AXIA ~かなしいことり~

この曲の表示回数 11,873
歌手:

斉藤由貴


作詞:

銀色夏生


作曲:

銀色夏生


ごめんね 今までだまってて
本当は彼がいたことを
言いかけて言えなかったの
二度と逢えなくなりそうで…

すずしい夜明けの青い海辺で
あなたは子供みたいね
私はぼんやり遠くを見てた
ふたりはかなしいことりね…

ごめんね 今までだまってて
本当は彼がいたことを
でもあなたと同じあの時に
私も恋に落ちたのよ…

今ではあなたを好きだけど
彼とは別れられない
それでもあなたを忘れない
ふたりは迷ったことりね…

打ち寄せる波から逃げて
あなたの腕に抱きついたのに
なぜ見つめたら目をそらすの
いつものようにふざけていて…

いつまでも こうしていたいけど
帰れないけど帰るわね
これから誰を愛しても
ふたりは胸が痛いのね

ごめんね 今までだまってて
本当は彼がいたことを
でもあなたと同じあの時に
私も恋に落ちたのよ…

優しい言葉とため息で そっと私を責めないで…
優しい言葉とため息で そっと私を捨てないで…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:AXIA ~かなしいことり~ 歌手:斉藤由貴

斉藤由貴の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-12-29
商品番号:PCCA-705
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP