わたしの城下町

この曲の表示回数 3,922
歌手:

野路由紀子


作詞:

安井かずみ


作曲:

平尾昌晃


格子戸をくぐりぬけ
見あげる夕焼けの空に
誰が歌うのか 子守唄
わたしの城下町

好きだとも云えずに
歩く川のほとり
往きかう人に
なぜか 目をふせながら
心は燃えてゆく

家並が とぎれたら
お寺の鐘がきこえる
四季の草花が咲きみだれ
わたしの城下町

橋のたもとにともる
灯りのように
ゆらゆらゆれる
初恋のもどかしさ
気まずく別れたの

橋のたもとにともる
灯りのように
ゆらゆらゆれる
初恋のもどかしさ
気まずく別れたの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:わたしの城下町 歌手:野路由紀子

野路由紀子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-07-02
商品番号:BVCK-14003
BMG JAPAN

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP