水田竜子の歌詞一覧リスト  77曲中 1-77曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
77曲中 1-77曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
会津のおんなみちのく生まれは 深なさけ 抱かれる気持に 迷いはないわ 雪の夜道を つめたい指に 息を吹きかけ 迎え傘…… いいの逢えたら 倖ですと 駅へ小走り 会津のおんな  若松あたりの 湯の郷へ 人目を忍んで 遠出をしたい 罪な契りと わかっていても 淡く咲けない 寒椿…… いいの私も さだめのままに 燃えて散ります 会津のおんな  風花みたいな 恋だけど この手に包んで 信じていたい 月のしずくに ふたりで濡れて なごり惜しんだ 城下町…… いいのここから 他人の顔で あなた見送る 会津のおんな水田竜子水木れいじ水森英夫前田俊明みちのく生まれは 深なさけ 抱かれる気持に 迷いはないわ 雪の夜道を つめたい指に 息を吹きかけ 迎え傘…… いいの逢えたら 倖ですと 駅へ小走り 会津のおんな  若松あたりの 湯の郷へ 人目を忍んで 遠出をしたい 罪な契りと わかっていても 淡く咲けない 寒椿…… いいの私も さだめのままに 燃えて散ります 会津のおんな  風花みたいな 恋だけど この手に包んで 信じていたい 月のしずくに ふたりで濡れて なごり惜しんだ 城下町…… いいのここから 他人の顔で あなた見送る 会津のおんな
旭川のおんな優(ゆう)佳良(から)織りが 紡ぐのは 未練交じりの 恋模様 吹雪に消える 背を送り 涙も凍る 氷点(ひょうてん)橋(ばし)よ しんしんと しんしんと  故郷(ふるさと)走る 汽車が啼く 忘れられない 男(ひと)想い 屯田まつり 笛太鼓 胸を焦がした 真夏の宵は しんしんと しんしんと  夜風が寒い 旭川 弧(ひと)り このまま 春を待つ 思い出浮かべ 酔いしれて 恋しさ募る 雪割酒よ しんしんと しんしんと水田竜子森田いづみ水森英夫丸山雅仁優(ゆう)佳良(から)織りが 紡ぐのは 未練交じりの 恋模様 吹雪に消える 背を送り 涙も凍る 氷点(ひょうてん)橋(ばし)よ しんしんと しんしんと  故郷(ふるさと)走る 汽車が啼く 忘れられない 男(ひと)想い 屯田まつり 笛太鼓 胸を焦がした 真夏の宵は しんしんと しんしんと  夜風が寒い 旭川 弧(ひと)り このまま 春を待つ 思い出浮かべ 酔いしれて 恋しさ募る 雪割酒よ しんしんと しんしんと
雨の記憶雨の音で目覚めた 一人ぼっちの朝 貴方がいない部屋で 一人飲むコーヒー 手を延ばせば届いた 小さな幸せも 連れていってしまった 雨、雨、雨… 教えて貴方二人の暮しに 嘘はなかったはずよ。 雨の匂いに抱かれて もう少し眠るわ  愛し合ったあの夜も なぜか突然雨 唇ふれただけで 信じ合えた幸せ 窓の外はもうすぐ 秋も終わる気配 枯葉さえも泣いてる 雨、雨、雨… 教えて貴方一人の生き方 どうか教えてほしい。 雨の匂いに抱かれて もう少し眠かせて  教えて貴方雨はいじわる 愛の記憶を消すの。 なぜかそれでも私は この雨が好きです水田竜子さわだすずこ弦哲也南郷達也雨の音で目覚めた 一人ぼっちの朝 貴方がいない部屋で 一人飲むコーヒー 手を延ばせば届いた 小さな幸せも 連れていってしまった 雨、雨、雨… 教えて貴方二人の暮しに 嘘はなかったはずよ。 雨の匂いに抱かれて もう少し眠るわ  愛し合ったあの夜も なぜか突然雨 唇ふれただけで 信じ合えた幸せ 窓の外はもうすぐ 秋も終わる気配 枯葉さえも泣いてる 雨、雨、雨… 教えて貴方一人の生き方 どうか教えてほしい。 雨の匂いに抱かれて もう少し眠かせて  教えて貴方雨はいじわる 愛の記憶を消すの。 なぜかそれでも私は この雨が好きです
有明月夜面影訪ねて 降り立つ町は 肥前(ひぜん)七浦(ななうら) 木造りの駅 袂(たもと)にしまった 恋しさが 潮に絡んで 騒ぐ夜 あゝ 有明月夜 旅路 照らして 愛に迷わぬように  幻でしょうか… 不知火(しらぬい)燃える 儚い女の 情念(いのち)を焦がし 溺れる未来(あした)に 踏み出せず 波に返した 愛なのに あゝ 有明月夜 季節(とき)を 戻して こころ逸(はぐ)れぬように  未練が後引く 島原みなと 襟足さみしい 女がひとり 思い出見送る 桟橋で 風に優しく 抱かれたい あゝ 有明月夜 なみだ 拭って 愛に迷わぬように水田竜子森田いづみ水森英夫丸山雅仁面影訪ねて 降り立つ町は 肥前(ひぜん)七浦(ななうら) 木造りの駅 袂(たもと)にしまった 恋しさが 潮に絡んで 騒ぐ夜 あゝ 有明月夜 旅路 照らして 愛に迷わぬように  幻でしょうか… 不知火(しらぬい)燃える 儚い女の 情念(いのち)を焦がし 溺れる未来(あした)に 踏み出せず 波に返した 愛なのに あゝ 有明月夜 季節(とき)を 戻して こころ逸(はぐ)れぬように  未練が後引く 島原みなと 襟足さみしい 女がひとり 思い出見送る 桟橋で 風に優しく 抱かれたい あゝ 有明月夜 なみだ 拭って 愛に迷わぬように
アンコ椿は恋の花三日おくれの 便りをのせて 船が行く行く 波浮(はぶ)港 いくら好きでも あなたは遠い 波の彼方へ いったきり あんこ便りは あんこ便りは あ………あ 片便り  三原山から 吹き出す煙り 北へなびけば 思い出す 惚(ほ)れちゃならない 都の人に よせる思いが 灯ともえて あんこ椿は あんこ椿は あ………あ すすり泣き  風にひらひら かすりの裾(すそ)が 舞えばはずかし 十六の 長い黒髪 プッツリ切って かえるカモメに たくしたや あんこつぼみは あんこつぼみは あ………あ 恋の花水田竜子星野哲郎市川昭介山田年秋三日おくれの 便りをのせて 船が行く行く 波浮(はぶ)港 いくら好きでも あなたは遠い 波の彼方へ いったきり あんこ便りは あんこ便りは あ………あ 片便り  三原山から 吹き出す煙り 北へなびけば 思い出す 惚(ほ)れちゃならない 都の人に よせる思いが 灯ともえて あんこ椿は あんこ椿は あ………あ すすり泣き  風にひらひら かすりの裾(すそ)が 舞えばはずかし 十六の 長い黒髪 プッツリ切って かえるカモメに たくしたや あんこつぼみは あんこつぼみは あ………あ 恋の花
暗夜航路生きてゆくのが 下手だから にがさ重ねて 千鳥足 いいのいいのよ あんた...... 風がヒュルヒュル 沁みる夜は 錨おろして この胸に  淋しがりやで 惚れたがり なおらないわね 死ぬまでは いいのいいのよ あんた...... 一夜泊りの 船だって ともす灯りは 夢灯り  苦労ひろって 港町 やせたおんなの 繩のれん いいのいいのよ あんた...... つれていってと 云えないで すがる背中に 霧が降る水田竜子吉岡治弦哲也山田年秋生きてゆくのが 下手だから にがさ重ねて 千鳥足 いいのいいのよ あんた...... 風がヒュルヒュル 沁みる夜は 錨おろして この胸に  淋しがりやで 惚れたがり なおらないわね 死ぬまでは いいのいいのよ あんた...... 一夜泊りの 船だって ともす灯りは 夢灯り  苦労ひろって 港町 やせたおんなの 繩のれん いいのいいのよ あんた...... つれていってと 云えないで すがる背中に 霧が降る
潮来花嫁さん潮来花嫁さんは 潮来花嫁さんは 舟で行く 月の出潮を ギッチラギッチラ ギッチラコ 人のうわさに かくれて咲いた 花も十八 嫁御寮  潮来花嫁さんは 潮来花嫁さんは 舟で行く 夢をいだいて ギッチラギッチラ ギッチラコ 好きなあの人 東京育ち 私しゃ潮来の 水育ち  潮来花嫁さんは 潮来花嫁さんは 舟で行く 花の都へ ギッチラギッチラ ギッチラコ 別れ惜しむか よしきりさえも 啼いて見送る 葦のかげ水田竜子柴田よしかず水時富士夫山田年秋潮来花嫁さんは 潮来花嫁さんは 舟で行く 月の出潮を ギッチラギッチラ ギッチラコ 人のうわさに かくれて咲いた 花も十八 嫁御寮  潮来花嫁さんは 潮来花嫁さんは 舟で行く 夢をいだいて ギッチラギッチラ ギッチラコ 好きなあの人 東京育ち 私しゃ潮来の 水育ち  潮来花嫁さんは 潮来花嫁さんは 舟で行く 花の都へ ギッチラギッチラ ギッチラコ 別れ惜しむか よしきりさえも 啼いて見送る 葦のかげ
伊根の舟屋壁の日めくり 一枚破り 宿の窓辺で 鶴を折る 泣きに来た 伊根の舟屋は 波まくら・・・・・ 海が玄関(おもて)よ 通りは裏口(うら)よ そんな哀しい 恋だから  三日三晩の 東風(いちせ)もやんで 沖は夕なぎ イカ日和 絵のような 伊根の舟屋の 月灯り・・・・・ ふたつぐい呑み 並べてみても ひとりぼっちは 淋しくて  旅のおわりの 浮棧橋に 咲いて春待つ 口紅水仙(せっちゅうか) ふりむけば 伊根の舟屋は 雪の中・・・・・ 生きる寒さに 負けそな時は 泣きにおいでと 呼ぶように水田竜子水木れいじ水森英夫壁の日めくり 一枚破り 宿の窓辺で 鶴を折る 泣きに来た 伊根の舟屋は 波まくら・・・・・ 海が玄関(おもて)よ 通りは裏口(うら)よ そんな哀しい 恋だから  三日三晩の 東風(いちせ)もやんで 沖は夕なぎ イカ日和 絵のような 伊根の舟屋の 月灯り・・・・・ ふたつぐい呑み 並べてみても ひとりぼっちは 淋しくて  旅のおわりの 浮棧橋に 咲いて春待つ 口紅水仙(せっちゅうか) ふりむけば 伊根の舟屋は 雪の中・・・・・ 生きる寒さに 負けそな時は 泣きにおいでと 呼ぶように
うす紅の宿忍ぶ忍ばず ひと夜(よ)の恋に 咲いて誰待つ 花水木 こころ一重(ひとえ)に 銀山川(ぎんざんがわ)の 冬に耐えてた 女です… 抱いてください しっかりと 命とかして うす紅の宿  肩をよせあい 白銀橋(しろがねばし)を 行けば日暮れる いで湯川 燃えてせつない この身をまかせ 夢を見たいの 夜明けまで… そうよその手の ぬくもりに 命染めたい うす紅の宿  今度いつとは 言えない人の うしろ姿に 泣けました 瀬音哀しい 洗心郷(せんしんきょう)で なごり惜しめば 雨が降る… 忘れないでね また来てね 命あずけた うす紅の宿水田竜子水木れいじ水森英夫野村豊忍ぶ忍ばず ひと夜(よ)の恋に 咲いて誰待つ 花水木 こころ一重(ひとえ)に 銀山川(ぎんざんがわ)の 冬に耐えてた 女です… 抱いてください しっかりと 命とかして うす紅の宿  肩をよせあい 白銀橋(しろがねばし)を 行けば日暮れる いで湯川 燃えてせつない この身をまかせ 夢を見たいの 夜明けまで… そうよその手の ぬくもりに 命染めたい うす紅の宿  今度いつとは 言えない人の うしろ姿に 泣けました 瀬音哀しい 洗心郷(せんしんきょう)で なごり惜しめば 雨が降る… 忘れないでね また来てね 命あずけた うす紅の宿
噂の港北をめざして 函館(はこだて)・小樽(おたる) 西ゆく船に また乗りかえる 白いうねりは 日本海 うみねこみたいな あの男(ひと)だから 言っておきたい ことがある わたしは一途な 恋おんな  あとでかならず 本物やると あのときくれた 硝子の指輪 嘘がキラキラ 光ってる 許してしまえば おんなの敗けよ 風の噂は おけさ島 あいつが居そうな 小木港(おぎみなと)  きのう舞鶴(まいづる) きょう美保関(みほのせき) あしたは汽車で 関門(かんもん)こえる 命がけです お月さま もいちど逢えたら 死ぬほど抱かれ 言っておきたい ことがある 旅路の終りは 博多やら水田竜子池田充男水森英夫前田俊明北をめざして 函館(はこだて)・小樽(おたる) 西ゆく船に また乗りかえる 白いうねりは 日本海 うみねこみたいな あの男(ひと)だから 言っておきたい ことがある わたしは一途な 恋おんな  あとでかならず 本物やると あのときくれた 硝子の指輪 嘘がキラキラ 光ってる 許してしまえば おんなの敗けよ 風の噂は おけさ島 あいつが居そうな 小木港(おぎみなと)  きのう舞鶴(まいづる) きょう美保関(みほのせき) あしたは汽車で 関門(かんもん)こえる 命がけです お月さま もいちど逢えたら 死ぬほど抱かれ 言っておきたい ことがある 旅路の終りは 博多やら
江ノ島ごころ忘れられない 別れても おもいで波うつ 相模湾(さがみ)の海よ みんな嘘(うそ)だと 知りつつ今日も ひとり来ました 面影抱いて 誰を呼ぶのか 浜千鳥 雨が泣かせる 女の恋ごころ  中津宮(なかつみや)から ふり向けば 幸せ叶うと 教えたあなた 待てど暮らせど 戻らぬ人と 知っていたなら 抱かれなかった… 一夜泊(ひとよどま)りの 情(なさけ)でも あとを追いたい 女の恋ごころ  涙かれても 燃える恋 みれんという名の 宵待草か 咲くに咲けない 片瀬(かたせ)の花が あなた偲(しの)んで 呑(の)みほすお酒… 夢に見ました 帰り船 醒(さ)めてせつない 女の恋ごころ水田竜子水木れいじ水森英夫南郷達也忘れられない 別れても おもいで波うつ 相模湾(さがみ)の海よ みんな嘘(うそ)だと 知りつつ今日も ひとり来ました 面影抱いて 誰を呼ぶのか 浜千鳥 雨が泣かせる 女の恋ごころ  中津宮(なかつみや)から ふり向けば 幸せ叶うと 教えたあなた 待てど暮らせど 戻らぬ人と 知っていたなら 抱かれなかった… 一夜泊(ひとよどま)りの 情(なさけ)でも あとを追いたい 女の恋ごころ  涙かれても 燃える恋 みれんという名の 宵待草か 咲くに咲けない 片瀬(かたせ)の花が あなた偲(しの)んで 呑(の)みほすお酒… 夢に見ました 帰り船 醒(さ)めてせつない 女の恋ごころ
奥志摩の宿しぶき舞い散る 鴎がさわぐ 泣けとばかりに 潮風(かぜ)が吹く ひとり身を引く わかれ旅 まるで真珠の 涙のような ここは英虞湾(あごわん) 奥志摩の宿  舟が沖ゆく 想い出うねる 夢のなごりが 身を揺らす 忘れられない あの人を 呼べば霧笛(むてき)が せつなく鳴いて 波切(なきり) 浜島(はまじま) 奥志摩の宿  波が岸うつ 海女笛(あまぶえ)しみる 胸が痛がる 恋しがる 明日(あす)の当てない 迷い旅 おんな心の 未練が燃えて 夕陽哀しい 奥志摩の宿水田竜子下地亜記子水森英夫前田俊明しぶき舞い散る 鴎がさわぐ 泣けとばかりに 潮風(かぜ)が吹く ひとり身を引く わかれ旅 まるで真珠の 涙のような ここは英虞湾(あごわん) 奥志摩の宿  舟が沖ゆく 想い出うねる 夢のなごりが 身を揺らす 忘れられない あの人を 呼べば霧笛(むてき)が せつなく鳴いて 波切(なきり) 浜島(はまじま) 奥志摩の宿  波が岸うつ 海女笛(あまぶえ)しみる 胸が痛がる 恋しがる 明日(あす)の当てない 迷い旅 おんな心の 未練が燃えて 夕陽哀しい 奥志摩の宿
奥飛騨慕情風の噂(うわさ)に ひとり来て 湯の香(か)恋しい 奥飛騨路(おくひだじ) 水の流れも そのままに 君はいでゆの ネオン花 ああ 奥飛騨に 雨がふる  情けの渕(ふち)に 咲いたとて 運命(さだめ)悲しい 流れ花 未練(みれん)残(のこ)した 盃(さかずき)に 面影(おもかげ)揺れて また浮かぶ ああ 奥飛騨に 雨がふる  抱いたのぞみの はかなさを 知るや谷間の 白百合よ 泣いてまた呼ぶ 雷鳥(らいちょう)の 声もかなしく 消えてゆく ああ 奥飛騨に 雨がふる水田竜子竜鉄也竜鉄也山田年秋風の噂(うわさ)に ひとり来て 湯の香(か)恋しい 奥飛騨路(おくひだじ) 水の流れも そのままに 君はいでゆの ネオン花 ああ 奥飛騨に 雨がふる  情けの渕(ふち)に 咲いたとて 運命(さだめ)悲しい 流れ花 未練(みれん)残(のこ)した 盃(さかずき)に 面影(おもかげ)揺れて また浮かぶ ああ 奥飛騨に 雨がふる  抱いたのぞみの はかなさを 知るや谷間の 白百合よ 泣いてまた呼ぶ 雷鳥(らいちょう)の 声もかなしく 消えてゆく ああ 奥飛騨に 雨がふる
お立ち酒花の絵すがた 花よめ姿 今日はめでたい むすびの宴よ わかりますとも 運命の夫と 決めて旅立つ 娘のこころ… 送る涙の…送る涙の…あゝ お立ち酒  風も吹きます 嵐も来るさ それが夫婦の 行く道ならば 永遠によりそい 命はひとつ なんの恐かろ 荒波しぶき… 越えて明日へ…越えて明日へ… あゝ お立ち酒  やる気負けん気 日本一の あばれ竜なら 天まで昇れ 生きる苦労に さらされようと 泣くも笑うも 人生一路… 夢を宝に…夢を宝に…あゝ お立ち酒水田竜子水木れいじ市川昭介花の絵すがた 花よめ姿 今日はめでたい むすびの宴よ わかりますとも 運命の夫と 決めて旅立つ 娘のこころ… 送る涙の…送る涙の…あゝ お立ち酒  風も吹きます 嵐も来るさ それが夫婦の 行く道ならば 永遠によりそい 命はひとつ なんの恐かろ 荒波しぶき… 越えて明日へ…越えて明日へ… あゝ お立ち酒  やる気負けん気 日本一の あばれ竜なら 天まで昇れ 生きる苦労に さらされようと 泣くも笑うも 人生一路… 夢を宝に…夢を宝に…あゝ お立ち酒
女の色気はないけれど世間のすみで 慎ましく 生きてきました 昨日まで お荷物だけには ならないように うまれ変って みせるから…… あなたの私にしてくれますか 女の色気はないけれど  お酒に捨てた 恋もある 意地で忘れた 恋もある 誰かの幸せ横目で見ては すねた私は もういない…… あなたのおそばで夢見ていたい 女の色気はないけれど  あきらめかけた 時でした 嘘がはびこる ご時世に ほんとに逢えると思わなかった 泣けてくるほど 純な人…… あなたの心で咲かせて欲しい 女の色気はないけれど水田竜子水木れいじ水森英夫伊戸のりお世間のすみで 慎ましく 生きてきました 昨日まで お荷物だけには ならないように うまれ変って みせるから…… あなたの私にしてくれますか 女の色気はないけれど  お酒に捨てた 恋もある 意地で忘れた 恋もある 誰かの幸せ横目で見ては すねた私は もういない…… あなたのおそばで夢見ていたい 女の色気はないけれど  あきらめかけた 時でした 嘘がはびこる ご時世に ほんとに逢えると思わなかった 泣けてくるほど 純な人…… あなたの心で咲かせて欲しい 女の色気はないけれど
おんなの出船涙 涙 涙 涙 涙枯れても 枯れるな恋よ 船に 私は乗る あなた 桟橋で 白いテープを引く お別れ波止場 サヨナラ サヨナラ おんなの出船  夢を 夢を 夢を 夢を 夢を下さい おんなの夢を 明日は どうにかなる 今夜 見る夢に愛を信じて行く 一人の旅路 サヨナラ サヨナラ おんなの出船  心 心 心 心 心あげます おんなの心 他に 何もない あげる ものなんて 沖じゃカモメが泣く お別れ波止場 サヨナラ サヨナラ おんなの出船水田竜子山田孝雄船村徹山田年秋涙 涙 涙 涙 涙枯れても 枯れるな恋よ 船に 私は乗る あなた 桟橋で 白いテープを引く お別れ波止場 サヨナラ サヨナラ おんなの出船  夢を 夢を 夢を 夢を 夢を下さい おんなの夢を 明日は どうにかなる 今夜 見る夢に愛を信じて行く 一人の旅路 サヨナラ サヨナラ おんなの出船  心 心 心 心 心あげます おんなの心 他に 何もない あげる ものなんて 沖じゃカモメが泣く お別れ波止場 サヨナラ サヨナラ おんなの出船
女の港口紅が 濃すぎたかしら 着物にすれば よかったかしら 二ヶ月前に 函館で はぐれた人を 長崎へ 追えば一夜が 死ぬほど長い 私は港の 通い妻  信じても ひとりになると ぷつんと切れる ふたりの絆 たしかめあった 横浜の 棧橋はなれ 塩釜へ 向かうあなたが もう気にかかる いつまでたっても 恋女  海猫の 声ききながら 港の宿で あなたを待てば たずねる船は 青森にゃ 寄らずに佐渡へ 行くという つらい知らせは なれっこだから 夜汽車でマフラー 編むのです水田竜子星野哲郎船村徹山田年秋口紅が 濃すぎたかしら 着物にすれば よかったかしら 二ヶ月前に 函館で はぐれた人を 長崎へ 追えば一夜が 死ぬほど長い 私は港の 通い妻  信じても ひとりになると ぷつんと切れる ふたりの絆 たしかめあった 横浜の 棧橋はなれ 塩釜へ 向かうあなたが もう気にかかる いつまでたっても 恋女  海猫の 声ききながら 港の宿で あなたを待てば たずねる船は 青森にゃ 寄らずに佐渡へ 行くという つらい知らせは なれっこだから 夜汽車でマフラー 編むのです
角館哀歌恋の残り火 雪で消し 桜の頃には 忘れたい あなたと別れて 訪ねた町は 北の静かな 角館… 生まれかわって 出直したいと 願うおんなの ひとり旅  墨絵ぼかしに 薄暮れて 淋しさあふれる 武家屋敷 あなたを失くして はじめて知った 夜の長さよ 角館… 泣けとばかりに 舞い散る雪が 肩につめたい ひとり傘  雪の切れ間に 三日月は みれんに焦がれて 痩せたのか あなたの面影 抱きしめながら 酔えばせつない 角館… 遠くなるほど 逢いたさつのり こころ乱れる ひとり酒水田竜子水木れいじ水森英夫恋の残り火 雪で消し 桜の頃には 忘れたい あなたと別れて 訪ねた町は 北の静かな 角館… 生まれかわって 出直したいと 願うおんなの ひとり旅  墨絵ぼかしに 薄暮れて 淋しさあふれる 武家屋敷 あなたを失くして はじめて知った 夜の長さよ 角館… 泣けとばかりに 舞い散る雪が 肩につめたい ひとり傘  雪の切れ間に 三日月は みれんに焦がれて 痩せたのか あなたの面影 抱きしめながら 酔えばせつない 角館… 遠くなるほど 逢いたさつのり こころ乱れる ひとり酒
風の宿真野(まの)の夕焼け 涙を染めて あなた恋しい 日本海 女ひとりの 旅だから まして理由(わけ)ある 旅だから・・・・・ 沖のカモメよ もう泣かないで 逢いたさ たちきる 風の宿  肩を抱かれて 尖閣湾(せんかくわん)へ そぞろ歩いた 萱草(はな)の径 散ってはかない 倖せに どこか似ている 昼の月・・・・・ 酔って夜明(あか)した 地酒(おさけ)もさめて 淋しさ 波打つ 風の宿  凪(なぎ)の両津(りょうつ)か 荒磯(ありそ)の小木(おぎ)か 佐渡の海にも 顔ふたつ 男ごころの 裏表 みんな許して 船に乗る・・・・・ おけさ囃子を 背中で聞いて 一から 出直す 風の宿水田竜子水木れいじ水森英夫真野(まの)の夕焼け 涙を染めて あなた恋しい 日本海 女ひとりの 旅だから まして理由(わけ)ある 旅だから・・・・・ 沖のカモメよ もう泣かないで 逢いたさ たちきる 風の宿  肩を抱かれて 尖閣湾(せんかくわん)へ そぞろ歩いた 萱草(はな)の径 散ってはかない 倖せに どこか似ている 昼の月・・・・・ 酔って夜明(あか)した 地酒(おさけ)もさめて 淋しさ 波打つ 風の宿  凪(なぎ)の両津(りょうつ)か 荒磯(ありそ)の小木(おぎ)か 佐渡の海にも 顔ふたつ 男ごころの 裏表 みんな許して 船に乗る・・・・・ おけさ囃子を 背中で聞いて 一から 出直す 風の宿
桂浜哀歌黒潮育ちの 負けん気もヨー 恋に溺れりゃ 泣きもする 寄せる さざ波 五色(ごしき)の浜で 誰を想うか 朧月(おぼろづき) あんた…好きながよ 好きながよ 今宵恋しい アンアアン… ひとがいる  よさこい祭りに 魅せられてヨー 花のかんざし 燃える紅(あか) むかし名残りの はりまや橋に いとし面影 また浮かぶ あんた…会いとうて 会いとうて 女心に アンアアン… 灯をともす  こぼれる涙の 真心にヨー 霧笛ひと声 沁みる夜 待てば寂しい 男の旅は 月も泣くよな 桂浜 あんた…好きながよ 好きながよ 惚れて惚れぬく アンアアン… ひとがいる水田竜子森田いづみ宮下健治南郷達也黒潮育ちの 負けん気もヨー 恋に溺れりゃ 泣きもする 寄せる さざ波 五色(ごしき)の浜で 誰を想うか 朧月(おぼろづき) あんた…好きながよ 好きながよ 今宵恋しい アンアアン… ひとがいる  よさこい祭りに 魅せられてヨー 花のかんざし 燃える紅(あか) むかし名残りの はりまや橋に いとし面影 また浮かぶ あんた…会いとうて 会いとうて 女心に アンアアン… 灯をともす  こぼれる涙の 真心にヨー 霧笛ひと声 沁みる夜 待てば寂しい 男の旅は 月も泣くよな 桂浜 あんた…好きながよ 好きながよ 惚れて惚れぬく アンアアン… ひとがいる
哀しみのエアポートあなたの出ない 留守電に 「サヨナラ」ひと言 告げたなら 人影まばらな 出発ロビー 想いで背にして 歩き出す  北国ゆきの 最終便 ふたり旅した あの街へ ひとりで飛び立つ ひとりで飛び立つ 北空路  「嫌い」と口で つぶやいた 「好きよ」と心が言い返す 時計の針だけ 戻してみても 愛した過去に 帰れない  北国ゆきの 最終便 指輪はずした くすり指 涙に濡れてる 涙に濡れてる ひとり旅  北国ゆきの 最終便 翼傷めて 舞い降りる 別れに似合いの 別れに似合いの 北空路 水田竜子菅麻貴子徳久広司あなたの出ない 留守電に 「サヨナラ」ひと言 告げたなら 人影まばらな 出発ロビー 想いで背にして 歩き出す  北国ゆきの 最終便 ふたり旅した あの街へ ひとりで飛び立つ ひとりで飛び立つ 北空路  「嫌い」と口で つぶやいた 「好きよ」と心が言い返す 時計の針だけ 戻してみても 愛した過去に 帰れない  北国ゆきの 最終便 指輪はずした くすり指 涙に濡れてる 涙に濡れてる ひとり旅  北国ゆきの 最終便 翼傷めて 舞い降りる 別れに似合いの 別れに似合いの 北空路 
関東おんな節姿は女で 生れてきたが 男勝(まさ)りの 鉄火肌(てっかはだ) 義理や人情は 吹き曝(さら)し めそめそしてたら 生きられぬ 意地で世間の 意地で世間の エー風を切る  宵越(よいご)し未練は 持たずに散った 桜吹雪の 潔(いさぎよ)さ なぜに引かれる うしろ髪(がみ) 甲斐性(かいしょう)無(な)しほど 気にかかる 恋は心の 恋は心の エー泣きどころ  気立(きだ)ては優(やさ)しい 母親譲(ゆず)り 気性(きしょう)竹割(たけわり) 父譲(ゆず)り 甘い言葉にゃ なびかない 真実一路(しんじついちろ)の 道を行く 花の関東 花の関東 エーおんな節水田竜子高橋直人伊藤雪彦姿は女で 生れてきたが 男勝(まさ)りの 鉄火肌(てっかはだ) 義理や人情は 吹き曝(さら)し めそめそしてたら 生きられぬ 意地で世間の 意地で世間の エー風を切る  宵越(よいご)し未練は 持たずに散った 桜吹雪の 潔(いさぎよ)さ なぜに引かれる うしろ髪(がみ) 甲斐性(かいしょう)無(な)しほど 気にかかる 恋は心の 恋は心の エー泣きどころ  気立(きだ)ては優(やさ)しい 母親譲(ゆず)り 気性(きしょう)竹割(たけわり) 父譲(ゆず)り 甘い言葉にゃ なびかない 真実一路(しんじついちろ)の 道を行く 花の関東 花の関東 エーおんな節
カーテンコール二度目のブザーが 舞台に響き 時はひととき 静かに止まる 幕開け前の 静けさは 何年経っても 怖いまま 思い出すのは 十六の春 雪解け間近の エアポート 見送る人の涙に 手を振った 煌(きら)めくライトに 照らされて 今日もあなたに あなたに愛を歌ってる  憧れ抱いた 少女はやがて 都会の冷たさ 切なさ知った 寄り添う人の ぬくもりが それでも明日を 照らしてた 私らしくと 教えてくれた あなたと 一緒に この先も 果てない 夢の旅路を 歩きたい 揺らめくライトの その中に 今日も私は 飾らぬ愛を紡いでる  カーテンコールに 包まれて 今日もあなたの あなたのために歌ってる そしてあなたに あなたに愛を届けたい水田竜子日野浦かなで岡千秋南郷達也二度目のブザーが 舞台に響き 時はひととき 静かに止まる 幕開け前の 静けさは 何年経っても 怖いまま 思い出すのは 十六の春 雪解け間近の エアポート 見送る人の涙に 手を振った 煌(きら)めくライトに 照らされて 今日もあなたに あなたに愛を歌ってる  憧れ抱いた 少女はやがて 都会の冷たさ 切なさ知った 寄り添う人の ぬくもりが それでも明日を 照らしてた 私らしくと 教えてくれた あなたと 一緒に この先も 果てない 夢の旅路を 歩きたい 揺らめくライトの その中に 今日も私は 飾らぬ愛を紡いでる  カーテンコールに 包まれて 今日もあなたの あなたのために歌ってる そしてあなたに あなたに愛を届けたい
木曽川みれん木曽の御岳さん 墨絵に霞む 旅のおんなの 水(みず)木沢(きざわ) 逢えぬあなたの あと追えば 他人(ひと)は見るのよ 訳ありと 行きつ戻りつ 迷いつつ 妻(つま)籠(ご) 馬籠(まごめ)の 木曽川みれん  多度(たど)のお山が 夕陽に染まる 灯る情けの 宿あかり 膝を崩せば 恋しさに 酒もいつしか 燗(かん)ざまし ましてひとりの 寝化粧は 抱かれたくなる 木曽川みれん  川の流れに 棹(さお)さすように 見れば重なる 渡橋 恵那(えな)を離れて 木曽(きそ)岬(さき)へ きっとあなたに 逢えるまで つづくこの道 この旅路 明日へ旅発つ 木曽川みれん水田竜子坂口照幸水森英夫前田俊明木曽の御岳さん 墨絵に霞む 旅のおんなの 水(みず)木沢(きざわ) 逢えぬあなたの あと追えば 他人(ひと)は見るのよ 訳ありと 行きつ戻りつ 迷いつつ 妻(つま)籠(ご) 馬籠(まごめ)の 木曽川みれん  多度(たど)のお山が 夕陽に染まる 灯る情けの 宿あかり 膝を崩せば 恋しさに 酒もいつしか 燗(かん)ざまし ましてひとりの 寝化粧は 抱かれたくなる 木曽川みれん  川の流れに 棹(さお)さすように 見れば重なる 渡橋 恵那(えな)を離れて 木曽(きそ)岬(さき)へ きっとあなたに 逢えるまで つづくこの道 この旅路 明日へ旅発つ 木曽川みれん
北上川恋唄青き流れに 桜の花が はらはら散ります 花筏(はないかだ) 肩を寄せあい ほほえみあった あなたあれから どうしてますか 北上川に 北上川に 今もたずねます  何度泣いたか 忘れたけれど 今でも面影 揺れてます あなた変わらず やさしいままで 清い瞳の ままなのですか 北上川は 北上川は 今日も雨の中  空を見上げて ためいきひとつ あなたの笑顔が 雲になる きっと知らない 遠くの町で だれかいい人 みつけたでしょう 北上川は 北上川は ひとり恋の川水田竜子喜多條忠水森英夫前田俊明青き流れに 桜の花が はらはら散ります 花筏(はないかだ) 肩を寄せあい ほほえみあった あなたあれから どうしてますか 北上川に 北上川に 今もたずねます  何度泣いたか 忘れたけれど 今でも面影 揺れてます あなた変わらず やさしいままで 清い瞳の ままなのですか 北上川は 北上川は 今日も雨の中  空を見上げて ためいきひとつ あなたの笑顔が 雲になる きっと知らない 遠くの町で だれかいい人 みつけたでしょう 北上川は 北上川は ひとり恋の川
北国行きでつぎの北国行きが 来たら乗るの スーツケースをひとつ 下げて乗るの アー 何もあなたは知らないの この町と別れるの 明日(あした)あなたにお別れの 手紙が届くわきっと いつも別れましょうと 言ったけれど そうよ今度だけは ほんとのことなの  つぎの北国行きで 消えてゆくの 二人愛した街を 去ってゆくの アー 愛に疲れた二人なら このままで身を引くの にくみ合わないその前に 私(わたし)は消えてゆくの いつも別れましょうと 言ったけれど そうよ今度だけは ほんとのことなの  アー 電話かけてもベルだけが 空き部屋にひびくだけ 明日(あした)私のいないこと その時に気づくでしょう いつも別れましょうと 言ったけれど そうよ今度だけは ほんとのことなの水田竜子山上路夫鈴木邦彦萩原秀樹つぎの北国行きが 来たら乗るの スーツケースをひとつ 下げて乗るの アー 何もあなたは知らないの この町と別れるの 明日(あした)あなたにお別れの 手紙が届くわきっと いつも別れましょうと 言ったけれど そうよ今度だけは ほんとのことなの  つぎの北国行きで 消えてゆくの 二人愛した街を 去ってゆくの アー 愛に疲れた二人なら このままで身を引くの にくみ合わないその前に 私(わたし)は消えてゆくの いつも別れましょうと 言ったけれど そうよ今度だけは ほんとのことなの  アー 電話かけてもベルだけが 空き部屋にひびくだけ 明日(あした)私のいないこと その時に気づくでしょう いつも別れましょうと 言ったけれど そうよ今度だけは ほんとのことなの
北山崎雪と波とが ぶつかりあって 女ごころに つきささる 旅の終わりの… ここは三陸 北山崎よ 春を待てずに さだめに負けて 他人に戻る 意気地なし  ふたつ身体(からだ)が あったらなんて いいのいまさら なぐさめは 風が ほほ打つ… ここは三陸 北山崎よ 愛しながらも 別れる恋の 残り火捨てる 海の崖(はて)  みんな失(なく)して はじめて知った 人のしあわせ ふしあわせ 夢が舞い散る… ここは三陸 北山崎よ いくら呼んでも 樹氷の駅は あの日に帰る 汽車もない水田竜子水木れいじ水森英夫雪と波とが ぶつかりあって 女ごころに つきささる 旅の終わりの… ここは三陸 北山崎よ 春を待てずに さだめに負けて 他人に戻る 意気地なし  ふたつ身体(からだ)が あったらなんて いいのいまさら なぐさめは 風が ほほ打つ… ここは三陸 北山崎よ 愛しながらも 別れる恋の 残り火捨てる 海の崖(はて)  みんな失(なく)して はじめて知った 人のしあわせ ふしあわせ 夢が舞い散る… ここは三陸 北山崎よ いくら呼んでも 樹氷の駅は あの日に帰る 汽車もない
京都から博多まで肩につめたい 小雨が重い 思いきれない 未練(みれん)が重い 鐘(かね)が鳴る鳴る 憐(あわ)れむように 馬鹿な女と 云うように 京都から博多(はかた)まで あなたを追って 西へ流れて 行(ゆ)く女  二度も三度も 恋したあげく やはりあなたと 心にきめた 汽車が行(ゆ)く行く 瀬戸内ぞいに 沈む気持を ふり捨てて 京都から博多まで あなたを追って 恋をたずねて 行く女  京都育ちが 博多になれて 可愛(かわ)いなまりも いつしか消えた ひとりしみじみ 不幸を感じ ついてないわと 云いながら 京都から博多まで あなたを追って 今日も逢(あ)えずに 泣く女水田竜子阿久悠猪俣公章小高桂子肩につめたい 小雨が重い 思いきれない 未練(みれん)が重い 鐘(かね)が鳴る鳴る 憐(あわ)れむように 馬鹿な女と 云うように 京都から博多(はかた)まで あなたを追って 西へ流れて 行(ゆ)く女  二度も三度も 恋したあげく やはりあなたと 心にきめた 汽車が行(ゆ)く行く 瀬戸内ぞいに 沈む気持を ふり捨てて 京都から博多まで あなたを追って 恋をたずねて 行く女  京都育ちが 博多になれて 可愛(かわ)いなまりも いつしか消えた ひとりしみじみ 不幸を感じ ついてないわと 云いながら 京都から博多まで あなたを追って 今日も逢(あ)えずに 泣く女
京都の町からもう一度愛したことも 憎んだことも 水に流した 高瀬川 あの日の淡雪 花吹雪 ほんとに 色々あったけど… きっときっと今度は 倖せに 京都の町からもう一度 もう一度  初めてなのに 懐かしかった ひとり歩きの 天龍寺 あと振り向くなと 鐘が鳴る ほんとに 色々あったけど… 生まれ 生まれ変れた 気がするわ 京都の町からもう一度 もう一度  涙をこらえ 毘沙門堂(びしゃもんどう)へ たどる紅葉(もみじ)の 石畳 ふたりの誓いも 想い出ね ほんとに 色々あったけど… 明日(あす)を 明日(あす)を夢見て 生きて行く 京都の町からもう一度 もう一度水田竜子水木れいじ岡千秋南郷達也愛したことも 憎んだことも 水に流した 高瀬川 あの日の淡雪 花吹雪 ほんとに 色々あったけど… きっときっと今度は 倖せに 京都の町からもう一度 もう一度  初めてなのに 懐かしかった ひとり歩きの 天龍寺 あと振り向くなと 鐘が鳴る ほんとに 色々あったけど… 生まれ 生まれ変れた 気がするわ 京都の町からもう一度 もう一度  涙をこらえ 毘沙門堂(びしゃもんどう)へ たどる紅葉(もみじ)の 石畳 ふたりの誓いも 想い出ね ほんとに 色々あったけど… 明日(あす)を 明日(あす)を夢見て 生きて行く 京都の町からもう一度 もう一度
霧島の宿日豊本線 乗りつぐ駅は 南・風吹く 薩摩路へ 二行足らずの 走り書き きっと今頃 見てるはず あなた来るやら 来ないやら 最後の旅です 霧島の宿  日暮れの遅さに 救われそうよ 夜に待つには 人恋し 心離れを 恨むより 今はしずかに 手酌酒 月に湯の瀬も ゆれるほど 吐息もせつない 霧島の宿  霧島連山 つつじに染まる どこへ流れる 天降川(あもりがわ) 眠れないまま さ迷えば どこか空似の うしろ影 仕方ないのと 眼を閉じる 明日へ出直す 霧島の宿水田竜子坂口照幸水森英夫前田俊明日豊本線 乗りつぐ駅は 南・風吹く 薩摩路へ 二行足らずの 走り書き きっと今頃 見てるはず あなた来るやら 来ないやら 最後の旅です 霧島の宿  日暮れの遅さに 救われそうよ 夜に待つには 人恋し 心離れを 恨むより 今はしずかに 手酌酒 月に湯の瀬も ゆれるほど 吐息もせつない 霧島の宿  霧島連山 つつじに染まる どこへ流れる 天降川(あもりがわ) 眠れないまま さ迷えば どこか空似の うしろ影 仕方ないのと 眼を閉じる 明日へ出直す 霧島の宿
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
霧の土讃線旅の出逢いも さだめでしょうか あれは霜月(しもつき) かずら橋 燃えて燃えて 燃えて紅葉(もみじ)の紅より赤く 命までもと 染めた恋… おもいで訪ねて 今日また暮れて 影もやせます 霧の土讃線  剣山(やま)のけむりか 男のこころ 風の吹くまま 七曲(ななまがり) 待って待って 待って忍んだ春夏秋を 水に流して 冬支度… 夕陽のしずくに 泣きぬれながら きのう琴平(ことひら) 明日(あす)は土佐山田  谷の瀬音に ひよどり啼(な)けば 旅も終りの 無人駅 泣いて泣いて 泣いて忘れて出直す朝に 馬鹿ね やっぱり女です… 帰りの切符を 買ってはみたが 寒い逢いたい 霧の土讃線水田竜子水木れいじ水森英夫前田俊明旅の出逢いも さだめでしょうか あれは霜月(しもつき) かずら橋 燃えて燃えて 燃えて紅葉(もみじ)の紅より赤く 命までもと 染めた恋… おもいで訪ねて 今日また暮れて 影もやせます 霧の土讃線  剣山(やま)のけむりか 男のこころ 風の吹くまま 七曲(ななまがり) 待って待って 待って忍んだ春夏秋を 水に流して 冬支度… 夕陽のしずくに 泣きぬれながら きのう琴平(ことひら) 明日(あす)は土佐山田  谷の瀬音に ひよどり啼(な)けば 旅も終りの 無人駅 泣いて泣いて 泣いて忘れて出直す朝に 馬鹿ね やっぱり女です… 帰りの切符を 買ってはみたが 寒い逢いたい 霧の土讃線
国東みれん好きで別れて 旅するなんて 誰があの時 思ったでしょう 地図を片手に 涙でたどる 豊後(ぶんご)・粟島(あわしま)・国見岬(くにみさき)... このまま忘れよか やっぱり帰ろうか あなたに逢いたい 国東(くにさき)みれん  青い夜霧の 六郷坂(ろくごうざか)に 泣いているよな 野仏(のぼとけ)ひとつ 女ごころの ちいさな意地が わかれ話の 始めとは... このまま忘れよか やっぱり帰ろうか あなたに詫びたい 国東みれん  宇佐(うさ)の八幡(はちまん) 社宮(やしろ)の灯り 両掌(りょうて)あわせて 明日(あした)を探す 別府航路を 伊予路(いよじ)へ出れば 逢える気がする 夜明けです... このまま忘れよか やっぱり帰ろうか あなたに賭けたい 国東みれん水田竜子水木れいじ水森英夫前田俊明好きで別れて 旅するなんて 誰があの時 思ったでしょう 地図を片手に 涙でたどる 豊後(ぶんご)・粟島(あわしま)・国見岬(くにみさき)... このまま忘れよか やっぱり帰ろうか あなたに逢いたい 国東(くにさき)みれん  青い夜霧の 六郷坂(ろくごうざか)に 泣いているよな 野仏(のぼとけ)ひとつ 女ごころの ちいさな意地が わかれ話の 始めとは... このまま忘れよか やっぱり帰ろうか あなたに詫びたい 国東みれん  宇佐(うさ)の八幡(はちまん) 社宮(やしろ)の灯り 両掌(りょうて)あわせて 明日(あした)を探す 別府航路を 伊予路(いよじ)へ出れば 逢える気がする 夜明けです... このまま忘れよか やっぱり帰ろうか あなたに賭けたい 国東みれん
倉敷そだちたしかあなたは 倉敷そだち 訪ねて来たのよ もしやに賭(か)けて 逢える逢えない ふたつにひとつ… 揺(ゆ)れる心を 蛇の目傘(じゃのめ)で隠(かく)し 行(い)けば 日暮れる 白壁の町 雨よ返して あたしの命  泣いてあの日に 戻れたならば 意地などはらずに 抱かれてみたい 逢える逢えない ふたつにひとつ… 二泊三日と 決めてたはずが いつか根づいた 浮草の花 誰を待つのか 中橋灯(なかばしあか)り  あれは祭りの 天領丸(てんりょうまる)か 花嫁乗せてく 川舟(かわぶね)流し 逢える逢えない ふたつにひとつ… 柳(やなぎ)芽をふく 堀割端(ほりわりばた)で 夢を見ました おんなの夢を 今もあなたが あたしの命水田竜子水木れいじ岡千秋南郷達也たしかあなたは 倉敷そだち 訪ねて来たのよ もしやに賭(か)けて 逢える逢えない ふたつにひとつ… 揺(ゆ)れる心を 蛇の目傘(じゃのめ)で隠(かく)し 行(い)けば 日暮れる 白壁の町 雨よ返して あたしの命  泣いてあの日に 戻れたならば 意地などはらずに 抱かれてみたい 逢える逢えない ふたつにひとつ… 二泊三日と 決めてたはずが いつか根づいた 浮草の花 誰を待つのか 中橋灯(なかばしあか)り  あれは祭りの 天領丸(てんりょうまる)か 花嫁乗せてく 川舟(かわぶね)流し 逢える逢えない ふたつにひとつ… 柳(やなぎ)芽をふく 堀割端(ほりわりばた)で 夢を見ました おんなの夢を 今もあなたが あたしの命
ご機嫌ななめ水割りをあたらしく 涙の指紋がグラスについてるから あらためて乾杯を 大人を気どってサヨナラしましょ  キッスの手ほどきしかけておいて 膝に乗るくせつけさせといてアバヨですかー 欲しかったのはこころそれともからだ わたしご機嫌ななめ 愛されたのは上辺それとも中味 この場で答出して  想い出に酔ってると 言葉の刃があいだを生き交うから にぎやかにはなやかに パーティみたいにサヨナラしましょ  服のぬぎかた教えておいて 腰をだいた手あっさり引いてアバヨですかー 飽きられたのはこころそれともからだ わたしご機嫌ななめ 愛されたのは一部それとも全部 どちらか証拠見せて  熱いシャワーを浴びさせといて 髪をみじかく切らせておいてアバヨですかー 捨てられたのはこころそれともからだ わたしご機嫌ななめ 愛されたのは男それとも女 最後にけじめつけて 水田竜子千家和也幸耕平水割りをあたらしく 涙の指紋がグラスについてるから あらためて乾杯を 大人を気どってサヨナラしましょ  キッスの手ほどきしかけておいて 膝に乗るくせつけさせといてアバヨですかー 欲しかったのはこころそれともからだ わたしご機嫌ななめ 愛されたのは上辺それとも中味 この場で答出して  想い出に酔ってると 言葉の刃があいだを生き交うから にぎやかにはなやかに パーティみたいにサヨナラしましょ  服のぬぎかた教えておいて 腰をだいた手あっさり引いてアバヨですかー 飽きられたのはこころそれともからだ わたしご機嫌ななめ 愛されたのは一部それとも全部 どちらか証拠見せて  熱いシャワーを浴びさせといて 髪をみじかく切らせておいてアバヨですかー 捨てられたのはこころそれともからだ わたしご機嫌ななめ 愛されたのは男それとも女 最後にけじめつけて 
酒に書いた詫び状ひとり飲むなら 見知らぬ街の 誰も知らない 店がいい 捨てた昔の ひとの心を 抱きしめながら もっと上手に生きられたものを 飲んで飲んで 笑いつつ ああ風になる 男の背中 酒に書いた詫び状  白いすずらん 北国の花 芯の強さを 秘めた花 ふいにこぼれた 酒の雫に おまえが浮かぶ もっと幸せあげられたものを 飲んで飲んで つぶやけば ああ風になる 男の背中 酒に書いた詫び状  雨で客足 パタリとやめば 店は小さな 方舟さ ゆらり揺られて 夢を漕ぐのさ 愚痴など吐かず たった一度の人生じゃないか 飲んで飲んで うなずけば ああ風になる 男の背中 酒に書いた詫び状 水田竜子うえだもみじ大船わたるひとり飲むなら 見知らぬ街の 誰も知らない 店がいい 捨てた昔の ひとの心を 抱きしめながら もっと上手に生きられたものを 飲んで飲んで 笑いつつ ああ風になる 男の背中 酒に書いた詫び状  白いすずらん 北国の花 芯の強さを 秘めた花 ふいにこぼれた 酒の雫に おまえが浮かぶ もっと幸せあげられたものを 飲んで飲んで つぶやけば ああ風になる 男の背中 酒に書いた詫び状  雨で客足 パタリとやめば 店は小さな 方舟さ ゆらり揺られて 夢を漕ぐのさ 愚痴など吐かず たった一度の人生じゃないか 飲んで飲んで うなずけば ああ風になる 男の背中 酒に書いた詫び状 
笹川流れあずけていました なにもかも 夢も さだめも 命まで 啼(な)いて 群れ飛ぶ 海猫みつめ 後悔してます 別れたことを…… みれん心を 夕陽に燃やす 旅は越後路 笹川流れ  あの日は 仲良く 乗った遊覧船(ふね) かすむ涙の 君戻岩(ききもどし) 沖の粟島(あわしま) 指さしながら 一緒に住むかと 抱きよせられた…… 忘れられない 優しい胸が それも越後路 笹川流れ  あてなく誰待つ 断崖(きりぎし)に 咲いて哀しい 透百合(ゆり)の花 花になっても 恋しい男(ひと)を 一途(いちず)に信じた 女(おんな)の姿…… そうよ私も 面影抱いて ひとり越後路 笹川流れ水田竜子水木れいじ水森英夫あずけていました なにもかも 夢も さだめも 命まで 啼(な)いて 群れ飛ぶ 海猫みつめ 後悔してます 別れたことを…… みれん心を 夕陽に燃やす 旅は越後路 笹川流れ  あの日は 仲良く 乗った遊覧船(ふね) かすむ涙の 君戻岩(ききもどし) 沖の粟島(あわしま) 指さしながら 一緒に住むかと 抱きよせられた…… 忘れられない 優しい胸が それも越後路 笹川流れ  あてなく誰待つ 断崖(きりぎし)に 咲いて哀しい 透百合(ゆり)の花 花になっても 恋しい男(ひと)を 一途(いちず)に信じた 女(おんな)の姿…… そうよ私も 面影抱いて ひとり越後路 笹川流れ
札幌すすきのエレジー雪が舞い散る 北の街で ひとつの愛が 終わりを告げる 灯りチラつく 夜に啼いて わたし 飛べない冬の鴎 心を溶かすように グラスに手を添えれば カランと店を開けた あなたが映る 札幌すすきのエレジー 四条通(よじょうどおり)にひとり 札幌すすきのエレジー 今も追いかけ… 淡い香り 胸にそっと抱いて生きてゆく  ネオン滲んだ 北の街で 愛しい日々が 遠くに霞む 時計台には リラが咲いて 季節(とき)は 想いを残し巡る 真っ赤なルージュひいて グラスに夢乗せても 華やぐ光の中 孤独が迫る 札幌すすきのエレジー 四条通(よじょうどおり)の影を 札幌すすきのエレジー 今も見つめて… 甘い記憶 胸にそっと抱いて暮らします  札幌すすきのエレジー 四条通(よじょうどおり)にひとり 札幌すすきのエレジー 今も追いかけ… 淡い香り 胸にそっと抱いて生きてゆく水田竜子六月ゆか六月ゆか野々田万照雪が舞い散る 北の街で ひとつの愛が 終わりを告げる 灯りチラつく 夜に啼いて わたし 飛べない冬の鴎 心を溶かすように グラスに手を添えれば カランと店を開けた あなたが映る 札幌すすきのエレジー 四条通(よじょうどおり)にひとり 札幌すすきのエレジー 今も追いかけ… 淡い香り 胸にそっと抱いて生きてゆく  ネオン滲んだ 北の街で 愛しい日々が 遠くに霞む 時計台には リラが咲いて 季節(とき)は 想いを残し巡る 真っ赤なルージュひいて グラスに夢乗せても 華やぐ光の中 孤独が迫る 札幌すすきのエレジー 四条通(よじょうどおり)の影を 札幌すすきのエレジー 今も見つめて… 甘い記憶 胸にそっと抱いて暮らします  札幌すすきのエレジー 四条通(よじょうどおり)にひとり 札幌すすきのエレジー 今も追いかけ… 淡い香り 胸にそっと抱いて生きてゆく
新庄恋しや地図で見たならヨー こんなにも 近くて遠い ふるさとよ 山車行列(やたいぎょうれつ) 宵(よい)まつり 瞼(まぶた)閉じれば 灯りが揺れる 新庄(しんじょう)恋しや なつかしや  都会暮らしにヨー 憧(あこが)れて 始発に乗った 私です 浮かぶ城跡(しろあと) 杢蔵山(もくぞうさん) あの日手を振り 別れた人よ 新庄(しんじょう)恋しや なつかしや  ひとりため息ヨー 寂(さび)しさに お酒にすがる 夜もある 流れ変わらぬ 最上川(もがみがわ) 風に稲穂が 波打つ頃か 新庄(しんじょう)恋しや なつかしや水田竜子麻こよみ水森英夫前田俊明地図で見たならヨー こんなにも 近くて遠い ふるさとよ 山車行列(やたいぎょうれつ) 宵(よい)まつり 瞼(まぶた)閉じれば 灯りが揺れる 新庄(しんじょう)恋しや なつかしや  都会暮らしにヨー 憧(あこが)れて 始発に乗った 私です 浮かぶ城跡(しろあと) 杢蔵山(もくぞうさん) あの日手を振り 別れた人よ 新庄(しんじょう)恋しや なつかしや  ひとりため息ヨー 寂(さび)しさに お酒にすがる 夜もある 流れ変わらぬ 最上川(もがみがわ) 風に稲穂が 波打つ頃か 新庄(しんじょう)恋しや なつかしや
じょんがら恋唄雪は解けたか 岩木山 もうすぐ林檎の花が咲く ハァーじょんがら じょんがら 津軽じょんがら郷里の唄 この唄うたえば思い出す 夜汽車に揺られふるさと離れ あれからいくつ月日は過ぎた 逢いに行きたい 泣いて別れた アンあのひとに  北の空から 風に乗り 三味線の音流れる夢ン中 ハァーじょんがら じょんがら 津軽じょんがら 子守唄 寂しい時にはくちずさむ 面影偲び 便りを読めば 恋しさつのりあふれる涙 飛んで行きたい 愛のゆりかご アンあの胸に  ハァーじょんがら じょんがら 津軽じょんがらこころ唄 やさしいぬくもり沁みてくる はじけて燃えたふたつの命 忘れはしないねぶたの祭り 逢いに行きたい ひとり待ってる アンあのひとに水田竜子高橋直人あらい玉英雪は解けたか 岩木山 もうすぐ林檎の花が咲く ハァーじょんがら じょんがら 津軽じょんがら郷里の唄 この唄うたえば思い出す 夜汽車に揺られふるさと離れ あれからいくつ月日は過ぎた 逢いに行きたい 泣いて別れた アンあのひとに  北の空から 風に乗り 三味線の音流れる夢ン中 ハァーじょんがら じょんがら 津軽じょんがら 子守唄 寂しい時にはくちずさむ 面影偲び 便りを読めば 恋しさつのりあふれる涙 飛んで行きたい 愛のゆりかご アンあの胸に  ハァーじょんがら じょんがら 津軽じょんがらこころ唄 やさしいぬくもり沁みてくる はじけて燃えたふたつの命 忘れはしないねぶたの祭り 逢いに行きたい ひとり待ってる アンあのひとに
砂の像…鳥取砂丘にてあなたの愛と 魂(こころ)の広さ 砂丘(すな)のうねりと 同じです 風紋(ふうもん) すりばち 馬の背を 越えれば蒼(あお)い日本海 鳥取砂丘 あゝ砂の像  どこまで続く この砂の波 あなたが付けた 足跡(あしあと)が 今の私の 道標(みちしるべ) 風がヒュルヒュル 哭(な)くのです 鳥取砂丘 あゝ砂の像  まっ赤な西陽が 二人を染めて 長く尾を引き 消えてゆく 砂丘(すな)の温(ぬく)もり 大きさが 強く生きよと 云うのです 鳥取砂丘 あゝ砂の像水田竜子廣澤孝彦水森英夫前田俊明あなたの愛と 魂(こころ)の広さ 砂丘(すな)のうねりと 同じです 風紋(ふうもん) すりばち 馬の背を 越えれば蒼(あお)い日本海 鳥取砂丘 あゝ砂の像  どこまで続く この砂の波 あなたが付けた 足跡(あしあと)が 今の私の 道標(みちしるべ) 風がヒュルヒュル 哭(な)くのです 鳥取砂丘 あゝ砂の像  まっ赤な西陽が 二人を染めて 長く尾を引き 消えてゆく 砂丘(すな)の温(ぬく)もり 大きさが 強く生きよと 云うのです 鳥取砂丘 あゝ砂の像
宗谷遥かに生まれ故郷は 北の果て 汽車も通わぬ 宗谷の岬 流氷 海鳴り 灯台あかり 今もあの人 一人でいたら バカなわたしを 許してもらい 愛を 愛を 愛を交わして 生きて行きたい  ごめんなさいね わがまゝを あなたを捨てた 国境の岬 わたしの心に 今でも残る 腕のぬくもり あなたの言葉 耐えて行きます シベリアおろし それが それが それがわたしの 生きる道です  ハマナス咲いてた あの砂山に 今もあの人 一人でいたら 過ぎたあの日の 二人に戻り 愛を 愛を 愛を重ねて 生きて行きたい水田竜子山崎ふみえ宮下健治生まれ故郷は 北の果て 汽車も通わぬ 宗谷の岬 流氷 海鳴り 灯台あかり 今もあの人 一人でいたら バカなわたしを 許してもらい 愛を 愛を 愛を交わして 生きて行きたい  ごめんなさいね わがまゝを あなたを捨てた 国境の岬 わたしの心に 今でも残る 腕のぬくもり あなたの言葉 耐えて行きます シベリアおろし それが それが それがわたしの 生きる道です  ハマナス咲いてた あの砂山に 今もあの人 一人でいたら 過ぎたあの日の 二人に戻り 愛を 愛を 愛を重ねて 生きて行きたい
そして海峡愛しているよというのなら ついて来いよと何故いえぬ 江差暮れたか 雪ん中 北の岬は 灯も見えず あなたあなたあなた …飛んで行きたい 津軽海峡 啼くかもめ  待てよと一言いわれたら 明日をのぞみに生きられる あなた寒さに 凍えます ひとりぼっちに させないで 涙涙涙 …涙あと追う 津軽海峡 わかれ波  抱いてはもらえぬ黒髪に 春は名のみの雪が舞う 津軽じょんから 聞こえぬか あなた恋しと 三味線(しゃみ)が泣く 待って待って待って …待って女が 津軽海峡 風になる 津軽海峡 風になる水田竜子たかたかし弦哲也南郷達也愛しているよというのなら ついて来いよと何故いえぬ 江差暮れたか 雪ん中 北の岬は 灯も見えず あなたあなたあなた …飛んで行きたい 津軽海峡 啼くかもめ  待てよと一言いわれたら 明日をのぞみに生きられる あなた寒さに 凍えます ひとりぼっちに させないで 涙涙涙 …涙あと追う 津軽海峡 わかれ波  抱いてはもらえぬ黒髪に 春は名のみの雪が舞う 津軽じょんから 聞こえぬか あなた恋しと 三味線(しゃみ)が泣く 待って待って待って …待って女が 津軽海峡 風になる 津軽海峡 風になる
そのわけは旭川そのわけは…途中下車した そのわけは 北の故郷(こきょう)の あの町と 同じ文字 綴(つづ)るこの川 旭川(あさひがわ) 抱きよせる 人もないけど どこか優しい あゝ岡山… 雨も泣いてる 城下町  そのわけは…ふたり別れた そのわけは いくら答を 探しても 探しても 涙涙で 見えないの しあわせな 愛のくらしは いつか来ますか あゝ岡山… 問わず語りの 月見橋(つきみばし)  そのわけは…北へまた帰(ゆ)く そのわけは きっと今なら あの人と 出直せる 生れ育った 旭川(あさひかわ) ふり向けば 日限地蔵尊(ひぎりじぞう)が 春を呼ぶよな あゝ岡山… 明日(あす)へ旅立つ 始発駅水田竜子水木れいじ岡千秋南郷達也そのわけは…途中下車した そのわけは 北の故郷(こきょう)の あの町と 同じ文字 綴(つづ)るこの川 旭川(あさひがわ) 抱きよせる 人もないけど どこか優しい あゝ岡山… 雨も泣いてる 城下町  そのわけは…ふたり別れた そのわけは いくら答を 探しても 探しても 涙涙で 見えないの しあわせな 愛のくらしは いつか来ますか あゝ岡山… 問わず語りの 月見橋(つきみばし)  そのわけは…北へまた帰(ゆ)く そのわけは きっと今なら あの人と 出直せる 生れ育った 旭川(あさひかわ) ふり向けば 日限地蔵尊(ひぎりじぞう)が 春を呼ぶよな あゝ岡山… 明日(あす)へ旅立つ 始発駅
ちぎり川肩に舞い散る 淡雪が こころ細さを またつのらせる あの日と同(おんな)じ バスで来た あの日と同(おんな)じ 町なのに… あなた あなた あなたがいないそれだけで なんて淋しい ちぎり川  意地をはらずに すがったら 愛のくらしは 続いたかしら あの日と同(おんな)じ 夕月を あの日と同(おんな)じ 窓で見る… あなた あなた あなたとここで結ばれた 夢のようです ちぎり川  泣いて涙も かれたのに 思い出すのは いいことばかり あの日と同(おんな)じ むらさきの あの日と同(おんな)じ 夜が明ける… あなた あなた あなたの胸に帰れたら 何もいらない ちぎり川水田竜子水木れいじ水森英夫前田俊明肩に舞い散る 淡雪が こころ細さを またつのらせる あの日と同(おんな)じ バスで来た あの日と同(おんな)じ 町なのに… あなた あなた あなたがいないそれだけで なんて淋しい ちぎり川  意地をはらずに すがったら 愛のくらしは 続いたかしら あの日と同(おんな)じ 夕月を あの日と同(おんな)じ 窓で見る… あなた あなた あなたとここで結ばれた 夢のようです ちぎり川  泣いて涙も かれたのに 思い出すのは いいことばかり あの日と同(おんな)じ むらさきの あの日と同(おんな)じ 夜が明ける… あなた あなた あなたの胸に帰れたら 何もいらない ちぎり川
珍島物語海が割れるのよ 道ができるのよ 島と島とが つながるの こちら珍島(チンド)から あちら芽島里(モドリ)まで 海の神様 カムサハムニダ 霊登(ヨンドン)サリの 願いはひとつ 散り散りになった 家族の出会い ねえ わたしここで祈っているの あなたとの 愛よふたたびと  遠くはなれても こころあたたかく あなた信じて 暮らします そうよいつの日か きっと会えますね 海の神様 カムサハムニダ ふたつの島を つないだ道よ はるかに遠い 北へとつづけ ねえ とても好きよ 死ぬほど好きよ あなたとの 愛よとこしえに  霊登(ヨンドン)サリの 願いはひとつ 散り散りになった 家族の出会い ねえ わたしここで祈っているの あなたとの 愛よふたたびと水田竜子中山大三郎中山大三郎山田年秋海が割れるのよ 道ができるのよ 島と島とが つながるの こちら珍島(チンド)から あちら芽島里(モドリ)まで 海の神様 カムサハムニダ 霊登(ヨンドン)サリの 願いはひとつ 散り散りになった 家族の出会い ねえ わたしここで祈っているの あなたとの 愛よふたたびと  遠くはなれても こころあたたかく あなた信じて 暮らします そうよいつの日か きっと会えますね 海の神様 カムサハムニダ ふたつの島を つないだ道よ はるかに遠い 北へとつづけ ねえ とても好きよ 死ぬほど好きよ あなたとの 愛よとこしえに  霊登(ヨンドン)サリの 願いはひとつ 散り散りになった 家族の出会い ねえ わたしここで祈っているの あなたとの 愛よふたたびと
天までとどけ御柱木やり一声 天をつく 綱を引く手に 血潮がたぎる 揃いはちまき 若い衆が 七年一度の 生き甲斐だから 今年こそはと 命をかける 峰は残雪 峰は残雪 八ヶ岳  もみの大木 神となり  諏訪は千年 祭りは叫ぶ こゝは木落とし 日本一 こゝで乗らなきゃ 男がすたる 走る御柱 祈りをこめりゃ 諏訪は祭りの 諏訪は祭りの 風が吹く  川は雪どけ みそぎ水 待ちに待ったぜ この晴れ舞台 里は桜の花吹雪 夢とロマンを 心に秘めて 何が何でも やらなきゃならぬ 男度胸の 男度胸の 御柱水田竜子山崎ふみえ宮下健治木やり一声 天をつく 綱を引く手に 血潮がたぎる 揃いはちまき 若い衆が 七年一度の 生き甲斐だから 今年こそはと 命をかける 峰は残雪 峰は残雪 八ヶ岳  もみの大木 神となり  諏訪は千年 祭りは叫ぶ こゝは木落とし 日本一 こゝで乗らなきゃ 男がすたる 走る御柱 祈りをこめりゃ 諏訪は祭りの 諏訪は祭りの 風が吹く  川は雪どけ みそぎ水 待ちに待ったぜ この晴れ舞台 里は桜の花吹雪 夢とロマンを 心に秘めて 何が何でも やらなきゃならぬ 男度胸の 男度胸の 御柱
遠野炎歌山が哭いたら 吹雪になって ふたりの足跡 消してゆく 惚れた同志の みちゆきは 峠づたいに 闇の中 許されぬ 恋でいい―― 抱いて…抱いて…抱きしめて 燃えて…燃えて…燃えあがる…… 遠野の果ての 夢一夜  蒼い焔よ 白馬になって ふたりを乗せて 舞い昇れ 契りかわせば この肌を 染める雪さえ あたたかい みれんなど ないのです いまさら惜しむものはない―― 誰が…誰が…呼んだって けして…けして…帰らない…… 遠野の空で 星になる  命火よ メラメラと この世の掟 焼き尽くせ 抱いて…抱いて…抱きしめて 燃えて…燃えて…燃えあがる…… 遠野の果ての 夢一夜水田竜子水木れいじ水森英夫前田俊明山が哭いたら 吹雪になって ふたりの足跡 消してゆく 惚れた同志の みちゆきは 峠づたいに 闇の中 許されぬ 恋でいい―― 抱いて…抱いて…抱きしめて 燃えて…燃えて…燃えあがる…… 遠野の果ての 夢一夜  蒼い焔よ 白馬になって ふたりを乗せて 舞い昇れ 契りかわせば この肌を 染める雪さえ あたたかい みれんなど ないのです いまさら惜しむものはない―― 誰が…誰が…呼んだって けして…けして…帰らない…… 遠野の空で 星になる  命火よ メラメラと この世の掟 焼き尽くせ 抱いて…抱いて…抱きしめて 燃えて…燃えて…燃えあがる…… 遠野の果ての 夢一夜
土佐のおんな節かけた命はエー 一本道だ 脇見している 暇はない 男まさりの 黒潮育ち 涙こぼせば 汚点になる アアンアン… 土佐のおんなはヨー 炎のおんな  惚れた二人はエー 番いの舟だ 夢が呼んでる 桂浜 高い波ほど 谷間も深い 陰で私が 舵をとる アアンアン… 土佐のおんなはヨー 深なさけ  生きるこの世がエー 筋書き無しの たった一度の 舞台なら かぶる苦労を はねのけながら 耐えてひと花 咲かせたい アアンアン… 土佐のおんなはヨー 夢おんな 水田竜子里村龍一岡千秋かけた命はエー 一本道だ 脇見している 暇はない 男まさりの 黒潮育ち 涙こぼせば 汚点になる アアンアン… 土佐のおんなはヨー 炎のおんな  惚れた二人はエー 番いの舟だ 夢が呼んでる 桂浜 高い波ほど 谷間も深い 陰で私が 舵をとる アアンアン… 土佐のおんなはヨー 深なさけ  生きるこの世がエー 筋書き無しの たった一度の 舞台なら かぶる苦労を はねのけながら 耐えてひと花 咲かせたい アアンアン… 土佐のおんなはヨー 夢おんな 
道頓堀人情ふられたぐらいで 泣くのはあほや 呑(の)んで忘れろ 雨の夜は 負けたらあかん 負けたらあかんで東京に 冷(つ)めとない やさしい街や道頓堀(とんぼり)は 未練捨てたら けじめをつけて きっぱりきょうから 浪花に生きるのさ  くちびるかんでも きのうは過去や わかるやつには わかってる 負けたらあかん 負けたらあかんで東京に 冷めとない やさしい街や道頓堀(とんぼり)は でんと構えた 通天閣は どっこい生きてる 浪花のど根性  三吉魂 あんたにあれば うちが小春に なりもしょう 負けたらあかん 負けたらあかんで東京に 冷めとない やさしい街や道頓堀(とんぼり)は ほれてつきあう 今夜の酒は まっ赤に流れる 浪花の心意気水田竜子若山かほる山田年秋山田年秋ふられたぐらいで 泣くのはあほや 呑(の)んで忘れろ 雨の夜は 負けたらあかん 負けたらあかんで東京に 冷(つ)めとない やさしい街や道頓堀(とんぼり)は 未練捨てたら けじめをつけて きっぱりきょうから 浪花に生きるのさ  くちびるかんでも きのうは過去や わかるやつには わかってる 負けたらあかん 負けたらあかんで東京に 冷めとない やさしい街や道頓堀(とんぼり)は でんと構えた 通天閣は どっこい生きてる 浪花のど根性  三吉魂 あんたにあれば うちが小春に なりもしょう 負けたらあかん 負けたらあかんで東京に 冷めとない やさしい街や道頓堀(とんぼり)は ほれてつきあう 今夜の酒は まっ赤に流れる 浪花の心意気
トーキョー舞踏曲(タンゴ)好きだから 抱かれたの 抱かれたら 棄てられちゃった とうすりゃいいのよ パッと咲いて パッと散って 二度も三度も咲けるなら 強がれるけれど… トーキョー 独りがつらい都会 都会だから あなたをください あたしをあげる 夕焼け小焼けの赤トンボ 寝ないで朝まで遊んだら 帰れないのが トーキョー舞踏曲  行きずりの 恋ならば 後くされ ないわよなんて どうして言えるの パッと生まれ パッと生きて うれし恥ずかしばかりなら 誰も悩まない… トーキョー 夢がきれいな都会 都会だから 嘘つきごっこも 楽しいけれど 夕焼け小焼けの赤トンボ しあわせ捜して飛んで行け みんな迷い子 トーキョー舞踏曲  トーキョー 淋しがりやの都会 都会だから あなたをください あたしをあげる 夕焼け小焼けの赤トンボ 寝ないで朝まで愛したら それが本当の トーキョー舞踏曲 トーキョー舞踏曲水田竜子岡田冨美子叶弦大好きだから 抱かれたの 抱かれたら 棄てられちゃった とうすりゃいいのよ パッと咲いて パッと散って 二度も三度も咲けるなら 強がれるけれど… トーキョー 独りがつらい都会 都会だから あなたをください あたしをあげる 夕焼け小焼けの赤トンボ 寝ないで朝まで遊んだら 帰れないのが トーキョー舞踏曲  行きずりの 恋ならば 後くされ ないわよなんて どうして言えるの パッと生まれ パッと生きて うれし恥ずかしばかりなら 誰も悩まない… トーキョー 夢がきれいな都会 都会だから 嘘つきごっこも 楽しいけれど 夕焼け小焼けの赤トンボ しあわせ捜して飛んで行け みんな迷い子 トーキョー舞踏曲  トーキョー 淋しがりやの都会 都会だから あなたをください あたしをあげる 夕焼け小焼けの赤トンボ 寝ないで朝まで愛したら それが本当の トーキョー舞踏曲 トーキョー舞踏曲
中洲の雨別れて忘れる くらいなら 愛していないわ はじめから 想い出かぞえて 待てばそぼ降る 宵町(よいまち)しぐれ 泣かせないさと 抱いたじゃないの なんで泣かせる 中洲の雨よ  ふたりで暮らした 年月(としつき)の 長さのぶんだけ 切った髪 あなたの残り香 消すに消せない あの窓灯り 白い鈴蘭 また咲いたのに なんで泣かせる 中洲の雨よ  博多の海より まだ深い 一途な心を わかってね 水割りください 酔えば夢でも また逢えますか そんな気がする 恋唄ばかり なんで泣かせる 中洲の雨よ水田竜子水木れいじ水森英夫石倉重信別れて忘れる くらいなら 愛していないわ はじめから 想い出かぞえて 待てばそぼ降る 宵町(よいまち)しぐれ 泣かせないさと 抱いたじゃないの なんで泣かせる 中洲の雨よ  ふたりで暮らした 年月(としつき)の 長さのぶんだけ 切った髪 あなたの残り香 消すに消せない あの窓灯り 白い鈴蘭 また咲いたのに なんで泣かせる 中洲の雨よ  博多の海より まだ深い 一途な心を わかってね 水割りください 酔えば夢でも また逢えますか そんな気がする 恋唄ばかり なんで泣かせる 中洲の雨よ
能登島みれんひとり旅する 女の宿は 雨の音消す 渚波(なぎさなみ) 海の向こうは 七尾の灯り 泣けとばかりに またたき揺れる 夢のなきがら 男の背中 鴎がつつく 能登島みれん  向田(こうだ)火祭り 大松明(おおたいまつ)は 夜空めがけて 燃えさかる 海に倒れりゃ 大漁まつり 山に倒れりゃ 豊作まつり 恋の松明 誰にも消せぬ 秘めた炎の 能登島みれん  青くきらめく 光の帯は わが身光らす ホタルイカ 海を流れて 淋しかないか ひとり化粧は 淋しかないか 宿の鏡台 細目に開けりゃ 泣き顔映る 能登島みれん水田竜子喜多條忠弦哲也南郷達也ひとり旅する 女の宿は 雨の音消す 渚波(なぎさなみ) 海の向こうは 七尾の灯り 泣けとばかりに またたき揺れる 夢のなきがら 男の背中 鴎がつつく 能登島みれん  向田(こうだ)火祭り 大松明(おおたいまつ)は 夜空めがけて 燃えさかる 海に倒れりゃ 大漁まつり 山に倒れりゃ 豊作まつり 恋の松明 誰にも消せぬ 秘めた炎の 能登島みれん  青くきらめく 光の帯は わが身光らす ホタルイカ 海を流れて 淋しかないか ひとり化粧は 淋しかないか 宿の鏡台 細目に開けりゃ 泣き顔映る 能登島みれん
能登はいらんかいね欠けた徳利に 鱈子のつまみ 酒の注ぎ手は 見染めたあの娘 能登はいらんかいねー ふるさと能登はョー 寝酒三合に 口説きを混ぜて 今夜は輪島の 夢をみる  風は潮風 シベリア返し 汽車は昔の 各駅停車 能登はいらんかいねー ふるさと能登はョー いさざ土産に 嫁さんつれりゃ おひろめ椿の 花が舞う  冷やで五合 ぬくめて五合 しめて一升 酒ありゃ楽し 能登はいらんかいねー ふるさと能登はョー 氷鳴らして 想いを馳せりゃ 御陣乗太鼓の 音がする水田竜子岸元克己猪俣公章山田年秋欠けた徳利に 鱈子のつまみ 酒の注ぎ手は 見染めたあの娘 能登はいらんかいねー ふるさと能登はョー 寝酒三合に 口説きを混ぜて 今夜は輪島の 夢をみる  風は潮風 シベリア返し 汽車は昔の 各駅停車 能登はいらんかいねー ふるさと能登はョー いさざ土産に 嫁さんつれりゃ おひろめ椿の 花が舞う  冷やで五合 ぬくめて五合 しめて一升 酒ありゃ楽し 能登はいらんかいねー ふるさと能登はョー 氷鳴らして 想いを馳せりゃ 御陣乗太鼓の 音がする
野付水道あなた止める手 ふりきって 東京出たのは 夜明けです シベリアおろしに 吹かれてひとり 想い出捨てたい 旅なのに… 愛(いと)しさ憎さが ぶつかりあって みれん…みれん…みれん渦巻く 野付水道  打瀬船(うたせぶね)ゆく たそがれに あなたの温もり 思い出す 流氷まつりの 人波の中 押されてはじめて 気がついた… あんなに優(やさ)しい 人などいない 呼べば…呼べば…呼べばしぐれる 野付水道  明日は襟裳岬(えりも)か 知床か たたずむ港に 雪が舞う この海みたいに 国境線を 引いたら気持が 晴れますか… おしえてください 燈台灯り どこへ…どこへ…どこへ帰ろう 野付水道水田竜子水木れいじ水森英夫南郷達也あなた止める手 ふりきって 東京出たのは 夜明けです シベリアおろしに 吹かれてひとり 想い出捨てたい 旅なのに… 愛(いと)しさ憎さが ぶつかりあって みれん…みれん…みれん渦巻く 野付水道  打瀬船(うたせぶね)ゆく たそがれに あなたの温もり 思い出す 流氷まつりの 人波の中 押されてはじめて 気がついた… あんなに優(やさ)しい 人などいない 呼べば…呼べば…呼べばしぐれる 野付水道  明日は襟裳岬(えりも)か 知床か たたずむ港に 雪が舞う この海みたいに 国境線を 引いたら気持が 晴れますか… おしえてください 燈台灯り どこへ…どこへ…どこへ帰ろう 野付水道
白兎海岸風が織りなす 砂模様 赤く燃えてる 日本海 バスを乗り継ぎ 出雲路へ やすらぎ求めて 夢探し… 愛に愛に愛に 疲れて一人 心ひとすじ 白兎海岸  沖の漁火 儚くて この身焦がした 夏の宵(よい) 咲いて寄り添う ハマナスも 散りゆく運命(さだめ)と 知りながら 恋に恋に恋に 魅せられ二人 遠いあの日の 白兎海岸  雪に震えて 泣いている 恋を失くした 白うさぎ 港 酒津(さけのつ) 薄灯り あなたの心に 戻れずに… 夜に夜に夜に 逸れて一人 みぞれ交じりの 白兎海岸水田竜子森田いづみ岡千秋前田俊明風が織りなす 砂模様 赤く燃えてる 日本海 バスを乗り継ぎ 出雲路へ やすらぎ求めて 夢探し… 愛に愛に愛に 疲れて一人 心ひとすじ 白兎海岸  沖の漁火 儚くて この身焦がした 夏の宵(よい) 咲いて寄り添う ハマナスも 散りゆく運命(さだめ)と 知りながら 恋に恋に恋に 魅せられ二人 遠いあの日の 白兎海岸  雪に震えて 泣いている 恋を失くした 白うさぎ 港 酒津(さけのつ) 薄灯り あなたの心に 戻れずに… 夜に夜に夜に 逸れて一人 みぞれ交じりの 白兎海岸
波止場しぐれ波止場しぐれが 降る夜は 雨のむこうに 故郷が見える ここは瀬戸内 土庄港 一夜泊りの かさね着が いつかなじんだ ネオン町  肩に重たい 苦労なら 捨てていいのよ 拾ってあげる ここは瀬戸内 土庄港 のんでおゆきよ もう一杯 浮世小路の ネオン酒  あれは高松 最終便 グラス持つ手に 汽笛がからむ ここは瀬戸内 土庄港 恋も着きます 夢もゆく 春の紅さす ネオン町水田竜子吉岡治岡千秋山田年秋波止場しぐれが 降る夜は 雨のむこうに 故郷が見える ここは瀬戸内 土庄港 一夜泊りの かさね着が いつかなじんだ ネオン町  肩に重たい 苦労なら 捨てていいのよ 拾ってあげる ここは瀬戸内 土庄港 のんでおゆきよ もう一杯 浮世小路の ネオン酒  あれは高松 最終便 グラス持つ手に 汽笛がからむ ここは瀬戸内 土庄港 恋も着きます 夢もゆく 春の紅さす ネオン町
飛騨の恋唄古い町並み 山車(だし)がゆく からくり人形 泣き笑い 縁(えにし)ほどいて あなたが去った 中橋(なかばし)かすむ 桜吹雪(はなふぶき) 私これから どうすりゃいいの 日暮れ高山 飛騨の里  旅でささいな 行き違い 意地などはらずに 済んだのに 迷い細路地 あなたは消えて 紅がら格子 ひとり宿 涙まじりの お酒に酔って 夢で抱かれる 飛騨の里  辛くないわと 云えば嘘 真心どこかで 空廻り 忘れ物でも したかのように 戻ってきてよ もう一度 名残りつきない おんなの胸で 恋唄(うた)が哭(な)いてる 飛騨の里水田竜子彩ちかこ水森英夫前田俊明古い町並み 山車(だし)がゆく からくり人形 泣き笑い 縁(えにし)ほどいて あなたが去った 中橋(なかばし)かすむ 桜吹雪(はなふぶき) 私これから どうすりゃいいの 日暮れ高山 飛騨の里  旅でささいな 行き違い 意地などはらずに 済んだのに 迷い細路地 あなたは消えて 紅がら格子 ひとり宿 涙まじりの お酒に酔って 夢で抱かれる 飛騨の里  辛くないわと 云えば嘘 真心どこかで 空廻り 忘れ物でも したかのように 戻ってきてよ もう一度 名残りつきない おんなの胸で 恋唄(うた)が哭(な)いてる 飛騨の里
平戸雨情雨にけむった オランダ橋で 決めたはずです もう泣かないと 遠くはなれて なおさらつのる 未練でしょうか 恋ごころ…… 鐘が鳴る鳴る 平戸の港 女泣かせの 雨がふる  色はあせても ジャガタラ文(ぶみ)に 残る一途な 想いの丈(たけ)よ まるで異国の 旅人みたい あてなく辿る 石だたみ…… 五島列島 平戸の沖に 女泣かせの 雨がふる  咲いて春呼ぶ 海寺(うみでら)あとの 闇に真白き 花もくれんよ 明日(あす)の日暮れは まっ赤な夕陽 見えるでしょうか この海に…… 船を待とうか 平戸の灯り 女泣かせの 雨がふる水田竜子水木れいじ水森英夫前田俊明雨にけむった オランダ橋で 決めたはずです もう泣かないと 遠くはなれて なおさらつのる 未練でしょうか 恋ごころ…… 鐘が鳴る鳴る 平戸の港 女泣かせの 雨がふる  色はあせても ジャガタラ文(ぶみ)に 残る一途な 想いの丈(たけ)よ まるで異国の 旅人みたい あてなく辿る 石だたみ…… 五島列島 平戸の沖に 女泣かせの 雨がふる  咲いて春呼ぶ 海寺(うみでら)あとの 闇に真白き 花もくれんよ 明日(あす)の日暮れは まっ赤な夕陽 見えるでしょうか この海に…… 船を待とうか 平戸の灯り 女泣かせの 雨がふる
舟唄お酒はぬるめの 燗がいい 肴はあぶった イカでいい 女は無口な ひとがいい 灯りはぼんやり ともりゃいい しみじみ飲めば しみじみと 想い出だけが 行き過ぎる 涙がポロリと こぼれたら 歌いだすのさ 舟唄を  沖の鴎に 深酒させてヨ いとしあの娘とヨ 朝寝する ダンチョネ  店には飾りが ないがいい 窓から港が 見えりゃいい はやりの歌など なくていい ときどき霧笛が 鳴ればいい ほろほろ飲めば ほろほろと 心がすすり 泣いている あの頃あの娘を 思ったら 歌いだすのさ 舟唄を  ぽつぽつ飲めば ぽつぽつと 未練が胸に 舞い戻る 夜更けてさびしく なったなら 歌いだすのさ 舟唄を  ルルル ルルル......水田竜子阿久悠浜圭介山田年秋お酒はぬるめの 燗がいい 肴はあぶった イカでいい 女は無口な ひとがいい 灯りはぼんやり ともりゃいい しみじみ飲めば しみじみと 想い出だけが 行き過ぎる 涙がポロリと こぼれたら 歌いだすのさ 舟唄を  沖の鴎に 深酒させてヨ いとしあの娘とヨ 朝寝する ダンチョネ  店には飾りが ないがいい 窓から港が 見えりゃいい はやりの歌など なくていい ときどき霧笛が 鳴ればいい ほろほろ飲めば ほろほろと 心がすすり 泣いている あの頃あの娘を 思ったら 歌いだすのさ 舟唄を  ぽつぽつ飲めば ぽつぽつと 未練が胸に 舞い戻る 夜更けてさびしく なったなら 歌いだすのさ 舟唄を  ルルル ルルル......
船折瀬戸瀬戸の海なら 静かだろうて いつもそうとは 限らんよ ふたつの潮流(しお)が ぶつかって 船も折れよと 渦を巻く 行かさんよ 行かさんよ 船折瀬戸は おんな海  白い灯台 鶏小島(にわとりこじま) 赤い灯台 四十子島(しじこじま) どうして恋の 足もとは 照らす灯りが 届かない 捨てるんね 捨てるんね 船折瀬戸は わかれ海  欠けた岩肌 打ち寄せる波 能島(のしま)水軍 夢の跡(あと) わたしの胸の 爪跡が 心変わりを 許さない 行かさんよ 行かさんよ 船折瀬戸は なみだ海水田竜子岸かいせい水森英夫前田俊明瀬戸の海なら 静かだろうて いつもそうとは 限らんよ ふたつの潮流(しお)が ぶつかって 船も折れよと 渦を巻く 行かさんよ 行かさんよ 船折瀬戸は おんな海  白い灯台 鶏小島(にわとりこじま) 赤い灯台 四十子島(しじこじま) どうして恋の 足もとは 照らす灯りが 届かない 捨てるんね 捨てるんね 船折瀬戸は わかれ海  欠けた岩肌 打ち寄せる波 能島(のしま)水軍 夢の跡(あと) わたしの胸の 爪跡が 心変わりを 許さない 行かさんよ 行かさんよ 船折瀬戸は なみだ海
ブルー・ライト・ヨコハマ街(まち)の灯(あか)りが とてもきれいね ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ あなたとふたり 幸せよ いつものように 愛の言葉を ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ 私にください あなたから  歩いても歩いても 小舟のように 私はゆれて ゆれて あなたの腕の中  足音だけが ついて来るのよ ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ やさしいくちづけ もういちど  歩いても歩いても 小舟のように 私はゆれて ゆれて あなたの腕の中 あなたの好きな タバコの香り ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ 二人の世界 いつまでも水田竜子橋本淳筒美京平近藤俊一街(まち)の灯(あか)りが とてもきれいね ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ あなたとふたり 幸せよ いつものように 愛の言葉を ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ 私にください あなたから  歩いても歩いても 小舟のように 私はゆれて ゆれて あなたの腕の中  足音だけが ついて来るのよ ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ やさしいくちづけ もういちど  歩いても歩いても 小舟のように 私はゆれて ゆれて あなたの腕の中 あなたの好きな タバコの香り ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ 二人の世界 いつまでも
釜山港へ帰れつばき咲く春なのに あなたは帰らない たたずむ釜山港(プサンハン)に 涙の雨が降る あついその胸に顔うずめて もいちど幸せ 噛みしめたいのよ トラワヨ プサンハンへ 逢いたい あなた  行きたくてたまらない あなたのいる町に さまよう釜山港(プサンハン)は 霧笛が胸を刺す きっと伝えてよ カモメさん いまも信じて 耐えてるあたしを トラワヨ プサンハンへ 逢いたい あなた  あついその胸に顔うずめて もいちど幸せ 噛みしめたいのよ トラワヨ プサンハンへ 逢いたい あなた水田竜子黄善友・訳詞:三佳令二黄善友山田年秋つばき咲く春なのに あなたは帰らない たたずむ釜山港(プサンハン)に 涙の雨が降る あついその胸に顔うずめて もいちど幸せ 噛みしめたいのよ トラワヨ プサンハンへ 逢いたい あなた  行きたくてたまらない あなたのいる町に さまよう釜山港(プサンハン)は 霧笛が胸を刺す きっと伝えてよ カモメさん いまも信じて 耐えてるあたしを トラワヨ プサンハンへ 逢いたい あなた  あついその胸に顔うずめて もいちど幸せ 噛みしめたいのよ トラワヨ プサンハンへ 逢いたい あなた
別府航路だったら どうして 抱いたのよ お酒のせいとは あまりじゃないの 涙があふれて あと追う波止場 一生だまして 欲しかった… 別府航路は お別れ出船 恋を恋を忘れて 旅立つところ  だったら どうして 呼んだのよ ひとことさよなら 言うためなんて あの日のあなたの 言葉に賭けて 東京みかぎり 来たものを… 別府航路の 最終便は 夢の夢のつづきを ふり向くところ  だったら どうして 捨てたのよ 今さら優しい 言葉はよして 命の芯まで 凍えるような 氷雨に打たれて 忘れたい… 別府航路の かえりの船は 泣いて泣いて火の酒 覚えるところ水田竜子水木れいじ水森英夫前田俊明だったら どうして 抱いたのよ お酒のせいとは あまりじゃないの 涙があふれて あと追う波止場 一生だまして 欲しかった… 別府航路は お別れ出船 恋を恋を忘れて 旅立つところ  だったら どうして 呼んだのよ ひとことさよなら 言うためなんて あの日のあなたの 言葉に賭けて 東京みかぎり 来たものを… 別府航路の 最終便は 夢の夢のつづきを ふり向くところ  だったら どうして 捨てたのよ 今さら優しい 言葉はよして 命の芯まで 凍えるような 氷雨に打たれて 忘れたい… 別府航路の かえりの船は 泣いて泣いて火の酒 覚えるところ
紅花の宿愛しながらも 別れた人の 想い出捨てる 旅でした 吊(つ)り橋(ばし)渡って 十二(じゅうに)の滝で みれん流した はずなのに…… なんであなたの 苗字で泊る 酒田みちのく 紅花(べにばな)の宿  格子窓には 鳥海山(ちょうかいさん)の 根雪に淡い 遠灯り 芭蕉(ばしょう)の細道 蛇の目の傘で 肩を抱かれた 倖せが…… 酔えば手酌の お酒にゆれて こころさみだれ 紅花の宿  泣いてあの日に 戻れるならば なみだで越える 六十里越(ろくじゅうり) 風持ち潮待ち 北前船の 古い港で 明日(あす)を持つ…… 女心に 春呼ぶような 霧笛ひと声 紅花の宿水田竜子水木れいじ水森英夫愛しながらも 別れた人の 想い出捨てる 旅でした 吊(つ)り橋(ばし)渡って 十二(じゅうに)の滝で みれん流した はずなのに…… なんであなたの 苗字で泊る 酒田みちのく 紅花(べにばな)の宿  格子窓には 鳥海山(ちょうかいさん)の 根雪に淡い 遠灯り 芭蕉(ばしょう)の細道 蛇の目の傘で 肩を抱かれた 倖せが…… 酔えば手酌の お酒にゆれて こころさみだれ 紅花の宿  泣いてあの日に 戻れるならば なみだで越える 六十里越(ろくじゅうり) 風持ち潮待ち 北前船の 古い港で 明日(あす)を持つ…… 女心に 春呼ぶような 霧笛ひと声 紅花の宿
星の降る里闇が深まる いで湯の里は 星が輝き 降りそそぐ ここは阿智(あち)村 昼神(ひるがみ)の宿 ひとり来ました せつなさに 今は逢えない あの人が 夜空いっぱい 微笑みかける  川の瀬音を 湯船で聴けば 痛む心が 癒(いや)される ここは阿智村 やすらぎの里 涙静かに こぼれます 朝が訪れ 出直せと 花桃街道 どこまで続く  つらい世間に うつむくよりも 空を見上げて 祈るのよ ここは阿智村 満天の星 強く生きます ひとりでも 山の彼方の あの星が 胸を励ます 明かりをくれる水田竜子石原信一水森英夫前田俊明闇が深まる いで湯の里は 星が輝き 降りそそぐ ここは阿智(あち)村 昼神(ひるがみ)の宿 ひとり来ました せつなさに 今は逢えない あの人が 夜空いっぱい 微笑みかける  川の瀬音を 湯船で聴けば 痛む心が 癒(いや)される ここは阿智村 やすらぎの里 涙静かに こぼれます 朝が訪れ 出直せと 花桃街道 どこまで続く  つらい世間に うつむくよりも 空を見上げて 祈るのよ ここは阿智村 満天の星 強く生きます ひとりでも 山の彼方の あの星が 胸を励ます 明かりをくれる
北海一番船北のオオー 北の 港は雪 雪 雪が降る 海猫が波止場で鳴いて船を待つ 春よ 早ヨ来い 沖の彼方に  流氷(りゅうひょう)消えりゃ 鮭の季節だ 北洋船(ほくようせん)だ 海は男の心の 故郷さ  惚れてエエー 惚れてみたって春 春 春が来りゃ 辛い別れの風が海に吹く 可愛いお前が泣いて桟橋 駆けだす姿 見たくないから黙って行くぜ 船はヤン 衆の命だ 恋女房(こいにょうぼう)  波のオオー 波の華咲く沖 沖 沖をみて 今日も船出の夢の網をひく 北の男衆は湯呑み茶碗で酒くみ交わす 寒い冬でも 心は春だ  俺ら北海 一番船(いちばんぶね)だ 水田竜子里村龍一美樹克彦北のオオー 北の 港は雪 雪 雪が降る 海猫が波止場で鳴いて船を待つ 春よ 早ヨ来い 沖の彼方に  流氷(りゅうひょう)消えりゃ 鮭の季節だ 北洋船(ほくようせん)だ 海は男の心の 故郷さ  惚れてエエー 惚れてみたって春 春 春が来りゃ 辛い別れの風が海に吹く 可愛いお前が泣いて桟橋 駆けだす姿 見たくないから黙って行くぜ 船はヤン 衆の命だ 恋女房(こいにょうぼう)  波のオオー 波の華咲く沖 沖 沖をみて 今日も船出の夢の網をひく 北の男衆は湯呑み茶碗で酒くみ交わす 寒い冬でも 心は春だ  俺ら北海 一番船(いちばんぶね)だ 
望郷列車夜行列車の 灯りの帯が 今日も鉄橋 越えてゆく 細い警笛 肌身に沁みて 胸に淋しさ 走ります ハァー ふるさと 恋しいよ ハァー 帰れは しないけど 私しゃ涙の 都会の海で 故郷へ土産のョー 夢を漕ぐ  つくり話で 手紙を書けば 指が震えて 進まない 耐えてしのんで また書き直す ひとり暮らしの 部屋の隅 ハァー あのひと どうしてる ハァー もうすぐ 寒い冬 呼んでみたって 帰れぬ今は 飛び乗る 夜汽車もョー 夢ン中  ハァー 夢など 捨てたらョー ハァー こころは 楽なのに 泣いて帰れば ふた親泣かす 涙で見上げるョー あかね空水田竜子里村龍一岡千秋丸山雅仁夜行列車の 灯りの帯が 今日も鉄橋 越えてゆく 細い警笛 肌身に沁みて 胸に淋しさ 走ります ハァー ふるさと 恋しいよ ハァー 帰れは しないけど 私しゃ涙の 都会の海で 故郷へ土産のョー 夢を漕ぐ  つくり話で 手紙を書けば 指が震えて 進まない 耐えてしのんで また書き直す ひとり暮らしの 部屋の隅 ハァー あのひと どうしてる ハァー もうすぐ 寒い冬 呼んでみたって 帰れぬ今は 飛び乗る 夜汽車もョー 夢ン中  ハァー 夢など 捨てたらョー ハァー こころは 楽なのに 泣いて帰れば ふた親泣かす 涙で見上げるョー あかね空
みちのく隠れ郷雪をいただく 鳥海山の 麓流れる 白雪川の 隠れ郷 別れになれば 死ぬのも同じ 一夜の逢瀬を 待ちわびて 二重の帯を 抱きしめる  しのび痩せした おんなを写し そっと励ます 白雪川の 水鏡 この眼を閉じりゃ あの日が浮かぶ せつない気持ちが 火と燃えて 今では命 賭けるひと  迎え化粧の この手を止めて 背伸びして見る 白雪川の 隠れ郷 まだまだ遠い おんなの道も あなたと一緒に 踏み越えて 明日を探す 旅の宿水田竜子坂口照幸水森英夫前田俊明雪をいただく 鳥海山の 麓流れる 白雪川の 隠れ郷 別れになれば 死ぬのも同じ 一夜の逢瀬を 待ちわびて 二重の帯を 抱きしめる  しのび痩せした おんなを写し そっと励ます 白雪川の 水鏡 この眼を閉じりゃ あの日が浮かぶ せつない気持ちが 火と燃えて 今では命 賭けるひと  迎え化粧の この手を止めて 背伸びして見る 白雪川の 隠れ郷 まだまだ遠い おんなの道も あなたと一緒に 踏み越えて 明日を探す 旅の宿
みちのく夢情赤く咲いても ゆきずりの花 それでいいのと あなたに燃えた みなと釜石 曳き船まつり ここは紅葉の 仙人峠(せんにんとうげ)… 越えて明日が 見えるのならば 泣きはしないわ みちのく夢情(むじょう)  ついて行こうか あきらめようか 胸にうずまく 尾崎の岬 かもめ釜石 沖ゆく船に みれん心は 乗せたじゃないの… 強く生きても やっぱり女 忘れられない みちのく夢情  もらい泣きする 観音さまの 目には涙か 夜露のしずく ひとり釜石 不動の滝で こころ洗って 出直したいの… それも強がり 夢ものがたり あなた逢いたい みちのく夢情水田竜子水木れいじ水森英夫野村豊赤く咲いても ゆきずりの花 それでいいのと あなたに燃えた みなと釜石 曳き船まつり ここは紅葉の 仙人峠(せんにんとうげ)… 越えて明日が 見えるのならば 泣きはしないわ みちのく夢情(むじょう)  ついて行こうか あきらめようか 胸にうずまく 尾崎の岬 かもめ釜石 沖ゆく船に みれん心は 乗せたじゃないの… 強く生きても やっぱり女 忘れられない みちのく夢情  もらい泣きする 観音さまの 目には涙か 夜露のしずく ひとり釜石 不動の滝で こころ洗って 出直したいの… それも強がり 夢ものがたり あなた逢いたい みちのく夢情
八瀬の白梅いまも心に 咲いてる花は おまえひとりと 言われてみたい あれから三年 雨・雨 にわか雨 八瀬(やせ)は遣(や)らずの 山里しぐれ... みれんでしょうか みれんです おんな一輪 白梅の宿  誰も男は 夢追い人で 恋は二番目(にばん)と 微笑(わら)ったあなた 面影ぬらして 雨・雨 なみだ雨 八瀬の高野川(たかの)は おもいでばかり... 尽くしきれずに 馬鹿でした こころさめざめ 白梅の宿  俺が死んでも 泣いたりするな 凛と生きろと 叱って欲しい 逢わせてあなたに 雨・雨 ねがい雨 八瀬も春です うぐいす啼(な)けば... 他人じゃないと 信じたい ひとり明日(あす)待つ 白梅の宿水田竜子水木れいじ水森英夫前田俊明いまも心に 咲いてる花は おまえひとりと 言われてみたい あれから三年 雨・雨 にわか雨 八瀬(やせ)は遣(や)らずの 山里しぐれ... みれんでしょうか みれんです おんな一輪 白梅の宿  誰も男は 夢追い人で 恋は二番目(にばん)と 微笑(わら)ったあなた 面影ぬらして 雨・雨 なみだ雨 八瀬の高野川(たかの)は おもいでばかり... 尽くしきれずに 馬鹿でした こころさめざめ 白梅の宿  俺が死んでも 泣いたりするな 凛と生きろと 叱って欲しい 逢わせてあなたに 雨・雨 ねがい雨 八瀬も春です うぐいす啼(な)けば... 他人じゃないと 信じたい ひとり明日(あす)待つ 白梅の宿
雪椿やさしさと かいしょのなさが 裏と表に ついている そんな男に 惚れたのだから 私がその分 がんばりますと 背(せな)をかがめて 微笑み返す 花は越後の 花は越後の 雪椿  夢にみた 乙女の頃の 玉の輿には 遠いけど まるで苦労を 楽しむように 寝顔を誰にも 見せないあなた 雪の谷間に 紅さす母の 愛は越後の 愛は越後の 雪椿  つらくても がまんをすれば きっと来ますよ 春の日が 命なげすて 育ててくれた あなたの口癖 あなたの涙 子供ごころに 香りを残す 花は越後の 花は越後の 雪椿水田竜子星野哲郎遠藤実山田年秋やさしさと かいしょのなさが 裏と表に ついている そんな男に 惚れたのだから 私がその分 がんばりますと 背(せな)をかがめて 微笑み返す 花は越後の 花は越後の 雪椿  夢にみた 乙女の頃の 玉の輿には 遠いけど まるで苦労を 楽しむように 寝顔を誰にも 見せないあなた 雪の谷間に 紅さす母の 愛は越後の 愛は越後の 雪椿  つらくても がまんをすれば きっと来ますよ 春の日が 命なげすて 育ててくれた あなたの口癖 あなたの涙 子供ごころに 香りを残す 花は越後の 花は越後の 雪椿
雪の細道雪の細道 平泉 なみだ雪降る 金色堂(こんじきどう)へ あなた あなた あなた 忘れる北の旅 私の生命(いのち)を ふたつに裂いて あげても悔いない この恋でした  雪の細道 夢の跡(あと) たどる指先 切ないぬくみ 泣いて 泣いて 泣いて あなたの名を呼べば 金(きん)鶏山(けいさん)から 夕陽を浴(あ)びて 見上げる山には 雪(ゆき)大文字(だいもんじ)  雪の細道 毛(もう)越寺(つうじ) つのる想いに 風花(かざはな)舞えば せめて せめて せめて もいちど抱きしめて 思い出ばかりが 名残りの雪に キラキラ光るは 未練でしょうか水田竜子喜多條忠水森英夫前田俊明雪の細道 平泉 なみだ雪降る 金色堂(こんじきどう)へ あなた あなた あなた 忘れる北の旅 私の生命(いのち)を ふたつに裂いて あげても悔いない この恋でした  雪の細道 夢の跡(あと) たどる指先 切ないぬくみ 泣いて 泣いて 泣いて あなたの名を呼べば 金(きん)鶏山(けいさん)から 夕陽を浴(あ)びて 見上げる山には 雪(ゆき)大文字(だいもんじ)  雪の細道 毛(もう)越寺(つうじ) つのる想いに 風花(かざはな)舞えば せめて せめて せめて もいちど抱きしめて 思い出ばかりが 名残りの雪に キラキラ光るは 未練でしょうか
雪迎え空に羽衣 舞うように 糸が飛びかう 雪迎え あなたと暮らした 想い出が 変わる季節に 淋(さみ)しさつのる 運命(さだめ)の恋の いたずらか あぁ 未練を映す 白龍湖(はくりゅうこ)  深山(みやま)もみじも 冬支度 赤湯(あかゆ) 湯の街 蜘蛛(くも)の糸 あなたが梳(と)かした 黒髪の 色もやつれて 乱れたままに ちぎれた夢を 追いかける あぁ 湯舟に流す 涙恋  語り継がれる 夕鶴の 里もいつしか 雪迎え 寄り添うあなたの 肩もなく 風に誘われ 漂う糸の 行方を尋ね ひとり来た あぁ しぶきに濡れる くぐり滝水田竜子みやの舞水森英夫前田俊明空に羽衣 舞うように 糸が飛びかう 雪迎え あなたと暮らした 想い出が 変わる季節に 淋(さみ)しさつのる 運命(さだめ)の恋の いたずらか あぁ 未練を映す 白龍湖(はくりゅうこ)  深山(みやま)もみじも 冬支度 赤湯(あかゆ) 湯の街 蜘蛛(くも)の糸 あなたが梳(と)かした 黒髪の 色もやつれて 乱れたままに ちぎれた夢を 追いかける あぁ 湯舟に流す 涙恋  語り継がれる 夕鶴の 里もいつしか 雪迎え 寄り添うあなたの 肩もなく 風に誘われ 漂う糸の 行方を尋ね ひとり来た あぁ しぶきに濡れる くぐり滝
夢宵酔泣いちゃダメだと 抱かれても 涙が何故か 止まらない せつなくなるほど 幸福なのよ 今夜は飲みましょ 情け酒 夢宵酔々 恋宵酔々 あなたと二人 頬よせ肩よせ 春を待つ  やんちゃ坊主が そのまんま 大人になった 純な人 世渡り下手でも いいのよいいの 今夜は飲みましょ 縁酒 夢宵酔々 恋宵酔々 あなたと二人 明日の向こうに 春が来る  冬の長さに やせた夢 これから一緒に 育てるの 心の傷あと さらりと捨てて 今夜は飲みましょ 忘れ酒 夢宵酔々 恋宵酔々 あなたと二人 優しく咲かせる 春の花水田竜子下地亜記子岸本健介泣いちゃダメだと 抱かれても 涙が何故か 止まらない せつなくなるほど 幸福なのよ 今夜は飲みましょ 情け酒 夢宵酔々 恋宵酔々 あなたと二人 頬よせ肩よせ 春を待つ  やんちゃ坊主が そのまんま 大人になった 純な人 世渡り下手でも いいのよいいの 今夜は飲みましょ 縁酒 夢宵酔々 恋宵酔々 あなたと二人 明日の向こうに 春が来る  冬の長さに やせた夢 これから一緒に 育てるの 心の傷あと さらりと捨てて 今夜は飲みましょ 忘れ酒 夢宵酔々 恋宵酔々 あなたと二人 優しく咲かせる 春の花
余市の女お酒を相手に ひと冬越えて あなた待つ身を 霧笛が泣かす シリパ岬は 荒波しぶき 雪また雪の 波止場みち… 夢を夢を 夢をください もういちど いのち預けた 余市の女  一途というのも 哀しいものと 他人(ひと)は指さす 噂をたてる 紅い夕日に 積丹(しゃこたん)カモメ 誓った 愛の乗(じょう)念寺(ねんじ)… 忘れ忘れ 忘れられない ぬくもりに 賭けて入船(ふね)待つ 余市の女  泣かせたぶんだけ 優しく抱いて 胸の根雪を 溶かしてほしい 春のあけぼの ローソク岩に 黒ユリ投げて ただ祈る… 恋を恋を 恋をかえして もういちど あなたひとすじ 余市の女水田竜子水木れいじ水森英夫伊戸のりおお酒を相手に ひと冬越えて あなた待つ身を 霧笛が泣かす シリパ岬は 荒波しぶき 雪また雪の 波止場みち… 夢を夢を 夢をください もういちど いのち預けた 余市の女  一途というのも 哀しいものと 他人(ひと)は指さす 噂をたてる 紅い夕日に 積丹(しゃこたん)カモメ 誓った 愛の乗(じょう)念寺(ねんじ)… 忘れ忘れ 忘れられない ぬくもりに 賭けて入船(ふね)待つ 余市の女  泣かせたぶんだけ 優しく抱いて 胸の根雪を 溶かしてほしい 春のあけぼの ローソク岩に 黒ユリ投げて ただ祈る… 恋を恋を 恋をかえして もういちど あなたひとすじ 余市の女
酔っぱらっちゃった飲めるわよ 酒ぐらい たかが色つき 水じゃない 聞いてるわ サヨナラを まわりくどいわ 言い方が 酔っ払っちゃった 振りしているわ 泣き上戸だと 廻りに見えるよに ここまで女に 惚れられる 男はめったに 居ないから あなたひとこと言わせてよ 罪つくり 罪つくり  送るわよ 表まで いいの私に 送らせて 知らないわ あとのこと 誘われるまま 飲むつもり 酔っ払っちゃった 振りしているわ ただ行きずりに 口説かれたい気分 これほど女を 駄目にする 男が果して いるかしら あなたひとこと言わせてよ 罪つくり 罪つくり  酔っぱらっちゃった 振りしているわ もうボロボロよ 心は空っぽよ こんなに女を まいらせる 男にこの先 会えるやら あなたひとこと言わせてよ 罪つくり 罪つくり水田竜子千家和也浜圭介飲めるわよ 酒ぐらい たかが色つき 水じゃない 聞いてるわ サヨナラを まわりくどいわ 言い方が 酔っ払っちゃった 振りしているわ 泣き上戸だと 廻りに見えるよに ここまで女に 惚れられる 男はめったに 居ないから あなたひとこと言わせてよ 罪つくり 罪つくり  送るわよ 表まで いいの私に 送らせて 知らないわ あとのこと 誘われるまま 飲むつもり 酔っ払っちゃった 振りしているわ ただ行きずりに 口説かれたい気分 これほど女を 駄目にする 男が果して いるかしら あなたひとこと言わせてよ 罪つくり 罪つくり  酔っぱらっちゃった 振りしているわ もうボロボロよ 心は空っぽよ こんなに女を まいらせる 男にこの先 会えるやら あなたひとこと言わせてよ 罪つくり 罪つくり
礼文水道花の浮き島 最果て航路 漁船(ふね)が走れば 鴎(ゴメ)が追う あなた想えば 募る恋しさ 須古頓(すことん)岬 こころ結んだ 連絡船を ひとり見つめる 礼文水道  風に耐え抜く 薄雪草は やがて綺麗な 花咲かす 波の彼方で 霧に浮き立つ 利尻(りしり)の島よ いつかあなたに 逢えるでしょうか… 祈るおんなの 礼文水道  遠い異国の 島影霞み 沖の海鳴り 背中(せな)で啼く 霧笛せつなく 季節(とき)は移ろう 香深(かふか)の港 潮の速さに 流れた愛が 揺れて彷徨(さまよ)う 礼文水道水田竜子森田いづみ岡千秋前田俊明花の浮き島 最果て航路 漁船(ふね)が走れば 鴎(ゴメ)が追う あなた想えば 募る恋しさ 須古頓(すことん)岬 こころ結んだ 連絡船を ひとり見つめる 礼文水道  風に耐え抜く 薄雪草は やがて綺麗な 花咲かす 波の彼方で 霧に浮き立つ 利尻(りしり)の島よ いつかあなたに 逢えるでしょうか… 祈るおんなの 礼文水道  遠い異国の 島影霞み 沖の海鳴り 背中(せな)で啼く 霧笛せつなく 季節(とき)は移ろう 香深(かふか)の港 潮の速さに 流れた愛が 揺れて彷徨(さまよ)う 礼文水道
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. 366日
  3. 毎日
  4. Dear
  5. 夢幻

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 夢幻
  2. Love seeker
  3. hanataba
  4. 永久 -トコシエ-
  5. LOVE BANDITZ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×