霧の湯布院

この曲の表示回数 18,649
歌手:

宮史郎


作詞:

仁井谷俊也


作曲:

影山時則


阿蘇のやまなみ涙でみつめ
ひとりで来ました山の宿
日暮れ湯布院湯のかおり
対の浴衣に眼をやれば
別れの決心がまた鈍る

膝を崩して淋しく酔って
ふたりの想い出指で折る
いで湯湯布院星月夜
今は添えない男だけど
倖せだったわあの頃は

浅い眠りに寝がえりうてば
あなたが夜明けの夢にでる
旅の湯布院朝霧の海
胸の迷いが晴れたなら
も一度あなたに帰りたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:霧の湯布院 歌手:宮史郎

宮史郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-06-21
商品番号:CODA-1979
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP