ  君がいないだけ...FIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也FIELD OF VIEWああ 今日も君を想っていたよ 忘れたいのに ああ 感情なんて無くなってしまえ どんなに楽だろう?  三度目の夏に 答え出せず離れた...  君がいないだけ 僕は変わらない 切な過ぎて笑った 受け止められなかった 全ての事から逃げてたから...  ああ 離れる事は終わりじゃない ただの始まり  閉じてた窓から風を入れてみようか  君がいないだけ 何も間違ってない 強がることやめよう 汚れを気にしながら歩いてた僕に さよなら出来たら...  君がいないだけ 僕は変わらない 切なくても笑おう 受け止めようとしたこと 無理だったんだね 心は消せない  いつの日にか街で会ったとしたなら なんて声かければいいんだろう? 明日の事なんて今はわからない また言い訳してるよ...  アア キョウモキミヲ オモッテイタヨ  君がいないだけ...
君の声が聴きたくて色褪せた写真見ていた あの海を思い出したよ  肩組んで笑う僕らが... 一瞬時間(トキ)が戻った感じがする  その強い瞳の奥 誰よりも僕のこと励ましてくれた  君の声が聴きたくて 少し疲れたのかな? 全て許し合える人は そんなにいないよ...  もうどのくらい 逢ってないだろう 君が暮らす街を出てから...  この都会(ばしょ)で 生きてゆくことは 思ったより 心を削られるよ  “いつの日か 迎えにゆくよ”あの時の約束はまだ果たせない  君の声が聴きたくて 安らぎが欲しい夜は 寂しさで胸が痛い 初めて知ったよ...  君の声が聴きたくて 自分を取り戻したい 全て許し合える人は 今 君しかいないよ...  君の声聴いただけで 愛しさ溢れ出すよ 色々想い 浮かぶけれど 少し眠ろうFIELD OF VIEWU-ya AsaokaU-ya Asaoka池田大介色褪せた写真見ていた あの海を思い出したよ  肩組んで笑う僕らが... 一瞬時間(トキ)が戻った感じがする  その強い瞳の奥 誰よりも僕のこと励ましてくれた  君の声が聴きたくて 少し疲れたのかな? 全て許し合える人は そんなにいないよ...  もうどのくらい 逢ってないだろう 君が暮らす街を出てから...  この都会(ばしょ)で 生きてゆくことは 思ったより 心を削られるよ  “いつの日か 迎えにゆくよ”あの時の約束はまだ果たせない  君の声が聴きたくて 安らぎが欲しい夜は 寂しさで胸が痛い 初めて知ったよ...  君の声が聴きたくて 自分を取り戻したい 全て許し合える人は 今 君しかいないよ...  君の声聴いただけで 愛しさ溢れ出すよ 色々想い 浮かぶけれど 少し眠ろう
君を照らす太陽に夕暮れに染まる並木道 泣いている君は寄り添って 彼の事話した  逢いたいのに会えない 辛さ分かるけど 勘違いしてしまうよ きっと出逢う事が遅かっただけ  君を照らす太陽になるから… 言いかけて止めたんだ 冬の日だまりのような 安らげる場所は 今僕じゃない  友達のままが長いから 君の恋 知っていたけど いつも危なげに見えた  やっと笑顔になったね 月が出ていた 「強引さ足りない」と言われ続けたこと 意味が分かった  君が輝いているのは本気で 彼を想ってるから? 寂しさと恋心 間違えそうな時 誰にもあるよ  君を照らす太陽になれたら きっと悲しませない 時が経つのも忘れ 話す二人 心の距離を埋めたくて  すべてつつみ込むような愛情 持ち続けていきたい 大切に思ってくほど 臆病(おくびょう)になるのは 今日でやめるよ…FIELD OF VIEW浅岡雄也小田孝池田大介・FIELD OF VIEW夕暮れに染まる並木道 泣いている君は寄り添って 彼の事話した  逢いたいのに会えない 辛さ分かるけど 勘違いしてしまうよ きっと出逢う事が遅かっただけ  君を照らす太陽になるから… 言いかけて止めたんだ 冬の日だまりのような 安らげる場所は 今僕じゃない  友達のままが長いから 君の恋 知っていたけど いつも危なげに見えた  やっと笑顔になったね 月が出ていた 「強引さ足りない」と言われ続けたこと 意味が分かった  君が輝いているのは本気で 彼を想ってるから? 寂しさと恋心 間違えそうな時 誰にもあるよ  君を照らす太陽になれたら きっと悲しませない 時が経つのも忘れ 話す二人 心の距離を埋めたくて  すべてつつみ込むような愛情 持ち続けていきたい 大切に思ってくほど 臆病(おくびょう)になるのは 今日でやめるよ…
君を見ていた僕と 僕を見ていた君と街を抜けたら見えてくるのは 今日も闇に浮かぶ観覧車 僕らの関係のようだったかな その場所で廻ってるだけ… 嘘のつけない性格だよね こんな終わりを感じてたんだ  「愛情」は目に見えません 真冬の風が吹き荒れても 「戻れない」その瞬間に 想いの強さ試されている 君を見ていた僕と 僕を見ていた君と…  言葉途切れた隙間のキスは 街を見下ろしてた観覧車 「誰かが見ているよ」と 照れていた あの頃は無邪気だった どうして君は生き急ぐの? まるで留まること拒む様に  「愛してた」もう見えません 真冬の風は過ぎてゆくだけ 飲み込めない疑問符達が 二人の景色を変えてゆく 幻想を見ているように いつも恋をしていた…  「愛情」は目に見えません 真冬の風が吹き荒れても 「戻りたい」その瞬間に 想いの強さ試されていた 君を見ていた僕と 僕を見ていた君と…FIELD OF VIEWU-YA ASAOKAU-YA ASAOKA池田大介・FIELD OF VIEW街を抜けたら見えてくるのは 今日も闇に浮かぶ観覧車 僕らの関係のようだったかな その場所で廻ってるだけ… 嘘のつけない性格だよね こんな終わりを感じてたんだ  「愛情」は目に見えません 真冬の風が吹き荒れても 「戻れない」その瞬間に 想いの強さ試されている 君を見ていた僕と 僕を見ていた君と…  言葉途切れた隙間のキスは 街を見下ろしてた観覧車 「誰かが見ているよ」と 照れていた あの頃は無邪気だった どうして君は生き急ぐの? まるで留まること拒む様に  「愛してた」もう見えません 真冬の風は過ぎてゆくだけ 飲み込めない疑問符達が 二人の景色を変えてゆく 幻想を見ているように いつも恋をしていた…  「愛情」は目に見えません 真冬の風が吹き荒れても 「戻りたい」その瞬間に 想いの強さ試されていた 君を見ていた僕と 僕を見ていた君と…
gift移り行く街 自分を見失い ひたすらに走るしかなくて 誰も許せず ひとりにも慣れてた 渇いてる時間の中 君がいた…  「愛してます」 大切な人へ 「愛してます」 心からの言葉を この僕を包んでくれた 全てが 今見える  空や風や つまらないウソも 悔しさや やさしい瞳も 何も見えない この世界に あなたがくれた 贈り物…。  何もかもを 欲しがる人の群れ 求めないキレイな手してた  誰かの為に ながす涙と汗 それは君を通して 見た景色…  「愛してます」 全ての命を 「愛してます」 いくつもの言葉より この僕を 支えてくれた 全てに 今触れる  夢や歌や 切ない言葉も 泣いた人 微笑んでいた人 何もなかった この世界に あなたがくれた 贈り物…。  「愛してます」 大切な人へ 「愛してます」 心からの言葉を この僕を包んでくれた 全てが 宝物  優しさと いたわりと愛を 励ましと 信じる心は 僕に流れた 美しい歌声 何時も心で 唄ってる…  それは あなたがくれた 贈り物…。FIELD OF VIEW小橋琢人小田孝移り行く街 自分を見失い ひたすらに走るしかなくて 誰も許せず ひとりにも慣れてた 渇いてる時間の中 君がいた…  「愛してます」 大切な人へ 「愛してます」 心からの言葉を この僕を包んでくれた 全てが 今見える  空や風や つまらないウソも 悔しさや やさしい瞳も 何も見えない この世界に あなたがくれた 贈り物…。  何もかもを 欲しがる人の群れ 求めないキレイな手してた  誰かの為に ながす涙と汗 それは君を通して 見た景色…  「愛してます」 全ての命を 「愛してます」 いくつもの言葉より この僕を 支えてくれた 全てに 今触れる  夢や歌や 切ない言葉も 泣いた人 微笑んでいた人 何もなかった この世界に あなたがくれた 贈り物…。  「愛してます」 大切な人へ 「愛してます」 心からの言葉を この僕を包んでくれた 全てが 宝物  優しさと いたわりと愛を 励ましと 信じる心は 僕に流れた 美しい歌声 何時も心で 唄ってる…  それは あなたがくれた 贈り物…。
Cloudysky夢のない世界で 生きてる気がしてた 繰り返しの日々を...  花でさえ 咲くべき季節を知っているのに  Cloudysky 心は変わり続ける この空のように 何時までも うつむいてばかりいられない my life  明日晴れたのなら 広大な場所へ行こう 考えすぎもダメさ  漠然としたイメージしかまだないけど  Cloudysky 隠れた太陽は見えてないだけなんだ 完璧な自分を目指しすぎていたかな my life  Cloudysky 心は変わり続ける この空のように 何時までも うつむいてばかりいられない my life  Cloudysky 隠れた太陽は見えてないだけなんだ 完璧な自分を目指しすぎていたかな my lifeFIELD OF VIEW浅岡雄也小田孝徳永暁人・FIELD OF VIEW夢のない世界で 生きてる気がしてた 繰り返しの日々を...  花でさえ 咲くべき季節を知っているのに  Cloudysky 心は変わり続ける この空のように 何時までも うつむいてばかりいられない my life  明日晴れたのなら 広大な場所へ行こう 考えすぎもダメさ  漠然としたイメージしかまだないけど  Cloudysky 隠れた太陽は見えてないだけなんだ 完璧な自分を目指しすぎていたかな my life  Cloudysky 心は変わり続ける この空のように 何時までも うつむいてばかりいられない my life  Cloudysky 隠れた太陽は見えてないだけなんだ 完璧な自分を目指しすぎていたかな my life
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
CRASH遠くに流れる雲を見つめて なんて平和な時間流れてゆくのだろう  大事なことを 忘れてしまうのはいつでも きまって目先の事ばかり考えてる時だよね  単純な答え求め 彷徨ってた teen age time 答えを知って遠回りしてる 今は no time  CRASH ありきたりな今なら すぐに走り出せるから  CRASH 傷ついてたあの日を 誇りに変えて連れてゆくよ  優しい瞳で見つめるんだね 離れてた日々は君を輝かせた  大切な人ばかり 傷つけてしまうのは 心の奥まで溺れてしまうから 切ないね  泣きながら生まれたなら 感情にまかせて 流れる涙 強さの証でしょう? 愛してた  CRASH 君の気配 まぼろし イメージ 生き続けるよ  CRASH 壊れるほど 愛した この場所で何を見てるの?  単純な答え求め 彷徨ってた teen age time 答えを知って遠回りしてる  CRASH ありきたりな今なら すぐに走り出せるから  CRASH 傷ついてたあの日を 誇りに変えて連れてゆくよ  CRASH 君の気配 まぼろし イメージ 生き続けるよ  CRASH 壊れるほど 愛した この場所で何を見てるの?FIELD OF VIEWAZUKI 七綿貫正顕池田大介遠くに流れる雲を見つめて なんて平和な時間流れてゆくのだろう  大事なことを 忘れてしまうのはいつでも きまって目先の事ばかり考えてる時だよね  単純な答え求め 彷徨ってた teen age time 答えを知って遠回りしてる 今は no time  CRASH ありきたりな今なら すぐに走り出せるから  CRASH 傷ついてたあの日を 誇りに変えて連れてゆくよ  優しい瞳で見つめるんだね 離れてた日々は君を輝かせた  大切な人ばかり 傷つけてしまうのは 心の奥まで溺れてしまうから 切ないね  泣きながら生まれたなら 感情にまかせて 流れる涙 強さの証でしょう? 愛してた  CRASH 君の気配 まぼろし イメージ 生き続けるよ  CRASH 壊れるほど 愛した この場所で何を見てるの?  単純な答え求め 彷徨ってた teen age time 答えを知って遠回りしてる  CRASH ありきたりな今なら すぐに走り出せるから  CRASH 傷ついてたあの日を 誇りに変えて連れてゆくよ  CRASH 君の気配 まぼろし イメージ 生き続けるよ  CRASH 壊れるほど 愛した この場所で何を見てるの?
Growin' Loveきっと誰もが 僕より確かに この街で生きてる そんなふうに見えて 仕事帰りに君と食事して 癒された気分でいたけど 君にとっては どんな感じだろう? 笑顔でいてくれるなら  Growin' Love たどりつけない答えも いつか 越えられるように たやすく夢を 口にできたのは 優しい他人達に 囲まれていたから 慰めあって 許しあうような 恋はもう違う気がして 変わり続ける互いの心も 力にしてゆければ  Growin' Love 過去も未来も 忘れるぐらいの 瞬間をつかみたい 流されないで 出会いと別れ 僕らは繰り返し 痛みもわかりかけてきた ふたり歩いて行く道を 僕が 照らしてゆけるのなら  Growin' Love 終わることなく ふたりでいよう 目をそらさずに 何が起きてもFIELD OF VIEWKanako OdaYoshio Tatano徳永暁人きっと誰もが 僕より確かに この街で生きてる そんなふうに見えて 仕事帰りに君と食事して 癒された気分でいたけど 君にとっては どんな感じだろう? 笑顔でいてくれるなら  Growin' Love たどりつけない答えも いつか 越えられるように たやすく夢を 口にできたのは 優しい他人達に 囲まれていたから 慰めあって 許しあうような 恋はもう違う気がして 変わり続ける互いの心も 力にしてゆければ  Growin' Love 過去も未来も 忘れるぐらいの 瞬間をつかみたい 流されないで 出会いと別れ 僕らは繰り返し 痛みもわかりかけてきた ふたり歩いて行く道を 僕が 照らしてゆけるのなら  Growin' Love 終わることなく ふたりでいよう 目をそらさずに 何が起きても
恋が愛に変わってゆくまでに不意に風が止まる海辺二人夕日見ていた「また来たいね」と 約束はしたけど…帰りの高速黙ったままの君は瞳をそらしてばかり 恋人の定義はないけれど これじゃ寂しすぎるよ恋が愛に 変わってゆくまでにどれだけ思い出共有るの? 今誰より大切だよ君のコト 逢うたび魅かれてしまうよ去年までは友達だった何もかもを話せた 互いの気持ち知ってから変わった照れずに素直に心伝えることは  難しいものだね思いやる優しさが時に人を傷つけるよ 恋が愛に変わってゆくまでに何度涙流すのだろう? きっと 無駄なことは 何もないはずさいつかはわかる気がするよ 恋が愛に変わってゆくまでにどれだけ 思い出共有るの?今誰より大切だよ君のコト逢うたび 魅かれてしまうよ僕は僕で君は君で在りのまま居られたなら 素敵じゃない?すれ違ってしまうこともあるけれど君だけは 失くしたくないよ FIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也安部潤不意に風が止まる海辺二人夕日見ていた「また来たいね」と 約束はしたけど…帰りの高速黙ったままの君は瞳をそらしてばかり 恋人の定義はないけれど これじゃ寂しすぎるよ恋が愛に 変わってゆくまでにどれだけ思い出共有るの? 今誰より大切だよ君のコト 逢うたび魅かれてしまうよ去年までは友達だった何もかもを話せた 互いの気持ち知ってから変わった照れずに素直に心伝えることは  難しいものだね思いやる優しさが時に人を傷つけるよ 恋が愛に変わってゆくまでに何度涙流すのだろう? きっと 無駄なことは 何もないはずさいつかはわかる気がするよ 恋が愛に変わってゆくまでにどれだけ 思い出共有るの?今誰より大切だよ君のコト逢うたび 魅かれてしまうよ僕は僕で君は君で在りのまま居られたなら 素敵じゃない?すれ違ってしまうこともあるけれど君だけは 失くしたくないよ 
心の向こう側夏する余裕ないまま過ぎてゆく また今年も 確かに仕事も大事 なんとなくで暮らしてた  仲間達が道選んでゆく だけど僕はどう在りたいんだろう?  心の向こう側にはまだ見えない夢がある 希望と不安が交差して これからも今もずっと 変わらない「生きてくこと」 限界を決めずに自分の弱さとたたかえたなら...  欲しいだけ求めて うまく立ち回っても 本当の満足は手に入るわけないね  誰かがやった方法真似れば きっと出口は近くなるけど...  心が揺れ動くのは 何かと比べているから? 無駄なことなんて無いかもしれない 自分らしく輝ける場所は此処と決めたなら 見えてくる景色は変わってゆくだろう それを知りたい  心の向こう側までもし辿り着けなくても 昨日の僕より進んでいるはず これからも今もずっと 変わらない「生きてくこと」 明日なんてわからない そう わからないから夢見るのだろうFIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也池田大介・FIELD OF VIEW夏する余裕ないまま過ぎてゆく また今年も 確かに仕事も大事 なんとなくで暮らしてた  仲間達が道選んでゆく だけど僕はどう在りたいんだろう?  心の向こう側にはまだ見えない夢がある 希望と不安が交差して これからも今もずっと 変わらない「生きてくこと」 限界を決めずに自分の弱さとたたかえたなら...  欲しいだけ求めて うまく立ち回っても 本当の満足は手に入るわけないね  誰かがやった方法真似れば きっと出口は近くなるけど...  心が揺れ動くのは 何かと比べているから? 無駄なことなんて無いかもしれない 自分らしく輝ける場所は此処と決めたなら 見えてくる景色は変わってゆくだろう それを知りたい  心の向こう側までもし辿り着けなくても 昨日の僕より進んでいるはず これからも今もずっと 変わらない「生きてくこと」 明日なんてわからない そう わからないから夢見るのだろう
鼓動愛だけは譲れない 世界が消えても もう一度熱い鼓動を解き放てたら...  ロマンティックに見えた都会は 淋しさだって売る程 Dry! 自分以外に信じるべきは?判らない Don't cry  絶対誰でも幼き頃には素直に笑えて居たのに 時に夢は人を傷つけて  愛だけは譲れない 世界が消えても 切なさの海を独り往く 新たなれ生命よ 未だ見ない君と もう一度熱い鼓動を解き放てたら...  一人の部屋に灯り点せばホッとするよりも虚しい Why? 僕が居るのは何の為なの知りたいよ Tell me  真剣すぎて上手く進めない だけど言い訳したくない きっと誰かが見てると言うけど  曖昧には出来ない これからの日々を 運命を静かに切り開く 古き良き時代を懐かしむならば ゆっくりと時間止めるよ 鼓動はいつか....  愛だけは譲れないよ 切なさの海を....  新たなれ生命よ 未だ見ない君と もう一度熱い鼓動を解き放とうよ  すべてのために......FIELD OF VIEW浅岡雄也小橋琢人池田大介・徳永暁人・FIELD OF VIEW愛だけは譲れない 世界が消えても もう一度熱い鼓動を解き放てたら...  ロマンティックに見えた都会は 淋しさだって売る程 Dry! 自分以外に信じるべきは?判らない Don't cry  絶対誰でも幼き頃には素直に笑えて居たのに 時に夢は人を傷つけて  愛だけは譲れない 世界が消えても 切なさの海を独り往く 新たなれ生命よ 未だ見ない君と もう一度熱い鼓動を解き放てたら...  一人の部屋に灯り点せばホッとするよりも虚しい Why? 僕が居るのは何の為なの知りたいよ Tell me  真剣すぎて上手く進めない だけど言い訳したくない きっと誰かが見てると言うけど  曖昧には出来ない これからの日々を 運命を静かに切り開く 古き良き時代を懐かしむならば ゆっくりと時間止めるよ 鼓動はいつか....  愛だけは譲れないよ 切なさの海を....  新たなれ生命よ 未だ見ない君と もう一度熱い鼓動を解き放とうよ  すべてのために......
この街で君と暮らしたい眠い目をこすり起き上がる まぶしい午後の陽射しの中 疲れた寝顔をしかめる君 だれのことを思い悩んで 君が見せた本当の姿も愛しく思える 僕には何ができる?  何げないことに 傷ついてる 君の細い肩を強く 抱きしめていたい  この部屋で君と暮らしたい ずっとこうしていようよ 君は君のまま 変わらない愛情の形 見えない心の中をほどいて 飛び込んでおいでよ  ほほをかすめ吹くそよ風は 懐かしい薫りを運んで 長く伸びた影 優しく包む 譲れない夢に向かって もがいている君を想うたび めくるめく日々も大事な時間(とき)に変わる  格好つかない言葉だけどこの地球(ほし)で 君だけが僕の譲れない夢  この街で君と暮らしたい ずっと守り続けるよ 僕は僕らしく 理屈では語れないけど 見えない心の中をほどいて 伝えたいこの愛を  この部屋で君と暮らしたい ずっとこうしていようよ 君は君のまま  この街で君と暮らしたい ずっと守り続けるよ 僕は僕らしく 理屈では語れないけれど 見えない心の中をほどいて 伝えたいこの愛をFIELD OF VIEW小松未歩小松未歩葉山たけし眠い目をこすり起き上がる まぶしい午後の陽射しの中 疲れた寝顔をしかめる君 だれのことを思い悩んで 君が見せた本当の姿も愛しく思える 僕には何ができる?  何げないことに 傷ついてる 君の細い肩を強く 抱きしめていたい  この部屋で君と暮らしたい ずっとこうしていようよ 君は君のまま 変わらない愛情の形 見えない心の中をほどいて 飛び込んでおいでよ  ほほをかすめ吹くそよ風は 懐かしい薫りを運んで 長く伸びた影 優しく包む 譲れない夢に向かって もがいている君を想うたび めくるめく日々も大事な時間(とき)に変わる  格好つかない言葉だけどこの地球(ほし)で 君だけが僕の譲れない夢  この街で君と暮らしたい ずっと守り続けるよ 僕は僕らしく 理屈では語れないけど 見えない心の中をほどいて 伝えたいこの愛を  この部屋で君と暮らしたい ずっとこうしていようよ 君は君のまま  この街で君と暮らしたい ずっと守り続けるよ 僕は僕らしく 理屈では語れないけれど 見えない心の中をほどいて 伝えたいこの愛を
桜咲くこの場所で窓際の壁に貼った 君の写真 飾らないその笑顔 無邪気なままで  いつしか別々の夢を追いかけてしまった  桜咲くこの場所が 僕はとても好きだったけど 今は胸が痛いよ  遅かった 遅すぎたよ 君の全て受け止めるには でも 二人過ごした季節(とき)は 嘘じゃない  冷たい手を握りしめ 互いの明日を 語る時 言葉の隙間 埋められなくて  寂しそうな 君の肩をそっと 抱き寄せてた  歩道橋 越えたあたりに 君がいるような気がして やけに眩しい空  戻らない 戻らないよ 揺れる心見抜くように 風が吹いてた 花を散らしながら  いつも まっすぐ過ぎる 君だからこそ ありのまま 進んで欲しい 信じているよ  桜咲くこの場所で 君と初めて出逢った 今も忘れられない  君との 鮮やかな記憶 きっと消せやしないけれど 目をそらさずに 僕は歩き出そうFIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也池田大介窓際の壁に貼った 君の写真 飾らないその笑顔 無邪気なままで  いつしか別々の夢を追いかけてしまった  桜咲くこの場所が 僕はとても好きだったけど 今は胸が痛いよ  遅かった 遅すぎたよ 君の全て受け止めるには でも 二人過ごした季節(とき)は 嘘じゃない  冷たい手を握りしめ 互いの明日を 語る時 言葉の隙間 埋められなくて  寂しそうな 君の肩をそっと 抱き寄せてた  歩道橋 越えたあたりに 君がいるような気がして やけに眩しい空  戻らない 戻らないよ 揺れる心見抜くように 風が吹いてた 花を散らしながら  いつも まっすぐ過ぎる 君だからこそ ありのまま 進んで欲しい 信じているよ  桜咲くこの場所で 君と初めて出逢った 今も忘れられない  君との 鮮やかな記憶 きっと消せやしないけれど 目をそらさずに 僕は歩き出そう
Someday昼間の何か吐き出せぬまま 眠りにつくよ 目覚めた夜明け 昨日と同じ 孤独な僕が そこにいた  全てを動かす魂のチカラ 愛する誰かが居るだけで強くなる  Someday 君を照らせるように 今僕は暗闇を抜けてみせるよ  無理して笑顔つくらなくても 平気なんだよ 自分の中の見えない敵と きっと誰もが 戦ってる  言葉に出来ない夢見るチカラで 大きく綺麗な花が咲く 信じてる  Someday 君が疲れた時には すぐに僕が手を伸ばして支えてゆくよ  空には銀色の星が いつまでも輝く 今君は幸せに眠るだろうか?FIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也徳永暁人昼間の何か吐き出せぬまま 眠りにつくよ 目覚めた夜明け 昨日と同じ 孤独な僕が そこにいた  全てを動かす魂のチカラ 愛する誰かが居るだけで強くなる  Someday 君を照らせるように 今僕は暗闇を抜けてみせるよ  無理して笑顔つくらなくても 平気なんだよ 自分の中の見えない敵と きっと誰もが 戦ってる  言葉に出来ない夢見るチカラで 大きく綺麗な花が咲く 信じてる  Someday 君が疲れた時には すぐに僕が手を伸ばして支えてゆくよ  空には銀色の星が いつまでも輝く 今君は幸せに眠るだろうか?
サ・ヨ・ナ・ラ と ア・オ・ゾ・ラ街路樹を揺らす強い風の音 君の声をかき消して  髪を下ろした時はなんかいつも 言えない事があるね 愛を求めて 鳴いてる蜩 告げられた言葉は...  サ・ヨ・ナ・ラ と ア・オ・ゾ・ラ 忘れられないだろう 無理をして笑ってた 今までのように 迷いも何もない瞳で もう君は夏の Last scene...  「水不足はとても深刻です」と テレビがくり返すけど  僕は何もやる気出ないままで 終わりたくない このまま  君と揃えたアロハもずっと タンスで眠ってる  サ・ヨ・ナ・ラ と ア・オ・ゾ・ラ 眩しすぎるほど 思い出を描くよ 君の事ばかり 何処まで伸びてく飛行機雲 今僕の心のようさ  何時か消えるだろう 胸の奥に焼き付いたLast Scene...  サ・ヨ・ナ・ラ と ア・オ・ゾ・ラ 忘れないけれど 無理しても笑うよ 季節は変わるから 本当に大好きで居られた時間 きっと輝くよ 明日の僕を信じてゆく もう君は夏の Last scene...FIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也池田大介・FIELD OF VIEW街路樹を揺らす強い風の音 君の声をかき消して  髪を下ろした時はなんかいつも 言えない事があるね 愛を求めて 鳴いてる蜩 告げられた言葉は...  サ・ヨ・ナ・ラ と ア・オ・ゾ・ラ 忘れられないだろう 無理をして笑ってた 今までのように 迷いも何もない瞳で もう君は夏の Last scene...  「水不足はとても深刻です」と テレビがくり返すけど  僕は何もやる気出ないままで 終わりたくない このまま  君と揃えたアロハもずっと タンスで眠ってる  サ・ヨ・ナ・ラ と ア・オ・ゾ・ラ 眩しすぎるほど 思い出を描くよ 君の事ばかり 何処まで伸びてく飛行機雲 今僕の心のようさ  何時か消えるだろう 胸の奥に焼き付いたLast Scene...  サ・ヨ・ナ・ラ と ア・オ・ゾ・ラ 忘れないけれど 無理しても笑うよ 季節は変わるから 本当に大好きで居られた時間 きっと輝くよ 明日の僕を信じてゆく もう君は夏の Last scene...
Sunday morningこんなに晴れた空 ゆっくりと深呼吸して 日曜はいつもより寝坊が出来ていいよね  君の住む街まで自転車で逢いに行くから  Sunday morning 運命はきっと偶然じゃない この世の中で愛しあえた 奇跡みたいな確率で......  坂を登れば君に逢えるよ 何より僕が大事にしてるTIME!  ネムそうな顔してる窓際に肘をついて 僕のこと見つけたら微笑む君は So beautiful!  渇いた時代こそ僕らはゆっくり歩こうよ  Nice to meet you 初めて会った時のような感じがするよ 何故だろう? もう一年が過ぎるのに  今日の予定は風に任せよう 君と居るなら何処でも So paradise!  Sunday morning 運命はきっと偶然じゃない この世の中で愛しあえた 奇跡みたいな確率で......  手をつないだら未来が見えた 同じ心を大事に出来るTIME!FIELD OF VIEW浅岡雄也小橋琢人池田大介・FIELD OF VIEWこんなに晴れた空 ゆっくりと深呼吸して 日曜はいつもより寝坊が出来ていいよね  君の住む街まで自転車で逢いに行くから  Sunday morning 運命はきっと偶然じゃない この世の中で愛しあえた 奇跡みたいな確率で......  坂を登れば君に逢えるよ 何より僕が大事にしてるTIME!  ネムそうな顔してる窓際に肘をついて 僕のこと見つけたら微笑む君は So beautiful!  渇いた時代こそ僕らはゆっくり歩こうよ  Nice to meet you 初めて会った時のような感じがするよ 何故だろう? もう一年が過ぎるのに  今日の予定は風に任せよう 君と居るなら何処でも So paradise!  Sunday morning 運命はきっと偶然じゃない この世の中で愛しあえた 奇跡みたいな確率で......  手をつないだら未来が見えた 同じ心を大事に出来るTIME!
The way of my Life今日も昨日と同じだった 会話なしでも過ごせる便利な社会  その場が楽しければ 流れ流されてゆく  勘違いしてたのかな? ずっと ありのままと我がままを取り違えて  どこで道迷ったかな? まだ間に合うはずだよね  夢中になれる「何か」を見つけたいと心叫ぶ “負けたって前向き”なら怖いものはない  夕暮れの電車は混んでいた 夢と挫折が乗り合って走ってゆく  最近まで遊んでいた友人(カレ)も就職をした  守っていたい「何か」があるから皆必死だね 信じた線路(レール)を行くこと それがthe way of my Life  夢中になれる「何か」を焦らずに探してゆこう “自分に嘘つかない”決めたthe way of my Life  目指すものなどなくても生きてゆくこと出来るけど どうして「何か」を見つけたいと思うのだろう?  La La La イツダッテ ドコニイタッテ...FIELD OF VIEWU-ya AsaokaU-ya Asaoka今日も昨日と同じだった 会話なしでも過ごせる便利な社会  その場が楽しければ 流れ流されてゆく  勘違いしてたのかな? ずっと ありのままと我がままを取り違えて  どこで道迷ったかな? まだ間に合うはずだよね  夢中になれる「何か」を見つけたいと心叫ぶ “負けたって前向き”なら怖いものはない  夕暮れの電車は混んでいた 夢と挫折が乗り合って走ってゆく  最近まで遊んでいた友人(カレ)も就職をした  守っていたい「何か」があるから皆必死だね 信じた線路(レール)を行くこと それがthe way of my Life  夢中になれる「何か」を焦らずに探してゆこう “自分に嘘つかない”決めたthe way of my Life  目指すものなどなくても生きてゆくこと出来るけど どうして「何か」を見つけたいと思うのだろう?  La La La イツダッテ ドコニイタッテ...
蜃気楼ドアにはさまれたメモ こわれた僕のアリバイ 単純なキスもすべて偽りのように 君の心の不満と、僕の心の不安と 振り回され続けているけれど 曖昧な優しさと言い訳と 気が付けばあの日の ふたりには二度と戻れない  君のことは好きじゃない 君を好きかも知れない 触れ合う口唇さえ 馴れ合いに染まる  見えない鎖をといて 君も自由に生きていい もう いつしか消えてく 蜃気楼  同じ時間を過ごすことに迷いズルくなり 何気ないふたりの距離を守ってた 矛盾だらけの僕は 君の傷(いた)み救えない 渇いた思い出と走り書き このままいつまでも 幸せが 続いてくれるのだと 何となく言い聞かせていた  傷つけ合っていた頃の 過去に縛られて生きるより いつでも時間(とき)はすぐ先に進むもの 離れることを怖れて 現実をうまくごまかしてゆく もう 哀しく消えてく 蜃気楼  見失っていた愛の形 見つけても やけに虚ろで掴めない  君のことは好きじゃない 君を好きかも知れない 触れ合う口唇さえ 馴れ合いに染まる  もう 哀しく消えてく 君のことは好きだった 過去に縛られて生きるより いつでも時間はすぐ先に進むもの 離れることを怖れて 現実をうまくごまかしてゆく もう 彼方に消えてく 蜃気楼FIELD OF VIEW高森健太・Jane-F高森健太新津健二ドアにはさまれたメモ こわれた僕のアリバイ 単純なキスもすべて偽りのように 君の心の不満と、僕の心の不安と 振り回され続けているけれど 曖昧な優しさと言い訳と 気が付けばあの日の ふたりには二度と戻れない  君のことは好きじゃない 君を好きかも知れない 触れ合う口唇さえ 馴れ合いに染まる  見えない鎖をといて 君も自由に生きていい もう いつしか消えてく 蜃気楼  同じ時間を過ごすことに迷いズルくなり 何気ないふたりの距離を守ってた 矛盾だらけの僕は 君の傷(いた)み救えない 渇いた思い出と走り書き このままいつまでも 幸せが 続いてくれるのだと 何となく言い聞かせていた  傷つけ合っていた頃の 過去に縛られて生きるより いつでも時間(とき)はすぐ先に進むもの 離れることを怖れて 現実をうまくごまかしてゆく もう 哀しく消えてく 蜃気楼  見失っていた愛の形 見つけても やけに虚ろで掴めない  君のことは好きじゃない 君を好きかも知れない 触れ合う口唇さえ 馴れ合いに染まる  もう 哀しく消えてく 君のことは好きだった 過去に縛られて生きるより いつでも時間はすぐ先に進むもの 離れることを怖れて 現実をうまくごまかしてゆく もう 彼方に消えてく 蜃気楼
THINK OF MYSELF眩しい夏が終わっても 僕は自分に答え まだ出せなくて 気付いた時友達は 意外に将来についてもう決めていた  たくさんの足跡に 無数の汗と涙 街も人も変わってゆく 果たして僕はどうだろう?  いつの日か自由の翼 飛び立つ瞬間(とき)を待ってる 少しだけ吹いてる風が 背中を押してくれる 信じたい僕の可能性(ちから)を 今は一人だけれど この世界に刻みたい “此処に居る” 証明(あかし)をきっと…  “全然不安ない”なんて言える程 僕には自信なかった でも弱さを見せるのは 本当に愛する人だけでいいと思う  かけがえのないMY LIFE もっと真剣にTHINK OF MYSELF 自分のこと好きじゃなけりゃ うまくゆくはずもないだろう?  手にしたら離しちゃいけない 走り始めたLUCKY STORY 簡単に見つかるのなら 勇気なんかはいらない 幾つもの傷や悲しみあるから輝けるよ まだ始まったばかりだね ゆっくりと歩いてゆこう…  いつの日か自由の翼 飛び立つ瞬間(とき)を待ってる 少しだけ吹いてる風が 背中を押してくれる 信じたい僕の可能性(ちから)を 今は一人だけれど この世界に刻みたい “此処に居る” 証明(あかし)をきっと…FIELD OF VIEW浅岡雄也多々納好夫眩しい夏が終わっても 僕は自分に答え まだ出せなくて 気付いた時友達は 意外に将来についてもう決めていた  たくさんの足跡に 無数の汗と涙 街も人も変わってゆく 果たして僕はどうだろう?  いつの日か自由の翼 飛び立つ瞬間(とき)を待ってる 少しだけ吹いてる風が 背中を押してくれる 信じたい僕の可能性(ちから)を 今は一人だけれど この世界に刻みたい “此処に居る” 証明(あかし)をきっと…  “全然不安ない”なんて言える程 僕には自信なかった でも弱さを見せるのは 本当に愛する人だけでいいと思う  かけがえのないMY LIFE もっと真剣にTHINK OF MYSELF 自分のこと好きじゃなけりゃ うまくゆくはずもないだろう?  手にしたら離しちゃいけない 走り始めたLUCKY STORY 簡単に見つかるのなら 勇気なんかはいらない 幾つもの傷や悲しみあるから輝けるよ まだ始まったばかりだね ゆっくりと歩いてゆこう…  いつの日か自由の翼 飛び立つ瞬間(とき)を待ってる 少しだけ吹いてる風が 背中を押してくれる 信じたい僕の可能性(ちから)を 今は一人だけれど この世界に刻みたい “此処に居る” 証明(あかし)をきっと…
12月の魔法あなたがそばに居れば 何も言葉はない 淋しさは消せないけれど笑えるよ 12月の魔法で....  誰も皆急ぎ足で 街を駆け抜けてゆく 大きな包み紙は きっと愛する人へ  ずっと二人で過ごしてたね 自由が今は切ない.... あなたがそばに居れば 幸せだったかな? 淋しさは消せないけれど笑えるよ 12月の魔法で....  約束を強引にして友達にも会ったけど 「お前なんだか、無理してる」 と言われて 泣きそうになった これもひとつの愛なんだと 自分に言い聞かせながら....  ざわめく人の波の中で立ち止まれば キラめいたイルミネーションが 「頑張れ!」と言ってくれた気がしてた....  きっと誰かが待っている 何時の日か出会うだろう そんな事を考えちゃうね Just Lonely tonight... merry merry X'mas!  あなたがそばに居れば 幸せだったかな? 淋しさは消せないけれど笑えるよ 12月の魔法で....FIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也池田大介・FIELD OF VIEWあなたがそばに居れば 何も言葉はない 淋しさは消せないけれど笑えるよ 12月の魔法で....  誰も皆急ぎ足で 街を駆け抜けてゆく 大きな包み紙は きっと愛する人へ  ずっと二人で過ごしてたね 自由が今は切ない.... あなたがそばに居れば 幸せだったかな? 淋しさは消せないけれど笑えるよ 12月の魔法で....  約束を強引にして友達にも会ったけど 「お前なんだか、無理してる」 と言われて 泣きそうになった これもひとつの愛なんだと 自分に言い聞かせながら....  ざわめく人の波の中で立ち止まれば キラめいたイルミネーションが 「頑張れ!」と言ってくれた気がしてた....  きっと誰かが待っている 何時の日か出会うだろう そんな事を考えちゃうね Just Lonely tonight... merry merry X'mas!  あなたがそばに居れば 幸せだったかな? 淋しさは消せないけれど笑えるよ 12月の魔法で....
Still最後の電車走っても まだ帰れぬまま 僕は徹夜続きの雑誌編集者 締め切りに追われる日々 まるで色気もない 君がサヨナラ告げるのなんて当然さ  朝のホームで偶然に逢った時は「運命だ」なんて思っていた  君が 君が 今でも... 切なく胸を焦がすけれど 心に仕舞った still love you  あの日止めた想いは 二人が選んだ答え 何も言えずに僕は....  少し大人びた笑顔は変わってなかった 好きな人に守られているの? 今は  「また会おうね」と言うのが精一杯で 伝えたい言葉を飲んだ  君が 君が 一人でも 二度とはやり直せないんだ 僕の身勝手な still love you  何時になれば判るだろう? 優しさの本当の意味を 幸せの在り方を...  君が 君が 今でも... 切なく胸を焦がすけれど 心に仕舞った still love you  孤独癒すだけなら 愛情長く続かない 離れている事が 君の為なんだろう...FIELD OF VIEW浅岡雄也FIELD OF VIEW徳永暁人・FIELD OF VIEW最後の電車走っても まだ帰れぬまま 僕は徹夜続きの雑誌編集者 締め切りに追われる日々 まるで色気もない 君がサヨナラ告げるのなんて当然さ  朝のホームで偶然に逢った時は「運命だ」なんて思っていた  君が 君が 今でも... 切なく胸を焦がすけれど 心に仕舞った still love you  あの日止めた想いは 二人が選んだ答え 何も言えずに僕は....  少し大人びた笑顔は変わってなかった 好きな人に守られているの? 今は  「また会おうね」と言うのが精一杯で 伝えたい言葉を飲んだ  君が 君が 一人でも 二度とはやり直せないんだ 僕の身勝手な still love you  何時になれば判るだろう? 優しさの本当の意味を 幸せの在り方を...  君が 君が 今でも... 切なく胸を焦がすけれど 心に仕舞った still love you  孤独癒すだけなら 愛情長く続かない 離れている事が 君の為なんだろう...
SPECIALLY愛のない寂しい暮らしに 飽き飽きしてたんだ  言葉のいらない COMPUTER WORLD 失くした物はもうわかんない  街にはなんでもあるけどココロは売ってない 貴方に逢えない現実も DATA にしまって SAVE してたんだ  凍える Soul は暗闇を駆け抜けて 歪んでいた日々考えさせるよ まさに脳天チョップだ Oh no no!  歌うよ Soul を貴方に届くようにもう一度 感じていたいよ SPECIALLY LOVE! 欲しいから... CHANGE MY LIFE スベテヲ...  “未来に期待していない恐るべき NEXT AGE” 言われて育ったボクら 必死に否定をしてきたハズさ  孤独な Soul は時代超えて誰も抱えている 愛を掲げよう 強くなれるから yes yes yes!  響けよ Soulよ貴方には何もかも打ち明けよう 信じていたいよ SPECIALLY LIFE! 手にしよう...  凍える Soul は暗闇を駆け抜けて 歪んでいた日々考えさせるよ まさに脳天チョップだ Oh no no!  歌うよ Soul を貴方に届くようにもう一度 感じていたいよ SPECIALLY LOVE! 欲しいから... CHANGE MY LIFE スベテヲ...FIELD OF VIEW浅岡雄也多々納好夫中川寛之・FIELD OF VIEW愛のない寂しい暮らしに 飽き飽きしてたんだ  言葉のいらない COMPUTER WORLD 失くした物はもうわかんない  街にはなんでもあるけどココロは売ってない 貴方に逢えない現実も DATA にしまって SAVE してたんだ  凍える Soul は暗闇を駆け抜けて 歪んでいた日々考えさせるよ まさに脳天チョップだ Oh no no!  歌うよ Soul を貴方に届くようにもう一度 感じていたいよ SPECIALLY LOVE! 欲しいから... CHANGE MY LIFE スベテヲ...  “未来に期待していない恐るべき NEXT AGE” 言われて育ったボクら 必死に否定をしてきたハズさ  孤独な Soul は時代超えて誰も抱えている 愛を掲げよう 強くなれるから yes yes yes!  響けよ Soulよ貴方には何もかも打ち明けよう 信じていたいよ SPECIALLY LIFE! 手にしよう...  凍える Soul は暗闇を駆け抜けて 歪んでいた日々考えさせるよ まさに脳天チョップだ Oh no no!  歌うよ Soul を貴方に届くようにもう一度 感じていたいよ SPECIALLY LOVE! 欲しいから... CHANGE MY LIFE スベテヲ...
セピア降り出すRaindrops 二人歩いた街に 思いだすのは君と過ごした日々 気付かなかったHappiness そばにいたのに 今頃はきっと彼の腕の中  時間(とき)が過ぎても忘れられないよ いっそ記憶さえなくなれ  セピア 揺れる思い出が胸を焦がすよ 二度と恋が出来ぬほど傷ついたなら良かった…  「もう一度だけ会って話がしたい」 電話した勇気 声は震えてた 短い髪が肩を越えたね だけどあの頃の君じゃない  セピア 染まる思い出がまた増えるけど これで恋は終わりさと言いきかせてる 心に  時間(とき)が過ぎても忘れられないよ いっそ記憶さえなくなれ  セピア色の思い出が胸を焦がすよ 彼を想う瞳の中には僕はもう… 別れた日と同じ空 デジャブのようだね これでやっと終わる恋 最後の言葉… サヨナラ…FIELD OF VIEW浅岡雄也多々納好夫安部潤降り出すRaindrops 二人歩いた街に 思いだすのは君と過ごした日々 気付かなかったHappiness そばにいたのに 今頃はきっと彼の腕の中  時間(とき)が過ぎても忘れられないよ いっそ記憶さえなくなれ  セピア 揺れる思い出が胸を焦がすよ 二度と恋が出来ぬほど傷ついたなら良かった…  「もう一度だけ会って話がしたい」 電話した勇気 声は震えてた 短い髪が肩を越えたね だけどあの頃の君じゃない  セピア 染まる思い出がまた増えるけど これで恋は終わりさと言いきかせてる 心に  時間(とき)が過ぎても忘れられないよ いっそ記憶さえなくなれ  セピア色の思い出が胸を焦がすよ 彼を想う瞳の中には僕はもう… 別れた日と同じ空 デジャブのようだね これでやっと終わる恋 最後の言葉… サヨナラ…
そばにいたかった ~STAND ALONE~「手紙を書くね」今日から君は旅立ってく 晴れた日曜の午後 ゆっくりと空に上った 頑張れの言葉 僕は心から言えなかった  そばにいたかった そばに居て欲しかった 今さら遅いね ざわめいたロビーでは 君の香りも消されて 想いが行き場を 失くしていた 君は夢求めて 望んだ STAND ALONE  「今日の夕焼けは綺麗で君に見せたかった」 書いてた手紙やめて いきなり逢いに行こうか? 現実の壁がふさぐ 明日はまた仕事なんだ そばにいるのは 見慣れている親友 悪くない安らぎ「彼女に惚れてたんだろ?」 気付かれてない筈だった 笑えていることが嬉しくて こんな愛があること 分かった STAND ALONE  そばにいたかった そばに居て欲しかった 二人は自由さ つぶやいた帰り道は 君が暮らしてた辺り もう一度僕は夢を探そう 行き先を決めずに 一人 STAND ALONE La La La La....... 今ここで....FIELD OF VIEW浅岡雄也小田孝「手紙を書くね」今日から君は旅立ってく 晴れた日曜の午後 ゆっくりと空に上った 頑張れの言葉 僕は心から言えなかった  そばにいたかった そばに居て欲しかった 今さら遅いね ざわめいたロビーでは 君の香りも消されて 想いが行き場を 失くしていた 君は夢求めて 望んだ STAND ALONE  「今日の夕焼けは綺麗で君に見せたかった」 書いてた手紙やめて いきなり逢いに行こうか? 現実の壁がふさぐ 明日はまた仕事なんだ そばにいるのは 見慣れている親友 悪くない安らぎ「彼女に惚れてたんだろ?」 気付かれてない筈だった 笑えていることが嬉しくて こんな愛があること 分かった STAND ALONE  そばにいたかった そばに居て欲しかった 二人は自由さ つぶやいた帰り道は 君が暮らしてた辺り もう一度僕は夢を探そう 行き先を決めずに 一人 STAND ALONE La La La La....... 今ここで....
Time is gone消えてく街の灯をぼんやりと眺めてた 何度目だろう? 喧嘩も出来ず....  すれ違いの度に会えなくなってしまう 電話するのは勇気が要るから...  人を本気で愛したなら自分の事は見えなくなる 本当だね  Time is gone 願ってるのは -優しくなりたい- 君とこれからもずっと過ごしたいだけさ 道なき道でも僕は明日だけ見よう  何も言わないまま 君は遠い外国へ... 僕にさえも隠してたのは何故?  あの時君がつぶやいてた言葉の意味も解らずに居たんだ  Time is gone もう君のこと 忘れてもいいかな? もう一度生まれ変わっても 君に出逢いたい.... 届かない愛情は何処へぶつけたらいいのだろう?  Time is gone もう君のこと 忘れてもいいかな? 今は心の中で君は笑ってても... 道なき道でも僕はきっと明日だけ見よう 過ぎてゆく季節の中で....FIELD OF VIEW浅岡雄也新津健二池田大介・FIELD OF VIEW消えてく街の灯をぼんやりと眺めてた 何度目だろう? 喧嘩も出来ず....  すれ違いの度に会えなくなってしまう 電話するのは勇気が要るから...  人を本気で愛したなら自分の事は見えなくなる 本当だね  Time is gone 願ってるのは -優しくなりたい- 君とこれからもずっと過ごしたいだけさ 道なき道でも僕は明日だけ見よう  何も言わないまま 君は遠い外国へ... 僕にさえも隠してたのは何故?  あの時君がつぶやいてた言葉の意味も解らずに居たんだ  Time is gone もう君のこと 忘れてもいいかな? もう一度生まれ変わっても 君に出逢いたい.... 届かない愛情は何処へぶつけたらいいのだろう?  Time is gone もう君のこと 忘れてもいいかな? 今は心の中で君は笑ってても... 道なき道でも僕はきっと明日だけ見よう 過ぎてゆく季節の中で....
出せない手紙この町を君が出てから もう二度目の秋になるね 最後に話したのは流行っていたドラマの粗筋  そんな他愛ない事だけど忘れられないんだ 君を今でも  出せない手紙はかばんに詰めたまま ボロボロになって今日も眠るよ 僕らが生まれた街は変わるのだろう いつかは 元気でやっているよね?  都会では淋しさも嬉しさも独りきりで 本当は憧れと夢 取り違えて居たのかもしれない  だけど弱さを見せられる人は あなただけだったと今分かった...  夜中はすらすら筆は進むけど 朝には恥ずかしくて読めない 「私は平気」ってなんだか嘘になるような気がして 連絡取らず居ます......  機械に疎い僕でさえ最近はメールなんかしてる なんだか 切ない気がして...  出せない手紙は二人を繋いでいる 想いは「逢いたい」ただそれだけ 僕らは信じた道を歩いて行こう これからも 愛する人が居れば どんなに離れていても.....FIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也池田大介この町を君が出てから もう二度目の秋になるね 最後に話したのは流行っていたドラマの粗筋  そんな他愛ない事だけど忘れられないんだ 君を今でも  出せない手紙はかばんに詰めたまま ボロボロになって今日も眠るよ 僕らが生まれた街は変わるのだろう いつかは 元気でやっているよね?  都会では淋しさも嬉しさも独りきりで 本当は憧れと夢 取り違えて居たのかもしれない  だけど弱さを見せられる人は あなただけだったと今分かった...  夜中はすらすら筆は進むけど 朝には恥ずかしくて読めない 「私は平気」ってなんだか嘘になるような気がして 連絡取らず居ます......  機械に疎い僕でさえ最近はメールなんかしてる なんだか 切ない気がして...  出せない手紙は二人を繋いでいる 想いは「逢いたい」ただそれだけ 僕らは信じた道を歩いて行こう これからも 愛する人が居れば どんなに離れていても.....
DAN DAN 心魅かれてくPLATINA LYLICDAN DAN 心魅かれてく その眩しい笑顔に 果てない暗闇(やみ)から飛び出そう Hold my hand  君と出合ったとき 子供のころ 大切に想っていた景色(ばしょ)を思い出したんだ 僕と踊ってくれないか 光と影の Winding Road 今でも あいつに夢中なの? 少しだけ 振り向きたくなるような時もあるけど 愛と勇気と誇りを持って闘うよ  DAN DAN 心魅かれてく この宇宙(ほし)の希望のかけら きっと誰もが 永遠を手に入れたい ZEN ZEN 気にしないフリしても ほら君に恋してる 果てない暗闇(やみ)から飛び出そう Hold your hand  怒った顔も疲れてる君も好きだけど あんなに飛ばして生きて 大丈夫かなと思う 僕は…何気ない行動(しぐさ)に振り回されてる sea side blue それでも あいつに夢中なの? もっと聞きたいことがあったのに 二人の会話が 車の音にはばまれて通りに舞うよ  DAN DAN 心魅かれてく 自分でも不思議なんだけど 何かあると一番(すぐ)に 君に電話したくなる ZEN ZEN 気のないフリしても 結局 君のことだけ見ていた 海の彼方へ 飛び出そうよ Hold my handPLATINA LYLICFIELD OF VIEW坂井泉水織田哲郎葉山たけしDAN DAN 心魅かれてく その眩しい笑顔に 果てない暗闇(やみ)から飛び出そう Hold my hand  君と出合ったとき 子供のころ 大切に想っていた景色(ばしょ)を思い出したんだ 僕と踊ってくれないか 光と影の Winding Road 今でも あいつに夢中なの? 少しだけ 振り向きたくなるような時もあるけど 愛と勇気と誇りを持って闘うよ  DAN DAN 心魅かれてく この宇宙(ほし)の希望のかけら きっと誰もが 永遠を手に入れたい ZEN ZEN 気にしないフリしても ほら君に恋してる 果てない暗闇(やみ)から飛び出そう Hold your hand  怒った顔も疲れてる君も好きだけど あんなに飛ばして生きて 大丈夫かなと思う 僕は…何気ない行動(しぐさ)に振り回されてる sea side blue それでも あいつに夢中なの? もっと聞きたいことがあったのに 二人の会話が 車の音にはばまれて通りに舞うよ  DAN DAN 心魅かれてく 自分でも不思議なんだけど 何かあると一番(すぐ)に 君に電話したくなる ZEN ZEN 気のないフリしても 結局 君のことだけ見ていた 海の彼方へ 飛び出そうよ Hold my hand
Dear old days君と過ごした街 遠く離れてゆくよ いつか ただ 懐かしい 風景になるとしても…  新たな道を選ぶたびに 大切な何かが壊れるよ  Dear old days 変われない 自分が嫌だった 何故 迷っていたんだろう? 「生きてる」実感(リアル)を感じたいだけ どこに居てもー僕は…  語り明かした日々 仲間達のあの笑顔に 支えられていると 今 初めて気付いたんだ  誰かを必要としてるね 出逢いは偶然じゃないのだろう  Dear old days 失うコトは怖くないよ 明日を信じていたいから 守ってばかりじゃ そう 前進(すす)めない 僕らの旅は続く 終わることなく  数えきれない夢と 想い出を 胸に抱いてFIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也徳永暁人君と過ごした街 遠く離れてゆくよ いつか ただ 懐かしい 風景になるとしても…  新たな道を選ぶたびに 大切な何かが壊れるよ  Dear old days 変われない 自分が嫌だった 何故 迷っていたんだろう? 「生きてる」実感(リアル)を感じたいだけ どこに居てもー僕は…  語り明かした日々 仲間達のあの笑顔に 支えられていると 今 初めて気付いたんだ  誰かを必要としてるね 出逢いは偶然じゃないのだろう  Dear old days 失うコトは怖くないよ 明日を信じていたいから 守ってばかりじゃ そう 前進(すす)めない 僕らの旅は続く 終わることなく  数えきれない夢と 想い出を 胸に抱いて
Tomorrow遠くで微かに波が 聴こえる静かな夜 君はきっと眠っているね  生活も反対だから最近は電話してない 抱きしめていたんだ 君を 夢から覚めて消えた  どこまでも ただ愛は燃やし続けるもの もう闇の言葉は 僕には届かない 遠い昨日に涙を置き去りにして 離れて暮らしているけど 逢いたくなる想いは Tomorrow....  半年ぶりの待ち合わせ 慌ただしい改札口 懐かしい笑顔を探した  想い出を振り返るたび 切なさをごまかしていた 逢えず過ごした季節 君はどんな気持ちで居たの?  どこまでも 理性だけが僕らを支えてた 解き放っていいよね 今夜ぐらいは 何も言わずに繋いだ手と手の温度は 熱い鼓動とリンクして 判りあえる想いは 明日も....  逢いたくなる想いは Tomorrow....FIELD OF VIEW浅岡雄也小田孝泉隆則遠くで微かに波が 聴こえる静かな夜 君はきっと眠っているね  生活も反対だから最近は電話してない 抱きしめていたんだ 君を 夢から覚めて消えた  どこまでも ただ愛は燃やし続けるもの もう闇の言葉は 僕には届かない 遠い昨日に涙を置き去りにして 離れて暮らしているけど 逢いたくなる想いは Tomorrow....  半年ぶりの待ち合わせ 慌ただしい改札口 懐かしい笑顔を探した  想い出を振り返るたび 切なさをごまかしていた 逢えず過ごした季節 君はどんな気持ちで居たの?  どこまでも 理性だけが僕らを支えてた 解き放っていいよね 今夜ぐらいは 何も言わずに繋いだ手と手の温度は 熱い鼓動とリンクして 判りあえる想いは 明日も....  逢いたくなる想いは Tomorrow....
Truth of Love暖かい風は 春の気配で いつものバス通り 君が歩いてくる  挨拶するだけで 冬は過ぎたけれど 微笑んでくれる それで良かったはず  季節が変わって「会えない」現実を知った 今さら想いは この胸に溢れ出すよ  IT's so Truth of Love 瞳を閉じれば 鮮やかな笑顔 君を探してる 新しく何か始まる時 何か失っても 僕はきっと誰かを愛するだろう  期待外れの雪 君の来ない朝 慣れてしまうのは 忘れることに似てる  すべては変わってゆくもの 大事な想いと出逢いが時には 切なさに生まれ変わる  IT's so Truth of Love 届かない愛は あてなく彷徨う 風に消えてく 街並は春色に染まる 僕は残されて もう一度逢いたい あの笑顔に…  IT's so Truth of Love 瞳を閉じれば 鮮やかな笑顔 君を探してる 新しく何か始まる時 何か失っても 僕はきっと誰かを愛するだろう  もう一度逢いたい あの笑顔に…FIELD OF VIEW浅岡雄也河野雅昭暖かい風は 春の気配で いつものバス通り 君が歩いてくる  挨拶するだけで 冬は過ぎたけれど 微笑んでくれる それで良かったはず  季節が変わって「会えない」現実を知った 今さら想いは この胸に溢れ出すよ  IT's so Truth of Love 瞳を閉じれば 鮮やかな笑顔 君を探してる 新しく何か始まる時 何か失っても 僕はきっと誰かを愛するだろう  期待外れの雪 君の来ない朝 慣れてしまうのは 忘れることに似てる  すべては変わってゆくもの 大事な想いと出逢いが時には 切なさに生まれ変わる  IT's so Truth of Love 届かない愛は あてなく彷徨う 風に消えてく 街並は春色に染まる 僕は残されて もう一度逢いたい あの笑顔に…  IT's so Truth of Love 瞳を閉じれば 鮮やかな笑顔 君を探してる 新しく何か始まる時 何か失っても 僕はきっと誰かを愛するだろう  もう一度逢いたい あの笑顔に…
突然PLATINA LYLIC突然君からの手紙 あの日から途切れた君の声 今すぐ逢いに行くよ 夏が遠回りしても  カセットのボリューム上げた 日曜の車は混んでいる バックミラーの自分を見て “今度こそは意地を張らない…”  海岸通り過ぎると 君の家が見える 過去も未来も忘れて 現在(いま)は君のことだけ  突然の風に吹かれて 夢中で何かを探したね 倒れそうになったら 僕を近くに感じて またあの日のように 君を抱きしめたい  何かを求めれば何かが 音をたてて崩れてく たとえ今日が終わっても 明日を信じて行こうよ  僕は君の大事な存在(ひと)になれるのだろうか この仕事(ゆめ)はどんな状況(とき)も笑っているよ  突然の熱い夕立ちに 夢中で車に走ったね 埃まみれになって 時間(とき)の経つのも忘れた 恋人よ 君を心から大切にしたい  突然の風に吹かれて 旅人は行く先を知らない でも僕らの愛は 二度とはぐれたりはしない あの青い空のように いつまでもそばにいるPLATINA LYLICFIELD OF VIEW坂井泉水織田哲郎葉山たけし突然君からの手紙 あの日から途切れた君の声 今すぐ逢いに行くよ 夏が遠回りしても  カセットのボリューム上げた 日曜の車は混んでいる バックミラーの自分を見て “今度こそは意地を張らない…”  海岸通り過ぎると 君の家が見える 過去も未来も忘れて 現在(いま)は君のことだけ  突然の風に吹かれて 夢中で何かを探したね 倒れそうになったら 僕を近くに感じて またあの日のように 君を抱きしめたい  何かを求めれば何かが 音をたてて崩れてく たとえ今日が終わっても 明日を信じて行こうよ  僕は君の大事な存在(ひと)になれるのだろうか この仕事(ゆめ)はどんな状況(とき)も笑っているよ  突然の熱い夕立ちに 夢中で車に走ったね 埃まみれになって 時間(とき)の経つのも忘れた 恋人よ 君を心から大切にしたい  突然の風に吹かれて 旅人は行く先を知らない でも僕らの愛は 二度とはぐれたりはしない あの青い空のように いつまでもそばにいる
とまどいの季節卒業前に僕達が 通いつめた店で偶然 昔の彼女は親友(あいつ)と 僕は何故だろう? 隠れてた  とまどいの季節は風が冷たくて 幸せをうらやむ僕が居るよ  “良かったね”素直に言える仲間のはずさ 社会に出て少し 汚れたかな?  複雑な気持ちで見ていた 二人 遠くに行くのを  仕事に追われていたから ずっと会わなかったけれど “今彼女に本気だよ”と言い切った親友(あいつ)は輝いて  とまどいの季節は胸をすりぬけて 時間(とき)を戻してゆく あの日のように  “幸せになれよ”と心から言えるのは 誰も皆 大人になってからさ  いつまでも 笑って話せる友達でいたいけど…FIELD OF VIEW浅岡雄也多々納好夫池田大介卒業前に僕達が 通いつめた店で偶然 昔の彼女は親友(あいつ)と 僕は何故だろう? 隠れてた  とまどいの季節は風が冷たくて 幸せをうらやむ僕が居るよ  “良かったね”素直に言える仲間のはずさ 社会に出て少し 汚れたかな?  複雑な気持ちで見ていた 二人 遠くに行くのを  仕事に追われていたから ずっと会わなかったけれど “今彼女に本気だよ”と言い切った親友(あいつ)は輝いて  とまどいの季節は胸をすりぬけて 時間(とき)を戻してゆく あの日のように  “幸せになれよ”と心から言えるのは 誰も皆 大人になってからさ  いつまでも 笑って話せる友達でいたいけど…
ドキッ分かり合えなくてもどかしい日も 傷付け合った日々もあるけれど 負けそうな時 挫けそうな時 気が付けばそっと 支えてくれてた  みんな各々(それぞれ)の道を選んで 歩きはじめるけど いつまでもこうして変わらずにいたいね  ドキッとしたよ 君がはしゃぐ太陽の下輝く 陽に灼けた素肌は 街(いつも)の君とは別人 君のことをもっと知りたくなった 僕を見つめて 何かが変わってく そんな予感(き)がした…  きっと誰だって不安を抱えている 未来は輝いてばかりじゃない 悲しいニュース 人間関係etc… あっという間に 日は暮れてしまうよ  都会(まち)に帰れば押し寄せて来る 怒りも タメ息も 涙も ここでは忘れてしまおうよ  クラッとしたよ 君がはしゃぐ太陽の下輝く いつも とびきりのその笑顔で僕のそばに居て 君と一緒なら何処までだって飛んで行けるから きっと 叶えるさ 僕達(ぼくら)の夢を…  ドキッとしたよ 君が眠る太陽の下輝く 出逢ったあの日から ずっと 何かを感じていたね 辛い時は そっと思い出して いつもここに居るよ どんな風からも 君を守りたい…  新しい夏が 今 はじまる…FIELD OF VIEW山本ゆり浅岡雄也葉山たけし分かり合えなくてもどかしい日も 傷付け合った日々もあるけれど 負けそうな時 挫けそうな時 気が付けばそっと 支えてくれてた  みんな各々(それぞれ)の道を選んで 歩きはじめるけど いつまでもこうして変わらずにいたいね  ドキッとしたよ 君がはしゃぐ太陽の下輝く 陽に灼けた素肌は 街(いつも)の君とは別人 君のことをもっと知りたくなった 僕を見つめて 何かが変わってく そんな予感(き)がした…  きっと誰だって不安を抱えている 未来は輝いてばかりじゃない 悲しいニュース 人間関係etc… あっという間に 日は暮れてしまうよ  都会(まち)に帰れば押し寄せて来る 怒りも タメ息も 涙も ここでは忘れてしまおうよ  クラッとしたよ 君がはしゃぐ太陽の下輝く いつも とびきりのその笑顔で僕のそばに居て 君と一緒なら何処までだって飛んで行けるから きっと 叶えるさ 僕達(ぼくら)の夢を…  ドキッとしたよ 君が眠る太陽の下輝く 出逢ったあの日から ずっと 何かを感じていたね 辛い時は そっと思い出して いつもここに居るよ どんな風からも 君を守りたい…  新しい夏が 今 はじまる…
Dreams足早な人込みの中 間違えて生まれた気がした それでも時は流れる 群衆のルールが焦らせる  coolな時代の波に飲まれない 大丈夫わかってるよ 夢を置き去りにしない 隣にいたのが君だから  抱き締めたい 瞬間(とき)が冷めるなら 今日君を連れ去るから 人に笑われてもいい 僕は いつの日か 現実(ほんとう)にできるよ 君と見た tiny dreams  こんな街でふと懐かしい 香りに出会ったのが君だった いつも何かに一生懸命で はしゃいで笑ってる君が好きだから  何かを得るために受ける傷(いたみ)なら 僕がきっとかばうよ ありふれた毎日壊して くだらない明日へ走りだそう  Blow away tears 勇気忘れないで 未来に負けていられない 自分らしく生きることを 恐れずに つかみたい 愛なんていう言葉と shinin' dreams  Blow away tears 勇気忘れないで 未来に負けていられない 自分らしく生きることを 恐れずに つかみたい 愛なんていう言葉と shinin' dreamsFIELD OF VIEW辻尾有佐織田哲郎徳永暁人足早な人込みの中 間違えて生まれた気がした それでも時は流れる 群衆のルールが焦らせる  coolな時代の波に飲まれない 大丈夫わかってるよ 夢を置き去りにしない 隣にいたのが君だから  抱き締めたい 瞬間(とき)が冷めるなら 今日君を連れ去るから 人に笑われてもいい 僕は いつの日か 現実(ほんとう)にできるよ 君と見た tiny dreams  こんな街でふと懐かしい 香りに出会ったのが君だった いつも何かに一生懸命で はしゃいで笑ってる君が好きだから  何かを得るために受ける傷(いたみ)なら 僕がきっとかばうよ ありふれた毎日壊して くだらない明日へ走りだそう  Blow away tears 勇気忘れないで 未来に負けていられない 自分らしく生きることを 恐れずに つかみたい 愛なんていう言葉と shinin' dreams  Blow away tears 勇気忘れないで 未来に負けていられない 自分らしく生きることを 恐れずに つかみたい 愛なんていう言葉と shinin' dreams
ながれる雲ビルのガラスに映る姿 他人の色したスーツを着てた  何気なく近づいてきた子供と交わした笑顔 とても下手だった  ながれる雲を追いかけたこと ふと思いだしてた ただがむしゃらに空見上げて 恐れも知らなかった はずむ想いをもう一度抱きしめ 歩くことができたら...  君の柔らかい声すらも 遠く聴こえた かさつく日々で  あるがまま 受け止める心に目隠しをして 何処に行けるのだろう?  ながれる雲を追いかけよう ころんでもいいじゃない まっすぐな瞳 まっ白な想い 目を閉じれば見える 今でも未来を 信じられたなら 走ろう まだ遅くはない...  ながれる雲を追いかけよう 心の窓開けて 両手を拡げて仰ぐ空は青いと気づくはず  ながれる雲を追いかけよう ころんでもいいじゃない 嘘や言い訳 自分自身に ついてても変わらない もう飾らない 僕は僕のまま 歌おう La la la la la la....FIELD OF VIEW小橋琢人小橋琢人池田大介・FIELD OF VIEWビルのガラスに映る姿 他人の色したスーツを着てた  何気なく近づいてきた子供と交わした笑顔 とても下手だった  ながれる雲を追いかけたこと ふと思いだしてた ただがむしゃらに空見上げて 恐れも知らなかった はずむ想いをもう一度抱きしめ 歩くことができたら...  君の柔らかい声すらも 遠く聴こえた かさつく日々で  あるがまま 受け止める心に目隠しをして 何処に行けるのだろう?  ながれる雲を追いかけよう ころんでもいいじゃない まっすぐな瞳 まっ白な想い 目を閉じれば見える 今でも未来を 信じられたなら 走ろう まだ遅くはない...  ながれる雲を追いかけよう 心の窓開けて 両手を拡げて仰ぐ空は青いと気づくはず  ながれる雲を追いかけよう ころんでもいいじゃない 嘘や言い訳 自分自身に ついてても変わらない もう飾らない 僕は僕のまま 歌おう La la la la la la....
ナチュラル川沿いを歩いて 深呼吸した 心が軽くなるような青空 ネクタイを緩めて 息抜き中も ふと君の事思う僕がいた Do you believe me? 初めて出逢って 恋に落ちるなんて... こんな気持ちが あったことさえ 忘れていたんだ  ナチュラルな心で 君と向き合えるから 明日の地図は きっと変わってゆくよ これから先の事は わからなくても構わない うまく行く様な 予感がしてるよ  いつもなら 気にしない終業時間 ベルの音で「お疲れ」と駆け出してゆく 食事の味も 分からないくらい 夢を話す君は綺麗だった I'm in Love!  僕には誇れるようなものないけど たったひとつあるとすれば この想いなんだ  ナチュラルな言葉で 心伝えられたら それだけでいい それじゃ嘘になるね 冗談なんかじゃ言えない 運命初めて感じた 今更の恋に かなり照れるけど...  ナチュラルな心で 君と向き合えるから 明日の地図は きっと変わってゆくよ これから先の事は わからなくても構わない うまく行く様な 予感がしてるよFIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也池田大介・FIELD OF VIEW川沿いを歩いて 深呼吸した 心が軽くなるような青空 ネクタイを緩めて 息抜き中も ふと君の事思う僕がいた Do you believe me? 初めて出逢って 恋に落ちるなんて... こんな気持ちが あったことさえ 忘れていたんだ  ナチュラルな心で 君と向き合えるから 明日の地図は きっと変わってゆくよ これから先の事は わからなくても構わない うまく行く様な 予感がしてるよ  いつもなら 気にしない終業時間 ベルの音で「お疲れ」と駆け出してゆく 食事の味も 分からないくらい 夢を話す君は綺麗だった I'm in Love!  僕には誇れるようなものないけど たったひとつあるとすれば この想いなんだ  ナチュラルな言葉で 心伝えられたら それだけでいい それじゃ嘘になるね 冗談なんかじゃ言えない 運命初めて感じた 今更の恋に かなり照れるけど...  ナチュラルな心で 君と向き合えるから 明日の地図は きっと変わってゆくよ これから先の事は わからなくても構わない うまく行く様な 予感がしてるよ
夏の雨海辺の道 君を待っていた まだ互いに名前しか知らない  だけど惹かれ合う瞳に嘘はつけない  夏の雨には濡れてゆこう 素敵な想い出になるように きっと何処かで出逢っていた そんな気がしてた Day dream.....  話す事が尽きないでいたね 君の時間を買い占めてしまおう  僕ら恋で受けた傷を抱えていた  夏の雨には希望のような 全てを洗い流すチカラ そして此処から始めるのさ 曇った空越えてゆこう  夏の雨には濡れてゆこう 素敵な想い出になるように きっと何処かで出逢っていた そんな気がしてた Day dream.....FIELD OF VIEW浅岡雄也小田孝FIELD OF VIEW海辺の道 君を待っていた まだ互いに名前しか知らない  だけど惹かれ合う瞳に嘘はつけない  夏の雨には濡れてゆこう 素敵な想い出になるように きっと何処かで出逢っていた そんな気がしてた Day dream.....  話す事が尽きないでいたね 君の時間を買い占めてしまおう  僕ら恋で受けた傷を抱えていた  夏の雨には希望のような 全てを洗い流すチカラ そして此処から始めるのさ 曇った空越えてゆこう  夏の雨には濡れてゆこう 素敵な想い出になるように きっと何処かで出逢っていた そんな気がしてた Day dream.....
