歌詞を

ヘルプ

宮史郎の歌詞一覧リスト

29 曲中 1-29 曲を表示
2019年9月23日(月)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
あなたの背中宮史郎鳥井実酒田稔一緒になろうと屋台の酒で
雨の修善寺宮史郎仁井谷俊也影山時則あなたに濡れたら風邪ひきますと
いのち川宮史郎わたなべ泰彦酒田稔惚れてよかった惚れてよかった
命のかぎり宮史郎冨田洋行酒田稔晴れの日雨の日苦労に
女将さん宮史郎仁井谷俊也四方章人やけに今夜は冷えるわね
男の街宮史郎浜松雄踏西條きろく小雨に濡れてる五稜郭
おんな化粧花宮史郎かすが光深谷昭雨の酒場で 今夜もひとり女が
女の却火宮史郎品川隆二橋本充哲俺を選ぶか世の中とるか
女の坂みち宮史郎原こうじ岡千秋泣きはしないと強がる裏で
女の旅路宮史郎宮史郎宮坂実貴男一人を死なせはしない
女の劫火宮史郎品川隆二橋田充哲俺を選ぶか世の中とるか
女のみちパート2宮史郎加藤将貴加藤将貴連れていってよどこまでも
片恋酒宮史郎小川道雄酒田稔好きで呑んでるお酒じゃないわ
悲しい意地宮史郎石本美由記西條キロク女の愛はいのちでも男の愛は
今日かぎり宮史郎麻こよみ宮下健治この世には惚れちゃならない
霧の湯布院宮史郎仁井谷俊也影山時則阿蘇のやまなみ涙でみつめ
恋の川宮史郎原こうじ岡千秋惚れちゃ駄目よと
酒場さすらい宮史郎池田充男西條キロク男も女も肩よせる
酒春秋宮史郎仁井谷俊也宮下健治男がひとりで呑む時は
宗右衛門町ブルース宮史郎平和勝次山路進一きっと来てねと泣いていた
妻と呼ばれて宮史郎浅木しゅん平井政徳私のこころをしびれさす
浪花ふたり道宮史郎原こうじ加藤将貫優しい笑顔にほだされて
涙のグラス宮史郎石本美由起花笠薫心も身体も ひとつだと
にがい酒宮史郎わたなべ泰彦酒田稔冷でいいからおじさん
濡れおんな宮史郎松井由利夫聖川湧荒れて飲んでも酔えないお酒
ほろり酒宮史郎浅木しゅん徳久広司何軒はしご重ねて来たの
めおと漫才宮史郎もず唱平叶玄太目の下五尺の鯛買うて…
酔いざめ未練酒宮史郎大場まさと南郷孝寒く凍った昔の傷は
酔町情話宮史郎仁井谷俊也徳久広司素面じゃなんにも

宮 史郎(みや しろう、1943年(昭和18年)1月17日 - 2012年(平成24年)11月19日)は、日本の演歌歌手。 wikipedia