ひばり…に恋して

この曲の表示回数 23,688
歌手:

天童よしみ


作詞:

中山大三郎


作曲:

中山大三郎


春にみどりの 風が吹く秋に
野山が もえている
季節季節に 思い出す
それはあのひと
あるときは りんご畑を
佐渡の荒磯を唄っていたわ
髪の乱れも 流れる川も
こころゆたかにしてくれたのよ
そのひとは そのひとはそのひとの名は…ひばり

花をみつめて 涙ぐむ
雲にためいきついてみる
どこか知らない遠くから
唄がきこえる赤々と
もえる太陽
そして悲しいお酒もあった
夢よのぞみよあこがれたちよ
今もこころに生きてるひとよ
そのひとは そのひとはそのひとの名は…ひばり

あるときは りんご畑を
佐渡の荒磯を唄っていたわ
髪の乱れも 流れる川も
こころゆたかにしてくれたのよ
そのひとは そのひとはそのひとの名は…ひばり
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひばり…に恋して 歌手:天童よしみ

天童よしみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-10-21
商品番号:TECA-30711
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP