山口洋子作詞の歌詞一覧リスト  214曲中 1-214曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
214曲中 1-214曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ブランデーグラス三山ひろし三山ひろし山口洋子小山充伊戸のりおこれでおよしよ そんなに強くないのに 酔えば酔うほど 淋しくなってしまう 涙ぐんで そっと時計をかくした 女ごころ 痛いほどわかる 指で包んだ まるいグラスの底にも 残り少ない 夢がゆれている  よせばよかった よせばよかったけれど 恋は知らずに 炎(も)えてしまうものだよ 白い小指 ためらいながらからませ 未練ごころ 打ちあけたおまえ 雨はふるふる 部屋の中にも胸にも いつか来そうな 別離(わかれ)を告げて  こころひとつ 傘はふたつにはなれて 逢えば夜は つかの間に過ぎる 雨はふるふる 遠く消えてく背中と いつか来そうな 別離を濡らす
誰もいない海さだまさしさだまさし山口洋子内藤法美田代耕一郎今はもう秋 誰もいない海 知らん顔して 人がゆきすぎても わたしは忘れない 海に約束したから つらくても つらくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 たった一つの夢が 破れても わたしは忘れない 砂に約束したから 淋しくても 淋しくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 いとしい面影 帰らなくても わたしは忘れない 空に約束したから ひとりでも ひとりでも 死にはしないと  ひとりでも ひとりでも 死にはしないと
よこはま・たそがれクレイジーケンバンドクレイジーケンバンド山口洋子平尾昌晃Masao Onose・Park・Ken Yokoyamaよこはま たそがれ ホテルの小部屋 くちづけ 残り香(が) 煙草のけむり ブルース 口笛 女の涙 あの人は 行って行ってしまった あの人は 行って行ってしまった もう帰らない  裏町 スナック 酔えないお酒 ゆきずり 嘘つき 気まぐれ男 あてない 恋唄 流しのギター あの人は 行って行ってしまった あの人は 行って行ってしまった もうよその人  木枯し 想い出 グレーのコート あきらめ 水色 つめたい夜明け 海鳴り 燈台 一羽のかもめ あの人は 行って行ってしまった あの人は 行って行ってしまった もうおしまいね
千曲川北島三郎北島三郎山口洋子猪俣公章馬場良水の流れに 花びらを そっと浮かべて 泣いたひと 忘れな草に かえらぬ恋を 想い出させる 信濃の旅よ  明日はいずこか 浮き雲に 煙りたなびく 浅間山 呼べどはるかに 都は遠く 秋の風立つ すすきの径(みち)よ  一人たどれば 草笛の 音いろ哀しき 千曲川 よせるさざ波 くれゆく岸に 里の灯(ひ)ともる 信濃の旅よ
渚の女 ニューバージョン谷龍介谷龍介山口洋子松山かずお逢いたくなったら ひとりで海に来て 名前をお呼びと云ったひと 別れてはじめて あなたの優しさが しみじみわたしにわかります 渚によせる しろい哀しいさざ波 女ごころをぬらして 二度とかえらぬ 夢を呼ぶ  どんなに遠くに あなたが行こうとも わたしの心は はなれない 愛した月日は そのままで生きている わたしの胸にも瞼にも まっ赤に燃えて ひとり泣いてる夕陽は 女ごころの切なさ 二度とかえらぬ 恋を呼ぶ  潮風はるか 空にちぎれる汽笛は 女ごころのさよなら 二度とかえらぬ ひとを呼ぶ  二度とかえらぬ ひとを呼ぶ
噂の女こおり健太こおり健太山口洋子猪俣公章北野寛女心の 悲しさなんて わかりゃしないわ 世間の人に 止して 止してよ なぐさめなんか 嘘と涙の しみついた どうせ私は 噂の女  はなさないでと 甘える指に 男心は いつでも遠い そうよ そうなの 昨日の夜も すがりつきたい あの人に 夢を消された 噂の女  街の噂に 追われて泣けば 褪(あ)せてみえます くちびるさえも つらい つらいわ つめたい青春(はる)を 怨むことさえ あきらめた 弱い私は 噂の女
アメリカ橋辰巳ゆうと辰巳ゆうと山口洋子平尾昌晃周防泰臣風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって アメリカ橋のたもと ふと通うぬくもり やるせない恋 埋めた街 角部屋の灯り 石だたみ 石だたみ 想い出続く いつかいつか 熱かった青春  君は変わらない 月日は過ぎても 髪を切ったので 少し若くなった アメリカ橋のたもと 黄昏が間近い 煙草やめたの いつからと それとなくきいて 眼をそらす 眼をそらす ガラスのむこう 遠い遠い かえらない青春  アメリカ橋のたもと それじゃと手をあげる そっとコートの衿たてた さり気なさおいて 人の群 人の群 誰もが他人 はるかはるか あの頃が青春
北の旅人城之内早苗城之内早苗山口洋子弦哲也DCOたどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを 待ってると いとしい おまえの 呼ぶ声が 俺の背中で 潮風になる 夜の釧路は 雨になるだろう  ふるい酒場で 噂をきいた 窓の向こうは 木枯らしまじり 半年前まで 居たという 泣きぐせ 酒ぐせ 泪ぐせ どこへ去ったか 細い影 夜の函館 霧がつらすぎる  空でちぎれる あの汽笛さえ 泣いて別れる さい果て港 いちどはこの手に 抱きしめて 泣かせてやりたい 思い切り 消えぬ面影 たずねびと 夜の小樽は 雪が肩に舞う
男が酒を飲む夜はマルシアマルシア山口洋子猪俣公章Marcia Band男が酒を飲む夜は ふるさと遠く しのぶとき 連れて行くよと 約束したね そろそろ海鳥舞う浜辺  男が酒に酔う夜は 昔の歌が しみるとき ふるい酒場の ふるびたピアノ あいつもこの歌好きだった  男が酒と泣く夜は 別れた女を 思うとき 小指で涙 ふくのがくせの ひっそり淋しい片えくぼ  男が酒と語る夜は ぬくもりひとつ 欲しいとき 肩をたたかれ ふと振り向けば 元気を出せよと 飲み仲間  男が酒を飲む夜は 失くした夢を探すとき たばこのけむり 輪にしてふけば ゆらゆら夜明けがもう近い ゆらゆら夜明けがもう近い
うそ氷川きよし氷川きよし山口洋子平尾昌晃矢田部正折れた煙草の 吸いがらで あなたの嘘が わかるのよ 誰かいい女(ひと) できたのね できたのね あー 半年あまりの 恋なのに あー エプロン姿が よく似合う 爪もそめずに いてくれと 女があとから 泣けるよな 哀しい嘘の つける人  あなた残した わるいくせ 夜中に電話 かけるくせ 鍵をかけずに ねむるくせ ねむるくせ あー 一緒になる気も ないくせに あー 花嫁衣裳は どうするの 僕は着物が 好きだよと あついくちづけ くれながら 冷たい嘘の つける人  あー あんまり飲んでは いけないよ あー 帰りの車も 気をつけて ひとりの身体(からだ)じゃ ないなんて 女がほろりと くるような 優しい嘘の 上手(うま)い人
北の旅人三山ひろし三山ひろし山口洋子弦哲也伊戸のりおたどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを 待ってると いとしいおまえの 呼ぶ声が 俺の背中で 潮風(かぜ)になる 夜の釧路は 雨になるだろう  ふるい酒場で 噂をきいた 窓のむこうは 木枯まじり 半年まえまで 居たという 泣きぐせ 酒ぐせ 泪ぐせ どこへ去(い)ったか 細い影 夜の函館 霧がつらすぎる  空でちぎれる あの汽笛さえ 泣いて別れる さい果て港 いちどはこの手に 抱きしめて 泣かせてやりたい 思いきり 消えぬ面影 たずねびと 夜の小樽は 雪が肩に舞う
ワン・シーン近田春夫近田春夫山口洋子近田春夫細野晴臣扉(ドア)をあけたら 男がいた おまえはわざと 落ちついて 眼のまえの煙草に 手をのばす ああ 俺はだまって 出てゆくさ ころがりこんだときと 同じように きいろいマフラー ぶら下げて 世話になったと 云いたいけれど 言葉のナイフでぶった切るほど 熱い仲でもなかったからなー  扉(ドア)をしめたら 夜風が吹く 押さえかげんの 笑い声 眼にみえるようだぜ この先が ああ 俺はだまって 背をむける 出逢った春さきと 同じような つめたい小雨に 濡れながら 元気で暮らせと 云いたいけれど 想い出分けあい 持ってゆくほど 長い仲でもなかったからなー  ああ 俺はだまって 出てゆくさ ころがりこんだときと 同じように きいろいマフラー ぶら下げて 世話になったと 云いたいけれど 俺はだまって出てゆくさ 俺はだまって出てゆくさ
北の旅人北川裕二北川裕二山口洋子弦哲也 たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを 待ってると いとしい おまえの 呼ぶ声が 俺の背中で 潮風(かぜ)になる 夜の釧路は 雨になるだろう  ふるい酒場で 噂をきいた 窓のむこうは 木枯まじり 半年まえまで 居たという 泣きぐせ 酒ぐせ 泪ぐせ どこへ去(い)ったか 細い影 夜の函館 霧がつらすぎる  空でちぎれる あの汽笛さえ 泣いて別れる さい果て港 いちどはこの手に 抱きしめて 泣かせてやりたい 思いきり 消えぬ面影 たずねびと 夜の小樽は 雪が肩に舞う 
ふたりの旅路坂本冬美坂本冬美山口洋子猪俣公章若草恵つらい別離が あるのなら いっそ死にたい この海で 窓をふるわす さい果ての 船の汽笛を ききながら 泣いて 泣いて 泣いて どうなる 旅に出た ふたり  他人は噂を するけれど わたしばかりが なぜわるい 甘い言葉も つい愚痴に かわる女の 涙ぐせ 明日は 明日は 明日は どこやら あてもない ふたり  ひとつななめに 流れ星 恋の闇夜に 消えてゆく 燃えてみじかい 人生を 落ちてゆくのが 運命なら いのち いのち いのち あずけて どこまでも ふたり
噂の女坂本冬美坂本冬美山口洋子猪俣公章若草恵女心の悲しさなんて わかりゃしないわ世間の人に 止して止してよなぐさめなんか 嘘と泪のしみついた どうせ私は噂の女  はなさないでと甘える指に 男心はいつでも遠い そうよそうなの昨日の夜も すがりつきたいあの人に 夢を消された噂の女  街の噂に追われて泣けば 褪せてみえますくちびるさえも つらいつらいわつめたい青春(はる)を 怨むことさえあきらめた 弱い私は噂の女
北の旅人福田こうへい福田こうへい山口洋子弦哲也山田年秋たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを 待ってると いとしい おまえの 呼ぶ声が 俺の背中で 潮風(かぜ)になる 夜の釧路は 雨になるだろう  ふるい酒場で 噂をきいた 窓のむこうは 木枯まじり 半年まえまで 居たという 泣きぐせ 酒ぐせ 泪ぐせ どこへ去(い)ったか 細い影 夜の函館 霧がつらすぎる  空でちぎれる あの汽笛さえ 泣いて別れる さい果て港 いちどはこの手に 抱きしめて 泣かせてやりたい 思いきり 消えぬ面影 たずねびと 夜の小樽は 雪が肩に舞う
百人の男中田久美中田久美山口洋子伊藤雪彦川端マモル百人の男の 優しい腕よりも あんたの冷たさが ただ恋しいときもある 一緒に死のうかと 馬鹿な気まぐれ 言葉あそびでも 酔えれば 酔えればいいわ 別離(わかれ)が音もなく しのびこむ夜は あゝ 夜明けも早いのよ  優しく抱くよりも 両手をつかんで 昨夜(ゆうべ)は誰といた なにしてたと聞かれたい からだよせあって はなればなれの 夢を追うなんて 耐えられ 耐えられないわ かわいた砂のうえ 愛のかけらでも あゝ 見つけてなぞりたい  男の淋しさが わかってたまるかと 独りで酒のなか 何故(なぜ)溺(おぼ)れて逃げ込むの わざと乱ぼうに 喉(のど)をそらして グラス飲みほした 気ままな 気ままな素顔 一度はくるわせて 泣かせてみたいわ あゝ わたしのこのひざで
港です 女です 涙です増位山太志郎増位山太志郎山口洋子徳久広司南郷達也港です 女です 涙です あなた行くのね どうしても 春が来たのに さよならね いまさら好きと 好きと好きとすがっても 汽笛です 夜風です 波しぶき  港です 女です 涙です 肩をすぼめて 嘘つきと 泣けば ぽつんと 岬の灯 いつかは きっと きっときっと帰ってね かもめです 月夜です 赤い花  港です 女です 涙です 忘れたいのと 云いながら そっとかいてる 頭文字(かしらもじ) 未練はないと ないとないと強がって お酒です ひとりです 別れ唄
長崎から船に乗って松原健之松原健之山口洋子平尾昌晃鈴木豪長崎から船に乗って 神戸に着いた ここは港まち 女が泣いてます 港の女は お人好し いいことばかりのそのあとで 白い鴎に あゝ騙される あゝ騙される 彼岸花  横浜から船に乗って 別府に着いた ここは小雨まち 女が泣いてます 南の女は 一本気 湯の花祭りのいたずらに ちょとだけよが あゝ命とり あゝ命とり 紅椿  函館から船に乗って 東京に着いた ここは日暮れまち 女が泣いてます 都会の女は うす情 惚れているやらいないやら 何んでもなさそに あゝ傷ついた あゝ傷ついた 芥子の花
うそ松原健之松原健之山口洋子平尾昌晃鈴木豪折れた煙草の 吸いがらで あなたの嘘が わかるのよ 誰かいい女 出来たのね 出来たのね あー 半年あまりの 恋なのに あー エプロン姿が よく似合う 爪もそめずに いてくれと 女があとから 泣けるよな 悲しい嘘の つける人  あなた残した わるいくせ 夜中に電話 かけるくせ 鍵をかけずに ねむるくせ ねむるくせ あー 一緒になる気も ないくせに あー 花嫁衣裳は どうするの 僕は着物が 好きだよと あついくちづけ くれながら 冷たい嘘の つける人  あー あんまり飲んでは いけないよ あー 帰りの車も 気をつけて ひとりの身体じゃ ないなんて 女がほろりと くるような 優しい嘘の 上手い人
アメリカ橋松原健之松原健之山口洋子平尾昌晃鈴木豪風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって― アメリカ橋のたもと ふと通うぬくもり やるせない恋 埋めた街 角部屋の灯り 石だたみ石だたみ 想い出続く いつかいつか 熱かった青春  君は変わらない 月日は過ぎても 髪を切ったので 少し若くなった アメリカ橋のたもと 黄昏が間近い 煙草やめたの いつからと それとなくきいて― 眼をそらす眼をそらす ガラスのむこう 遠い遠い かえらない青春  アメリカ橋のたもと それじゃと手をあげる そっとコートの衿たてた さり気なさおいて 人の群人の群 誰もが他人 はるかはるか あの頃が青春
北の旅人金児憲史金児憲史山口洋子弦哲也前田俊明たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを 待ってると いとしいおまえの 呼ぶ声が 俺の背中で 潮風(かぜ)になる 夜の釧路は 雨になるだろう  ふるい酒場で 噂をきいた 窓のむこうは 木枯まじり 半年まえまで 居たという 泣きぐせ 酒ぐせ 泪ぐせ どこへ去(い)ったか 細い影 夜の函館 霧がつらすぎる  空でちぎれる あの汽笛さえ 泣いて別れる さい果て港 いちどはこの手に 抱きしめて 泣かせてやりたい 思いきり 消えぬ面影 たずねびと 夜の小樽は 雪が肩に舞う
うそ北川大介北川大介山口洋子平尾昌晃D・C・O折れた煙草の 吸いがらで あなたの嘘が わかるのよ 誰かいい女(ひと) 出来たのね 出来たのね あー 半年あまりの 恋なのに あー エプロン姿が よく似合う 爪もそめずに いてくれと 女があとから 泣けるよな 哀しい嘘の つける人  あなた残した わるいくせ 夜中に電話 かけるくせ 鍵をかけずに ねむるくせ ねむるくせ あー 一緒になる気も ないくせに あー 花嫁衣装は どうするの 僕は着物が 好きだよと あついくちづけ くれながら 冷たい嘘の つける人  あー あんまり飲んでは いけないよ あー 帰りの車も 気をつけて ひとりの身体(からだ)じゃ ないなんて 女がほろりと くるような 優しい嘘の うまい人
ぬれて大阪友井雄亮(純烈)友井雄亮(純烈)山口洋子徳久広司待っているわと 叫んだ声も つめたい男に とどきはしない 雨の新地(しんち)は 流しの歌も ふられた女の歌ばかり アアアー 濡れて大阪 アアアー 濡れて大阪 あなたあなた愛して 涙のぶるーす  どこにいるのと 夜風にきけば ひとりで飲んでた いつもの店で 嘘よ昨日(ゆうべ)は あの娘といっしょ 肩よせあってた 御堂筋 アアアー 濡れて大阪 アアアー 濡れて大阪 あなたあなた愛して 涙のぶるーす  どうせだめさとわらわれながら 夢にすがって 三寺(みつてら)あたり いいの他人(ひと)めに どううつろうと 情の一字で生きてゆく アアアー 濡れて大阪 アアアー 濡れて大阪 あなたあなた愛して 涙のぶるーす
ひとりぼっち天童よしみ天童よしみ山口洋子遠藤実「おお寒い……冷えるわねえ どういっぱい ところで聞いてくれる こんな淋しい女のはなし」  恋をしたのは 二十才まえ 命も夢も賭けたけど 涙で終った初恋は 妻も子もある 妻も子もある相手(ひと)だった お酒が飲みたい こんな夜は お酒が飲みたい こんな夜は  北のふるさと 出たときは 十六でした肌寒い 粉雪舞い散る停車場で 泣いて泣いて 泣いてにぎった母の指 お酒が飲みたい こんな夜は お酒が飲みたい こんな夜は  ひとつひとつと 数えたら 両手にあまる傷の跡 淋(さみ)しい女の身の上を 知っているよな 知っているよな弾き語り お酒が飲みたい こんな夜は お酒が飲みたい こんな夜は  「ごめんなさい しめっぽい愚痴 聞かせちゃって そろそろ看板だけど ネッ もう一杯いかが……」
千曲川羽山みずき羽山みずき山口洋子猪俣公章伊戸のりお水の流れに 花びらを そっと浮かべて 泣いたひと 忘れな草に かえらぬ初恋(こい)を 思い出させる 信濃の旅路(たび)よ  明日はいずこか 浮き雲に 煙たなびく 浅間山 呼べどはるかに 都は遠く 秋の風立つ すすきの径(みち)よ  一人たどれば 草笛の 音(ね)いろ哀しき 千曲川 よせるさざ波 くれゆく岸に 里の灯ともる 信濃の旅路よ
北の旅人川中美幸川中美幸山口洋子弦哲也伊戸のりおたどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを 待ってると いとしい おまえの 呼ぶ声が 俺の背中で 潮風(かぜ)になる 夜の釧路は 雨になるだろう  ふるい酒場で 噂をきいた 窓のむこうは 木枯まじり 半年まえまで 居たという 泣きぐせ 酒ぐせ 泪ぐせ どこへ去(い)ったか 細い影 夜の函館 霧がつらすぎる  空でちぎれる あの汽笛さえ 泣いて別れる さい果て港 いちどはこの手に 抱きしめて 泣かせてやりたい 思いきり 消えぬ面影 たずねびと 夜の小樽は 雪が肩に舞う
愛のバラード薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子山口洋子大野雄二Ryo Yoshimata死んではいけないと 風が今日もささやく 水に生える白い花が 胸にしみるけど 耐えて生きる事も 辛くないの私は あなたの名前呼べば 何も怖くないから  涙さえ燃えている 光のさざ波 愛を感じているから 砂の音も愛おしい  死んではいけないと 長い夜を私は あなたの名前呼んで 朝を待つでしょう  涙さえ燃えている 光のさざ波 愛を信じているから 鳥の影も愛おしい  一人どこにいても そこに見える優しい あなたの名前呼んで 明日を待つでしょう 明日を待つでしょう
千曲川坂本冬美坂本冬美山口洋子猪俣公章坂本昌之水の流れに 花びらを そっと浮かべて 泣いたひと 忘れな草に かえらぬ初恋を 想い出させる 信濃の旅路よ  明日はいずこか 浮き雲に 煙りたなびく 浅間山 呼べどはるかに 都は遠く 秋の風立つ すすきの径よ  一人たどれば 草笛の 音いろ哀しき 千曲川 よせるさざ波 くれゆく岸に 里の灯ともる 信濃の旅路よ
千曲川三丘翔太三丘翔太山口洋子猪俣公章北野ひろし水の流れに 花びらを そっと浮かべて 泣いたひと 忘れな草に かえらぬ初恋(こい)を 想い出させる 信濃(しなの)の旅路(たび)よ  明日(あす)はいずこか 浮き雲に 煙りたなびく 浅間山 呼べどはるかに 都は遠く 秋の風立つ すすきの径(みち)よ  一人たどれば 草笛の 音(ね)いろ哀(かな)しき 千曲川(ちくまがわ) よせるさざ波 くれゆく岸に 里の灯(ひ)ともる 信濃の旅路よ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛のバラード金子由香利金子由香利山口洋子大野雄二大野雄二・神保正明死んではいけないと 風が今日も囁く 水に映える白い花が 胸にしみるけど  耐えて生きることも 辛くないの私は あなたの名前呼べば なにも怖くないから  涙さえ燃えている 光のさざなみ 愛を感じているから 砂の音もいとおしい  死んではいけないと 長い夜も私は あなたの名前呼んで 朝を待つでしょう  涙さえ燃えている 光のさざなみ 愛を感じているから 鳥の影もいとおしい  ひとり何処にいても そこに見えるやさしい あなたの名前呼んで 明日を待つでしょう
もう一度逢いたい氷川きよし氷川きよし山口洋子野崎真一石倉重信あんな男と 言いながら 今日も来ました 港町 波のむこうは また波ばかりの片想い さようならも 聞こえない 情(じょう)なしの うつり気の 後影(うしろかげ) もう一度 逢(あ)いたい  泣けば鴎(かもめ)も まねをして あなた呼んでる 別れ町 うらむことさえ 出来ない女のほつれ髪 咲いて散る 赤い花 酔いどれて 泣きぬれて 追いかけて もう一度 逢(あ)いたい  夢は引き潮 想い出も 潮風(かぜ)と逃げてく 出船町 ブイの宿命(さだめ)か 浮いては沈んで流されて 縋(すが)りつく 恋ごころ 別れても はなれても 愛してる もう一度 逢(あ)いたい
愛のバラード高橋洋子高橋洋子山口洋子大野雄二死んではいけないと 風が今日もささやく 水に生える白い花が 胸にしみるけど  耐えて生きる事も 辛くないの私は あなたの名前呼べば 何も怖くないから  涙さえ燃えている 光のさざ波 愛を感じているから 砂の音も愛おしい  死んではいけないと 長い夜を私は あなたの名前呼んで 朝を待つでしょう  涙さえ燃えている 光のさざ波 愛を信じているから 鳥の影も愛おしい  一人どこにいても そこに見える優しい あなたの名前呼んで 明日を待つでしょう
誰もいない海白鳥英美子白鳥英美子山口洋子内藤法美今はもう秋 誰もいない海 知らん顔して 人がゆきすぎても わたしは忘れない 海に約束したから つらくても つらくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 たった一つの 夢が破れても わたしは忘れない 砂に約束したから 淋しくても 淋しくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 いとしい面影 帰らなくても わたしは忘れない 空に約束したから ひとりでも ひとりでも 死にはしないと ルルルルル―
噂の女吉井和哉吉井和哉山口洋子猪俣公章Kazuya Yoshii女心の悲しさなんて わかりゃしないわ世間の人に 止して止してよなぐさめなんか 嘘と泪のしみついた どうせ私は噂の女  はなさないでと甘える指に 男心はいつでも遠い そうよそうなの昨日の夜も すがりつきたいあの人に 夢を消された噂の女  街の噂に追われて泣けば 褪せてみえますくちびるさえも つらいつらいはつめたい青春(はる)を 怨むことさえあきらめた 弱い私は噂の女
よこはま・たそがれフランク永井フランク永井山口洋子平尾昌晃近藤進よこはま たそがれ ホテルの小部屋 くちづけ 残り香 煙草のけむり ブルース 口笛 女の涙 あの人は 行って行ってしまった あの人は 行って行ってしまった もう帰らない  裏町 スナック 酔えないお酒 ゆきずり 嘘つき 気まぐれ男 あてない 恋唄 流しのギター あの人は 行って行ってしまった あの人は 行って行ってしまった もうよその人  木枯し 想い出 グレーのコート あきらめ 水色 つめたい夜明け 海鳴り 燈台 一羽のかもめ あの人は 行って行ってしまった あの人は 行って行ってしまった もうおしまいね
誰もいない海フランク永井フランク永井山口洋子内藤法美近藤進今はもう秋 誰もいない海 知らん顔して 人がゆきすぎても わたしは忘れない 海に約束したから つらくても つらくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 たった一つの夢が 破れても わたしは忘れない 砂に約束したから ひとりでも ひとりでも 死にはしないと  わたしは忘れない 空に約束したから ひとりでも ひとりでも 死にはしないと  死にはしないと
アメリカ橋北川大介北川大介山口洋子平尾昌晃D.C.O風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって― アメリカ橋のたもと ふと通うぬくもり やるせない恋 埋(う)めた街 角部屋の灯り 石だたみ石だたみ 想い出続く いつかいつか 熱かった青春  君は変わらない 月日は過ぎても 髪を切ったので 少し若くなった― アメリカ橋のたもと 黄昏(たそがれ)が間近い 煙草やめたの いつからと それとなくきいて 眼をそらす眼をそらす ガラスのむこう 遠い遠い かえらない青春  アメリカ橋のたもと それじゃと手をあげる そっとコートの衿たてた さり気なさおいて 人の群(むれ)人の群 誰もが他人 はるかはるか あの頃が青春
夜空北川大介北川大介山口洋子平尾昌晃D.C.Oあの娘 どこにいるのやら 星空のつづく あの町あたりか 細い風の口笛が 恋の傷あとにしみる あー あきらめた恋だから なおさら 逢いたい 逢いたい もう一度 夜は いつもひとりぼっち  あの娘 帰っておいでと 流れ星に乗せ そっと呼んでみた だれも答えはしないよ 白い花が散るばかり あー とどかない夢だから なおさら 淋しい 淋しい この胸よ 夜空 遠く果てしない
北の旅人北原ミレイ北原ミレイ山口洋子弦哲也高島政春たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを 待ってると いとしいおまえの 呼ぶ声が 俺の背中で 潮風(かぜ)になる 夜の釧路は 雨になるだろう  ふるい酒場で 噂をきいた 窓のむこうは 木枯まじり 半年まえまで 居たという 泣きぐせ 酒ぐせ 泪ぐせ どこへ去(い)ったか 細い影 夜の函館 霧がつらすぎる  空でちぎれる あの汽笛さえ 泣いて別れる さい果て港 いちどはこの手に 抱きしめて 泣かせてやりたい 思いきり 消えぬ面影 たずねびと 夜の小樽は 雪が肩に舞う
男が泣くとき五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃裂けた心に 夜が来て 裂けた心に 風が吹く 逢いたい女人に 逢えぬとき 男は 男は泣けるのさ  背のびしてみる 星空に 背のびしてみた この指に 届かぬ夢が 欲しいとき 男は 男は泣けるのさ  母の便りに 叱られて 母の便りに はげまされ 過ぎゆく青春を 思うとき 男は 男は泣けるのさ  嘘を重ねて 強がって 嘘にすがった 寂しさを 何んでも ないよと笑うとき 男は 男は泣けるのさ  過ぎた過去の 傷あとに 過ぎたきれいな 想い出に 煙草の灰が 落ちるとき 男は 男は泣けるのさ
蔦のからまるスナック五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃逃げたあなたのことを わざと陽気に 話す とても いい人だった チョット ついてないだけよ たそがれ 過ぎて行き 恋しさに火がつく 憎い 会いたい顔が ゆれる にじむ 消える 蔦のからまる スナック 淋しがりやの 淋しがりやの 吹きだまり  二つならんだ椅子に 一人腰かけ 唄う どうせ いつものことよ チョット ついてないだけね 真夜中 通り過ぎ むなしさに火がつく 捨てた つもりの夢が ゆれる にじむ 消える 青いレンガの スナック 淋しがりやの 淋しがりやの 吹きだまり
テールランプ五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃衿に泣きがおうずめ 夜更けの街角にたたずんだ さよならと 手をあげかけて ぱらつく小雨に 気がついた あーあ 赤い赤い赤い 尾灯(テールランプ) みるみるうるんで 遠ざかる バイバイバイバイ 気をつけて行ってね  風に吹かれてひとり 冷たいアパートに帰るのよ もしかして もどって来ると はかない望みを 抱きながら あーあ 二度と二度と二度と 逢えぬあなた 行きずりみたいな 恋だけど バイバイバイバイ 忘れたくないのよ  あーあ 赤い赤い赤い 尾灯(テールランプ) いまでも私の 眼の中で バイバイバイバイ 淋しげにゆれている
恋人五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃あなた たずねた窓辺にうつる ふたり 肩よせあう影 そうよ あの彼女(ひと)は あなた とうに切れたはずの 恋人 みじめさに くちびるかんで 雨の中 立ちつくす 扉をたたいても もうおそい こんなつらい 恋の終り あるなんて  しろい カーテンかすかにゆれる ふたり 抱きしめあう影 うでの 花束を そっと 窓においたままで 帰るの さむざむと 冷えたこころに なぜあつい この涙 想い出かぞえても もうむだね こんなつらい 恋の終り あるなんて こんなつらい 恋の終り あるなんて
海から来ました五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃親は名もない 漁師です 故郷は かもめのとぶところ いいことあるよと 誘われて 髪にはまなす さしたまま 海から来ました 海から来ました 恋をしに  上の兄貴は ちょっとぐれ 妹十四で まだねんね 切り裂くみたいな さよならを おいてきたのか 三月まえ 海から来ました 海から来ました だまされに  あれは私を 呼んでいる 遠く悲しい 波の音 振り向けないのよ どうしても 夜の小舟に 乗せられて 海から来ました 海から来ました 泣かされに
あなたの港都はるみ都はるみ山口洋子平尾昌晃汽車を下りたら そこは港町 引き潮さんばしの ゆれてる水に 別れた顔が ふと浮かぶ あの彼(ひと)の嘘で こわれたみじめな夢を 抱いて泣き泣き ああひとり旅  船に乗りつぎゃ いつかもう日暮れ つれないひとなみに 背中押されて 幸せな日々 想い出す あの彼(ひと)といつか 東京で覚えた歌が 波のあい間に ああ消えてゆく  駅に着いたら ここは安ホテル ふるびた裏窓を そっとふるわせ 霧笛の音が 遠ざかる あの彼(ひと)がいまも 私を呼んでるみたい 岬はずれに ああ灯がひとつ
よこはま・たそがれジェロジェロ山口洋子平尾昌晃よこはま たそがれ ホテルの小部屋 くちづけ 残り香(が) 煙草のけむり ブルース 口笛 女の涙 あの人は 行って行ってしまった あの人は 行って行ってしまった もう帰らない  裏町 スナック 酔えないお酒 ゆきずり 嘘つき 気まぐれ男 あてない 恋唄 流しのギター あの人は 行って行ってしまった あの人は 行って行ってしまった もうよその人  木枯し 想い出 グレーのコート あきらめ 水色 つめたい夜明け 海鳴り 燈台 一羽のかもめ あの人は 行って行ってしまった あの人は 行って行ってしまった もうおしまいね
十九で別れた港町野路由紀子野路由紀子山口洋子鈴木淳あなたは旅に出る 私は爪をかむ テープが切れる 目が濡れる 船が出る どうしようもない どうしようもない すがって行きたい カモメになれたら つらい恋 この恋 信じた 港町  日暮れの鐘が鳴る 背中に風が吹く 灯(あかり)がゆれる 目を伏せる 花が散る どうしようもない どうしようもない やさしい言葉が 冷たく残る 淡い恋 この恋 祈った 港町  泣くには遅過ぎる 止めても遅過ぎる 汽笛が消える 目を閉じる 波が呼ぶ どうしようもない どうしようもない 小さなこの恋 大事にします 遠い人 あの人 愛した 港町
哀愁桟橋野路由紀子野路由紀子山口洋子猪俣公章つらい恋です 私の恋は 髪にかくした 横顔で そっと泣くよな 片想い あゝあの船は もういない 風がつめたい 桟橋に 残る淋しい ゆらゆら灯り  みんな嘘です あなたの言葉 連れて行こうか あの港 待っているなら それもいい あゝ約束を 抱きながら 今の汽笛が 出船とは 知らず聞いてた 小雨に濡れて  遠い夢です あの日のことは ひとつ残った 花束を 投げりゃ かもめの別れ唄 あゝあの人は もういない どうせひとりの 明日なら いっそ死にたい 未練の波止場
霧の出船野路由紀子野路由紀子山口洋子平尾昌晃捨てていいのと くちびるかんで 肩を落とした 影ひとつ ランプも暗い 止り木の 片すみに そっと名前をかいて泣く 流しのお兄さん どうぞ止めてよ その唄は あの人 好きだった 演歌節  どうせ待っても 帰って来ない 船は男の 恋ごころ ゆらゆらゆれる こぼれ灯に 裏窓を そっと開ければ波の音 何んにも聞かないで つらい恋でも 想い出にゃ いいこと ばっかりが 残るのよ  夜霧がひくく はうような 波間から ぼうっとかすんで船が出る 流しのお兄さん どこへ行くのよ あの船は あの人 いるところ 北の果て
あたしの彼氏黒沢明とロス・プリモス黒沢明とロス・プリモス山口洋子平尾昌晃京建輔逃げた男を うらむより いたらなかった 自分を責める 噂にきけば あの彼氏(ひと)は 女と暮らして いると云う うそよ うそ うそ そんなこと あゝいまごろは あの酒場(みせ)で 荒れている ひとり酒 きっと私を 呼びながら  みんな悪口 云うけれど いゝえ優しい ところもあった 淋しい私の 身の上を 一緒に嘆いて くれた声 苦労したねと 抱いた腕 あゝいまごろは どこの街 濡れている うしろ影 ちょっと右肩 下げるくせ  未練ごころに 追いつかれ 冬の夜ながを さむざむ過す 火遊びだけなら 泣きゃしない 生れて始めて 死ぬような 恋をしたのよ ただ一度 あゝいまごろは あの彼氏(ひと)も 想い出を 数えてる 過ぎてはなかい 恋の夢
夜空八代亜紀八代亜紀山口洋子平尾昌晃伊藤雪彦あの娘 どこに居るのやら 星空の続く あの町あたりか 細い風の口笛が 恋の傷あとにしみる アアアー あきらめた恋だから なおさら 逢いたい 逢いたい もう一度 夜は いつも 独りぼっち  あの娘 帰っておいでと 流れ星に乗せ そっと呼んでみた 誰も答えはしないよ 白い花が散るばかり アアアー とどかない夢だから なおさら 淋しい 淋しい この胸よ 夜空 遠く 果てしない
ブランデーグラス舘ひろし舘ひろし山口洋子小谷充船山基紀これでおよしよ そんなに強くないのに 酔えば酔うほど 淋しくなってしまう 涙ぐんで そっと時計をかくした 女ごころ 痛いほどわかる 指で包んだ まるいグラスの底にも 残り少ない 夢がゆれている  よせばよかった よせばよかったけれど 恋は知らずに 燃えてしまうものだよ 白い小指 ためらいながらからませ 未練ごころ 打ちあけたおまえ 雨はふるふる 部屋の中にも胸にも いつか来そうな 別離を告げて  こころひとつ 傘はふたつにはなれて 逢えば夜は つかの間に過ぎる 雨はふるふる 遠く消えてく背中と いつか来そうな 別離を濡らす
むらさきブルース矢吹健矢吹健山口洋子筒美京平男はいゝわ 傷つかなくて 女の夜は むらさきブルース 逢って 三日も たゝないうちに 恋が 本気に なりそで 辛い ああ ああ 見せたくないの 濡れまつ毛  女はだめね 抱かれりゃ弱い うつろな 夜の むらさきブルース 他人みたいな つれない顔で にがい くちづけ 残して帰る ああ ああ 指輪が 憎い 恋がたみ  うらんでないわ あなたの嘘を ひとりの夜の むらさきブルース めぐりあわせね 別れも恋も 強く生きよう ふりむかないで ああ ああ 消えない星を さがすまで
他人のままで矢吹健矢吹健山口洋子筒美京平他人のままでいいわ 恋になると 涙があるから 他人のままでいいわ 恋になると 別れが来るから その先は聞かないで 燃やした心も今日限り 他人のままでいいわ つらいけど  他人のままでいいわ ひとに言えぬ 秘密があるから 他人のままでいいわ 好きになると みじめになるから 思いきり そのひざで 泣かせてちょうだい一度だけ 他人のままでいいわ こわいから  他人のままでいいわ 夜になると 逢いたくなるから 他人のままでいいわ 朝が来ると 憎しみあうから 嘘だから きれいなの あなたの過去(むかし)も この愛も 他人のままでいいわ さようなら
許してあなた矢吹健矢吹健山口洋子筒美京平私は泣いた あなたは逃げた 男のあまさを 教えたままで 許してあなた 助けてあなた 激しい愛のあとは 理屈じゃないのよ そうよ だから あなた 強く 強く 強く 抱いて  私は祈る あなたは来ない 冷たいベッドに 嘘だけ残る 許してあなた 助けてあなた 女のつよがりなど みじめになるだけ そうよ だから あなた 泣いて 泣いて 泣いて 待つわ
真赤な夜のブルース矢吹健矢吹健山口洋子藤本卓也あなたのためなら 命も 命もいらない いらない いらない いらない いらない いらない あなたの匂いに 私はおぼれ 灯りを消して 二人で歌う エルティーアモ エルティーアモ 真赤な 真赤な夜のブルース  あなたのためなら 何でも 何でもしたいの したいの したいの したいの したいの したいの こよい限りと 知ってはいても すべてを賭けて 泣き泣き歌う エルティーアモ エルティーアモ 真赤な 真赤な夜のブルース  あなたが死ぬ時 私も死ぬの この世の夢も あきらめ歌う エルティーアモ エルティーアモ 真赤な 真赤な夜のブルース
誰もいない海吉幾三吉幾三山口洋子内藤法美野村豊今はもう秋 誰もいない海 知らん顔して 人がゆきすぎても わたしは忘れない 海に約束したから つらくても つらくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 たったひとつの 夢が破れても わたしは忘れない 砂に約束したから 淋しくても 淋しくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 いとしい面影 帰らなくても わたしは忘れない 空に約束したから ひとりでも ひとりでも 死にはしないと  ひとりでも ひとりでも 死にはしないと  ルルル…
片想い真木ひでと真木ひでと山口洋子浜圭介だめよ 未練がつのるから もうこれ以上 逢えないわ 恋に乱れた おくれ毛が ぬれて 冷たい しのび逢い 好きで 好きで別れます つらいけど  いいえ 本気じゃなかったわ あんたと同じ 気まぐれよ 咲けば散るのが 運命だと 知って ひらいた 恋の花 炎(も)えて 炎(も)えて身をまかす おんな街  夢よ わたしを捨てないで 忘れられない あの夜が 惚(ほ)れたぶんだけ 泣かされた あかい くちびる かみしめて おもい おもいこがれます 片想い
恋におぼれて真木ひでと真木ひでと山口洋子浜圭介ひきとめないわ帰るなら いちばんきれいな笑顔をみせて さよならひとことそう云うだけよ 平気なふりして別れて行くの サンタマリアの鐘が鳴る 許して 許して たすけてと たそがれ街の並木道 風におされてただ歩く  思いあがりねわたしだけ 愛されていたと信じていたの 軽蔑(けいべつ)したでしょあなたはきっと 一生懸命尽したことを 街の灯りに身を投げて 酔いたい 酔いたい 忘れたい 誰れかに夜をあずけたら ちがう明日になりそうよ  サンタマリアの鐘が鳴る 許して 許して たすけてと 春まだあさい星空で 恋におぼれてひとり泣く
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
夜のリズム真木ひでと真木ひでと山口洋子井上忠夫云(い)いよられて 云(い)いよられて 誘われて 誘われて 誘われて 落ちたのよ 夜更け 酒場の すみっこで なんだか この世に たった二人 生きてるような 気がしたの 夢見たような 気がしたの あゝ甘いロックに あゝおだてられて 云(い)いよられて 云(い)いよられて 誘われて その気なんかなかったけど堕ちたのよ  云(い)いよられて 云(い)いよられて 誘われて 誘われて 誘われて 泣いたのよ 恋はつかのま しゃぼん玉 空しいワルツを 踊りながら はじけて消える 街の角 うわさもあとに 残らない あゝ夜のぬくもり あゝわけあって 云(い)いよられて 云(い)いよられて 誘われて やさしかった指のせいで泣いたのよ  あゝわたし好きなら あゝ忘れてね 云(い)いよられて 云(い)いよられて 誘われて 誘われて 誘われて 堕ちたのよ
バラの一枝真木ひでと真木ひでと山口洋子猪又公章愛がほしいと 眼をとじりゃ あなた優しい 絵そらごと 一緒に死のうか いますぐに  いゝの いゝのよ そんな嘘 きけばよけいにつらくなる 男ごころの すきま風  衿にほつれる おくれ髪 同じ東京に 住みながら どうして 逢えない夜がある  帰る背中を 見送って 酒のしずくで 好きとかき 流す涙で 夢とかく  どうせ散る花 恋の花 バラの一枝 抱きしめて 生きる女の 恋の道
悪夢の街真木ひでと真木ひでと山口洋子浜圭介許してよ 許してよ 愛が 愛が 愛が ないならば はなしてよ はなしてよ もつれあって倒れる 影ぼうし 何がいい こんなこと 束の間のぬくもりを追うだけ 愛もなく抱きあう ゆきずりホテル 誰れもがみんな さめるまで狂いたい 悪夢の街  たすけてよ たすけてよ 夢が 夢が 夢が ないならば 逃がしてよ 逃がしてよ 踊りつかれ倒れて 一晩中 何がいい こんなこと 一時のやさしさにおぼれて 朝のない止まり木 まぼろし酒場 誰れもがみんな さめるまで狂いたい 悪夢の街  誰れもがみんな さめるまで狂いたい 悪夢の街
涙の輪舞真木ひでと真木ひでと山口洋子鈴木邦彦愛してほしい お願いだから 戻って来てよ 今すぐここに いつからあんたと他人になった 永すぎるのよ 一人の夜は くわえ煙草も空しいばかり 愛してほしい お馬鹿さんでも 戻って来てよ 涙の輪舞  愛してほしい 昔のように 戻って来てよ 優しい顔で どうしてあんたに女ができた 見も世も捨てて尽くした愛が うるさがられて色褪(あ)せたのね 愛してほしい お馬鹿さんでも 戻って来てよ 涙の輪舞  いつでもあんたは投げやりなのね 片方だけのピアスの意味が ようやくわかった近頃なのよ 愛してほしい お馬鹿さんでも 戻って来てよ 涙の輪舞
札幌ぶるうす真木ひでと真木ひでと山口洋子鈴木淳たばこは おやめよ 口紅(くちべに)も うすめの方が にあうよと 帰るまぎわに 云(い)ったひと ひとり焦(こが)れて 夢を待つ 北の恋街(こいまち) 札幌ぶるうす  噂できいたの 恋人は クラブの若い ママだって ぬれたまつ毛を さり気なく 伏(ふ)せてかくした 片想い 泣いて恋街 札幌ぶるうす  あなたに似(に)ている 甘い声 ささやくように 歌うひと 昨夜(ゆうべ) わたしを 抱いたまま 酔って歌った ラヴソング 夜の恋街 札幌ぶるうす  云(い)われた通りの うす紅(べに)が お酒で褪(あ)せて もう一時 今日も逢えない すすきのに しろい夜ぎりが 舞いおりる ぬれて恋街 札幌ぶるうす
別れの鐘の音五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃竜崎孝路もう何も 言わなくてもいいの あの鐘が鳴り終ったら もうあなた 引きとめなくてもいいの この道をいつかのように わたし独りで帰る かえる アデュー アディオス グッバイと 別れの言葉はあるけれど あなたの小指 血のにじむほどかんだ それがわたしのさよなら 幸せは ほんの少しでいいの 想い出あるから  もう何も 言わなくてもいいの あの鐘のせめて最後を わたし聞かずに帰る かえる アデュー アディオス グッバイと 別れの鐘は鳴るけれど あなたの肩に 頬すりよせて泣いた それがわたしのさよなら 幸せは ほんの少しでいいの 想い出消えない
アメリカ橋平尾昌晃平尾昌晃山口洋子平尾昌晃風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって アメリカ橋のたもと ふと通うぬくもり やるせない恋 埋めた街 角部屋の灯り 石だたみ石だたみ 想い出続く いつかいつか 熱かった青春  君は変わらない 月日は過ぎても 髪を切ったので 少し若くなった アメリカ橋のたもと 黄昏(たそがれ)が間近い 煙草やめたの いつからと それとなくきいて 眼をそらす眼をそらす ガラスのむこう 遠い遠い かえらない青春  アメリカ橋のたもと それじゃと手をあげる そっとコートの衿たてた さり気なさおいて 人の群(むれ)人の群 誰もが他人 はるかはるか あの頃が青春
うそ平尾昌晃平尾昌晃山口洋子平尾昌晃折れた煙草の 吸いがらで あなたの嘘が わかるのよ 誰かいい女(ひと) 出来たのね 出来たのね あー 半年あまりの恋なのに あー エプロン姿がよく似合う 爪もそめずに いてくれと 女があとから 泣けるよな 悲しい嘘の つける人  あなた残した わるいくせ 夜中に電話 かけるくせ 鍵をかけずに ねむるくせ ねむるくせ あー 一緒になる気も ないくせに あー 花嫁衣裳は どうするの 僕は着物が 好きだよと あついくちづけ くれながら 冷たい嘘の つける人  あー あんまり飲んではいけないよ あー 帰りの車も気をつけて ひとりの身体じゃ ないなんて 女がほろりと くるような 優しい嘘の 上手い人
よこはま・たそがれ平尾昌晃平尾昌晃山口洋子平尾昌晃よこはま たそがれ ホテルの小部屋 くちづけ 残り香(が) 煙草のけむり ブルース 口笛 女の涙 あの人は 行って行ってしまった あの人は 行って行ってしまった もう帰らない  裏町 スナック 酔えないお酒 ゆきずり 嘘つき 気まぐれ男 あてない 恋唄 流しのギター あの人は 行って行ってしまった あの人は 行って行ってしまった もうよその人  木枯し 想い出 グレーのコート あきらめ 水色 つめたい夜明け 海鳴り 燈台 一羽のかもめ あの人は 行って行ってしまった あの人は 行って行ってしまった もうおしまいね
千曲川落合博満落合博満山口洋子猪俣公章水の流れに 花びらを そっと浮かべて 泣いたひと 忘れな草に かえらぬ初恋(こい)を 想い出させる 信濃の旅(たび)よ  明日はいずこか 浮き雲に 煙りたなびく 浅間山 呼べどはるかに 都は遠く 秋の風立つ すすきの径(みち)よ  一人たどれば 草笛の 音いろ哀しき 千曲川 よせるさざ波 くれゆく岸に 里の灯ともる 信濃の旅路よ
ブランデーグラス増位山太志郎増位山太志郎山口洋子小谷充これでおよしよ そんなに強くないのに 酔えば酔うほど 淋しくなってしまう 涙ぐんで そっと時計をかくした 女ごころ 痛いほどわかる 指で包んだ まるいグラスの底にも 残り少ない 夢がゆれている  よせばよかった よせばよかったけれど 恋は知らずに 炎えてしまうものだよ 白い小指 ためらいながらからませ 未練ごころ 打ちあけたおまえ 雨はふるふる 部屋の中にも胸にも いつか来そうな 別離を告げて  こころひとつ 傘はふたつにはなれて 逢えば夜は つかの間に過ぎる 雨はふるふる 遠く消えてく背中と いつか来そうな 別離を濡らす
トワイライトレイン夏川玲夏川玲山口洋子櫻田武男馬飼野俊一ワイシャツのボタン 上から三つ はずしたところに くちびるをあてる 可愛い女だなんて 他人行儀な言いかたは きらいよきらい いいえ好き 一緒にいられる時計の針が 愛を刻む 命を刻む たそがれを刻む ああ ブラインドのむこう 街はセピアのトワイライントレイン レイン レイン  女ものの傘が 不思議に似合う あなたの背中が なぜかしら遠い 話のわかる女性(おとな)だなんて ごまかすような言いかたは きらいよきらい いいえ好き ほっと小さなため息つけば 夢が溶ける ドラマが溶ける さよならが溶ける ああ ガラス窓を走る 恋のしずくも トライライトレイン レイン レイン  ほっと小さなため息つけば 夢が溶ける ドラマが溶ける さよならが溶ける ああ ガラス窓を走る 恋のしずくも トライライトレイン レイン レイン
私は京都へ帰ります藤圭子藤圭子山口洋子猪俣公章池多孝春小雨さみしい 博多の街へ 恋した貴方に 会いたくて やって来ました 二年前 鞄一つで 泣いていた まるであの日と 同じよに 私は京都へ帰ります  瞼閉じれば 涙があふれる 想えば悲しい この私 恋ははかなく 死にました 人もまばらな 柳橋 ひえたベンチに 身をおとし このまま死んで しまいたい  雨に流れる 見なれたこの街 ゆれてる灯りの その一つ 夢をあずけた 人がいる 窓のうしろへ うしろへと 未練心が はしります 私は京都へ帰ります
うそ藤圭子藤圭子山口洋子平尾昌晃あかのたちお折れた煙草の 吸いがらで あなたの嘘が わかるのよ 誰かいい女 出来たのね 出来たのね あー 半年あまりの 恋なのに あー エプロン姿が よく似合う 爪もそめずに いてくれと 女があとから 泣けるよな 哀しい嘘の つける人  あなた残した わるいくせ 夜中に電話 かけるくせ 鍵をかけずに ねむるくせ ねむるくせ あー 一緒になる気も ないくせに あー 花嫁衣装は どうするの 僕は着物が 好きだよと あついくちづけ くれながら 冷たい嘘の つける人  あー あんまり飲んでは いけないよ あー 帰りの車も気をつけて ひとりの身体じゃ ないなんて 女がほろりと くるような 優しい嘘の 上手い人
誰もいない海ペギー葉山ペギー葉山山口洋子内藤法美今はもう秋 誰もいない海 知らん顔して 人がゆきすぎても わたしは忘れない 海に約束したから つらくても つらくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 たったひとつの夢が 破れても わたしは忘れない 砂に約束したから 淋しくても 淋しくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 いとしい面影 帰らなくても わたしは忘れない 空に約束したから ひとりでも ひとりでも 死にはしないと  ひとりでも ひとりでも 死にはしないと
アメリカ橋ジェロジェロ山口洋子平尾昌晃鈴木豪風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって アメリカ橋のたもと ふと通うぬくもり やるせない恋 埋めた街 角部屋の灯り 石だたみ石だたみ 想い出続く いつかいつか 熱かった青春  君は変わらない 月日は過ぎても 髪を切ったので 少し若くなった アメリカ橋のたもと 黄昏が間近い 煙草やめたの いつからと それとなくきいて 眼をそらす眼をそらす ガラスのむこう 遠い遠い かえらない青春  アメリカ橋の たもと それじゃと手をあげる そっとコートの衿たてた さり気なさおいて 人の群人の群 誰もが他人 はるかはるか あの頃が青春
みれん五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃中尾唱雨のうら街 ギターがツンと みれん 爪(つま)びきゃ あの夜が恋し 泣いて 泣いて 泣かされた つらい つらい 恋だけど 親のない この私 抱いてくれた胸 ねんねんよ いい娘だと 抱いてくれたひと  北は札幌 いまごろ雪か 南 長崎 風吹く港 遠い 遠い うしろ影 どこで どこで 流れ旅 行く先は 探すなと それが置手紙 さよならも くれないで 逃げていったひと  窓を 窓を 哀しげに ひっそり ひっそり たたく音 木枯らしか 想い出か いいえあのひとか もういちど 逢いたいと 祈る恋ごころ
雪舞橋山川豊山川豊山口洋子平尾昌晃会いたくなったなら この橋へおいでと 片方だけの手袋を そっと差し出した ちらちらちらと はらはらはらと さよならもいえず 残(のこ)り香(が)を頬(ほほ)にあて 泪をかくす しろい別離(わかれ)降り積む 雪舞橋よ  泣きたくなったなら この橋でお泣きと その一言をくれたきり 消えてゆく背中 ちらちらちらと はらはらはらと 想い出が散って くちびるで溶(と)けてゆく あの夜の熱さ しろい愛が降り積む 雪舞橋よ  ちらちらちらと はらはらはらと 面影は遠く 切なさもつのるけど 春まだ遠い しろい命降り積む 雪舞橋よ
アメリカ橋PLATINA LYLIC山川豊PLATINA LYLIC山川豊山口洋子平尾昌晃風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって― アメリカ橋のたもと ふと通うぬくもり やるせない恋 埋(う)めた街 角部屋の灯り 石だたみ石だたみ 想い出続く いつかいつか 熱かった青春  君は変わらない 月日は過ぎても 髪を切ったので 少し若くなった―― アメリカ橋のたもと 黄昏(たそがれ)が間近い 煙草やめたの いつからと それとなくきいて 眼をそらす眼をそらす ガラスのむこう 遠い遠い かえらない青春  アメリカ橋のたもと それじゃと手をあげる そっとコートの衿たてた さり気なさおいて 人の群(むれ)人の群(むれ) 誰もが他人 はるかはるか あの頃が青春
北の旅人弦哲也弦哲也山口洋子弦哲也たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを 待ってると いとしいおまえの 呼ぶ声が 俺の背中で 潮風(かぜ)になる 夜の釧路は 雨になるだろう  ふるい酒場で 噂をきいた 窓のむこうは 木枯まじり 半年まえまで 居たという 泣きぐせ 酒ぐせ 泪ぐせ どこへ去(い)ったか 細い影 夜の函館 霧がつらすぎる  空でちぎれる あの汽笛さえ 泣いて別れる さい果て港 いちどはこの手に 抱きしめて 泣かせてやりたい 思いきり 消えぬ面影 たずねびと 夜の小樽は 雪が肩に舞う
京都夢かざりデューク・エイセスデューク・エイセス山口洋子中村泰士風に乱れた おくれ毛を なおせば夕暮れ 鐘のおと 恋をなくした爪さきが 石のだんだん 下りてくる 八坂 知恩院 青蓮院  もっぺん逢わせて おくれやす 両指そろえて 大文字 恋を流した 鴨川は 泪灯りを のせて去く 祇園まつりの 宵宮に  ほそくやつれた ぬき衿に ひとひら桜が 散った夜 恋を見つけた あのころは うちもつぼみの 夢かざり 花の円山 建仁寺
噂の女前川清前川清山口洋子猪俣公章女心の悲しさなんて わかりゃしないわ 世間の人に 止して 止してよ なぐさめなんか 嘘と泪のしみついた どうせ私は噂の女  はなさないでと甘える指に 男心はいつでも遠い そうよ そうなの 昨日の夜も すがりつきたい あの人に 夢を消された噂の女  街の噂に追われて泣けば 褪せてみえます くちびるさえも つらい つらいわ つめたい青春(はる)を 怨むことさえあきらめた 弱い私は噂の女
千曲川西方裕之西方裕之山口洋子猪俣公章水の流れに 花びらを そっと浮かべて 泣いたひと 忘れな草にかえらぬ初恋(こい)を 想い出させる 信濃の旅よ  明日はいずこか 浮き雲に 煙りたなびく 浅間山 呼べどはるかに 都は遠く 秋の風立つ すすきの径(みち)よ  一人たどれば 草笛の 音(ね)いろ哀しき 千曲川 よせるさざ波 くれゆく岸に 里の灯ともる 信濃の旅路よ
よこはま・たそがれ石原裕次郎石原裕次郎山口洋子平尾昌晃よこはま たそがれ ホテルの小部屋 くちづけ 残り香 煙草のけむり ブルース 口笛 女の涙 あの人は 行って 行って しまった あの人は 行って 行って しまった もう帰らない  裏町 スナック 酔えないお酒 ゆきずり 嘘つき 気まぐれ男 あてない 恋唄 流しのギター あの人は 行って 行って しまった あの人は 行って 行って しまった もうよその人  木枯らし 想い出 グレーのコート あきらめ 水色 つめたい夜明け 海鳴り 燈台 一羽のかもめ あの人は 行って 行って しまった あの人は 行って 行って しまった もうおしまいね
誰もいない海石原裕次郎石原裕次郎山口洋子内藤法美今はもう秋 誰もいない海 知らん顔して 人がゆきすぎても わたしは忘れない 海に約束したから つらくても つらくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 たったひとつの 夢が破れても わたしは忘れない 砂に約束したから 淋しくても 淋しくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 いとしい面影 帰らなくても わたしは忘れない 空に約束したから ひとりでも ひとりでも 死にはしないと
ブランデーグラスPLATINA LYLIC石原裕次郎PLATINA LYLIC石原裕次郎山口洋子小谷充これでおよしよ そんなに強くないのに 酔えば酔うほど 淋しくなってしまう 涙ぐんで そっと時計をかくした 女ごころ 痛いほどわかる 指で包んだ まるいグラスの底にも 残り少ない 夢がゆれている  よせばよかった よせばよかったけれど 恋は知らずに 炎えてしまうものだよ 白い小指 ためらいながらからませ 未練ごころ 打ちあけたおまえ 雨はふるふる 部屋の中にも胸にも いつか来そうな 別離(わかれ)を告げて  こころひとつ 傘はふたつにはなれて 逢えば夜は つかの間に過ぎる 雨はふるふる 遠く消えてく背中と いつか来そうな 別離を濡らす
港のちぎれ雲杉良太郎杉良太郎山口洋子弦哲也ふるさとを聞くな 生まれも育ちも かもめで飛んで 出船で去って 片手であばよ――― 港の秋雲 ちぎれ雲 それがいまの俺 一度惚れたら その女性(ひと)の 幸せだけを ただ祈る  想い出を聞くな 好きじゃないんだ ふりむきゃ一つ 教えて三つ 傷あとばかり――― 夕焼け夢雲 はぐれ雲 気ままで身まま 言葉少なく 頷いて 離した指が 熱かった  行く先を聞くな 泪は苦手だ 汽笛が吠えて 桟橋(さんばし)揺れて 別離(わかれ)が残る――― 月夜の旅雲 迷い雲 影だけ連れて たったひとつの 手荷物は 情で結んだ 契り花
一度だけならGOLD LYLIC野村将希GOLD LYLIC野村将希山口洋子猪俣公章一度だけなら 許してあげる 好きな貴方の 嘘だもの 騙されましょう 聞かぬふりして 許してあげる  一度だけなら 酔わせてあげる 飲みたいでしょうよ 辛いのね 夢がこわれた おとこのこころ 酔わせてあげる  一度だけなら 忘れてあげる ほんの短い 気まぐれと あの人のこと 水に流して 忘れてあげる  一度だけなら 愛してあげる たとえ明日は 泣こうとも 今日に生きるわ 胸を焦がして 愛してあげる
罪の色錦野旦錦野旦山口洋子平尾昌晃森岡賢一郎好きなタイプじゃなかったけれど 誘われるままなびいてみたの 悪いと私は思わない 云い訳なんかしたくない みんなあなたが冷たいせいだから  だめ だめなのよ あなたに弱い 恋 恋だから 私はつらい  好きなタイプじゃなかったけれど 夜に隠れて遊んでみたの 気まぐれだったとは思わない お酒のせいにしたくない いつもあなたに逢えないせいだから  だめ だめなのよ あなたに弱い 恋 恋だから 私はつらい  好きなタイプじゃなかったけれど 罪の思い出つくってみたの 真赤に燃えてる胸の傷 痛くはないの熱いだけ 女は誰でも秘密をもちたいの  だめ だめなのよ あなたに弱い 恋 恋だから 私はつらい
待っている女ジェロジェロ山口洋子藤本卓也鈴木豪消え残る 街あかり 女は待ってる 肩すぼめ 衿を立て 冷たい ほら風の中 頬つたう ひとしずく 女は泣いてる 三日月は 片想い 冷たく ほらビルの上 あー あの人は来ない あー 恋は終わりか これきりで このままで 落葉が舞うよに… 淋しげな あの女 あそこで ほら待っている 遠ざかる 二人連れ 女は見送る その先は 曲り角 冷たい ほら夜の道 あーあの人は何処に あー 夢は散るのか この胸で この指で 約束したのに… 霧の中 あの女 いつまでも ほら待っている
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
理由中条きよし中条きよし山口洋子平尾昌晃池多孝春あのひとと別れた理由(わけ)は 何んでもないの 夜明けに帰って来た彼の 背広についてた口紅が 許せなかっただけのこと マージャンしてたと言いわけも 投げ出すように冷たくて 熱いコーヒー いれながら もうおしまいねと 泣きました  あのひとと別れた理由(わけ)は 何んでもないの 夜中にかかって来た電話 あのひと出してと親しげな 若い女の笑い声 誰よと責めても答えない 煙草輪にする横顔に 男ごころを見たようで もうこれきりねと 泣きました  あのひとと別れた理由(わけ)は 何んでもないの お休みぐらいは家(うち)にいて ふたりでゆっくりしましょうと 甘い約束したあとで 仕事があるよと新しい ネクタイしめて行く背中 扉(ドア)にもたれて見送って もう今日かぎりと 泣きました
よこはま・たそがれ青江三奈青江三奈山口洋子平尾昌晃よこはま たそがれ ホテルの小部屋 口づけ 残り香 煙草のけむり ブルース 口笛 女の涙 あの人は行って行ってしまった あの人は行って行ってしまった もう帰らない  裏町スナック 酔えないお酒 行きずり 嘘つき 気まぐれ男 あてない恋唄 流しのギター あの人は行って行ってしまった あの人は行って行ってしまった もうよその人  木枯らし想い出 グレーのコート あきらめ 水色 つめたい夜明け 海鳴り 灯台 一羽のかもめ あの人は行って行ってしまった あの人は行って行ってしまった もうおしまいね
遠い灯り三善英史三善英史山口洋子四方章人さよならね さよならと 別れ道まで来たけれど この指がはなれない 何故なら恋だもの 灯りが見えるわ あの部屋に あなたを待ってる 影がうつるわ 明日(あす)また逢えると 涙ぐむわたし  いつまでも いつまでも 忘れないわと眼を伏せて ただ独り帰るのよ 何故なら恋だもの 泣き顔なおした 水たまり 知ってる人にも 顔をそむけて 切ない想いに 耐えているわたし  哀しいいたずら 別れぎわ あなたはこよりの 指輪をくれた はかない夢でも わたしにはいのち
おんなは女平浩二平浩二山口洋子筒美京平誰が決めたの 女が泣くと 男のあなたは 笑うでしょうが 愛することは 燃えること 愛することは 憎むこと そうよ 迷うことなの 女はいつでも 夢をみる 終りに泣くのを 知ってはいても  誰が決めたの 別れが来ると さよならひとつで 女は死ねる 愛することは 耐えること 愛することは すがること そうよ 生きることなの 女はいつでも 待っている 気まぐれみたいな くちづけを  愛することは 耐えること 愛することは すがること そうよ 生きることなの 女はいつでも 待っている 気まぐれみたいな くちづけを
もう一度逢いたいGOLD LYLIC八代亜紀GOLD LYLIC八代亜紀山口洋子野崎真一竜崎孝路あんな男と 言いながら 今日も来ました 港町 波のむこうは また波ばかりの 片想い さようならも 聞こえない 情なしの うつり気の 後影 もう一度 逢いたい  泣けば鴎も まねをして あなた呼んでる 別れ町 うらむことさえ 出来ない女の ほつれ髪 咲いて散る 赤い花 酔いどれて 泣きぬれて 追いかけて もう一度 逢いたい  夢は引き潮 想い出も 潮風(かぜ)と逃げてく 出船町 ブイの宿命(さだめ)か 浮いては沈んで 流されて 縋(すが)りつく 恋ごころ 別れても はなれても 愛してる もう一度 逢いたい
うしろ姿GOLD LYLIC矢吹健GOLD LYLIC矢吹健山口洋子藤本卓也藤本卓也帰っちゃいやと 言えないあたし 今夜もくるとは 言わないあなた なんでもないよな 顔をして 足音だけが 遠ざかる あゝうしろ姿は 他人でも ゆうべのあなたは あたしの あたしの あたしのもの  気ままな夜に ついさそわれて ともしたあかり あたしの命 あなたは遊びと 言うけれど 遊びじゃ恋は できないわ あゝ 今朝のあなたは 他人でも ゆうべのあなたは あたしの あたしの あたしのもの  二人でいても 淋しい夜を 一人にさせた あなたが憎い 誰もいない この部屋の 灯りをつけて 恋を消す あゝ別れ言葉は 他人でも ゆうべのあなたは あたしの あたしの あたしのもの
うしろ姿チャン・ウンスクチャン・ウンスク山口洋子藤本卓也帰っちゃいやと 言えないあたし 今夜もくるとは 言わないあなた なんでもないよな 顔をして 足音だけが 遠ざかる あゝうしろ姿は 他人でも ゆうべの あなたは あたしのあたしの あたしのもの  気ままな夜に ついさそわれて ともしたあかり あたしの命 あなたは遊びと 言うけれど 遊びじゃ恋は できないわ あゝ今朝のあなたは 他人でも ゆうべの あなたは あたしのあたしの あたしのもの  二人でいても 淋しい夜を 一人にさせた あなたが憎い 誰もいない この部屋の 灯りをつけて 恋を消す あゝ別れの言葉は 他人でも ゆうべの あなたは あたしのあたしの あたしのもの
誰もいない海あべ静江あべ静江山口洋子内藤法美今はもう秋 誰もいない海 知らん顔して 人がゆきすぎても わたしは忘れない 海に約束したから つらくても つらくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 たった一つの 夢が破れても わたしは忘れない 砂に約束したから 淋しくても 淋しくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 いとしい面影 帰らなくても わたしは忘れない 空に約束したから ひとりでも ひとりでも 死にはしないと
私は泣かない清水由貴子清水由貴子山口洋子都倉俊一音もなく降りつづく雪 やさしくそして悲しい あなたは何をしているだろう この胸の痛みがわかりますか 誓いあったあの木が 今日は見えないけれど 二人の真心 この愛だけはもう離さない 私は泣かない 愛する事は生きる事なの  あの唄を一人で歌う つらい日そして長い日 あなたの事を思いつづける この熱い祈りが届きますか  どんな弱いものにも 一途な命があるの 二人の真心 この愛だけはもう離さない 私は泣かない 愛する事は生きる事なの  どんな弱いものにも 一途な命があるの 二人の真心 この愛だけはもう離さない 私は泣かない 愛する事は生きる事なの
うそ五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃竜崎孝路折れた煙草の 吸いがらで あなたの嘘が わかるのよ 誰かいい女 出来たのね 出来たのね あー 半年あまりの 恋なのに あー エプロン姿が よく似合う 爪もそめずに いてくれと 女があとから 泣けるよな 哀しい嘘の つける人  あなた残した わるいくせ 夜中に電話 かけるくせ 鍵をかけずに ねむるくせ ねむるくせ あー 一緒になる気も ないくせに あー 花嫁衣装は どうするの 僕は着物が 好きだよと あついくちづけ くれながら 冷たい嘘の つける人  あー あんまり飲んでは いけないよ あー 帰りの車も 気をつけて ひとりの身体じゃ ないなんて 女がほろりと くるような 優しい嘘の 上手い人
雨は降る降るあいざき進也あいざき進也山口洋子加瀬邦彦いきがって悪ぶってキッスだけで別れた 冗談がすぎるわと 怒った横顔 歩きはじめた背中 強くひとつたたいて 顔も見たくないわと 走っていったね 灰色にとざされた 心の街角 雨は降る降る 雨は降る降る アー 胸をぬらして 雨は降る降る 雨は降る降る アー 泣きながら  ゆきずりに誘われて 恋にくるってみたのさ それだって遊びには ならないけれども 口紅が赤すぎて 君を思い出すだけ 夜だけが知らん顔で すべってゆくよ おねがいさ 銀の糸 想い出をつないで  雨は降る降る 雨は降る降る アー 君はいまごろ 雨は降る降る 雨は降る降る アー どこにいる  雨は降る降る 雨は降る降る アー 君はいまごろ 雨は降る降る 雨は降る降る アー どこにいる
待っている女~英語バージョン~五木ひろし五木ひろし山口洋子藤本卓也鈴木豪Lights still linger on in the night on town, (a) woman is waiting all the way Hunch against the cold, turned the collars up, there she stands alone in freezing lonely wind Ah, a line of tears coming down the cheek, (a) woman is crying all the way And the Crescent moon is one-sided love seems so freezing, hovering over the lights Ah, am I waiting for him in vain, ah, is this going to be the end? This will be the last, nothing can help it, almost like the last falling leaf See the lonely one waiting over there, waiting all alone still standing by herself  See the couple go moving far away, (a) woman is staying all the way At the end of street, just around the bend, and it is a freezing street among the night Ah, let me know where my love could be, ah is this an almost helpless dream Oh deep in my heart, with our fingers crossed, even though a promise is made Standing in the fog, (the) woman still awaits, she will be forever waiting by herself
面影の女チャダチャダ山口洋子猪俣公章他人の妻です 許してと 別れ言葉が 心に痛い つらい噂に 負けて別れた 意気地なしだよ この俺は 呼べどはるかな 面影の女  未練しぶきに 濡れながら ひとりたたずむ さいはての港 一度生まれりゃ 二度ない生命 恋に賭けよと 生きようと 想いひとすじ 面影の女  赤く泣いてる 夕焼けは 男ごころか かなわぬ恋の たかが一人の 女じゃないか 胸に聞かせて はらはらと 涙あふれる 面影の女
エンドレス伊東ゆかり伊東ゆかり山口洋子都倉俊一片手をちょっとふるだけで 男のひとって 別離と自由 手に入れるのね 想い出おきざりにして 気まぐれなくせはもう 昔から 知ってはいたけど あふれる涙をおさえかねて 少し泣いたわ  女の心をすべりぬける 男はいつでも 青い嵐 さよならからの人生 あのひとは気ままに生きるのね  着なれたシャツとサングラス 他には何にも 忘れものなどないというのね 最後のくちづけさえも 放(ほ)っといてくれるのが 親切と 言われていたけど つめたさばかりを夢中で 愛しすぎたのね  女の心を走りすぎる 男はいつでも 青い嵐 さよならからの人生 あのひとはすてきに生きるのね  女の心を通りすぎる 男はいつでも 青い嵐 さよならからの人生 またひとつはじまる エンドレス
夜空青江三奈青江三奈山口洋子平尾昌晃あの娘(こ) どこにいるのやら 星空のつづく あの町あたりか 細い風の口笛が 恋の傷あとにしみる ああ あきらめた恋だから なおさら 逢いたい逢いたい もう一度 夜は いつもひとりぼっち  あの娘 帰っておいでと 流れ星にのせ そっと呼んでみた だれも答えはしないよ 白い花が散るばかり あああ とどかない夢だから なおさら 淋(さび)しい淋しい この胸よ 夜空 遠く果てしない
うそ青江三奈青江三奈山口洋子平尾昌晃折れた煙草の 吸いがらで あなたの嘘が わかるのよ 誰かいい女(ひと) 出来たのね 出来たのね あー 半年あまりの 恋なのに あー エプロン姿が よく似合う 爪もそめずに いてくれと 女があとから 泣けるよな 哀(かな)しい嘘の つける人  あなた残した わるいくせ 夜中に電話 かけるくせ 鍵をかけずに ねむるくせ ねむるくせ あー 一緒になる気も ないくせに あー 花嫁衣装は どうするの 僕は着物が 好きだよと あついくちづけ くれながら 冷たい嘘の つける人  あー あんまり飲んでは いけないよ あー 帰りの車も 気をつけて ひとりの身体じゃ ないなんて 女がほろりと くるような 優しい嘘の うまい人
夜空GOLD LYLIC五木ひろしGOLD LYLIC五木ひろし山口洋子平尾昌晃あの娘 どこに居るのやら 星空の続く あの町あたりか 細い風の口笛が 恋の傷あとにしみる あー あきらめた恋だから なおさら 逢いたい 逢いたい もう一度 夜は いつも 独りぼっち  あの娘 帰っておいでと 流れ星に乗せ そっと呼んでみた 誰も答えはしないよ 白い花が散るばかり あー とどかない夢だから なおさら 淋しい 淋しい この胸よ 夜空 遠く 果てしない
ふるさとGOLD LYLIC五木ひろしGOLD LYLIC五木ひろし山口洋子平尾昌晃祭りも近いと 汽笛は呼ぶが 洗いざらしの Gパンひとつ 白い花咲く 故郷(ふるさと)が 日暮りゃ恋しく なるばかり  小川のせせらぎ 帰りの道で 妹ととりあった 赤い野苺 緑の谷間 なだらかに 仔馬は集い 鳥はなく あー誰にも 故郷がある 故郷がある  お嫁にゆかずに あなたのことを 待っていますと 優しい便り 隣の村でも いまごろは 杏の花の まっさかり  赤いネオンの 空見上げれば 月の光が はるかに遠い 風に吹かれりゃ しみじみと 想い出します 囲炉裏ばた あー誰にも 故郷がある 故郷がある
千曲川PLATINA LYLIC五木ひろしPLATINA LYLIC五木ひろし山口洋子猪俣公章水の流れに 花びらを そっと浮かべて 泣いたひと 忘れな草に かえらぬ初恋を 想い出させる 信濃の旅よ  明日はいずこか 浮き雲に 煙りたなびく 浅間山 呼べどはるかに 都は遠く 秋の風立つ すすきの径よ  一人たどれば 草笛の 音いろ哀しき 千曲川 よせるさざ波 くれゆく岸に 里の灯ともる 信濃の旅路よ
夜空ジェロジェロ山口洋子平尾昌晃鈴木豪あの娘 どこに居るのやら 星空の続く あの町あたりか 細い風の口笛が 恋の傷あとにしみる あー あきらめた恋だから なおさら 逢いたい 逢いたい もう一度 夜は いつも 独りぼっち  あの娘 帰っておいでと 流れ星に乗せ そっと呼んでみた 誰も答えはしないよ 白い花が散るばかり あー とどかない夢だから なおさら 淋しい 淋しい この胸よ 夜空 遠く果てしない
誰もいない海本田路津子本田路津子山口洋子内藤法美石川鷹彦いまはもう秋 だれもいない海 しらん顔して 人がゆきすぎても わたしは忘れない 海に約束したから つらくても つらくても 死にはしないと  いまはもう秋 だれもいない海 たった一つの夢が やぶれても わたしは忘れない 砂に約束したから 淋しくても 淋しくても 死にはしないと  いまはもう秋 だれもいない海 いとしい面影 帰らなくても わたしは忘れない 空に約束したから ひとりでも ひとりでも 死にはしないと
東西南北ひとり旅ジェロジェロ山口洋子吉田正吉田正あの娘いるとこ 南長崎 花とザボンの 港まち 指きりひとつ おいたまま 船はどこゆく えー 東西南北 気まま旅  俺の生まれは 西の大阪 赤いネオンの 千日前よ 着たきり雀 風来坊 夢にはぐれて えー 東西南北 迷い旅  遠く流れて 北の札幌 鐘が鳴ります 時計台 凍てつくような 星空に 背中まるめて えー 東西南北 ひとり旅
ブランデーグラス杉良太郎杉良太郎山口洋子小谷充これでおよしよ そんなに強くないのに 酔えば酔うほど 淋しくなってしまう 涙ぐんで そっと時計をかくした 女ごころ 痛いほどわかる 指で包んだ まるいグラスの底にも 残り少ない 夢がゆれている  よせばよかった よせばよかったけれど 恋は知らずに 炎えてしまうものだよ 白い小指 ためらいながらからませ 未練ごころ 打ちあけたおまえ 雨はふるふる 部屋の中にも胸にも いつか来そうな 別離を告げて  こころひとつ 傘はふたつにはなれて 逢えば夜は つかの間に過ぎる 雨はふるふる 遠く消えてく背中と いつか来そうな 別離を濡らす
よこがお梓みちよ梓みちよ山口洋子宮川泰煙草がわりに 小指をかんで 一生けんめい 可愛いく見せるのよ あなたに 私の話を あと五分 だまって 聞いてて ほしいのよ 今夜のあなたは いじわるね 誰か待たせて いるみたい ちょっと気になる 何故か気になる そのそぶり  折れたマッチで えがいた夢は 赤いお屋根 小さなふたりだけのお家 少女趣味さと わらわれて 淋しく伏せてる 濡れまつ毛 嘘でもいいから 好きだよと 抱かれたいのよ 恋ごころ 外は雨でしょ お茶を入れるわ もう一度  おねがいこの指 このままで 帰したくない よこがおに 夜の終りが 夜の終りが かいてある
淋しがりや梓みちよ梓みちよ山口洋子平尾昌晃雨のしずくを百まで 数える淋しがりや 窓のガラスに似顔絵 書いてる淋しがりや 恋はなにいろ 嘘のいろ 嘘はなにいろ 夢のいろ 夢はなにいろ 涙いろ 涙いろ 名前も知らない 小さなクラブ そんな淋しいところで あなた 一緒に飲んでくれませんか  胸のどこかにピエロが 住んでる淋しがりや 他人(ひと)のまえでは陽気に 騒げる淋しがりや 恋はなにいろ 罪のいろ 罪はなにいろ 夜のいろ 夜はなにいろ 涙いろ 涙いろ 名前も知らない 夕やけの街 そんな淋しいところへ あなた 一緒に行ってくれませんか  名前も知らない 夕やけの街 そんな淋しいところへ あなた 一緒に行ってくれませんか
あかいサルビア梓みちよ梓みちよ山口洋子平尾昌晃あかいサルビア 逃げた恋の花びら ひとつふたつ 甘い想い出 幸せだった あかいサルビア こんな雨の夜更けは いつもちょっと センチになるの ひと恋しくて そうよいちばん 愛してる彼氏(ひと)とは なぜかしらだめなの 結ばれないのね 世の中なんて  あかいサルビア 燃えた恋の花びら 夢で咲いて 嘘で散るのよ わたしはひとり あかいサルビア 髪を切ってみたのよ 恋に弱い 女ごころを たち切るように いやに煙りが しみちゃう瞼に 大人ですもの かまわないでね 涙じゃないの あかいサルビア 哀しみに散っても 胸にきっと咲くでしょ 春が来たなら 恋と一緒に
面影の郷五木ひろし五木ひろし山口洋子猪俣公章池多孝春道ばたに名もなく こぼれた花を 愛しんで摘んでた しろい横顔 幸せになってと 重ねた指を 潮風がゆらせた 面影の郷(さと)よ  瞳(め)をとじて思えば こんなに近い 初恋はふるさと 男ごころの 肩よせてかくれた 木立の陰で ふと触れたくちびる 面影の郷よ  夕やけの若狭は 潮騒さえも あのひとの優しい 声できこえる あかあかと落ちる陽 彼方に炎える この心とどけよ 面影の郷に
サハラ砂漠バーブ佐竹バーブ佐竹山口洋子杉園親誠別ればなしなら 灯りを消して こんな泣き顔を 見られたくないのよ 時計したままで 抱きよせられて 恋の去(い)く音を 数えている わたし 惚れただけでは 一緒になれない 寂しい同志の かわいた心が MuybuenanocheLamento(ムイブエナノーチェラメント) おいでもっと傍へ 寒くないかと 優しい指先が なみだ忘れさせる  覚えているかしら ズボンの折りめ 二つつけていた あの朝のできごと 恋も別れ道 愛もふたすじ そっと背を抱いて 泪ぐんだ わたし 別れまぎわの つらいひととき 旅人同志の かわいた心が MuybuenanocheLamento(ムイブエナノーチェラメント) いいえうらまないわ 幸せだった いっそ死のうかと 言ってくれた あなた  冷えたからだと 夢をよせあう 男と女の かわいた心が MuybuenanocheLamento(ムイブエナノーチェラメント) そうよきっと わたし 遠いあなたの 愛のぬくもりを 信じながら生きる
望郷歌バーブ佐竹バーブ佐竹山口洋子猪俣公章生まれたところで 死にたい あの鳥のように 生まれたところで 死にたい 浮き雲のように 西の空は夕焼けだよ ふるさとのふところ 海をこえて 山をこえて はるばると帰ろう  生まれたところで 死にたい 初恋に抱かれて 生まれたところで 死にたい ほほえみ浮かべて ひとも空も汚れちまった 都会なんか捨てて 青春(ゆめ)をこえて 歳月(とき)をこえて はるばると帰ろう  生まれたところが 呼んでる 木枯になって 生まれたままで お帰り 裸足でもいいと 遊び疲れ泣いてもどる おさな子のように 忘れかけた 歌をききに はるばると帰ろう
誰もいない海五輪真弓五輪真弓山口洋子内藤法美大谷和夫今はもう秋 誰もいない海 知らん顔して 人がゆきすぎても わたしは忘れない 海に約束したから つらくても つらくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 たったひとつの 夢がやぶれても わたしは忘れない 砂に約束したから 淋しくても 淋しくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 いとしい面影 帰らなくても わたしは忘れない 空に約束したから ひとりでも ひとりでも 死にはしないと  ひとりでも ひとりでも 死にはしないと
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
晩夏内山田洋とクール・ファイブ内山田洋とクール・ファイブ山口洋子野々卓也夏は行く 足音もたてず 秋は来る 灰色の街に あなたは行く 私を捨てて 別れは来る 夕闇の果てに どうしていつでも 東京の恋は 短いろうそく 点すように 燃えつつ消えてしまうのでしょうか  愛は去る しかたないことね 夢は散る もういいじゃないの 男は云う 氷のように 女は泣く 濡れた花のように どうしてあんなに だまされながら どこかに真実 あるようで 冷い道を 歩くのでしょうか
誰もいない海GOLD LYLICトワ・エ・モワGOLD LYLICトワ・エ・モワ山口洋子内藤法美今はもう秋 誰もいない海 知らん顔して 人がゆきすぎても わたしは忘れない 海に約束したから つらくても つらくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 たった一つの夢が 破れても わたしは忘れない 砂に約束したから 淋しくても 淋しくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 いとしい面影 帰らなくても わたしは忘れない 空に約束したから ひとりでも ひとりでも 死にはしないと  ひとりでも ひとりでも 死にはしないと
風が泣くとき中条きよし中条きよし山口洋子北林研一小杉仁三風に誘われ 男は歌うよ 闇に凍えて 身を切る 木枯らしに乗せて ひとときだけ帰る 想い出の歌は 寂しい男の 流し歌  風と一緒に 男は走るよ きいてくれるな 俺たち 行く先は闇さ はぐれたもの同志 ぬくもりを逃げて つめたい日陰を 生きて行く  風に吹かれて 男はわらうよ 知らず知らずに こころを かわかせたままで 恋も夢も過去も 口笛で捨てた 気がつきゃ独りの はぐれ道  風に押されて 男は旅立つ 死んでたまるか おまえに 会うまではきっと ひとつだけの命 この腕に抱いて 見上げりゃ遠くに 夜明け星
北の旅人杉良太郎杉良太郎山口洋子弦哲也たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを 待ってると いとしいおまえの 呼ぶ声が 俺の背中で 潮風(かぜ)になる 夜の釧路は 雨になるだろう  ふるい酒場で 噂をきいた 窓のむこうは 木枯まじり 半年まえまで 居たという 泣きぐせ 酒ぐせ 泪ぐせ どこへ去(い)ったか 細い影 夜の函館 霧がつらすぎる  空でちぎれる あの汽笛さえ 泣いて別れる さい果て港 いちどはこの手に 抱きしめて 泣かせてやりたい 思いきり 消えぬ面影 たずねびと 夜の小樽は 雪が肩に舞う
よこがおO'sO's山口洋子宮川奏水島康貴煙草がわりに 小指をかんで 一生けんめい 可愛いく見せるのよあなたに 私の話をあと五分 だまって聞いててほしいのよ 今夜のあなたは いじわるね 誰か待たせているみたい ちょっと気になる 何故か気になる そのそぶり  折れたマッチで えがいた夢は 赤お屋根 小さなふたりだけの家 少女趣味さと わらわれて 淋しく伏せてる 濡れまつ毛 嘘でもいいから 好きだよと 抱かれたいのよ 恋ごころ 外は雨でしょ お茶を入れるわ もう一度
北の旅人永井裕子永井裕子山口洋子弦哲也丸山雅仁たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを 待ってると いとしい おまえの 呼ぶ声が 俺の背中で 潮風(かぜ)になる 夜の釧路は 雨になるだろう  ふるい酒場で 噂をきいた 窓のむこうは 木枯まじり 半年まえまで 居たという 泣きぐせ 酒ぐせ 泪ぐせ どこへ去(い)ったか 細い影 夜の函館 霧がつらすぎる  空でちぎれる あの汽笛さえ 泣いて別れる さい果て港 いちどはこの手に 抱きしめて 泣かせてやりたい 思いきり 消えぬ面影 たずねびと 夜の小樽は 雪が肩に舞う
哀愁行路森進一森進一山口洋子平尾昌晃窓をたたき 泪ぐんでたおまえ こんな別離 許せないわと泣いた なにもいわずに俺は 片手をあげただけで 別れ別れになった 哀愁行路 愛しているというだけでは 生きられないさ それが運命さ カモメ舞うあの街 片すみのぬくもり 捨ててひとり旅に出る俺を 許してくれ  ベルが鳴って 汽車はホームをはなれ ひとつ残る 影もかすんで消えた いつかセピアに褪せる 笑顔の写真持って はなればなれに歩く 哀愁行路 愛しているというだけでは 生きられないさ それが宿命さ どうせ根無し草の 気まぐれがいつかは 夢に疲れ果てて もどる日を 祈ってくれ  カモメ舞うあの街 片すみのぬくもり 捨ててひとり旅に出る俺を 許してくれ
ふたりの旅路五木ひろし五木ひろし山口洋子猪俣公章つらい別離が あるのなら いっそ死にたい この海で 窓をふるわす さい果ての 船の汽笛を ききながら 泣いて 泣いて 泣いて どうなる 旅に出た ふたり  他人は 噂を するけれど わたしばかりが なぜわるい 甘い言葉も つい愚痴に かわる女の 涙ぐせ 明日は 明日は 明日は どこやら あてもない ふたり  ひとつななめに 流れ星 恋の闇夜に 消えてゆく 燃えてみじかい 人生を 落ちてゆくのが 運命なら いのち いのち いのち あずけて どこまでも ふたり
ひとり暮らしが淋しくて小林旭小林旭山口洋子森田公一おまえと別れて 一年過ぎた 元気でいるかい 変りはないかい 酒に酔ったり 独りになると 眼に浮かぶ 眼に浮かぶ 何もなくても‥‥ 幸せだった 二人の月日が  たしかに荒れてた 昔の俺は おまえにずいぶん 苦労もさせたね 今も変らず ひとり暮らしさ あの部屋も あの部屋も もとのまんまさ…‥ おまえの植えた サルビアもそのまま  未練で云うのじゃ さらさらないが もいちど出なおす 気持はないかい そばでだまって 居てくれるだけ それでいい それでいい 俺の傷あと…‥ 縫える女は おまえしかいないよ
ホームシックブルース小林旭小林旭山口洋子森田公一仔馬もブランコも みんなねむって 誰あれもいない 小さな公園 こわれたベンチに 腰かけて ちょっと口笛 ふいてみた アー ホームシック ホームシック ホームシック ブルース  可愛いいあの娘は 元気だろうか 瞼のむこうに ゆれてる浜なす 夜空に浮かべた 船の数 北の港は 波しぶき アー ホームシック ホームシック ホームシック ブルース  なくなよ野良犬 俺も仲間さ はぐれて生きる 夢にも恋にも 強がる奴ほど ほんとうは 淋しがりやの 泣き虫さ アー ホームシック ホームシック ホームシック ブルース  ほこりにまみれた 俺のこころに 流しの遠い ギターがしみるよ 駅前ネオンの 灯も消えて 故里(くに)と同んなじ 月あかり アー ホームシック ホームシック ホームシック ブルース
ウォーキング マイ ライフ日吉ミミ日吉ミミ山口洋子円広志宮崎慎二花瓶の赤いバラ 一輪とって ぽけっとに差せば 青春にかえる  微笑みと泪しか知らなかった あの頃 平気でいえたよ 愛していると  恋もしたし 夢もみた 別離もあった それなりの愛に 出逢いながら 男女は 生きるのよ 歩くのよ Walking my life  やせたり太ったり いろんな顔が 歌声と一緒に 青春にもどる  ほどほどの幸せが はずかしくなる おたがい 勇気があったね 手ぶらのままで  星もみたし 月もみた 小雨もあった それなりの色に そまりながら 男女は 生きるのよ 歩くのよ Walking my life 夏もあるし 冬もある 嵐もあった それなりの刻を まといつけて 男女は 生きるのよ 歩くのよ Walking my life  Walking my life Walking Walking my life
二枚の落ち葉日吉ミミ日吉ミミ山口洋子猪俣公章前田俊明冬の日溜まり 夏には木陰 二枚に重なり 今日も肩寄せて 冷たいばかりの 他人の街で 夢のかけらをあたためる あんたとようやく 照れずにいえて 坂道人生 二人で生きる  雨を横切り 嵐を避けて 夜道の遠さに そっと手をにぎる 厳しさ続きの ネオンの底で 一杯二杯の酒の数 そろそろおよしと 眼だけで教え 苦労はあるけど 二人で生きる  秋は龍胆 春には椿 季節の折ふし いつも微笑んで 時間に追われる 暮らしのなかで つくる想い出花づくり 空いてるボトルに ひと枝差して 幸せたしかめ 二人で生きる
深夜旅情敏いとうとハッピー&ブルー敏いとうとハッピー&ブルー山口洋子佐々木勉竜崎孝路ひっそり逢って ひっそり抱かれ ひっそり酔って ひっそり帰る かなしい女の夜の旅  チラッと時計みるあなた さっきのことが嘘みたい コートの上から優しく抱かれて おざなりのくちづけ ああ 私いつまでたっても上手に さよならが云えない だって だって別れるときがいちばん 好きになるのよ ひっそり逢って ひっそり抱かれ ひっそり酔って ひっそり帰る みじかい女の夜の旅  くるっと背中むけてゆく 約束さえもくれないで 落葉がまるまり歩道を走る ハイヒールのつまさき ああ 私ちかごろ独りになると センチメンタルみたい こんな こんな大人の恋がどこかで 割りきれないの ひっそり炎えて ひっそり別れ ひっそり泣いて ひっそり帰る はかない女の夜の旅  ひっそり逢って ひっそり抱かれ ひっそり酔って ひっそり帰る かなしい女の夜の旅
おもかげ星堀江美都子堀江美都子山口洋子宮川泰宮川泰見つめて下さい 寂しいときは 呼んで下さい どこかでそっと  ひとつは 愛 ひとつは 夢 ひとつは 泪 ひとつは サーシャ ほほえみだけで 別れた人を わたしはいつも 忘れない 見つめて下さい 寂しいときは 呼んで下さい どこかでそっと  ひとつは 恋 ひとつは kiss ひとつは 昨日(むかし) ひとつは 明日(みらい) かならず逢える 愛さえあれば おもかげ星が あるかぎり 見つめて下さい 寂しいときは 呼んで下さい どこかでそっと
冬花火中条きよし中条きよし山口洋子浜圭介溝淵新一郎夜更けのガラス窓を つたう雨は 別れた女の 泪に似てる 意味なく小指で あいあい傘を かくのが 寂しいくせだった 不倫という名の 手荷物を ふやしておまえは どこにいる  このまま俺の側で ねむりたいと 逢うたびおまえは くちびるかんだ 炎えてる心を 裏切るような ひやりとつめたい 肌のいろ みれんという名の 途中駅 下りれば夜風が 呼びもどす  ショールに頬をうめて 歩きながら 死んでもいいわと ぽつりといった 季節と同じに 消えてく恋は つかの間夢みた 冬花火 別離という名の 停車場に いまでもいそうな うしろ影
うそGOLD LYLIC中条きよしGOLD LYLIC中条きよし山口洋子平尾昌晃高見弘折れた煙草の 吸いがらで あなたの嘘が わかるのよ 誰かいい女(ひと) 出来たのね 出来たのね あー 半年あまりの 恋なのに あー エプロン姿が よく似合う 爪もそめずに いてくれと 女があとから 泣けるよな 哀しい嘘の つける人  あなた残した わるいくせ 夜中に電話 かけるくせ 鍵をかけずに ねむるくせ ねむるくせ あー 一緒になる気も ないくせに あー 花嫁衣装は どうするの 僕は着物が 好きだよと あついくちづけ くれながら 冷たい嘘の つける人  あー あんまり飲んでは いけないよ あー 帰りの車も 気をつけて ひとりの身体じゃ ないなんて 女がほろりと くるような 優しい嘘の 上手(うま)い人
足あと石原裕次郎石原裕次郎山口洋子小谷充小谷充潮風に なびく髪を そっとおさえながら ただだまってた 別離の日  いまでも愛しているよと 言いたかったけれど もえる夕陽にも 想いたくした  昨日 きいたよ君が 彼と結婚したと やっと幸せになれたよと  ほんとによかったと 皆で乾杯しながら つのる淋しさを ひとりこらえた  いまは ひとりの浜辺 寄せて返す波が ほら足あとも消してゆく  また逢う日までと泣いた あの日の約束を 海にかえしたい 恋のまんまで
二人の雨石原裕次郎石原裕次郎山口洋子鈴木淳竜崎孝路もっとこっちへお寄りよ 背中が濡れる どうしよう来た道 また戻ろうか ひとつしかない この傘は 別れたくない夜の 恋ごころ  寒くないかとコートを 着せかけながら 今日もまた云えない 愛していると どこか幼い くちびるに ささやいているような 雨の音  きっと明日もこのまま 降りつづくだろう ひとつづつ消えてゆく うるんだ灯り 二人を結んだ 銀の糸 どこまでも歩こうよ 雨の街
待っている女五木ひろし五木ひろし山口洋子藤本卓也消え残る 街灯り 女は待ってる 肩すぼめ 襟を立て 冷たい ほら風の中 頬つたう ひとしずく 女は泣いてる 三日月は 片想い 冷たく ほらビルの上 ああ あの人は来ない ああ 恋は終りか これきりで このままで 落ち葉が舞うよに… 淋しげな あの女 あそこで ほら待っている  遠ざかる 二人連れ 女は見送る その先は 曲り角 冷たい ほら夜の道 ああ あの人は何処に ああ 夢は散るのか この胸で この指で 約束したのに… 霧の中 あの女 いまでも ほら待っている
長崎から船に乗って五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃長崎から船に乗って 神戸に着いた ここは港まち 女が泣いてます 港の女は お人好し いいことばかりの そのあとで 白い鴎に ああ 騙される ああ 騙される 彼岸花  横浜から船に乗って 別府に着いた ここは小雨まち 女が泣いてます 南の女は 一本気 湯の花祭りの いたずらに ちょっとだけよが ああ 命とり ああ 命とり 紅椿  函館から船に乗って 東京に着いた ここは日暮れまち 女が泣いてます 都会の女は うす情 惚れているやら いないやら 何でもなさそに ああ 傷ついた ああ 傷ついた 芥子の花
五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃京建輔枯葉の舞い散る道も 吹雪の道でも 望みひとつ抱いて 僕は歩いてきた  どんなにつらい仕事も 冷たい他人にも 笑顔忘れないで 僕は生きている  ああ 故郷の あの緑 母の顔 ああ いまもなお やきついているけれど 泣くのは明日さ 男じゃないか  行方も知れない河や 夕陽の谷間を 長い影をふんで まっすぐに進む  ああ 男には 引きかえす 道はない ああ 傷ついて くさむらに倒れても かがやく朝日を めざしてゆく
誰もいない海岩崎宏美岩崎宏美山口洋子内藤法美塩谷哲今はもう秋 誰もいない海 知らん顔して 人がゆきすぎても わたしは忘れない 海に約束したから つらくても つらくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 たった一つの夢が 破れても わたしは忘れない 砂に約束したから 淋しくても 淋しくても 死にはしないと  今はもう秋 誰もいない海 いとしい面影 帰らなくても わたしは忘れない 空に約束したから ひとりでも ひとりでも 死にはしないと  ひとりでも ひとりでも 死にはしないと
アメリカ橋五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃竜崎孝路風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって―― アメリカ橋のたもと ふと通うぬくもり やるせない恋 埋(う)めた街 角部屋の灯り 石だたみ石だたみ 想い出続く いつかいつか 熱かった青春  君は変わらない 月日は過ぎても 髪を切ったので 少し若くなった―― アメリカ橋のたもと 黄昏(たそがれ)が間近い 煙草やめたの いつからと それとなくきいて 眼をそらす眼をそらす ガラスのむこう 遠い遠い かえらない青春  アメリカ橋のたもと それじゃと手をあげる そっとコートの衿たてた さり気なさおいて 人の群(むれ)人の群(むれ) 誰もが他人 はるかはるか あの頃が青春
愛の始発五木ひろし五木ひろし山口洋子猪俣公章森岡賢一郎川は流れる 橋の下 まるで二人の 恋のように 川は流れる 橋の下 この街にいまさら 未練なんかは ないのです 哀しみを小さな ボストンバッグに つめこんで 明日の始発に とびのるのです ふたりで遠くの 街にゆくのです 水の流れと 同じよに どこというあてもないのです 川は流れる 橋の下  街は日暮れる 鐘はなる 木の葉浮かべて 淋しげに 川は流れる 橋の下 おたがいにいちばん 大事なひとと 知りました この愛を一生 まもってゆこうと 決めました あなたは仕事と 友達を捨て わたしは長年 住んだ家を捨て 水に浮かんだ わくら葉の 夢だけたよりに 行くのです 川は流れる 橋の下  命をかけても 悔いない恋に 出逢った二人は 幸せなのです 言葉少なく 肩よせて たそがれの中を 歩きます 川は流れる 橋の下
おまえのひざ天知茂天知茂山口洋子遠藤実誰の世話にもならずにきたが 少し近ごろ疲れたよ 長雨つづくこんな夜は 酔って甘えるひざがいゝ あゝ しろいおまえのひざがいゝ  ひとり暮しになれたとわらう 声の調子が淋しそう おまえもきっとそれなりに 生きるきびしさ抱きしめて あゝ 苦労したのかこの都会(まち)で  たずねあぐねた枕が一つ 酔えば男のふるさとは こんなに近くにあるんだね 抱いてねむれるひざがいゝ あゝ しろいおまえのひざがいゝ
止り木天知茂天知茂山口洋子遠藤実ボトルの底にほんのわずか 酒をのこしてあのひと消えた さよならだけが人生と どこかできいたような台詞がくせで 酔えばもたれてくる肩が 恋しい止り木 影ひとつ  考えてみりゃ去年からの けっこう長いつきあいだった 一度も好きと云えぬまゝ お互い遠いとこで惚れあっていた 酔えばやっぱり演歌だと 歌った止り木 影ひとつ  いまごろ北國(きた)は冬のさなか 吹雪まじりの景色が浮かぶ ひとあし早くこの街に 春だけやってきてもわたしは寒い 酔えば瞼で旅をする 女の止り木 影ひとつ
夢よもういちど真木ひでと真木ひでと山口洋子浜圭介あなただけを とても 好きよ 好きよいまでも こころがわりきいた夜も 愛は あかく炎(も)えてる あゝ たとえ誰かが あゝ 指をさそうと 私だけの ひとと決めて 生きてきたのに 死なせて 今 愛に 明日も 夢もないなら つらい夜明けこない前に ひとり消えて行きたい  いちどだけよ 恋に くるう くるうことなど 肌をよせてきいた言葉 信じきっていたのに あゝ 波が引くよに あゝ 逃げて行くのね 呼んでみても 泣いてみても 愛はまぼろし せめて 夢よ 夢よ かえれ かえれこの手に ほゝをぬらすあつい涙 遠いひとにつたえて  死なせて 今 愛に 明日も 夢もないなら つらい夜明けこない前に ひとり消えて行きたい
雨の東京真木ひでと真木ひでと山口洋子鈴木淳おまえがそばに いるような そんな気がして 飲んでいる 雨の東京の 片すみは 恋にはぐれた 奴ばかり 泣かせてくれるな 流しうた  あれからひとりで いるという 風の便りが なつかしい 雨の東京の おもいでは 濡れて送った 帰り道 呼びとめたいような うしろ影  いつかはきっと めぐり逢い 抱いてやりたい いつまでも 雨の東京に うるむ灯(ひ)も 夢をのこして 消えてゆく 逢えない二人を 結ぶように
誰もいない海越路吹雪越路吹雪山口洋子内藤法美森岡賢一郎いまはもう秋 だれもいない海 知らん顔して 人がゆきすぎても わたしは忘れない 海に約束したから つらくても つらくても 死にはしないと  いまはもう秋 だれもいない海 たったひとつの夢が やぶれても わたしは忘れない 砂に約束したから 淋しくても 淋しくても 死にはしないと  いまはもう秋 だれもいない海 いとしい面影 帰らなくても わたしは忘れない 空に約束したから ひとりでも ひとりでも 死にはしないと
ナナと云う女美川憲一美川憲一山口洋子中川博之別れ 別れようかと 眼をみたら 死ぬわと 死ぬわとぽつりと 云ったきり あとはブルース 歌ってた ナナと云うのは ナナと云うのは そんな おんな  横浜(ハマ)の横浜の生まれで両親も とっくに とっくになくした はぐれ花 恋にも夢にも お金にも ついてないのと ついてないのと わらう女  ふいに ふいに泣くくせ だまるくせ 煙草の 煙草のすいがら ほぐすくせ 手首の傷あと 聞いてみりゃ 馬鹿な過去(むかし)と馬鹿な過去と 云った女  黒い 黒いコートで うなだれて 小雨の 小雨の降る夜に 消えた影 あなただけでも 幸せに なってほしいと なってほしいと 泣いた女
