花瓶

この曲の表示回数 12,470
歌手:

角松敏生


作詞:

角松敏生


作曲:

角松敏生


さよなら一言だけでいい
あなた背を向けたまま
この部屋をあとにする私
見送らないで
あてどない夢の中に
生きるあなたに
ついては行けない
煤けた花瓶に
咲いてる花さえ
想い出と枯れてゆくの
そう私はただの女になりたい
ありふれた幸せの中で

教会の鐘が聞こえたら
もう私戻れない
そう感じた時
想い出すあなたの笑顔
今となりにいる人が
誰なのかさえ
忘れてしまうわ
私が求めていたことはきっと
ここにいることじゃないの

気がついた時は
指輪をはずして
駆けだしていたの
振り向かずに

花嫁姿のまま飛び出したら
あなたにすぐ電話するわ
あの部屋の花瓶
これから毎日
私が水をあげたいの
My Love

もう離さないで
いつの日にも
変わらないで時の彼方
ささやかでも
輝くこと
それがきっと幸せなの

Yes I'm in love with you
So you belong to me
Darling I need you
So it's forever more
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花瓶 歌手:角松敏生

角松敏生の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-12-04
商品番号:BVCR-65
BMGビクター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP