角松敏生編曲の歌詞一覧リスト  109曲中 1-109曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
109曲中 1-109曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
to be or not to be角松敏生角松敏生KOUTA・角松敏生角松敏生角松敏生いつも時計を見ていた チョークの音が時を刻む 隣のあの子が泣いている ノートに滲んだ涙、眺めていた  何もないこの教室(へや) 乾いた時間 こんな世界 このまま凍らせて 粉々になればいい  to be or not to be to be or not to be 心の叫びが聞こえたら to be or not to be to be or not to be 心の叫びに従いますか? それとも…  歯車が狂い始めてる 蔑む瞳が傷つける 私の場所は何処にあるの? 欺くだけの毎日 もうやめて!  なくなれ 心のざわめきなんか こんな世界 このまま凍らせて 粉々になればいい  to be or not to be to be or not to be 心の叫びが聞こえたら to be or not to be to be or not to be 心の叫びに従いますか? それとも…  あなたは知ってるの? 生きることの意味を 未来のない未来は未来なのかな?  何もかも消してしまえば 私もいなくなる 誰か教えて欲しい 信じることの意味 「答え」なんてないよね、 何の意味もない 作り笑いでやり過ごせば  今日は終わる 痛くて退屈な日 夢もない 明日もない  こんな世界 このまま凍らせて 粉々になればいい  to be or not to be to be or not to be 心の叫びが聞こえたら to be or not to be to be or not to be 心の叫びに従いますか? それとも?
まだ遅くないよね角松敏生角松敏生KOUTA・角松敏生角松敏生角松敏生俯く私の肩にその手を 優しくそっとおいてくれた君 隣、空いてる? 微笑む君の その想いがなければ今はない  君が教えてくれたこと ともに奏でる喜びを You give me your love  It's not too late 今だから 今しかできないこと  その瞬間(とき)を君と分け合えるなら まだ遅くないよね? 今からでもいい ハナノサクコロまでそばにいたい Just only you  もう迷わない 自分から逃げていた そんな私にサヨナラを  Paradoxだらけの 未来はいらない 現在(いま)を繋ぐその先へ出かけよう  君が教えてくれたこと ともに生きる喜びを You give me the chance  It's not too late 今だから 今しかできないこと  その瞬間(とき)を君と分け合えるなら まだ遅くないよね? 今からでもいい ハナノサクコロまでそばにいたい Just you & me  限られたこの時間を 思いのままに翼広げて これが最後でもいいから 振り向かないで 力尽きたらまた立ち上がれ Believe it!  It's not too late 今だから 今しかできないこと  その瞬間(とき)を君と分け合えるなら まだ遅くないよね? 今からでもいい ハナノサクコロまでそばにいたい Just only you
大人の定義角松敏生角松敏生KOUTA・角松敏生角松敏生角松敏生大人になれる? 大人しくなれる? 教えて欲しい本当の定義(いみ) ただ愛想笑いだけで 気持ちを殺して 回れ右 それがお望み?  風に揺らめくカーテン 窓の外を横目で見ている 落ちて行く夕陽が眩しい  このまま眠ってしまいたい 憂鬱なあの声も聞かないで この机に頬を預けて 朝になればどんなに楽だろう  分かるけど分からない だから聞きたくない 分かるけど動けない だけど気づいて欲しい 僕に  Tell me the reason What do you want me to Tell me why What can I do  どこに大人がいるの? 僕はこの部屋で何を学ぶ? 見て見ぬふりをしているんだ  人目を気にしているだけの 小さな世界で生きている 綺麗事並べているけど 僕らの世界と何が違うのか  大人になれる? 大人しくなれる? 教えて欲しい本当の定義(いみ) ただ愛想笑いだけで 気持ちを殺して 夢を捨てる それがお望み?  そんなモノに僕はナリタクナイ そんなモノにナリタクナイ
恋ワズライ角松敏生角松敏生KOUTA・角松敏生角松敏生角松敏生通り過ぎて行く 逆光になびく髪が揺れて 時が止まる 滲む冷や汗に 君は気づかない あと一歩踏み出して 声かけられたら そんな勇気はないから 置き去りの想いを この目に焼き付けて  ああ 夏が終わる 青い青い空に 流れてゆく雲を見送る 言葉なんかじゃない 周波数で伝えられたら どんなに素敵 煩わしいね It's a fallin' in love It's a fallin' in love  電車を待つ君の 物憂げな目 遠くを見てた 時よ止まれ 無理しちゃダメだよ 伝えたいんだ 君をそっと支えたい 声にもならない そんな勇気はないけど この鼓動を届けたい あなたがスキだから  ああ 夏が終わる 青い青い空に 流れてゆく雲を見送る 言葉なんかじゃない 周波数で伝えられたら どんなに素敵 煩わしいね It's a fallin' in love It's a fallin' in love  Everybody falls in love 仕方ないよね  ああ 夏が終わる 青い青い空に 流れてゆく雲を見送る 言葉なんかじゃない 周波数で伝えられたら どんなに素敵 煩わしいね It's a fallin' in love It's a fallin' in love It's a fallin' in love
東京少年少女角松敏生角松敏生KOUTA・角松敏生角松敏生角松敏生体に巻きついた鎖 プライドの鎧 偽りの仮面(かお) 奥の顔 境界線に しゃがみこんでる  さぁ、解き放て全てを 何もいらない ありのままのキミで もうこんなのは終わりにしよう  走れ 力の限り さぁ、その靴を踏みしめて 希望の扉を開けて We are 東京少年少女  望みを断ち切られた日々と 全てに抗う その力には従わない 嘘の絵の具を 暴いてあげる  さぁ、解き放て全てを 何もいらない ありのままのキミで もうこんなのは終わりにしよう  走れ 力の限り さぁ、その靴を踏みしめて 希望の扉を開けて We are 東京少年少女  広がる東京(まち)の夜空に そびえ立つビルの窓明かり あそこからは何が見えるの? 小さな私が立ってる 心と向かい合ってる この東京(まち)の空を見上げている  We can find We can touch We can get The answer You will find what you want It will be alright  さぁ、解き放て全てを 何もいらない ありのままのキミで もうこんなのは終わりにしよう  走れ 力の限り さぁ、その靴を踏みしめて 希望の扉を開けて We are 東京少年少女  さぁ、解き放て全てを 何もいらない ありのままのキミで もうこんなのは終わりにしよう
It's So Far Away角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生Do you remember? いつか話してあげた 星たちの物語 あれから時は流れた  Yes I remember 今でも夜空を見上げると聞こえてくる あなたのその声が導くこと  全て素敵なことばかりじゃない 誰もがみんな通り過ぎる  Far away その道は続いて行く それでも立ち止まらないで それでいい 今も The princess is still in your heart 必ず夢は叶う  Do you remember? 悔し涙を流してたあの夏の君を もっと抱きしめてあげたかった  Yes I remember 言葉にはしなくてもその想い感じてた 今でも覚えているから  誰も一人の夜をくぐり抜け またいつの日か巡り会おう  Far away この道は続いて行く それでも立ち止まらないで それでいい 今もYou're The Prince Believe in your heart 必ず夢は叶う  二度と来ない日々を忘れないで 必ず誰かと出会えるから  Far away その道は続いて行く それでも立ち止まらないで それでいい 今も You're The Prince, The princess is still in your heart 必ず夢は叶う そう叶えられる きっと
DADDY ~you're my shadow~ duet with 角松敏生MAY'SMAY'S角松敏生角松敏生角松敏生それは遠い日の 記憶の中 繋いだ手を離さぬように あなたの顔を見上げた  沈む陽を背に 二つ並んでた 長さの違う影法師 いつの間にか 同じになっても  I wanna be your shadow, Yes, you're my shadow ごめんね、きっとまだ心配かけてるよね I wanna be your shadow, Yes, you're my shadow 大丈夫だよ この手は離さない  色々な事が 移り変わる 君がたとえ深い森の中に迷った時も  どんなに離れて暮らしていても 想い出さない日があっても あなたは私の たった一人の…  I wanna be your shadow, Yes, you're my shadow ただ君がその笑顔、忘れずにいてくれたら I wanna be your shadow, Yes, you're my shadow いつでも 傍らにいる  I wanna be your shadow, Yes, you're my shadow ごめんね、きっとまだ心配かけてるよね I wanna be your shadow, Yes, you're my shadow 大丈夫だよ この手は離さない I wanna be your shadow, Yes, you're my shadow ただ君がその笑顔、忘れずにいてくれたら I wanna be your shadow, Yes, you're my shadow いつでも 傍らにいる 大丈夫だよ My dear
Get Back to the Love角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生Get back to the Love He will show you the way The Love will pursue me all the days of my life ありのままに受け止めて wow, oh, oh, oh, oh, oh, oh Singing for joy Believe it, Believe it You are Precious to me Believe it, Believe it It lives in your heart  風の中で君は何かに向かい合って 越えられない悲しみさえ いつか癒せることを知るだろう  Get back to the Love He will show you the way The Love will pursue me all the days of my life ありのままに受け止めて wow, oh, oh, oh, oh, oh, oh Singing for joy Believe it, Believe it You are Precious to me Believe it, Believe it It lives in your heart  How I Love you Lord oh! You save me with your power And when I wake up in the night You are still with me 鳥のように翼広げたら 待ち望む日々を 手のひらに乗せて観てみよう どれほど僅かでも 大切なことを 忘れないで oh 見えない眼差し You live inside me oh! Love will last forever あなたが差し伸べる Salvation! Salvation! 闇の中でさえも My defender! My defender!  キャンドルみたいな街灯りに 宿るそれぞれの 微笑みと涙 絶え間なく それでも時は往く あなたの腕の中で Cause I Love you Lord oh! You save me with your power And when I wake up in the night You are still with me  Fu! Fu! Do you Love what you feel? You're my feeling! What is your feeling!?  Fu! Fu! Never let it go when I call your name Don't give it up!  このStepなら 君の胸の中の錆び付いた魂を呼び覚ます  You're my Hero! My Power! You are honored! 解りあえる! My Hero! Just power to the days You will come back giving for the joy Hero! wow~, oh, oh, oh, oh, oh, oh  埃っぽい街の 赤茶けたビルの壁 染み付いた日々の影 照らし出せ!  You're my Hero! My Power! You are honored! 変えられるなら! Hero! Just power to the days You will come back smiling for the world Hero! wow~, oh, oh, oh, oh, oh, oh  You're my Hero! My Power! You are honored! 解りあえる! My Hero! Just power to the days You will come back giving for the joy Hero!  空を流れて行く 雲の行方を見つめている どれひとつ同じものは無く 移り変わるよ まるで僕らの街を走り抜ける日々のように My Baby悲しみさえひと時に止まらず  Show me the way Tell me the truth You're my honored 迷える時でも Hold you up! Don't be afraid! あなたの目に映る私がいる  誰もいない通りに 夜明けの歌が舞い降りたら My Baby共に歩く道を導くその手に  Show me the way Tell me the one You're my honored 怖れは去りゆき Hold me up! Don't be afraid! いつの時もあなたはそばにいる Show me the way Tell me the truth You're my honored 迷える時でも Hold you up! Don't be afraid! あなたの目に映る私がいる  Shout to the sky! We call your name for the future 翼を広げて Hold you up! Don't be afraid! 叶えられる その腕に抱かれて  Show me the way Tell me the truth You're my honored 全ては移り行く Hold me up! Don't be afraid! それでもまだ あなたはそばにいるから  Believe it, Believe it You are Precious to me Believe it, Believe it It lives in your heart  Get back to the Love He will show you the way The Love will pursue me all the days of my life ありのままに受け止めて wow, oh, oh, oh, oh, oh, oh Singing for joy
I SEE THE LIGHT ~輝く未来~角松敏生角松敏生GLENN SLATER・訳詞:CHIKAE TAKAHASHIALAN MENKEN角松敏生いつもあこがれてた 一人 塔の中で 外の世界は どんなに素敵か  今夜は星空の下 霧が晴れたように やっと見つけた 私のいる場所  輝いている 未来照らす光 夢をかなえた 特別な夜 世界がまるで昨日とは違う ようやく めぐりあえた 大事なひと  いつも気の向くまま 一人 生きてきた ほんとうに大切なことに 背を向け  今夜は僕のそばで 君がほほ笑んでる やっと見つけた 僕のいる場所  輝いている 未来てらす光 夢をかなえた 特別な夜 世界がまるで昨日とは違う ようやく めぐりあえた 大事なひと 大事なひと
HOT LAZY NIGHT角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生真夜中にそっと開け放した窓から 入り込んだ湿った空気 その物憂げな仕草 グラス飲み乾した おまえの細い足首に光る金色の鎖  片隅でストレリチアの葉影 物静かな真夏の余韻 音が消えたTVの七色の灯り漂う 淡い吐息のかけらが微睡みを誘う  止められたままの時の迷路の中 僕らは遊んでいる 水のようにゆらめいたら 抱きしめた想いが浮かびあがる  まるで女神のように 髪をほどいた おまえの濡れた唇に そっと指を重ねる
Fly By Night角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生窓際にもたれて 見下ろす街を そっと逃げ出すように 彼方までも連なる光巡るSpiral Fly By Night 夜の羽広げたなら 淡い恋の炎隠したまま 高く舞い上がれ  見上げれば星影 心を映すHigh Way Spot 輝きながら 瞬いては溢れる 目も眩むほどに Shootin' Star すべるように飛んで行こう きっと君に届く秘かなもの 散りばめた言葉を  Fly By Night 夜の羽を広げたなら 淡い恋の炎 隠された言葉を  見つけられる その手に委ねてSo My Baby すべるように回るように 高く舞い上がれ Fly By Night
134角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生交わる空の色鮮やかに 駆け抜けてゆく 窓に照りつける太陽の欠片 沈む僅かな時 始まる夜のときめきを連れて 残り陽さえも彼方消えてゆく 瞬く間に変わる幻のように  海鳴りが聞こえた 耳を澄ませ 不思議な輝きを そっと心に忍ばせたら あの詩も聴こえてくるだろう きっと  宵の光が灯りだしたら あなたのことを思い出していた 気がつけばどこか遠く届かぬこと 海づたいの道を辿ればそこには 夏の出来事 甦る全て 偶然のように出逢えるのならば  波しぶきが見えた 瞳閉じて 記憶の移ろいを ただの想い出にしなければ あの日々は今もそこにあるだろう  瞬く間に変わる幻のように  海鳴りが聞こえた 耳を澄ませ 不思議な輝きを そっと心に忍ばせたら あの詩も聴こえてくるだろう きっと
La Carnaval角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生あの日あなたが夢見ていた街を歩けば 思うよりも綺麗な場所ではないけど 揺らめく木陰にこぼれる 陽気な歌に 憬れのLa Carnaval 情熱の砂浜 見果てぬ想いがしみついていたね  そびえるビルと Ghettoの隙間から飛び出す 無邪気な声 小さなGangが笑えば 通りにたちまち溢れる音の洪水 遙かなるRio de Janeiro 目眩くあの宴 広げた翼はもうPantanalまで  憬れのLa Carnaval 情熱の砂浜に 見果てぬ想いがしがみついていたね
Twilight Moody Blues角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生まだ早い宵の口 街灯かり灯れば いつもの場所 一人きりで飲ってるよ 今日も来ないだろう 解っちゃいるんだ  ガラス越しに流れる 人波を眺めて 失くしたもの それがどんなものなのか 思い浮かべては また飲み込んでた  忘れられない事ならば 海にでも放り投げれば もういいかい?  そろそろ出て行こうか あの扉を開けて 振り向いたら ふと何故だか 波音が聴こえてきたけど 空耳だろうね
Mrs. Moonlight角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生夕闇が静かに舞い降りてくる いつものようにすれ違う女 コートの襟を立て 甘い香りが そっと風にしみこむように 靴音が遠く消えても あなたの影を知らぬ間に追いかけてる You're Mrs. Moonlight 月の光を浴びた肌 妖しく どこへ行くの? 街の渦に消えると そこには闇だけが残る  巻いた髪かき上げ 光るヒールの行方は 誰にも言えない人 月影を纏えば 夜に紛れて まるで何もないかのように 魅せられた僕は ただその後ろ姿を見送ると目を閉じた I Love You Mrs. Moonlight あなたのこと虜にする時間は どこにあるの? 思い浮かべるだけで 見えない夜は長すぎる  靴音が遠く消えたら あなたの影も知らぬ間に遠ざかる  You're Mrs. Moonlight 月の手管を借りた秘め事は 何もかもを惑わすほど 想いが宿れば帰れなくなる  Oh, Mrs. Moonlight 月の光を浴びた肌 妖しく どこへ行くの? 街の渦に消えると そこには闇だけが残る
Friend角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生マゼンタに染まるデッキに佇んで 飛んでゆく翼見ていた あれほどまで熱い恋だったなんて まるで嘘のよう 二人見つめ合う もうあの時に戻れるすべなどないのだから You'll Be My Friend これから大切なトモダチでいられたら 素敵な話 今だけ ひととき懐かしい想い出に瞳を閉じれば 夜が始まる  黄昏に浮かぶあなたの横顔 変わらないままに綺麗で だけどもう心には さざ波でさえも立たない気がする そんな現在(いま)でいい それぞれの日々を想いあえるほど穏やかなら I'll Be Your Friend 今でも覚えてる手のひらの温もりに 触れないままで 心に繋げたやさしさの糸と糸 解り合えるなら 何も言わずに  けれども忘れないで あの日があればこそと ざわめく想い抑えて 今もあなたが好きだから  You'll Be My Friend これから大切なトモダチでいられたら 素敵な話 今だけ ひととき懐かしい想い出に瞳を閉じれば 夜が始まる
Funky GO-KOHN角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生ダテに決めたスーツの胸にチーフあざとく 身振り手振りが鼻につく 騙されない 近ごろのLADYはしたたかで おまえの企みなんてガラス張り Nailに描かれた花びらそっと唇によせて 思わせな瞳 その先にあるもの見えずに Get it Baby さあもっと振り回して Get up Baby 束の間お楽しみ  スラリ伸びたおみ脚に気をとられてる間に No No No No もうチャンスは終わり 浮いたセリフ捲し立ててはまた嘯くと 溜息交じりの笑顔が浮かんだ 胸元ラメ色に狂おしいほど何を求めてる 気づかない こんな茶番はもうやめにしなよ Get it Baby さあもっと熱い言葉 Get up Baby その気にさせてやれ  女の求めてる確かなものは目に見えないから 欲しがればすぐに見透かされるものだ Do You Understand?  Get it Baby さあもっと振り回して Get up Baby 束の間お楽しみ  Get it Baby さあもっと熱い言葉 Get up Baby その気にさせてやれ
浜辺days角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生駆け出した 裸足のままで とびきりのMy Lover 誰の手もすり抜けてゆく まるで陽炎のように揺れる 想いをその手に遊びながら 波間に ほら 消えていった  流れ出る雲のかけらに 張りついたI Love You 届かない 声にならない まだそこに何かを求めてる 重なる面影探すように 忘れられない浜辺days  振り向く肩越し 過ぎ去る夏のMelody あなたの髪と背中 瞳と唇 消えないで浜辺days
See You Again角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生静かな夜のCapeに抱かれ 眠る君の横顔見ていた 明日もきっといい日だよねと そっと胸に手をあて 鼓動を聴いてた Can I See You Again? 日々の終わり 日々の始まりに こうしてそばにいて欲しいから 目覚めたならまた出逢える 忘れないでいて 僕はいつだって君を見ているよ  悲しいことがあったとしても 心配することはないんだ 僕の心は君の心に宿っているのだから 越えてゆけるだろう Can I Hold You Again? もしもそばにいられなくなってしまう そんな日が来たならば 怖れないで 僕はずっと君の内にいる だから遺された想いをつなげて  Baby, Smile Again その笑顔がそこにあるだけで 僕は生きられる 信じてる どんなときも どこにいても 守りたいものがあると知ることが これほどまでにも愛しい  Can I See You Again 日々の終わり 日々の始まりに こうしてそばにいて欲しいから 目覚めたならまた出逢える 忘れないでいて 僕はいつだって君を見ているよ
青い水から角松敏生 With 千秋角松敏生 With 千秋TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生誰も想い出せない遠い記憶の 彼方海からより来る あの愛しき想い いつかあなたと見た穢れない景色を 失わないでいたいなら 想いだそう胸の中に埋もれていたこと 僕達は皆ここから生まれてきたんだ この青い水から  身勝手な悲しみや喜びのかけらが どこからか流れてくる 埋め尽くされていく 僕らが待っていることは そんなものじゃないことが今わかるから 海よ波よそこにいて 変わらずそのまま この想い一人一人胸に灯したら 生まれ変われるだろう  さあもっと深く息を吸えば 君も甦る  誰かへの想いが誰かに届くとき そこから連なる永遠  想いだそう胸の中に埋もれていたこと 僕達は皆ここから生まれてきたんだ この青い水から  海よ波よそこにいて 変わらずそのまま この想い一人一人胸に灯したら 生まれ変われるだろう  想いだそう胸の中に埋もれていたこと 僕達は皆ここから生まれてきたんだ この青い水から  海よ波よそこにいて 変わらずそのまま この想い一人一人胸に灯したら 生まれ変われるだろう
Smile角松敏生 With 千秋角松敏生 With 千秋TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生目を閉じて想い出せるだけ 笑顔映しだそう 悲しみに立ちどまる時でも 僕らはいつも支えあえる まだどれほどの叶えられない想いがあるのだろう 手を伸ばせば 僕らはいつでも たとえ離れた場所でも お互いを感じあえるだろう それはまるで奇蹟でも 夢物語のようでも 信じあえばできること  手のひらを合わせる想いは 誰だって綺麗なもの 疑いやいさかいのある部屋 そこから出ておいで今すぐに もうどれだけの時が流れ去ってしまったとしても 遅くはない どんなに遠くにいても あなたが笑顔で いつまでもいてくれますように それは想いあるかぎり この命のあるかぎり 毎日願い続けよう  僕らはいつでも たとえ離れた場所でも お互いを感じあえるだろう それはまるで奇跡でも 夢物語のようでも 信じあえばできること  どんなに遠くにいても あなたが笑顔で いつまでもいてくれますように それは想いあるかぎり この命のあるかぎり 毎日歌い続けよう
You're My Only Shinin' StarGOLD LYLIC中山美穂GOLD LYLIC中山美穂角松敏生角松敏生角松敏生月が波間に浮かぶと あたたかい夜が 忍んでくる 沈む夕闇に瞳 わざとそらしたまま打ち明けた  星と同じ数の 巡り合いの中で 気がつけば あなたがいたの You're my only shinin' star  ずっと今まで困らせて ごめんね 大切なもの それはあなたよ いつまでも側にいて I Love You  何故だかわからないけど 理由もなく涙つたってくる こんな時に泣くなんて らしくないよと 肩を抱きよせ  はにかんだ微笑み あいかわらずなのね 月灯り二人照らして You're my only shinin' star  あなたはきっと たえまなく流れる 星の輝き 私を包む 永遠に終らない Shootin' star  時が運んでくる 不思議なときめきを 追いかけて ここまできたの You're my only shinin' star  ずっと今まで困らせて ごめんね 大切なもの それはあなたよ いつまでも側にいて I Love You
最後のレビュー鈴木雅之鈴木雅之角松敏生角松敏生角松敏生あなたの香りがした 振り向く街に風が往く 遠いどこかで名を呼ぶ 声を聴いて耳をおさえる 何度目の別れだろう 教えてくれ もう聞かないで これが最後のレビュー I can't give it up あとどれくらいサヨナラを言えばいいの? My baby Give it up 叶わない想いを抱きしめて もう一度歌ってよ  ふたりの場所がなくて 傷つけあった日々がある 言わないで 私はもう あなたなしで生きてゆくから 目を閉じて言い聞かせて これでいいのか これでいいの その先は言わずに I can't give it up 強がりじゃない 仕方がないと言えるのならば Give it up 振り向いたほうが孤独になる その前に忘れよう  I can't give it up あとどれくらいサヨナラを言えばいいの? My baby Give it up 叶わない想いを抱きしめて もう一度歌ってよ
WAになっておどろうTOKIOTOKIO長万部太郎(角松敏生)長万部太郎(角松敏生)角松敏生うじゃけた顔してどしたの つまらないなら ほらね 輪になって踊ろ みんなで 遊びも勉強もしたけど わからないことだらけ なら 輪になって踊ろ 今すぐ 悲しいことがあればもうすぐ 楽しいことがあるから 信じてみよう オ~オ~ さあ輪になって踊ろ ラララララ~ すぐにわかるから オ~オ~ さあ輪になって踊ろ ラララララ~ 夢を叶えるよ  大好きな娘がいるなら はずかしがってちゃダメね 輪になって踊ろ みんなで 大人になってもいいけど 忘れちゃダメだよ いつも 輪になって踊れ いつでも 一人ぼっちの時でさえも 誰かがいつも君を 見ててくれる オ~オ~ さあ輪になって踊ろ ラララララ~ すぐにわかるから オ~オ~ さあ輪になって踊ろ ラララララ~ 夢を叶えるよ  イレアイエ イレアイエ イレアイエ イレアイエ イレアイエ イレアイエ イレアイエ  悲しいことがあればもうすぐ 楽しいことがあるから 信じてみよう オ~オ~ さあ輪になって踊ろ ラララララ~ すぐにわかるから オ~オ~ さあ輪になって踊ろ ラララララ~ 夢を叶えるよ  オ~オ~ さあ輪になって踊ろ ラララララララララララララ~  オ~オ~ さあ輪になって踊ろ ラララララララララララララ~  オ~オ~ さあ輪になって踊ろ ラララララララララララララ~  オ~オ~ さあ輪になって踊ろ ラララララララララララララ~
Have some fax角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生誰もいないビルの中 ただウーウー唸る白い奴等と 僕はお仕事中 あの女と奴の笑う 声が消えたオフィスに一人 くされ煙草 ふぅ~ その気もない 意味もない 電話でいい 後にしよう Have some fax tonight Give it up, Give it up Have some fax tonight Give it up, Give it up  あらあら今夜も一人 またまた忙しいふりして デートはキャンセル (あ~あ) わき目振らないふりで 思わせぶりなだけな私へ 送ってあげる (送信、送信、ピー!) さよなら そうして いつまでも 呆けてなさい Have some fax tonight  街中大騒ぎ 見下ろして一人笑う 誰もわからない 明日は何があるか  窓辺に広がる夜景は この手の中 Have some fax tonight Give it up, Give it up Have some ×××× tonight Get it up, Get it up
Hospital角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生このドアの向こう側には 何があるかもわからない それでも笑っているあなたの心は どれだけの数の人を 傷みと見続けてきたのか 透き通るような顔 まるで風のように Keep on Smilin' お願いそのままでいてよ 何も考えさせずに Keep on Standin' 大切な人のために 観つめてよ その目の奥から  あの扉が閉まるたび 不安な顔の人々が ここがどんな場所だか僕に教えてる 日常とそうじゃないもの 現れてはまた消えゆく そんな時の中でも 君はいつも通りで Keep on Smilin' お願い何も言わないで そばにいるだけでいい Keep on Standin' 孤独を温めてあげて あなただけが伝えられる  Keep on Smilin' あなたはこの部屋の外で 何を想い願うの Keep on Standin' 明日へのカーテン開けて 心へと光を運んで  Keep on Smilin' お願いそのままでいてよ 何も考えさせずに Keep on Standin' 大切な人のために 観つめてよ その目の奥から
Believing角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生まだ遠い少年の頃 僕は嘘つきだと言われ 僕の眼に見えたこと言っても 誰も信じてはくれなかった 大人になって僕はほんとの嘘覚えた ただ秘密さえも嘘だと知ったんだ 自分や他の誰かを守るために NO, NO, NO 自分だけ信じられる風景の中 一人、陽が暮れるまで遊んでたあの時の色を もう一度だけ見せてくれないか…  まだ何も知らない頃 君を見て僕は立ち止まる 毎晩、夢の中で二人は 世界中を旅していたんだ 偶然、街で出会う君は違う人だった 恋には目的があることわかってる 自分も他と同じになりたいだけなんだ My Baby 透き通るような笑い声 君と手をつなぎながら駆け抜けた芝生の上 あの時の顔を もう一度だけ見せてくれないか…  振り向く街の窓硝子に映った僕の顔は まるで迷子みたいだ  I'm Believing 自分だけ信じられる風景の中 一人、陽が暮れるまで遊んでたあの時の僕に もう一度だけ、会わせてほしい…
ultima viagem~I See Ya角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生最後の旅に出かけよう 埃の舞う道の彼方 探し物などもう忘れてしまえよ 理由(わけ)もない意味もない ただここにいたくない Sarava! 安らかな日よ 作りかけた模型を壊せ 行方知れずになっても 風は僕の声を伝えるだろう I See Ya  車窓に映る僕の顔に 過ぎ去る街が重なり合う 吹き曝しの日々は 肩に乗せたままだよ 自由なんて淋しいだけ わかっちゃいるのに Sarava! 愛しい人よ 死ぬまで君を忘れないよ 幸せになれること それが何かもうわかってるだろう  いつの日も微笑っていられる そんなやりかたがあるんだ きっと  冬の冷たい空はなんて高いんだ 泣かないよ、泣いてないよ 見上げてるだけさ 誰も見送らないで 振り向きはもうしたくないよ この旅が終わりでも たとえ見つけられなくてもいいから  Sarava! 安らかな日よ 作りかけた模型を壊せ 行方知れずになっても 風は僕の声を伝えるだろう I See Ya
What a beautiful day角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生誰にも叶えられない そんなことがあれば 目覚めの一番にほら 窓を開けてみる どんな時も当たり前のような顔で この素晴らしい日を見上げよう 辛いときでも見上げよう 何か今までとは違うなら 声に出してみよう What a beautiful day  なんにも背負うことなく ただそこに向かおう あなたが目指すところは あなたが決めること 不安な時も喜びの時でも君は この素晴らしい日を見てるかな 同じ気持ちで見てるかな つながる空の下君のために 大声で唄うよ What a beautiful day  どこまでも続く空 (流れる雲間から) 渡る風の歌声 (あなたの夢を) 太陽の腕の中 (叶えてくれるから) 光のつぶて浴びて (僕らの想いを…)  この素晴らしい日を見上げよう 辛いときでも見上げよう 何か今までとは違うなら 声に出してみよう What a beautiful day  この素晴らしい日を見てるかな 同じ気持ちで見てるかな つながる空の下君のために 大声で唄うよ What a beautiful day
真夜中模様角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生空っぽの通りに響く やりっ放しの奴らの声 夜に紛れて消えて行く 白茶けた店の灯りが 通り過ぎるあんたの顔に纏わりつく I give up 僕はただ一人で見ていた 真夜中模様 それは妖しくて笑えるもの 僕だってそこにいるよ 嘘でもいいんだ 誰かに逢いたくなるだけだよ 話すことなんてないから このまま ここに佇んでいたいんだ  煙っている夜の向こうに たったひとつの物語 終わり方を忘れている 甘ったれた声にもたれて そっと滑り落としたら さぁどこへでも行けよ I give up  翻す心のベールと  真夜中色は何て欲張りなことばかりで 呆れてものも言えず それでも綺麗なあんたの爪先に映ってた 街灯りを見ていたいから このまま 香りの中へと沈んでる  眠れぬ夜はどうすればいいの 教えてくれ 記憶がなくなるほど疲れ果てるまで 何も考えられないほどに 抱きしめあえたらいいのかな このまま きっと何も変わりはしない
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
トナカイの涙角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生ただ何も言わずに過ぎて行く日がある 曇る電車の窓を指で拭いて見てる もうすぐ降り出す雨は霙まじり 僕はまたいつもの駅で降りるから ジングル・ベル ねぇ連れてってくれよ 君の言う暖かな場所へ 電飾の街が嘆いてた そんなものは在りはしないと  誰も自分のことで精一杯の顔だ きっと淋しいはずでも何故か笑っている 道往くあの女の話は空っぽで 灰色に埋まる空からこぼれる 見なよ、ほら トナカイの涙 誰の目にも見えないのだろうか 贈り物が届けられないと そんな人が見つからないと…  一日過ぎれば塵だらけの道で 僕はまだ一人で待っているのかな…  Sing a song ねぇ本当の歌を 君にすぐ聴かせてあげたい 塞いでる耳を傾けて きっといつか解りあえるよ  見なよ、ほら トナカイの涙 誰の目にも見えないのだろうか 贈り物が届けられるように そんな人を見つけてあげようよ
POLE TOWN角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生POLE TOWN 通り過ぎゆく どこも変わらぬ日々 こんな凍てつく街でも 人は強く生きて往けるの? しゃがみこんでいる 少女がはしゃぐそばで 遠い思いをたたえた幾千の足音 僕は一人 流れていく街を ただ見つめている 来ない君を待ちながら  POLE TOWN 降りしきる雪 逃げるように集う この地下街の果てに 君の行方探していたよ 悲しみの顔と喜びの顔の間に きっと失いかけてた 僕の顔が見つかる 白く光る道に映る影を ただ追い続けて時は流れる 佇んでいる北の街の鼓動 僕は聞いていた 君のことを想いながら  肩に凍みていく雪は何も言わずに まるで手招くような風が吹きはじめた この階段のぼれば もう僕はただの旅人さ いられはしない だけど僕は流れていく街を まだ見つめている 来ない君を待ちながら  やがて僕は襟を立てて一人 帰るのだろうか? ここより寒いあの街へ
Wrist Cutter角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生誰の感情ものみ込んで行くVisionの企みよ 廻る意識の中 まるで囚われた女達よ 僕の目を見て 何が見えるかな そうあなたの心の奥に澱む 腐りかけたプライドの影だ Get Down, I Love Ya その戒めを解いてやれ Get Up 君の背中に隠れた翼を広げ 新たな目線の先へ飛んで行け  垂れ流す正義の名のもとに 壊された高潔なもの 顔のないネットの向こう側で 騙されるLittle Girl Displayの中はいつも空っぽだ そう、あなたの傷だらけのその手を 治せること教えてあげよう Get Down, I Love Ya それが君を縛る鎖 Get Up, Yes Do It 燃える想いと心の火の手で切り離せ 広がる時の地平へ解き放て  叩き割れればただの作りもの そうあなたは本当のことだけを知ることだ それだけでいい  Get Down, I Love Ya その戒めを解いてやれ Get Up 君の背中に隠れた翼を広げ 新たな目線の先へ飛んで行け  Get Down, I Love Ya それが君を縛る鎖 Get Down, Yes, Do it 燃える想いと心の火の手で切り離せ 広がる時の地平へ解き放て
もう一度…and then角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生まだ明けきらない空 淡い月が沈んで 浮かび上がるRunway もうすぐ都会が動き出すと 一番早い翼が僕を連れて行く 時の迷路を抜けて 一人きりになれば聞こえてくる 心の叫び声君に届け 君の街へもう一度 もう一度だけ戻りたい 全てが変わるその前に ときめきの喜びをもう一度 この胸で確かめたい I love you forever  幾千の愛の形が 君にわからせてくれたことを忘れないで ひとつの場所に落ち着くこと それだけが安らぎじゃない わかりあえるなら 滅びゆく記憶にも その手を差しのべてほしい すぐにも きっと生まれ変わる もっと輝いて 君の街が見えてくる 終わりのない旅を導く 愛しい人にまた逢える 目を覚ませもう一度 走り出せ あの日のままに生きてMy girl I love you forever  うつろう時の波がもしも毎日を変えたとしても 彷徨う魂が輝くなら 君の街へもう一度 もう一度だけ戻りたい 全てが変わるその前に ときめきの喜びをもう一度 この胸で確かめたい  君の街へもう一度 もう一度だけ戻りたい 全てが変わるその前に もう一度 もう一度 もう一度 もう一度だけ戻りたい  君の街へもう一度 もう一度だけ戻りたい 全てが変わるその前に もう一度 もう一度 もう一度 もう一度だけ戻りたい I love you forever
How is it?角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生誰の声も気にしないでいたいけれど 本当のこと本当の愛 わからなくて まっすぐに交差点渡ってく 曲がることも落ちることもない毎日と 思ってたらいつの間にか ずれてく時間 正直に訊いてみて欲しいんだ ずっとこのままでもいいのか どうです安らぎは? それほどのものじゃないでしょう でも そうです、 刺激だけじゃいつかみんな朽ち果てる  しがみついた執着には希望はない でも全てを投げ出すほど 強くはない 人混みを避けて歩いてる これじゃ何処へも行けやしない どうです恋愛は? 派手なLIVEみたいで笑えるでしょ そうです、 終わりのないことを探してよ  忘れたくて忘れないで そんな声がしても 気にしないで行ける道があるよ  どうです毎日は? まるで映画みたいなものね でも そうです、 終わりのないお話を探そう  どうです安らぎは? それほどのものじゃないでしょう でも そうです、 刺激だけじゃいつかみんな朽ち果てる
All'n All角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生通り雨の後で沸き上がる埃の匂いと 木漏れ日の下で 僕は何も言えないで 遠い空を見ている 君は絵の中にいるみたい あの頃のことが今も思い出せるかな 叶わなくて切なくても胸の奥から 十二色の心の波が打ち寄せたら 何処へでも行けたね そうさ All'n All We Love 全てはその中に 今でも間に合う 扉の向こうが見える  古ぼけた店の窓に飾られた花束に 今でもあの夏のこと 重なり合うなら ここにいてもいれなくても想う言葉で 見えるものが変えられることがわかるなら 何処へでも行こう だから All'n All We Love 僕等は風になる 広げた両手に 君は何を抱きしめる?  叶わなくて切なくても胸の奥から 十二色の心の波が打ち寄せたら 何処へでも行けたね そうさ All'n All We Love 言わずにいた言葉 I Love You All あなたへ今から届けに行こう  All'n All We Love 全てはその中に 今でも間に合う 扉の向こうが見える
真夜中の太陽角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生走り抜ける夕暮れに灯りだす 鮮やかな色に浮かぶ街影 残り陽の色が溶けてゆく空 目を閉じれば憶えてるときめきの数を ひとつずつでも紡いだら あの通りを抜けて君に逢おう I just back in time すぐにでも想い出せることは 誰にだってある 夏の声が聞けるなら 甦る鼓動  ガラス張りの夜が僕等を包む 理由もなくて誰かを想っていたい アスファルトに映る灯りの色 僕等いつも Step 踏んでははしゃいでた 汗をかいた赤いグラスの底にある 真夜中の太陽 I just back in time あなたのまぶたに手を翳して いつだって叶えられる 時間の螺旋をくぐる夏色  I just back in time すぐにも想い出させてあげる  I just back in time あなたのまぶたに手を翳して 誰にだってある 夏の声が聞けるなら 甦る鼓動
珊瑚の風角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生陽光の影映す 白い砂模様の彼方 君がいる  蒼き水の揺らぎ 風はどこまでも優しく 駆けてゆく  浅瀬に群れ光る 魚たちと浮かぶ幻 見つめてる  どこまでも蒼く深く まどろむ君を見てる
波をこえて~Over the Wave~角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生寄せては返すさざ波の岸辺に浮かぶ船に乗せて 君といた夏が遠くへ漂い流れて行くよ 見送ればもう彼方へ移り行くもの それでも僕はまだ 波をこえて行こう 燃え残る想いを 手の中で強く握りしめて 砂の粒になれ そしてこぼれてゆけ  まだ僕等は波を待ち続けていた そこにはもう何もないとわかりながら 何か信じ続けてた 誰もいない場所で今も 僕はいることあなたに教えたい 波を抱いて今も 愛の行方を探し続けた どうか声よ届け このままでいれば また逢える気がする  あなたに届けよう  波をこえて行こう 燃え残る想いを 手の中で強く握りしめて 砂の粒になれ そしてこぼれてゆけ  波をこえて行こう  波を抱いて今も
Make it higher角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生ガラス張りのビルに映るねじくれた my way 差し延べる陽光が七色に砕ける ここにはもう僕等が望んでることはないから 誰にも言えない言葉があるなら Make it higher さらけ出して今から 真っ白になって Make it higher たどりつけば風はもう凪いでる  真夜中の TVに映された微笑みを 逆さまに見てたら できの悪いMonster そうじゃない 君じゃない 僕等が探しているのは こんなに小さな箱の中じゃない Make it higher こんな日々はそれほど長くはない Make it higher 見上げている君の目が好きだよ  今じゃない ここじゃない 僕等が行こうとするのは 次元の壁を越えたところにある Make it higher こんな日々はそれほど長くない Make it higher 見上げている君の目が好きだよ  Make it higher さらけ出して今から 真っ白になって Make it higher たどりつけば風はもう凪いでる
主張#1角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生忘れ物がポケットにあるから 言いかけた言葉をぐっと飲み込む 好きだと言えないまま 笑い声で埋め合わせる また今日も僕等 カゴメの歌、歌いながら 通り過ぎる街を見ていた Baby!あきらめないで Baby!届かないものを 明日もう一度 電話するから  綺麗な髪を切ってしまうほど 変わりたいなと思っているならば おろしたてのスーツを 水たまりにかけてあげる 泥だらけの街 白い花が咲いてる場所が 必ず何処かにあるから Baby!悲しまないで Baby!今 叶わぬこと 今日はなんだか 言えそうだから  好きだと言えないまま 笑い声で埋め合わせる また今日も僕等 カゴメの歌、歌いながら 通り過ぎる街を見ていた Baby!あきらめないで Baby!届かないものを 明日もう一度 電話するから
YU-NAGI角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生人影も消えた浜辺で 錆びついてる空き缶が見てたことを教えてよ 誰がいて 何をして また何処へ消えたの 繰り返す出来事を置き去りのまま 夏が逝く  波は僕の足元で引き返すよ 忘れ物があるわけでもないけれど 僕はまたここにいる 頭の中では あの頃のことなんかどうでもいのに 何故だろう  誰かが何処かで歌う流行歌が 風に乗り聞こえてくると 悲しくて  何を見て 何を聞いて 僕等はきたのか 波だけは変わらないで 打ち寄せてはまた引いてゆく
Gratitude角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生あなたへ伝えられる言葉があるなら 「ありがとう」それだけ 風に乗せて届くだろう  どれほどの悲しみ 僕は越えてきたのか それがどうしたというの 悲しみは尽きないもの 晴れた日にも傘をさし 影を踏んでいた けれどまだ君が僕のこと 見ていてくれたことを聞いて わずかな微笑みを忘れずにいられたこと 思えるその時 全てが終わった気がした  あの時信じていたことが 間違いだとしても それがわかりあえたから 僕は今も生きている 汚れたシャツを洗って 真っ白な日々がある そんな繰り返しでいいから 僕はまだ歌おう 過ぎ去る夏の背を見送るその度に 変わらぬ想いがあふれてくるんだ いつまでも  まだやり残したことが とても多くてわからないけど  消せない想い出と聞こえない言葉を 心に残して これからすぐにも出かけよう  あなたへ伝えられる言葉があるなら 「ありがとう」それだけ 風に乗せて届くだろう
BEAMS角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生太陽の階に 届くような BEAM が 海を照らすと 風が鳴る 愛よ今 その手にも触れたら見えてくるもの 光る雲間にある記憶の中 ただ僕達は微笑う  空にある星々と 閉ざされた約束 解き放つまで 天駆ける想いと 君の髪 夕影色に飾ろう  光る雲間にある記憶の中 ただ僕達は微笑う  空よ海よ波よ風よ(太陽の手の中で目覚めよ) 僕を迎えて  空よ海よ波よ風よ(星々の瞬きに甦る) 君を誘う
桃色の雲角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生6月の風がドアミラーに張りついたままで 渋滞の向こう海に出ると少しましになる 「この後で何処へ行くの?」 「そんなこと僕わからない」 「窓開けて 何か見える?」 「空が見えるだけだよ」 「あ、ちょっと待って 今夕陽が沈む もう少し黙ってよ」 きっと何かが想い出せるよ 僕等がしがみついてる意味がわかる  君が手の中で転がしてる飴色のピアス まるで僕達の時間のよう 気まぐれに光る 「わかるでしょ?」 「わからないよ」 「そんなこと聞かないでくれ」 「波の音聞こえてるよ」 「僕は何も聞こえない」 「ちょっと見て ほら桃色の雲 あんなの見たことないね」 きっと僕等は疲れてるだけ 深呼吸をしてみたら 景色が回りだす  たどり着く場所はいつも 狭くて肩も抱けない だけどまだ君がとても大切だと想うから そっと佇む夕まぐれには 耳を傾けようか バックミラーに遠ざかる街 何もないままでいいよ 何処までも行こう  ちょっと待って 今夕陽が沈む もう少し黙っていよう きっと何かが想い出せるよ 僕等がしがみついてる意味がわかる
Last Flight角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生潮風が吹き抜けてゆく空港のデッキで 光の海を見ていると 君を乗せた白い鳥が 舞い降りてくる こんなにも長い時を待たせて ごめんなさいと 微笑んでた君の旅の終わり 僕がそっと見ていてあげる Last flight, startin' all over この胸で翼をたたんで これからは僕の空で 懐かしい夢を見せてあげよう  ざわめきのロビーの中 君が佇んでる 初めての時と同じときめきを感じて 少し戸惑ってる その肩にどれほどの出来事を背負ってきたの その全てがこの景色の中へ溶けだしてく その瞬間から Last flight, startin' all over 君は今 誰よりも素敵 It's time to know love is forever もう少しだけ こうして見つめていたい  お互いにきっといつも通りで 少しはにかむ 笑顔があればそれでいいから 久しぶりに手をつないでみよう  Last flight, startin' all over 僕は今 君へ辿り着く そして僕等を乗せた青い鳥が いつの日か飛べるように
君のためにできること角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生君の大切なことが 他の誰かのせいでなくなってしまったら 君はそこにある何かで 誰かを傷つけてしまいたいと想うだろうか 僕等にはわかるすべもないけれど 欲しいものや伝えたいことのためだけじゃなくて 何ができるのか教えてほしい  君がとても遠くにいて 僕の想いなど伝わらなくても 不安な夜が君を悲しませないように  勇気という言葉だけを信じ過ぎないでほしい 真実は他にある 誰かの心を信じたいならば まず自分のことを知ることが大切 誰だって自分だけが正しいのだと想いたくて 叶わなくてただ恐れているだけ わかりあえること求めてるのに  だから僕は君のために できることを今 探し続けよう 切ない歌が二度と聞こえなくなるように  泣かないで こんな夜もいつか明ける どんな人もたったひとつだけ願うことがある 愛する人よ生き続けて  この世界に散らばってる 七色の想いひとつに集めて 白い光に変えて 永遠を照らせ  だから僕は君のために できることを今 探し続けよう 不安な夜が君を悲しませないように
IZUMO角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生太陽の眼差しが雲間にかかる 幾筋も差し伸べる光の中で 何かが僕に語りかけるように 海鳴りが声になる輝きの中 駆け抜ける想い出が崩れてゆくよ 僕は君を連れてゆこうか 風が吹けば波が起こり全てが変わる 立ち止まらず振り向かない ほらずっと君のそばにいる I LOVE YOU  幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)まぐわいながら 彼方から訪れる不思議な時間 そこに必ず何かがいる 誰もいない風の舗道歩いてゆけば 遙か遠い世界から ほらずっと僕は見られてる I LOVE YOU  何かが僕に語りかける  耳を澄ませ聞こえてくるこの世の全て 君を抱いて胸に抱いてほら流れてゆこう  風が吹けば波が起こり全てが変わる 立ち止まらず振り向かない ほらずっと君のそばにいる I LOVE YOU
風車角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生見知らぬ街翳にしゃがみこむ 翼もないままで何処へ行けるの わずかに残された陽だまりの中で いつまで待てばいいの 渇く心に届く 廻れ風車 僕を連れて行け 何も欲しくはないから 花の咲くあの場所へ Spun Around  忘れかけたままで旅に出る 空も海も風も君を見ていた 失う優しさを気づいていたなら 今からやればいいよ できることだけでいいよ 廻れ風車 君を連れて行け きっとまだやり残したことが 見つけられるだろう Spun Around  廻る風車 僕等を吹き飛ばせ 渡る時代の波間で 今もわかりあえるかな  廻れ風車 僕を連れて行け 何も欲しくはないから 花の咲くあの場所へ 今すぐ Spun Around
Always Be With You角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生風が通りすぎる道をそっと振りかえれば 数え切れぬほどの出来事が 僕を見つめている 空がいつもそこにあるように 変わらないでいつも 手を振るあなたを見てた風の中 忘れないでいたいんだ 遠く離れても  野辺に咲く花ひとつに宿る想いがある どんなことも偶然じゃないと 僕に教えている 叶わないことでもいつの日か 何か伝えられる この街を出て行くけど 僕はまだ君の胸の中にいる Yes, I Always Be With You  彼方へ飛んで行け この想いと今 あなたを抱きしめる風になりたい  いつもいつの時も 信じられることがあればいい つながる心の糸を感じたら あの白い船のように どこまでも行こう  手を振るあなたを見てた風の中 僕は君の中にいる Yes, I Always Be With You  彼方へ飛んで行け この想いと今 あなたを抱きしめる風になりたい  彼方へ飛んで行け この想いと今 あなたを抱きしめる風になりたい  彼方へ飛んで行け この想いと今 あなたを抱きしめる風になりたい
心配角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生もうどれだけの日々を重ねてきたのだろう 大切なことはいつも 目に見えないとわかりながら 僕は君に何ができる? せめて今夜は 心配をさせてほしい ささいなことでも気にかけよう 君が今も微笑んでいるように  それほど僕は優しくなんてなかったから 当たり前だったことが なくなることを怖れていた もっと強く生きられたら 君に伝えたい 心配なことがあれば 何かを守りたいと思う 君がずっと生き続けているように  たった一言の言葉でいい ~気をつけて…~ 君に聞こえるの?  こんな僕に何ができる だからこのまま 心配をさせてほしい ささいなことでも気にかけよう 二度と巡り会えないこと この手に残したいと思えるから 君がずっと微笑み続けられるように
花瓶中山美穂中山美穂角松敏生角松敏生角松敏生さよなら一言だけでいい あなた背を向けたまま この部屋をあとにするわたし 見送らないで  あてどない夢の中に 生きるあなたに ついては行けない 煤けた花瓶に 咲いてる花さえ 想い出と枯れてゆくの  そう私はただの女になりたい ありふれた幸せの中で  教会の鐘が聞こえたら もう私戻れない そう感じた時想い出す あなたの笑顔  今となりにいる人が誰なのかさえ 忘れてしまうわ  私が求めていたことは きっと ここにいることじゃないの  気がついた時は指輪をはずして 駆けだしていたの 振り向かずに  花嫁姿のままとび出したら あなたにすぐ電話するわ あの部屋の花瓶 これから毎日 私が水をあげたいの My love oh yeah  もう離さないで いつの日にも 変らないで 時の彼方 Oh ささやかでも 安らぐこと それがきっと 幸せなの
I must change my life & love for me角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生待ち合わせの時間に 遅れた時でもあなたは 微笑むだけで おこりもしない人ね そんな事をうらやむ 人がたくさんいるけれど そんなしあわせ つかのまの幻だから  I must be change my life & love for me 形だけの恋はもうしたくない Forget your dream and make it true 明日からはきっと生まれ変わるわ  さよなら優しい人 あなたを失なった事を 悔やんだとしても私の選んだことよ  I must be change my life & love for me もっと綺麗になるために今は Forget your dream and make it true 幾千の恋に 身を委ねてみる  歩く事さえ忘れてきた 気がつけば 探してたもの その手の中に…  I must be change my life & love for me 黄昏の街を 一人かけ出す Forget your dream and make it true 終わらない夏の声がきこえる  I must be change my life & love for me 形だけの恋はもうしたくない Forget your dream and make it true 明日からはきっと生まれ変わるわ  I must be change my life & love for me もっと綺麗になるために今は Forget your dream and make it true 幾千の恋に 身を委ねてみる  change my life & love for me Forget your dream and make it true
存在への不安と欲望の十二ヶ月角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生乾いた風が背中を押しても前に進めない 今すぐやめてしまえば楽になるのに 何処かの国が寒さで餓えてるとテレビで聞いた その国では強い人なんて尊敬されないらしい 優しくなけりゃ生きて行けないらしい  今の僕には聞きたくもないことだけど それがなんのことだかよく知ってるよ 君が大切だけど君を忘れることが大切 自分を無くしてしまうほど優しくなれたらいいのに 聞き飽きた歌なんてもう流さないでよ それでいい それでいい 神様の声が聞こえる でも甘えてるのと紙一重な毎日  誰かを傷つけないように嘘を言っても嘘は嘘だよ そんなに抱え込んだまま 何処へ行くんだ 午前3時の時計台で真白なカラスが鳴いた この世で大切なものはひとつでもあればいい 欲しがればその度に失って行くだけ あれもいい これもいい 幼稚な声が聞こえる でもいつになったら捨てきれるのかな  流れてくる全ての音に何も感じられなくなった こいつらのどこに魂があるというの 音をつなぎあわせるだけの歌に騙されてる君に 明日訪れるかもしれない終わりを受け入れられる? 僕は怖くて目をつぶるだけ それでいい それでいい 神様の声が聞こえる でも甘えてるのと紙一重な毎日  それでいい それでいい 神様の声が聞こえる でも甘えてるのと紙一重な毎日
Flow of Love角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生So many time I've tried 大切にしていたけど So many time I say 言葉では守れない 誰にも伝えられないことが いつでもあった だけど今 この手の中に残った愛を見て欲しい 僕が欲しいと思ってた 全てをわかちあえる Love… I believe in love all my love  So many time I cry 流された涙だけで So many time I did 救えるものじゃないさ 誰かの支えになれることが 心の影を解き放つ この世界中連なる見えない流れ あなたに出会うひとつひとつの 意味をわかりあう Love e Love… I believe in love all my love   優しさは風と変わり 時の彼方へ  この手の中に残った愛を見て欲しい 僕が欲しいと思ってた 全てをわかちあおう Love… I believe in love all my love Love… I believe in love all my love
週末角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生暮れて行く七色の通りで見上げていた しらけたビルボードの中で君が笑ってる 足早にすれ違う人 何か探しものでもあるかな Take me for a night わずかだけど週末があるから Take me for a love 無くしたものが見つけられる気がしたら それでいいよね  七つの毎日それぞれに想いがある 誰もが浮かない顔のまま通り過ぎて行く だけどまだ捨てたもんじゃない 振り向けば何て素敵な時間 Take me for a night 雨上がりの週末が見えたら Take me for a love つながらない電話なんてOFFにして 何処かへ行こう  溢れ出す光の中で 遠い安らぎを感じていた  Take me for a night このひととき手のひらにのせたら Take me for a love 忘れかけてた物語を始めよう 誰かのために  Take me for a night わずかだけど週末があるから Take me for a love 無くしたものが見つけられる気がしたら それでいいよね
痴漢電車角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生触んないでって女が叫んでいる 俺じゃないと男も叫んでる 男がいつも不利だとさ! 無実は誰も認めない 自意識過剰の奴が増えてる これじゃ身動きひとつもとれない みんなで縛りあえばいい そしたら誰も悪かない Roll'n Roll 電車は駆ける All' All 何もないように 引きずり出された男が騒ぐ スーツのシワに潰された心 背負ってることもあるだろに 差し伸べる手もないまま Roll'n Roll 誰も見ちゃいない All' All  本当のこと Roll'n Roll 明日は君が All' All 同じ目に遭う Roll'n Roll 負けてないでDaddy All' All 立ち上がれよ Roll'n Roll 電車は行くよ All' All 何を求めて
Hold on to love~Nothing I can do for love角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生窓にもたれかかると 髪を掻き上げては わざとらしい眼差し 口説く気にもなれない ほら 知りもしない しゃべらない 何をしたい? わからない 迷路の街の灯り こぼれた砂時計 交わらない言葉に 苛立ちが渦巻いて まだここにいたい やめられない Baby hold on to love 何もしないでいよう まだこのままでいたい  始まりが終わりなら そのままでいいよね 足を踏み入れたなら 解けだした氷菓子 ほら 甘い夢 幻 流れて 跡形ない 怖れの籠の中で 想いたくないから 僕はここで待ってよう 君が気づく時まで まだ言わない 抱きしめたい Baby hold on to love 大事にしてるんじゃない 本当になればいいんだ  Baby hold on to love 君の香りがのぼる Baby hold on to love 目が回るほどしたい でもこのままでいよう ほら夜も明けてきた
Hope all goes well角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生脱ぎ捨てたシャツには 君の香りが染みついた 想い出と置き去りにされていた もうかけることない 握りしめた銀色の電話から 君の記憶を消した 約束さえもできない 僕を残したまま 君は扉を開いた その果てにある 幸せの意味を僕は知らないけど 尽きることない安らぎがあると 信じられるならば それもいいさ 見ててあげる  恋はいつの日にも 切ないほどの傷痕と優しさだけ それしか残さないね 移り変わるものさ だから君が正しいとみんなは言う 僕もわかるけれど 何を求めて人は出会い続けるんだ 失うこともあるのに 幸せになれ いくらでも言うさ それだけでいいなら 消え去ることのない真実と 誰が言えるのかな 遠い空を君も見てる?  君のいない夜が 静かに僕を包んで泣いてる それでも僕はここにいるだろう 何かわかるまでは そしていつしか誰もいなくなる そんな日がくるだろう それもいいさ 僕はひとり何処へ行こう 僕は…
10月の愚者角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生風が変わり出せば 街翳から冬の声 窓をたたいて まだ眠っている君を 起こさないようにして そっと服を着替えながら 想い出を紡いでたよ テーブルには切ないほど 優しさの影が揺れて 僕を見てる  この部屋を出て行こう 僕が君にできること こんなことだけ 君の慈しみの手に 気づかないふりのままで 僕は何を応えられる 誰にもわかりはしないよ 思うままに生きることが 自由なことではないさ 今はわかるから  朝焼けの通りに出ると 愚かな僕の背中で君の声がする  気をつけてと いつものように 何故君はそれでいいの? 立ち止まると風の中で 僕は振り返るのかな 今も…
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
浜辺の歌角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生誰もいない砂浜で影を見たんだ 振り向いたらほら君がいた 何か言いたげな顔で瞳そらせば 肩ごしから波がこぼれた 風がさえぎる声をそっと伝えてあげる WOW WOW WO 君が好きだよ どうでもいいかそんなこと  言わない言えないことが多すぎてうんざりだ 夏の午後は何しないよ 鏡のようなふたりが木漏れ日の中で 嘘ついてもわかるもんか 君の髪がそよげば世界で一番素敵! WOW WOW WO もどかしいほど すれ違うのも悪くない  WOW WOW WO 君が好きだよ そしていつか忘れたい  WOW WOW WO 紙くずほどの 優しさでもあればいい  WOW WOW WO 愛になりたい 今度の夏も言えるかな  黙りこくった 浜辺の歌
煩悩 Rolling Stone角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生でたらめの時間に佇んでいた僕は いけないことしても知らない顔 君を見るだけで 止まらない 君の上で死にたいと思ってる僕は 君を殺したいと思ってるだけ 愛がまだ見えない だから君を抱き続けたい このまま離せない きっとわかるような がするんだ この果てに だって僕らは Flier  いけてないことでもまぁいいじゃないそれでも あれこれと考えても始まらない いつまでも見えないことで縛られてる ねえ君の背中流れる汗のしずくで 僕のうざい影を流してくれ そのままでふたり街を出よう 風が吹いてる舗道で見つめてた 君の指からこぼれ落ちてく  優しさを ずっと見つめる Seeker  誰でもない僕を連れ出して 未来からくる怖れをなくしたいけれど 君の瞳に映った僕がいる ころげ落ちてく石みたい そしてまた君とあの部屋から覗いてる いつものように だってそれが Desire
愛と修羅角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生見つめてたい いつでも ときめきが想い出せるかな?  その手を僕の胸にあてて聞かせてくれ 本当に君は僕だけを見てるのか ほら すぐに目をそらす 恋なんて煩わしいね だけど 見つめてたい いつでも プライドまで壊れてくよ こんなことは愛じゃな 戦ってるだけなんだ きっと  その目とその唇で僕を酔わせてよ 今まで信じてたことの正体を 君から教わるなんて 愚かだと笑うがいいさ けれど 抱きしめたいそれでも 他の奴が君を見てるだけで イライラする許せない そんな僕を僕は嫌いだよ  あるがままに生きろと神様の声をまねて あいつらがこれみよがしに歌っては知らん顔  溺れさせて気がすむまで抱きたい 愛してるその意味が今わかるかな 見つめてたいいつでも 君はいつも素敵なんだ このまますぐ死にたい 君の中で はじけたまま  抱きしめたいそれでも 君が他のことをしても 気にしないで負けてもいい そんな僕を僕が好きになるまで
夏休み角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生忘れ去った日々が 窓を通り抜ける 太陽に手を翳したまま 黙り込んだ麦藁帽子が揺れてた ねえ もうすぐ夕立がくるから 帰ろう 僕らの積木の街が待ってる  誰もいない通りは 陽炎でいっぱい ねえ 冷たいラムネをくれない? 行くあてない 恋にちょっと疲れたから 波の音がポスターから聞こえた ほら見てよ 僕は何処にだって行けるんだ  汗ばんだ街に 風が吹き始めると 僕はもうご機嫌さ  誰でも変われるはずなんだ あとは知らない ただなんとなくわかるだけ  耳元で淋しがりやが歌う それもいつか聞こえなくなるだろう ほら静かだね 通り雨のあとで 何もなかったように 僕は荷物をまとめている
生足の駝鳥角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生飛べない鳥の目をしていた 何かにいつも怯えている せめて逃げ足だけは早く 夕暮れの街を駆けていた Oh Nasty Baby 立ち止まってすぐに ほらね おまえらに何ができるんだ  真っ白な愛の歌に 今さら感動なんてするなよ 1千マン個の唇が こっちを見て笑ってる Oh Nasty Baby 本物って何なの 誰もわかる奴なんていないんだ 冷めた紅茶みたいな 香りのない毎日が 君をのせて ぐるぐる回る  Oh Nasty Baby 思いきってやるよ 今からこの声を届けてやるんだ
I CAN'T EVER CHANGE YOUR LOVE FOR ME杏里杏里角松敏生角松敏生角松敏生わかっていたわ 今朝の電話 あなた笑っていたけれど ほんとの気持ち つかめぬほど 想いはすぐに消せない  たとえ 二人は今日かぎりと あなたに告げられてもいい ただ いつもと同じに逢いたい  Oh I can't ever change your love for me 鏡の前でいつも通り髪をとかして Oh You can't ever love me once again あなただけの私にそっとさよなら  いつも通りに送って欲しい あなたの車そしてこの道 出来る事なら あの信号が このまま青にならないで  そうよ たぶん今のあなたに 私はついて行けないわ きっと これから一人で生きてみる  Oh I can't ever change your love for me 消えて行く車に小さく手を振りながら Oh You can't ever love me once again 気をつけてと最後にそっと祈るわ  Oh I can't ever change your love for me 鏡の前でいつも通り髪をとかして Oh You can't ever love me once again あなただけの私にそっとさよなら
UNSTEADY LOVE角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生Twilight ドア・ミラーに映った影に あなたのいつわりを感じた今も Don't Stop 愛を止めたくはないけれど お別れなのねきっと 走る車から見る街灯りは 出会いの時のまま変わらないのに さよなら 終わりにして欲しいならば 今すぐきらいと言って Good-bye My Love このままそばにいたら私 こわれそう あなたの心がつかめないから  Last Night 夕べの電話だって そばに他の誰かがいたような気がしたわ Don't Say そんなことをとやかく言えば また同じこと いつもそばにいたいのよ これが本音なの 強がるふりしてもせつないだけね さよなら きりだす言葉は多分 私からの方がいいのね Good-bye My Love 今夜で終わりにしてあげる つらいけど あなたを困らせたくはないから  男はいつだって 子供のまま 無邪気な恋を ちらかすの だけどそこにひかれる女心のミステリー くやしいけど まだ I Love You  さよなら 終わりにして欲しいならば 今すぐきらいと言って Good-bye My Love このままそばにいたら私 こわれそう あなたの心がつかめないから
ALL OF YOU角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生あなたの髪 あなたの指 あなたの瞳 愛してる あなたのもの あなただけを愛し続けて  きっとすぐに終わる恋と思ってたの それが今も 不思議なほど変わらない理由が知りたい ほんのわずかな傷あとだけで 愛は壊れてしまうけど 同じほどの思いやりあればいい あなたの髪 あなたの指 あなたの瞳 愛してる あなたのもの あなただけを愛し続けていたい  不安な夜電話ひとつあればいいね 落ち着くから あなたのこと考えてる時が自然 いつも側には居れないけれど きっとあなたも同じ時に思い出すことがある それでいい あなたのしぐさ 手の温もり 感じていた いつの日も あなたが居る そのことだけで全てがわかる  過ぎ去る夏をまたふたりで 見送ることができるから それがいとおしくて あなたのしぐさ 手の温もり 感じられる それだけで あなたが居る そのことだけに“ありがと”
I CAN'T EVER CHANGE YOUR LOVE FOR ME角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生わかっていたわ 今朝の電話 あなた笑っていたけれど ほんとの気持ち つかめぬほど 想いはすぐに消せない たとえ ふたりは今日かぎりと あなたに告げられてもいい ただ いつもと同じに会いたい I can't ever change your love for me カガミの前でいつも通り髪をとかして You can't ever love me once again あなただけの私にそっとさよなら  いつも通りに送ってほしい あなたの車そしてこの道 出来ることなら あの信号が このまま青にならないで そうよ たぶん今のあなたに 私はついて行けないわ きっと これからひとりで生きてみる  I can't ever change your love for me 消えて行く車に小さく手を振りながら You can't ever love me once again 気をつけてと最後にそっと祈るわ  I can't ever change your love for me カガミの前でいつも通り髪をとかして You can't ever love me once again あなただけの私にそっとさよなら
サヨナラはくちぐせ角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生真夜中のKissを ためらっていたのは あなたの心を 確かめてたから 言葉の裏を読まずにいたいから 素直になれないほうがいい サヨナラはくちぐせだから 気にしないでいいよ 臆病な言い訳だから 目を見ないでね そのまま  話の途中で 冷めたJokeを言えば 心の弱さを 知られずにいられる 誰にも言えない遠い日の悲しみを 今でもどこかで気にしてたけれど サヨナラがくちぐせなんて 可愛くないよね 見ないふりしてただけなの 手を差し伸べてもう一度  このまま何も始まらないことが 淋しくなるまで側にいて  サヨナラはくちぐせだから 気にしないでいいよ 臆病な言い訳だから 目を見ないでね そのまま  サヨナラがくちぐせなんて 可愛くないよね 見ないふりしてただけなの 手を差し伸べてもう一度
Bless Myself角松敏生角松敏生AKIO INOUETOSHIKI KADOMATSU角松敏生最後の荷物をかたづければ なんて広い部屋 何気なく暮らした日々が 淋しげに揺れてる  舗道を落葉が飾る頃に あの遠い街で 約束のリングを交わして微笑む 違う私がいるの 失くしたものは何も ないつもりだから あなたももう私のことは想い出さないでね  あなたの側にはもう誰かが 眠っていますか わがままや無口で困らせないでね 大切にしてあげて 迷うことなど何も ないつもりだけど あの頃のことがまだ少しだけまぶしく見える  ああ流されてゆく時の中でいま  穏やかな毎日が 始まろうとしてる 私のことならもう大丈夫だから あなたのことは今も 気にかかるけれど それも今日でやめるわ すべて遠い想い出に
君という名の僕におしえたい角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生君に他の誰かがいたこと 告げられたあの夜僕は まだ振り切れない想いでいた 君の涙を見て 遠い日に僕も同じようなことを 誰かにしてたんだ その人の痛みが 今は僕の胸を貫いてく 巡るさだめの迷路から 愛を見ていた 君を変えたい 愛をあげたい 君という名の僕に教えたい 何もいらない ただ君といたい これほどまでの想いがあること  私は男の子みたいだから 誰も愛せないと言った 君の安らぎを 本気で今 探し始めている 愚かと言われてもいいよ こんな僕でも 君を変えたい 愛をあげたい 君という名の扉開けたい 君のかけた心の鍵 僕が今すぐ探しに行くから  想いは移り変わるもの だからいつでも 君を見てたい 手にふれたい どんな時でも感じていたい 風になりたい 連れて行きたい 君の知らない遠い街まで  君を変えたい 愛をあげたい 君という名の僕に教えたい 何もいらない ただ君といたい これほどまでの想いこそ“愛” LOVE YOU
YOU'RE MY ONLY SHININ' STAR角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生When the moonlight's  shinin' over sweet ripples Here's the dreamy night, feeling sight so warm and tenderly Lookin' at such a twilight  for the first time to me Maybe a little too shy to face and tell you all my heart to you  Since I was dorn, raised up till I die, Seems mllion times to meet someone, hey Now I know there, you must be the one for me  You're my only shinin' star brighter than anyone else Sweetest person I met all the world 'Need you always be my side, Don't ever stop hold me tight Won't you stay for me, can't you forever 'cause I love you  There's a time I gave you hard time,  sad to say Yes, I remember now your temper how you never let me down Don't know why tears run down on happy face It's not like you always smile, you said, hold me in your arms That's the way you smiled  first time we met Oh,you've never ever changed to me How you're lovely there,  Kiss me all around tonight  You're my only shinin' star brighter than anyone else Sweetest person I met all the world 'Need you always be my side, Don't ever stop hold me tight Won't you stay for me, can't you forever 'cause I love you  Since I was dorn, raised up till I die, Seems mllion times to meet someone, hey Now I know there, you must be the one for me  You're my only shinin' star brighter than anyone else Sweetest person I met all the world 'Need you always be my side, Don't ever stop hold me tight Won't you stay for me, can't you forever 'cause I love you
崩壊の前日角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生いつも通りの街 ただひとり 彷徨えば 行くあてのない 日々を知らぬ 人々に出会う にぎわう通り こんなにも素敵 満ち足りてるはずでも 何故なんだ 足りないこと 知っていても 誰もみな そんなこと 気もかけずに 明日がまた やって来ると信じてる 約束もないのに また日が暮れて行く  どこか遠くの街で 泣いている 愛しい人よ いつでも会える 思い込んでた ちっぽけな世界も たったひとつの 出来事だけで 失うほど儚い 誰も来ない 誰もいない 誰のために 僕たちは 生きているの 気づいたなら 無くしたもの 取り戻せる真実と 想い出の街に 今 風が吹いてる  崩壊の前日に 君は何処に いたのだろう そして今でも 僕たちは ここにいられる 誰もが同じ 痛みと出会う けれどいつか過ぎ行く 回り巡る 日々の中で 見つけられる 大事なもの それだけを 失わないで  今を生きて 今を見つめ ほらごらん 大好きな 街にひとつ 灯かりがともりだす
Realize角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生Realize 感じてる 移りゆく悲しみさえ 変わらない時の中で 記憶の海へといつか流れる  二度と戻らないと あきらめていた人と 思いもよらぬことで また会えることがある きっと同じ場所に いられることだけを 信じていたから Realize わかってる 運命などありはしない 変わらない真実なら 未来はいつでも変えられるもの  いつも会えるものと 想っていた人さえ 突然会えなくなる そんなこともあるから 今を大事にして 振り向けば過ぎ去る 光よりも速く Realize 気づいてる 過去には縛られないで 変わらない想いがある 今 時の水平線渡ろう  いつかこんな想い 両手に抱きしめて 君に届けよう Realize 今はまだ ひとりでもいられるから 生きているただそれだけ わかるならば怖れないで  Realize 感じてる 忘れられないことさえ 変わらない時の中で 記憶の海へといつか流れる
風のあやぐ角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSU・SATORU SHIMOJITOSHIKI KADOMATSU角松敏生太陽ヌ ミプトゥサヤ 島々照ラシ 風ト舞 踏ス 雲ヤ傘ナリ 空ヌ流リリバ 心ヤ ユルン 風ン吹カイ 母ガクトゥ 思イヤミー 夢ンナミー 我ガ愛ス あの島へ 風ユ我ヌ サーリイキ フィール インガナス あのぬくもり 忘シラインユ クヌ胸ヌ 果ティヌ 果ティガミ  風が照り返す 瓦に映る陽射しを横切る 静まりかえる午後のあぜ道で あなたが微笑う 幻だと知りながら 過ぎた日を夢見てた 想い出のあの島へ 風よ僕を連れ出して そっと あの時言えずにいた 想い伝える術もなく また夏が往く  過ぎ行く時のかげで きっと忘れないだろういつも 繰り返す波の音聴いて 僕は今もずっと ここにいるから  ガジュマルヌ 木ヌ如ン 根ヤ張ラシ 想イヤシウリバ 我ガ肝ヤ クヌ都会ヌ 風ン揺ライ 空ヌ見上ギ 此処ン居リバユ
何もない夜角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生何も返せない こんな僕を 愛してくれる そんな人がいる 今夜は電話をしないから 君の時間を見つけてよ 僕はそれでいい 何もない夜は 不思議だね 心も静かで 雨音に気づく 寂しさに包まれていた  約束なんてできない それなのに何故 いつまで君は 側にいられるの 疲れ果てた心の中で 君が悲しむことはない きっとわかるから 何もない夜に 涙さえ流せないでいた 君の優しさが切なくて 目を閉じる  滅びゆく時間の中で抱きしめて  大切なものがありすぎて 苦しくなると 分かるから 見ないふりのまま 何もない夜は 不思議だね 心も静かで 雨音に気づく 寂しさに包まれて  何もない夜に ただ一人 人ごみに紛れて 何もないふりで 歩きたい 夜が明けるまで
時計角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生誰もいない部屋の片隅 君がいた場所に座りながら ふたりの時を刻み続けた 時計だけをずっと見つめていたよ 一秒なんて短いのに 目を閉じれば永遠より長い Watch your time 流れ出る想い出に涙すれば 過ぎて行く時間の声が聞こえる Watch your time あの頃に戻れる術はないと 華やかな時ほど速く過ぎ去るもの  何もせずにいたとしても 時計は変わらず動いている 始まる日々の景色の中で 気がつけばいつもの自分に会える 誰でも時計を気にするけど それほどまで信じられないもの Watch your time いつまでも立ち止まることはないと 訪れる時間の声が聞こえる Watch your time 悲しみよあなたと出会う度に 僕はまた新たな時を刻んでいる  記憶の中でもがいている 人は誰も時の羅列の中  Watch your time こんなにもちっぽけな僕の前に 横たわる時間は果てしないもの Watch your time いつの日か誰かに巡り会える時までは 時計を見ないでいたいから
ALRIGHT角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生叶わないと知っていても 恋をしてる そんな人を愚かだと 言うことはできない 誰も同じことがあったのに 想い出せない Alright 泣かないで さよならは言わないで Alright 変えられぬことから 逃げないで  確かなものそんなことを 探してるの 一途なこと苦しいだけだと 言う君は きっと本当のこと偽って 幸せになる Alright 負けないで 今はもう戻らない Alright 変わらない想いを 捨てないで  安らぎを手にしても 未来はわからないもの 生きてるその事実だけが すべてだから Alright 泣かないで さよならは言わないで Alright 変えられぬことから 逃げないで  Alright 負けないで 今はもう戻らない Alright 変わらない想いを 捨てないで
Rendezvous角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生穏やかに過ぎてく 午後のテラスであなたと 懐かしい笑顔そのまま 今は幸せなの? 問いかける言葉に 微笑みうつむいたね その意味を知らずにいたい 僕は目をそらす  こうしていることが いいのかわからず ひそやかに蘇るもの 隠していたんだね 君を悲しませる 何かを消したくても 今の僕は何もできない 君が遠すぎて  冷めた紅茶のカップを もてあそぶ指に 重ねた手の温もり感じてる 目を閉じて  燃え残る想いを ふたりは知っていたから 何もなかったように 僕が見送ってあげる 君が見えなくなるまで
匂い角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生真昼のビル風とため息の中 舗道とシグナルが陽炎に舞う 通りをすれ違うひとときの間に きらめく長い髪をほどいた女性 覚えのある香りに 振り返るとすぐに あなたが好きだった 花を想い出してた 夏の匂い懐かしい あの人の香り 雨上がりのアスファルト むせかえるような 日々の彼方  流れる退屈なテレビが笑う このまま過ぎて行く夜を見送る 孤独な一日を忘れるために いつものようにまた髪を洗えば 覚えのある香りに ふと手をとめていた それはあなたがいた 遠い日の想い出 冬の匂い懐かしい あの人の香り 白くけむるスチームで 汗をかいた窓 悲しすぎて  誰でも記憶の中 香りを抱きしめる それは時を越えて ふいに現れるもの 風の匂い移り行く 季節の香り 気づくたびに蘇る 想いがあるから 時の匂い遙かな日々に 見ていた 茜空に映るような 恋よもう一度
SHIBUYA角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生誰も知らない間に 変わり果てたこの街 佇んでる僕 追い越してく楽しげな風 黄昏はいつでも 君を飾る幻 探せない夢を 紛らわせていたよね 時は巡るよ僕の胸に わきあがる懐かしさを その瞳の中に見ていた 移り行くものいつかきっと 戻ってくると信じて 君の夢を見つけてあげよう  髪の色を変えて 流行りの言葉なんて いつの時だってあったことさ 変わりはしない 君が怖れていた 時の彼方にさえも 広がる想いが 満ちていると感じて さあにぎわう街 灯りひとつひとつを心に灯して 君とふたりだけで見ていたい 時をへだてたこんな現在を もう一度輝かせる 僕の歌を聴かせてあげよう  時は巡るよ僕の胸に わきあがる懐かしさを その瞳の中に見ていた 移り行くものいつかきっと 戻ってくると信じて 君の夢を見つけてあげよう
Lunafairymiena角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生彼方から真夜中の空に 昇り出す満月の眼差しよ 誰もいない夜の広場で 笑いながら君は踊る 月灯りを浴びて Lunafairymiena 月影に舞う elves Lunafairymiena 僕を惑わせてよ そして夜が明ければ“さよなら”  誰ひとり知らぬ間に月は その姿変えてゆくものだから 満ちればまた欠けてゆくような 移りゆく心に僕は ずっと魅いられている Lunafairymiena 妖しいほどの caress Lunafairymiena どんなに離れても 月の手に操られるまま  Lunafairymiena 月影に舞う elves Lunafairymiena 僕を惑わせてよ 夜が明けるまでは消えないで