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛の生命岩崎宏美岩崎宏美山口洋子浜田金吾戸塚修両手で愛を 抱きしめたら あなたは その手をはなせるでしょうか めぐり逢えた 喜びのまま またたく星の 永遠のきらめき 別れるときに愛がわかる 眼をとじたときに愛が見える 愛が見える また逢いましょうね 闇夜の果てに わたし あなたを待っています 空ゆく風と光のように  嵐と泪 こえてきたから 愛する勇気が のこるのでしょうか 熱く誓った くちづけのまま 流れる星の 永遠の呼び声 はなれたときに愛がわかる 孤独(ひとり)のときに愛が見える 愛が見える また逢いましょうね この日を抱いて わたし あなたを待っています 海ゆく船と かもめのように  また逢いましょうね 宇宙(よぞら)の彼方 わたし あなたを待っています 空ゆく風と光のように
ラブ・ナイト・スポット里見浩太朗・水口玲子里見浩太朗・水口玲子山口洋子弦哲也小杉仁三ぬれてきたんだね 傘もささないで 髪とまつ毛にほらほら 銀のしずく 逢いたかったのよ 今夜どうしても 何も言わずに お願い 甘えさせて 男は見つめ 女は肩よせて パステルカラーの街は 恋を包んで たそがれる ラブ・ナイト・スポット おまえと あなたと ふたりきり  煙草ふかす顔 なぜか気になる いつか誰かにあなたを とられそうで やっと逢えたのに 寂しさばかり 追うのはおよし こんなに愛しているよ 男は歌い 女は眼をとじて 小さなフロアの隅は 甘いギターで 更けてゆく ラブ・ナイト・スポット おまえと あなたと ふたりきり  男は誘い 女は涙ぐみ 逢えると短い夜は 夢を残して 過ぎてゆく ラブ・ナイト・スポット おまえと あなたと ふたりきり
東京の雨を札幌で秋庭豊とアローナイツ秋庭豊とアローナイツ山口洋子鈴木淳昨夜 銀座で 濡れていた この雨あの娘の しのび泣き アカシア並木を銀の糸で煙らせて 逃げちゃいやよと 追ってきた ああ 愛して 愛して 愛したりない ああ 東京の雨を札幌で  小指からめて うつむいた 遊びじゃ恋などしないわと 想い出たずねて ひとり歩く時計台 忘れないでと 風が吹く ああ 愛して 愛して 愛したりない ああ 東京の雨を札幌で  未練ごころで ふりむけば あの傘 この傘 二人連れ すすきの灯りに 白く浮かぶ横顔が どこか似ている 濡れまつ毛 ああ 愛して 愛して 愛したりない ああ 東京の雨を札幌で
雨 -Rainy story-菅原やすのり菅原やすのり山口洋子平尾昌晃矢野立美夢を失くし 友をなくし 独り荒れてた あの頃は 痩せた背中で 路地から路地 細い灯りを 探していたよ あれは雨期 誰にもある 青春の曲り角さ 雨・濡れ濡れと 雨・頬濡らす 雨の夜会って 拾った恋  脱げば寒い 着れば暑い 若い恋とは そんなもの 貧しいことは 恥じゃないと 言葉に出さずに教えてくれた あれは雨期 お互いの 人生の冬の季節 雨・しとしとと 雨・窓濡らす 雨の夜会って 続いた恋  あれは雨期 ほろ苦い 過ちのうしろ姿 雨・冷え冷えと 雨・愛濡らす 雨の夜会って 別れた恋
あなたの灯五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃山のむこうに またたく灯 あなたの灯 帰っておいでと はるか遠く 優しく うつむいた わたしを見守るように ああ もう雪が降る 肩に髪に はらはら この指先の 冷たさは 別れた別れた あの日からの 哀しみか  ひとつふたつと 数えて甘えた 稚いあの頃 寒くはないかと 聞いてくれた 笑顔が 傷ついた わたしの心に残る ああ もう雪が降る 街に屋根に はらはら 兄さんみたいな あの人に ふたたびふたたび めぐり逢える こともなく  ああ もう雪が降る 肩に髪に はらはら 消えそで消えない 灯を ふりむきふりむき 白い夜道 ただひとり
逢えてよかった山川豊山川豊山口洋子平尾昌晃矢野立美窓を開けてくれ 指の巾くらい そこから聞こえる波音が 過ぎたいい刻 運んでくるよ― 心配してたさ いつだって 本当は泣き虫 気弱なくせに 突っぱりかげんの おまえのことを 逢えてよかった よかったよ  あれは出船だろ 汽笛が沈んでる いろんな別離もあるけれど 海の別離は ひときわ染みる― それほど変わっちゃ いないけど いまだに独りさ いろいろあって 語りつくせぬ ダブルのロック 逢えてよかった よかったよ  互いにそろそろ このへんで 港が恋しい 二人じゃないか 乾杯しよう いつかのように 逢えてよかった よかったよ  
女のワルツ森進一森進一山口洋子猪俣公章胸にきざんだ まことの愛を さがしつづけて 私は生きる 好きと云われりゃ 恋だもの 命かけます 女のワルツ  髪のかたちも心の中も 変えてみたけど 逢えない夜は 飲めぬお酒にすがりつく 涙ばかりの 女のワルツ  憎い恋しい貴方のせいで 私ばかりか あの娘も泣いた つらい噂もきいたけど 思い切れない 女のワルツ  叶えられない幸せだって 夢を見るのは私の勝手 男なんかと云いながら 燃えて焦れる 女のワルツ
風の想い―男のこころ―杉良太郎杉良太郎山口洋子弦哲也過去(むかし)をいえば 俺だって 他人(ひと)には話せぬ 傷がある おまえの泪の 一生ぶんを いまはだまって 抱いてやりたい ああ男ってやつは 惚れた女に そっとそっとそっといつでも 青い少年(こころ)を隠してる  ゆるめにあわす 衿もとに 苦労と優しさ 見えかくれ おくれ毛撫でてる しぐさにさえも ふいに愛(いと)しさ こみあげてくる ああ男ってやつは 惚れた女に どこかどこかどこか強がる 弱いけものさひとすじの  互いに遠い まわり道 してきた女と こんな俺 探していたよと 眼だけで語る 会えば短い 会えなきゃ長い…… ああ男ってやつは 惚れた女に なぜかなぜかなぜかいえない 風の本音のひと言が
かもめ町みなと町五木ひろし五木ひろし山口洋子筒美京平渡り鳥とんで来て 秋になった 岬に小さな 灯が点る 男と女 夜と夢 みなと棧橋 月が出て ああ また 泣かされそうな ここは真夜中 かもめ町みなと町  渡り鳥とんで行って 春になった 哀しい実のない 花が咲く 男と女 恋と嘘 呼んでとどかぬ 舟唄に ああ また 泣きたいような ここは真昼の かもめ町みなと町  渡り鳥来ないまま 冬になった 北からちらちら 雪が降る 男と女 風と波 出船ばかりか ドラの音 ああ また 泣かされました ここは夕暮れ かもめ町みなと町
誰もいない海杜けあき杜けあき山口洋子内藤法美宮川泰いまはもう秋 誰もいない海 知らん顔して 人がゆきすぎても わたしは忘れない 海に約束したから つらくても つらくても 死にはしないと  いまはもう秋 誰もいない海 たったひとつの 夢が破れても わたしは忘れない 砂に約束したから 淋しくても 淋しくても 死にはしないと  いまはもう秋 誰もいない海 いとしい面影 帰らなくても わたしは忘れない 空に約束したから ひとりでも ひとりでも 死にはしないと
俺の花だよ月見草野村克也野村克也山口洋子四方章人前田俊明一で輝く 人生よりも 次で実のなる 道がいい 言葉三分で夢七分  月を仰いで咲く花は 俺の花だよ 俺の花だよ 月見草  やると決めたら 引く気はないぜ わかるやつだけ 追いてこい 負けて泣かぬが 情で泣く  男心に咲く花は 俺の花だよ 俺の花だよ 月見草  誰れに云われた 訳でもないが 好きで選んだ裏通り 昔かたぎの捕手育ち  影でひっそり咲く花は 俺の花だよ 俺の花だよ 月見草
アメリカ橋 ~デュエット~山川豊・平尾昌晃山川豊・平尾昌晃山口洋子平尾昌晃風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって アメリカ橋のたもと ふと通うぬくもり やるせない恋 埋めた街 角部屋の灯り 石だたみ石だたみ 想い出続く いつかいつか 熱かった青春  君は変わらない 月日は過ぎても 髪を切ったので 少し若くなった アメリカ橋のたもと 黄昏(たそがれ)が間近い 煙草やめたの いつからと それとなくきいて 眼をそらす眼をそらす ガラスのむこう 遠い遠い かえらない青春  アメリカ橋のたもと それじゃと手をあげる そっとコートの衿たてた さり気なさおいて 人の群(むれ)人の群 誰もが他人 はるかはるか あの頃が青春
ぬれて大阪アローナイツアローナイツ山口洋子徳久広司待っているわと 叫んだ声も つめたい男に とどきはしない 雨の新地は 流しの歌も ふられた女の歌ばかり アアアー濡れて大阪 アアアー濡れて大阪 あなたあなた愛して 涙のぶるーす  どこにいるのと 夜風にきけば ひとりで飲んでた いつもの店で 嘘よ昨夜は あの娘といっしよ 肩よせあってた 御堂筋 アアアー濡れて大阪 アアアー濡れて大阪 あなたあなた愛して 涙のぶるーす  どうせだめさと わらわれながら 夢にすがって 三寺あたり いいの他人めに どううつろうと 情の一字で生きてゆく アアアー濡れて大阪 アアアー濡れて大阪 あなたあなた愛して 涙のぶるーす
浮気なあいつザ・ピーナッツザ・ピーナッツ山口洋子宮川泰平気な顔してあいつ 電話をかけるの私のそばで もしもし悪いけれど 今夜仕事でね あゝいそがしい だからバイバイブギウギまたね 浮気なあいつ ヘイヘイ あの目が好き ヘイヘイ いつでもほら ヘイヘイ 淋しそうでしょ もててるくせに すました顔してあいつ 彼女の話を私にするの むしゃくしゃしちゃうけれど なぜかおこれない あゝ にくめない とてもハンサムブギウギ素敵 浮気なあいつ  とんでもないのよあいつ 私の名前を間違えたのよ 頭にきちゃうけれど ちょっと抱かれると あゝ弱いのよ 胸がドキドキブギウギだめね 浮気なあいつ ヘイヘイ いかれてるのよ ヘイヘイ 足の長さに ヘイヘイ 声の甘さに つめたいふりにも 今頃どこかであいつ 誰かとデートをしてるのかしら きれいな街の灯り いつかわたしにも あゝ したように ふたりなかよくブギウギ踊る 浮気なあいつ
ひとりぽっちの女の子天童よしみ天童よしみ山口洋子中村泰士どこにもあるよな 物語です 生れた時から 母知らず 生れた時から 父の名知らず それでも生きてる 女の子です  ひとりぽっちは もうあきました かなしい宿命(さだめ)の 女の子 お腹(なか)を空かした 野良犬(のらいぬ)抱いて 頬ずりするよな 女の子です  ぬくもり知らない 小さな手です 恋も知らない 女の子 兄貴と呼んでた あの人さえも きれいな人と 行ってしまった  小雨にぬれてる 海の街です 裸足(はだし)で泣いてる 女の子 幸福(しあわせ)なんかは はかない夢でも 信じて待ってる 女の子です
さよならを言う前に五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃街のむこうへ 星が落ちて消えてゆく 今夜の別れの 涙のように 僕とあなたのいくつかの 出来ごとの 想い出の終りに 花を飾ろう 眼を閉じてみると あれが青春さ 傷つけあったことも 楽しんだことも 二人の人生には 大事なページ  小さなその手に さよならを言う前に もいちど言いたい 愛していると くらい夜道さ 気をつけてお帰りよ 見ていてあげよう この窓をあけて 星空の下で 君と一緒さ 別々の旅をしても 愛と言う糸で むすばれている二人 いつでも逢える いつでも逢える
霧の出船五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃捨てていいのと くちびるかんで 肩を落した 影ひとつ ランプも暗い 止り木の 片すみに そっと名前をかいて泣く 流しのお兄さん どうぞ止めてよ その唄は あの人 好きだった 演歌節  どうせ待っても 帰って来ない 船は男の 恋ごころ ゆらゆらゆれる こぼれ灯に 裏窓を そっと開ければ波の音 何んにも聞かないで つらい恋でも 想い出にゃ いいこと ばっかりが 残るのよ  夜霧がひくく はうような 波間から ぼうっとかすんで船が出る 流しのお兄さん どこへ行くのよ あの船は あの人 いるところ 北の果て
北国山川豊山川豊山口洋子平尾昌晃矢野立美愛しているといえないで 別れてきたが 北へ行くほど 面影が近い 青くかすむオホーツク はまなす揺れて 沖ゆく船も小さな 幸せ連れてゆくのか- 恋を背にする旅情は 影が追いてくるだけ  死んでもいいさ二人なら この世の果てで 遠く離れて この胸が炎える 独り歩く爪先 はまなす揺れて 可憐に咲いて寄り添う 引いては返す波音- 恋を背にする旅情は 胸に初秋がしみるよ  忘れようとするたび はまなす揺れて 別離を責めて泣くのか かすかな耳の潮騒- 恋を背にする旅情は 風も頬につめたい
逢えるかもしれない郷ひろみ郷ひろみ山口洋子筒美京平筒美京平夜のかたすみ小さな窓で あてなくロックをきいている  こんな気持 こんな気持 だれに だれに ぶつけるの  はきふるした ジーンズみたい かるい調子で 捨てられたのさ あれはなぐさめか! きっといつかは ほんとの恋に 逢える 逢える かもしれない  街に沈んでひとりぼっち 遠くでだれかが 呼んでいる  こんな気持 こんな気持 だれに だれに ぶつけるの  あそびなれた ふりをしてみたよ どうせ背のび風さえ痛い 身体ふきぬける! きっといつかは ほんとの恋に 逢える 逢える かもしれない  (セリフ)愛をたしかめることは 悲しみに耐えることなんだ…そうなんだ!  なにも云わず ねむらせてほしい ひざと胸が すぐにほしいよ とてもたまらない! きっといつかは ほんとの恋に 逢える 逢える かもしれない
わたし身をひくわ敏いとうとハッピー&ブルー敏いとうとハッピー&ブルー山口洋子曽根幸明愛しながら 愛しながら 別れて わたし 身をひくわ  あなたの好みは あの妻よりも わたしがいちばん 知ってるつもりよ めぐり逢うのが 遅すぎたのね 人目をしのぶ 恋だけど 愛しながら 愛しながら 別れて わたし 身をひくわ  逢えない時間は 他人のあなた お家のことなど 聞きたくないわ 昨夜も電話を かけてる顔が やさしいパパに みえました 愛しながら 愛しながら 別れて わたし 身をひくわ  愛しながら 愛しながら 別れて わたし 身をひくわ  近頃やせたわ あなたの背中 ふたつの愛が 苦しめてるのね 女ごころは からだが遠く はなれた夜も 変わらない 愛しながら 愛しながら 別れて わたし 身をひくわ
女のこよみ敏いとうとハッピー&ブルー敏いとうとハッピー&ブルー山口洋子遠藤実煙草はおやめ 口紅も うすくと いつでも 叱られたわね あなたで変わった 女ごころを いまさら どなたに あげろと云うの たった一夜で 散る花も 恋もあります さくらの季節  女がお酒を飲むなんて きらいとあなたは云ってたけれど 飲まなきゃならない 夜にしたのも やっぱりあなたよ 耐えられないわ 愛を教えた くちびるで 嘘もつくひと 浮気なひとね  自分の生活に そめかえて 男はあっさり 逃げてゆくのね 短い爪も 地味な着物も 最後の女に なりたいばかり 夢を見てたの お馬鹿さん 泣いてみせても 私の負けね 
みなと恋唄羅勲児羅勲児山口洋子猪俣公章海はきらいよ 哀しみが 遠くに広がる 気がするの 恋もきらいよ 捨てられたなら 死ぬまで傷つく 気がするわ  港 坂道 潮の風 とぎれた 口笛 流れブイ いつも 船出の あなたの心 汽笛に追われて 見てるだけ  波は引いても また寄せる かもめは 去ったら 去ったきり 羽もないのに どうしてわたし この先 寒空 ついてゆく  燃えたわたしが 馬鹿ならば 抱いた あんたは なんなのよ 恨み言葉も ただ恋しさに 泪まじりの 演歌になる
北の旅人五木ひろし五木ひろし山口洋子弦哲也たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯(ひ)が点(つ)く ぽつりとひとつ いまでもあなたを 待ってると いとしい おまえの 叫ぶ声が 俺の背中で 潮風(かぜ)になる 夜の釧路は 雨になるだろう  ふるい酒場で 噂をきいた 窓のむこうは 木枯まじり 半年まえまで 居たという 泣きぐせ 酒ぐせ 泪ぐせ どこへ去ったか 細い影 夜の函館 霧がつらすぎる  空でちぎれる あの汽笛さえ 泣いて別れる さい果て港 いちどはこの手に 抱きしめて 泣かせてやりたい 思いきり 消えぬ面影 たずねびと 夜の小樽は 雪が肩に舞う
よこはま・たそがれGOLD LYLIC五木ひろしGOLD LYLIC五木ひろし山口洋子平尾昌晃よこはま たそがれ ホテルの小部屋 くちづけ 残り香 煙草のけむり ブルース 口笛 女の涙 あの人は 行って 行ってしまった あの人は 行って 行ってしまった もう帰らない  裏町 スナック 酔えないお酒 ゆきずり 嘘つき 気まぐれ男 あてない 恋唄 流しのギター あの人は 行って 行ってしまった あの人は 行って 行ってしまった もうよその人  木枯し 想い出 グレーのコート あきらめ 水色 つめたい夜明け 海鳴り 燈台 一羽のかもめ あの人は 行って 行ってしまった あの人は 行って 行ってしまった もうおしまいね
