私が育った港町

この曲の表示回数 4,660
歌手:

野路由紀子


作詞:

聖川湧


作曲:

聖川湧


夜汽車のデッキに
涙を捨てて来たつもりですけれど
夜の九時過ぎの港は暗い
カモメもいやしない さみしいものです
また涙にむせぶ人を愛して裏切られ
人につくして 捨てられた
女ですもの
誰にも知らさず 誰にも知られず
帰ってきたのです

小さな港に小さな漁船が
イカリを下ろしてる
ブイの赤い灯も昔のままね 海もまだ青いし
私が育った 海鳴の町は
人の情けがある所
華いだまちの匂いとは違うはずです
夜明けの海を港でむかえるの何年ぶりかしら

群れなす海鳥 岬の灯台
幼ない日々の想い出と
潮の香りがする町へと帰って来ました
きっといい人にめぐり会える様両手を合わせて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:私が育った港町 歌手:野路由紀子

野路由紀子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-01-16
商品番号:MHCL-2214
ソニー・ミュージックダイレクト

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP