冬のバラード

この曲の表示回数 14,159

午後から雪になった街は銀色 君はいない
約束してた休日を 今頃どこで 過ごしてるの
戻って来てほしいよ なんでもない顔で

行き詰まりの恋 もうやめたって 僕の肩で泣いた夜
抱きしめてしまえば良かった あいつに帰れないように

さよなら冬のバラード ゆずれない想いは消せない
僕のものじゃなくてもやっぱり 君を 忘れられなくて

乗り過ごした地下鉄で バッタリ会うって 皮肉だよ
彼を紹介する笑顔が 隣見上げて 輝いてた
素直すぎる君を見てたら どうにもならないと思った

やがて僕はすべて忘れてゆく きらめいた日々さえも
壊したくない夢 抱いてみても 今は ぼやけてゆくだけ

冬の風を受けて ひとりきり立ちつくしている
僕はこれからどこへ行こうか 長い夜が始まる

春一番が吹く頃は僕らは何をしてるのかなぁ
白い吐息が流れる隣に ああ 君はいない

さよなら冬のバラード ひとりきり立ちつくしている
僕はこれからどこへ行こうか 長い夜が始まる
ああ 君はいない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬のバラード 歌手:FIELD OF VIEW

FIELD OF VIEWの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-10-11
商品番号:COCP-31102
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP