宮下健治作曲の歌詞一覧リスト  315曲中 1-200曲を表示

全2ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
新曲先を急ぐなあわてるな氷川きよしたきのえいじ宮下健治先を急ぐなあわてるな
玄海みれん新曲あんな男と思っても水城なつみかず翼宮下健治あんな男と思っても
艶花いちりん新曲あなたの命に私の命水城なつみかず翼宮下健治あなたの命に私の命
いごっそう纏おまえを守ると誓ったからは三山ひろし池田政之宮下健治おまえを守ると誓ったからは
しゃくなげ峠山裾の紅い燈指差す憂い顔朝花美穂もず唱平宮下健治山裾の紅い燈指差す憂い顔
海峡酒場赤いグラスで片頬かくし朝花美穂もず唱平宮下健治赤いグラスで片頬かくし
明日が俺らを呼んでいる道はいろはに曲がっても氷川きよし原文彦宮下健治道はいろはに曲がっても
旅路の先に旅から旅へとさすらうこの俺一条貫太万城たかし宮下健治旅から旅へとさすらうこの俺
北の流れ星あの娘この町出ていった一条貫太万城たかし宮下健治あの娘この町出ていった
くれない渡り鳥浮き世づたいの気ままな旅を水城なつみかず翼宮下健治浮き世づたいの気ままな旅を
幸せもういいかいこんな夜更けは思い出列車水城なつみかず翼宮下健治こんな夜更けは思い出列車
志摩の夕月潮風が耳元かすめるたびに氷川きよしかず翼宮下健治潮風が耳元かすめるたびに
松山空港羽田発松山行きの最終便は氷川きよし原文彦宮下健治羽田発松山行きの最終便は
出雲路ひとり独り旅なら気兼ねもなしに千葉一夫万城たかし宮下健治独り旅なら気兼ねもなしに
女追分渡り鳥雨もあがって旅の空奈良彩可奈良原シズ江宮下健治雨もあがって旅の空
前向き人生頬に冷たい浮世風奈良彩可礼恭司宮下健治頬に冷たい浮世風
男の岬寄せては返す苦労の波しぶき木原たけし麻こよみ宮下健治寄せては返す苦労の波しぶき
花巻夫婦旅ひと目惚れして一緒になって木原たけし麻こよみ宮下健治ひと目惚れして一緒になって
姉弟役者(新台詞入り)七歳違いの弟が眠い眠いと朝花美穂原文彦宮下健治七歳違いの弟が眠い眠いと
歌姫漫遊記髪はたばねて編笠朝花美穂高橋直人宮下健治髪はたばねて編笠
ごめんね~ありがとうごめんねありがとう梓夕子伊藤美和宮下健治ごめんねありがとう
いにしえの人君は今ではいにしえの人田辺大蔵原文彦宮下健治君は今ではいにしえの人
恋紅遠く汽笛が急かせるように水城なつみ竜はじめ宮下健治遠く汽笛が急かせるように
五島の船出男の船出が向かった先は氷川きよし喜多條忠宮下健治男の船出が向かった先は
姉弟役者七歳違いの弟が眠い眠いと朝花美穂原文彦宮下健治七歳違いの弟が眠い眠いと
姉弟役者(台詞入り)七歳違いの弟が眠い眠いと朝花美穂原文彦宮下健治七歳違いの弟が眠い眠いと
女夜ねずみ小僧お江戸の闇を切り裂いて朝花美穂結木瞳宮下健治お江戸の闇を切り裂いて
月影の宿いいのよどんなに遅れて来ても渚ひろみ坂口照幸宮下健治いいのよどんなに遅れて来ても
硝子のタンゴあなたの中に二人のあなたが渚ひろみ坂口照幸宮下健治あなたの中に二人のあなたが
口紅淋しさ隠しに鏡をのぞき加川明麻こよみ宮下健治淋しさ隠しに鏡をのぞき
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
別れの彼方今にも散りそな花びらが増位山太志郎森田いづみ宮下健治今にも散りそな花びらが
かならず明日はやってくる肌を刺すよな今夜の雨は増位山太志郎森田いづみ宮下健治肌を刺すよな今夜の雨は
俺の人生渡る世間の向かい風木原たけし麻こよみ宮下健治渡る世間の向かい風
夫婦坂道西日が差し込む六畳ひと間木原たけし麻こよみ宮下健治西日が差し込む六畳ひと間
北の一番船ハァー夜明け間近に錨を巻けば氷川きよしかず翼宮下健治ハァー夜明け間近に錨を巻けば
演歌魂(台詞入)そりゃあ生きてりゃ誰だって朝花美穂結木瞳宮下健治そりゃあ生きてりゃ誰だって
流し春秋雨の路地裏水溜り誰がこぼした朝花美穂原文彦宮下健治雨の路地裏水溜り誰がこぼした
ふるさと日本、しあわせ音頭!ハァー世の中いろいろある松阪ゆうき結木瞳宮下健治ハァー世の中いろいろある
あーちゃんの唄女手一つでこのオレを三門忠司もず唱平宮下健治女手一つでこのオレを
大阪の女キタの外れのちっちゃなバーで三門忠司もず唱平宮下健治キタの外れのちっちゃなバーで
きぬかけの路呼ばれた気がして振り向けば水城なつみ麻こよみ宮下健治呼ばれた気がして振り向けば
ねえ あんた夜風が窓をゆさぶる夜は水城なつみ多野亮宮下健治夜風が窓をゆさぶる夜は
しぐれ雪窓のむこうは寒さ橋エドアルド坂口照幸宮下健治窓のむこうは寒さ橋
一途な男花が咲けば花を愛で友来れば元木道夫原文彦宮下健治花が咲けば花を愛で友来れば
感謝いつも心に故郷がある元木道夫原文彦宮下健治いつも心に故郷がある
津軽十三湊あんた泣かすにゃ道具はいらぬ桂竜士万城たかし宮下健治あんた泣かすにゃ道具はいらぬ
やすらぎふれた唇やすらぎ一つ桂竜士黑澤戀宮下健治ふれた唇やすらぎ一つ
太陽のスマイル~ナルトの燦々サンバ~ああ太陽のスマイル一緒に黒木ナルト結木瞳宮下健治ああ太陽のスマイル一緒に
演歌の星千里万里の時空を越え黒木ナルト結木瞳宮下健治千里万里の時空を越え
冬牡丹人の心のうらはらを葵かを里芳美知余宮下健治人の心のうらはらを
令和 アイ・アイ節さてもお越しの皆様方へ川神あい野村瞳宮下健治さてもお越しの皆様方へ
天空の海城青雲遥か棚引いて桜は謳う湊山朝花美穂原文彦宮下健治青雲遥か棚引いて桜は謳う湊山
涙の夜風世間の噂にはらはらと増位山太志郎麻こよみ宮下健治世間の噂にはらはらと
北国なみだ雨あなたの噂を足跡を増位山太志郎麻こよみ宮下健治あなたの噂を足跡を
北海の篝火波は親潮千島の風か一条貫太万城たかし宮下健治波は親潮千島の風か
男の夜曲母の横顔まなざしは一条貫太万城たかし宮下健治母の横顔まなざしは
浮草善哉どんな小さな夢でもいいの熊谷ひろみ木下龍太郎宮下健治どんな小さな夢でもいいの
夢違い口でどんなに憎んでみても熊谷ひろみ木下龍太郎宮下健治口でどんなに憎んでみても
母恋しぐれ笠片手拝みで故郷をすてた氷川きよし原文彦宮下健治片手拝みで故郷をすてた
笛吹峠花の東京が呼んでると氷川きよし仁井谷俊也宮下健治花の東京が呼んでると
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
あぁ人生峠来た道を振り向けばあっという木原たけし麻こよみ宮下健治来た道を振り向けばあっという
偲ぶ酒ひとりじゃ喧嘩も出来なくて木原たけし麻こよみ宮下健治ひとりじゃ喧嘩も出来なくて
リラは咲いても…むらさき色にこの街暮れて今夜藍ようこ万城たかし宮下健治むらさき色にこの街暮れて今夜
人恋橋忘れられない恋だけど忘れ藍ようこ仁井谷俊也宮下健治忘れられない恋だけど忘れ
あすなろ峠寒さ残した暦の裏で春が出番を山本ゆき高橋直人宮下健治寒さ残した暦の裏で春が出番を
桂浜哀歌黒潮育ちの負けん気もヨー水田竜子森田いづみ宮下健治黒潮育ちの負けん気もヨー
津軽の風笛窓に浮かんだ十六夜月は水城なつみ万城たかし宮下健治窓に浮かんだ十六夜月は
男の足跡男は生涯一つの道に三門忠司坂口照幸宮下健治男は生涯一つの道に
お初にござんす、朝花美穂とざいとうざい娘ざかりに朝花美穂結木瞳宮下健治とざいとうざい娘ざかりに
演歌魂そりゃあ生きてりゃ誰だって朝花美穂結木瞳宮下健治そりゃあ生きてりゃ誰だって
女の花吹雪泣いた涙はいつかは乾く丘みどり万城たかし宮下健治泣いた涙はいつかは乾く
女春秋夢しぐれ空の米櫃見向きもせずに水田かおり高橋直人宮下健治空の米櫃見向きもせずに
海峡冬つばめ海峡吹雪波また波に西川ひとみ万城たかし宮下健治海峡吹雪波また波に
風伝おろし霧のむこうの見えない顔は西川ひとみ橋本日出子宮下健治霧のむこうの見えない顔は
穴吹川息をのむよな澄んだ蒼元木道夫戸川智砂子宮下健治息をのむよな澄んだ蒼
優しさをありがとう今日も元気で過ごせたね元木道夫戸川智砂子宮下健治今日も元気で過ごせたね
出世街道旅がらす夢と根性の振り分け荷物朝花美穂原文彦宮下健治夢と根性の振り分け荷物
がいな祭東の日本海が赤々と朝花美穂さとうしろう宮下健治東の日本海が赤々と
みちのく恋唄涙雨には差す傘もなく水城なつみ万城たかし宮下健治涙雨には差す傘もなく
はちきん祭り歌土佐の高知の祭りをゆけば水城なつみみやび恵宮下健治土佐の高知の祭りをゆけば
酒と流浪旅に疲れて飲む酒よ桂竜士滝川夏宮下健治旅に疲れて飲む酒よ
しのび逢い小指に中指くすり指桂竜士滝川夏宮下健治小指に中指くすり指
加賀友禅の女おんな心をじりじり焦がし葵かを里原文彦宮下健治おんな心をじりじり焦がし
かたかごの花春というのに雪が舞う葵かを里芳美知余宮下健治春というのに雪が舞う
父娘うた (ニューバージョン)おんなだてらに故郷出てきたが西川ひとみ原文彦宮下健治おんなだてらに故郷出てきたが
雪雀赤い茶碗に飯よそい渚ひろみ喜多條忠宮下健治赤い茶碗に飯よそい
やんちゃ船親の脛から錨を上げて一条貫太万城たかし宮下健治親の脛から錨を上げて
真赤な友情おーいたった一度の一条貫太万城たかし宮下健治おーいたった一度の
酒場のまねき猫今夜も来ないあの人を花咲ゆき美伊藤美和宮下健治今夜も来ないあの人を
望郷ひとり旅風がガラス戸揺らすたび木原たけし麻こよみ宮下健治風がガラス戸揺らすたび
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
おまえと明日のことさえわからぬままに木原たけし麻こよみ宮下健治明日のことさえわからぬままに
由良川恋文幾度好きだと名前を呼べば津吹みゆ万城たかし宮下健治幾度好きだと名前を呼べば
若松みなとのあばれん坊敵は百万あろうとも氷川きよし原文彦宮下健治敵は百万あろうとも
多度津 みなと町あなたが暮らす町の灯が水森かおり麻こよみ宮下健治あなたが暮らす町の灯が
このみ音頭アソレハイソレ北の札幌後に杜このみ麻こよみ宮下健治アソレハイソレ北の札幌後に
北前おとこ船暴れ海峡商売仇百も承知の三里ゆうじ万城たかし宮下健治暴れ海峡商売仇百も承知の
夕やけ列車男だって泣く時ゃあるさ三里ゆうじ万城たかし宮下健治男だって泣く時ゃあるさ
男の峠七つ転んでまた転ぶ氷川きよし原文彦宮下健治七つ転んでまた転ぶ
弥太郎鴉道中双六江戸振り出しに中村美律子久仁京介宮下健治道中双六江戸振り出しに
忠治旅鴉小松五郎の刃にかけて中村美律子久仁京介宮下健治小松五郎の刃にかけて
さすらいおんな花夢と言う名の大きな荷物奈良彩可奈良原シズ江宮下健治夢と言う名の大きな荷物
居酒屋・人生酒場カナの頭のいの字を染めた奈良彩可礼恭司宮下健治カナの頭のいの字を染めた
きよしの人生太鼓見栄も飾りも男にゃいらぬ氷川きよし原文彦宮下健治見栄も飾りも男にゃいらぬ
別れの港女を泣かせちゃ男じゃないと佐々木新一関口義明宮下健治女を泣かせちゃ男じゃないと
すみだ川恋歌心試しは観音さまか熊谷ひろみ建石一宮下健治心試しは観音さまか
花の一生人を愛するしあわせと熊谷ひろみ木下龍太郎宮下健治人を愛するしあわせと
なみだの峠何を好んで手離す母が朝花美穂原文彦宮下健治何を好んで手離す母が
伯耆大山碧い日本海空仰ぎ朝花美穂さとうしろう宮下健治碧い日本海空仰ぎ
なみだの峠(台詞ロング・バージョン)何を好んで手離す母が朝花美穂原文彦宮下健治何を好んで手離す母が
江差恋しぐれかもめ島から奥尻見ればョ水城なつみ万城たかし宮下健治かもめ島から奥尻見ればョ
湯平雨情傘に寄り添いあなたとふたり水城なつみ竜はじめ宮下健治傘に寄り添いあなたとふたり
ふたりの始発駅北は吹雪のこの町で一条貫太万城たかし宮下健治北は吹雪のこの町で
潮風列車俺を見つめるその瞳一条貫太万城たかし宮下健治俺を見つめるその瞳
つくりものほど綺麗に見える蒼彦太久仁京介宮下健治つくりものほど綺麗に見える
白い夜霧の終列車行かせてそれでよかったか蒼彦太久仁京介宮下健治行かせてそれでよかったか
あぶくま山脈山にこだまの百舌鳥の声井戸川重光万城たかし宮下健治山にこだまの百舌鳥の声
やっ奴凧青い空でも雨は降る井戸川重光万城たかし宮下健治青い空でも雨は降る
父娘うたおんなだてらに故郷出てきたが西川ひとみ原文彦宮下健治おんなだてらに故郷出てきたが
恋した人だからさよならするのはつらいけど西川ひとみ万城たかし宮下健治さよならするのはつらいけど
高嶺の色女十六夜紅月極楽通り藤みえこ数丘夕彦宮下健治十六夜紅月極楽通り
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
惚れてずぶ濡れ雪駄のまんまどしゃぶりを藤みえこ和多田勝宮下健治雪駄のまんまどしゃぶりを
柔道角には角の丸には丸の氷川きよし原文彦宮下健治角には角の丸には丸の
恋次郎旅姿まっぴらご免と故郷捨てて氷川きよし仁井谷俊也宮下健治まっぴらご免と故郷捨てて
愛犬子守歌はじめて我が家に花咲ゆき美麻こよみ宮下健治はじめて我が家に
がんこ船海の天気はきまぐれで竹内誠万城たかし宮下健治海の天気はきまぐれで
流転‥母恋鴉浮世街道斜めにそれて竹内誠礼恭司宮下健治浮世街道斜めにそれて
波止場のれん波止場が夕陽に染まるころ瀬口侑希さくらちさと宮下健治波止場が夕陽に染まるころ
じょんがら挽歌船も見えない鴎も飛ばぬ氷川きよし下地亜記子宮下健治船も見えない鴎も飛ばぬ
川中島回想千曲川の流れ見おろせば氷川きよし仁井谷俊也宮下健治千曲川の流れ見おろせば
酔町しぐれあなたといても寒いのに藍ようこ仁井谷俊也宮下健治あなたといても寒いのに
母さんの赤い糸小雨そぼふる田舎の駅で藍ようこ万城たかし宮下健治小雨そぼふる田舎の駅で
芝浜恋女房え~本日は沢山のお運び氷川きよし朝倉翔宮下健治え~本日は沢山のお運び
帰って来やれ津軽お岩木吹雪いちゃならぬ水城なつみ万城たかし宮下健治津軽お岩木吹雪いちゃならぬ
雪の隠れ里はかない恋と知るほどに水城なつみ彩ちかこ宮下健治はかない恋と知るほどに
男のかぞえ唄ひとつ男が泣く時ゃヨ鳥羽一郎万城たかし宮下健治ひとつ男が泣く時ゃヨ
夫婦みち御前に惚れたそのひと言で三門忠司志賀大介宮下健治御前に惚れたそのひと言で
男の矜持泥は洗えば落とせるけれど三門忠司志賀大介宮下健治泥は洗えば落とせるけれど
博多祇園山笠地下足袋に締め込み氷川きよし原文彦宮下健治地下足袋に締め込み
きよしのねずみ小僧花のお江戸の丑三つ時が氷川きよし原文彦宮下健治花のお江戸の丑三つ時が
きよしのスイスイマドロスさん銅鑼が鳴ります函館の氷川きよし原文彦宮下健治銅鑼が鳴ります函館の
女の合鍵倖せ望みはしないけど氷川きよし仁井谷俊也宮下健治倖せ望みはしないけど
初雪の宿かくれ障子に月灯り村上良輔伊藤薫宮下健治かくれ障子に月灯り
男の絶唱鬼も蛇も出る浮世の川を氷川きよし原文彦宮下健治鬼も蛇も出る浮世の川を
みちのくランプの宿吊り橋わたって泊まる宿佐々木新一仁井谷俊也宮下健治吊り橋わたって泊まる宿
望郷おんな花意地も度胸も誠がなけりゃ西川ひとみ志賀大介宮下健治意地も度胸も誠がなけりゃ
柏崎恋歌逢いたかったとわたしの肩を西川ひとみ志賀大介宮下健治逢いたかったとわたしの肩を
夜明けの旅路希望と云う名の夢明かり大原かずみ志賀大介宮下健治希望と云う名の夢明かり
いつも優しく花のようにいつも星のように大原かずみ志賀大介宮下健治花のようにいつも星のように
防災音頭ハァ日本列島北から南大原かずみ高橋典正宮下健治ハァ日本列島北から南
せつな川添えるあてない哀しい恋と篁紗をり麻こよみ宮下健治添えるあてない哀しい恋と
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
命 まるごとあんな男と言われても篁紗をり麻こよみ宮下健治あんな男と言われても
樹木はおのれのあるがまま蒼彦太久仁京介宮下健治樹木はおのれのあるがまま
お富と与三いやさこれお富蒼彦太久仁京介宮下健治いやさこれお富
デカンショ港ヨーイヨーイデッカンショ氷川きよし仁井谷俊也宮下健治ヨーイヨーイデッカンショ
おとこの詩さくら木は雪背負い氷川きよし原文彦宮下健治さくら木は雪背負い
逢ってみたい人人生は人生は喜怒哀楽の水城なつみ志賀大介宮下健治人生は人生は喜怒哀楽の
うたつぐみはぐれ鳥でも鳥は鳥水城なつみ志賀大介宮下健治はぐれ鳥でも鳥は鳥
海峡みれん泣いて涙が乾くころ水貴かおり万城たかし宮下健治泣いて涙が乾くころ
くれない酒場紅い椿の咲くのれん水貴かおり万城たかし宮下健治紅い椿の咲くのれん
木曽路 着流し 気まま旅親の小言は柳に風と氷川きよしかず翼宮下健治親の小言は柳に風と
浪花の男辛抱十年我慢が五年松島進一郎柴田ちくどう宮下健治辛抱十年我慢が五年
上州一匹旅鴉義理を立てるか人情を取るか松島進一郎柴田ちくどう宮下健治義理を立てるか人情を取るか
修善寺夜雨傘にかくれて人眼をさけて三門忠司仁井谷俊也宮下健治傘にかくれて人眼をさけて
男の街道人には選んだ道がある三門忠司仁井谷俊也宮下健治人には選んだ道がある
黒潮海流雲が千切れて海が渦を巻く風は氷川きよし万城たかし宮下健治雲が千切れて海が渦を巻く風は
きよしのへっちゃらマンボふられちゃってマンボ氷川きよし仁井谷俊也宮下健治ふられちゃってマンボ
渦潮物語世界にとどろく鳴門の大渦が高瀬豊子丸山八留男宮下健治世界にとどろく鳴門の大渦が
きよしの数え唄ハァーサァサみんなでお手拍子氷川きよし仁井谷俊也宮下健治ハァーサァサみんなでお手拍子
筑波の風筑波おろしはわたしの命水城なつみ志賀大介宮下健治筑波おろしはわたしの命
寒緋桜寒緋桜は春告げ花です水城なつみ志賀大介宮下健治寒緋桜は春告げ花です
貴男がすべて…あなた愛して傷ついた氷川きよし仁井谷俊也宮下健治あなた愛して傷ついた
女とお酒のぶるーすお酒に逃げなきゃ耐えられ梓夕子仁井谷俊也宮下健治お酒に逃げなきゃ耐えられ
惚れてずぶ濡れ雪駄のまんまどしゃぶりを梓夕子和多田勝宮下健治雪駄のまんまどしゃぶりを
手筒花火こんなはずではなかったと上杉香緒里麻こよみ宮下健治こんなはずではなかったと
祖谷のかずら橋剣山おろしが谷間に吹けば佐々木新一仁井谷俊也宮下健治剣山おろしが谷間に吹けば
あの娘の船はいつ帰る岬燈台群れ飛ぶカモメ氷川きよし仁井谷俊也宮下健治岬燈台群れ飛ぶカモメ
おかえり…ただいま夕焼けは夕焼けは母のほほえみ梓夕子峰崎林二郎宮下健治夕焼けは夕焼けは母のほほえみ
母恋い三度笠逢いに戻ろかこのまま行こか三笠優子水木れいじ宮下健治逢いに戻ろかこのまま行こか
鶯 ~うぐいす~男ごころは浮気なものよ島津悦子仁井谷俊也宮下健治男ごころは浮気なものよ
花のお江戸の艶次郎丙生まれのおきゃんなあの娘島津悦子仁井谷俊也宮下健治丙生まれのおきゃんなあの娘
人生行路意地を通せば情けが枯れる青戸健志賀大介宮下健治意地を通せば情けが枯れる
男の旅路見える傷には泣かないが青戸健志賀大介宮下健治見える傷には泣かないが
高原旅愁失くした恋のなつかしく市川由紀乃木下龍太郎宮下健治失くした恋のなつかしく
指輪ひとりのお酒は淋しくて加川明麻こよみ宮下健治ひとりのお酒は淋しくて
さすらい慕情霧にかすんだ関門海峡氷川きよし仁井谷俊也宮下健治霧にかすんだ関門海峡
貝がら子守唄夜の浜辺の海鳥も親を呼ぶのか氷川きよしかず翼宮下健治夜の浜辺の海鳥も親を呼ぶのか
明日花ここまで歩いて来た道を大原かずみ志賀大介宮下健治ここまで歩いて来た道を
そんなもんです人生はおだて上手に乗せられた大原かずみ志賀大介宮下健治おだて上手に乗せられた
おもろい夫婦笑顔千両声万両やきもち鏡五郎&島津悦子下地亜記子宮下健治笑顔千両声万両やきもち
風流夢見舟河岸の柳に夜風がからむ鏡五郎&島津悦子下地亜記子宮下健治河岸の柳に夜風がからむ
じょんから姉妹雪にヨー雪にヨー雪に埋もれてなでしこ姉妹仁井谷俊也宮下健治雪にヨー雪にヨー雪に埋もれて
二升五合還暦またずに我が道を藤みえこ数丘夕彦宮下健治還暦またずに我が道を
盗人川の色男町のすき間を呑気にちょろり藤みえこ沖えいじ宮下健治町のすき間を呑気にちょろり
花嫁峠嫁ぐ佳き日の長持ち唄が佐々木新一関口義明宮下健治嫁ぐ佳き日の長持ち唄が
岩木川津軽平野をョーふたつに佐々木新一下地亜記子宮下健治津軽平野をョーふたつに
ちょいときまぐれ渡り鳥花のお江戸の風来坊が氷川きよし仁井谷俊也宮下健治花のお江戸の風来坊が
ちょいときまぐれ渡り鳥(セリフ入り)花のお江戸の風来坊が氷川きよし仁井谷俊也宮下健治花のお江戸の風来坊が
なみだ月こころの寒さに熱燗注げば鏡五郎仁井谷俊也宮下健治こころの寒さに熱燗注げば
土佐のかつお船千尋の海原押し分けて鏡五郎加茂笙子宮下健治千尋の海原押し分けて
朝露の宿窓の障子がしらじら明けて篁紗をり麻こよみ宮下健治窓の障子がしらじら明けて
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 大切な時間
  2. 霧雨で見えない
  3. 砂の城
  4. 草原をゆく男
  5. 九月の色

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照