ドアの向こう

この曲の表示回数 9,695
歌手:

角松敏生


作詞:

角松敏生


作曲:

角松敏生


だから最後に Kiss Me Girl
何も言わずに このまま
帰るまで 微笑んでいたいから

Door Bell の向こうに 二人の時が続いていた
どんなに疲れても この部屋なら
確かな安らぎさえも つかめるものと思いこんでいたよ
君が見てた夢は いつでも僕とちがうんだ

だから今夜は Good-bye Girl
形だけの愛はいつも
時がたてば消えて行く けれどまだ

かすみ草のように あなたを飾っていたいのと
遠い日の言葉を思いだすよ
おたがいの求める言葉 手さぐりのまま探しているうちに
優しい花の季節も今はもう終わってしまった

だから最後に Kiss Me Girl
何も言わずに このまま
帰るまで 微笑なでいたいから

これからは気をつけるんだ
確かな時をみつけて欲しいから
しまるドアの向こう あなたの涙は見ないから

だから最後に Kiss Me Girl
何も言わずに このまま
帰るまで 微笑なでいたいから

そうさ今夜は Good-bye Girl
形だけの愛はいつも
時がたてば消えて行く けれどまだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ドアの向こう 歌手:角松敏生

角松敏生の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-10-21
商品番号:BVCR-1903
BMGビクター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP