×

中山大三郎作詞の歌詞一覧リスト  135曲中 1-135曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
135曲中 1-135曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
人生いろいろ市川由紀乃市川由紀乃中山大三郎浜口庫之助死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり つよく小指をかんだり 自分ばかりをせめて 泣いてすごしたわ ねえおかしいでしょ若いころ ねえ滑稽でしょ若いころ 笑いばなしに涙がいっぱい 涙の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ  女だっていろいろ 咲き乱れるの 恋は突然くるわ 別れもそうね そしてこころを乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ いまかがやくのよ私たち いまとびたつのよ私たち 笑いばなしに希望がいっぱい 希望の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
珍島物語上沼恵美子上沼恵美子中山大三郎中山大三郎海が割れるのよ 道ができるのよ 島と島とが つながるの こちら珍島(チンド)から あちら芽島里(モドリ)まで 海の神様 カムサハムニダ 霊登(ヨンドン)サリの 願いはひとつ 散り散りになった 家族の出会い ねえ わたしここで 祈っているの あなたとの 愛よふたたびと  遠くはなれても こころあたたかく あなた信じて 暮らします そうよいつの日か きっと会えますね 海の神様 カムサハムニダ ふたつの島を つないだ道よ はるかに遠い 北へとつづけ ねえ とても好きよ 死ぬほど好きよ あなたとの 愛よとこしえに  霊登(ヨンドン)サリの 願いはひとつ 散り散りになった 家族の出会い ねえ わたしここで 祈っているの あなたとの 愛よふたたびと
天草情歌天草二郎天草二郎中山大三郎船村徹雨雲が 西へ流れる ふるさとは 雨だろうか おふくろが むしろをたたむ いもうとが いそいで帰る 二つ三つ 柿も落ちたろ  さよならも 言えず別れた あのときも 雨だった こみあげる 思いのように 肩先を ぬらしていたよ バスを待つ 村の日暮れに  思い出を あまくぬらして ふるさとに 雨よ降れ いつの日か のぞみを果たし 手をふって 帰って行こう あぜみちよ 森よ変わるな
女の十字路西方裕之西方裕之中山大三郎浜圭介だめよそこまで 近づいちゃ あなただけにあげる 恋だけど 過去があります 悲しい傷が だからあなた急がないで 少し待ってよ あー 女の十字路で あなたに迷いそうな夜  止めて止まらぬ 二人なら 行ける所までも 行くけれど 心変わりに 泣かされたから 信じたくて信じられず 胸が痛いの あー 女の合鍵を あなたにわたしそうな夜  ここであなたを 帰したら 一人眠る夢が 寒いでしょう だけどあなたを ひき止めたなら 同じような傷がひとつ ふえるだけなの あー どうすりゃいいんでしょう あなたにくずれそうな夜
夜の銀狐箱崎晋一郎箱崎晋一郎中山大三郎中川博之淋しくないかい うわべの恋は こころをかくして 踊っていても ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ ほしくはないかい 女としての 静かなしあわせ ほしくはないかい  泣きたくないかい 一人の部屋の 灯りをまさぐる 夜更けの時間 ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ ドレスが泣いてる ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ くちびるむなしい 小さなマンション お前のために さがしておいたよ 二人で住みたい  ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ きれいな服も すてきだけれど 似合うと思うよ エプロン姿
わすれ宿GOLD LYLIC五木ひろしGOLD LYLIC五木ひろし中山大三郎船村徹これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは 書き入れる 窓の外 悲しげに なく虫を 聞きながら 浴衣の胸に 指をやる  どこかさびれた この宿が 今のふたりに 似合うわね しのび逢い もえたとて 明日は又 よその人 甘えてみたい しみじみと  あなたつかれて いるようね 同じくらいに なやんだの ありがとう うれしいわ 心だけ くださいね 涙にふける わすれ宿
銭形マーチFujikochansFujikochans中山大三郎大野雄二祖先は銭形平次 心のほこり ルパンをとらえるために 世界をかけめぐる 今日またとり逃がし 夕陽をあびて こぶしでふく涙 あしたこそかわけ 御用だぞよ 神妙に お縄をちょうだいしろルパン たまにはおれに 手柄をたてさせてくれ  ルパンにふりまわされて 幾年すぎた コートも帽子も靴も ボロボロすりへった せっかく追いつめて もう一息で するりと逃げられて ただくやし涙 御用だぞよ 神妙に お縄をちょうだいしろルパン おまえとながい つきあいしてるじゃないか  美人にとりかこまれて あいつは笑う モテないくやしさ抱いて ピストル振り回す どうしてこんなにも 正義が負ける 世間をふく風も おれだけにゃ寒い 御用だぞよ 神妙に お縄をちょうだいしろルパン いつかはおれが 主役になるときがくる
男の背中川中美幸川中美幸中山大三郎中山大三郎男の肩と 背中には むかしの影が ゆれている 恋も 涙も 悲しみも だれにも言えない 傷あとも ゆらゆらゆら とまり木ゆれて グラスの底に 明日(あす)をみる おまえはそんな 男の姿 気付かないけど  男の胸の おくのおく そのときどきの 夢がある 過去も 未来も ぼんやりと 忘れてしまう ときがある ゆらゆらゆら タバコのけむり 見つめて愛に ゆれながら おまえのあまい かおりの中で 休む日もある  ゆらゆらゆら とまり木ゆれて グラスの底に 明日(あす)をみる おまえはそんな 男の姿 気付かないけど
人生いろいろ坂本冬美坂本冬美中山大三郎浜口庫之助死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり つよく小指をかんだり 自分ばかりを責めて 泣いてすごしたわ ねぇ おかしいでしょ 若いころ ねぇ 滑稽でしょ 若いころ 笑いばなしに 涙がいっぱい 涙の中に 若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  恋は突然くるわ 別れもそうね そしてこころを乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ いまかがやくのよ 私たち いまとびたつのよ 私たち 笑いばなしに 希望がいっぱい 希望の中に 若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
ふるさとはどこですか由紀さおり由紀さおり中山大三郎うすいよしのりふるさとはどこですかと あなたはきいた この町の生まれですと 私は答えた ああ、そしてあなたがいつの日か あなたのふるさとへ つれて行ってくれる日を 夢みたの 生まれたてのこの愛の ゆくえを祈ったの  ふるさとはどこですかと 私はきいた 南の海の町と あなたは答えた ああ、そして幼い日のことを 瞳をかがやかせ 歌うように夢のように 話したわ ふたりして行かないかと 私にはきこえたの  ああ、だけど今では思い出ね あなたはふるさとへ ただひとりただひとり 帰るのね ふるさとはそんなにも あたたかいものなのね
みそ汁の詩最上川司最上川司中山大三郎中山大三郎しばれるねぇ 冬は寒いから味噌汁がうまいんだよね うまい味噌汁 あったかい味噌汁 これがおふくろの味なんだねえ  あの人 この人 大臣だってみんないるのさおふくろが いつか大人になった時 なぜかえらそな顔するが あつい味噌汁 飲む度に 思い出すのさ おふくろを 忘れちゃならねえ 男意気  へぇーそうか おまえさんも東北の生まれか 気持ちはわかるが あせらねえ方がいいな やめろ!あんなあまったるいもの好きな女なんか 何がポタージュだい 味噌汁の好きな女じゃなくちゃ!! 寝るのはふとん 下着はふんどし ごはんのことを ライスだなんて言うんじゃないよ。 田園調布? 家を建てるんなら山形県 それも河北町の谷内がいいね ロッケンロール?ロ…ロッケンロールだけは いいんじゃないべかねえ それにしても近頃の人は 何か忘れてるね これでも日本人なんだべかねぇ  日本人なら忘れちゃこまる 生まれ故郷と味噌汁を 何だかんだと世の中は 腹が立つやら 泣けるやら どこへいったか親孝行 まるで人情 紙風船 忘れちゃならねぇ 男意気  ふるさと出てから 16年 いつもおふくろさんの ふところ夢みておりました 思い出すたびに この胸がキューッと痛くなるんです 思わず涙が出てくるんだなあ それにしても今夜はしばれるねぇ このぶんだと雪になるんでねえべか おふくろさんの味噌汁が食いたいなあ…かあちゃーん!!
珍島物語角川博角川博中山大三郎中山大三郎海が割れるのよ 道ができるのよ 島と島とが つながるの こちら珍島(チンド)から あちら芽島里(モドリ)まで 海の神様 カムサハムニダ  霊登(ヨンドン)サリの 願いはひとつ 散り散りになった 家族の出会い ねえ わたしここで 祈っているの あなたとの 愛よふたたびと  遠くはなれても こころあたたかく あなた信じて 暮らします そうよいつの日か きっと会えますね 海の神様 カムサハムニダ  ふたつの島を つないだ道よ はるかに遠い 北へとつづけ ねえ とても好きよ 死ぬほど好きよ あなたとの 愛よとこしえに  霊登(ヨンドン)サリの 願いはひとつ 散り散りになった 家族の出会い ねえ わたしここで 祈っているの あなたとの 愛よふたたびと
5時の汽車で天童よしみ天童よしみ中山大三郎中山大三郎5時の汽車で私は 一人でこの街出て行くわ あなたが望んだことだけど 私は心を残して 5時の汽車が出たあと あなたは自由になるのよ 私の涙の分だけ あなたは自由になるのよ 私の仕事もあなた みんな出来ますか あの娘(こ)が眠る前に 髪をとかしてやれますか そしておとぎ話を くりかえしくりかえし聞かせてあげてね 5時の汽車で私は 一人でこの街出て行くわ あなたが望んだことだけど 私は心を残して  5時の汽車の行く先 あなたは知らないでしょうね あなたと出会った南の 海辺の町へ行くのよ いまさら思い出さがして どうにもならないことなど わかっているけど私は あの日の町へ行くのよ あの娘がベッドを落ちたら どうぞ抱きあげて ねぼけて私をさがしたら 旅へ出てると聞かせてね そして帰らないことを さりげなくさりげなく教えてあげてね 5時の汽車で私は 一人でこの街出て行くわ あなたが望んだことだけど 私は心を残して  あの娘が素敵なむすめに いつかなった時 私の悲しみだけは きっとわかってくれるでしょう そして知らず知らずに しぐさなどしぐさなど私に似るでしょう 5時の汽車で私は 一人でこの街出て行くわ あなたが望んだことだけど 私は心を残して
あなたからさよならを言って天童よしみ天童よしみ中山大三郎中山大三郎くよくよしてるのは 私じゃないわ 男のあなたから 決断してよ 半年前あたり 秋風ふいて やがてはこころまで 凍えてきたの この街のやさしさが あふれてる並木道 好きだったの ずっとずっと くらしたかったの 私はひとりになっても 充分くらせるわ あなたから さよならを言って  ひとりのときならば わがまま言えた ふたりのくらしから 個性が消えた あなたはいい人よ だれもが言うわ 自分を出せないで 悩んでいたの すぐにでもあたたかい 南風ふいてくる 私ひとり そっとそっと 部屋を出て行くわ あなたはいつもの調子で 酒でものんでてね さりげなく さよならを言って  この街のやさしさが あふれてる並木道 好きだったの ずっとずっと くらしたかったの 私はひとりになっても 充分くらせるわ あなたから さよならを言って
男の背中北川大介北川大介中山大三郎中山大三郎男の肩と 背中には むかしの影が ゆれている 恋も 涙も 悲しみも だれにも言えない 傷あとも ゆらゆらゆら とまり木ゆれて グラスの底に 明日(あす)をみる おまえはそんな 男の姿 気付かないけど  男の胸の おくのおく そのときどきの 夢がある 過去も未来も ぼんやりと 忘れてしまう ときがある ゆらゆらゆら タバコのけむり 見つめて 愛に ゆれながら おまえのあまい かおりの中で 休む日もある  ゆらゆらゆら とまり木ゆれて グラスの底に 明日をみる おまえはそんな 男の姿 気付かないけど
