斉藤由貴の歌詞一覧リスト  71曲中 1-71曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
71曲中 1-71曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
青空のかけら青空のかけら グラスへと浮かべ ひと息に飲めば 真夏がしみてくる  海沿いのアスファルト 靴を脱ぎ歩く 陽炎のタップ・ダンス 生きてるって素敵  Ah ヨットの帆に書いたGood-Bye Ah 気付く頃ね 怒るかしら 追いかけても もうIt's Too Late  Dancin' In The Sky 大丈夫 だけど哀しいステップね Singin' In The Sky でも平気 わがままな娘とあきらめて  型紙の通りの (優しさの糸と) 女の子なんて (さよならの針で) 望んでも無理よ (想い出を縫うの) はみだしてしまうわ  Ah 住所録の友達へと Ah かたっぱしに電話しても てがかりなど もうIt's Too Late  Dancin' In The Sky 何処 行くの? 長距離バスの停留所よ Singin' In The Sky 孤独より 長いハイウェイ走るのね  Ah 人一倍不幸なのは Ah 人の二倍いつの日にか 幸福が欲しいから  Dancin' In The Sky 大丈夫 光のシャワー浴びながら Singin' In The Sky 一歩ずつ 違う未来を探すのよ斉藤由貴松本隆亀井登志夫青空のかけら グラスへと浮かべ ひと息に飲めば 真夏がしみてくる  海沿いのアスファルト 靴を脱ぎ歩く 陽炎のタップ・ダンス 生きてるって素敵  Ah ヨットの帆に書いたGood-Bye Ah 気付く頃ね 怒るかしら 追いかけても もうIt's Too Late  Dancin' In The Sky 大丈夫 だけど哀しいステップね Singin' In The Sky でも平気 わがままな娘とあきらめて  型紙の通りの (優しさの糸と) 女の子なんて (さよならの針で) 望んでも無理よ (想い出を縫うの) はみだしてしまうわ  Ah 住所録の友達へと Ah かたっぱしに電話しても てがかりなど もうIt's Too Late  Dancin' In The Sky 何処 行くの? 長距離バスの停留所よ Singin' In The Sky 孤独より 長いハイウェイ走るのね  Ah 人一倍不幸なのは Ah 人の二倍いつの日にか 幸福が欲しいから  Dancin' In The Sky 大丈夫 光のシャワー浴びながら Singin' In The Sky 一歩ずつ 違う未来を探すのよ
朱い夢遥か君と望む空 きっと私 知らないところ 永く険しい時を旅してる 風の話を聞かせて  鼓動響く夜明け前 鎮まる心 鮮やかな 鐘の音が 希望の彼方へ  朱(あか)い夢に燃ゆる人 幼い命背負い 蒼い星を映し出す 愛を守り抜く瞳は 輝き続ける 何より美しく  きゅっと君とつなぐ手を どんな時も 離さないよと 勇む背中見送る切なさに 永遠誓う口づけ  悔しさうずく傷口に 涙こらえて その痛み 少しでも あずけて下さい  純白(しろ)い未来(あす)を詠う人 尊い命照らし 漆黒(くろ)い髪がたなびけば 愛を通わせたふたりの 祈りを灯して 静かに滲む月  朱(あか)い夢に燃ゆる人 眩(まばゆ)い命捧げ 黄金(きん)の大地(みち)を踏みしめる 愛を貫いた拳を 天空(おおぞら)掲げて 奇跡の日が昇る斉藤由貴齊藤恵齊藤恵澤近泰輔遥か君と望む空 きっと私 知らないところ 永く険しい時を旅してる 風の話を聞かせて  鼓動響く夜明け前 鎮まる心 鮮やかな 鐘の音が 希望の彼方へ  朱(あか)い夢に燃ゆる人 幼い命背負い 蒼い星を映し出す 愛を守り抜く瞳は 輝き続ける 何より美しく  きゅっと君とつなぐ手を どんな時も 離さないよと 勇む背中見送る切なさに 永遠誓う口づけ  悔しさうずく傷口に 涙こらえて その痛み 少しでも あずけて下さい  純白(しろ)い未来(あす)を詠う人 尊い命照らし 漆黒(くろ)い髪がたなびけば 愛を通わせたふたりの 祈りを灯して 静かに滲む月  朱(あか)い夢に燃ゆる人 眩(まばゆ)い命捧げ 黄金(きん)の大地(みち)を踏みしめる 愛を貫いた拳を 天空(おおぞら)掲げて 奇跡の日が昇る
AXIA ~かなしいことり~ごめんね 今までだまってて 本当は彼がいたことを 言いかけて言えなかったの 二度と逢えなくなりそうで…  すずしい夜明けの青い海辺で あなたは子供みたいね 私はぼんやり遠くを見てた ふたりはかなしいことりね…  ごめんね 今までだまってて 本当は彼がいたことを でもあなたと同じあの時に 私も恋に落ちたのよ…  今ではあなたを好きだけど 彼とは別れられない それでもあなたを忘れない ふたりは迷ったことりね…  打ち寄せる波から逃げて あなたの腕に抱きついたのに なぜ見つめたら目をそらすの いつものようにふざけていて…  いつまでも こうしていたいけど 帰れないけど帰るわね これから誰を愛しても ふたりは胸が痛いのね  ごめんね 今までだまってて 本当は彼がいたことを でもあなたと同じあの時に 私も恋に落ちたのよ…  優しい言葉とため息で そっと私を責めないで… 優しい言葉とため息で そっと私を捨てないで…斉藤由貴銀色夏生銀色夏生ごめんね 今までだまってて 本当は彼がいたことを 言いかけて言えなかったの 二度と逢えなくなりそうで…  すずしい夜明けの青い海辺で あなたは子供みたいね 私はぼんやり遠くを見てた ふたりはかなしいことりね…  ごめんね 今までだまってて 本当は彼がいたことを でもあなたと同じあの時に 私も恋に落ちたのよ…  今ではあなたを好きだけど 彼とは別れられない それでもあなたを忘れない ふたりは迷ったことりね…  打ち寄せる波から逃げて あなたの腕に抱きついたのに なぜ見つめたら目をそらすの いつものようにふざけていて…  いつまでも こうしていたいけど 帰れないけど帰るわね これから誰を愛しても ふたりは胸が痛いのね  ごめんね 今までだまってて 本当は彼がいたことを でもあなたと同じあの時に 私も恋に落ちたのよ…  優しい言葉とため息で そっと私を責めないで… 優しい言葉とため息で そっと私を捨てないで…
Across The UniverseWords are flowing out like endless rain Into a paper cup They slither while they pass They slip away across the universe Pools of sorrow, waves of joy Are drifting through my opened mind Possessing and caressing me  Jai guru deva, om  Nothing's gonna change my world Nothing's gonna change my world Nothing's gonna change my world Nothing's gonna change my world  Images of broken light which dance before me Like a million eyes They call me on and on across the universe Thoughts meander like a restless wind Inside a letterbox They tumble blindly as they make their way Across the universe  Jai guru deva, om  Nothing's gonna change my world Nothing's gonna change my world Nothing's gonna change my world Nothing's gonna change my world  Sounds of laughter, shades of earth Are ringing through my opened ears Inciting and inviting me Limitless, undying love Which shines around me like a million suns And calls me on and on across the universe  Jai guru deva, om  Nothing's gonna change my world Nothing's gonna change my world Nothing's gonna change my world Nothing's gonna change my world  Jai guru deva Jai guru deva Jai guru deva Jai guru deva…斉藤由貴John Lennon・Paul McCartneyJohn Lennon・Paul McCartney立川智也Words are flowing out like endless rain Into a paper cup They slither while they pass They slip away across the universe Pools of sorrow, waves of joy Are drifting through my opened mind Possessing and caressing me  Jai guru deva, om  Nothing's gonna change my world Nothing's gonna change my world Nothing's gonna change my world Nothing's gonna change my world  Images of broken light which dance before me Like a million eyes They call me on and on across the universe Thoughts meander like a restless wind Inside a letterbox They tumble blindly as they make their way Across the universe  Jai guru deva, om  Nothing's gonna change my world Nothing's gonna change my world Nothing's gonna change my world Nothing's gonna change my world  Sounds of laughter, shades of earth Are ringing through my opened ears Inciting and inviting me Limitless, undying love Which shines around me like a million suns And calls me on and on across the universe  Jai guru deva, om  Nothing's gonna change my world Nothing's gonna change my world Nothing's gonna change my world Nothing's gonna change my world  Jai guru deva Jai guru deva Jai guru deva Jai guru deva…
朝の風景目が覚めたの?おはよう よく眠っていたわ だからなんだか あまり可愛くて おこせなかったの いい天気よ ちがうわ今日は 日曜じゃないわ ホラ トーストが焼けた コーヒーには? ミルク? まだねぼけてる? そうね まぶしいわね レースのカーテン ひきましょうか あなた なんだか不思議よ 照れちゃうわ だって涙がでそう 幸せすぎるの くりかえす朝なのに、例えば今迄の恋みたいに いつか消えてしまったら…ううん考えない だって今が 全てだもの…バカね…。  キラキラした朝日の中 食事してる顔をね 見てると こんなこと思うの…笑わないでね もしもあなたが ------ そうよ、あなたが… 何をしても ------ そうよ、私によ… きっと許しちゃう 例え裏切られても ありのままを そのまま悪いトコロも いいトコロと同じくらい 受けいれたいの でも もし二人が 別れることがあるとして そしたら 想い出さないわ 多分あなたのこと…ひどいねって?いいえそうじゃないわ だって想い出す為には、一度忘れなきゃ、ね? 忘れることないんだもの 私…。  なんだか変よね やめましょう こんな悲しい想像… 今 満たされてる それで十分だわ そうでしょう? 食事がすんだら 仕事に行かなきゃ 遅れちゃダメよ 早く帰ってきてね 気をつけてね… …うん、まってるから。斉藤由貴斉藤由貴MAYUMI上杉洋史目が覚めたの?おはよう よく眠っていたわ だからなんだか あまり可愛くて おこせなかったの いい天気よ ちがうわ今日は 日曜じゃないわ ホラ トーストが焼けた コーヒーには? ミルク? まだねぼけてる? そうね まぶしいわね レースのカーテン ひきましょうか あなた なんだか不思議よ 照れちゃうわ だって涙がでそう 幸せすぎるの くりかえす朝なのに、例えば今迄の恋みたいに いつか消えてしまったら…ううん考えない だって今が 全てだもの…バカね…。  キラキラした朝日の中 食事してる顔をね 見てると こんなこと思うの…笑わないでね もしもあなたが ------ そうよ、あなたが… 何をしても ------ そうよ、私によ… きっと許しちゃう 例え裏切られても ありのままを そのまま悪いトコロも いいトコロと同じくらい 受けいれたいの でも もし二人が 別れることがあるとして そしたら 想い出さないわ 多分あなたのこと…ひどいねって?いいえそうじゃないわ だって想い出す為には、一度忘れなきゃ、ね? 忘れることないんだもの 私…。  なんだか変よね やめましょう こんな悲しい想像… 今 満たされてる それで十分だわ そうでしょう? 食事がすんだら 仕事に行かなきゃ 遅れちゃダメよ 早く帰ってきてね 気をつけてね… …うん、まってるから。
あなたと出逢ってあなたと出逢って ココロのコオリが ゆっくり とけて ゆくのがわかる  あなたと出逢って 真実(ホント)の花が ようやく咲いて くるのがわかる  誰にも言わない想いと願い 一人で そっと 祈ります  時が過ぎても 二人の胸に(過ぎても その胸に) 途切れぬ歌が あるように(Woh…歌が あるように)  何があっても あなたと私が(あっても変わらずに) 変わらず 共にあるように(Woh…共に)  今迄 私が一人でこらえた 悲しみ きいて くれたらいいな  あやまち 傷み ひとつの無駄も ないよと笑って くれたらいいな  誰かを愛した記憶の重み 一人で そっと 忘れます  出来ることなら 小さな私の(ことなら この命) 命をどうぞ 受けとめて(Woh…どうぞ 受けとめて)  そして いつかは 互いが互いの(いつかは永遠の) かけがえのない家になる(Woh…のない)  時が過ぎても 二人の胸に(過ぎても その胸に) 途切れぬ 歌が あるように(Woh…歌が あるように)  何があっても あなたと私が(あっても 変わらずに) 変わらず 共にあるように(Woh…共に)斉藤由貴斉藤由貴筒美京平あなたと出逢って ココロのコオリが ゆっくり とけて ゆくのがわかる  あなたと出逢って 真実(ホント)の花が ようやく咲いて くるのがわかる  誰にも言わない想いと願い 一人で そっと 祈ります  時が過ぎても 二人の胸に(過ぎても その胸に) 途切れぬ歌が あるように(Woh…歌が あるように)  何があっても あなたと私が(あっても変わらずに) 変わらず 共にあるように(Woh…共に)  今迄 私が一人でこらえた 悲しみ きいて くれたらいいな  あやまち 傷み ひとつの無駄も ないよと笑って くれたらいいな  誰かを愛した記憶の重み 一人で そっと 忘れます  出来ることなら 小さな私の(ことなら この命) 命をどうぞ 受けとめて(Woh…どうぞ 受けとめて)  そして いつかは 互いが互いの(いつかは永遠の) かけがえのない家になる(Woh…のない)  時が過ぎても 二人の胸に(過ぎても その胸に) 途切れぬ 歌が あるように(Woh…歌が あるように)  何があっても あなたと私が(あっても 変わらずに) 変わらず 共にあるように(Woh…共に)
いつか振り返り 手をかざす 汽車が今 深い息を吐き 微笑んで 微笑まれ 今日 町を出てゆく  さんざめく 草原の輝き 後へ後へ流れ ためらいも 高鳴りも 今はただ 私見守るだけ  走りだせ 走りだせ 決めたのは 自分自身だから 一人きり 一人きり 淋しい顔は見せずに行くよ さよなら  ありがとう 幼い日 育み愛してくれた人 ありがとう 忘れずに 光だけきっと守ってゆく  美しく 美しく 風に立て 大空に向かえ 追いかけろ 追いかけろ 生きてる限り止められないよ この夢  時には この心壊れてしまう程 傷つき果てて 泣きくれる夜が あるとしても  負けないで 負けないで 確かなもの ひとつもなくても 信じたい 信じたい 他の誰とも比べられない 自分を斉藤由貴斉藤由貴山口美央子上杉洋史振り返り 手をかざす 汽車が今 深い息を吐き 微笑んで 微笑まれ 今日 町を出てゆく  さんざめく 草原の輝き 後へ後へ流れ ためらいも 高鳴りも 今はただ 私見守るだけ  走りだせ 走りだせ 決めたのは 自分自身だから 一人きり 一人きり 淋しい顔は見せずに行くよ さよなら  ありがとう 幼い日 育み愛してくれた人 ありがとう 忘れずに 光だけきっと守ってゆく  美しく 美しく 風に立て 大空に向かえ 追いかけろ 追いかけろ 生きてる限り止められないよ この夢  時には この心壊れてしまう程 傷つき果てて 泣きくれる夜が あるとしても  負けないで 負けないで 確かなもの ひとつもなくても 信じたい 信じたい 他の誰とも比べられない 自分を
今だけの真実日暮れの海沿いの 小さな部屋に 熱いお茶 細いランプ そしてあなたそこにいた  悲しい恋だね と 誰も言うけど あなたしかないみたい 私と同じ人…  蒼い波 レースのよう よせて散る 愛してるなんて もう言わなくていい 全て 知っている 今だけの真実(ほんと)…  夜明けの海沿いの 眠れぬ部屋で 窓をあけ 潮風の中 後悔なくしたくて  確かに一人では 生きられないと 痛いほど 抱きしめたね あわい影がゆれて…  蒼い波 レースのよう よせて散る 心配よ 私よりあなたのことが そうよ 心から大切よ だから  全て 知ってる 今だけの真実(ほんと)…斉藤由貴斉藤由貴MAYUMI日暮れの海沿いの 小さな部屋に 熱いお茶 細いランプ そしてあなたそこにいた  悲しい恋だね と 誰も言うけど あなたしかないみたい 私と同じ人…  蒼い波 レースのよう よせて散る 愛してるなんて もう言わなくていい 全て 知っている 今だけの真実(ほんと)…  夜明けの海沿いの 眠れぬ部屋で 窓をあけ 潮風の中 後悔なくしたくて  確かに一人では 生きられないと 痛いほど 抱きしめたね あわい影がゆれて…  蒼い波 レースのよう よせて散る 心配よ 私よりあなたのことが そうよ 心から大切よ だから  全て 知ってる 今だけの真実(ほんと)…
意味ふりあおぐ 青い青い空に 涙が たまらなく 溢れてくる その意味教えて  何かが目覚めてく  言葉をこえて 私を今 魂が揺さぶる どうして ひとり これまで 生きてこれたのだろう  夕映えが訪れる 街並 歩いた 繰り返す 暮らしなのに ひどく愛おしい  何かを捜しだす  孤独の意味を 教えて 命の意味を教えて どうして ひとり これから 生きてゆけるだろう  時が過ぎ やがて老いて 死をむかえたあとも 変わらずに 永遠は 世界を見つめる  深く息止め 膝をつき 強く踏み出し駆け出せ 駆け抜けて行け 激しく自分を抱きしめて斉藤由貴斉藤由貴崎谷健次郎三柴理ふりあおぐ 青い青い空に 涙が たまらなく 溢れてくる その意味教えて  何かが目覚めてく  言葉をこえて 私を今 魂が揺さぶる どうして ひとり これまで 生きてこれたのだろう  夕映えが訪れる 街並 歩いた 繰り返す 暮らしなのに ひどく愛おしい  何かを捜しだす  孤独の意味を 教えて 命の意味を教えて どうして ひとり これから 生きてゆけるだろう  時が過ぎ やがて老いて 死をむかえたあとも 変わらずに 永遠は 世界を見つめる  深く息止め 膝をつき 強く踏み出し駆け出せ 駆け抜けて行け 激しく自分を抱きしめて
When I Fall In LoveWhen I fall in love It will be forever Or I'll never fall in love  In a restless world like this is Love is ended before it's begun And too many moonlight kisses Seem to cool in the warmth of the sun  When I give my heart It will be completely Or I'll never give my heart  And the moment I can feel that You feel that way too Is when I fall in love with you  And the moment I can feel that You feel that way too Is when I fall in love with you斉藤由貴Edward HeymanVictor Popular YoungWhen I fall in love It will be forever Or I'll never fall in love  In a restless world like this is Love is ended before it's begun And too many moonlight kisses Seem to cool in the warmth of the sun  When I give my heart It will be completely Or I'll never give my heart  And the moment I can feel that You feel that way too Is when I fall in love with you  And the moment I can feel that You feel that way too Is when I fall in love with you
Walkin' through your life午前6時の アスファルトから 真冬の街に 蒸気があがる 新聞の見出しは今日も 嵐を予感させる ビルの間に 朝が切り込む  Now you're walking through your life 自分の力で Now you're walking through your life 歩いて行かなきゃ  誰もが皆同じ ひとりでも背を伸ばし ただメンタルなだけじゃ ダメさそうさ進まなくちゃ  地下鉄の風 髪を揺らして コートの襟が 頬にはねれば 胸の奥にまだ 少し悲しい昨日がいても 靴音高く 車道を渡れ  Now you're walking through your life 選んだ道だけ Now you're walking through your life まっすぐ 見つめて  誰もが皆同じ 助け合えはしないよ どれだけ遠く行くか 一度きりの賭けをしてる  Now you're walking through your life Ru Ru Ru …斉藤由貴斉藤由貴亀井登志夫午前6時の アスファルトから 真冬の街に 蒸気があがる 新聞の見出しは今日も 嵐を予感させる ビルの間に 朝が切り込む  Now you're walking through your life 自分の力で Now you're walking through your life 歩いて行かなきゃ  誰もが皆同じ ひとりでも背を伸ばし ただメンタルなだけじゃ ダメさそうさ進まなくちゃ  地下鉄の風 髪を揺らして コートの襟が 頬にはねれば 胸の奥にまだ 少し悲しい昨日がいても 靴音高く 車道を渡れ  Now you're walking through your life 選んだ道だけ Now you're walking through your life まっすぐ 見つめて  誰もが皆同じ 助け合えはしないよ どれだけ遠く行くか 一度きりの賭けをしてる  Now you're walking through your life Ru Ru Ru …
海の絵葉書水色の細いクレヨン 透き通る波を描いたの その横に涙のかけら 小麦色した自画像添えて  あなただけ置き去りにして ひどい娘と思うでしょうね でも他の誰かの翳に 気付かないほど鈍くないから  海の絵葉書 別の未来へ 私は一人旅立つわ 海の絵葉書 読んだ瞳を 淋しい青で染めたい P.S. Good-bye With Love  ネックレス あなたがくれた 十字架がまだ外せない 嫌いだともしも言ったら 嘘が下手だと笑うでしょうね  海の絵葉書 長袖のシャツ 欲しくなる頃 忘れるわ 海の絵葉書 読み終わったら あなたの岸に捨ててね  海の絵葉書 別の未来へ 私は一人旅立つわ 海の絵葉書 読んだ瞳を 淋しい青で染めたい P.S. Good-bye With Love斉藤由貴松本隆筒美京平水色の細いクレヨン 透き通る波を描いたの その横に涙のかけら 小麦色した自画像添えて  あなただけ置き去りにして ひどい娘と思うでしょうね でも他の誰かの翳に 気付かないほど鈍くないから  海の絵葉書 別の未来へ 私は一人旅立つわ 海の絵葉書 読んだ瞳を 淋しい青で染めたい P.S. Good-bye With Love  ネックレス あなたがくれた 十字架がまだ外せない 嫌いだともしも言ったら 嘘が下手だと笑うでしょうね  海の絵葉書 長袖のシャツ 欲しくなる頃 忘れるわ 海の絵葉書 読み終わったら あなたの岸に捨ててね  海の絵葉書 別の未来へ 私は一人旅立つわ 海の絵葉書 読んだ瞳を 淋しい青で染めたい P.S. Good-bye With Love
永遠ふ、と目が覚めたの 静かな夜明け前 夢を見たの あなたの夢  もう二度と逢えない ふいに怖くなって 涙ひとつ 闇に溶けた  故知れず 行く先も知らず 永遠の海に漕ぎ出した二人  そっと手を伸ばして 温もり確かめた 甘い鼓動 優しい寝息  故知れず 行く先も知らず 永遠の海に漕ぎ出した二人  小指を絡めて 心に囁いた ずっと一緒 愛してるよ  ずっと一緒 愛してるよ斉藤由貴斉藤由貴武部聡志武部聡志ふ、と目が覚めたの 静かな夜明け前 夢を見たの あなたの夢  もう二度と逢えない ふいに怖くなって 涙ひとつ 闇に溶けた  故知れず 行く先も知らず 永遠の海に漕ぎ出した二人  そっと手を伸ばして 温もり確かめた 甘い鼓動 優しい寝息  故知れず 行く先も知らず 永遠の海に漕ぎ出した二人  小指を絡めて 心に囁いた ずっと一緒 愛してるよ  ずっと一緒 愛してるよ
永遠(OPENING)流れる川の彼方に 光の女神が立つ 怒れる時は鎮まり 水辺に闇がよせる  今日の糧を得て ただ明日のみ思い  命は繰り返される 遥かな祈りの中で斉藤由貴斉藤由貴山口美央子流れる川の彼方に 光の女神が立つ 怒れる時は鎮まり 水辺に闇がよせる  今日の糧を得て ただ明日のみ思い  命は繰り返される 遥かな祈りの中で
ENDING~Hello Dolly~ようこそ 今宵この 嘘だらけのShow Time お客は 君ひとりだけ 舞台なんて真暗け uh  踊りもない 歌もない ホラ まわりをよくごらん uh  ハッと気づけば ボロボロのテント小屋 また だまされたね また 笑われちゃうんだね  無駄だよ今から 何をあわてても ただなるようにしかならないよ  人生なんて ひょんなはずみだから 恋は軽やかに 夢はしたたかに 嘘は清らかに どうぞ…斉藤由貴Jerry Herman・日本語詞:斉藤由貴Jerry Hermanようこそ 今宵この 嘘だらけのShow Time お客は 君ひとりだけ 舞台なんて真暗け uh  踊りもない 歌もない ホラ まわりをよくごらん uh  ハッと気づけば ボロボロのテント小屋 また だまされたね また 笑われちゃうんだね  無駄だよ今から 何をあわてても ただなるようにしかならないよ  人生なんて ひょんなはずみだから 恋は軽やかに 夢はしたたかに 嘘は清らかに どうぞ…
お引越し・忘れもの七月七日 七夕様は デート日和です 良い天気 初夏の日に 畳の匂い くすくす笑うの 起きだすの 不思議ね 私元気なの  今日はあの人のお引越し 荷物運んでる 楽しげに  あの人と会えない? ポッカリと浮かんでる 胸の空き部屋 お日様! どうしよう 私一人が忘れものです  いつも ケンカをしてばかりいて 気付かずにいたわ この気持ち くやしいけれど あなたが好きよ 誰か伝えてよ 風にのせ カラカラまわる風見鶏  もしも 泣き顔見せたなら やめてくれるかな お引越し  あの人と会えない? まぶしくて悲しくて 青い空です お日様! どうしよう 言えないかしら 好きだったのと  今日はあの人のお引越し 荷物運んでる 楽しげに  あの人と会えない? まぶしくて悲しくて 青い空です お日様! どうしよう 私一人が忘れものです斉藤由貴斉藤由貴亀井登志夫七月七日 七夕様は デート日和です 良い天気 初夏の日に 畳の匂い くすくす笑うの 起きだすの 不思議ね 私元気なの  今日はあの人のお引越し 荷物運んでる 楽しげに  あの人と会えない? ポッカリと浮かんでる 胸の空き部屋 お日様! どうしよう 私一人が忘れものです  いつも ケンカをしてばかりいて 気付かずにいたわ この気持ち くやしいけれど あなたが好きよ 誰か伝えてよ 風にのせ カラカラまわる風見鶏  もしも 泣き顔見せたなら やめてくれるかな お引越し  あの人と会えない? まぶしくて悲しくて 青い空です お日様! どうしよう 言えないかしら 好きだったのと  今日はあの人のお引越し 荷物運んでる 楽しげに  あの人と会えない? まぶしくて悲しくて 青い空です お日様! どうしよう 私一人が忘れものです
親知らずが痛んだ日ほんの小さな誤解から 長びいていた あのケンカ 仲直りの電話の日に 痛み出したの 親知らず  「ごめんね…そうぢゃないってば …ちがうの 何故わかってくれないの? また一方的に切らないで!! やっと素直になれたのに… …ねェ もしもし!! ……もしもし!?」  あんなの 別れちゃいなって みんながあなたを悪く言うたび 引っ込みがつかなくなるなんて どうかしてたの あの頃は 失くしたあとで 気が付いたのよ そう何気ないあなたのやさしさ mm mm  ほんの小さな意地張って こわれて行った ふたりの恋 あなたのこと好きだったの 今までのなか 誰よりも たぶんずっとね 誰よりも斉藤由貴田口俊飯島真理ほんの小さな誤解から 長びいていた あのケンカ 仲直りの電話の日に 痛み出したの 親知らず  「ごめんね…そうぢゃないってば …ちがうの 何故わかってくれないの? また一方的に切らないで!! やっと素直になれたのに… …ねェ もしもし!! ……もしもし!?」  あんなの 別れちゃいなって みんながあなたを悪く言うたび 引っ込みがつかなくなるなんて どうかしてたの あの頃は 失くしたあとで 気が付いたのよ そう何気ないあなたのやさしさ mm mm  ほんの小さな意地張って こわれて行った ふたりの恋 あなたのこと好きだったの 今までのなか 誰よりも たぶんずっとね 誰よりも
ORACION -祈り-So close your eyes.てのひらさしのべ 鼓動の速さをお互いに 確かめ True love comes soon不思議なえにしを 感じためぐり逢いの神秘 今でも ふとした仕草にも ときめき止まらずに きれいな額に 前髪が はねて風に 揺れた 愛なら静かに祈るもの 心寄り添い 涙もいつかは報われる 君に教えたね  True love comes soonプリズムのような 光と景色に二人なら 出会った 疑うことのない 瞳を見つめてた 吹き抜けた風に 誘われて 君の頬に触れた 愛ならいつでも時代さえ 越えてゆくもの 急いで傷つくことはない 君に教えたね  愛なら静かに祈るもの 二人寄り添い 急いで傷つくことはない 君に教えたね 斉藤由貴来生えつこ来生たかおSo close your eyes.てのひらさしのべ 鼓動の速さをお互いに 確かめ True love comes soon不思議なえにしを 感じためぐり逢いの神秘 今でも ふとした仕草にも ときめき止まらずに きれいな額に 前髪が はねて風に 揺れた 愛なら静かに祈るもの 心寄り添い 涙もいつかは報われる 君に教えたね  True love comes soonプリズムのような 光と景色に二人なら 出会った 疑うことのない 瞳を見つめてた 吹き抜けた風に 誘われて 君の頬に触れた 愛ならいつでも時代さえ 越えてゆくもの 急いで傷つくことはない 君に教えたね  愛なら静かに祈るもの 二人寄り添い 急いで傷つくことはない 君に教えたね 
回転木馬ボンソワール いつもあなた そんな気軽さで誘ってくる 気遅れしてばかりの私 無邪気さにはかなわない ボンソワール 遊園地は まるで色とりどりの風船 まだなんにも把握してない 気持ちに割り込んでくる  白いベンチじゃ レイモン・ペイネ 心をちぎりあう 恋人たちの絵  まわれ メリーゴーラウンド まわれ メリーゴーラウンド おくれ毛が揺れる 選んだのは風のリボン 変に思われたくない まわれ メリーゴーラウンド まわれ メリーゴーラウンド 考え過ぎなの 人を好きになるのに 慣れてないなんて  ボンソワール 時計台に 鳩の群れが影をひるがえす 見上げながらかざしたその手 私の肩にかかった  どうして私 飛びのいちゃうの? 少しは不器用さ 隠せればいいじゃない  止まれ メリーゴーラウンド 止まれ メリーゴーラウンド あやふやが恐い ひとりでもう帰りたい 逃げ出せたら楽なのに 止まれ メリーゴーラウンド 止まれ メリーゴーラウンド 憧れてたのに どうしたら笑えるか 私わからない  まわれ メリーゴーラウンド まわれ メリーゴーラウンド あなたが見えない あわてて首をふったら 涙ぐんだせいだった まわれ メリーゴーラウンド まわれ メリーゴーラウンド あなたが好きです 本当はそれだけです ちょっとだけ待って斉藤由貴斉藤由貴山口美央子ボンソワール いつもあなた そんな気軽さで誘ってくる 気遅れしてばかりの私 無邪気さにはかなわない ボンソワール 遊園地は まるで色とりどりの風船 まだなんにも把握してない 気持ちに割り込んでくる  白いベンチじゃ レイモン・ペイネ 心をちぎりあう 恋人たちの絵  まわれ メリーゴーラウンド まわれ メリーゴーラウンド おくれ毛が揺れる 選んだのは風のリボン 変に思われたくない まわれ メリーゴーラウンド まわれ メリーゴーラウンド 考え過ぎなの 人を好きになるのに 慣れてないなんて  ボンソワール 時計台に 鳩の群れが影をひるがえす 見上げながらかざしたその手 私の肩にかかった  どうして私 飛びのいちゃうの? 少しは不器用さ 隠せればいいじゃない  止まれ メリーゴーラウンド 止まれ メリーゴーラウンド あやふやが恐い ひとりでもう帰りたい 逃げ出せたら楽なのに 止まれ メリーゴーラウンド 止まれ メリーゴーラウンド 憧れてたのに どうしたら笑えるか 私わからない  まわれ メリーゴーラウンド まわれ メリーゴーラウンド あなたが見えない あわてて首をふったら 涙ぐんだせいだった まわれ メリーゴーラウンド まわれ メリーゴーラウンド あなたが好きです 本当はそれだけです ちょっとだけ待って
風の向こう風が吹きぬけてく 石畳に咲く ひなぎく ヒザをついて じっと見つめてた  遠くはるか遠く 私を呼ぶ 優しい声 探しにゆこう あてもないけれど  どしゃぶりの雨 ひとりぼっちの朝 でもホラ 雲の向こう 陽ざしがのぞいてるよ  涙ふいて 前を向いて 足許チカラ込めて 歩いてゆこう きっとゆける 道は 道は 続くよ‥どこまでも  辛く悲しい時 何をすれば いいのかしら? 私 抱いて ママはこう言った  “誰かのために その笑顔のために 自分なりの 愛のキモチ 分けてあげなさい”と  私らしく ありのままで いつもココロ 開いて やってみよう きっと出来る きっと きっと 出来るよ  どしゃぶりの雨 ひとりぼっちの朝 でもホラ 雲の向こう 陽ざしがのぞいてるよ  涙ふいて 前を向いて 足許チカラ込めて 歩いてゆこう きっとゆける 道は 道は 続くよ‥どこまでも斉藤由貴斉藤由貴いしいめぐみ澤近泰輔風が吹きぬけてく 石畳に咲く ひなぎく ヒザをついて じっと見つめてた  遠くはるか遠く 私を呼ぶ 優しい声 探しにゆこう あてもないけれど  どしゃぶりの雨 ひとりぼっちの朝 でもホラ 雲の向こう 陽ざしがのぞいてるよ  涙ふいて 前を向いて 足許チカラ込めて 歩いてゆこう きっとゆける 道は 道は 続くよ‥どこまでも  辛く悲しい時 何をすれば いいのかしら? 私 抱いて ママはこう言った  “誰かのために その笑顔のために 自分なりの 愛のキモチ 分けてあげなさい”と  私らしく ありのままで いつもココロ 開いて やってみよう きっと出来る きっと きっと 出来るよ  どしゃぶりの雨 ひとりぼっちの朝 でもホラ 雲の向こう 陽ざしがのぞいてるよ  涙ふいて 前を向いて 足許チカラ込めて 歩いてゆこう きっとゆける 道は 道は 続くよ‥どこまでも
風・夢・天使風の報(しら)せ春色 夜明けの街に 夢の中でおびえる ガラスの天使  素敵な今日の終りを知らずにいたいけれど ほほにふれた風は 二度とはもうかえらない  風はとまり振り子が 時を告げてる 夢が翳(かげ)る鏡に 明日の気配  ひとりの部屋に向かうよ みんな無口なまま つかの間 眠る本当の私にもどるため  素敵な今日の終りを知らずにいたいけれど 目覚める朝は決してこわくないと信じるの斉藤由貴斉藤由貴武部聡志風の報(しら)せ春色 夜明けの街に 夢の中でおびえる ガラスの天使  素敵な今日の終りを知らずにいたいけれど ほほにふれた風は 二度とはもうかえらない  風はとまり振り子が 時を告げてる 夢が翳(かげ)る鏡に 明日の気配  ひとりの部屋に向かうよ みんな無口なまま つかの間 眠る本当の私にもどるため  素敵な今日の終りを知らずにいたいけれど 目覚める朝は決してこわくないと信じるの
家族の食卓家族の食卓に 湯気たててよりそう みんなで決めた 週末のメニュー いつもの僕の椅子 見慣れた油絵には みんながつどうよ 何もかわらずに  悲しいこと 苦しいこと くもりガラスの向こう 幸せなんてほんとは こんな夜の優しい家だね  今でも憶えてる テーブルの隅の傷 泣き顔 叱る声 優しい想い出  明日の朝 目覚めることが 楽しみならいいね 幸せなんてほんとは ありきたりさ つづくよ つづくよ斉藤由貴斉藤由貴岡本朗家族の食卓に 湯気たててよりそう みんなで決めた 週末のメニュー いつもの僕の椅子 見慣れた油絵には みんながつどうよ 何もかわらずに  悲しいこと 苦しいこと くもりガラスの向こう 幸せなんてほんとは こんな夜の優しい家だね  今でも憶えてる テーブルの隅の傷 泣き顔 叱る声 優しい想い出  明日の朝 目覚めることが 楽しみならいいね 幸せなんてほんとは ありきたりさ つづくよ つづくよ
悲しみよこんにちはGOLD LYLIC手のひらのそよ風が 光の中 き・ら・き・ら 踊り出す おろしたての笑顔で 知らない人にも「おはよう」って言えたの  あなたに 逢えなくなって 錆びた時計と 泣いたけど  平気 涙が乾いた跡には 夢への扉があるの 悩んでちゃ行けない 今度 悲しみが来ても 友達迎える様に微笑(わら)うわ …きっと 約束よ  降りそそぐ花びらが 髪に肩に ひ・ら・ひ・ら ささやくの 出逢いと同じ数の 別れがあるのね あなたのせいじゃない  想い出 あふれだしても 私の元気 負けないで  平気 ひび割れた胸の隙間に 幸せ忍び込むから 溜息はつかない 不意に 悲しみはやってくるけど 仲良くなってみせるわ …だって 約束よ  平気 涙が乾いた跡には 夢への扉があるの 悩んでちゃ行けない そうよ 優しく友達迎える様に微笑(わら)うわ …きっと 約束よ  不意に 悲しみはやってくるけど 仲良くなってみせるわ …だって 約束よGOLD LYLIC斉藤由貴森雪之丞玉置浩二手のひらのそよ風が 光の中 き・ら・き・ら 踊り出す おろしたての笑顔で 知らない人にも「おはよう」って言えたの  あなたに 逢えなくなって 錆びた時計と 泣いたけど  平気 涙が乾いた跡には 夢への扉があるの 悩んでちゃ行けない 今度 悲しみが来ても 友達迎える様に微笑(わら)うわ …きっと 約束よ  降りそそぐ花びらが 髪に肩に ひ・ら・ひ・ら ささやくの 出逢いと同じ数の 別れがあるのね あなたのせいじゃない  想い出 あふれだしても 私の元気 負けないで  平気 ひび割れた胸の隙間に 幸せ忍び込むから 溜息はつかない 不意に 悲しみはやってくるけど 仲良くなってみせるわ …だって 約束よ  平気 涙が乾いた跡には 夢への扉があるの 悩んでちゃ行けない そうよ 優しく友達迎える様に微笑(わら)うわ …きっと 約束よ  不意に 悲しみはやってくるけど 仲良くなってみせるわ …だって 約束よ
KIZUNAあなたの胸 触れるそのたび 火傷しそうな真摯な情熱 世界中を敵に回したって 目指したならどうぞ 貫いてください  男は蝶々で 女は花で 空(くう)と大地とでも 同じ明日(あす)を選べるの  時に流され 距離にはなされる絆なんて絆じゃない 思うまま生きて そして 昇った天辺(いただき)から見える景色を教えて いつか  私の胸 抱かれる時は 子どものように 泣いてもいいの だけど一歩 世界に出たら 勇気持ってどうぞ 戦ってください  喜びは風が 嘆きは雨が 報せてくれるわ いつもそばに感じてる  恋に堕ちてく 愛に溺れてく私のこの幸せより 叶えたい願い それは “あなたの追う美しいもの 壊されないで 永遠に”  東が西に 宇宙(そら)が海になる事件さえ起こり得るのが 人生としても きっと 二人描く温かい夢 泡沫じゃない 信じてる  時に流され 距離にはなされる絆なんて絆じゃない 思うまま生きて そして 昇った天辺(いただき)から見える景色を教えて いつか斉藤由貴大森祥子澤近泰輔澤近泰輔あなたの胸 触れるそのたび 火傷しそうな真摯な情熱 世界中を敵に回したって 目指したならどうぞ 貫いてください  男は蝶々で 女は花で 空(くう)と大地とでも 同じ明日(あす)を選べるの  時に流され 距離にはなされる絆なんて絆じゃない 思うまま生きて そして 昇った天辺(いただき)から見える景色を教えて いつか  私の胸 抱かれる時は 子どものように 泣いてもいいの だけど一歩 世界に出たら 勇気持ってどうぞ 戦ってください  喜びは風が 嘆きは雨が 報せてくれるわ いつもそばに感じてる  恋に堕ちてく 愛に溺れてく私のこの幸せより 叶えたい願い それは “あなたの追う美しいもの 壊されないで 永遠に”  東が西に 宇宙(そら)が海になる事件さえ起こり得るのが 人生としても きっと 二人描く温かい夢 泡沫じゃない 信じてる  時に流され 距離にはなされる絆なんて絆じゃない 思うまま生きて そして 昇った天辺(いただき)から見える景色を教えて いつか
コスモス通信白い雲に飛行船が 風に追われてく 遠い街のあの人に 元気と伝えて  格子縞の綿のシャツを 今も着てるかな? 翳りひとつ無い眼は 昔のままかな?  もしもまだ 私の写真飾ってたら その横に コスモス添えて来てね  もうじき冬が 雪のペンキですべて消してく でも私の心まで消せない  背は同じ位だけど 今はノッポかも 二人乗せた自転車も 小さくなったわ  地平線に続く線路 そっと立ち止まり 汽車の汽笛聞くたび 胸が熱くなる  リンゴの木の下に 埋めたブリキの箱 ビーズでこしらえた 指輪ふたつ  もうじき冬が 雪のペンキですべて消してく でも私の心まで消せない  でもね 彼がきれいな娘と 腕を組んでたら 遠い街にいないと そっと嘘ついて 雲の飛行船  La La La La……斉藤由貴松本隆来生たかお白い雲に飛行船が 風に追われてく 遠い街のあの人に 元気と伝えて  格子縞の綿のシャツを 今も着てるかな? 翳りひとつ無い眼は 昔のままかな?  もしもまだ 私の写真飾ってたら その横に コスモス添えて来てね  もうじき冬が 雪のペンキですべて消してく でも私の心まで消せない  背は同じ位だけど 今はノッポかも 二人乗せた自転車も 小さくなったわ  地平線に続く線路 そっと立ち止まり 汽車の汽笛聞くたび 胸が熱くなる  リンゴの木の下に 埋めたブリキの箱 ビーズでこしらえた 指輪ふたつ  もうじき冬が 雪のペンキですべて消してく でも私の心まで消せない  でもね 彼がきれいな娘と 腕を組んでたら 遠い街にいないと そっと嘘ついて 雲の飛行船  La La La La……
このまま常夜灯に照らされて いつまでも歩いていた 昔の去った時の中 白い息吐きながら 雪のあかりが夜空に 銀色の屋根をつくった 誰もいない車道を もくもくとただ二人きり  “世界が終ろうとしてる なのに 僕らは 別々の家に帰る”  もう 何もかも 私達いらないのだから もう 何もかも いいことにしようよ  二人でいることが こんなに幸福で孤独なら もう 何もかも 私達を奪えない  雪が止み 何故かしら怖くなり しがみついた 寄り添ってこのまま 死んでしまえたらよかった 捨てられた子犬になり うつむいてじゃれあった 惨めな程それだけで 嬉しくて心震えた  “世界が終ろうとしてる なのに 僕らは 別々の家に帰る”  もう 何もかも 私達あきらめたのだから もう 何もかも 許し合おうよ だってお互いなしじゃ やって行けないよ もう 何もかも 捨ててしまおう  もう 何もかも 何もかも 何もかも 何もかも 何もかも 何もかも斉藤由貴斉藤由貴崎谷健次郎上杉洋史常夜灯に照らされて いつまでも歩いていた 昔の去った時の中 白い息吐きながら 雪のあかりが夜空に 銀色の屋根をつくった 誰もいない車道を もくもくとただ二人きり  “世界が終ろうとしてる なのに 僕らは 別々の家に帰る”  もう 何もかも 私達いらないのだから もう 何もかも いいことにしようよ  二人でいることが こんなに幸福で孤独なら もう 何もかも 私達を奪えない  雪が止み 何故かしら怖くなり しがみついた 寄り添ってこのまま 死んでしまえたらよかった 捨てられた子犬になり うつむいてじゃれあった 惨めな程それだけで 嬉しくて心震えた  “世界が終ろうとしてる なのに 僕らは 別々の家に帰る”  もう 何もかも 私達あきらめたのだから もう 何もかも 許し合おうよ だってお互いなしじゃ やって行けないよ もう 何もかも 捨ててしまおう  もう 何もかも 何もかも 何もかも 何もかも 何もかも 何もかも
Side Seatカーブ切る肩にもたれ 拡がってく 港を見てた 高台へ走らせた おととしの冬休み  あー おもいでは まだ何も なかったわね 窓の外 あなたが教える 景色より ひとさし指だけ 私は見ていた となりのシートで  臆病な私のこと 少しずつね 変えてくあなた 逢えない日 浮かぶのは おだやかな その笑顔  あー ミラーの中 横切る 紅い糸 不器用に夢を話しだす 横顔を 輝く瞳を 私は見ている となりのシートで  幾千の星のような夢 そんな愛 かたちにしたくて 座っているのよ となりのシートに斉藤由貴佐藤純子田口俊カーブ切る肩にもたれ 拡がってく 港を見てた 高台へ走らせた おととしの冬休み  あー おもいでは まだ何も なかったわね 窓の外 あなたが教える 景色より ひとさし指だけ 私は見ていた となりのシートで  臆病な私のこと 少しずつね 変えてくあなた 逢えない日 浮かぶのは おだやかな その笑顔  あー ミラーの中 横切る 紅い糸 不器用に夢を話しだす 横顔を 輝く瞳を 私は見ている となりのシートで  幾千の星のような夢 そんな愛 かたちにしたくて 座っているのよ となりのシートに
「さよなら」光の中で生まれたら きっとこんなふうだろうねと 私より一瞬先に 同じこと 言った  あなたの心の扉が 陽に透けて見えた その奥に あふれる愛の優しさは 泣きたくなる程  笑ったり 手をつないだり 口づけ 交わしたり  「さよなら」 そんな言葉この世に 決してないと思う 「さよなら」 今 言われてもきっと ずっと好きでいられる  いつの間にあわせてくれた 私のはやさね あるきかた 恋人という二文字を そっとかみしめた  見つめたり 瞳ふせたり 未来を夢みたり  自由な子供の頃の私 虹をかけあがる 二人で見上げながら感じた 足許のあたたかさ  笑ったり 手をつないだり 口づけ 交わしたり  「さよなら」 そんな言葉この世に 決してないと思う 「さよなら」 今 言われてもきっと ずっと好きでいられる斉藤由貴斉藤由貴原由子光の中で生まれたら きっとこんなふうだろうねと 私より一瞬先に 同じこと 言った  あなたの心の扉が 陽に透けて見えた その奥に あふれる愛の優しさは 泣きたくなる程  笑ったり 手をつないだり 口づけ 交わしたり  「さよなら」 そんな言葉この世に 決してないと思う 「さよなら」 今 言われてもきっと ずっと好きでいられる  いつの間にあわせてくれた 私のはやさね あるきかた 恋人という二文字を そっとかみしめた  見つめたり 瞳ふせたり 未来を夢みたり  自由な子供の頃の私 虹をかけあがる 二人で見上げながら感じた 足許のあたたかさ  笑ったり 手をつないだり 口づけ 交わしたり  「さよなら」 そんな言葉この世に 決してないと思う 「さよなら」 今 言われてもきっと ずっと好きでいられる
3年目きれいねと言った 春だねと言った 一面の花 風に笑ってる  さしだす一束 大きな手の中 目をあげた向こう 風がきらめいた  2年前 何も知らない少女の私 だからただ 真白に微笑んだ 2年前 出逢いは何げなく 二人をつつみこんで 広い時の海へ すべるようにこぎだした  寒いかと言った 寒いわと言った つよい雨の日 抱きしめられた  1年前 かけだす心を とめるものはなく 息もつけない程に 夢中だった 1年前 それだけでみたされ あたりまえのように この人だけを 見つめ続けると 決めていた  そして今 あなたの背中を見送りながら めぐるのは何故か こんな場面ばかり 悲しいとかつらいとかじゃなく 人は皆誰も 変わってゆくと ちゃんとうけとめる 3年目…斉藤由貴斉藤由貴岡本朗きれいねと言った 春だねと言った 一面の花 風に笑ってる  さしだす一束 大きな手の中 目をあげた向こう 風がきらめいた  2年前 何も知らない少女の私 だからただ 真白に微笑んだ 2年前 出逢いは何げなく 二人をつつみこんで 広い時の海へ すべるようにこぎだした  寒いかと言った 寒いわと言った つよい雨の日 抱きしめられた  1年前 かけだす心を とめるものはなく 息もつけない程に 夢中だった 1年前 それだけでみたされ あたりまえのように この人だけを 見つめ続けると 決めていた  そして今 あなたの背中を見送りながら めぐるのは何故か こんな場面ばかり 悲しいとかつらいとかじゃなく 人は皆誰も 変わってゆくと ちゃんとうけとめる 3年目…
少女が春の縁側で今日は とても眠い たたみの上で お日様とゴロリ 隣りのお姉さんは ピアノの稽古 終えて  窓に腰掛け 空を見上げ シャボン玉と ため息咲かす Fu…  あさがお あじさい たんぽぽ ひまわり なんだか 好きな人でもいるのかしら  庭のつぼみたちが ぽかり ぽかりと開きだす 豆腐屋のおじいさんは 呼子で夏を呼んでる  いつか髪も 背も伸びたら きっと私も 恋をするの いつか きっと斉藤由貴斉藤由貴板倉文今日は とても眠い たたみの上で お日様とゴロリ 隣りのお姉さんは ピアノの稽古 終えて  窓に腰掛け 空を見上げ シャボン玉と ため息咲かす Fu…  あさがお あじさい たんぽぽ ひまわり なんだか 好きな人でもいるのかしら  庭のつぼみたちが ぽかり ぽかりと開きだす 豆腐屋のおじいさんは 呼子で夏を呼んでる  いつか髪も 背も伸びたら きっと私も 恋をするの いつか きっと
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
白い炎迷子の恋を 抱きしめて さまよい歩く 墨絵の街 あなたと彼女 バスを待つ その瞬間(とき) 街は色彩(いろ)を失くした  最後の5(ファイブ)が 押せなかったテレフォン 燃える胸は 熱い痛みです  私 悲しい女の子ですか 頬で涙が 雪になります 自分勝手な 女の子ですか あなたが好きです  二人を乗せた バスが行く あなたの部屋と逆の方へ 初めて恋を 声にした その瞬間(とき) 疾風(かぜ)が夢をちぎった  ためらいばかりを 閉じこめたダイアリー にじむ涙 白い炎です  私 愚かな女の子ですか ひとり芝居で夜を旅した いつも無口な女の子ですか あなたが好きです  私 悲しい女の子ですか 頬で涙が 雪になります 自分勝手な 女の子ですか あなたが好きです斉藤由貴森雪之丞玉置浩二迷子の恋を 抱きしめて さまよい歩く 墨絵の街 あなたと彼女 バスを待つ その瞬間(とき) 街は色彩(いろ)を失くした  最後の5(ファイブ)が 押せなかったテレフォン 燃える胸は 熱い痛みです  私 悲しい女の子ですか 頬で涙が 雪になります 自分勝手な 女の子ですか あなたが好きです  二人を乗せた バスが行く あなたの部屋と逆の方へ 初めて恋を 声にした その瞬間(とき) 疾風(かぜ)が夢をちぎった  ためらいばかりを 閉じこめたダイアリー にじむ涙 白い炎です  私 愚かな女の子ですか ひとり芝居で夜を旅した いつも無口な女の子ですか あなたが好きです  私 悲しい女の子ですか 頬で涙が 雪になります 自分勝手な 女の子ですか あなたが好きです
12月のカレンダー西日が揺れる 12月のカレンダー 掃除機休め ぼんやりと数字をみてる 白いマス目に 想い出を塗り込んで めくっていった あなたとのまぶしい日々  秋風の駐車場 さよならを確かめた 過ぎ去ったあの日には もう戻れないのに 今も壁からはずせない カレンダー このまま年が明けそうな 溜息ひとつ  かなうなら 8月の桟橋に帰りたい ふと愛に射した影 そっと拭い去るわ 今も壁からはずせない カレンダー このまま年が明けそうな 溜息ひとつ  一日ずつは あんなにも長いのに 残せたものは あなたとの想い出だけね 心を映す 12月のカレンダー 忘れたいのに懐かしい あなたの笑顔斉藤由貴森雪之丞岡本朗西日が揺れる 12月のカレンダー 掃除機休め ぼんやりと数字をみてる 白いマス目に 想い出を塗り込んで めくっていった あなたとのまぶしい日々  秋風の駐車場 さよならを確かめた 過ぎ去ったあの日には もう戻れないのに 今も壁からはずせない カレンダー このまま年が明けそうな 溜息ひとつ  かなうなら 8月の桟橋に帰りたい ふと愛に射した影 そっと拭い去るわ 今も壁からはずせない カレンダー このまま年が明けそうな 溜息ひとつ  一日ずつは あんなにも長いのに 残せたものは あなたとの想い出だけね 心を映す 12月のカレンダー 忘れたいのに懐かしい あなたの笑顔
Julia頬づえをつくと サイドミラーに のぞく私 夢見てる なだらかな坂 ゆるいカーブ タメ息がでちゃう さり気ない顔 何気ないふり カーオーディオ 指さし方も  「ボサノバは好き?」「嫌いじゃないわね」 だけど この歌手 好きじゃないのホントは…  誰にも縛られずJulia 自分勝手気ままに生きた人 そんなに世の中はJulia うまく行くもんじゃないわね  山頂につくと 二人車を降りて ひとつ深呼吸 音が消えたら なんだか微妙なニュアンス 嫌だわ 言いたげな顔 気付かないふり 遥か残る 雪を見ていた  「いい天気だね?」「そうね 今日はとても」 だけど 無意味ね その気なんかないのに  心ここにあらずJulia 白い帽子が飛ばされて行く そんなに世の中はJulia うまく行くもんじゃないわね  繰り返し歌うのJulia 晴れた日に行き詰まってゆく そんなに世の中はJulia うまく行くもんじゃないわね斉藤由貴斉藤由貴岡本朗頬づえをつくと サイドミラーに のぞく私 夢見てる なだらかな坂 ゆるいカーブ タメ息がでちゃう さり気ない顔 何気ないふり カーオーディオ 指さし方も  「ボサノバは好き?」「嫌いじゃないわね」 だけど この歌手 好きじゃないのホントは…  誰にも縛られずJulia 自分勝手気ままに生きた人 そんなに世の中はJulia うまく行くもんじゃないわね  山頂につくと 二人車を降りて ひとつ深呼吸 音が消えたら なんだか微妙なニュアンス 嫌だわ 言いたげな顔 気付かないふり 遥か残る 雪を見ていた  「いい天気だね?」「そうね 今日はとても」 だけど 無意味ね その気なんかないのに  心ここにあらずJulia 白い帽子が飛ばされて行く そんなに世の中はJulia うまく行くもんじゃないわね  繰り返し歌うのJulia 晴れた日に行き詰まってゆく そんなに世の中はJulia うまく行くもんじゃないわね
情熱屋根に哀しみ乗せた列車の デッキに立ってあなたVサイン 時計の影の下で泣き笑いする 私を元気づけるように  決して好きになってはいけない 自分に嘘をついて生きてたの 別れの切符 胸に押し付けた手を 冷たいねってあたためたでしょう  さよならねって言い出したのは 私の方が先だったのに 動き出す汽車 最後の握手 まだほどけない 離せない  情熱 情熱 愛が燃えてる  ホームの端に二人倒れて 遠いレールの響き聞いていた 優しい腕で強く抱いてくれたら 子供のように 泣きじゃくるわ  もしもあなたを嫌いになれたら 今の不幸はきっとかわせるわ だけど心は雪に閉ざされたまま たぶん一生悔やむでしょうね  さよならねって言い出したのは 私の方が先だったのに 燃える瞳で見詰められたら 嘘がつけない あなたが好き  情熱 情熱 愛が燃えてる 情熱 情熱 愛が燃えてる斉藤由貴松本隆筒美京平屋根に哀しみ乗せた列車の デッキに立ってあなたVサイン 時計の影の下で泣き笑いする 私を元気づけるように  決して好きになってはいけない 自分に嘘をついて生きてたの 別れの切符 胸に押し付けた手を 冷たいねってあたためたでしょう  さよならねって言い出したのは 私の方が先だったのに 動き出す汽車 最後の握手 まだほどけない 離せない  情熱 情熱 愛が燃えてる  ホームの端に二人倒れて 遠いレールの響き聞いていた 優しい腕で強く抱いてくれたら 子供のように 泣きじゃくるわ  もしもあなたを嫌いになれたら 今の不幸はきっとかわせるわ だけど心は雪に閉ざされたまま たぶん一生悔やむでしょうね  さよならねって言い出したのは 私の方が先だったのに 燃える瞳で見詰められたら 嘘がつけない あなたが好き  情熱 情熱 愛が燃えてる 情熱 情熱 愛が燃えてる
StardustAnd now the purple dusk of twilight time Steals across the meadows of my heart High up in the sky the little stars climb Always reminding me that we're apart  You wander down the lane and far away Leaving me a song that will not die Love is now the stardust of yesterday The music of the years gone by  Sometimes I wonder why I spend The lonely nights dreaming of a song The melody haunts my reverie And I am once again with you When our love was new And each kiss an inspiration But that was long ago Now my consolation Is in the stardust ofa song  Beside a garden wall When stars are bright You are in my arms The nightingale tells his fairy tale A paradise where roses bloom Though I dream in vain In my heart it will remain My stardust melody The memory of love's refrain  Beside a garden wall When stars are bright You are in my arms The nightingale tells his fairy tale A paradise where roses bloom Though I dream in vain In my heart it will remain My stardust melody The memory of love's refrain斉藤由貴Mitchell ParishHoagy Carmichael竹中俊二And now the purple dusk of twilight time Steals across the meadows of my heart High up in the sky the little stars climb Always reminding me that we're apart  You wander down the lane and far away Leaving me a song that will not die Love is now the stardust of yesterday The music of the years gone by  Sometimes I wonder why I spend The lonely nights dreaming of a song The melody haunts my reverie And I am once again with you When our love was new And each kiss an inspiration But that was long ago Now my consolation Is in the stardust ofa song  Beside a garden wall When stars are bright You are in my arms The nightingale tells his fairy tale A paradise where roses bloom Though I dream in vain In my heart it will remain My stardust melody The memory of love's refrain  Beside a garden wall When stars are bright You are in my arms The nightingale tells his fairy tale A paradise where roses bloom Though I dream in vain In my heart it will remain My stardust melody The memory of love's refrain
砂の城唇より睫毛のキスが 好きだったけど 後のてれた瞳が一番 素敵だった  別れの時憎んだけれど 今はわかるの 優しさの陰であなたも 悩んでいたと  愛はまるで砂の城ね 出来た瞬間(とたん) 波がさらう 少し悲しいけど 想い出という名の 光る砂が残るわ  こぼれ落ちた涙は何も 恥ずかしくない あなたひたむきに愛した 誇りだから  嘘をついて大人になるより 夢見る迷い子で 旅を続けていたいの  愛はまるで砂の城ね 潮が満ちれば 壊れてく でも夢中で建てた 二人の指先に 光る砂が残るわ  愛はまるで砂の城ね 出来た瞬間(とたん) 波がさらう 少し悲しいけど 想い出という名の 光る砂が残るわ 光る砂が残るわ斉藤由貴森雪之丞岡本朗唇より睫毛のキスが 好きだったけど 後のてれた瞳が一番 素敵だった  別れの時憎んだけれど 今はわかるの 優しさの陰であなたも 悩んでいたと  愛はまるで砂の城ね 出来た瞬間(とたん) 波がさらう 少し悲しいけど 想い出という名の 光る砂が残るわ  こぼれ落ちた涙は何も 恥ずかしくない あなたひたむきに愛した 誇りだから  嘘をついて大人になるより 夢見る迷い子で 旅を続けていたいの  愛はまるで砂の城ね 潮が満ちれば 壊れてく でも夢中で建てた 二人の指先に 光る砂が残るわ  愛はまるで砂の城ね 出来た瞬間(とたん) 波がさらう 少し悲しいけど 想い出という名の 光る砂が残るわ 光る砂が残るわ
スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャススーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス どんな時にも忘れないでどうぞ 望みを叶えてくださる言葉 スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス  アンディリディディリアンディリラーイ...  世界のすみずみへ行きました どこの国でもこの言葉を 話せばみんなほめたたえる あなたの言葉はすばらしいぞ オー!  スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス どんな時にも忘れないでどうぞ 望みを叶えてくださる言葉 スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス  アンディリディリディリアンディリラーイ...  いたずらの僕をいつもパパが おしおきにほっぺをつねりました ある日覚えたこの言葉を 歌えば不思議よ 痛くないぞ オー!  スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス どんな時にも忘れないでどうぞ 望みを叶えてくださる言葉 スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス  アンディリディリディリアンディリラーイ...  世界のすみずみへ行きました どこの国でもこの言葉を話せばみんなほめたたえる スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス どんな時にも忘れないでどうぞ 望みを叶えてくださる言葉 スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス斉藤由貴Richard M・Sherman・Robert B・ShermanRichard M・Sherman・Robert B・Shermanスーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス どんな時にも忘れないでどうぞ 望みを叶えてくださる言葉 スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス  アンディリディディリアンディリラーイ...  世界のすみずみへ行きました どこの国でもこの言葉を 話せばみんなほめたたえる あなたの言葉はすばらしいぞ オー!  スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス どんな時にも忘れないでどうぞ 望みを叶えてくださる言葉 スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス  アンディリディリディリアンディリラーイ...  いたずらの僕をいつもパパが おしおきにほっぺをつねりました ある日覚えたこの言葉を 歌えば不思議よ 痛くないぞ オー!  スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス どんな時にも忘れないでどうぞ 望みを叶えてくださる言葉 スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス  アンディリディリディリアンディリラーイ...  世界のすみずみへ行きました どこの国でもこの言葉を話せばみんなほめたたえる スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス どんな時にも忘れないでどうぞ 望みを叶えてくださる言葉 スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス
卒業PLATINA LYLIC制服の胸のボタンを 下級生たちにねだられ 頭かきながら 逃げるのね ほんとうは嬉しいくせして  人気ない午後の教室で 机にイニシャル 彫るあなた やめて 想い出を刻むのは 心だけにしてとつぶやいた  離れても電話するよと 小指差し出して 言うけど 守れそうにない約束は しない方がいい ごめんね  セーラーの薄いスカーフで 止まった時間を結びたい だけど東京で変わってく あなたの未来は縛れない  ああ 卒業式で泣かないと 冷たい人と言われそう でも もっと哀しい瞬間に 涙はとっておきたいの  席順が変わりあなたの 隣の娘にさえ妬いたわ いたずらに髪をひっぱられ 怒ってる裏で はしゃいだ  駅までの遠い道のりを はじめて黙って歩いたね 反対のホームに 立つ二人 時の電車がいま引き裂いた  ああ 卒業しても友だちね それは嘘では無いけれど でも 過ぎる季節に流されて 逢えないことも知っている  ああ 卒業式で泣かないと 冷たい人と言われそう でも もっと哀しい瞬間に 涙はとっておきたいのPLATINA LYLIC斉藤由貴松本隆筒美京平制服の胸のボタンを 下級生たちにねだられ 頭かきながら 逃げるのね ほんとうは嬉しいくせして  人気ない午後の教室で 机にイニシャル 彫るあなた やめて 想い出を刻むのは 心だけにしてとつぶやいた  離れても電話するよと 小指差し出して 言うけど 守れそうにない約束は しない方がいい ごめんね  セーラーの薄いスカーフで 止まった時間を結びたい だけど東京で変わってく あなたの未来は縛れない  ああ 卒業式で泣かないと 冷たい人と言われそう でも もっと哀しい瞬間に 涙はとっておきたいの  席順が変わりあなたの 隣の娘にさえ妬いたわ いたずらに髪をひっぱられ 怒ってる裏で はしゃいだ  駅までの遠い道のりを はじめて黙って歩いたね 反対のホームに 立つ二人 時の電車がいま引き裂いた  ああ 卒業しても友だちね それは嘘では無いけれど でも 過ぎる季節に流されて 逢えないことも知っている  ああ 卒業式で泣かないと 冷たい人と言われそう でも もっと哀しい瞬間に 涙はとっておきたいの
体育館は踊る朝露を踏んで 靴音ひびく 晴れた空 今日は学園祭 クラスでそろえた 青いTシャツ 我がクラスはクレープ屋 私ウエイトレス  せまい廊下にさざめきゆきかう 先生も今日だけ 目をつぶるの  思わずみとれた 彼の手つき 下手な授業よりも キラキラしてるね とくに親しくも ありはしないけど 自慢したい変ね うかれてるわ  陽が暮れればはじまる フォークダンス なめらかにマニキュア ほんのりピンク  この緊張の一瞬よ あと一人で私とよ ステップ軽く  だけど彼 突然列をぬけて 交代の時間さ さあクレープ焼こう  魔法はさめる 力はぬけてく ひっぱられて踊る もうだめだわ  あざやかに回って 円を描く ぬくもりをさがして もう夢の中斉藤由貴斉藤由貴崎谷健次郎朝露を踏んで 靴音ひびく 晴れた空 今日は学園祭 クラスでそろえた 青いTシャツ 我がクラスはクレープ屋 私ウエイトレス  せまい廊下にさざめきゆきかう 先生も今日だけ 目をつぶるの  思わずみとれた 彼の手つき 下手な授業よりも キラキラしてるね とくに親しくも ありはしないけど 自慢したい変ね うかれてるわ  陽が暮れればはじまる フォークダンス なめらかにマニキュア ほんのりピンク  この緊張の一瞬よ あと一人で私とよ ステップ軽く  だけど彼 突然列をぬけて 交代の時間さ さあクレープ焼こう  魔法はさめる 力はぬけてく ひっぱられて踊る もうだめだわ  あざやかに回って 円を描く ぬくもりをさがして もう夢の中
大正イカレポンチ娘今ね あたしね カフェで働いてるの 最近 駅のそばにできたホールよ そりゃたいした おカネにはなりゃしないけど 結構 楽しく暮しているの  イカレポンチな 生活だけど 楽しければ 貧しさも笑いとばせる  田舎じゃ よくも言ってくれたわ 不美人 おかめ おへちゃ でも変わったわ ホラ 流行のパーマネント 美顔 白粉 夜になれば ジルバにルムバ  真面目な 恋もしてるの イナセな ちょいといいオトコ 尻軽娘だなんて 優しさに敏感で どこが悪いの!  今じゃこれでも 少しは顔がきくの 田舎になんて 当分帰らぬつもり そりゃたまには イヤなお客もいるもんだけど ちょいと微笑えば こっちのもんよ  イカレポンチな 生活だけど 楽しければ 貧しさも笑いとばせる  あたしね カフェで働いてるの 最近 駅のそばにできたホールよ そりゃたいした おカネにはなりゃしないけど 結構 楽しく暮しているの  ブギウギ… ブギウギ… ブギウギ…斉藤由貴斉藤由貴崎谷健次郎今ね あたしね カフェで働いてるの 最近 駅のそばにできたホールよ そりゃたいした おカネにはなりゃしないけど 結構 楽しく暮しているの  イカレポンチな 生活だけど 楽しければ 貧しさも笑いとばせる  田舎じゃ よくも言ってくれたわ 不美人 おかめ おへちゃ でも変わったわ ホラ 流行のパーマネント 美顔 白粉 夜になれば ジルバにルムバ  真面目な 恋もしてるの イナセな ちょいといいオトコ 尻軽娘だなんて 優しさに敏感で どこが悪いの!  今じゃこれでも 少しは顔がきくの 田舎になんて 当分帰らぬつもり そりゃたまには イヤなお客もいるもんだけど ちょいと微笑えば こっちのもんよ  イカレポンチな 生活だけど 楽しければ 貧しさも笑いとばせる  あたしね カフェで働いてるの 最近 駅のそばにできたホールよ そりゃたいした おカネにはなりゃしないけど 結構 楽しく暮しているの  ブギウギ… ブギウギ… ブギウギ…
誰のせいでもないあなたは 何んにもわかっていない 列車過ぎて 今 遮断機あがる 激しい雨降る 踏み切りはさみ もう そこには 気配すらも消えてた  何もかも話すのが いいとは限らない 憎むのは耐えられない 言葉では言えない理由が あるのも二人知ってた 誰のせいでもないね 涙がこぼれて 唇震えた後で さようならと さようならと 言わせて  踏み切りはさんで 見つめあったね 目が悪くて あなたの顔ぼやける どうして私は 笑っているの? これきりもう 逢わないこと知ってて  いつの日か お互いにわかりあう日が来る 皆 歴史繰り返すと 誰もそう教えるけれど 二人には二人だけよ 今はわかりたくない 静かな 終りの時間に 抱きしめられる ごめんなさい 愛してます 今でも  何もかも話すのが いいとは限らない 憎むのは耐えられない 言葉では言えない理由が あるのも二人知ってた 誰のせいでもないね 身体が凍えて 全てが遠のいたなら さようならと さようならと 言わせて斉藤由貴斉藤由貴柿原朱美上杉洋史あなたは 何んにもわかっていない 列車過ぎて 今 遮断機あがる 激しい雨降る 踏み切りはさみ もう そこには 気配すらも消えてた  何もかも話すのが いいとは限らない 憎むのは耐えられない 言葉では言えない理由が あるのも二人知ってた 誰のせいでもないね 涙がこぼれて 唇震えた後で さようならと さようならと 言わせて  踏み切りはさんで 見つめあったね 目が悪くて あなたの顔ぼやける どうして私は 笑っているの? これきりもう 逢わないこと知ってて  いつの日か お互いにわかりあう日が来る 皆 歴史繰り返すと 誰もそう教えるけれど 二人には二人だけよ 今はわかりたくない 静かな 終りの時間に 抱きしめられる ごめんなさい 愛してます 今でも  何もかも話すのが いいとは限らない 憎むのは耐えられない 言葉では言えない理由が あるのも二人知ってた 誰のせいでもないね 身体が凍えて 全てが遠のいたなら さようならと さようならと 言わせて
Cheek To CheekHeaven, I'm in heaven And my heart beats so that I can hardly speak And I seem to find the happiness I seek When we're out together Dancing cheek to cheek  Heaven, I'm in heaven And the cares that hung around me Through the week Seem to vanish like a gambler’s lucky streak When we're out together Dancing cheek to cheek  Oh, I love to climb a mountain And to reach the highest peak But it doesn’t thrill me half as much as Dancing cheek to cheek Oh, I love to go out fishing In a river or a creek But I don’t enjoy it half as much as Dancing cheek to cheek  Dance with me I want my arms about you That charm about you Will carry me through  To Heaven, I'm in heaven And my heart beats so that I can hardly speak And I seem to find the happiness I seek When we're out together Dancing cheek to cheek  Oh, I love to climb a mountain And to reach the highest peak But it doesn’t thrill me half as much as Dancing cheek to cheek Oh, I love to go out fishing In a river or a creek But I don’t enjoy it half as much as Dancing cheek to cheek  Dance with me I want my arms about you That charm about you Will carry me through  To Heaven, I'm in heaven And my heart beats so that I can hardly speak And I seem to find the happiness I seek When we're out together Dancing cheek to cheek  When we're out together Dancing cheek to cheek斉藤由貴Irving BerlinIrving Berlin大山泰輝Heaven, I'm in heaven And my heart beats so that I can hardly speak And I seem to find the happiness I seek When we're out together Dancing cheek to cheek  Heaven, I'm in heaven And the cares that hung around me Through the week Seem to vanish like a gambler’s lucky streak When we're out together Dancing cheek to cheek  Oh, I love to climb a mountain And to reach the highest peak But it doesn’t thrill me half as much as Dancing cheek to cheek Oh, I love to go out fishing In a river or a creek But I don’t enjoy it half as much as Dancing cheek to cheek  Dance with me I want my arms about you That charm about you Will carry me through  To Heaven, I'm in heaven And my heart beats so that I can hardly speak And I seem to find the happiness I seek When we're out together Dancing cheek to cheek  Oh, I love to climb a mountain And to reach the highest peak But it doesn’t thrill me half as much as Dancing cheek to cheek Oh, I love to go out fishing In a river or a creek But I don’t enjoy it half as much as Dancing cheek to cheek  Dance with me I want my arms about you That charm about you Will carry me through  To Heaven, I'm in heaven And my heart beats so that I can hardly speak And I seem to find the happiness I seek When we're out together Dancing cheek to cheek  When we're out together Dancing cheek to cheek
月野原あなたを探して 風をつむぎ 夜をさまよう いつか逢える そう信じてる  ねえ 足どりも軽く さあ 進みましょう ベルベットの闇の中 果てしない道のり  月野原に 咲いた花は 紅いオルゴール 眠りの彼方 響きわたれよ  ガラスの鼓動 まだ見ぬ人 あなたにあげる 胸ふるわせ そう決めている  ひとりあるく夜は 青い万華鏡 あらわれては消えて行く 幻想の恋人  月野原に 溶ける思い うたたかの時 あなただけが 私の命  月野原に 溶ける思い うたたかの時 あなただけが 私の命  風ふく夜に 月野原で斉藤由貴斉藤由貴崎谷健次郎あなたを探して 風をつむぎ 夜をさまよう いつか逢える そう信じてる  ねえ 足どりも軽く さあ 進みましょう ベルベットの闇の中 果てしない道のり  月野原に 咲いた花は 紅いオルゴール 眠りの彼方 響きわたれよ  ガラスの鼓動 まだ見ぬ人 あなたにあげる 胸ふるわせ そう決めている  ひとりあるく夜は 青い万華鏡 あらわれては消えて行く 幻想の恋人  月野原に 溶ける思い うたたかの時 あなただけが 私の命  月野原に 溶ける思い うたたかの時 あなただけが 私の命  風ふく夜に 月野原で
Tea For TwoOh, honey Picture me upon your knee With tea for two and two for tea Just me for you and you for me, alone ! Nobody near us, to see us or hear us No friends or relations On weekend vacations We won't have it known, dear That we own a telephone, dear  Day will break and I'm gonna wake And start to bake a sugar cake For you to take for all the boys to see We will raise a family A boy for you, and a girl for me Can't you see how happy we will be  Day will break and I'm gonna wake And start to bake a sugar cake For you to take for all the boys to see We will raise a family A boy for you, and a girl for me Can't you see how happy we will be斉藤由貴Irving CaesarVincent YoumansOh, honey Picture me upon your knee With tea for two and two for tea Just me for you and you for me, alone ! Nobody near us, to see us or hear us No friends or relations On weekend vacations We won't have it known, dear That we own a telephone, dear  Day will break and I'm gonna wake And start to bake a sugar cake For you to take for all the boys to see We will raise a family A boy for you, and a girl for me Can't you see how happy we will be  Day will break and I'm gonna wake And start to bake a sugar cake For you to take for all the boys to see We will raise a family A boy for you, and a girl for me Can't you see how happy we will be
Top Of The WorldSuch a feelin's comin' over me There is wonder in most everything I see Not a cloud in the sky, got the sun in my eyes And I won't be surprised if it's a dream  Everything I want the world to be Is now comin' true especially for me And the reason is clear, it's because you are here You're the nearest thing to heaven that I've seen  I'm on the top of the world lookin' down on creation And the only explanation I can find Is the love that I've found Ever since you've been around Your love's put me at the top of the world  Somethin' in the wind has learned my name And it's tellin' me that things are not the same In the leaves on the trees and the touch of the breeze There's a pleasin' sense of happiness for me  There is only one wish on my mind When this day is through I hope that I will find That tomorrow will be just the same for you and me All I need will be mine if you are here  I'm on the top of the world lookin' down on creation And the only explanation I can find Is the love that I've found Ever since you've been around Your love's put me at the top of the world  I'm on the top of the world lookin' down on creation And the only explanation I can find Is the love that I've found Ever since you've been around Your love's put me at the top of the world斉藤由貴Richard Carpenter・John BettisRichard Carpenter・John Bettis立川智也Such a feelin's comin' over me There is wonder in most everything I see Not a cloud in the sky, got the sun in my eyes And I won't be surprised if it's a dream  Everything I want the world to be Is now comin' true especially for me And the reason is clear, it's because you are here You're the nearest thing to heaven that I've seen  I'm on the top of the world lookin' down on creation And the only explanation I can find Is the love that I've found Ever since you've been around Your love's put me at the top of the world  Somethin' in the wind has learned my name And it's tellin' me that things are not the same In the leaves on the trees and the touch of the breeze There's a pleasin' sense of happiness for me  There is only one wish on my mind When this day is through I hope that I will find That tomorrow will be just the same for you and me All I need will be mine if you are here  I'm on the top of the world lookin' down on creation And the only explanation I can find Is the love that I've found Ever since you've been around Your love's put me at the top of the world  I'm on the top of the world lookin' down on creation And the only explanation I can find Is the love that I've found Ever since you've been around Your love's put me at the top of the world
土曜日のタマネギゆらゆらスープの海を 小舟のように漂う 行き場のないカケラ まるでわたしの気持ちみたい  つめたい電話のせいね 火を止めるのも忘れた 踊りつかれたでしょう ため息ついたポトフ  WHY, WHY, WHY? ほほをそめて おなかすかせた恋人を 待ちわびていたのに  みんな幸せね土曜の夜 街もはなやいでる どうして おまえとわたしだけ こんな目にあうのかしら  さよならニンジン・ポテト 宇宙の果てへお帰り 胸の残り火ごと 全部捨てたと思ったのに  おなべの底にタマネギ ひとりでしがみついてる イヤヨ、アキラメナイ! たぶんこれがわたしね  WHY, WHY, WHY? 今夜わたし いらないオンナになりました ころがる床の上  バカげた小指のバンソーコ 見せるつもりだった いっしょに笑ってくれないの? いつもの土曜日なのに  tururu tururu tururu Tururu tu tu wah……斉藤由貴谷山浩子亀井登志夫ゆらゆらスープの海を 小舟のように漂う 行き場のないカケラ まるでわたしの気持ちみたい  つめたい電話のせいね 火を止めるのも忘れた 踊りつかれたでしょう ため息ついたポトフ  WHY, WHY, WHY? ほほをそめて おなかすかせた恋人を 待ちわびていたのに  みんな幸せね土曜の夜 街もはなやいでる どうして おまえとわたしだけ こんな目にあうのかしら  さよならニンジン・ポテト 宇宙の果てへお帰り 胸の残り火ごと 全部捨てたと思ったのに  おなべの底にタマネギ ひとりでしがみついてる イヤヨ、アキラメナイ! たぶんこれがわたしね  WHY, WHY, WHY? 今夜わたし いらないオンナになりました ころがる床の上  バカげた小指のバンソーコ 見せるつもりだった いっしょに笑ってくれないの? いつもの土曜日なのに  tururu tururu tururu Tururu tu tu wah……
DOLL HOUSE小さな金魚鉢の中 ただよう魚みたい 瑠璃色のスカートが ゆれてる 夢のよう  本当と嘘のストライプ ふんわり 腰かけて 髪のリボン なおしてる あなたの腕の中  恋人たちの役を演じてる 紙でできた愛の部屋 でもわたしたち ほかに何も持っていない こわさないで  知らない青いリボンより ときめく愛なんて 嘘じゃない でも嘘よ 忘れていたいだけ  人形のまま 無限のループに 迷いこんでしまえたら でも夢だけで生きられないよとあなたは 笑うのでしょ  かすかに波の音が 暮れて行く窓にもたれて あなたの目の中の引き潮 気づかないふりしてる  本当と嘘のストライプ ふんわり 腰かけて 髪のリボン なおしてる あなたの腕の中斉藤由貴谷山浩子崎谷健次郎小さな金魚鉢の中 ただよう魚みたい 瑠璃色のスカートが ゆれてる 夢のよう  本当と嘘のストライプ ふんわり 腰かけて 髪のリボン なおしてる あなたの腕の中  恋人たちの役を演じてる 紙でできた愛の部屋 でもわたしたち ほかに何も持っていない こわさないで  知らない青いリボンより ときめく愛なんて 嘘じゃない でも嘘よ 忘れていたいだけ  人形のまま 無限のループに 迷いこんでしまえたら でも夢だけで生きられないよとあなたは 笑うのでしょ  かすかに波の音が 暮れて行く窓にもたれて あなたの目の中の引き潮 気づかないふりしてる  本当と嘘のストライプ ふんわり 腰かけて 髪のリボン なおしてる あなたの腕の中
なぜなぜなぜ あなたは私のことを さけるほど 嫌いになったのか まだわからないの なぜなぜ 私はそれでも まだこんなにも 好きなんて なんでかな 描いた未来だけ 消えて行く  なぜなぜ ホームで ガラスの向こう 手をふった私に気付かないように 目を伏せたの なぜなぜ あなたの隣りにいた女のコ 辛そうで 悲しそうで なんにも言えなくて見送った なぜ?  なぜなぜ 今夜は雨ふりなんだろう 笹の葉の小舟のように 頼りなく ただゆらゆら なぜなぜ ひとりでおいてくのと あじさいが 泣いている 告げている あなたとの時間にサヨウナラ なぜ? 斉藤由貴斉藤由貴筒美京平澤近泰輔なぜなぜ あなたは私のことを さけるほど 嫌いになったのか まだわからないの なぜなぜ 私はそれでも まだこんなにも 好きなんて なんでかな 描いた未来だけ 消えて行く  なぜなぜ ホームで ガラスの向こう 手をふった私に気付かないように 目を伏せたの なぜなぜ あなたの隣りにいた女のコ 辛そうで 悲しそうで なんにも言えなくて見送った なぜ?  なぜなぜ 今夜は雨ふりなんだろう 笹の葉の小舟のように 頼りなく ただゆらゆら なぜなぜ ひとりでおいてくのと あじさいが 泣いている 告げている あなたとの時間にサヨウナラ なぜ? 
N'oublie pas Mai (5月を忘れないで)出会いは1月 2月に恋に落ちて 3月 海の写真を見た 5月になったら 休みをとって ここへ行こうと 約束していたのに  別れてしまう あんなに誰よりもそばにいた あんたの心が  N'oublie pas Mai 誰か教えて 私たちの5月はどこ? N'oublie pas Mai 緑だけが街を染める  4月の公園 帽子の似合うやせた少女が あなたに出会ったの すこし距離をおいて 並んで歩くふたりを見たわ あなたの家の近く  近所の店で 買物の帰りとすぐわかる ワインをかかえて  N'oublie pas Mai 誰か教えて 約束した5月はどこ? N'oublie pas Mai 緑だけが街を染める  こんな短い 恋でも嘘じゃない そう言って 打てないピリオド  Petit a petit nous avon change (私たちは少しずつ変わってゆくわ) Le temps a passe… (そして時は過ぎてゆく…)  N'oublie pas Mai 誰か教えて私たちの5月はどこ? N'oublie pas Mai 緑だけが街を染める  N'oublie pas Mai 誰か教えて 約束した5月はどこ? N'oublie pas Mai 緑だけが街を染める斉藤由貴谷山浩子崎谷健次郎出会いは1月 2月に恋に落ちて 3月 海の写真を見た 5月になったら 休みをとって ここへ行こうと 約束していたのに  別れてしまう あんなに誰よりもそばにいた あんたの心が  N'oublie pas Mai 誰か教えて 私たちの5月はどこ? N'oublie pas Mai 緑だけが街を染める  4月の公園 帽子の似合うやせた少女が あなたに出会ったの すこし距離をおいて 並んで歩くふたりを見たわ あなたの家の近く  近所の店で 買物の帰りとすぐわかる ワインをかかえて  N'oublie pas Mai 誰か教えて 約束した5月はどこ? N'oublie pas Mai 緑だけが街を染める  こんな短い 恋でも嘘じゃない そう言って 打てないピリオド  Petit a petit nous avon change (私たちは少しずつ変わってゆくわ) Le temps a passe… (そして時は過ぎてゆく…)  N'oublie pas Mai 誰か教えて私たちの5月はどこ? N'oublie pas Mai 緑だけが街を染める  N'oublie pas Mai 誰か教えて 約束した5月はどこ? N'oublie pas Mai 緑だけが街を染める
眠り姫雨の日の薄墨を はいた湖 けむる向こう岸 ともる灯り 私のはるかな夢のように 約束をしたままで どこにいるの? 指環はめかえて知らないふり それでも 心は悲しすぎて… あんまり ひとりはさみしすぎて…  眠り姫 百年のまどろみを 私にもちょうだい そしたら心から あの人心から もしもできる事ならば  つややかな水面には 涙の水玉 揺れる浅橋 走る少年 小さなボート 置き去りに 約束をしたままで どこにいるの 帰って来るって言ったのに 本当は少し あなた憎む 私を どうぞ許してね  眠り姫 百年のまどろみを 私にもちょうだい そしたら心から あの人心から もしも信じていられたら  眠り姫 百年のまどろみを 私にもちょうだい そしたら心から あの人心から ずっと信じられるのに…  ずっと信じられるのに…斉藤由貴斉藤由貴飯島真理雨の日の薄墨を はいた湖 けむる向こう岸 ともる灯り 私のはるかな夢のように 約束をしたままで どこにいるの? 指環はめかえて知らないふり それでも 心は悲しすぎて… あんまり ひとりはさみしすぎて…  眠り姫 百年のまどろみを 私にもちょうだい そしたら心から あの人心から もしもできる事ならば  つややかな水面には 涙の水玉 揺れる浅橋 走る少年 小さなボート 置き去りに 約束をしたままで どこにいるの 帰って来るって言ったのに 本当は少し あなた憎む 私を どうぞ許してね  眠り姫 百年のまどろみを 私にもちょうだい そしたら心から あの人心から もしも信じていられたら  眠り姫 百年のまどろみを 私にもちょうだい そしたら心から あの人心から ずっと信じられるのに…  ずっと信じられるのに…
初戀書きかけのあなたの似顔絵 似てなくて何度も消したわ 忘れよう そう思うたび 不思議なの 胸が痛くなる  グループで映画を見に行き さりげなく隣りに座った 触れ合った肩が熱いから 銀幕がかすんで見えない  初戀 心の扉が 少しずつ開いて行くわ 初戀 隠した秘密も あなたには読まれてしまう  好きよ 好きです 愛しています どんな言葉も違う気がする 初めての気持ち  横顔に視線を感じて 振り向くとあなたが見ていた カフェ・テラス 風の絵の具が 薔薇色に頬を染めるのよ  つき合った人はいたけれど こんなには深くなかったわ 何気無い話をしても 溶けそうな幸福が怖い  初戀 優しい瞳で 真っ直ぐに見つめているの? 初戀 答えを教えて 私って何も知らない  好きよ 好きです 愛しています そんな言葉じゃ伝えられない 夢見てる瞳  好きよ 好きです 愛しています どんな言葉も違う気がする 初めての気持ち斉藤由貴松本隆筒美京平書きかけのあなたの似顔絵 似てなくて何度も消したわ 忘れよう そう思うたび 不思議なの 胸が痛くなる  グループで映画を見に行き さりげなく隣りに座った 触れ合った肩が熱いから 銀幕がかすんで見えない  初戀 心の扉が 少しずつ開いて行くわ 初戀 隠した秘密も あなたには読まれてしまう  好きよ 好きです 愛しています どんな言葉も違う気がする 初めての気持ち  横顔に視線を感じて 振り向くとあなたが見ていた カフェ・テラス 風の絵の具が 薔薇色に頬を染めるのよ  つき合った人はいたけれど こんなには深くなかったわ 何気無い話をしても 溶けそうな幸福が怖い  初戀 優しい瞳で 真っ直ぐに見つめているの? 初戀 答えを教えて 私って何も知らない  好きよ 好きです 愛しています そんな言葉じゃ伝えられない 夢見てる瞳  好きよ 好きです 愛しています どんな言葉も違う気がする 初めての気持ち
パジャマのシンデレラねぇあさひよ おこさないで ん… あと… すこし… いま とってもすてきな夢 みてたところなの  さざ波が よせるように まどろみがつつんだら ほらあなた 手をとってね  おどりましょう プリズムの夢のなか おるごおるぶどうかい おどりましょう つかのまの夢のなか おもいきりだきしめて…  ねぇおしえて あさの夢は かなうのですか あなたの手の そのぬくもり ほんとみたいです  そよ風のパジャマきたシンデレラ はねまくら めざましを とじこめたら  おどりましょう プリズムの夢のなか 銀ばんをすべるように おどりましょう みつめてもまばたきが もどかしい 消えないで…  おどりましょう ららららら… ららららら… ららららら… 消えないで…斉藤由貴田口俊亀井登志夫ねぇあさひよ おこさないで ん… あと… すこし… いま とってもすてきな夢 みてたところなの  さざ波が よせるように まどろみがつつんだら ほらあなた 手をとってね  おどりましょう プリズムの夢のなか おるごおるぶどうかい おどりましょう つかのまの夢のなか おもいきりだきしめて…  ねぇおしえて あさの夢は かなうのですか あなたの手の そのぬくもり ほんとみたいです  そよ風のパジャマきたシンデレラ はねまくら めざましを とじこめたら  おどりましょう プリズムの夢のなか 銀ばんをすべるように おどりましょう みつめてもまばたきが もどかしい 消えないで…  おどりましょう ららららら… ららららら… ららららら… 消えないで…
ひまわりひまわり 私を隠して あの人の視線から 天使の折れた翼 彼女にあなたからのメッセージ 伝えたと言ったのは 嘘なの 初めてあなたについた  今 あなたはひとり 高原の駅に立ち 来ないあの娘を待っている 背中にまぶしく 光る夕焼けを 私 遠くから見てたの  今ごろ彼女は何も知らず あなたを想ってる いつもの図書館の椅子で  ひまわり 今なら間に合う 自転車を走らせて でもダメ 足が動かない  今 発車のベルが あなたを急がせてる 黒いカバンを手にして もう一度ふり向き あなた耳をすませた だけど風が空で 歌ってるだけ  今ごろ 彼女は何も知らず あなたを想ってる いつもの図書館の椅子で woo… サヨナラ つぶやいた woo… ひまわりに隠れて斉藤由貴谷山浩子崎谷健次郎ひまわり 私を隠して あの人の視線から 天使の折れた翼 彼女にあなたからのメッセージ 伝えたと言ったのは 嘘なの 初めてあなたについた  今 あなたはひとり 高原の駅に立ち 来ないあの娘を待っている 背中にまぶしく 光る夕焼けを 私 遠くから見てたの  今ごろ彼女は何も知らず あなたを想ってる いつもの図書館の椅子で  ひまわり 今なら間に合う 自転車を走らせて でもダメ 足が動かない  今 発車のベルが あなたを急がせてる 黒いカバンを手にして もう一度ふり向き あなた耳をすませた だけど風が空で 歌ってるだけ  今ごろ 彼女は何も知らず あなたを想ってる いつもの図書館の椅子で woo… サヨナラ つぶやいた woo… ひまわりに隠れて
Blue MoonBlue moon You saw me standing alone Without a dream in my heart Without a love of my own  Blue moon You knew just what I was there for You heard me saying a prayer for Someone I really could care for  And then there suddenly appeared before me The only one my arms will ever hold I heard somebody whisper, “Please adore me” And when I looked the moon had turned to gold  Blue moon Now I'm no longer alone Without a dream in my heart Without a love of my own  And then there suddenly appeared before me The only one my arms will ever hold I heard somebody whisper, “Please adore me” And when I looked the moon had turned to gold  Blue moon Now I'm no longer alone Without a dream in my heart Without a love of my own斉藤由貴Lorenz HartRichard Rodgers立川智也Blue moon You saw me standing alone Without a dream in my heart Without a love of my own  Blue moon You knew just what I was there for You heard me saying a prayer for Someone I really could care for  And then there suddenly appeared before me The only one my arms will ever hold I heard somebody whisper, “Please adore me” And when I looked the moon had turned to gold  Blue moon Now I'm no longer alone Without a dream in my heart Without a love of my own  And then there suddenly appeared before me The only one my arms will ever hold I heard somebody whisper, “Please adore me” And when I looked the moon had turned to gold  Blue moon Now I'm no longer alone Without a dream in my heart Without a love of my own
プラハリアン~子供部屋の地球~ひとつ ピカピカのレンガの道を ふたつ 青白い ランプの下を みっつ 伝説の黒いマントが よっつ 鉄の鈴 響かせながら  眠らない悪い子を 楽し気に探してる 君もさ 僕もね 捕まえに来る  だからおいでよ 僕といようよ きっとこわくないよ ここにおいでよ 手をつないだら きっとあたたかいよ  ごらん 降り積る 天使の羽根が 今に メレンゲの街に変えてく  深呼吸 目を閉じて じっとしてるとすぐに 二人の地球が 輝き出すよ  夜空を駆けて 星をくぐって 月の上で逢おう 真夜中過ぎの 子供の宇宙 無限の夢つくろう だからおいでよ ここにおいでよ 君が大好きだよ  だからおいでよ 僕といようよ きっとこわくないよ ここにおいでよ 手をつないだら きっとあたたかいよ  ここにおいでよ ここにおいでよ 君が大好きだよ斉藤由貴斉藤由貴中野多佳子ひとつ ピカピカのレンガの道を ふたつ 青白い ランプの下を みっつ 伝説の黒いマントが よっつ 鉄の鈴 響かせながら  眠らない悪い子を 楽し気に探してる 君もさ 僕もね 捕まえに来る  だからおいでよ 僕といようよ きっとこわくないよ ここにおいでよ 手をつないだら きっとあたたかいよ  ごらん 降り積る 天使の羽根が 今に メレンゲの街に変えてく  深呼吸 目を閉じて じっとしてるとすぐに 二人の地球が 輝き出すよ  夜空を駆けて 星をくぐって 月の上で逢おう 真夜中過ぎの 子供の宇宙 無限の夢つくろう だからおいでよ ここにおいでよ 君が大好きだよ  だからおいでよ 僕といようよ きっとこわくないよ ここにおいでよ 手をつないだら きっとあたたかいよ  ここにおいでよ ここにおいでよ 君が大好きだよ
ホントのキモチやめてよ ふざけないで ヤダみんなホラ見ているじゃない シャンパンソーダも笑うから グラスあわせましょう  ウインクする私 机鳴らすあなた マリンドライブ レストラン 結婚の約束 おめでとう と私 ありがとう とあなた 式には必ず行くわ おめかしして  学生時代あなたと彼女 やっぱり私の言ったとおりね この店もよく3人で来た そう ずっと前に知ってた  やめてよ ふざけないで スプーンがゆれて飲めないわ ヴィシソワーズも火照っちゃう 有頂天なの見てられない 小指でくすぐらないで ヤダみんなホラ見ているじゃない シャンパンソーダも笑うから グラスあわせましょう  想い出すわ私 白いポロのあなた チーズバーガー頬張って 読むボブグリーン  そう、なんだかんだ理由をつけては 私と彼女にくっついて来た あきれるくらい解りやすくて そう いつもいつも見ていた  やめてよ ふざけないで ゴキゲンなのはわかったけど メインディッシュをどうぞ おいしいものは冷めぬうち あなたが鈍いのか 私が嘘つき上手なのか 今はどうでもいいことね 今は過ぎたことね  やめてよ ふざけないで おかしくて涙が出てきちゃう シュガーピンクのクロス できた水玉は隠して そのまま笑っていて 余計なことは言ったらダメよ あなたがそんなに幸せなら 私嬉しいのよ そうよ嬉しいのよ そうよ嬉しいのよ斉藤由貴斉藤由貴山口美央子上杉洋史やめてよ ふざけないで ヤダみんなホラ見ているじゃない シャンパンソーダも笑うから グラスあわせましょう  ウインクする私 机鳴らすあなた マリンドライブ レストラン 結婚の約束 おめでとう と私 ありがとう とあなた 式には必ず行くわ おめかしして  学生時代あなたと彼女 やっぱり私の言ったとおりね この店もよく3人で来た そう ずっと前に知ってた  やめてよ ふざけないで スプーンがゆれて飲めないわ ヴィシソワーズも火照っちゃう 有頂天なの見てられない 小指でくすぐらないで ヤダみんなホラ見ているじゃない シャンパンソーダも笑うから グラスあわせましょう  想い出すわ私 白いポロのあなた チーズバーガー頬張って 読むボブグリーン  そう、なんだかんだ理由をつけては 私と彼女にくっついて来た あきれるくらい解りやすくて そう いつもいつも見ていた  やめてよ ふざけないで ゴキゲンなのはわかったけど メインディッシュをどうぞ おいしいものは冷めぬうち あなたが鈍いのか 私が嘘つき上手なのか 今はどうでもいいことね 今は過ぎたことね  やめてよ ふざけないで おかしくて涙が出てきちゃう シュガーピンクのクロス できた水玉は隠して そのまま笑っていて 余計なことは言ったらダメよ あなたがそんなに幸せなら 私嬉しいのよ そうよ嬉しいのよ そうよ嬉しいのよ
ポケットの中でポケットの中で星が揺れたので 桃色の砂糖菓子をかじりながら 表へ出た  マリンブルーの胸さわぎと 僕は 凍えた手をほほにあてた  ポケットの中で星が騒ぐので 桃色の砂糖菓子を放りながら 僕は困った  ひと冬ごとに真夜中は それぞれの約束を 確かめあえているのに  ポケットの中で星が騒ぐので どうしてもそれが騒ぐので この恋は あきらめようと思った  この恋は あきらめようと思った斉藤由貴銀色夏生吉川洋一郎ポケットの中で星が揺れたので 桃色の砂糖菓子をかじりながら 表へ出た  マリンブルーの胸さわぎと 僕は 凍えた手をほほにあてた  ポケットの中で星が騒ぐので 桃色の砂糖菓子を放りながら 僕は困った  ひと冬ごとに真夜中は それぞれの約束を 確かめあえているのに  ポケットの中で星が騒ぐので どうしてもそれが騒ぐので この恋は あきらめようと思った  この恋は あきらめようと思った
街角のスナップ受話器を置いて 振り向くドアに まさか懐かしい瞳 カード電話の長い人波 夕暮れターミナル  あなたはまるで昨日別れた そんな風よ 変わらない 居心地のいいまなざしは 少しせつなくなる程  「どうしていたの?」 「元気だったの?」 「新しい恋人(ひと)いるの?」 でも何も聞かないまま 笑顔ばかりを mm… つくった  気にしない顔 装う度に 噂を聞かされたのよ 泣いた夜さえあるけれど ずっとあなたに教えない  「急いでいるの」「待ち合わせなの」 「電話するわね 今度」 足早に通りを渡り 振り向いちゃダメよ このまま  「急いでいるの」「待ち合わせなの」 「電話するわね きっと」 けれどもうアドレス帳に あなたはいないの ごめんね斉藤由貴和泉ゆかり亀井登志夫受話器を置いて 振り向くドアに まさか懐かしい瞳 カード電話の長い人波 夕暮れターミナル  あなたはまるで昨日別れた そんな風よ 変わらない 居心地のいいまなざしは 少しせつなくなる程  「どうしていたの?」 「元気だったの?」 「新しい恋人(ひと)いるの?」 でも何も聞かないまま 笑顔ばかりを mm… つくった  気にしない顔 装う度に 噂を聞かされたのよ 泣いた夜さえあるけれど ずっとあなたに教えない  「急いでいるの」「待ち合わせなの」 「電話するわね 今度」 足早に通りを渡り 振り向いちゃダメよ このまま  「急いでいるの」「待ち合わせなの」 「電話するわね きっと」 けれどもうアドレス帳に あなたはいないの ごめんね
窓あかりあの町に この町に 夕闇の降りる頃 あの窓に この窓に あかりが灯る  それぞれの喜びと 悲しみを映し出す いくつもの窓あかり 懐かしいその色  泣いてるの 笑ってるの 何を夢みるの 大切な人はそばにいるの 寒くないの  あの町に この町に 人々が帰る頃 帰れない 迷い子が 窓を見上げている  ひとつの窓にひとつの 誰かの人生 幸せであればいいと思う せめて今夜  静かに やがて夜は更けて 人は眠る 空には星あかり きらめく  ひとつの窓にひとつの 誰かの人生 幸せであればいいと思う 誰もがみな  幸せであればいいと思う 誰もがみな斉藤由貴谷山浩子武部聡志武部聡志あの町に この町に 夕闇の降りる頃 あの窓に この窓に あかりが灯る  それぞれの喜びと 悲しみを映し出す いくつもの窓あかり 懐かしいその色  泣いてるの 笑ってるの 何を夢みるの 大切な人はそばにいるの 寒くないの  あの町に この町に 人々が帰る頃 帰れない 迷い子が 窓を見上げている  ひとつの窓にひとつの 誰かの人生 幸せであればいいと思う せめて今夜  静かに やがて夜は更けて 人は眠る 空には星あかり きらめく  ひとつの窓にひとつの 誰かの人生 幸せであればいいと思う 誰もがみな  幸せであればいいと思う 誰もがみな
MA HI RU(瞬間)何より激しく 何より確かに 私の命が あなたを見つけ出してた  生きることなど どうでもよかった 絶望よりも 空っぽで 私を捨てる 場所を探してた 扉をぬけた 今その瞬間  もう逃れられない 出逢いの運命 水晶の宿る きらめく真昼の呪縛  何より激しく 何より確かに 私の命が あなたを見つけ出してた斉藤由貴斉藤由貴崎谷健次郎何より激しく 何より確かに 私の命が あなたを見つけ出してた  生きることなど どうでもよかった 絶望よりも 空っぽで 私を捨てる 場所を探してた 扉をぬけた 今その瞬間  もう逃れられない 出逢いの運命 水晶の宿る きらめく真昼の呪縛  何より激しく 何より確かに 私の命が あなたを見つけ出してた
ma maman(私のお母さん)大好きよ ねえ お母さん 愛してる ねえ お母さん 暖かく いい匂い 大切なお母さん  呼びかける それだけで 嬉しいの ねえ お母さん この世界に たった一人 私のお母さん  抱きしめて ぎゅっと キスをして そっと いつでも 私の側にいてね  マロニエの道 ふたり手をとり歩く 一緒に唄えば 楽しいね それだけで 木もれ陽の中 揺れる 綺麗なひとみ やわらかな微笑みで 私を包むの  大好きよ ねえ お母さん 愛してる ねえ お母さん 鮮やかな 面影 変わらないお母さん  どこにいるの お母さん 逢いたいの ねえ お母さん 淋しくて こわれそう 一人じゃ怖いわ  夜の闇 ふと思いだす ちょっと 涙が こぼれそうになったら  ペガサス・オリオン 星座を散歩しよう 夢の中 二人きり 誰もじゃましない ガラスの夜空 今日もお祈りするの ねえ神様 どうぞ ママを 守ってください  マロニエの道 ふたり手をとり歩く 一緒に唄えば 楽しいね それだけで 木もれ陽の中 揺れる 綺麗なひとみ やわらかな微笑みで 私を包むの斉藤由貴斉藤由貴澤近泰輔澤近泰輔大好きよ ねえ お母さん 愛してる ねえ お母さん 暖かく いい匂い 大切なお母さん  呼びかける それだけで 嬉しいの ねえ お母さん この世界に たった一人 私のお母さん  抱きしめて ぎゅっと キスをして そっと いつでも 私の側にいてね  マロニエの道 ふたり手をとり歩く 一緒に唄えば 楽しいね それだけで 木もれ陽の中 揺れる 綺麗なひとみ やわらかな微笑みで 私を包むの  大好きよ ねえ お母さん 愛してる ねえ お母さん 鮮やかな 面影 変わらないお母さん  どこにいるの お母さん 逢いたいの ねえ お母さん 淋しくて こわれそう 一人じゃ怖いわ  夜の闇 ふと思いだす ちょっと 涙が こぼれそうになったら  ペガサス・オリオン 星座を散歩しよう 夢の中 二人きり 誰もじゃましない ガラスの夜空 今日もお祈りするの ねえ神様 どうぞ ママを 守ってください  マロニエの道 ふたり手をとり歩く 一緒に唄えば 楽しいね それだけで 木もれ陽の中 揺れる 綺麗なひとみ やわらかな微笑みで 私を包むの
MOON WALTZ~月の輪舞~春 花に 恥じらう 肌は 夏 波に 内緒の はなし  群れ 育つ 恋のうわさ 食べ ココロ あえかに 羽根を はやした  丸い胸 百合の色 首筋は胡蝶蘭 乙女はうたかた 咲く日を待つよ さあ おいでよ さあ お逃げよ  夢 ゆらり 雪降る ゆりかご 眠ってたのに もう戻れないの  唇は柘榴 瞳は水蜜桃 果実は熟れて くずれてゆくよ さあ(そばに)おいでよ さあ(すぐに)お逃げよ  秋 甘い 愛を 編みあげ 冬 船で 不実に 耽ける  もう 全ては 定められたから 踊りましょう ねぇ 月の輪舞で 月の輪舞で 月の輪舞で斉藤由貴斉藤由貴岡本朗上杉洋史春 花に 恥じらう 肌は 夏 波に 内緒の はなし  群れ 育つ 恋のうわさ 食べ ココロ あえかに 羽根を はやした  丸い胸 百合の色 首筋は胡蝶蘭 乙女はうたかた 咲く日を待つよ さあ おいでよ さあ お逃げよ  夢 ゆらり 雪降る ゆりかご 眠ってたのに もう戻れないの  唇は柘榴 瞳は水蜜桃 果実は熟れて くずれてゆくよ さあ(そばに)おいでよ さあ(すぐに)お逃げよ  秋 甘い 愛を 編みあげ 冬 船で 不実に 耽ける  もう 全ては 定められたから 踊りましょう ねぇ 月の輪舞で 月の輪舞で 月の輪舞で
MAYMAY そんなにふくれないでよ 笑った顔見せて いつもみたいにおどけて MAY そんなにふくれないでよ そのただひとことも 口に出せないの私 困らせてる  今も あなたしずんでても なぐさめの言葉は 百も思いつくけど…  どれも言えない!噴水の虹を見てるふりで 「きれいね」とつぶやくだけ きっと 内気だと思ってるね… だけど言えない!!あなたが魔法をかけた こんな秘密の庭の中では どんな 言葉もみんなウソなの  MAY 内緒でそう呼んでるの 初めて逢ったのも まぶしい木もれ陽の中 MAY 声に出して呼びたいな でもこれ夢だから 醒めると困るからダメ 教えないわ  まるで きゃしゃなガラスの鳥 ふたりでいる時も 自分だけの夢を見て  ばかね私 あなたを喜ばせたい なのに この夢から出られない 少し うつむいて微笑むだけ… だけど好きよ 好きよ好きよ誰よりも好きよ 世界がふるえるほどに いつか この鳥カゴをこわして  いつも私 あなたを喜ばせたい なのに この夢から出られない 少し うつむいて微笑むだけ… だけど好きよ 好きよ好きよ誰よりも好きよ 世界がふるえるほどに いつか 大きな声で告げるわ斉藤由貴谷山浩子MAYUMIMAY そんなにふくれないでよ 笑った顔見せて いつもみたいにおどけて MAY そんなにふくれないでよ そのただひとことも 口に出せないの私 困らせてる  今も あなたしずんでても なぐさめの言葉は 百も思いつくけど…  どれも言えない!噴水の虹を見てるふりで 「きれいね」とつぶやくだけ きっと 内気だと思ってるね… だけど言えない!!あなたが魔法をかけた こんな秘密の庭の中では どんな 言葉もみんなウソなの  MAY 内緒でそう呼んでるの 初めて逢ったのも まぶしい木もれ陽の中 MAY 声に出して呼びたいな でもこれ夢だから 醒めると困るからダメ 教えないわ  まるで きゃしゃなガラスの鳥 ふたりでいる時も 自分だけの夢を見て  ばかね私 あなたを喜ばせたい なのに この夢から出られない 少し うつむいて微笑むだけ… だけど好きよ 好きよ好きよ誰よりも好きよ 世界がふるえるほどに いつか この鳥カゴをこわして  いつも私 あなたを喜ばせたい なのに この夢から出られない 少し うつむいて微笑むだけ… だけど好きよ 好きよ好きよ誰よりも好きよ 世界がふるえるほどに いつか 大きな声で告げるわ
迷宮赤い羽根 ひらめかせては この身体 通り抜ける 深い森 翡翠の泉 水鏡 写りはしない  恋のラビリンス 動けないの 孔雀が 鳴いてる 愛のラビリンス わからないの あなたを愛しているの けれど何か…  眠らない 何も見えない ただひとり 疲れきって  恋のラビリンス 動けないの 心が歪んで 愛のラビリンス わからないの あなたを愛しているの けれど何か…  いつの間に 雨がしのつき 汗ばんだ 気配がよぎる ゆらめきは 光の魔術 あなたには 見つけられない  溶け出した 時計の針が (あなたの言った言葉には 千にひとつの嘘もない) 手も足も さしとめてゆく (その瞳があまりにも優しくて)  崩れ去る 夢の谷間に (おそらくこれは終らない 恋の悪夢のリフレイン) 現実が 含み笑い (誰も彼も何も できない)  赤い羽根 ひらめかせては (七色に飛ぶ魚たち まどろみ香る花達と) この身体 通り抜ける (ここは私だけの ラビリンス…)斉藤由貴斉藤由貴いしいめぐみ赤い羽根 ひらめかせては この身体 通り抜ける 深い森 翡翠の泉 水鏡 写りはしない  恋のラビリンス 動けないの 孔雀が 鳴いてる 愛のラビリンス わからないの あなたを愛しているの けれど何か…  眠らない 何も見えない ただひとり 疲れきって  恋のラビリンス 動けないの 心が歪んで 愛のラビリンス わからないの あなたを愛しているの けれど何か…  いつの間に 雨がしのつき 汗ばんだ 気配がよぎる ゆらめきは 光の魔術 あなたには 見つけられない  溶け出した 時計の針が (あなたの言った言葉には 千にひとつの嘘もない) 手も足も さしとめてゆく (その瞳があまりにも優しくて)  崩れ去る 夢の谷間に (おそらくこれは終らない 恋の悪夢のリフレイン) 現実が 含み笑い (誰も彼も何も できない)  赤い羽根 ひらめかせては (七色に飛ぶ魚たち まどろみ香る花達と) この身体 通り抜ける (ここは私だけの ラビリンス…)
Yoursお天気の日に 外にも出ないで こうして鏡を 見つめていると あっけないほど 私はただの そこらへんにいる 女の子なの  私が一番したい事は 何? あなたと逢って 笑ったりしたい 粉らわすなんて ちょっと出来ない それくらいなら 一人でもいるわ  Cu-Cu-Clearing 恋する気持ちで Tue-Tue-Twinkling 途方にくれて Sue-Sue-Swimming ユラユラゆれる こんなに 弱気になっちゃったのよ You Your You…Yours  薔薇の香りの 化粧水だけ コットンボールで 素肌にのせる ねぇ 女の子って 悲しいよねって つぶやいてみたら ホントに泣けた  あなたと初めて 出逢った頃の 無防備さとか お気楽さとか T-シャツみたいに 自由な私は 一体何処に いったのかしら  rue-rue-rippling 落書きみたいに fu-fu-falling ふられてしまえば mue-mue-missing まだ楽かしら きっと たいした事じゃないのにね l My Me …but Yours  Cu-Cu-Clearing 恋する気持ちで Tue-Tue-Twinkling 途方にくれて Sue-Sue-Swimming ユラユラゆれる こんなに 弱気になっちゃったのよ You Your You…Yours  You Your You …I'm Yours斉藤由貴斉藤由貴山口美央子お天気の日に 外にも出ないで こうして鏡を 見つめていると あっけないほど 私はただの そこらへんにいる 女の子なの  私が一番したい事は 何? あなたと逢って 笑ったりしたい 粉らわすなんて ちょっと出来ない それくらいなら 一人でもいるわ  Cu-Cu-Clearing 恋する気持ちで Tue-Tue-Twinkling 途方にくれて Sue-Sue-Swimming ユラユラゆれる こんなに 弱気になっちゃったのよ You Your You…Yours  薔薇の香りの 化粧水だけ コットンボールで 素肌にのせる ねぇ 女の子って 悲しいよねって つぶやいてみたら ホントに泣けた  あなたと初めて 出逢った頃の 無防備さとか お気楽さとか T-シャツみたいに 自由な私は 一体何処に いったのかしら  rue-rue-rippling 落書きみたいに fu-fu-falling ふられてしまえば mue-mue-missing まだ楽かしら きっと たいした事じゃないのにね l My Me …but Yours  Cu-Cu-Clearing 恋する気持ちで Tue-Tue-Twinkling 途方にくれて Sue-Sue-Swimming ユラユラゆれる こんなに 弱気になっちゃったのよ You Your You…Yours  You Your You …I'm Yours
夢の中へ探しものは何ですか 見つけにくいものですか カバンの中も 机の中も 探したけれど見つからないのに まだまだ探す気ですか それより僕と踊りませんか 夢の中へ 夢の中へ 行ってみたいと思いませんか …さあ  休むことも許されず 笑うことは止められて はいつくばって はいつくばって いったい何を探しているのか 探すのをやめた時 見つかることもよくある話で 踊りましょう 夢の中へ 行ってみたいと思いませんか …さあ  探しものは何ですか 見つけにくいものですか カバンの中も 机の中も 探したけれど見つからないのに まだまだ探す気ですか それより僕と踊りませんか 夢の中へ 夢の中へ 行ってみたいと思いませんか …さあ斉藤由貴井上陽水井上陽水探しものは何ですか 見つけにくいものですか カバンの中も 机の中も 探したけれど見つからないのに まだまだ探す気ですか それより僕と踊りませんか 夢の中へ 夢の中へ 行ってみたいと思いませんか …さあ  休むことも許されず 笑うことは止められて はいつくばって はいつくばって いったい何を探しているのか 探すのをやめた時 見つかることもよくある話で 踊りましょう 夢の中へ 行ってみたいと思いませんか …さあ  探しものは何ですか 見つけにくいものですか カバンの中も 机の中も 探したけれど見つからないのに まだまだ探す気ですか それより僕と踊りませんか 夢の中へ 夢の中へ 行ってみたいと思いませんか …さあ
予感それは静かな 予感だったの 銀色電車 ホームへ降りて 風にふるえて うごけなくなる 涙ぐんだら声がしたの あなたの  “久しぶりだね”ってほほえみ方 あいかわらず ぎこちないのね 幾千の人が 往きかう街 もしかして あなたなの 知らないの It's my destiny  靴音さえも 遠のいてゆく 乾いた色の 無声映画ね あなたのくちびる てれたように 閉じた瞬間音がもどる世界よ  生きてゆけるかも あなたとなら 告げたいけど 見つめるだけね 幾千の人が 往きかう街 その瞳 鍵を今 見つけたの It's my destiny  幾千の人が 往きかう街 もしかして あなたなの 知らないの It's my destiny斉藤由貴斉藤由貴亀井登志夫それは静かな 予感だったの 銀色電車 ホームへ降りて 風にふるえて うごけなくなる 涙ぐんだら声がしたの あなたの  “久しぶりだね”ってほほえみ方 あいかわらず ぎこちないのね 幾千の人が 往きかう街 もしかして あなたなの 知らないの It's my destiny  靴音さえも 遠のいてゆく 乾いた色の 無声映画ね あなたのくちびる てれたように 閉じた瞬間音がもどる世界よ  生きてゆけるかも あなたとなら 告げたいけど 見つめるだけね 幾千の人が 往きかう街 その瞳 鍵を今 見つけたの It's my destiny  幾千の人が 往きかう街 もしかして あなたなの 知らないの It's my destiny
予言戦争という名の 節くれた指が 平和を歌う者の 首筋を撫でる  合わせ鏡の歴史の罠(繰り返されてく) 砕け散っては 砂漠にかえる(同じ事 いつも)  最後の独裁者が 時を終らせる 地球の舞台裏に 卵を産みつけ  陽炎の中 育ち始める(秘密の組織が) 選ばれたなら 仲間の証明(しるし)(黒い影 落とし)  何も気づかぬまま 組み込まれてゆく 少しでも疑ってしまえば  ひ と り き り そして ひ と り き り …  終末の為の 終末への旅路 一歩でも立ち止まってしまえば  ひ と り き り そして ひ と り き り …斉藤由貴斉藤由貴渡辺格戦争という名の 節くれた指が 平和を歌う者の 首筋を撫でる  合わせ鏡の歴史の罠(繰り返されてく) 砕け散っては 砂漠にかえる(同じ事 いつも)  最後の独裁者が 時を終らせる 地球の舞台裏に 卵を産みつけ  陽炎の中 育ち始める(秘密の組織が) 選ばれたなら 仲間の証明(しるし)(黒い影 落とし)  何も気づかぬまま 組み込まれてゆく 少しでも疑ってしまえば  ひ と り き り そして ひ と り き り …  終末の為の 終末への旅路 一歩でも立ち止まってしまえば  ひ と り き り そして ひ と り き り …
Lovin'YouLovin' you is easy Cause you' re beautiful Makin' love with you Is all I wanna do Lovin' you is more than Just a dream come true And everything that I do Is out of lovin' you La la la la la la la… Do do do do do Ah-Ah-Ah  No one else can make me feel The colors that you bring Stay with me while we grow old and We will live each day in springtime Cause lovin' you Has made my life so beautiful And every day of my life Is filled with lovin' you  Lovin' you I see your soul Come shinin' through And every time that we oooooh I'm more in love with you La la la la la la la… Do do do do do Ah-Ah-Ah  No one else can make me feel The colors that you bring Stay with me wile we grow old and We will live each day In springtime Cause lovin' you is easy Cause you' re beautiful And every day of my life Is filled with lovin' you  Lovin' you I see your soul Come shinin' through And every time that we oooooh I'm more in love with you La la la la la la la… Do do do do do Ah-Ah-Ah  Do do do do do Ah-Ah-Ah斉藤由貴Minnie Riperton・Richard J RudolphMinnie Riperton・Richard J RudolphLovin' you is easy Cause you' re beautiful Makin' love with you Is all I wanna do Lovin' you is more than Just a dream come true And everything that I do Is out of lovin' you La la la la la la la… Do do do do do Ah-Ah-Ah  No one else can make me feel The colors that you bring Stay with me while we grow old and We will live each day in springtime Cause lovin' you Has made my life so beautiful And every day of my life Is filled with lovin' you  Lovin' you I see your soul Come shinin' through And every time that we oooooh I'm more in love with you La la la la la la la… Do do do do do Ah-Ah-Ah  No one else can make me feel The colors that you bring Stay with me wile we grow old and We will live each day In springtime Cause lovin' you is easy Cause you' re beautiful And every day of my life Is filled with lovin' you  Lovin' you I see your soul Come shinin' through And every time that we oooooh I'm more in love with you La la la la la la la… Do do do do do Ah-Ah-Ah  Do do do do do Ah-Ah-Ah
LETTER拝啓 元気ですか 私は変わりありません Longing for You, Caring for You ふすまの影 日差しが黙る  白い便箋に 青いインクが滲みます Longing for You, Caring for You 逢えない日々 吐息ばかり  Longing for You 言葉などもう Caring for You 雲の彼方 Longing for You ただ元気でと Caring for You 願っています 今日も  本当の愛なんて 未だによくわからないけど Longing for You, Caring for You 日毎 日毎に 学んでいます  一体何をすれば あなたの為になるのでしょう Longing for You, Caring for You その思いで 生きています  Longing for You 確かに二人 Caring for You 出逢ったのだから Longing for You 痛みをこえて Caring for You その意味捜せる筈  Longing for You 言葉などもう Caring for You 雲の彼方 Longing for You ただ元気でと Caring for You 願っています 今日も斉藤由貴斉藤由貴岡本朗上杉洋史拝啓 元気ですか 私は変わりありません Longing for You, Caring for You ふすまの影 日差しが黙る  白い便箋に 青いインクが滲みます Longing for You, Caring for You 逢えない日々 吐息ばかり  Longing for You 言葉などもう Caring for You 雲の彼方 Longing for You ただ元気でと Caring for You 願っています 今日も  本当の愛なんて 未だによくわからないけど Longing for You, Caring for You 日毎 日毎に 学んでいます  一体何をすれば あなたの為になるのでしょう Longing for You, Caring for You その思いで 生きています  Longing for You 確かに二人 Caring for You 出逢ったのだから Longing for You 痛みをこえて Caring for You その意味捜せる筈  Longing for You 言葉などもう Caring for You 雲の彼方 Longing for You ただ元気でと Caring for You 願っています 今日も
ONEONE BENEATH THE SUN IS JUST A FANTASY TWO CAN MAKE IT TRUE THE VISION IN YOU  INSIDE OF A DREAM I KNOW THE LOVE THAT WE SHARE WILL GROW AND GROW UNTIL WE'RE ONE  ALL ALONE DON'T BE AFRAID TO FIND ANOTHER AND TRUST IN EACH OTHER AND DISCOVER  LIFE IS FREE JUST CLOSE YOUR EYES AND WE'RE TOGETHER NO MATTER THE WEATHER WHEN THE TWO OF US ARE HOLDING HANDS FOREVER  SAIL UPON THE SEA UNTIL YOU COME TO ME GAZE INTO THE STARS THIS MOMENT IS OURS  INSIDE OF A DREAM I KNOW THE LOVE THAT WE SHARE WILL GROW AND GROW UNTIL WE'RE ONE斉藤由貴BANDIT崎谷健次郎ONE BENEATH THE SUN IS JUST A FANTASY TWO CAN MAKE IT TRUE THE VISION IN YOU  INSIDE OF A DREAM I KNOW THE LOVE THAT WE SHARE WILL GROW AND GROW UNTIL WE'RE ONE  ALL ALONE DON'T BE AFRAID TO FIND ANOTHER AND TRUST IN EACH OTHER AND DISCOVER  LIFE IS FREE JUST CLOSE YOUR EYES AND WE'RE TOGETHER NO MATTER THE WEATHER WHEN THE TWO OF US ARE HOLDING HANDS FOREVER  SAIL UPON THE SEA UNTIL YOU COME TO ME GAZE INTO THE STARS THIS MOMENT IS OURS  INSIDE OF A DREAM I KNOW THE LOVE THAT WE SHARE WILL GROW AND GROW UNTIL WE'RE ONE
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Here We Go!!
  2. Subtitle
  3. KICK BACK
  4. すずめ feat.十明
  5. ないしょのプレゼントフォーユー!

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. ないしょのプレゼントフォーユー!
  2. Blue Moon
  3. ギターと孤独と蒼い惑星
  4. SPECTRA
  5. 倶に

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照