歌詞を

ヘルプ

野路由紀子の歌詞一覧リスト

40 曲中 1-40 曲を表示
2019年10月23日(水)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
哀愁桟橋野路由紀子山口洋子猪俣公章つらい恋です私の恋は髪に
愛のきずな野路由紀子加茂亮二鈴木淳いつか知らないとこであなたに
愛のさざなみ野路由紀子なかにし礼浜口庫之助この世に神様が本当にいるなら
アカシアの雨がやむとき野路由紀子水木かおる藤原秀行アカシアの雨にうたれて
あなたが遠くなる野路由紀子中山大三郎大本恭敬汽笛が聞こえます胸が痛みます
雨に濡れた慕情野路由紀子吉田旺鈴木淳雨の降る夜は何故か逢いたくて
踊子野路由紀子喜志邦三渡久地政信さよならも言えず泣いている
北上夜曲野路由紀子菊地規安藤睦夫匂い優しい白百合の濡れている
北国慕情野路由紀子石坂まさを木村英樹雨が降りそうな朝でした青森は
北信濃絶唱野路由紀子西沢裕子渡辺岳夫流れる雲は涙色運命の風に
京都の恋野路由紀子林春生ザ・ベンチャーズ風の噂を信じて今日からは
霧の出船野路由紀子山口洋子平尾昌晃捨てていいのとくちびるかんで
恋月夜野路由紀子吉田旺平尾昌晃あなたが指をさす空は星月夜
恋にゆれて野路由紀子安井かずみ平尾昌晃人に言われ幸せに気がついた
恋の雪別れ野路由紀子安井かずみ平尾昌晃雪の中を黒い汽車が今遠ざかる
恋は馬車にのって野路由紀子吉田旺鈴木淳雪どけの丘を越え行くの馬車に
下町育ち野路由紀子良池まもる叶弦大三味と踊りは習いもするが
しのび宿野路由紀子鳥井実市川昭介明日の別れを哀しむように
忍ぶ川野路由紀子吉田旺渡辺岳夫哀しみいろの川の流れに
十九で別れた港町野路由紀子山口洋子鈴木淳あなたは旅に出る私は爪をかむ
大安吉日野路由紀子吉田旺遠藤実なみだこらえてる私の身代りに
他人船野路由紀子遠藤実遠藤実別れてくれと云う前に死ねよと
大東京音頭野路由紀子滝田常晴・補作詞:藤田まさと遠藤実人が輪になるソレ輪が花になる
東京ブルース野路由紀子水木かおる藤原秀行泣いた女がバカなのか
長崎の夜はむらさき野路由紀子古木花江新井利昌雨にしめった賛美歌のうたが
何があなたをそうさせた野路由紀子なかにし礼筒美京平あなたと私の心は一つ解けない
なみだ恋野路由紀子悠木圭子鈴木淳夜の新宿裏通り肩を寄せ合う
涙のかわくまで野路由紀子塚田茂宮川泰ひきとめはしないけど何もかも
彼岸花野路由紀子吉田旺渡辺岳夫彼岸花あかあかゆれている道を
広瀬川慕情野路由紀子みかみけいこ猪俣公章水面に映る影ふたつ揺れて
星の夜北へ帰る野路由紀子千家和也北原じゅんきっと今度は帰っておいで
北帰行野路由紀子宇田博宇田博窓は夜露に濡れて都すでに
三つの涙野路由紀子荒川利夫聖川湧だまされた女は枯れてる花より
夢つみ草野路由紀子杉園親誠杉園親誠北の港の夢つみ草は人でなし
酔えなくて野路由紀子横山賢一聖川湧未練おさめの口吻受けて
夜汽車が着いたら野路由紀子辻本茂聖川湧貴方と私は数えで十九私が
嫁入り舟野路由紀子吉田旺鈴木淳傘にからみつく柳をよけながら
私が生まれて育ったところ野路由紀子聖川湧聖川湧私が生まれて育ったところは
私が育った港町野路由紀子聖川湧聖川湧夜汽車のデッキに涙を捨てて
わたしの城下町野路由紀子安井かずみ平尾昌晃格子戸をくぐりぬけ見あげる

野路 由紀子(のじ ゆきこ、1952年(昭和27年)10月20日 - )は、日本の歌手。福井県出身。 wikipedia