夜の銀狐北川大介北川大介中山大三郎中川博之淋しくないかい うわべの恋は こころをかくして 踊っていても ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ ほしくはないかい 女としての 静かなしあわせ ほしくはないかい  泣きたくないかい 一人の部屋の 灯りをまさぐる 夜更けの時間 ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ ドレスが泣いてる ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ くちびるむなしい 小さなマンション おまえのために さがしておいたよ 二人で住みたい  ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ きれいな服も すてきだけれど 似合うと思うよ エプロン姿
女の十字路 ~あなたに迷いそうな夜~細川たかし細川たかし中山大三郎浜圭介だめよそこまで 近づいちゃ あなただけにあげる 恋だけど 過去があります 悲しい傷が だからあなた いそがないで 少し待ってよ ああ…… 女の十字路で あなたに 迷いそうな夜  とめてとまらぬ ふたりなら 行(い)けるところまでも 行(ゆ)くけれど こころ変(が)わりに 泣かされたから 信じたくて 信じられず 胸がいたいの ああ…… 女の合鍵(あいかぎ)を あなたに 渡しそうな夜  ここであなたを 帰したら ひとり眠る夢が 寒いでしょう だけどあなたを 引きとめたなら 同じような傷が一つ ふえるだけなの ああ…… 女の十字路で あなたに 迷いそうな夜 あなたに 迷いそうな夜
北緯五十度福田こうへい福田こうへい中山大三郎望月吾郎涙 黒髪 えりあし おくれ毛 小指 くちびる 思えばつらい 波はデッキの 上から落ちる 北緯五十度 カムチャッカ沖だ こんな時にも 心の中で 紅く燃えてる 命の恋よ  夕陽 棧橋 引き波 人影 夢で毎晩 帰っているよ 今度逢ったら 打ちあけるのさ 北緯五十度 もう見おさめだ 船をおりるぜ 千島の千鳥 さらばさよなら ロパトカ岬
ふるさとはどこですかテレサ・テンテレサ・テン中山大三郎うすいよしのりふるさとはどこですかと あなたはきいた この町の生まれですよと 私は答えた ああ、そしてあなたがいつの日か あなたのふるさとへ つれて行ってくれる日を 夢みたの 生まれたてのこの愛の ゆくえを祈ったの  ふるさとはどこですかと 私はきいた 南の海の町と あなたは答えた ああ、そして幼い日のことを 瞳をかがやかせ 歌うように夢のように 話したわ ふたりして行かないかと 私にはきこえたの  ああ、だけど今では思い出ね あなたはふるさとへ ただひとりただひとり 帰るのね ふるさとはそんなにも あたたかいものなのね
あなたが遠くなる野路由紀子野路由紀子中山大三郎大本恭敬汽笛が聞こえます 胸が痛みます 涙も出ないほどかなしい夜更けです ここは旅先き小さな港町 思いあふれて手紙を書いてます  あの日の別れなら 私のせいです 女のあやまちは一度がすべてです だから今さら帰れはしないけど いじめぬかれて今日が覚めました  貴方のいたわりを 私に下さい ただそれだけで立ちなおれるでしょう もしも貴方がゆるしてくれるなら この身かぎりをつくしてささげます  身体の痛みならたえて生きられる 心の痛みにはもうたえられないわ 星のめぐりが私を変えてゆく いつか貴方もだんだん遠くなる
夜の銀狐中川博之中川博之中山大三郎中川博之淋しくないかい うわべの恋は こころをかくして 踊っていても ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ ほしくはないかい 女としての 静かなしあわせ ほしくはないかい  泣きたくないかい 一人の部屋の 灯(あか)りをまさぐる 夜更けの時間 ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ ドレスが泣いてる ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ くちびるむなしい 小さなマンション おまえのために さがしておいたよ 二人で住みたい  ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ きれいな服も すてきだけれど 似合うと思うよ エプロン姿
珍島物語水田竜子水田竜子中山大三郎中山大三郎海が割れるのよ 道ができるのよ 島と島とが つながるの こちら珍島(チンド)から あちら芽島里(モドリ)まで 海の神様 カムサハムニダ 霊登(ヨンドン)サリの 願いはひとつ 散り散りになった 家族の出会い ねえ わたしここで祈っているの あなたとの 愛よふたたびと  遠くはなれても こころあたたかく あなた信じて 暮らします そうよいつの日か きっと会えますね 海の神様 カムサハムニダ ふたつの島を つないだ道よ はるかに遠い 北へとつづけ ねえ とても好きよ 死ぬほど好きよ あなたとの 愛よとこしえに  霊登(ヨンドン)サリの 願いはひとつ 散り散りになった 家族の出会い ねえ わたしここで祈っているの あなたとの 愛よふたたびと
旅ふたたび半田浩二半田浩二中山大三郎杉本眞人はげしい夏が しぼんで行くか 波打ち際に 人影もない 旅立つ時さ 潮風に吹かれ 心に秘めた 面影抱いて行く むかしのことさ いのちの恋だった さだめって奴に おれでも負けた 許してくれよ 忘れてくれよ ざんげの旅を ひとり行く  この町に来て 人心地して 見果てぬ夢の 続きを見たよ いけない男(やつ)さ 薄情な男(やつ)さ 涙にぬれた その目がせつないよ 東へ西へ 揺られて行くだけさ さすらうことが 生きてる証し 許してくれよ 忘れてくれよ ざんげの旅を ひとり行く  むかしのことさ いのちの恋だった さだめって奴に おれでも負けた 許してくれよ 忘れてくれよ ざんげの旅を ひとり行く
女が泣いて港町小関信吾小関信吾中山大三郎望月吾郎カモメが鳴いて 汽笛がないて 女が泣いて 港町 男はどうして それほどまでに 海に惹かれて 行くのでしょう 出船入船 どっちにしても 女は涙を 流すのよ  お酒を飲んで ギターを弾いて あなたは空を とんで行く 女のわたしは 指折りかぞえ 次に会う日を 夢みてる どこの国やら 船乗りたちの ことばがとび交い 夜が更ける  船乗りなんかに ほれちゃったのね だから泣くのね バカなのね またもあなたを こまらせそうな 出港前夜の 夜明け前
男のララバイ落合博満落合博満中山大三郎五木ひろし夜更けにひとり 男が帰る やさしい女(ひと)の やさしい胸に つかれたこころよ おやすみなさい つかれたからだよ おやすみなさい ララバイ…… 女がうたう 男のララバイ  男はいつも 戦うものさ たおれて星を みつけるものさ あまえるわけでは ないのだけれど だれかの声など ききたいものさ ララバイ…… 女がうたう 男のララバイ  夜霧の中に 背中が消える むかしをそっと ひきずりながら さすらいつづけて 痛めた胸を そのままかかえて 旅行くだけさ ララバイ…… 女がうたう 男のララバイ
さすらいの途中で落合博満落合博満中山大三郎中山大三郎あなたの肩先をぬらす 夜霧は女のためいき 忘れないでと おまえは言った 別れのときさえ 素敵だったよ おまえがのぞんだ さよならなのに おもわず抱きしめて あやまりつづけた いけない男だと 自分を責めたよ  どこかに悩みでもあるの このごろ元気がないよと 何も知らずに 心配したよ おまえのこころに 恋が芽生えて 言い出しにくくて ゆれてたのだろう 夜霧のまん中へ さよなら告げよう 別れはおたがいの 旅立ちだから  今でも今でも とても素敵さ 今度の恋人 大事にしろよ ふたりはさすらいの 途中で出逢った もう一度会えそうな 気がするさよなら
めぐり逢い落合博満落合博満中山大三郎五木ひろしおまえにだけは ほんとうの 男のこころ 話したい グラス片手に 聴いてくれ おとぎばなしと 笑ってくれ 恋…… その場で終わったよ 傷…… 数えりゃきりがない 今…… おまえにめぐりあい 夢…… もう一度見たいのさ  流れてやがて 消えて行く 男の姿 おれだった それもロマンと 世をすねて 酒とケンカに あけくれた 過去…… おもえばほろにがい 虹…… おまえの目にかかる 花…… しみじみみつめよう 明日…… ふたりで歩きたい  恋…… その場で終わったよ 傷…… 数えりゃきりがない 今…… おまえにめぐりあい 夢…… もう一度見たいのさ
夢クラブ落合博満落合博満中山大三郎五木ひろし一目でだれかを 好きになる それを信じて くれるかい ここは夜更けの 夢クラブ このときめきが いとしいよ 今 芽生える 恋がある そう おしゃれに きらめくよ アルマニャックの カンパイで 二人どこかへ消えようか  なぞかけごっこや かくれんぼ 恋のはじまり にぎやかさ 今夜ばかりは 「ナシ」にして 信じてみたい 神様を さあ この手に だきしめて そう 気分はオオカミさ ラテン・リズムが 火をつける 恋よからだよ もえあがれ  今 芽生える 恋がある そう おしゃれに きらめくよ アルマニャックの カンパイで 二人どこかへ消えようか
そんなふたりのラブソング落合博満・落合信子落合博満・落合信子中山大三郎中山大三郎世間から見りゃ おまえとおれは ちょっと変わった ふたりづれ 日本・女は 六千万で 日本・男も 六千万よ えらんだよ おまえを うれしいわ 泣けるわ そんなふたりの そんなふたりの ラブソング  右に左に まがってみえる それが浮世の 道なのよ おれはまっすぐ 行きたいだけさ だだをこねたら おとされるわよ 冗談さ シャレだよ 本音でしょ ほんとは そんなふたりの そんなふたりの ラブソング  男一匹 嵐に向かう 女一匹 ついて行く ばったばったと 相手をたおす 何とたのもし わがだんなさま ありがとよ おまえも てれるけど うれしい そんなふたりの そんなふたりの ラブソング
日本は一つ 地球も一つ稼木美優稼木美優中山大三郎渡辺未来ある人が 青い絵の具で 悲しみを 描いたら その横に 赤い絵の具の 情熱を かざろうよ  若いんだもの 泣いちゃうさ 若いんだもの はじけるさ 日本は一つ 地球も一つ 心も平和の ねがいで一つ  砂漠にも みどりゆたかな オアシスが あるように どんな場所 どんな時にも やすらぎが あるはずよ  これからだもの 悩んじゃう これからだもの 夢見ちゃう 日本は一つ 地球も一つ 心も平和の ねがいで一つ  若いんだもの 泣いちゃうさ 若いんだもの はじけるさ 日本は一つ 地球も一つ 心も平和の ねがいで一つ  これからだもの 悩んじゃう これからだもの 夢見ちゃう 日本は一つ 地球も一つ 心も平和の ねがいで一つ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
犬のお願い稼木美優稼木美優中山大三郎shinyaぼくたち犬です 家族です ぼくたち犬です 家族です  みんなが楽しく 笑ってるとき 一緒にはしゃいで いいですね だれかが涙を 流してるとき だまってとなりに 座りましょう  ぼくたち犬です 家族です 親子と思って くださいね 老いぼれたからと すてないで 飼うのは飽きたと すてないで  何百年もの 大昔なら オオカミ 山犬 だったでしょう いつしかおたがい 気ごころ知って 人間さまとの おつきあい  ぼくたち犬です 家族です 言葉もほとんど わかります いつでも名前を 呼びかけて 淋しい想いを させないで  ぼくたち犬です 家族です 喜怒哀楽も 感じます いつかはあの世へ 召されます その日が来るまで そばにいて  おねがい おねがい…
やすらぎ杉良太郎杉良太郎中山大三郎中山大三郎あなたがその気なら しかたがないわねと おまえはうつむいて 静かに背をむけた 季節が変わって 咲く花も変わり バラのつぼみが ほころびる頃さ そうさ おれのせいでいいさ ほんとはおまえから 別れを言い出した  おまえのことならば なんでも知っている 浮気な恋心 傷ある過去さえも 何かを求めて さまよってみても 悲しい想い出が ふえてゆくだけさ そうさ 夢はいつかさめる 待っててあげようか 目覚めるその日まで  しばらく旅に出て あらってくるがいい 昔のことなんか 忘れてくるがいい あずけておくよ この部屋の鍵は きつといつかは 使いたくなるさ そうさ そんな時が来るさ その時やすらぎを おまえは知るだろう
サヨナラMr.…辻沢杏子辻沢杏子中山大三郎TAIもう 泣かない女に なってみせるわ 悲しみを 置きざりに 旅立つ私 そう あなたは今頃 まどろみの中 この私 さがすでしょう きっと  ルート・ファイブを行けば 夜明けの風の中 ひとつ ひとつ過ぎて行く あなたの想い出 あんなにも愛してた わがままも許した だけど今は お別れよ サヨナラ Mr.…  もう 泣かない女に なってみせるわ 夜明け前海沿いに 車をとばす そう あなたに芽生えた 新しい恋 あやまちじゃ すまないでしょう どう  心ふるえているわ 今でも大好きよ メモランダム残さずに いけない私ね だけど もう追わないで また もろくなるから 今は すべて忘れたい サヨナラ Mr.…  もう 泣かない女に なってみせるわ 悲しみを 置きざりに 旅立つ私 そう あなたは今頃 まどろみの中 この私 さがすでしょう きっと  もう 泣かない女に なってみせるわ 悲しみを 置きざりに 旅立つ私 そう あなたに芽生えた 新しい恋 あやまちじゃ すまないでしょう どう
人生いろいろ森光子森光子中山大三郎浜口庫之助死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり つよく小指をかんだり 自分ばかりを責めて 泣いてすごしたわ ねぇおかしいでしょ若いころ ねぇ滑稽でしょ若いころ 笑いばなしに涙がいっぱい 涙の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  恋は突然くるわ 別れもそうね そして心を乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ いまかがやくのよ私たち いまとびたつのよ私たち 笑いばなしに希望がいっぱい 希望の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
人生いろいろ歌恋歌恋中山大三郎浜口庫之助死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり 強く小指をかんだり 自分ばかりをせめて 泣いてすごしたわ ねぇおかしいでしょ若いころ ねぇ滑稽でしょ若いころ 笑いばなしに涙がいっぱい 涙の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  恋は突然くるわ 別れもそうね そして心を乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ いまかがやくのよ私たち いまとびたつのよ私たち 笑いばなしに希望がいっぱい 希望の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
人生いろいろ五木ひろし五木ひろし中山大三郎浜口庫之助死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり つよく小指をかんだり 自分ばかりを責めて 泣いてすごしたわ  ねぇ おかしいでしょ 若いころ ねぇ 滑稽でしょ 若いころ 笑いばなしに 涙がいっぱい 涙の中に 若さがいっぱい  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  恋は突然くるわ 別れもそうね そして心を乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ  いまかがやくのよ 私たち いまとびたつのよ 私たち 笑いばなしに 希望がいっぱい 希望の中に 若さがいっぱい  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
ひとすじの白い道森進一森進一中山大三郎中山大三郎わけもなく悲しみが 胸うつ夜は 思い出の数々が うかんで消える ふりむけば ひとすじの白い道だった 風に泣き 雨にぬれ ひたすら生きた 泣くのはよそう 笑って行こう 思い出に生きるなんて まだ早い  若さゆえ何回も 迷い子になった 男ゆえその度に 空みて泣いた あの人も あの人も はげましてくれた こころから感謝して 今日まで生きた これから先を みていてほしい それだけをたった一つ 伝えたい  ただとおい ひとすじの白い道がある 何がある 何が待つ ひたすら行こう 両手を広げ こころを広げ 愛だけを うたいながら どこまでも
人生いろいろGOLD LYLIC島倉千代子GOLD LYLIC島倉千代子中山大三郎浜口庫之助死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり つよく小指をかんだり 自分ばかりを責めて 泣いてすごしたわ ねぇおかしいでしょ若いころ ねぇ滑稽でしょ若いころ 笑いばなしに涙がいっぱい 涙の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  恋は突然くるわ 別れもそうね そしてこころを乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ いまかがやくのよ私たち いまとびたつのよ私たち 笑いばなしに希望がいっぱい 希望の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
北緯五十度細川たかし細川たかし中山大三郎望月吾郎涙 黒髪 えりあし おくれ毛 小指 くちびる 思えばつらい 波はデッキの 上から落ちる 北緯五十度 カムチャッカ沖だ こんな時にも 心の中で 紅く燃えてる 命の恋よ  海がなくても 私がいるわと 泣いてすがった あのぬくもりよ ちょっと待ちなよ 海鳥たちが 鳩やすずめと 暮らせるものか ばかなたとえで 強がり言って 沖で泣いてる 男の恋よ  夕陽 桟橋 引き波 人影 夢で毎晩 帰っているよ 今度逢ったら 打ちあけるのさ 北緯五十度 もう見おさめだ 船をおりるぜ 千島の千鳥 さらばさよなら ロパトカ岬
女の十字路細川たかし細川たかし中山大三郎浜圭介だめよそこまで 近づいちゃ あなただけにあげる 恋だけど 過去があります 悲しい傷が だからあなた急がないで 少し待ってよ あー 女の十字路で あなたに迷いそうな夜  止めて止まらぬ 二人なら 行ける所までも 行くけれど 心変わりに 泣かされたから 信じたくて信じられず 胸が痛いの あー 女の合鍵を あなたにわたしそうな夜  ここであなたを 帰したら 一人眠る夢が 寒いでしょう だけどあなたを ひき止めたなら 同じような傷がひとつ ふえるだけなの あー どうすりゃいいんでしょう あなたにくずれそうな夜
味噌汁の詩GOLD LYLIC千昌夫GOLD LYLIC千昌夫中山大三郎中山大三郎しばれるねぇ。冬は寒いから味噌汁がうまいんだよね。 うまい味噌汁、あったかい味噌汁、これがおふくろの味なんだねえ。  あの人この人 大臣だって みんないるのさ おふくろが いつか大人になった時 なぜかえらそな顔するが あつい味噌汁飲む度に 思い出すのさ おふくろを 忘れちゃならねえ 男意気  へぇーそうか、おまえさんも東北の生まれか。 気持ちはわかるがあせらねえ方がいいな。 やめろ!あんなあまったるいもの 好きな女なんか。 何がポタージュだい、味噌汁の好きな女じゃなくちゃ! 寝るのはふとん、下着はふんどし、 ごはんのことをライスだなんて言うんじゃないよ。 田園調布?家を建てるなら岩手県、それも陸前高田がいいね。 金髪?きん……金髪だけはいいじゃないべかねえ。 それにしても近頃の人は何か忘れてるね。 これでも日本人なんだべかねぇ。  日本人なら 忘れちゃこまる 生まれ故郷と 味噌汁を 何だかんだと世の中は 腹が立つやら 泣けるやら どこへ行ったか親孝行 まるで人情 紙風船 忘れちゃならねぇ 男意気  ふるさとを出てから16年、 いつもおふくろさんのふところを夢見ておりました。 思い出すたびに、この胸がキューッと痛くなるんです。 思わず涙が出てくるんだなぁ。 それにしても今夜はしばれるねぇ、 このぶんだと雪になるんでねぇべか。 おふくろさんの味噌汁が食いたいなぁ…… かあちゃーん!
お世話になったあの人へ小林旭小林旭中山大三郎城賀イサム夜のお店に つとめたころに 私 あの人 知りました さそい上手で おはなし上手 やがて悲しい さよなら上手 しあわせでした 思い出できました お世話になったあの人へ  そしてお店を まかされたころ 一緒にすごした 人でした きっといつかは 世に出る人と つくしつくして ささげた月日 しあわせでした 女の夢でした お世話になったあの人へ  夜のお店に 灯りをつけりゃ なぜか心が 痛みます 私みたいな 女のために 出世おくれちゃ いないでしょうね しあわせでした いのちの恋でした お世話になったあの人へ
珍島物語GOLD LYLIC天童よしみGOLD LYLIC天童よしみ中山大三郎中山大三郎海が割れるのよ 道ができるのよ 島と島とが つながるの こちら珍島(チンド)から あちら芽島里(モドリ)まで 海の神様 カムサハムニダ 霊登(ヨンドン)サリの 願いはひとつ 散り散りになった 家族の出会い ねえ わたしここで祈っているの あなたとの 愛よふたたびと  遠くはなれても こころあたたかく あなた信じて 暮らします そうよいつの日か きっと会えますね 海の神様 カムサハムニダ ふたつの島を つないだ道よ はるかに遠い 北へとつづけ ねえ とても好きよ 死ぬほど好きよ あなたとの 愛よとこしえに  霊登(ヨンドン)サリの 願いはひとつ 散り散りになった 家族の出会い ねえ わたしここで祈っているの あなたとの 愛よふたたびと
ゆうすげの恋森進一森進一中山大三郎中山大三郎ゆうすげは 淡い黄色よ 夜に咲き 朝に散る花 あなたは夜更けに来て朝帰る その度(たび)別れの匂いをおいてゆく さよならは 言わないで  初めての 恋じゃないけど あなたには 命がけなの やさしさだけ欲しいと言わないわ あなたと一緒に歩いてゆきたいの この思い わかってよ  山陰(やまかげ)に 咲いて散りゆく ゆうすげも 命ある花 あなたがただひとつの夢なのよ すべてを投げ出しつくしてみたいのよ いつまでも どこまでも
済州ブルース半田浩二半田浩二中山大三郎中山大三郎こんな近くだけれど ここは外国なんだよ たったひとりで 旅しているよ 風の島 石の島 神話の島の 済州島だよ 君に見せたいものが いっぱいあるよ 君と別れる前に 旅したかったよ  君のしあわせだけを いつも願っていたのさ こんな別れを 許してくれよ そのひとは どんなひと 今度のひとは すてきなひとかい まるでとろけるような くちづけかわし そしてささやくのだろう かわらぬ愛を  何の目的もなく ここを選んだけれど なぜかこころが なごんでくるよ 漢拏山(ハンラサン) 万丈窟(マンジャングル) 天帝淵瀑布(チョンジョンボクボ) いろいろ見たよ ほんのちょっぴりだけの 時間をもどし 君と旅してみたい すてきな島だよ
無頼に生きて半田浩二半田浩二中山大三郎杉本眞人今まで 無頼に 生きてきた 過去(むかし)をふりむきゃ 傷だらけ 恥を重ねた 年月を 今では こころで 悔やむのさ 春の 風が ここちいいよね 長い 冬が 遠くへ消える もしも おまえに 逢っていなけりゃ おれはまだ 真冬のままだった こんな おれだが 生まれ変わって 生きてみる これからは  気のきくセリフは 言えないけど 想いは 熱いよ この胸の これでいいのか わるいのか 悩みながらの 人生さ めぐる 季節 いくつ越えても 愛に 出会う ことは無かった あの日 おまえに 逢えてよかった 目が覚めた 世の中 変わったよ こんな おれだが これから先も よろしくナ いつまでも  もしも おまえに 逢っていなけりゃ おれはまだ 真冬のままだった こんな おれだが 生まれ変わって 生きてみる これからは
済州エア・ポートGOLD LYLIC半田浩二GOLD LYLIC半田浩二中山大三郎中山大三郎今朝のつばさは とくべつに いそいで空港 とびたつみたい あなたいつまた 逢えるのですか はるか東へ 消えゆく影よ 済州エア・ポート 小雨にけむる  あなた涙を ためながら おまえが好きだと だきしめたでしょ 私、何度も 恋したけれど あなたひとりが いのちと決めた 済州エア・ポート ためいきばかり  こんなすてきな 島に来て ふたりでくらすと 言ってたでしょう 待っていますよ いついつまでも 私すべてが あなたのものよ 済州エア・ポート 信じているわ
人生のいちばんいい時を半田浩二半田浩二中山大三郎臼井義典アカシア並木の たそがれは 今でもこころを あつくする あなたの肩に 寄り添って 夢みるように 歩いたわ 人生の いちばん いい時を この街で あなたと くらしたの 思い出だけでも 生きられる 涙が出るほど ときめくの  坂道なかばの ワイン・バー なじみのお客に 言われるわ あせっちゃダメさ そのうちに 帰ってくるさ 待ってなよ 人生の いちばん いい時を この街で あなたと くらしたの ほんとに 帰って 来ませんか すべてが むかしの ままですよ  人生の いちばん いい時を この街で あなたと くらしたの 思い出だけでも 生きられる 涙が出るほど ときめくの
夜の銀狐和田弘とマヒナスターズ和田弘とマヒナスターズ中山大三郎中川博之淋しくないかい うわべの恋は 心を隠して 踊っていても ソーロ グリス デラノーチェ 信じておくれよ ソーロ グリス デラノーチェ 愛しているのさ ほしくはないかい 女としての 静かな幸せ ほしくはないかい  泣きたくないかい 一人の部屋の 灯りをまさぐる 夜更けの時間 ソーロ グリス デラノーチェ ドレスが泣いてる ソーロ グリス デラノーチェ 唇むなしい 小さなマンション お前のために 探しておいたよ 二人で住みたい  ソーロ グリス デラノーチェ 信じておくれよ ソーロ グリス デラノーチェ 愛しているのさ きれいな服も すてきだけれど 似合うと思うよ エプロン姿
やすらぎ和田弘とマヒナスターズ和田弘とマヒナスターズ中山大三郎中山大三郎あなたがその気なら しかたがないわねと おまえはうつむいて 静かに背をむけた 季節が変わって 咲く花も変わり バラのつぼみが ほころびる頃さ そうさ おれのせいでいいさ ほんとはおまえから 別れを言い出した  おまえのことならば なんでも知っている 浮気な恋心 傷ある過去さえも 何かを求めて さまよってみても 悲しい思い出が ふえてゆくだけさ そうさ 夢はいつかさめる 待っててあげようか 目覚めるその日まで  しばらく旅に出て あらってくるがいい 昔のことなんか 忘れてくるがいい あずけておくよ この部屋の鍵は きっといつかは 使いたくなるさ そうさ そんな時が来るさ その時やすらぎを おまえは知るだろう