夏の片隅で通り雨 過ぎた後には 陽炎のぼる国道 卒業前に別れた君が住む懐かしい街  ひたむきな性格が 好きだったけれど 息抜き出来る場所は 見つけたかい  君に出逢わなければ 違う生き方してたよ いつか 誰かのことを 僕もまた 暖められたら かけがえのない夏の片隅で  コンビニの小さな傘じゃ 肩先 濡らしていたね それでも 嬉しそうに微笑った君に本気で恋をした  現実と 精一杯 戦っていた君と 青くさい夢ばかりを 追いかけた僕  風に押されて泳ぐ 小さな雲のように 心の形も変わってゆくんだね 気づかないうちに きらめいていた夏の片隅で  君に出逢わなければ 違う生き方してたよ いつか 誰かのことを 僕もまた 暖められたら かけがえのない夏の片隅で 笑って暮らしていけたならいいねFIELD OF VIEW小田佳奈子新津健二池田大介・FIELD OF VIEW通り雨 過ぎた後には 陽炎のぼる国道 卒業前に別れた君が住む懐かしい街  ひたむきな性格が 好きだったけれど 息抜き出来る場所は 見つけたかい  君に出逢わなければ 違う生き方してたよ いつか 誰かのことを 僕もまた 暖められたら かけがえのない夏の片隅で  コンビニの小さな傘じゃ 肩先 濡らしていたね それでも 嬉しそうに微笑った君に本気で恋をした  現実と 精一杯 戦っていた君と 青くさい夢ばかりを 追いかけた僕  風に押されて泳ぐ 小さな雲のように 心の形も変わってゆくんだね 気づかないうちに きらめいていた夏の片隅で  君に出逢わなければ 違う生き方してたよ いつか 誰かのことを 僕もまた 暖められたら かけがえのない夏の片隅で 笑って暮らしていけたならいいね
夏の記憶始発のベル 響き渡ると 振り向き 小さく 手を振った  電話じゃなくて 云いたかったこと 胸の奥で つかえたまま  自分さえもまだ うまく愛せないのに 人を愛するのは とても難しいから  遥か 遠い 夏の記憶 まだ何か 探すけれど 永遠なんてないと 何時から 気付いていたんだろう  変わらないこの暮らしが 互いを駄目に するなら  微笑んで せめて最後は ふたりで決めた 別れに  君を支えてるのは もう僕じゃない 君の未来なんだね 強く抱きしめても  通り雨が やがて僕らの 足跡 消してゆく どんな理由で 争ったのかも 想い出せなくなる  雲の切れ間 朝日が差して 一日が始まる 誰も 違う悲しみ負って 今日を 生きてゆく あの 遥か 遠い 夏の記憶 まだ何か 探すけれど 永遠なんてないと いつから 気付いていたんだろうFIELD OF VIEW小田佳奈子猪島庄司始発のベル 響き渡ると 振り向き 小さく 手を振った  電話じゃなくて 云いたかったこと 胸の奥で つかえたまま  自分さえもまだ うまく愛せないのに 人を愛するのは とても難しいから  遥か 遠い 夏の記憶 まだ何か 探すけれど 永遠なんてないと 何時から 気付いていたんだろう  変わらないこの暮らしが 互いを駄目に するなら  微笑んで せめて最後は ふたりで決めた 別れに  君を支えてるのは もう僕じゃない 君の未来なんだね 強く抱きしめても  通り雨が やがて僕らの 足跡 消してゆく どんな理由で 争ったのかも 想い出せなくなる  雲の切れ間 朝日が差して 一日が始まる 誰も 違う悲しみ負って 今日を 生きてゆく あの 遥か 遠い 夏の記憶 まだ何か 探すけれど 永遠なんてないと いつから 気付いていたんだろう
Beautiful day朝が来るまで話した最後の夜 君がいたから ここまで来れたんだ  川の水面にさえ 蒼い月優しく輝いてる 独りじゃない事 感じたよ  僕らが生きてる 僕らを待ってる まだ何も始まっていない 未来を掴みたいよ 冷たい風を飛び越え 何時の日か振り返れば Beautiful day....  テストの紙飛行機 飛ばしたこの場所に 制服を脱いだ見慣れない君が居た  道は分かれてる 誰もが違う夢見てるから 笑顔で別れよう また逢えるよ  僕らが生きてる 僕らを待ってる この時代も色褪せてゆく それでも忘れないよ 最初の一歩踏み出した 青春の真只中は Beautiful day  僕らが生きてる 僕らを待ってる まだ何も始まっていない 未来を掴みたいよ 冷たい風を飛び越え 何時の日か振り返れば Beautiful day....FIELD OF VIEW浅岡雄也寺尾広池田大介・FIELD OF VIEW朝が来るまで話した最後の夜 君がいたから ここまで来れたんだ  川の水面にさえ 蒼い月優しく輝いてる 独りじゃない事 感じたよ  僕らが生きてる 僕らを待ってる まだ何も始まっていない 未来を掴みたいよ 冷たい風を飛び越え 何時の日か振り返れば Beautiful day....  テストの紙飛行機 飛ばしたこの場所に 制服を脱いだ見慣れない君が居た  道は分かれてる 誰もが違う夢見てるから 笑顔で別れよう また逢えるよ  僕らが生きてる 僕らを待ってる この時代も色褪せてゆく それでも忘れないよ 最初の一歩踏み出した 青春の真只中は Beautiful day  僕らが生きてる 僕らを待ってる まだ何も始まっていない 未来を掴みたいよ 冷たい風を飛び越え 何時の日か振り返れば Beautiful day....
Believe myself追われるだけの毎日が続いている 食べる為だけに働いても虚しいだけ  競走すること 得意じゃないから 人生をGameのように Oh No 割り切れないよ  Anytime I believe myself まだ知らない世界は 一歩足を踏み出す度に勇気が試されるけど  何が待っていても やりたい事やろうよ “空も飛べる”と信じていられた幼きあの日の気持ちで...  あきらめ顔で脇役はもうやれない 時代に合わせて生きるのもなんだか違う  ため息混じりの暮らしにさよなら 新しい太陽昇れば Oh Yes 過去になるから  Anytime I believe myself 自分の橋を架けて 渡る時は今までよりも希望を感じられるよ  何も怖れないで 夢信じてみようよ 二度と来ないこの瞬間を抱きしめ歩こう 何処までも...  Anytime I believe myself まだ知らない世界は 一歩足を踏み出す度に勇気が試されるけど 何が待っていても やりたい事やろうよ “空も飛べる”と信じていられた幼きあの日の気持ちで...FIELD OF VIEWU-ya AsaokaU-ya Asaoka徳永暁人追われるだけの毎日が続いている 食べる為だけに働いても虚しいだけ  競走すること 得意じゃないから 人生をGameのように Oh No 割り切れないよ  Anytime I believe myself まだ知らない世界は 一歩足を踏み出す度に勇気が試されるけど  何が待っていても やりたい事やろうよ “空も飛べる”と信じていられた幼きあの日の気持ちで...  あきらめ顔で脇役はもうやれない 時代に合わせて生きるのもなんだか違う  ため息混じりの暮らしにさよなら 新しい太陽昇れば Oh Yes 過去になるから  Anytime I believe myself 自分の橋を架けて 渡る時は今までよりも希望を感じられるよ  何も怖れないで 夢信じてみようよ 二度と来ないこの瞬間を抱きしめ歩こう 何処までも...  Anytime I believe myself まだ知らない世界は 一歩足を踏み出す度に勇気が試されるけど 何が待っていても やりたい事やろうよ “空も飛べる”と信じていられた幼きあの日の気持ちで...
FIELD OF VIEW都会の交差点は Oh Yes すっかり変わったけど あの頃やり残したまま 時計は動かない  平成時代 駆け抜けた戦友(とも)よ 逢わなくなったけど キミの場所で まだ 歌ってるかい  夢のような現実を キミと 生きてたね 真っ直ぐ 世界 FIELD OF VIEW 新しい Door ヒカリは何処だ?  何が変わったのか 全然 解っちゃいないのに ワカッタ振りをして 生きてきちゃったなぁ  何時かまた 逢えるといいよね 約束なかったけど 僕はずっと 歌 歌っていた  夢の続きだけど 何時か 終わるから 令和 時代 FIELD OF VIEW 過去も未来も 全部 抱きしめよう  夢のような現実を キミと 生きてたね 真っ直ぐ 世界 FIELD OF VIEW 新しい Door その先へ  夢のままでイイじゃない 何時か 終わるから 令和 時代 FIELD OF VIEW 過去も未来も 全部 抱きしめようFIELD OF VIEW浅岡雄也小田孝池田大介・FIELD OF VIEW都会の交差点は Oh Yes すっかり変わったけど あの頃やり残したまま 時計は動かない  平成時代 駆け抜けた戦友(とも)よ 逢わなくなったけど キミの場所で まだ 歌ってるかい  夢のような現実を キミと 生きてたね 真っ直ぐ 世界 FIELD OF VIEW 新しい Door ヒカリは何処だ?  何が変わったのか 全然 解っちゃいないのに ワカッタ振りをして 生きてきちゃったなぁ  何時かまた 逢えるといいよね 約束なかったけど 僕はずっと 歌 歌っていた  夢の続きだけど 何時か 終わるから 令和 時代 FIELD OF VIEW 過去も未来も 全部 抱きしめよう  夢のような現実を キミと 生きてたね 真っ直ぐ 世界 FIELD OF VIEW 新しい Door その先へ  夢のままでイイじゃない 何時か 終わるから 令和 時代 FIELD OF VIEW 過去も未来も 全部 抱きしめよう
冬のバラード午後から雪になった街は銀色 君はいない 約束してた休日を 今頃どこで 過ごしてるの 戻って来てほしいよ なんでもない顔で  行き詰まりの恋 もうやめたって 僕の肩で泣いた夜 抱きしめてしまえば良かった あいつに帰れないように  さよなら冬のバラード ゆずれない想いは消せない 僕のものじゃなくてもやっぱり 君を 忘れられなくて  乗り過ごした地下鉄で バッタリ会うって 皮肉だよ 彼を紹介する笑顔が 隣見上げて 輝いてた 素直すぎる君を見てたら どうにもならないと思った  やがて僕はすべて忘れてゆく きらめいた日々さえも 壊したくない夢 抱いてみても 今は ぼやけてゆくだけ  冬の風を受けて ひとりきり立ちつくしている 僕はこれからどこへ行こうか 長い夜が始まる  春一番が吹く頃は僕らは何をしてるのかなぁ 白い吐息が流れる隣に ああ 君はいない  さよなら冬のバラード ひとりきり立ちつくしている 僕はこれからどこへ行こうか 長い夜が始まる ああ 君はいないFIELD OF VIEW小田佳奈子多々納好夫池田大介午後から雪になった街は銀色 君はいない 約束してた休日を 今頃どこで 過ごしてるの 戻って来てほしいよ なんでもない顔で  行き詰まりの恋 もうやめたって 僕の肩で泣いた夜 抱きしめてしまえば良かった あいつに帰れないように  さよなら冬のバラード ゆずれない想いは消せない 僕のものじゃなくてもやっぱり 君を 忘れられなくて  乗り過ごした地下鉄で バッタリ会うって 皮肉だよ 彼を紹介する笑顔が 隣見上げて 輝いてた 素直すぎる君を見てたら どうにもならないと思った  やがて僕はすべて忘れてゆく きらめいた日々さえも 壊したくない夢 抱いてみても 今は ぼやけてゆくだけ  冬の風を受けて ひとりきり立ちつくしている 僕はこれからどこへ行こうか 長い夜が始まる  春一番が吹く頃は僕らは何をしてるのかなぁ 白い吐息が流れる隣に ああ 君はいない  さよなら冬のバラード ひとりきり立ちつくしている 僕はこれからどこへ行こうか 長い夜が始まる ああ 君はいない
Fly to Xxxx街行く人の群れ ビルから見下ろせば 今僕が悩んでる事はちょっとちっぽけじゃない?  誰かの様になんて生きてゆくのはもうヤメだ! 天使も悪魔もこの心に居るよ 闘いながら so 何時でも....  one day 気付けたんだ -忙しい-で全てから逃げてたこと Are you ready? 踊ろうよ 踊らされるより全然 High.........Fly to xxxxx  何度も考えて時には失敗して ダメ出しされたって楽しまなきゃソンじゃない?  いい加減が丁度いいことだって事あるでしょう 溜めて溜めすぎて爆発させるなら 自分で出せよ! so スッキリと......  good day! 今日は良かったと 笑いながら眠れたらそれでいいじゃん? bad news! ばっかりだけど 夢見るチカラを believing now.... Fly to xxxxx  good day! 今日は良かったと 笑いながら眠れたらそれでいいじゃん? bad news! ばっかりだけど 夢見るチカラを believing now!  こんな広い世界で 誰かを愛せたならばきっともっといいじゃん? Try to その先のwordsは 自分なりの言葉で! Try......... Fly to xxxxxFIELD OF VIEW浅岡雄也小橋琢人大島康祐・FIELD OF VIEW街行く人の群れ ビルから見下ろせば 今僕が悩んでる事はちょっとちっぽけじゃない?  誰かの様になんて生きてゆくのはもうヤメだ! 天使も悪魔もこの心に居るよ 闘いながら so 何時でも....  one day 気付けたんだ -忙しい-で全てから逃げてたこと Are you ready? 踊ろうよ 踊らされるより全然 High.........Fly to xxxxx  何度も考えて時には失敗して ダメ出しされたって楽しまなきゃソンじゃない?  いい加減が丁度いいことだって事あるでしょう 溜めて溜めすぎて爆発させるなら 自分で出せよ! so スッキリと......  good day! 今日は良かったと 笑いながら眠れたらそれでいいじゃん? bad news! ばっかりだけど 夢見るチカラを believing now.... Fly to xxxxx  good day! 今日は良かったと 笑いながら眠れたらそれでいいじゃん? bad news! ばっかりだけど 夢見るチカラを believing now!  こんな広い世界で 誰かを愛せたならばきっともっといいじゃん? Try to その先のwordsは 自分なりの言葉で! Try......... Fly to xxxxx
PROMISE YOU少しづつ風が冷たくなる夏の終わり 車飛ばして来た 人気ない海辺 やわらかな陽射しの中 君は助手席で寝てる この頃忙しい毎日で 二人の時間がなかった だけど君は何一つ言わず 変わらない笑顔で  抱きしめるたびに深まる愛があることを 君と感じ合いたいね PROMISE YOU 君を傷つけるものから守ろう たとえ 何があっても  昔から価値観 すごく君と似ていたけど 泣かせたこともある 夢を見て理想追いかけてすれ違った でも離れなかったね 過ごした月日が長くなれば  “言わない”言葉が増えてく 素直に好きと言えたあの頃へ  この想い戻そう 愛してる君を幸せにしたい  今よりも 強く心に誓って PROMISE YOU 君と歩く速さを合わせてくよ 何処までも一緒に 誰よりも君を “I just love you forever” 二人だけの想い出を重ねて PROMISE YOU  君を傷つけるものから守ろう 同じ未来を探そうFIELD OF VIEWU-ya AsaokaU-ya Asaoka池田大介少しづつ風が冷たくなる夏の終わり 車飛ばして来た 人気ない海辺 やわらかな陽射しの中 君は助手席で寝てる この頃忙しい毎日で 二人の時間がなかった だけど君は何一つ言わず 変わらない笑顔で  抱きしめるたびに深まる愛があることを 君と感じ合いたいね PROMISE YOU 君を傷つけるものから守ろう たとえ 何があっても  昔から価値観 すごく君と似ていたけど 泣かせたこともある 夢を見て理想追いかけてすれ違った でも離れなかったね 過ごした月日が長くなれば  “言わない”言葉が増えてく 素直に好きと言えたあの頃へ  この想い戻そう 愛してる君を幸せにしたい  今よりも 強く心に誓って PROMISE YOU 君と歩く速さを合わせてくよ 何処までも一緒に 誰よりも君を “I just love you forever” 二人だけの想い出を重ねて PROMISE YOU  君を傷つけるものから守ろう 同じ未来を探そう
When I call your name人々が過ぎてゆく交差点で “孤独じゃない” ってつぶやいてみても 誰かが誰かを支え合って生きているね  When I call your name 逢いたいよ 君に 昨日の自分に負けない強さがあるのなら…  悩み・妬み・人とのしがらみに 知らぬ間に流されていた 「いつか」じゃなく 「現在(いま)」と そう 君は教えてくれたね  When I call your name 信じよう 僕を 足りない“何か”を君と探せるならいいな  賑やかな街中で 君と同じ香りがして ふと 振り返る  When I call your name 答えなんて きっと ひとつじゃないのだろう 僕らしい道を歩くよ  When I call your name 逢いたいよ 君に 昨日の自分に負けない強さがあるのなら  La La La.....FIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也徳永暁人人々が過ぎてゆく交差点で “孤独じゃない” ってつぶやいてみても 誰かが誰かを支え合って生きているね  When I call your name 逢いたいよ 君に 昨日の自分に負けない強さがあるのなら…  悩み・妬み・人とのしがらみに 知らぬ間に流されていた 「いつか」じゃなく 「現在(いま)」と そう 君は教えてくれたね  When I call your name 信じよう 僕を 足りない“何か”を君と探せるならいいな  賑やかな街中で 君と同じ香りがして ふと 振り返る  When I call your name 答えなんて きっと ひとつじゃないのだろう 僕らしい道を歩くよ  When I call your name 逢いたいよ 君に 昨日の自分に負けない強さがあるのなら  La La La.....
Holidayいつからか Holiday 君に逢うためだけに おざなりな会話で癒し合い  隣で眠る横顔見ていても たまに不安になるんだ 今僕は心から笑えない.....  距離を置いたら終わってしまう愛情ならもう欲しくない  Don't say good-bye ずっと見つめていたいから 二人の意味を探そう これからなんだよ 試されて愛は育つなら きっと I can't stop Loving you.......  それぞれの Holiday 予定立てずに僕は 街に出てみたよ 一人で  無意識だった 車道側を歩く癖に苦笑いしてた 時には自由も切ないね  抱き締め合える事 本当は奇跡のような瞬間だろう  Don't say good-bye 忙しく過ごす毎日は 自分だけのためじゃなくて 幸せだから見えなくなりがちな感情を 少しだけ気付いた Loving you...  Don't say good-bye ずっと見つめていたいから 二人の意味を探そう これからなんだよ 試されて愛は育つなら いつか探せるよ Holiday そうさ I can't stop Loving you.......FIELD OF VIEW浅岡雄也小田孝池田大介・FIELD OF VIEWいつからか Holiday 君に逢うためだけに おざなりな会話で癒し合い  隣で眠る横顔見ていても たまに不安になるんだ 今僕は心から笑えない.....  距離を置いたら終わってしまう愛情ならもう欲しくない  Don't say good-bye ずっと見つめていたいから 二人の意味を探そう これからなんだよ 試されて愛は育つなら きっと I can't stop Loving you.......  それぞれの Holiday 予定立てずに僕は 街に出てみたよ 一人で  無意識だった 車道側を歩く癖に苦笑いしてた 時には自由も切ないね  抱き締め合える事 本当は奇跡のような瞬間だろう  Don't say good-bye 忙しく過ごす毎日は 自分だけのためじゃなくて 幸せだから見えなくなりがちな感情を 少しだけ気付いた Loving you...  Don't say good-bye ずっと見つめていたいから 二人の意味を探そう これからなんだよ 試されて愛は育つなら いつか探せるよ Holiday そうさ I can't stop Loving you.......
僕らはもう一度やり直せるからなんでふたりで居るのだろう 言葉探して歩いていた 陽射しは強まるのに 馴れ合いは止まらない  愛と夢は比べられない それは判ってたハズなのに... 逢いたい想いが夢を壊すなんて  信じる信じてない 別れる別れない 好きだからこそ What's True Love?  PUREなままじゃ答えは出ない? 何時でも愛情は... 邪魔してるのは 絡み合った感情 「大切なのは君なんだ」って素直になれたなら 僕らはもう一度やり直せるから  君の痛い程の正直さ 僕は受け止めきれなくて 泣かせた時もある 大人になり切れずに  だけど本当は必要な事 見えなくなりがちだったけど 君が居てくれたから迷わなかった  自分さえも捨て去って 人を愛せれば 疑いもなく It's True Love!?  僕らは何処へ向かうのだろう? 途切れた愛情で... 張り合った意地は 心を傷付けて 抱きあうたびに強くなる 想い残ってるなら 嘘の無い生き方を探してみよう  PUREなままじゃ答えは出ない? 何時でも愛情は... 邪魔してるのは 絡み合った感情 「大切なのは君なんだ」って素直になれたなら 僕らはもう一度やり直せるのに  僕らはもう一度やり直せるから...FIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也D-STYLEなんでふたりで居るのだろう 言葉探して歩いていた 陽射しは強まるのに 馴れ合いは止まらない  愛と夢は比べられない それは判ってたハズなのに... 逢いたい想いが夢を壊すなんて  信じる信じてない 別れる別れない 好きだからこそ What's True Love?  PUREなままじゃ答えは出ない? 何時でも愛情は... 邪魔してるのは 絡み合った感情 「大切なのは君なんだ」って素直になれたなら 僕らはもう一度やり直せるから  君の痛い程の正直さ 僕は受け止めきれなくて 泣かせた時もある 大人になり切れずに  だけど本当は必要な事 見えなくなりがちだったけど 君が居てくれたから迷わなかった  自分さえも捨て去って 人を愛せれば 疑いもなく It's True Love!?  僕らは何処へ向かうのだろう? 途切れた愛情で... 張り合った意地は 心を傷付けて 抱きあうたびに強くなる 想い残ってるなら 嘘の無い生き方を探してみよう  PUREなままじゃ答えは出ない? 何時でも愛情は... 邪魔してるのは 絡み合った感情 「大切なのは君なんだ」って素直になれたなら 僕らはもう一度やり直せるのに  僕らはもう一度やり直せるから...
真夜中の虹を午前三時の コンビニの駐車場 薄手の上着じゃ 少し寒いね  僕達は何と闘っているんだろう? 答えの出ない問いかけ 考えるな 感じるまで  真夜中の虹を見たいな いつかきっと 奇跡を祈るように キミはいまドウシテマスカ? 月は孤独を照らしている 愛してる は 届くだろうか  想像してた以上に 夢は手強かった 明けの明星に 弱音を吐いたり  毎日の繰り返しに隠された 勇気とか希望とか 適当にしてたかな  真夜中の虹を見たなら 幸せになると言われるけど キミが居なくちゃ 始まらない 太陽が染めてく 蒼空 愛してる は 揺るがないまま  本当は世界なんか どうでもいい キミと笑えるならば それだけで 未来はどうなるか ワカラナイ そう善と悪は 時に曖昧だ  真夜中の虹を見たいな いつかきっと 奇跡を祈るように キミはいまドウシテマスカ? 月は孤独を照らしている 愛してる は 届くだろうかFIELD OF VIEW浅岡雄也小橋琢人池田大介午前三時の コンビニの駐車場 薄手の上着じゃ 少し寒いね  僕達は何と闘っているんだろう? 答えの出ない問いかけ 考えるな 感じるまで  真夜中の虹を見たいな いつかきっと 奇跡を祈るように キミはいまドウシテマスカ? 月は孤独を照らしている 愛してる は 届くだろうか  想像してた以上に 夢は手強かった 明けの明星に 弱音を吐いたり  毎日の繰り返しに隠された 勇気とか希望とか 適当にしてたかな  真夜中の虹を見たなら 幸せになると言われるけど キミが居なくちゃ 始まらない 太陽が染めてく 蒼空 愛してる は 揺るがないまま  本当は世界なんか どうでもいい キミと笑えるならば それだけで 未来はどうなるか ワカラナイ そう善と悪は 時に曖昧だ  真夜中の虹を見たいな いつかきっと 奇跡を祈るように キミはいまドウシテマスカ? 月は孤独を照らしている 愛してる は 届くだろうか
迷わないで恋を打ち明けたあの時から 二度目の季節が 何一つ変わらぬ街 強い日差しの午後  何故だか今日は笑わないね 突然の涙 “本当の自分がわからない”と つぶやいていた  初めて見せたね 胸の痛みまで 理解ってあげたいよ 何もかもを  迷わないで いつでも君のそばに居るから その瞳は今 誰を映し何を想う? 忘れないで あきらめ知らなかった自分を 一人で歩き出さずに二人で… 僕を信じて  別れ惜しくて遠回りした 雨の帰り道 あの日から初めて見せた笑顔 輝いてる  守りたい愛があれば 強くなる 優しく満たされて 勇気になる  迷わないで もう二度と振り返ることなく 君が夢を失くさないように 見守ってる 忘れないで 心開けば変わり始める 誰でも弱さ抱えているから 僕を信じて  迷わないで いつでも君のそばに居るから その瞳は 今誰を映し何を想う? 忘れないで あきらめ知らなかった自分を 一人で歩き出さずに二人で… 僕を信じてFIELD OF VIEW浅岡雄也多々納好夫恋を打ち明けたあの時から 二度目の季節が 何一つ変わらぬ街 強い日差しの午後  何故だか今日は笑わないね 突然の涙 “本当の自分がわからない”と つぶやいていた  初めて見せたね 胸の痛みまで 理解ってあげたいよ 何もかもを  迷わないで いつでも君のそばに居るから その瞳は今 誰を映し何を想う? 忘れないで あきらめ知らなかった自分を 一人で歩き出さずに二人で… 僕を信じて  別れ惜しくて遠回りした 雨の帰り道 あの日から初めて見せた笑顔 輝いてる  守りたい愛があれば 強くなる 優しく満たされて 勇気になる  迷わないで もう二度と振り返ることなく 君が夢を失くさないように 見守ってる 忘れないで 心開けば変わり始める 誰でも弱さ抱えているから 僕を信じて  迷わないで いつでも君のそばに居るから その瞳は 今誰を映し何を想う? 忘れないで あきらめ知らなかった自分を 一人で歩き出さずに二人で… 僕を信じて
Moon Light闇が二人静かに包み込む 話しも途切れがちだね この頃…  つないでる手を離したなら 終わりそうな気配がして  Moon Light, Can you hear? 照らしてよ 彼女の心まで ただ愛を ひたむきに信じられた あの頃は戻らない…  「そばに居られるだけで幸せ」と 感じていたのに季節(とき)が変えたよ  一人より寂しさが募る 君の瞳(め)は僕を見てない  Moon Light, Can you feel? 街の灯(ひ)にかすんで消えないで 青白く染まる空 祈り込めて見上げても届かない…  Moon Light, Can you hear? 照らしてよ 何もかも全てを 愛したい 愛してる 傷むだけのこの胸を知るなら…FIELD OF VIEW浅岡雄也多々納好夫池田大介闇が二人静かに包み込む 話しも途切れがちだね この頃…  つないでる手を離したなら 終わりそうな気配がして  Moon Light, Can you hear? 照らしてよ 彼女の心まで ただ愛を ひたむきに信じられた あの頃は戻らない…  「そばに居られるだけで幸せ」と 感じていたのに季節(とき)が変えたよ  一人より寂しさが募る 君の瞳(め)は僕を見てない  Moon Light, Can you feel? 街の灯(ひ)にかすんで消えないで 青白く染まる空 祈り込めて見上げても届かない…  Moon Light, Can you hear? 照らしてよ 何もかも全てを 愛したい 愛してる 傷むだけのこの胸を知るなら…
めぐる季節を越えてめぐる季節を越えて愛になる 離れない 信じあえる二人は…  彩づいてく街で週末さえなくて すれ違ってた去年は電話が支えだった  感情ふさいだ君のいない日々 希望に変える何か欲しくて  僕たちはめぐる季節を越えて恋しよう 会えない隙間を埋める言葉探して 初めて抱きしめ合えたときめき忘れないように 離さない 変わらないよ気持ちは  ありのまま進めない時もあること知ったね 君のまっすぐな瞳が少し曇りがちだった  仕事が終わって 公園のベンチで 話した悩み 同じだったから  もし君がなにかにくじけそうなそんな日は 孤独抱えないで 呼んで欲しい僕を この胸の情熱ただ一つで守り抜きたい 涙もきっと笑顔に変えるよ…  僕たちはめぐる季節を越えて愛になる 明日はどうなるかは分かりはしないけど 新しい扉を開けてゆこう 君の手をとって 離さない どんなことがあっても 離れない 信じあえる二人なら…FIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也池田大介・FIELD OF VIEWめぐる季節を越えて愛になる 離れない 信じあえる二人は…  彩づいてく街で週末さえなくて すれ違ってた去年は電話が支えだった  感情ふさいだ君のいない日々 希望に変える何か欲しくて  僕たちはめぐる季節を越えて恋しよう 会えない隙間を埋める言葉探して 初めて抱きしめ合えたときめき忘れないように 離さない 変わらないよ気持ちは  ありのまま進めない時もあること知ったね 君のまっすぐな瞳が少し曇りがちだった  仕事が終わって 公園のベンチで 話した悩み 同じだったから  もし君がなにかにくじけそうなそんな日は 孤独抱えないで 呼んで欲しい僕を この胸の情熱ただ一つで守り抜きたい 涙もきっと笑顔に変えるよ…  僕たちはめぐる季節を越えて愛になる 明日はどうなるかは分かりはしないけど 新しい扉を開けてゆこう 君の手をとって 離さない どんなことがあっても 離れない 信じあえる二人なら…
Melodyオレンジ色に染まる交差点 何かを置いてきた 人々が行き交う  不安げにあの頃の君は 譲れない夢を大事に抱えてた  君らしく僕らしく ふたりならいられるよ 消えかけた胸の奥に 心のメロディー どうか君が君であり続けるために そっとそばにいるから…。  何時(いつ)しかこんなにも遠くへ 歩いてきたんだね ふたりの並ぶ影  君の歩幅に合わせて ぎこちなく歩く僕に気づいてた  何かを手にして 何かを失って それでも離せなかった 大切なメロディー 未来へ繋がる扉を開けるために 僕らは立ち止まらない…。  大事なものは so Melody 僕らだけが歌ってた 誰もの胸にも流れてたはず…  君らしく僕らしく ふたりならいられるよ 何時までも聴こえる心のメロディー ずっと君が君のままでいられるよう ふたりで歩いてゆこう…。FIELD OF VIEW小橋琢人小田孝Kenji Niitsuオレンジ色に染まる交差点 何かを置いてきた 人々が行き交う  不安げにあの頃の君は 譲れない夢を大事に抱えてた  君らしく僕らしく ふたりならいられるよ 消えかけた胸の奥に 心のメロディー どうか君が君であり続けるために そっとそばにいるから…。  何時(いつ)しかこんなにも遠くへ 歩いてきたんだね ふたりの並ぶ影  君の歩幅に合わせて ぎこちなく歩く僕に気づいてた  何かを手にして 何かを失って それでも離せなかった 大切なメロディー 未来へ繋がる扉を開けるために 僕らは立ち止まらない…。  大事なものは so Melody 僕らだけが歌ってた 誰もの胸にも流れてたはず…  君らしく僕らしく ふたりならいられるよ 何時までも聴こえる心のメロディー ずっと君が君のままでいられるよう ふたりで歩いてゆこう…。
もう一度海沿いに 車停めて 懐かしい場所まで歩こう  何か云った君の声 かき消し 季節はずれの バスが走ってく  さよならを 口にした事を あの日から 悔やんでいる  眠れない夜を越えて この胸の奥で 君への想いだけは 妥協できなくて 小さな肩先 照らす 夕焼けが眩しい もう二度と 自分に嘘はつきたくない  さり気ない 微笑が 言い出せるきっかけ誘う  まわり道 繰り返し 時には 傷つけあっても 君が いとおしい  価値観が違うから ふたり うまくゆく愛もあるよ  ずっと良いことばかりが 続かないとしても どうしてゆくのかは 僕ら次第だから 怖いもの知らずの日々 取り戻さないか もう一度 互いの心 見つめあって  そして君に出逢うまでは 幸せの意味を 感じたことなんか なかったはずなのに 何かを諦めたなら 瞬間(いま)が逃げてしまう もう一度 君との未来を 見つめてみたいFIELD OF VIEWKanako OdaYoshio Tatano明石昌夫海沿いに 車停めて 懐かしい場所まで歩こう  何か云った君の声 かき消し 季節はずれの バスが走ってく  さよならを 口にした事を あの日から 悔やんでいる  眠れない夜を越えて この胸の奥で 君への想いだけは 妥協できなくて 小さな肩先 照らす 夕焼けが眩しい もう二度と 自分に嘘はつきたくない  さり気ない 微笑が 言い出せるきっかけ誘う  まわり道 繰り返し 時には 傷つけあっても 君が いとおしい  価値観が違うから ふたり うまくゆく愛もあるよ  ずっと良いことばかりが 続かないとしても どうしてゆくのかは 僕ら次第だから 怖いもの知らずの日々 取り戻さないか もう一度 互いの心 見つめあって  そして君に出逢うまでは 幸せの意味を 感じたことなんか なかったはずなのに 何かを諦めたなら 瞬間(いま)が逃げてしまう もう一度 君との未来を 見つめてみたい
夢見続けて今もあの頃と同じ笑顔 久しぶりに集まる夜 尽きることない昔話 時間が経つの早いね 見慣れないスーツでも 中身は変わらないだろう それぞれに 探す幸せ違うけど  夢見続けて今も 決めた道があるから うまくゆかない事があっても 自分には負けたくない まだ見えない出口は 何処にあるのだろうか? また逢いたいね  今よりもっと素敵になって “理想と現実は違う”淋しそうに君は言った あんな熱く燃えた時代は 懐かしむ為じゃない 何もかも手にしたら 生きてる意味もないだろう 誰も皆 もがいて壁を越えて行く  夢見続けて今も 心失くさないように 本当の君を 知っているから 少しだけ辛くなるよ 希望の灯消さずに 全て成し遂げたなら 昨日よりほら進んでいるよ 君を信じて  夢見続けて今も 決めた道があるから うまくゆかない事があっても 自分には負けたくない 答えを焦らないで もっと気ままに行こう 輝くはずの僕らの未来 振り返らずに 叶えたい 夢を見てFIELD OF VIEWU-Ya AsaokaU-Ya AsaokaJun Abeあの頃と同じ笑顔 久しぶりに集まる夜 尽きることない昔話 時間が経つの早いね 見慣れないスーツでも 中身は変わらないだろう それぞれに 探す幸せ違うけど  夢見続けて今も 決めた道があるから うまくゆかない事があっても 自分には負けたくない まだ見えない出口は 何処にあるのだろうか? また逢いたいね  今よりもっと素敵になって “理想と現実は違う”淋しそうに君は言った あんな熱く燃えた時代は 懐かしむ為じゃない 何もかも手にしたら 生きてる意味もないだろう 誰も皆 もがいて壁を越えて行く  夢見続けて今も 心失くさないように 本当の君を 知っているから 少しだけ辛くなるよ 希望の灯消さずに 全て成し遂げたなら 昨日よりほら進んでいるよ 君を信じて  夢見続けて今も 決めた道があるから うまくゆかない事があっても 自分には負けたくない 答えを焦らないで もっと気ままに行こう 輝くはずの僕らの未来 振り返らずに 叶えたい 夢を見て
Last Good-bye君を悲しませてるものは すべて消えるよ 出逢った時のように笑っていて欲しい 僕はその細い肩 抱きしめて気付いたよ 君は少しづつ無口になっていったね  ひとりだけの時間を 忙しく生きている 誰にも言えない悩みを お互い話したね  愛するより強く Last Good-bye あの日の僕はただ... だけど帰らない rainy blue 明日のことは誰にもわからない Just remember the Last Good-bye  ひとつ大人になると ひとつ嘘が増えていく 友達だったなら うまくいく関係(あいだ)だったのか 一人の人間(ひと)をずっと好きでいるのは難しいよ 今も僕は少年(あおい) 夢にしがみついてる  誰かをごまかせても 自分自身はだませない 立ち止るとすべてが消えてしまいそうで...  見つめるより熱く Last Good-bye 冷たい星空の下 何故離れてしまうと lonely heart 君の笑顔が そんなにまぶしいのか Just remember the Last Good-bye  その君の瞳に Last Good-bye わがままもステキだったよ 輝く未来に get' go away ねぇ 誰も間違っていないよ Just remember the Last Good-bye Just remember the Last Good-byeFIELD OF VIEW坂井泉水多々納好夫葉山たけし君を悲しませてるものは すべて消えるよ 出逢った時のように笑っていて欲しい 僕はその細い肩 抱きしめて気付いたよ 君は少しづつ無口になっていったね  ひとりだけの時間を 忙しく生きている 誰にも言えない悩みを お互い話したね  愛するより強く Last Good-bye あの日の僕はただ... だけど帰らない rainy blue 明日のことは誰にもわからない Just remember the Last Good-bye  ひとつ大人になると ひとつ嘘が増えていく 友達だったなら うまくいく関係(あいだ)だったのか 一人の人間(ひと)をずっと好きでいるのは難しいよ 今も僕は少年(あおい) 夢にしがみついてる  誰かをごまかせても 自分自身はだませない 立ち止るとすべてが消えてしまいそうで...  見つめるより熱く Last Good-bye 冷たい星空の下 何故離れてしまうと lonely heart 君の笑顔が そんなにまぶしいのか Just remember the Last Good-bye  その君の瞳に Last Good-bye わがままもステキだったよ 輝く未来に get' go away ねぇ 誰も間違っていないよ Just remember the Last Good-bye Just remember the Last Good-bye
Last Love Song最後の曲を届けましょう 今宵は楽しんでくれたかな 随分と 時間は過ぎたけれど 色褪せない歌 アナタへ  ふと 振り返れば 素敵な時代で 誰もが頑張ってたね 藻掻きながら 青き春のような….  別れ 出逢い 繰り返して 辿り着いた場所 アナタが居てくれたから  巡り巡る 時間はイツカ 永遠になるような 愛と夢と希望を 心から歌うよ また逢う時まで Last Love Song  あれから どう過ごしてましたか 僕なら 相変わらずなのです こうして 再び 出逢えたのは 予想さえしてない ギフトでしょう  まだ これからも 旅は続く だから 歩く事止めるのは 早い気がする 季節なら変わるよ  風を受けて 飛び立てたら違った景色を アナタと観られたのかな  廻り廻る 時代の波 一緒に超えたね 昨日今日と明日は繋がっているような 信じてくれたから Last Love Song  別れ 出逢い 繰り返して 辿り着いた場所 アナタが居てくれたから  巡り巡る 時間はイツカ 永遠になるような 愛と夢と希望を これからも歌うよ また逢う時まで Last Love Song  そう 愛し続けよう Last Love SongFIELD OF VIEW浅岡雄也小田孝FIELD OF VIEW最後の曲を届けましょう 今宵は楽しんでくれたかな 随分と 時間は過ぎたけれど 色褪せない歌 アナタへ  ふと 振り返れば 素敵な時代で 誰もが頑張ってたね 藻掻きながら 青き春のような….  別れ 出逢い 繰り返して 辿り着いた場所 アナタが居てくれたから  巡り巡る 時間はイツカ 永遠になるような 愛と夢と希望を 心から歌うよ また逢う時まで Last Love Song  あれから どう過ごしてましたか 僕なら 相変わらずなのです こうして 再び 出逢えたのは 予想さえしてない ギフトでしょう  まだ これからも 旅は続く だから 歩く事止めるのは 早い気がする 季節なら変わるよ  風を受けて 飛び立てたら違った景色を アナタと観られたのかな  廻り廻る 時代の波 一緒に超えたね 昨日今日と明日は繋がっているような 信じてくれたから Last Love Song  別れ 出逢い 繰り返して 辿り着いた場所 アナタが居てくれたから  巡り巡る 時間はイツカ 永遠になるような 愛と夢と希望を これからも歌うよ また逢う時まで Last Love Song  そう 愛し続けよう Last Love Song
Loversday人影ない sea side bench 寄せて返す波は二人のようで... すれ違った日々も 今ならば笑い話に出来る  時間が経ってゆくほど 魅かれてくよ 君には きっと愛はさりげないね  永遠さえ信じられる Loversday 素直なまま抱きしめて 胸の鼓動感じ合えたら 明日の仕事は頑張ってゆけるよ  街での毎日は 見えない何かに追われてる 声にならない叫び 互いに癒せるオアシスになろう  判ってくれてる人がいなくなっても 優しくいられるなら...  冷たい風が僕達に吹いても 立ち向かうよ手を取り合って 雲のように変わってく時代だから 笑顔だけは忘れないでいたい  永遠さえ信じられる Loversday 素直なまま抱きしめて 胸の鼓動感じ合えたら 心ひとつならば...  冷たい風が僕達に吹いても 立ち向かうよ手を取り合って 雲のように変わってく時代だから 笑顔だけは忘れない my Loversday....FIELD OF VIEW浅岡雄也浅岡雄也大島康祐・FIELD OF VIEW人影ない sea side bench 寄せて返す波は二人のようで... すれ違った日々も 今ならば笑い話に出来る  時間が経ってゆくほど 魅かれてくよ 君には きっと愛はさりげないね  永遠さえ信じられる Loversday 素直なまま抱きしめて 胸の鼓動感じ合えたら 明日の仕事は頑張ってゆけるよ  街での毎日は 見えない何かに追われてる 声にならない叫び 互いに癒せるオアシスになろう  判ってくれてる人がいなくなっても 優しくいられるなら...  冷たい風が僕達に吹いても 立ち向かうよ手を取り合って 雲のように変わってく時代だから 笑顔だけは忘れないでいたい  永遠さえ信じられる Loversday 素直なまま抱きしめて 胸の鼓動感じ合えたら 心ひとつならば...  冷たい風が僕達に吹いても 立ち向かうよ手を取り合って 雲のように変わってく時代だから 笑顔だけは忘れない my Loversday....
Rainy dayフロントガラスを 流れてく雨 見つめる瞳が 滲んでいた 友達のまま 季節は過ぎて 君の恋も聞く関係 my hard days  強引に さらってみたくなる その笑顔が僕に向くのなら  今はまだ君への想いは言えないけど 悲しんでいるときでも そばに居たい 本当の優しさなんてわからないけど 受け止めたい君のこと そんなRainy day-  ありふれた日々に どこか慣れてた 周りに併せて 生きてた気がする 泣いたり笑ったり忙しい君が 希望の扉を開けてゆく Change my life  愛で壊したくはないけれど 僕だけに出来る事を見つけよう  今もまだ君への想いを言わないのは 愛情も友情も大事だから あの日から二人の距離が近づいても 君と居るその時は いつもRainy day-FIELD OF VIEWU-ya Asaoka・Kanako OdaYoshio Tatano徳永暁人フロントガラスを 流れてく雨 見つめる瞳が 滲んでいた 友達のまま 季節は過ぎて 君の恋も聞く関係 my hard days  強引に さらってみたくなる その笑顔が僕に向くのなら  今はまだ君への想いは言えないけど 悲しんでいるときでも そばに居たい 本当の優しさなんてわからないけど 受け止めたい君のこと そんなRainy day-  ありふれた日々に どこか慣れてた 周りに併せて 生きてた気がする 泣いたり笑ったり忙しい君が 希望の扉を開けてゆく Change my life  愛で壊したくはないけれど 僕だけに出来る事を見つけよう  今もまだ君への想いを言わないのは 愛情も友情も大事だから あの日から二人の距離が近づいても 君と居るその時は いつもRainy day-
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. Dear
  3. 宿命
  4. 夢幻
  5. さよーならまたいつか!

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 夢幻
  2. Love seeker
  3. LOVE BANDITZ
  4. 永久 -トコシエ-
  5. hanataba

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×