Never Gonna Miss You吉沢梨絵 Duet・KADOMATSUT.吉沢梨絵 Duet・KADOMATSUT.TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生(男女)I never gonna miss you (男女)遠く離れてもきっと (男女)変わらない想いがあるならそれでいい  (女)あともう少しだけそばにいたいから (女)ゲートに向うまでの歩みを止めて見つめて (女)何故今ふたり離れなければいけないの?わからなくて fu… (男女)I never gonna miss you (男女)遠く離れてもきっと (男女)変わらない想いがあるならいい (男女)I never gonna miss you (男女)ずっとそばにいたことを (男女)忘れないでいればいつしかまた巡り会う  (男)許してほしいと言えなかったけど (男)想いは同じだからその涙かわかす風になろう (男)振り返れないことがある (男)だけだからさよなら言えない uh ah… (男女)I never gonna miss you (男女)そうよこの広い世界 (男女)巡り会えたことが奇跡ならば (男女)I never gonna miss you (男女)きっと想い続ければ (男女)叶わないことなどないから  (男女)Wow wow yeah 夜の翼が (男女)もうすぐあなたを連れてゆく (男女)まだ見ぬ時の彼方へとwow… (男女)I never gonna miss you (男女)遠く離れてもきっと (男女)変わらない想いがあるならいい (男女)I never gonna miss you (男女)ずっとそばにいたことを (男女)忘れないでいればいつしかまた巡り会う  (男)I never gonna miss you (女)Yes,I never let you go away (男)Wow wow… (女)Wow wow… (男)I never let you go away woo… 
風のPAVEMENT米光美保米光美保米光美保・井上秋緒角松敏生角松敏生人混みの中でも 見失わないように あなたのシャツのそでをつかむと 見ていないふりでも 私を気にしては 微笑みながら歩くあなた そんな安らぎの中 季節を泳ぐ風が夏へ駆け抜けてゆく 明日からはもっと好きになりそう ふたり出逢えたことを いつも感じていたい これからは一人きりじゃないから  名前もない道を 一人歩いていた 誰かにすがることもできずに 平気なふりをして 本当は求めてた だから今はこの優しさを 二度と離したくない わがまま言った朝も せつなく泣いた夜も 何もかも覚えておきたいから あなたと過ごす時が 私を変えてゆくの 淋しさがすべて想い出になる  あなたと過ごす時が 私を変えてゆくの 明日にはもっと綺麗になれる ふたり出逢えたことを ずっと大切にして ふたりだけの夏を歩いてゆくわ
Into the good time米光美保米光美保門屋祐美角松敏生角松敏生(Into the good time) (Into the good time) Everyday Rushな朝 誰もが急ぎ足 まぎれこんだらもう 忘れてしまう 昨日一人泣いてたことを 窓に映る太陽が見下ろして笑ってる (Into the good time) 壊れかけた心を 取り戻したいなら今 (Into the good time) 振り返る交差点 少しだけ時間を止めて  Newsな毎日は 女をダメにするだけ ちょっと背のびしても モラルの中ね 作り笑いごまかさないで 悲しい時もそれはそれで素敵なことだから (Into the good time) ショーウインドウの中に 幸せなんてないから (Into the good time) 心の目を開いて 見えるものだけを信じて  (Into the good time) (Into the good time) 時がくれた涙の数は いつも過ぎてしまえば 優しい思い出になる  (Into the good time) 時に舞う陽炎が 見せてくれる新しい (Into the good time) 日々の中で微笑む もう一人の私がいる  Comin' to the good time Hu…
MORNING HIGHWAY杏里杏里岩里祐穂岩里祐穂角松敏生Morning highway 乱れた吐息で 二人 寄せる波音聞いた  Morning highway 車のルーフを 褪せた青空が流れてた  たばこにむせてしまう あなたの投げやりな目 お互いを痛いほど 分かりすぎているからさ  燃えたい恋なら Rhythm and blues 雨など降れば最高 わざと感じるポーズでJazzyな 文句を並べてよ  Don't say good-bye I say love you 夢見たはずの Memory  Morning highway 疲れたラジオが いつか聴いたアメリカ流す  絵ハガキをめくるように あれこれ語り合えば まんざらでもない顔して 笑っているじゃない  見つめる恋さえ Passenger 口づけすれば終りさ だから泣かせる映画のSexyな しぐさで酔わせてよ  Don't say good-bye I say miss you 夢見ただけの Memory  燃えたい恋なら Rhythm and blues 雨など降れば最高 わざと感じるポーズでJazzyな 文句を並べてよ  Don't say good-bye I say love you 夢見たはずの Memory
GET DOWN角松敏生角松敏生GILBERT O'SULLIVANGILBERT O'SULLIVAN角松敏生Told you once before and I won't tell you no more Get down, get down, get down You're a bad dog baby But I still want you around  You give me the creeps when you jump on Your feet so get down, get down, get down Keep your hands to yourself I'm strictly out of bounds  Once upon a time I drank a little wine Was as happy as could be, happy as could be Now I'm just like a cat on the hot Tin roof baby what do you think doing to me Told you once before and I won't tell you no more Get down, get down, get down You're a bad dog baby But I still want you around Around I still want you around  I don't give a down and Iike it if you can Get down, get down, get down You're bad dog baby But I still want you around Once upon a time I drank a little wine Was as happy as could be, happy as could be Now I'm just like a cat on the hot Tin roof baby what do you think doing to me  Told you once before and I won't tell you no more Get down, get down, get down You're a bad dog baby But I still want you around Around I still want you around
WE CAN DANCE角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生銀色の月灯り 街を照らすと 帰らない もどれない あの日の二人が見える ふりむけば終わりだよ きっと今夜は Good-bye 目を閉じて  We Can Dance さよならは言わないから We Can Dance 今宵は踊り明かそう We Can Dance そして最後のStepまで そばにいてよ  嫌いにはなれないと何度も泣いか 君のため あなたのため それは優しさじゃないさ 愛しさに隠れてた 身勝手な日々 I Know 気付いてた  We Can Dance あなたがいつか言ってた We Can Dance 二人だけの Disco Party We Can Dance 最初で最後の夢が今 叶うから  いつの日か君とまたここで会えたら I Love You 言わせてよ  We Can Dance 踊れ回る想い出と We Can Dance 何もかも夜に溶けて We Can Dance 朝が二人を分かつまでは Don't Say Good-bye  We Can Dance さよならは言わないから We Can Dance 今宵は踊り明かそう We Can Dance そして最後のStepまで そばにいてよ  We Can Dance あなたがいつか言ってた We Can Dance 二人だけの Disco Party We Can Dance 最初で最後の夢が今 叶うから
THIS IS MY TRUTH角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生あいそつかしの 笑顔のこして 午後の陽射しに 駆けだした君は 気がついてるはず かくした想い 帰ることのできる場所は きっと君だけ 言えない僕につれなく Darling I love you  Baby only you You're my shin'star Baby only you You're my shin'star  冷めた台詞が すれちがう Midnight call 心の声と うらはらな愛を 確かめるために 言葉だけで 時間(とき)をムダにしても 二人は遠ざかるだけ せめて最後は 素直に Darling I love you  Baby only you You're my shin'star Baby only you You're my shin'star  都市(まち)を流れてく 時に巻かれ 出会うことさえも 不思議な出来事になる 大切な事 見失しなわないで I love you  Baby only you You're my shin'star Baby only you You're my shin'star
SHE'S MY LADY角松敏生角松敏生SHERRY MICHAEL角松敏生角松敏生If it was up to me I'd love you here and now Oh can't you see If it's good lovin' you want Baby look to me  Oh...wow I can give it to you You know that I can make you see 0h... This love's for real  She's my lady You can make it so much better She's my lady An angel to me She's my lady You can make it so much better Everything to me  You've got a sexy way of Telling me to stay You know you do I'd like to show you where you Make me feel that way Oh... I can give it to you So you'll never want to leave Oh... This love's for real  She's my lady You can make it so much better She's my lady An angel to me She's my lady You can make it so much better Everything to me  0h and I can give it to you So you'll never want to leave Oh... This love's for real  She's my lady She's my lady  She's my lady You can make it so much better She's my lady An angel to me She's my lady You can make it so much better Everything to me
LONELY GOOFEY角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生夜明け前 ただ ひとりだけ 冷えた砂の上 この海では 波さえもない だけど ここに来た  優しさは ただ夏の 気まぐれと知らず 波だけが 見ていたよ そう真夏のふたり  He's a only,lonely surfer boy 朝やけが忘れさせる He's a only,lonely surfer boy 九月の風の中で  今 思う あの言葉さえ 気づいてたなら 砂浜で ただ待っていた 君の気持ちもわかる  今はただ 好きな波 持っているだけさ 待つ人のいない浜辺 ただ めがけてゆく  He's a only,lonely surfer boy おちてくる波にまかれ He's a only,lonely surfer boy 届かぬ この思いと  あの夏の ざわめきも もうないけれど ただ ひとり 風になる 今はそれだけで  He's a only,lonely surfer boy 朝やけが忘れさせる He's a only,lonely surfer boy 九月の風の中で 九月の風の中で
YOU'RE NOT MY GIRL角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生いつもの場所(ところ)で 君を待つ黄昏の中 人波今宵も うつむく君を隠してる 今日もまた 二人だけの 時間(とき)が始まる 週に一度だけ 誰にも言えない 叶わぬ恋と 知っていたんだ ずっと  You're not my girl baby 二人はいつでも frustration 今夜も You're not my girl baby 抱きしめてもすぐに 消えてゆく 君にはほかにも 帰る場所(ところ)が あるね  一度にふたつの恋したのがいけないのと 嘆息(ためいき)まじりの心は いつも揺れている 彼のことは 言わないでよ 忘れていたい つくろう笑顔に だまされてるだけ わかってるんだ 君はいつでも 身勝手  You're not my girl baby 時間(とき)にせかされた conversation いつでも You're not my girl baby 変わらない思いを みつけたなら あなたをこのまま 帰さないから きっと  もう二度とこんな恋はしたくないけど 走り出す思い もう止まらないさ 君をさらって どこか遠くへ I want you get away  You're not my girl baby 今夜限りの celebration 終われば You're not my girl baby また電話してよと消えてゆく女はいつでも 逃げられる場所があるね そうさ愛に耐えきれず 心閉ざしてしまう You're not my girl baby
I NEED YOU角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生今街も そっと眠る やっと二人だけになれた “もうはなさない”今夜こそ言えるようで ふるえる君の肩を そっと抱きしめたなら I need you 君だけに I need you 伝えたい 愛をつなぐものは 素直な想いだけさ  僕の声が 聞こえたならば そっとまぶた閉じてごらん “あなたの事を今は縛りたくない”と つよがる君の姿 あまりに愛しすぎる 夜はいつだって 言葉包んでくれる 二人影がひとつになればそっと  “愛するほどに切ないと”君は泣いた もうどこへも行かずに そばにいてあげるから I need you はなさない I need you 永遠に 星が 二人を飾る このまま夜明けまでも  I need you 君だけに I need you 伝えたい 愛をつなぐものは 素直な想いだけさ
ドアの向こう角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生だから最後に Kiss Me Girl 何も言わずに このまま 帰るまで 微笑んでいたいから  Door Bell の向こうに 二人の時が続いていた どんなに疲れても この部屋なら 確かな安らぎさえも つかめるものと思いこんでいたよ 君が見てた夢は いつでも僕とちがうんだ  だから今夜は Good-bye Girl 形だけの愛はいつも 時がたてば消えて行く けれどまだ  かすみ草のように あなたを飾っていたいのと 遠い日の言葉を思いだすよ おたがいの求める言葉 手さぐりのまま探しているうちに 優しい花の季節も今はもう終わってしまった  だから最後に Kiss Me Girl 何も言わずに このまま 帰るまで 微笑なでいたいから  これからは気をつけるんだ 確かな時をみつけて欲しいから しまるドアの向こう あなたの涙は見ないから  だから最後に Kiss Me Girl 何も言わずに このまま 帰るまで 微笑なでいたいから  そうさ今夜は Good-bye Girl 形だけの愛はいつも 時がたてば消えて行く けれどまだ
Take You to the Sky High角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生海辺にまどろんだ あなたの夢 うばいたくなるのは 夏のせい Lady つれないそぶりですりぬけると 汗に光る肌が眩しい Take you to the sky high 翼広げ空へ連れだしたい Take you to the sky high 灼けた風にまかせ今だけの I love you  その時限りだと知っていても 夏に狂わされた心だと Lady 木陰にかくれて口づけると 今は一人占めにできるよ  Take you to the sky high ふざけた奴と笑うあなたへと Take you to the sky high 目まいがするほどに 夏だけの I love you  Take you to the sky high 翼広げ空へ連れだしたい Take you to the sky high 灼けた風にまかせ  Take you to the sky high 翼広げ空へ連れだしたい
君をこえる日角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生ただ想い出だけに 生き続けても痛みは消せないけど 悲しみがいつか やさしさになることさえもある  この心の痛みがいつかいえて 望みも予感も消えて 僕が君を忘れる日がきたなら  きっと君をこえてゆける I'll be over you  君を抱きしめた夜も 傷つけた事も消えはしないんだ 何か幸福なのか 知っている人などいないけど  君を許すことがもしもできたら 本当の愛に出会える そして悲しみが何かに変ったその時から 明日へのドアをたたくだろう  この心の痛みがいつかいえて 望みも予感も消えて 僕が君を忘れる日がきたなら  きっと君をこえてゆこう I'll be over you
PORT OF YOUR HEART, SAIL OF MY LIFE角松敏生角松敏生加藤健角松敏生角松敏生夜中過ぎ 突然のコールは たぶんあなたから でもすぐには出ないの どうして? 他の人とはおなじにしないで はやる気持ち抑えて ゆっくりと受話器を取るの 「こんな時間に迷惑よ!」  I'm port of your heart いつの日にもずっと待ってるわ あなたが帰るその時 優しく包んであげる だから 目を覚して My dear  いつだって気紛れにこうして 電話してきては 呼び出して「気の強い女」と笑うけど 何もわかってないの 本当は甘えたいのに それでも強がる私 そんな自分が嫌なの  You're sail of my life つかむよりも失くすのが怖い 臆病なこの心を どこか連れ去って欲しい ふたり素直になれたなら  Deepen sigh Don't you touch my heart?. ha- Brake my sigh Give me your moon-light kiss.  すぐに抱きしめてよ 嘘でもいい  こらえていたはずの 涙が溢れ出すと 月の波漂う夜に ほらすべてが海になる  I'm port of your heart いつの日にもずっと待ってるわ You're sail of my life くちづけたら 離さないでそう強く どこか連れ去って  I'm port of your heart 傍にいればもう怖くはない You're sail of my life 愛を載せて 時を越えて行くのなら 私 どこまでも行くわ
時の挽歌角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生声も届かないほど冷えた心の 君に何も伝えることはできない 幸せに巡り会えたの 悲しい事だね まやかしの恋人たちよ Breaking out おきざりにされた 愛を救える時まで 君の涙をかわかす 風を呼ぶ 魂よ 蘇れ僕の中に  みずからを傷つけて愛することなど 愚かとまで呼ばれるこんな時代に 何をつかめると言うの 空しい事だね さあ僕についておいで Breaking out どこまでも行くよ きっとあの銀河までもこえて 誰かに出会うまで 運命よ この愛よ 僕の行く道を照らせ  幸せのふりのままで通り過ぎないで 時は今から始まる Breaking out 生まれ変わるんだ 僕を信じてくれるなら きっと聞こえない歌も いつの日か 蘇る 真実は死にはしない  Breaking out どこまでも行くよ きっとあの銀河までもこえて 誰かに出会うまで 運命よ この愛よ 僕の行く道を照らせ
泣かないでだっくん角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生写真立ての中から あの日の君が微笑む 彼女は今でも君を大切にしてくれてるかな 君は僕らのたったひとつの優しい想い出だから 泣かないでもう ねぇ だっくん 君は一人じゃない これからは僕のかわりに いつまでも彼女を見守っておくれ  僕らが喧嘩すると 君はいつでも泣いてた そのたび僕らはいつも大切な優しさを想い出していたんだ 二人の心には まだ君がいる だから 泣かないでもう ねぇ だっくん また逢えたらいいね どんなに時が流れても 君がいた日々を忘れはしないから
君たちへ…~BONとYUKARIのBALLAD~角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生仕方がないと言いきかせても 今でも終れない愛に 何故君たちは顔をそむけたままで 生きてゆけるの もう一度思いだして君たちが 誰よりも信じあってたあのころ  過ぎ去った日をもう責めないで 二人の愛は今も生きてる このあたたかい時をありがとう また言えるその日まで  終ったことと言ってしまえば それでもいいかもしれない けれどこんなに広い世界で 二人出会ったのなら どんなにつらい事も君たちが いつかはこえてくれると信じたい  たとえ今は会えないとしても 君たちはこんなにも優しい ゆっくりでいいさ 時を信じてまた会えるその日まで  過ぎ去った日をもう責めないで 二人の愛は今も生きてる このあたたかい時をありがとう また言えるその日まで  僕がいつも見守っているから
さよならなんて絶対言わない角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生二月の海を 君は見たことがあるかい 冷たいけれど なんて美しいんだ ごらんよ 彼方へ冬が連れだって行くよ I find away my love no no no So I can't say good bye to you さよならなんて絶対言わないから My girl この愛だけに  終わらぬ悲しみ ありはしないといつでも 教えてくれる 春はもうそばにいる どんなに遠くても 愛し続けて行くから I find away my love no no no So I can't say good bye to you さよならなんて絶対言わないでよ My girl  過ぎ去る昨日を許してあげて優しく I find away my love no no no So I can't say good bye to you さよならなんて絶対言わないから My girl 忘れずにいて  no no no So I can't say good bye to you さよならなんて絶対言わないから My girl この愛だけに  no no no So I can't say good bye to you さよならなんて絶対言わないでよ My girl 忘れずにいて
モノレール角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生僕の部屋の窓からはいつものように エアボートへとむかう電車が見える 今も君はあの駅へと通う日に 何を想うのだろう 走れモノレール 二人の想い出のせて 叶わぬ時をもう一度だけ 蘇らせておくれよ すぐにも  こわれかけた愛をとりもどしたくて 仕事に行く君を追いかけたけれど ターミナルの階段昇る君の背中が告げてた さよなら 走れモノレール 今僕は見守るだけ だから彼女をせめて大切に あの駅へ送ってよ Pray for you  今日もまた 紺色の翼が 空へと消えて行く  走れモノレール 二人の想い出のせて 叶わぬ時をもう一度だけ 蘇らせておくれよ すぐにも
香港街燈角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生そびえるビルの間から 降りたつ陽炎の街 ざわめく人波の彌敦道(Nathan Road) 桟橋へと流れる熱い風 ともりだす中環(Central)の灯りをみつめながら 憧れの港まで HONGKONG LIGHTS IT'S LONELY NIGHT 想い出だけが過ぎて行く HONGKONG LIGHTS YOU LEAVE MY LOVE あの日の君が微笑んでいる HONGKONG LIGHTS  手をつなぎ歩いた銅鑼湾(Causeway Bay) 止旗山(Victoria Peak)はまだ雲にかすんだまま 香港仔(Aberdeen)の小舟は君を光る水面に映してた あの店へと HONGKONG LIGHTS IT'S LONELY NIGHT 想い出に消えて行くだけ HONGKONG LIGHTS YOU LEAVE MY LOVE 今でも君心の中に HONGKONG LIGHTS  淺水湾(Repulse Bay)の海が見てた 二人はあの映画のように 優しかった… HONGKONG LIGHTS IT'S LONELY NIGHT あなたの影が消えて行く HONGKONG LIGHTS YOU LEAVE MY LOVE 二人で歩いた道を一人… HONGKONG LIGHTS
せめて無事な夜を角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生こんな寒い夜に 君は今ごろ 何をしているの 誰かと暖かな 時の中に いることだろう 僕の想い もしも伝えられるならば せめて無事な夜をすごしてほしい あなたはまだ愛を知らない どこで何をしていてもいいけれど 自分だけは必ず大切にして  君を追いかけても 今は無駄なことと 知っているから こうして僕はただ 君がいつか 気がつく時を待とう 僕の声が もしも聞こえたならどうか せめて僕を忘れずにいてほしい 今でもまだ愛しているから 君の全てをうけとめてあげよう 明日も行き続けて大切な人  せめて無事な夜をすごしてほしい あなたに愛を教えてあげよう もしも君が深く傷ついたなら もどっておいですぐに包んであげる
君がやりたかったSCUBA DIVING角松敏生角松敏生TOSHIKI KADOMATSUTOSHIKI KADOMATSU角松敏生瑠璃色の島へ君の影を追いかけながら 記憶の中 一人旅する あの頃は君のわがままを 何ひとつ聞いてあげられなかった  一度でいいから魚と泳ぎたいと言ってた 君の気持ち 今知りたくて コバルトに光る波間へと さそわれるまま飛び込んで行く  これが君の見たかった海の中だね 君が潜ったと同じ海で 僕も今身を委ねている なんて綺麗なんだ もっと早く君と来ればよかった  七色にゆれる魚たちのカーテンを くぐれば見えてくる どこまでも青一色に深く染まる 永遠の宇宙に吸い込まれて行く  ここでは何もかもに優しくなれる 叶うならば君だけのBUDDYになって見つめてあげたい  幾すじもの光の中 ただよいながら 悲しみさえ泡と消えて行く 今 僕は何もいらない  何て綺麗なんだ もっと早く 君と来ればよかった 沈んで行く 浮かび上がる
あるがままに角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生どんな時でも人は苦しみを誰かのせいに しては いつでも言い訳を探す それが本当の愛をきっと遠ざけているから あるがままの君と あるがままの僕をこのまま そっと愛し続けていたい I'm Savin' Your Life  過ぎた日々が残した傷あとを どうか そのままにしないで たとえ別れの時にも 出会いの時と同じだけの愛を忘れないように あるがままの喜び あるがままの悲しみさえも きっと愛し続けて行ける  夜明けの潮風に 涙をあずけてみれば 永遠の“瞬間(いま)”に出会う  遠く消え行く過去は 今という未来を創った 君と僕そのもの あるがままの“瞬間(いま)”を あるがままの過去(きのう)とともに ずっと愛し続けて行こう  あるがままの君と あるがままの僕をこのまま そっと愛し続けていたい
夜をこえて角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生夜が明けて行く 空の彼方から 金星の光届いたら すぐにも 君の心へ一番大切な事を伝えよう 今こそ気付いて Run away from the lonely night 安らぎは明日にはない 夜をこえて光る 人の痛みが解かる時まで  君は自由が欲しいから そう言って この僕を捨てて行ったけど いつかは 楽しみのためだけの空しさに心をくもらせて行く それは自由じゃない Run away from the lonely night あきらめきれぬ悲しみも 愛にかえて送ろう 君をいつか気付かせてあげる  朽ち果てた愛もきっと蘇るさ 全て許せば 人は変われる Run away from the lonely night すぐにも会いに行きたい 夜をこえて光る 真実なら届け この想い
君を二度とはなさない角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生角松敏生去り行く全てに目かくしのままで 通り過ぎて行くだけの愛ならば生きて行けない 二人が残した日々を見つめあえた その時に きっとあの日のままの愛が蘇る  君を二度とはなさない 悲しみはもういらない いつの日も 変らずにそばにいて 時を分かちあいながら  誘惑の歌に迷う夜にでも 忘れることさえできぬ愛があるならばもう一度 二人が出会った意味を思い出して その時 ただ一人の人なんだとわかるさ  君を二度とはなさない もう何処へもいかないさ これからは 永遠のメロディーを 君の為に歌うから  君のきた道は今も 僕の行く道にずっと続いている さあ 手をつなぎ飛びたとう  君を二度とはなさない 今こそ信じて欲しい これからは 君の不安な夜を 僕が消してあげるから  君を二度とはなさない 悲しみはもういらない これからは 永遠のメロディーを 君の為に歌うから
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  3. 第ゼロ感
  4. Boom Boom Back
  5. KICK BACK

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. アルジャーノン
  3. Romance
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照