やすらぎ黒沢年男黒沢年男中山大三郎中山大三郎あなたがその気なら しかたがないわねと おまえはうつむいて 静かに背をむけた 季節が変わって咲く花も変わり バラのつぼみがほころびる頃さ そうさおれのせいでいいさ ほんとはおまえから 別れを言い出した  おまえのことならば なんでも知っている 浮気な恋心傷ある過去さえも 何かを求めてさまよってみても 悲しい思い出が ふえてゆくだけさ そうさ夢はいつかさめる 待っててあげようか 目覚めるその日まで  しばらく旅に出て あらってくるがいい 昔のことなんか 忘れてくるがいい あずけておくよこの部屋の鍵は きつといつかは使いたくなるさ そうさそんな時が来るさ その時やすらぎを おまえは知るだろう
夜の銀狐竹島宏竹島宏中山大三郎中川博之淋しくないかい うわべの恋は こころをかくして 踊っていても ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ ほしくはないかい 女としての 静かなしあわせ ほしくはないかい  泣きたくないかい 一人の部屋の 灯(あか)りをまさぐる 夜更けの時間 ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ ドレスが泣いてる ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ くちびるむなしい 小さなマンション おまえのために さがしておいたよ 二人で住みたい  ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ きれいな服も すてきだけれど 似合うと思うよ エプロン姿
私の恋人、たいやきくん!山本リンダ山本リンダ中山大三郎穂口雄右私の恋人 たいやきくん あるとき海に 逃げこんだ 私もあとから 追いかけて いそいで海に 飛びこんだ  あわてていたので 少ししっぽが切れたの ヨチヨチ泳ぎじゃ とても追いつけずにはぐれたの  海は広くて すてきだけれど たいやきくんが みつからない  サンゴの林で みかけたり ヒラメとふざけて はしゃぐのを みつけてシグナル 送るけど 知らない顔して 逃げちゃうの  しっぽがついてりゃ ちゃんと泳いで行くのに 大きなクジラに そうよ狙われたら大変よ  コンブがじゃまして 何も見えない たいやきくんが みつからない  クラゲにもたれて 少し休んで行きたい 私はもうダメ 足も両手も心もこわれそう  おじさんわたしも すぐにたべてよ おなかの中で 会えるから
思い出さないで岩崎宏美岩崎宏美中山大三郎中山大三郎もう思い出さないで あれは遠い夏の日 恋をなくしたばかりの もろい私だったから 求めて生きて 何かがすれ違い 誰かが傷つき 季節はめぐるのよ もう思い出さないで あれはただの旅人  今わかりかけてるの 愛は波のようだと 一度あきらめたけれど 胸によせてくるのよ 南の海の 光にだまされて ふるえて抱かれた あの日の恋だけど もう思い出さないで あれはおとぎ話と  なくしたものを よそから求めても 何かが違うの 許して下さいネ もう思い出さないで あれはただの旅人 あれはただの旅人
夜行列車春日八郎春日八郎中山大三郎船村徹夜行列車よ 俺を乗せた 青い夜汽車よ 今 故里を 過ぎてゆく あそこだよ あの山のふもとだよ おふくろが妹が 住んでいる 夜行列車よ 汽笛ならせよ ゆれて ゆれて ゆれて走るよ  夜行列車よ 俺を乗せた 青い夜汽車よ 線路のきしみ なつかしい 灯(あか)りだよ 二つ三つ五つ六つ みつめればあふれくる この涙 夜行列車よ 汽笛ならせよ 泣いて 泣いて 泣いて走れよ  夜行列車よ 俺を乗せた 青い夜汽車よ もう故里は 闇の中 もう一度 はじめからやりなおす 待ってなよおふくろよ その日まで 夜行列車よ 汽笛ならせよ ゆれて ゆれて ゆれて走れよ
夜行列車西方裕之西方裕之中山大三郎船村徹夜行列車よ 俺を乗せた 青い夜汽車よ 今故里(ふるさと)を 過ぎてゆく あそこだよ あの山のふもとだよ おふくろが 妹が住んでいる 夜行列車よ 汽笛ならせよ ゆれて ゆれて ゆれて走るよ  夜行列車よ 俺を乗せた 青い夜汽車よ 線路のきしみ なつかしい 灯りだよ 二つ三(み)つ五(いつ)つ六(む)つ みつめれば あふれくるこの涙 夜行列車よ 汽笛ならせよ ないて ないて ないて走れよ  夜行列車よ 俺を乗せた 青い夜汽車よ もう故里は 闇(やみ)の中 もう一度 はじめからやりなおす 待ってなよ おふくろよその日まで 夜行列車よ 汽笛ならせよ ゆれて ゆれて ゆれて走れよ
出逢いふたたび半田浩二半田浩二中山大三郎中山大三郎何も言わなくてもいいよ 帰って来たんだろう この部屋この窓 この椅子も おまえのものなのさ 今日がふたりの あたらしい出逢い こころも からだも ときめきにゆれる あの日の別れは 男のおれの あやまちだった  あれから毎晩 酒をのみ ひとりで荒れてたよ なみだのすて場が 見つからず さまよいつづけたよ おれを泣かせた おんなはひとり おまえがひとりさ くやしいがそうさ だらしがないほど おまえの名前 呼んだりしたよ  今日がふたりの あたらしい出逢い こころも からだも ときめきにゆれる あの日の別れは 男のおれの あやまちだった
夜の銀狐半田浩二半田浩二中山大三郎中川博之寂しくないかい うわべの恋は こころをかくして 踊っていても ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ ほしくはないかい 女としての 静かなしあわせ ほしくはないかい  泣きたくないかい 一人の部屋の 灯りをまさぐる 夜更けの時間 ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ ドレスが泣いてる ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ くちびるむなしい 小さなマンション おまえのために さがしておいたよ 二人で住みたい  ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ きれいな服も すてきだけれど 似合うと思うよ エプロン姿
麗水まで半田浩二半田浩二中山大三郎中山大三郎・臼井義典朝の九時すぎに 釜山(プサン)を出た船は 島と島との あいだをぬけて 西へすべり行く 行く先は うるわしの 麗水(ヨース)のみなとまち となりには君がいる ほほえむ君がいる カモメも優雅に舞うよ 光りもふりそそぐ 言葉はいらないね みつめるだけでいい  遠い外国も いいけど近くでも 南海(ナムヘ) 忠武(チュンム)を 見たいと思う 夢の船旅よ 海の色 エメラルド 気分は両班(リャンバン)さ その先の 済州島(チェジュド)まで 渡って行きたいね ワインでカンパイしよう ふたりの行く末に 言葉はいらないね みつめるだけでいい  行く先は うるわしの 麗水のみなとまち となりに君がいる ほほえむ君がいる カモメも優雅に舞うよ 光りもふりそそぐ 言葉はいらないね みつめるだけでいい
無錫旅情半田浩二半田浩二中山大三郎中山大三郎君の知らない 異国の街で 君を想えば 泣けてくる おれなど忘れて しあわせつかめと チャイナの旅路を 行くおれさ 上海 蘇州と 汽車に乗り 太湖のほとり 無錫の街へ  船にゆられて 運河を行けば ばかな別れが くやしいよ あんなに愛した あんなにもえてた いのちを賭けたら できたのに 涙の横顔 ちらついて 歴史の街も ぼやけて見える  むかしながらの ジャンクが走る はるか小島は 三山か 鹿頂山から 太湖をのぞめば 心の中まで 広くなる ごめんよ も一度 出直そう 今度は君を はなしはしない
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
大連の街から半田浩二半田浩二中山大三郎中山大三郎ここが大連の街 とてもきれいだね 駅前広場さえ こころときめく アカシアの 道を歩けば なぜかしら 時がとまるよ 君のこと 思うたび この胸が ただ痛むよ ひとり旅 別れ旅 あきらめの旅なのに 君が恋しい  有軌(ゆうき)電車に乗って 街をひとまわり 若者たちはみな とてもおしゃれさ 星海(シンハイ)の 白い渚よ 老虎灘(ラオフータン) 海の青さよ 君は今 どこにいて 何をして すごすのだろう 港まで 行くバスが たそがれに消えて行く 星も泣いてる  この海の はるかかなたに 君がいる 君が待ってる たまらなく 会いたいよ もう一度 だきしめたい さよならは あやまちさ 何もかも投げすてて とんで行きたい
男の背中GOLD LYLIC増位山太志郎GOLD LYLIC増位山太志郎中山大三郎中山大三郎男の肩と 背中には むかしの影が ゆれている 恋も 涙も 悲しみも だれにも言えない 傷あとも ゆらゆらゆら とまり木ゆれて グラスの底に 明日(あす)をみる おまえはそんな 男の姿 気付かないけど  男の胸の おくのおく そのときどきの 夢がある 過去も 未来も ぼんやりと 忘れてしまう ときがある ゆらゆらゆら タバコのけむり 見つめて愛に ゆれながら おまえのあまい かおりの中で 休む日もある  ゆらゆらゆら とまり木ゆれて グラスの底に 明日(あす)をみる おまえはそんな 男の姿 気付かないけど
夜の波止場でテレサ・テンテレサ・テン中山大三郎うすいよしのりいじめぬかれて 泣きぬれて 夢をたどれば あなただけ あてもないまま 旅に出て 夜の波止場に 立ちつくす ここは愛の行きどまり ここは思い出さえ ちぢこまる 呼んで 呼んで みたって あなたはいないのね  それが若さの せいならば 私たしかに 若すぎた 男らしさも いたわりも なぜかそのころ 重すぎた ここは愛の行きどまり ここは思い出さえ ちぢこまる やっと 愛に 気づいた 女が泣いてます  ここは愛の 行きどまり ここは思い出さえ ちぢこまる せめて せめて 一言 あなたに わびたくて
春を待つ花テレサ・テンテレサ・テン中山大三郎中山大三郎あなたのために 春待つ花を おぼえていますか あの日のままに 去年も咲いて 今年も咲いた 花びらは少しずつ 色を増します 涙も知りました 心の痛みも知りました 鏡の前で 化粧して だれのためと泣いてます 泣いてます 忘れないでね むかえに来てね  便りもとだえ うわさもとだえ 約束ひとつが ふるえています 信じてみても 私は女 あれこれと思うたび 夜がつらくて 涙も知りました 愛する悲しさ知りました それよりひとり 待つことの 苦しみだけを知りました 知りました 忘れないでね むかえに来てね  涙も知りました 今では二十才をすぎました 小窓をあけて ぼんやりと すごすときが 続きます 続きます 忘れないでね むかえに来てね
もう泣かないわテレサ・テンテレサ・テン中山大三郎中山大三郎もう泣かないわ もう忘れるわ あなたとはもう お別れなのね あなたの汽車が行く 夜霧に消えて行く ここで 心を 決めておきます まちがいだけの ふたりの恋に さよなら さよならするのよ  みじかい旅さ すぐ帰るよと 手をふりながら 出かけたあなた だまってうなずいて 見送る私にも 意地があるのよ 明日(あす)があるのよ 悲しみだけの ふたりの恋に 今日こそ 今日こそお別れね  あなたにもう一人 愛する女(ひと)がいる 知っていたけど 耐えて来たけど もう泣かないわ もう忘れるわ 今日こそ 今日こそお別れね
だまってドアを半田浩二半田浩二中山大三郎臼井義典もしもあの人が ここに来たなら この部屋のカギを かえしてくれ そしてできるなら おれのことなど けなしてくれよ わるいやつだと このなじみの店も さよならさ おれはひとり 過去をすてて 旅に出る もしもあのひとが 何かきいたら だまってドアを 指差してくれ  そうさあのひとは 泣きはしないさ かなしみはそっと かくすだろう そしていつもより 少しよけいに タバコをすって ここを出るだろう さあ水割りひとつ のんだなら おれの恋は みんなみんな おしまいさ やっと肩の荷を おろす気持ちさ 夜風にふかれ 消えてゆくだけさ  このなじみの店も さよならさ おれはひとり 過去をすてて 旅に出る もしもあのひとが 何かきいたら だまってドアを 指差してくれ
君はひなぎく半田浩二半田浩二中山大三郎中山大三郎花の名前も知らず 生きて来たおれの 胸にちょっぴり 残る花がある  あれがひなぎくだってね とてもきれいだね 別れたおもかげに 似ているね あの日のさよならは おれが悪かった 今も悔やんでいるよ  街の花屋に寄って きいた花ことば それは「無邪気」と 教えられたのさ どこでくらしているか 噂きかないが もう一度たまらなく 逢いたいよ 許してくれるなら 今もひとりなら せめてはなしがしたい  あれがひなぎくだってね とてもきれいだね 別れたおもかげに 似ているね あの日のさよならは おれが悪かった 今も悔やんでいるよ
さらば愛の日々 Adios La Vida半田浩二半田浩二中山大三郎臼井義典夜が来る ひとりの夜が来る グラスには 涙の酒がある この店は なじみの顔ばかり 今日だけは みんなよそよそしくて アディオス ア ラ ヴィダ さらば人生 アディオス ア ラ ヴィダ さけびたいのさ おまえがいたから あしたがあった 男のざんげは いつでも手おくれ  さよならと ポツンと言い残し 背を向けて おまえは出て行った 何ひとつ わけさえ聞けなくて ぼうぜんと おれは立ちつくしてた アディオス ア ラ ヴィダ 愛の日々たち アディオス ア ラ ヴィダ 夢の年月 残り香残り火 ただよみがえる 男のざんげは いつでも手おくれ  アディオス ア ラ ヴィダ さらば人生 アディオス ア ラ ヴィダ さけびたいのさ おまえがいたから あしたがあった 男のざんげは いつでも手おくれ
済州エア・ポート2001 −デュエット・バージョン−半田浩二&チェウニ半田浩二&チェウニ中山大三郎中山大三郎今朝のつばさは とくべつに いそいで空港 とびたつみたい あなたいつまた 逢えるのですか はるか東へ 消えゆく影よ 済州エア・ポート イスルピガ ネリネ  あなた涙を ためながら おまえが好きだと だきしめたでしょ 私、何度も 恋したけれど あなたひとりが いのちと決めた 済州エア・ポート ネガスムル チョクシネ  こんなすてきな 島に来て ふたりでくらすと 言ってたでしょう 待っていますよ いついつまでも 私すべてが あなたのものよ 済州エア・ポート イジュル ナリ オプタネ
避暑地のホテル古都清乃・和田弘とマヒナスターズ古都清乃・和田弘とマヒナスターズ中山大三郎中山大三郎思いがけずめぐり逢う 避暑地のホテル それぞれ部屋を ぬけだして あの日をさがす あの小さな 花びらは そう さんざしさ いつもこころに 咲いてたわ 別れの花か ためらいながらも ほほよせて 時計をとめて  緑深い山あいの 小道をたどる むかしの恋の ふたりづれ あの日が帰る あの木立に もたれたわ 君は泣いてたね 急な別れが 悲しくて 僕も泣いたよ あれからずいぶん たったけど 胸がときめく  約束などできなくて ふりむきながら ホテルの庭を 横ぎって ゆっくり帰ろう ねえ ほんとに愛してた いのちがけだった みんなさだめの せいなのね そう くやしいね ふしぎな出会いの ひとときを 神様ありがとう
雨の石段小林旭小林旭中山大三郎うすいよしのり君が住む 噂をきいて はるばると 訪ねて来たよ ここは湯の町 小雨にけむる 石段を 蛇の目の傘が おりてくる すその乱れも あでやかに  思い出を たどればいつも 泣き顔の 姿が見える それは君だよ あのとき君を 抱きしめて 言葉も忘れ ふるえてた さだめ悲しい 秋の暮れ  目を伏せて 障子をあけて 三ツ指を ついてた君よ いとしかったよ このままつれて 帰りたい 北国とおい ふるさとへ 酔えば悲しい 夜明け前
自慢じゃないが女だよ水前寺清子水前寺清子中山大三郎中山大三郎トシはいくつときかれたら 女とこたえるよ 酒はどうかときかれたら あびるとこたえるよ 世の中元気がいいのはオンナ 男たちを立てながらも いつも主役でいるの 風向きが変わったことを よくよく覚えておきなさいね あまてらす ひみこ 日本は女で夜があける  ちょいとそこらのスナックで マイクをにぎりしめ 色気たっぷりうたうのは だれでしょ だれでしょう 男は ときどき手が焼けるけど いとしいもの かわいいもの 生きて行きましょ一緒に 世の中は 男と女 あんたも元気を 出しなさいね あまてらす ひみこ 日本は女で夜が あける  世の中元気がいいのはオンナ 男たちを立てながらも いつも主役でいるの 風向きが変わったことを よくよく覚えておきなさいね あまてらす ひみこ 日本は女で夜があける
ハーバー・ヨコハマ半田浩二半田浩二中山大三郎中山大三郎小雨の みなとヨコハマ 白い外国船が行く いままでふたりで みつめた景色でも 心をゆさぶる ものなど見えないね いつでも一緒に いたよ あたりまえのように いつかは結婚すると ひとりで決めていた わけも知らずに 君と別れた  潮風 ほほに感じて ふたり ここを歩いていた 思えばやさしい ことばもかけないで すごした時間が いまさらくやしいよ あしたを考えたいが いまはそれもつらい 男と女の 夢は 同じじゃないんだね わけも知らずに 君と別れた  いままでふたりで みつめた景色でも 心をゆさぶる ものなど見えないね いつでも一緒に いたよ あたりまえのように いつかは結婚すると ひとりで決めていた わけも知らずに 君と別れた
花らんぷ半田浩二半田浩二中山大三郎中山大三郎男ひとりが 住んでる部屋に 何のかざりも ないさ 酒とグラスと 読みかけの 小説があるだけさ そぐわぬものは かべかけの花らんぷ うすむらさきに ぽつねんと点るのさ おまえからの贈りもの 見るたびに胸いたむ どこでどうしているんだろ もう一度逢いたいよ  こんな部屋でも 半年あまり 夢があふれて いたよ あすと言う日を 信じたい そんな気になってたよ 別れのわけは 何もかもおれのせい おまえの愛に とまどっていたんだよ 今ならば正直に 何もかも話せるよ もしも一人でいるのなら もう一度逢いたいよ  そぐわぬものは かべかけの花らんぷ うすむらさきに ぽつねんと点るのさ おまえからの贈りもの 見るたびに胸いたむ どこでどうしているんだろ もう一度逢いたいよ
めざしのコンチェルト千昌夫千昌夫中山大三郎中山大三郎銀座で三軒、赤坂で一軒、六本木で飲み直して二軒、いつものように明方 近く屋敷に帰ったんです。屋敷は高級住宅街といわれる 田園調布にありますが門の近くで若い女をひろったんです。 よく見るとこれがいい女なんです。 そこからドラマは始まった 女は女は泣いていた  生まれもいいし、育ちもいいし、お付き合いするのがなんだかこわいわ なんていろんな女に言われます。 でもそれは私の扉ではないんです。おじいさまの代までハクシャクだった 家柄のせいなんです。そんな私がなぜかこの女と暮らす事にしたんです。 上流社会で暮らせると女は喜んだ あなたに似合いの上品な女に なれますでしょうかとふるえていたよ  本当の事言うと今迄の話はみんなでたらめなんです。 仕事に疲れてトボトボと錦糸町のアパートに帰る時 おなかをすかせて泣いていた 三毛猫を一匹ひろっただけなんです。 この猫が妙になついちゃってネ 三畳一間でよかったら おまえと一緒に暮らそうよ  東京っていう街は一人じゃさびしいし夜は寒いですからネ、 田舎から出てきてずいぶんたちますが 三毛猫一匹だって一緒にいるととってもあったかいですからネ。 何かこう心がかよってくるんですよ。 この三毛猫逃げなきゃいいんですがネ。 今夜もメザシでわるいけど お前と仲良くたべような 広い東京のかたすみで 心豊かに暮します 男が一人
君の想い出千昌夫千昌夫中山大三郎阿部健太郎一つ二つと過去をかぞえて 君につながる思い出を あゝ訪ねて来たよ ここは海辺の町さ なみだの町さ 君とはじめて旅をした 南の町さ 今と残るよ あゝ 切なくあまく  わけも云わずにわけもきかずに なぜが別れた二人だね あゝ心が痛い ここは海辺の町さ おもいで町さ 同じ窓から月を見る 南の町さ 白いホテルに あゝ ひとりでいるよ  君と別れて二年過ぎたね 今はどうしているんだろう あゝ幸せだろうね ここは海辺の町さ 悲しい町さ せめて絵葉書書いてみる 南の町さ 君があのころ あゝ 青春だった
男の背中山川豊山川豊中山大三郎中山大三郎男の肩と 背中には むかしの影が ゆれている 恋も 涙も 悲しみも だれにも言えない 傷あとも  ゆらゆらゆら とまり木ゆれて グラスの底に 明日をみる おまえはそんな 男の姿 気付かないけど  男の胸の おくのおく そのときどきの 夢がある 過去も 未来も ぼんやりと 忘れてしまう ときがある  ゆらゆらゆら タバコのけむり 見つめて愛に ゆれながら おまえのあまい かおりの中で 休む日もある  ゆらゆらゆら とまり木ゆれて グラスの底に 明日をみる おまえはそんな 男の姿 気付かないけど
北のみずうみ物語半田浩二半田浩二中山大三郎中山大三郎たずねて来たんだよ 忘れぬ面影を 君が生まれた ふるさとの 北の大地だよ すきとおる みずうみで あそんだむかし なつかしそうに なつかしそうに 話したね ここか洞爺湖(とうやこ)だよ あすは支笏湖(しこつこ)だね 然別(しかりべつ)のオショロコマ すがた見たいよね  半年前なのさ 別れたひとなのさ なんで今ごろ 気がついた 君がいのちだよ 地平線見わたせば 空行く雲も 花壇のリラも 花壇のリラも ほほえむよ マリモの阿寒湖(あかんこ)だよ 神秘の摩周湖(ましゅうこ)だね 屈斜路(くっしゃろ) 湖底の森よ 古代伝説よ  東へ行ったなら 知床五湖(しれとこごこ)がある 西へ向かえば 網走湖(あばしりこ) すぐに能取湖(のとろこ)さ さすらいはロマンかよ 逢えない君を 求める旅は 求める旅は 修羅なのか サロマ湖はるかかなた 国後(くなしり)淋しげだね 朱鞠内湖(しゅまりないこ) ウ卜ナイ湖 夢を求め行く
悲しき豆満江暁恵暁恵中山大三郎中山大三郎川をはさんで 目と目で話す 親子それぞれ 風が吹く  同じことばを はなすのに だれがどうして 引きさいた 逢いたいよ 逢いたいよ だきしめたいよ このごろの くらしなど ききたいよ 桜咲く あたたかい あのふるさとへ 手をとって 帰りたい 帰りたい  無理に渡れば いのちにかかる 声をかければ 身がちぢむ  ここは国境 豆満江 小鳥も蝶々も 渡るのに よく見てよ よく見てよ 私が母よ からだから あふれ出る この思い なにひとつ してやれず くやしいけれど 夢だけは 捨てないで 捨てないで  同じことばを はなすのに だれがどうして 引きさいた 逢いたいよ 逢いたいよ だきしめたいよ このごろの くらしなど ききたいよ 桜咲く あたたかい あのふるさとへ 手をとって 帰りたい 帰りたい
大連の街から城之内早苗城之内早苗中山大三郎中山大三郎ここが大連の街, とてもきれいだね 駅前広場さえ こころときめく アカシアの道を歩けば なぜかしら 時がとまるよ 君のこと 思うたび この胸が ただ痛むよ ひとり旅 別れ旅 あきらめの旅なのに 君が恋しい  有軌電車に乗って 街をひとまわり 若者たちはみな とてもおしゃれさ 星海の 白い渚よ 老虎灘 海の青さよ 君は今 どこにいて 何をして すごすのだろう 港まで 行くバスが たそがれに消えて行く 星も泣いてる  この海の はるかかなたに 君がいる 君が待ってる たまらなく 会いたいよ もう一度 だきしめたい さよならは あやまちさ 何もかも投げすてて とんで行きたい
ケのうたニッチモ&サッチモニッチモ&サッチモ中山大三郎中山大三郎僕の田舎の鹿児島じゃ 貝を買いに来いと言うのを ケをケケケ と言うんです つめて言えば ケケケ 貝はケで 買うのもケで 来いもケ 髪の毛やっぱりケ スネ毛も やっぱりケ まっくろけもケ あの気も やっぱりケ  僕の田舎の鹿児島じゃ 言葉の語尾が名詞であっても あら不思議 変わります 時計はどこかは トケラドコ 時計をとってとたのんでみましょか トケルトレ いろいろ ありますが 歌にはなりにくい このあと しゃべります  通訳いたします  おごじょ おごじょ ちょのげがおてたど  はら ちょのげが…  はら おはんな…さひかぶいね。どきす ぼじょったっね。おはんがおらんごっなって からここもがっつい淋しゅしね。どこでなぬ しちょっとじゃろかいち、ほうら心配し ちょったとよ。  東京ンおったっじゃどんね。も、ほらあっ ちはおもしちとこじゃいもんじゃっでいっ ずいでんおっさね。ほっでこん畑にいたっさね。ほらあんつすや。  でこん畑でげんねこつしやんなよ。なんぶは めっけてんひとがみちよれば、がっついげんね がね。じょじょなこちひんなれば、わっぜぬさ んがね。  おはんげは ほら 豚やしねがじょじょな こっじゃろが。さっにんごろはまこちでしな こっじゃな。おいげもさっにんじゃっどん。 ほっでおいがでこんひっけいたっくるかい ちおもちょれば 妙なこつかんぐっでぬさんと。  はめっけんな いかんな。はめっけやんおど してんぬさんとかおいがもどっきてかし すっでな。ひっちぎっちゃなんこめ、若けむ んのしゃばじゃ!花は霧島、たばこは国分じゃ!!  僕の田舎の鹿児島じゃ 牛はベブで 牛の子供はベーブンコ と言うんです もひとつついでに言いますと 馬はウンマで 馬の子供はウンマン 美人は よかおごじょ ハンサムよかにせどん おしっこ しょんべん トイレは トイレット  ああ ひんだれた
夜霧のわかれ道原由子原由子中山大三郎新井利昌夜霧の中に 消えゆく人よ うしろ姿が 泣いている 愛してくれた あの人だから 私もそっと 別れてゆくの 夜霧の中に 消えゆく人よ 忘れないでね この恋を  いつかはきっと わかってくれる この悲しみを あの人は その時までは ただひたすらに 乙女のままで 待ってるわたし いつかはきっと わかってくれる このまごころを あの人は  みじかい恋の 思い出だけど わたしはとても しあわせだった 夜霧の中に 消えゆく人よ 忘れないでね この恋を
暮坂峠中村美律子中村美律子中山大三郎中山大三郎この道ふたりで 歩いたわ ちょうど一年 前のこと 今日はひとりで 歩いてる 思い出あつめて  たそがれに 白さを増して 野菊が咲いている 泣かないで もう追わないで 今日から明日へ行く 暮坂峠  女の胸には さまざまな むかしの秘密が かくれてる たまにこっそり とりだして 泣いたりするのよ  ひとり旅 未練の旅が おわれば あなたさえ 思い出の一つにするわ 今日から明日へ行く 暮坂峠  たそがれに 白さを増して 野菊が咲いている 泣かないで もう追わないで 今日から明日へ行く 暮坂峠
片寄せ波香西かおり香西かおり中山大三郎中山大三郎波は寄せても 返しはしない そんな悲しい 海がある ここは三陸 波板浜よ まるで私の 思いのように 寄せるだけです 寄せるだけです あなたへと  靴をぬぎすて はだしになって そっと渚を 歩くのよ こんなやさしい さざ波なのに だれが名付けた 片寄せ波よ なんで女に なんで女に 生まれたの  いいの人生 どうでもいいと すねていたのよ 今日までは ここは三陸 なさけの海よ あすの希望を 未来の夢を 胸に広げて 胸に広げて 生きるのよ
楽しい人が好き香西かおり香西かおり中山大三郎中山大三郎星それぞれに語りかけるでしょう  星それぞれの個性もあるわ  祈りを捧げる願い星叶い星  涙に別れのキラリ星夢見星  恋する星ときめき星  いろいろあるわ  あなたと私おたがいに好き   人それぞれに色があるでしょう  人それぞれに好みもあるわ  たとえば私は季節なら秋が好き  あなたは輝く海が好き夏が好き  おしゃべり好き夜更かし好き  お酒が好きよ  あなたと私おたがいに好き   たとえば私は季節なら秋が好き  あなたは輝く海が好き夏が好き  おしゃべり好き夜更かし好き  お酒が好きよ  あなたと私おたがいに好き  
女の横顔増位山太志郎増位山太志郎中山大三郎中山大三郎なぜだかこのごろ ひとりで夜の街 さまよい歩く くせがついたよ はぐれ者のように 酔いしれ グラスゆすり またもあおって 別れまぎわの おまえの白い 横顔を 想い出す  あの日の別れは 理由(わけ)などなかったさ 大人の恋の しゃれたさよなら やがて恋もしては みたけど こころもえず どこか悲しい 暗い酒場の とまり木ゆれて おまえだけ 想い出す  一度おれと飲んでみないか 言葉なんか なくていいのさ きっと最初の 出逢いのように ときめきを 知るだろう
純情物語梅宮辰夫・村上幸子梅宮辰夫・村上幸子中山大三郎中川博之君に何かを 言いたいけれど 照れているのね やさしい人ね まぶしすぎるよ あまりにも どうぞこころを きかせてよ 好きになるのが 怖いのさ 私ちっとも かまわない  夜の盛り場 はなやぐ街で 男と女の 純情物語  いやというほど むかしがあるよ それは私に会う前でしょう こころならずも 傷つけた それも私に会う前ね わるい奴かも 知れないよ 私見る目が あるつもり  夜の盛り場 はなやぐ街で 男と女の 純情物語  トシがちょっぴりはなれているね だからなおさら すてきじゃないの 今夜これから つきあうかい 私どこでもついて行く 何かあるかも 知れないよ それが何だか しりたいの  夜の盛り場 はなやぐ街で 男と女の 純情物語
さざんか森進一森進一中山大三郎猪俣公章春に咲く 花よりも 北風に咲く花が好き そんな言葉を残して 出ていったね 別れのわけも 言わないで さざんかの花びらが 小さな肩先に こぼれていたよ  やさしさが ほしいのよ ほかには何もいらないの いつか涙をうかべて あまえたね 悲しいほどに いじらしく さざんかの花よりも かぼそい肩先が ふるえていたよ  春が逝き 夏が逝き 北風寒い冬が来た いまはどうしているのか しあわせか はぐれたときは おかえりよ さざんかの花びらが そろそろあの道に こぼれるころさ
人生いろいろテレサ・テンテレサ・テン中山大三郎浜口庫之助死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり つよく小指をかんだり 自分ばかりを責めて 泣いてすごしたわ ねぇおかしいでしょ若いころ ねぇ滑稽でしょ若いころ 笑いばなしに涙がいっぱい 涙の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  恋は突然くるわ 別れもそうね そしてこころを乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ いまかがやくのよ私たち いまとびたつのよ私たち 笑いばなしに希望がいっぱい 希望の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
さんざしの花舟木一夫舟木一夫中山大三郎中島薫北国の街に 咲く花が好きと そんな言葉ひとつ 残していった人 胸の思いを 語るように さんざしの花びらが 君の細い 肩先に こぼれていたね  悲しい事など 一度もなかったと 微笑む横顔が 今でも目に浮かぶ 季節の流れの 陽だまりに さんざしの花びらが 君のように いじらしく ふるえているよ  北国の街に 春は行くけれど 今頃 どうしているのか幸せか 一人でいたら お帰りよ さんざしの花びらが いつかきっと あの道に こぼれる頃は
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
居酒屋チェジュ半田浩二半田浩二中山大三郎中山大三郎・臼井義典あのうたで はげまされたと お酒を注いでは ほほえむひとよ ママの名は 知らないけれど みんながオモニと 呼んでる店よ ここは大阪 居酒屋チェジュ たそがれどきに のれんを出すよ お店を出して 十年たてば ここがふるさとみたいなものと むかしばなしを さらりとかわし 飲めや歌えや 居酒屋はチェジュ  この店は 学者も来るし 酔ってはつぶれる 人などいるし 人の好い ママがいるから 誰もがふらりと 立ち寄る店よ ここは大阪 居酒屋チェジュ 心がなごむ 時間もとまる いろんな国の ことばがまじり みんな親身に なってくれるよ 酒の好みも いろいろあって グラス片手に 居酒屋はチェジュ  ここは大阪 居酒屋チェジュ 通天閣の 灯りが揺れる 浮世のうさも わずらわしさも みんなサカナに 飲みほしゃいいさ 酔えば天国 夜の更けるまで おいでおいでよ 居酒屋はチェヂュ
北のふたり旅三條正人・美山絢子三條正人・美山絢子中山大三郎鶴岡雅義なつかしの 千歳空港さ 三年ぶりね あの日を思い出す ときめきも よみがえる このまま 東へ行こう どこにでも ついて行くわ 別れる前の なみだの旅を あまえて すごしたいの いのちよ もえさかれよ  十勝川 とおく光ってる 狩勝峠 すてきなパノラマね こころまで 広くなる 池田で ワインを飲んで 阿寒湖で マリモをみて 川湯の宿で 疲れをいやす さだめが ざんこくだわ この恋 もえつきたい  釧路まで きっともうすぐさ 丹頂鶴が むかえてくれたのね うつくしく 空に舞う ここから どこまで行こう どこまでも ついて行くわ さよならなんて 言いたくないよ ふたりで 地の果てまで はるばる 旅行くだけ
酒よさけさけ半田浩二半田浩二中山大三郎臼井義典ふたりで仲良く 飲む酒は その名もうれしい ちぎり酒 ふられてひとりで 飲む酒は 何度も飲んだよ やけ酒さ おまえが大好きだよ も一度 愛を直し酒 雪ふれば 雪見酒 結局 毎晩 深酒さ 樽酒 冷酒 コップ酒 酒よさけさけ この酔いごこち ア~ いとしいものよ  島崎藤村 詩に書いた 信州千曲 にごり酒 若山牧水 歌に書く 歯にしみとおるは ひとり酒 おまえを愛しているよ いずれは ふたり祝い酒 ふらふらと はしご酒 寝酒に 地酒で むかえ酒 やけ酒 追い酒 茶わん酒 酒よさけさけこの酔いごこち ア~ いとしいものよ  おまえが大好きだよ 酔うほど またもあおり酒 歌おうよ 語ろうよ 今宵は歌酔い 愛に酔い 一晩飲んだら 朝酒さ 酒よさけさけ この酔いごこち ア~ いとしいものよ 
ヨコハマ・コンチェルト半田浩二半田浩二中山大三郎中山大三郎夕焼け空を見て 君はつぶやいた いつもあなたのことだけは 忘れなかったわ そんな言葉がなぜか 胸にひびくのさ きっとあのときは おれがわるかった  一度別れたふたりだね そして それぞれ 恋をして やがて季節がふたまわり なぜかまためぐり逢ったね 街のせいかも 知れないね ここは ヨコハマなんだもの 君の横顔 まぶしくて こころ せつないね  この街の昼と夜 よそとちがうよね 風も道行く人たちも みんなヨコハマさ シャレのつもりの恋と キザに別れても 君のことだけは 胸に残ってた  二度と別れちゃ いけないね ちょとおそいが わかったよ 愛は一つでいいんだと 今夜どこかに 行きたいね むかしなじみの 本牧か 海を見おろす クラブだね 朝をふたりで むかえよう 君がすべてだよ  一度別れたふたりだね そして それぞれ 恋をして やがて季節がふたまわり なぜかまためぐり逢ったね 街のせいかも 知れないね ここは ヨコハマなんだもの 君の横顔 まぶしくて こころ せつないね
いつか逢う日を夢みて増位山太志郎・長沢薫増位山太志郎・長沢薫中山大三郎中山大三郎涙にぬれた 目をあげて あきらめますと 君は言う ごめんね 何もかも おれがわるいのさ 君の肩先の ふるえが悲しい  私でよけりゃ 何もかも ささげて生きる はずでした あなたの行く道に もしもじゃまならば どうぞ気にせずに 私と別れて  若すぎたのさ 二人とも あまえてばかり いた私 涙をのりこえて 生きて行くんだよ 春を待ちますわ 一人で待ちます  愛していても 別れよう 愛されながら別れましょう はなれてくらしても こころそれぞれに いつか逢う日を夢みてさよなら
サムライ街道落合博満落合博満中山大三郎中山大三郎一度男に 生まれたからにゃ 何かやらなきゃ もったいないぜ 前にはだかる 艱難辛苦(かんなんしんく) そこどけ そこどけ 男が通る 度胸免状の おれがゆく  だれもわかっちゃ くれないだろう おれの心の いちずな夢を いいじゃないかと 西空みれば まっかに まっかに 夕陽がもえる 明日へ 明日へと 血がたぎる  ひとに言えない 悩みや傷が こんなおれにも 山ほどあるさ 肩で風切る サムライ街道 そこどけ そこどけ 男が通る ちょっぴり涙も つれて行く
ひばり…に恋して天童よしみ天童よしみ中山大三郎中山大三郎春にみどりの 風が吹く秋に 野山が もえている 季節季節に 思い出す それはあのひと あるときは りんご畑を 佐渡の荒磯を唄っていたわ 髪の乱れも 流れる川も こころゆたかにしてくれたのよ そのひとは そのひとはそのひとの名は…ひばり  花をみつめて 涙ぐむ 雲にためいきついてみる どこか知らない遠くから 唄がきこえる赤々と  もえる太陽 そして悲しいお酒もあった 夢よのぞみよあこがれたちよ 今もこころに生きてるひとよ そのひとは そのひとはそのひとの名は…ひばり  あるときは りんご畑を 佐渡の荒磯を唄っていたわ 髪の乱れも 流れる川も こころゆたかにしてくれたのよ そのひとは そのひとはそのひとの名は…ひばり
人生そこそこ七十点中村美律子中村美律子中山大三郎富田梓仁空に日が照る 野に風が吹く 人の心に なさけが満ちる  人生そこそこ 七十点 そんなところで いいじゃないか 生きてるだけで 五十点 仕事できれば 二十点 歌がうたえりゃ 二十点 何だかんだと 足し算したら 満点 百点 二百点 笑顔 手拍子 春が来る  夜があるから うれしい朝日 だれかいるから はなしもできる  人生そこそこ 七十点 欲にかられりゃ いけません 家族がいれば 五十点 酒が飲めれば 二十点 たまにごちそう 二十点 鳥はうたうし 花咲き乱れ 世の中 百点 二百点 気分上々 文句なし  人生そこそこ 七十点 そんなところで いいじゃないか 生きてるだけで 五十点 仕事できれば 二十点 歌がうたえりゃ 二十点 何だかんだと 足し算したら 満点 百点 二百点 笑顔 手拍子 春が来る
冬から春へ三笠優子三笠優子中山大三郎中山大三郎おまえの流した 涙の数の 同じ数だけ しあわせを さがそうよ そんなあなたの 言葉を胸に 生きて来ました ひたすらに つめたい冬は まだ続くけど  一度つまずき 二度つまずいて 泣いてばかりの 暗い過去 忘れたい ここでくじけちゃ おしまいだよと いつもあなたに はげまされ 世間の目にも 耐えられました  私ようやく わかってきたの どんな時にも あきらめちゃいけないと きっと前みて 歩いて行くわ あなた信じて 生きてゆく 花咲く春が 来るその日まで
しらけ鳥音頭小松政夫小松政夫中山大三郎平川志朗・小杉仁しらけ鳥 飛んでゆく南の空へ みじめ みじめ しらけないで しらけないで しらけたけれど みじめ みじめ  しらけ鳥 飛んでゆく西の空へ みじめ みじめ しらけないで しらけないで しらけたけれど みじめ みじめ  しらけ鳥 飛んでゆく北の空へ みじめ みじめ しらけないで しらけないで しらけたけれど みじめ みじめ  しらけ鳥 飛んでゆく 東の空へ みじめ みじめ しらけないで しらけないで しらけたけれど みじめ みじめ
雨の桟橋森進一森進一中山大三郎中山大三郎おまえは新しい 夢に生きてくれ おれなんか忘れて しあわせつかめと 雨の桟橋に 消えてゆく人よ 何もわかっちゃいないのよ 夢に生きろというなんて あなたと別れて しあわせになれましょうか  あなたがはじめての 恋じゃないけれど その胸に終りたい 命の恋なの 雨の桟橋に ドラが鳴りひびく 女心も知らないで 何が男のいたわりよ あなたと別れて しあわせになれましょうか  あなたの船が行く 雨は降りしきる 傘を抱き見送れば あふれる涙よ 雨の桟橋に 影がくずれたら それは女のなきがらよ あなた船から見えますか あなたと別れて しあわせになれましょうか
むかい風天童よしみ天童よしみ中山大三郎中山大三郎泣いた涙は 夜風が払う いいえ女の 意地でふく 別れ潮時 背中を見せて にくみきれない 人が行く 夜の桟橋 船が出る  そしてお酒を またあおるのよ 男みたいに 吼えるのよ 飲んでくずれて たおれたあとは 寒い夢みて 眠るのよ 夢であなたを さがすのよ  私ばかりが なぜ泣かされる めぐりあわせの 運不運 潮がかわれば また逢えるのに どこの港で 待てばいい 恋は悲しい むかい風
無錫旅情GOLD LYLIC尾形大作GOLD LYLIC尾形大作中山大三郎中山大三郎君の知らない 異国の街で 君を想えば 泣けてくる おれなど忘れて しあわせつかめと チャイナの旅路を 行くおれさ 上海 蘇州と 汽車に乗り 太湖のほとり 無錫の街へ  船にゆられて 運河を行けば ばかな別れが くやしいよ あんなに愛した あんなにもえてた いのちを賭けたら できたのに 涙の横顔 ちらついて 歴史の街も ぼやけて見える  むかしながらの ジャンクが走る はるか小島は 三山か 鹿頂山から 太湖をのぞめば 心の中まで 広くなる ごめんよ も一度 出直そう 今度は君を はなしはしない
可愛い女藤圭子藤圭子中山大三郎船村徹まるで 私の人生に たのしいことなど なかったわ いつもだれかに 気をつかい 一歩さがって 泣くばかり  わたし生まれは よくないし ひとりじゃなんにも 出来ないし 酔ったあなたに ぶたれても 今の暮らしで しあわせよ  あなたひとりを 生きがいに 一生懸命 つくします もしも 別れが来るときは つくしたりない ためでしょう  いじめられても いいんです 叱られたって うれしいの 顔をうずめて 眠れたら 何の不満が ありましょう  生きてゆきましょ 二人して 世間の陰口 気にせずに そしてゆとりが 出来たなら 旅もしたいわ そこらまで  晩の買物 すみました 洗たく物など たたみます あなたのシャツを 抱きしめて バスのつくのを 待ってます
やすらぎ根津甚八根津甚八中山大三郎中山大三郎あなたがその気なら しかたがないわねと おまえはうつむいて 静かに背をむけた 季節が変わって咲く花も変わり バラのつぼみがほころびる頃さ そうさ おれのせいでいいさ ほんとはおまえから 別れを言い出した  おまえのことならば なんでも知っている 浮気な恋心 傷ある過去さえも 何かを求めてさまよってみても 悲しい想い出が ふえてゆくだけさ そうさ 夢はいつかさめる 待っててあげようか 目覚めるその日まで  しばらく旅に出て あらってくるがいい 昔のことなんか 忘れてくるがいい あずけておくよこの部屋の鍵は きっといつかは使いたくなるさ そうさ そんな時が来るさ その時やすらぎを おまえは知るだろう
あじさいの宿で根津甚八根津甚八中山大三郎森山慎也古びた町の 古びた宿に 心ひかれて クツをぬいだよ お前に生きて お前に泣いて そして別れた 旅のゆきずりに 雨に打たれてる あじさいの花が あざやかすぎて 日暮れが淋しい せめてお前だけは 幸せになれよ  冷たくすてて 私をすてて 泣いてお前は 背中向けたよ タバコを吸って 煙をはいて 俺は別れの 言葉探したよ 俺のせいにして サヨナラを告げる お前の肩が かなしくふるえた いいさお前だけは 幸せになれよ  雨に打たれてる あじさいの花が ふしぎなほどに 心にまぶしい せめてお前だけは 幸せになれよ
おんなの春細川たかし細川たかし中山大三郎八木架寿人あなた教えて 私の行く道を いまのままで ついて行けば 明日が来ますか  ききたいこと おねがいごと いろいろあるわ  きけないのよ 言えないのよ 何一つ ばかな女と 人は言うけど あなたに賭けた 女の春を信じたい  なにもいらない あなたがいるだけで たとえいつか 別れようと いまがすべてよ  さよならする その時には つめたくすてて  なぐさめなど 言いわけなど 言わないで ばかな女と 人は言うけど あなたに賭けた みじかい春を生きるだけ  ききたいこと おねがいごと いろいろあるわ  もうすぐ来る 別れが来る 気がするの ばかな女と 人は言うけど あなたに賭けた 悲しい夢にすがるだけ
寒椿森昌子森昌子中山大三郎船村徹森のみどりに ひとすじの 想い出につづく 道がある 昼下り風吹けば 別れのことば たそがれに 雨ふれば あのくちづけが 胸にしみじみ よみがえるのよ お願い あなたに逢いたいの  そうよ見はてぬ 夢だけど 夢ひとつなけりゃ つらいもの 夜がふけて 星みれば あのささやきが 夜明けごろ 鳥なけば あなたの顔が 胸の痛みに 浮かんで消える お願い あなたに 逢いたいの  花にたとえりゃ 私など 森かげに咲いた 寒椿 だれひとり ふりむいて くれないけれど せいいっぱい花びらを つけては散らす それがさだめね 悲しいものね お願い あなたに逢いたいの
海鳥の島北島三郎北島三郎中山大三郎中村千里潮が変われば にしんがもどる にしんがもどれば せがれがもどる じいさんひとり にしん場あとで 海をみつめる オロロン…オロロンの島  天売 焼尻 遠くはないが シベリアおろしが 波さわがせる オンコの林 牧場を歩く あれも旅人 オロロン…オロロンの島  むかしばなしは にしんに尽きて みじかい夏は もうすぎて行く 北へ帰るか 海鳥たちの 声が淋しい オロロン…オロロンの島
人生いろいろ伍代夏子伍代夏子中山大三郎浜口庫之助死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり 強く小指をかんだり 自分ばかりを責めて 泣いてすごしたわ ねえおかしいでしょ若いころ ねえ滑稽でしょ若いころ 笑いばなしに涙がいっぱい 涙の中に若さがいっぱい  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  恋は突然くるわ 別れもそうね そしてこころを乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ いまかがやくのよ私たち いまとびたつのよ私たち 笑いばなしに希望がいっぱい 希望の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
夜の銀狐GOLD LYLIC斉条史朗GOLD LYLIC斉条史朗中山大三郎中川博之淋しくないかい うわべの恋は こころをかくして 踊っていても  ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ  ほしくはないかい 女としての 静かなしあわせ ほしくはないかい  泣きたくないかい 一人の部屋の 灯りをまさぐる 夜更けの時間  ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ ドレスが泣いてる ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ くちびるむなしい  小さなマンション おまえのために さがしておいたよ 二人で住みたい  ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ  きれいな服も すてきだけれど にあうと思うよ エプロン姿
男の真夜中増位山太志郎増位山太志郎中山大三郎久我山明男はときどき 夜更けになると 過去へと 旅することがある グラスに残した 氷をゆすり やさしい女へと 逢いに行く 黒い瞳よ 白いうなじよ 紅いくちびる 細い指先  あんなにふるえた あんなに泣いた どうして 別れてしまったの すべてを投げだし いのちを賭けて 愛したはずの 女なのに 髪のかおりよ 胸のぬくみよ 耳をくすぐる あまい言葉よ  酒場の片すみ タバコをつけて ぼんやり煙を 追いかける だれよりすてきな 恋人がいた ゆられて ゆれて 逢いに行く 酒は男の ざんげなのかい バラのかおりよ 夢の星くず
夢酒場増位山太志郎増位山太志郎中山大三郎中山大三郎ここから逃げだしたなら しあわせだろう たとえば南の島で ひとりでくらせば だけど男の肩には 荷物が多い どこに置こうか だれにたのもう すべさえなくて 酒場で見果てぬ 夢追いかける  思えば少年のころのぞんだものを どれほど手にしただろう 指折りかぞえる グラス片手にしばしの 空想旅行 一つ悲しみ 二つみちたり 三つで泣いて ため息色した 夢かけめぐる  だれにも言わないでいた 宝の箱を 男はこころの中に かくしているのさ 酔いがまわればときどき とりだしてみる やがていつかは たどりつくのさ きらめく星に 琥珀のかおりよ 夢はてしなく
めぐり逢い五木ひろし五木ひろし中山大三郎五木ひろしおまえにだけは ほんとうの 男のこころ 話したい グラス片手に 聴いてくれ おとぎばなしと 笑ってくれ 恋…… その場で終わったよ 傷…… 数えりゃきりがない 今…… おまえにめぐりあい 夢…… もう一度見たいのさ  流れてやがて 消えて行く 男の姿 おれだった それもロマンと 世をすねて 酒とケンカに あけくれた 過去…… おもえばほろにがい 虹…… おまえの目にかかる 花…… しみじみみつめよう 明日…… ふたりで歩きたい  恋…… その場で終わったよ 傷…… 数えりゃきりがない 今…… おまえにめぐりあい 夢…… もう一度見たいのさ
心うきうき島倉千代子島倉千代子中山大三郎浜口庫之助街を歩けば 気がつくでしょう 五月のバラの 美しさ 九月のバラの あでやかさ どこがちがうの 私 何度も 恋して 泣いて きれいに生きて 行きたいの 散ってまた咲く バラのように 夢に生きるのよ それはネ それは女のねがいごと いつもネ いつもおしゃれな 花ごころ 秋にも赤く 咲きますよ 冬にも赤く 咲きますよ  バラよ バラよ きれいなバラ バラをみつめて こころうきうき  あしただれかに 会うのでしょうか こころがあつく なるでしょうか そのときどきで あたらしい 恋は初恋 だってその度 ときめくものよ なみだもあまいものなのよ 風にあやしくゆれてみたり 雨に泣いたり 今日はネ 今日は何にもなくっても あすはネ あすはすてきなことがある 秋にも赤く 咲きますよ 冬にも赤く 咲きますよ  バラよ バラよ きれいなバラ バラをみつめて こころうきうき  バラよ バラよ きれいなバラ バラをみつめて こころうきうき
無錫旅情川中美幸川中美幸中山大三郎中山大三郎君の知らない 異国の街で 君を想えば 泣けてくる おれなど忘れて しあわせつかめと チャイナの旅路を 行くおれさ 上海 蘇州と 汽車に乗り 太湖のほとり 無錫の街へ  船にゆられて 運河を行けば ばかな別れが くやしいよ あんなに愛した あんなにもえてた いのちを賭けたら できたのに 涙の横顔 ちらついて 歴史の街も ぼやけて見える  むかしながらの ジャンクが走る はるか小島は 三山か 鹿頂山から 太湖をのぞめば 心の中まで 広くなる ごめんよ も一度 出直そう 今度は君を はなしはしない
人生いろいろ川中美幸川中美幸中山大三郎浜口庫之助死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり つよく小指をかんだり 自分ばかりを責めて 泣いてすごしたわ ねぇおかしいでしょ 若いころ ねぇ滑稽でしょ 若いころ 笑いばなしに 涙がいっぱい 涙の中に 若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  恋は突然くるわ 別れもそうね そしてこころを乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ いまかがやくのよ 私たち いまとびたつのよ 私たち 笑いばなしに 希望がいっぱい 希望の中に 若さがいっぱい  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
女の灯台半田浩二半田浩二中山大三郎中山大三郎波止場に霧がふる 出て行く船もない 心に霧がふるふる あなたはまだ来ない 今ごろどこにいて 何してるんでしょう 女がひとりで コニャックを ゆらして泣いてるの 泣いてあなたの気をひく つもりじゃないけれど なぜか別れの予感が 私をつつむのよ ねぇ あなたこそ 私の灯台なのよ あなたがいなければ どこにも行けないの  酔うほど飲めなくて 扉に目をやって ダイスを床にころがし 一人でじゃれてみる マニュキュア落としたり またぬり直したり 女がひとりで 待つときは 悲しいものですね だけどあなたのすがたが ちらりと見えたとき すべて不安がとぶのよ しあわせあふれるの ねぇ あなたこそ 私の灯台なのよ あなたがいなければ どこにも行けないの  だけどあなたのすがたが ちらりと見えたとき すべて不安がとぶのよ しあわせあふれるの ねぇ あなたこそ 私の灯台なのよ あなたがいなければ どこにも行けないの
ゆうすげの花石原裕次郎石原裕次郎中山大三郎久我山明誰にも知られずに 日暮れに咲き 夜明け待たずに 散って行く 私は悲しい ゆうすげの花 都会のざわめきに かくれて咲いていた 夢ひとつ できました あなたに会ってから しあわせ願うの はたちを過ぎた頃 あと振りむき 涙ばかりの 過去を見た 人にはそれぞれ 季節があると 微笑み 淋しく ひたすら生きて来た そして今 暖かい あなたの胸の中 しあわせ願うの  どんなにつらくても あきらめずに 何処かこころの 片隅で あなたを待ってた 気がする私 総てを投げすてて 貴方につくしたい やさしさに いたわりに ちょっぴりとまどって しあわせ願うの
花ごよみ島倉千代子島倉千代子中山大三郎浜口庫之助ひとりでも 生きられる そっと つぶやいた 悲しみに 出会うたび いつも そうするの 何度も 恋をして 何度も 泣かされた それでも また恋をする 女の 花ごよみ ちょっと待てば 春はきっとくる 信じて待ちましょう 愛の 花ごよみ  あなたなら 大丈夫 きっと くじけない 私から 私への つらい ほめことば 涙に 夢がある 涙に 明日がある それでも また泣くのでしょう 女の 花ごよみは ちょっと待てば 春はきっとくる 信じて待ちましょう 愛の 花ごよみ  いつでも はなやかに いつでも 美しく こころも またしなやかに 女の 花ごよみ ちょっと待てば 春はきっとくる 信じて待ちましょう 愛の 花ごよみ
あなたに帰りたい石川さゆり石川さゆり中山大三郎浜圭介汽車が出るまで わずか五分よ どうしてあなた 来てくれないの あなたのせいよ あなたのせいよ 別れの駅に ただ立ちつくす いっそ切符を 破りすて もう一度 帰りたい あなたの胸に  女がひとり 旅立つときは あきらめ一つ 未練が一つ あなたのために あなたのために 燃やしたこころ 燃やしたいのち ゆれて悲しい この胸に 思い出が とめどなく 浮かんで消える  夜更けの街で あそんでやるわ あなたが嫌う女になるわ あなたのせいよ あなたのせいよ あなたのせいよ そうつぶやいて いいえやっぱり できないわ ひたすらに ひたむきに あなたと生きる
むかしの男上原敏郎上原敏郎中山大三郎中山大三郎女ひとりが 飲んでる酒は 背中あたりが 淋しいと キザなセリフに ふり返りゃ 昔くらした 人がいた 私を泣かせた にくい男が 昔とおんなじ やさしさで 私を みつめてた  君をさがして ここまで来たよ そこに座って いいかいと 女ごころを くすぐって 女ごころを 傷つける 殺してやりたい にくい男が 今でもお前が 好きだよと ポツンと つぶやいた  今におもえば あんたを知って 酒もおぼえた 泣きもした 夫婦みたいな しあわせと 他人みたいな ふしあわせ 行ったり来たりの にくい男が 今度はどっちを くれるやら もいちど 賭けてみる 
大連の街から尾形大作尾形大作中山大三郎中山大三郎ここが大連の街 とてもきれいだね 駅前広場さえ こころときめく アカシアの道を歩けば なぜかしら 時がとまるよ 君のこと 思うたび この胸が ただ痛むよ ひとり旅 別れ旅 あきらめの旅なのに 君が恋しい  有軌電車に乗って 街をひとまわり 若者たちはみな とてもおしゃれさ 星海(シンハイ)の 白い渚よ 老虎灘(ラオフータン) 海の青さよ 君は今 どこにいて 何をしてすごすのだろう 港まで行くバスがたそがれに消えて行く 星も泣いてる  この海のはるかかなたに 君がいる 君が待ってる たまらなく会いたいよ もう一度 だきしめたい さよならはあやまちさ何もかも投げすてて とんで行きたい
いやんなっちゃうなア尾形大作尾形大作中山大三郎中山大三郎すねているんじゃ ないけれど ひとり今夜も はしご酒 今もこんなに 好きなのに なぜかあの娘と 別れたよ あゝ…いやんなっちゃうなァ あゝ…いやんなっちゃうなァ 恋はいつでも 女が主役 悲しい役だけ おれがやらされる  同じ場所から 歩いても なぜかおれだけ おくれがち 街で出会った 友でさえ どこかまぶしい 顔してた あゝ…いやんなっちゃうなァ あゝ…いやんなっちゃうなァ これがさだめか 男の舞台 花咲く春は どこにあるんだよ  もしも しあわせ 買えるなら なってみせるさ 金持ちに それじゃあんまり 淋しいぜ 人は人なり おれはおれ あゝ…いやんなっちゃうなァ あゝ…いやんなっちゃうなァ だれが決めたか 人生芝居 涙が似合うね おれの当たり役
恋の広小路落合博満・中村美律子落合博満・中村美律子中山大三郎中山大三郎君とよりそえば 街がきらめくよ そうね私も こころときめくわ 今夜はぜいたくな 夜をすごそうよ なんてすてきな 言葉でしょう まかせてくれよ きっと今夜は 何かありそうね それもまかせてくれよ NAGOYA 広小路  恋のフルコース 先ずはレストラン とてもおしゃれね パリを思い出す 君にはぜいたくな 夜が似合うのさ なんてやさしい 思いやり いつものことさ なぜかコニャックが 胸に火をつける あとは女子大小路で ナマのジャズを聴く  何も言わないで 何もきかないで かわくくちびる 胸に寄せる波 すべてはぜいたくな 夜にまかせよう なんて甘いの とけそうよ ささえてあげる こんなカンゲキ 私はじめてよ 恋もいのちも 燃える NAGOYA 広小路
ヨコハマめぐり逢い木谷力木谷力中山大三郎中山大三郎女のため息が 夜霧にかわるのよ 別れに涙を 見せたなら あなたにわるいもの おまえは小さな肩先を こきざみにふるわせた  ヨコハマ青い灯りがゆれて 言葉もない俺だった 別れを望むのは おまえじゃなかったか  おまえの心にまた一つ 芽生えた恋がある ためらいながらも流されて 傷ついて泣くだけさ  ヨコハマやがて季節がめぐり またおまえに めぐり逢う 無意味な旅だと気がつけば さすらいも終るだろう  ヨコハマ恋に疲れてそして いい女で帰るだろう 
ふたりの東京小松みどり・逢川まもる小松みどり・逢川まもる中山大三郎美樹克彦(女)冷たい雨の降る中に (女)どうしてこんなに待たせるの (男)ごめんね ごめんね (男)遅れたぶんは よけいに つきあうよ (女)ねえねえ ねえねえ愛してる (女)ねえねえねえねえ嘘じゃない (男)もちろんだとも 照れるじゃないか (男女)原宿 青山 六本木 (男女)ゆられてゆれて ふたりの東京  (女)貴方の熱いため息が (女)わたしの耳元 くすぐるわ (男)ひとつの傘に寄りそうだけで (男)こんなに ときめくよ (女)ねえねえ ねえねえ愛してる (女)ねえねえねえねえ嘘じゃない (男)わかってるだろう 君ひとすじさ (男女)新宿 渋谷 公園通り (男女)ゆられてゆれて ふたりの東京  (女)いつもの店で 飲みながら (女)いつものあの歌 うたいましょう (男)ふたりが出逢った あの夜のように (男)やさしく うたおうね (女)ねえねえ ねえねえ愛してる (女)ねえねえねえねえ嘘じゃない (男)たまらないほど 泣きたいほどさ (男女)赤坂 麻布 数寄屋橋 (男女)ゆられてゆれて ふたりの東京 
とまどい斎藤恵子斎藤恵子中山大三郎聖川湧あなたと別れて あれから一人で二年 悩んでまよって 旅したりしたけど やっぱりあなたから 逃げだせなくて この町に 帰って来たの 女はひとりで くらせるものではないわ 私の心は あなたであふれているわ 小雨のふる夜も 嵐のときも あなたを想って 泣いてたの  あんなにやさしく あんなに大事に だかれた日々よ いつでもかわいい 女でいられた あのころよ 逃げだせなくて あゝ恋しくて あゝせつなくて  いろんな男が 花束とどけたけれど だれにも心を 見せないで来たのよ いつかはいつの日か あなたは帰る その時を信じていたの 南の海辺でぼんやり夕陽を見たり 吹雪の街かど 泣き泣き 歩いてみたり 思えば何もかも 一つの恋を たしかめたかった だけなのね  あんなにやさしく あんなに大事に だかれた日々よ いつでもかわいい 女でいられた あのころよ 逃げだせなくて あゝ恋しくて あゝせつなくて  あんなにやさしく あんなに大事に だかれた日々よ いつでもかわいい 女でいられた あのころよ 逃げだせなくて あゝ恋しくて あゝせつなくて
海鳴りさやま友香さやま友香中山大三郎浜圭介逢いたくて 逢いたくて あなたに逢いたくて 悲しくて 悲しくて お酒を口にする 今ごろは 今ごろは 海峡すぎるころ 有線が有線が 私を泣かせるの  女にはいつの日も 愛が愛がいのちです 約束の季節には どうぞどうぞ帰って 海なりが潮風が小窓をふるわせる  ひとりでも ひとりでも 生きては 行けるけど 思い出と思い出と おはなしできるけど いつの日もいつの日も しあわせ求めたい あなたしか あなたしか こころにないのです  水割りも少しだけ 肌も肌もいたわるわ やさしさを身につけて じっとじっと待つのよ しあわせになれそうな予感を信じたい  女にはいつの日も 愛が愛がいのちです 約束の季節には どうぞどうぞ帰って 海なりが潮風が小窓をふるわせる  しあわせになれそうな予感を信じたい
それからの銀狐大平サブロー大平サブロー中山大三郎中山大三郎淋しいものと 思わなかったの うわべの恋でも しあわせだったの ソーロ グリス デ・ラ・ノーチェ 今ならわかる あなたのほんとの やさしさが もう一度もう一度 あまえていいですか  ひとりの部屋の 灯りをつけて つめたいベッドに もたれて泣くのよ ソーロ グリス デ・ラ・ノーチェ あなたがほしい このまますごせば ダメになる 今でも今でも 許してくれますか  いろんな恋を してきたけれど ほんとの恋なら あなたがはじめて ソーロ グリス デ・ラ・ノーチェ 信じてほしい エプロンすがたが 似合うよな 女になります 愛してくれますか
待つだけの季節中村美律子中村美律子中山大三郎富田梓仁また春が行く また夏が行く だけどあなたは 帰って来ない また花がちる また風がふく 私ひとりで 待ってるばかり  ねぇ 約束したでしょう ねぇ 何度も 泣いたでしょう ねぇ みじかい あいだでしょう ねぇ 悲しすぎるわ  今 秋が来て 胸切なくて 信じられなく なりそうですよ すぐ秋が行く すぐ冬がくる 女ひとりじゃ つらすぎますよ  ねぇ 愛して いたでしょう ねぇ あんなに もえたでしょう ねぇ かわって いないでしょう ねぇ 淋しすぎるわ  ねぇ 約束したでしょう ねぇ 何度も 泣いたでしょう ねぇ みじかい あいだでしょう ねぇ 悲しすぎるわ
愛は愛によって… Amor con amor se paga松葉さちこ松葉さちこ中山大三郎中山大三郎東京の 九月半ばは 夏の日の 傷あと癒やし あたらしい 恋人さがす ロマンティスト 街にあふれる わたしはあなたに めぐり逢えたの 秋冬春を もえてすごせそう  今夜またあの部屋に めくるめく時がくる アモール コナモール セパガ… 東京の 九月半ばに しあわせな あなたとわたし  すぎ去った 時をそのまま 積み重ね おとなになって おたがいに 心をさらし まさぐるは 夢のかずかず わたしはあなたを 感じたいのよ 女としての 何かできそうよ  泣きたくて泣かせたい しどけなく乱れたい アモール コナモール セパガ… 東京の 九月半ばに しあわせな あなたとわたし  今夜またあの部屋に めくるめく時がくる アモール コナモール セパガ… 東京の 九月半ばに しあわせな あなたとわたし
湯の町別れうた森進一森進一中山大三郎猪俣公章潮風はあまく 黒髪をゆらす 霧雨は重く 肩先をぬらす ここは湯の町 しのび逢う町 死ぬほど悩んで 死ぬほど泣いて あなたは別れを ためらうばかり  私ならいいの このままでいいの 待ちわびていつか 逢えればいいの だけどあなたを 苦しめるなら 一生一度のこの恋だいて 私はひっそり 身を引くだけよ  あしたまでせめて 恋人でいましょ いそがなくたって さよならはできる ここは湯の町 夜更けて二人 こころもからだも 思い出づくり 明日は笑って 見送りましょう
すてきな非常識八坂有理八坂有理中山大三郎城賀イサムたとえあなたが 妻ある身でも 構わないわと 言ったじゃないの しあわせよ 愛してる それで いいじゃない 春は桜に 秋は紅葉に 風がふく ふたりには 恋の風 すてきな 非常識 ゆらゆらと ゆらゆらと 時を過ごすのよ  何もあなたに 求めはしない わたし勝手に もり上がったの 会える日が そのときが ステキなら いいの 平安時代も 恋はおおらか だったのよ 浮気とか 不倫とか 言いたきゃ 言いなさい アレグロで アレグロで 刻み続けるの  明日も会いましょ いつもの場所で 愛の秘めごと スリリングだわ あなたでしょ わたしでしょ あとは いらないの さよならするとき ちゃんと私が 告げるから 今ここに 恋がある すてきな 非常識 キラキラと キラキラと 光るふたりなの キラキラと キラキラと 光るふたりなの
…そして南へ八坂有理八坂有理中山大三郎市川昭介ひとり旅して 三日目 ここは南の 町です 白い渚が 広がる 海の ほとりです 愛し愛され 燃えてた ときを 思い出してます みんな 終りましたね …キケンな恋は  あなたの家庭に 帰って こころ静かに 暮らして やがて世間の うわさも 消える ことでしょう 旅の途中で 誰かと 恋に落ちる 気がします おんなざかり ですもの …明日へ生きる  何も心配 しないで 二度と手紙は 書かない あなた気にする ひとでしょ だから 書いたのよ もっとて南へ 南へ 気ままな旅を 続けます だれか 待っているよな …予感がします
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 祝福
  2. Tot Musica
  3. 新時代
  4. SOUVENIR
  5. あんたがたどこさ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. Let Go
  3. 445
  4. Only One For Me
  5. 秋桜

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照