ひとりぼっち美空ひばり美空ひばり山口洋子遠藤実おお寒い…… 冷えるわねえ どういっぱい ところで聞いてくれる こんな淋しい女のはなし  恋をしたのは 二十才まえ 命も夢も賭けたけど 涙で終った初恋は 妻も子もある 妻も子もある相手(ひと)だった お酒が飲みたい こんな夜は お酒が飲みたい こんな夜は  北のふるさと 出たときは 十六でした肌寒い 粉雪舞い散る停車場で 泣いて泣いて 泣いてにぎった母の指 お酒が飲みたい こんな夜は お酒が飲みたい こんな夜は  ひとつひとつと 数えたら 両手にあまる 傷の跡 淋しい女の 身の上を 知っているよな 知っているよな弾き語り お酒が飲みたい こんな夜は お酒が飲みたい こんな夜は  ごめんなさい しめっぽい愚痴 聞かせちゃって そろそろ看板だけと ネッ もう一杯いかが……
噂の女GOLD LYLIC内山田洋とクール・ファイブGOLD LYLIC内山田洋とクール・ファイブ山口洋子猪俣公章女心の悲しさなんて わかりゃしないわ 世間の人に 止して 止してよ なぐさめなんか 嘘と泪の しみついた どうせ私は 噂の女  はなさないでと 甘える指に 男心は いつでも遠い そうよ そうなの 昨日の夜も すがりつきたい あの人に 夢を消された 噂の女  街の噂に 追われて泣けば あせてみえます くちびるさえも つらい つらいは つめたい青春を 怨むことさえ あきらめた 弱い私は 噂の女
酒場人形青江三奈青江三奈山口洋子猪俣公章お伽噺(とぎばなし)を まともに受けて 酒場人形が 夢を見た あなたの書いた 筋書どおり 泣かされたのは ああ ああ 私ひとり  無理にはずした 指環のあとが もえた名残の 恋の傷 雨と一緒に 泣き泣き帰る 捨てられたのは ああ ああ 私ひとり  別れ言葉を 背中にきいて 涙見せずに さようなら どうせ 酒場の恋物語 騙されたのは ああ ああ 私ひとり
想い出はアカシアGOLD LYLIC石原裕次郎GOLD LYLIC石原裕次郎山口洋子弦哲也きれいになったね あのころよりも 幸せなんだろ あいつとふたり めぐり逢えたら 人妻の 銀の指輪が 痛かった 想い出はアカシア 別れの白い花  忘れたことなど 一度もないさ 覚えているかい このペンダント ごめんなさいと 泪ぐむ 俺も悪いと 眼をとじる 想い出はアカシア 二人の白い花  結ばれなくても 男の恋は 胸の想いを 消さずに点す きっといまごろ 札幌は 夢も色づく 日昏れ刻 想い出はアカシア 瞼の白い花
一度だけなら吉幾三吉幾三山口洋子猪俣公章池多孝春一度だけなら 許してあげる 好きな貴方(あなた)の 嘘(うそ)だもの 騙(だま)されましょう 聞かぬふりして 許してあげる  一度だけなら 酔(よ)わせてあげる 飲みたいでしょうよ 辛(つら)いのね 夢がこわれた おとこのこころ 酔わせてあげる  一度だけなら 忘れてあげる ほんの短い 気まぐれと あの人のこと 水に流して 忘れてあげる  一度だけなら 愛してあげる たとえ明日(あした)は 泣こうとも 今日に生きるわ 胸を焦(こ)がして 愛してあげる
夜汽車の女五木ひろし五木ひろし山口洋子藤本卓也暗い夜 遠い道 くもる窓 にじむ灯り 男と別れた 夜汽車の女 心だけ泣いてる 私は都落ちて はるばると 想い出を 振り捨てに 行くところ  逃げた恋 遠い夢 ゆれる窓 過ぎる灯り 後ろへ後ろへ 未練は走る 心では呼んでる 私は瞼閉じて しみじみと 闇の中 面影を 抱きしめる  雨の駅 遠い街 濡れる窓 残る灯り いつまた逢えるか 夜汽車の行方 さい果ての海沿い 私は都落ちて はるばると 幸せを 探しつつ 行くところ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ひろしのさくら音頭五木ひろし五木ひろし山口洋子遠藤実ハァー (ア ヨイショ) さくら咲いた咲いた パッとパッと咲いた (ア パットネ) 北も南もひといろに (ソレ ドッコイ ドッコイ) そめて日本の春が来た (ア ヨイショ) ごきげんよろしゅう お達者と (ソレッ) さくら音頭で日本晴れ 日本晴れ  ハァー (ア ヨイショ) さくら咲いた咲いた パッとパッと咲いた (ア パットネ) さす手ひく手の見せどころ (ソレ ドッコイ ドッコイ) 唄に惚れたか花びらも (ア ヨイショ) 風にひらひら浮かれだす (ソレヨ) さくら音頭でひと踊り ひと踊り  ハァー (ア ヨイショ) さくら咲いた咲いた パッとパッと咲いた (ア パットネ) 明日の平和な夢のため (ソレ ドッコイ ドッコイ) 男だったら音頭とれ (ア ヨイショ) あなたも私もふるさとは (ソレヨ) さくら音頭で花の日本 花の日本
旅人五木ひろし五木ひろし山口洋子猪俣公章ゆきすぎてきた 愛の日々 通りすぎた 風の街 ふとふりむけば 人はみな 旅の途中の ちぎれ雲 旅の途中の ちぎれ雲  ふるびた駅の 昼下り 見知らぬ人の なつかしさ ふと声かけて みたくなる 秋の気配の 赤とんぼ 秋の気配の 赤とんぼ  日昏れは近く 想い出は 山波はるか 遠ざかる ふと涙ぐむ 旅人を あかい夕陽が 追いかける あかい夕陽が 追いかける
風の子守唄五木ひろし五木ひろし山口洋子遠藤実なじみの酒場で はなうたを 歌えばギターが ついてくる しゃれたロックも いいけれど 夜は演歌が じんとくる まして逢えない こんな夜は 淋しいね 淋しいね 雨の夜更けは 淋しいね  命もあげると 惚れた恋 世間がなにさと 燃えた恋 十に一つの 優しさに すがりついてた 恋ごころ どこで濡れてる あのひとは 淋しいね 淋しいね 昔ばなしは 淋しいね  いっぱい飲むたび ふるさとが 近くになるよな 酒の味 窓のすき間を はたはたと がたたいて 呼びにくる 一緒に故国へ 帰ろうと 淋しいね 淋しいね 酔えば酔うほど 淋しいね
紅い花五木ひろし五木ひろし山口洋子中村泰士誰かが爪びく ギターの歌に そうよ私も あゝ似た運命(さだめ) あかい着物で お人形ぐらし 指をさされて 嘲笑(わら)われて いいのよ 秘めて切ない恋ごころ  淋しくないのよ 独りが好きと 爪をかんでる あゝ紅い花 窓にもたれりゃ 小雨の花街(まち)に 恋が逃げてく うしろ影 どうして いつも泣くのは女だけ  かなしい今夜も いつかは笑顔 きっと話せる あゝ明日がくる 夜のすき間に ひっそり咲いて 春を待ちます 一途(ひとすじ)に いいのよ かえる故郷(ふるさと)ないわたし
哀恋記五木ひろし五木ひろし山口洋子森田公一窓に吐息を ふきかけて 惚れたと云う字を かいて消す 涙のしずくで 錆びついた 女ごころの 恋の傷 愛して尽して 何に何になる 信じて待っても 誰が誰が来る 独りぼっちの 夜の終りに しらじら 夜明けが あゝ来るばかり  好きと泣いたら 負けになる きらいと強がりゃ つらくなる つめたい東京の かたすみに 青い鳥など いやしない 幸せ探せば 風が風が吹く 明日を祈れば 雨が雨がふる 燃えてはかない 恋の終りに もひとり他人が あゝふえるだけ
どこへ帰る五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃どこへ帰る どこへ帰る 追って走れば からみつく しろい吹雪の いじわるさ 黒い小さな 点になり 消えた夜汽車の 汽笛の音 結ばれないのが 初恋と 髪を優しく なでられた 指のぬくもり あの声も 木枯らしになって 木枯らしになって のこるだけ  うしろふりむきゃ 灯がひとつ 雪の峠に うるんでる かじかむ両手を くちびるに そっとおしあて 泣くばかり 好きだと言いたい もう一度 あつい想いを 打ちあけて いつかみたいに 抱かれたい たとえ誰かの たとえ誰かの あなたでも  木枯らしみたいな 恋だった 女ごころを 吹きぬけて たったひとつの 想い出を 連れてゆくのね 連れてゆくのね さよならと どこへ帰る どこへ帰る
最後の一本美空ひばり美空ひばり山口洋子猪俣公章これが最後の 一本よ 頬すりよせて 火をつけて じっと見つめる あなたの瞳のなか そこに私は もう居ない とぎれた言葉を 探してる 哀しい女の 指さきで オンザ・ロックが ああ溶けてゆく  これが最後の 一本よ そろそろ灰に なりそうね まるでふたりの 想い出みたいに 燃えてはかない 恋もよう 一緒に暮した 半年も いつかのけんかも 約束も いまとなっては ああみんな夢  これが最後の 一本よ 私にどこか わるいとこ あったのならば おねがい教えて やりなおしても 無駄だけど めがしらおさえて うつむいて いえいえ涙じゃ ないのです やけに煙りが ああしみただけ
窓辺梓みちよ梓みちよ山口洋子平尾昌晃ごめんなさいね こんな夜中にたずねてきて あれがあなたのいい彼女(ひと) あー  悪い予感もしたの これきり駄目になるよな あれがあなたのいい彼女(ひと) あー  思わず扉 ほとほとたたき 小声であなたを呼んだのよ 今晩わ 今晩わ 私の恋人 今晩わ  いつか二人で植えた すずらんも窓辺で散り あれがあなたのいい彼女(ひと) あー  鍵をにぎった指が 汗ばんで痛いほどよ あれがあなたのいい彼女(ひと) あー  夜風に独り 吹きさらされて ひとすじ涙がくちびるに もういいの もういいの 私の恋人 もういいの  私が恋をあきらめたこと あなたは夜明けに気づくでしょう さようなら さようなら 私の恋人 さようなら
独りあるき梓みちよ梓みちよ山口洋子平尾昌晃心配ないでしょ 他人(ひと)は他人(ひと) 私は私の人生よ 恋はあなたでもうやめた 別れがこんなにつらいから 強がる訳じゃないけれど 煙草を吸ったり夜更かしや お酒が似合う女には 恋など しょせん無理なのね  いいのよ 独りぼっちでも 私にゃ 思い出あるじゃない ふとすれちがった愛と夢 グラスに浮べ お別れね 今度は結婚できるよな かわいい彼女を見つけてね 別れに泣かずにすむような すてきな恋をさがしてね  めそめそするよな柄じゃない 愚痴など言うのも大嫌い 流れる涙を くちびるで 笑顔にかえて 生きていく
別ればなし梓みちよ梓みちよ山口洋子平尾昌晃いいのよ いいのよ もうこれ以上 哀しい 云いわけは しないでも 大人の恋に しましょうと 最初に約束したじゃない いいのよ いいのよ 幸せだった 思い出だけでも 愛の終った ふたりの指は からめてみても 冷たいわ 何もきかずに お茶のんで さよなら バイバイ 泣かないわ  そうなの そうなの ほらいつだって 独りが 私には 似合うのよ 生まれた星も ふたご座で 恋には燃えないタイプかも そうなの そうなの こうなることも わかっていたのよ 友達でもない 彼女でもない 淋しい立場に 疲れたの 鍵と写真は おいてって さよなら バイバイ 泣かないわ  車のとこまで 送ってゆくわ あの妻(ひと)のとこへ 帰るのでしょう 赤いテールを見送って さよなら バイバイ 泣かないわ
九月の渚梓みちよ梓みちよ山口洋子平尾昌晃小雨ふる この渚 たそがれも 夜も さよならの 傷あとと 独りになった 女ごころに さざ波は 想い出か 寄せては 返す ちぎれた 恋のあと 貝がらも あのひとも 夏の日も 海の彼方  ただ一度 もう一度 抱きしめてほしい いまはもう うらまない 冷たい うそも 淋しい青春(はる)も 岬の灯 ひとりぼっち 点いては消える あんなに愛された くちびるも 濡れそぼる 白い雨 遠い愛よ  細い手を さしのべて 夜風に呼べば 汽笛もきこえない 海鳴りも 泣かないで お帰りと かもめの唄 泣かないで 泣かないで
あかねさす紫野ペギー葉山ペギー葉山山口洋子大塚博堂あかねさす紫野、五月の陽はあふれ 籠に摘んだ花束を呼びとめる罪なひと このわたし困まらせないで わたしはもう他人(ひと)のものよ あのひとに見られたらどうするの ああ誘わないでまた逢うから 禁じられた情熱をかりたてる甘い風  あかねさす紫野、あなたは馬に乗り 忘れないと云うようにいつ迄もその手振る 怖いけど胸がときめく どうしてそう悩ませるの この思い押えても押えても ああみつめて、みつめて欲しい 禁じられた情熱をかりたてる甘い風
つばめペギー葉山ペギー葉山山口洋子来生たかおつばめよ、伝えて いつかは逢えると その日待ちつづけている 裂かれてゆく愛、悲しい別れを 空も知らないだろう  幸せ見たいな、まぶしい帆にゆれ ゆくひとのその影に この涙とどくかしら……  いまもあの唄聞こえる 丘に駆けのぼり ひとりつぶやく 愛していると……  ほころび切れても その手で縫うのね そばにいけないわたし  自由を奪われ 遥かな旅路を ゆくひとのその胸に この声がとどくかしら……  やさしあの日の言葉を 忘れはしないわ 熱いあの眼を忘れはしない あの指、あの声、歩くそのくせも みんなこの胸に生きているわ……
黒髪ペギー葉山ペギー葉山山口洋子南佳孝ひとり梳(と)かす 長い黒髪 かぞえ唄 つぶやきながら  この淋しさ 耐える黒髪 冬の風 しのび泣きする  あなたのかすかな吐息がふれても乱れる髪 好きだと云ってくれたうれしさ あの声は、いま、どこにいるのかしら……  狂ほしく 凍る黒髪 いつのまにか青い小雪が降る  この苦しさ 燃える黒髪 眠りたい 早く忘れたい  逢えないなら 哀しき黒髪 闇の河に 切りすてて流そう  忘れようとする心にそむいて乱れる髪 死ぬほどあの胸に抱かれたいともだえる このからだ、この黒髪  わたしはもう どこにもいない 遠い水に流れて ゆらゆらゆく…… ああ ゆらゆらゆく ああ ゆらゆらゆく
なでしこの花ペギー葉山ペギー葉山山口洋子西谷翔秋の七草 恋のこわさも知らないで 萩の花 尾(を)花 葛(くず)花 なでしこの花 をみなへし、また藤袴(ふじばかま)、朝顔の花 そのなかから、なでしこの花 父はえらんで 旅先から母に送ったのよ、押し花にして こころしのばせ……。  秋の七草 染めた小袖に匂い袋 憧れの夢に酔いたい、恋してみたい いつのまにふと夢見ている、まだ見ぬひとを あの家持(やかもち)も、なでしこの花 愛するひとになぞらえたの、 いのち美しい日 万葉の歌 いまも 聞こえる
わたしの水夫ペギー葉山ペギー葉山山口洋子米山たくみ水夫がわたしを見た すこし秘密(ひみつ)を持ってる お酒が強(つよ)くて、無口な水夫が見た  水夫がわたしは好き 昔、父も水夫だった お酒が強くて、港の絵を描いていた  男だったなら、このわたしも 海を恋人にしていたはず 果てしないメロディ、それが海 いつまでも、それが恋ね……  水夫がどうでも好き 夕日がしみた背中 白い帆を広げる 腕が光っているよ  水夫が誰より好き 暗い船出の朝 涙をかくして 風に吹かれてゆくよ  海になりたい このわたしも 彼をどこまでも奪う波に 離れずにいつも感じあう エメラルド、つづく海に……
恋歌ペギー葉山ペギー葉山山口洋子来生たかお美しいガラスの恋の壷(つぼ)を 底深く秘めている湖よ ゆれうごく風景 絵葉書には いま明かす恋心 消しては書く 夢をとばせて あの空に 光る遥かな あの海にも ああ教えたい そっと風に 教えたい そっと雲に わたしのこの思い……  岸辺ゆく水鳥濡れた羽根よ 旅に出て気がついたこの愛に もえてゆく夕日に身をまかせて 口移し伝えきた歌を聞こう 夢をとばせて あの空に 銀の耳輪を ゆすりながら ああ何見ても そっと思う 何見ても そっと呼ぶの だいじな人の名を ああ教えたい そっと風を 教えたい そっと雲を 覚えた恋歌を…… 覚えた恋歌を……
今は夢の中にペギー葉山ペギー葉山山口洋子米山たくみこころさえ捨てて 夢も見ないで日を暮らし 後方(うしろ)ばかり向いていた 幸福なふりをしていた アア…  他人(ひと)の噂気にした 愛を知らない頃は いまはすべてがゆれているの 夢に抱かれているの  あなたと逢う時 無理をしたってつくるのよ どんないやなことも 忘れるの、許せるの アア…  街の噂怖(こわ)くて 他人の眼ばかり見ていた いまはこころがゆれているの 夢に抱かれているの  星がとどきそう 波がひかるのよ 花の匂いするわ もっと泳ぎたいの  あなたと逢う夜は 無理をしたってつくるのよ どんな砂漠さえも 歩けるわ どこまでも……
落葉の日ペギー葉山ペギー葉山山口洋子大塚博堂煙草をふかすあなたの指に 優しい夜霧おりてくる それはわたしのため息なの 囁くように夢のように……  落葉を踏んであなたが歩く 淋しさ秘めたその肩に 星の雫を降らせたくて 愛の雫を降らせたくて……  あなたは知らない 気がつきもしない わたしのそんな思いなど あなたはあなたの道を歩いて ゆけばいいの、それでいいの……  夜更けに流すあなたの涙 わたしは知ってる、感じている 何がわたしにできるだろう どんな言葉を言えばいいの……  あなたは知らない 気がつきもしない わたしのそんな思いなど あなたの匂いをそこに残して ゆけばいいの、それでいいの……
待ちぼうけペギー葉山ペギー葉山山口洋子南佳孝気まぐれな通り雨 きっとやって来ないだろう 待ちぼうけ、いま何時 きっとやっては来ないだろう  雲を見て背伸びして 親が見れば泣くだろう 待ちぼうけ、この姿 親が見れば泣くだろう  恋の逆立ち、さかなで もう、よそうと思いながら 心はそわそわ 来る、来ない、花を散らす 花こそ哀れなもの……  雨あがり木蔭から あれは彼にちがいない 待ちきれず駆けてゆく たしかこの木蔭、何処にいるの…  木蔭にはたまゆらの 蝶の羽根のみどり色 幻か、誰もいない あれは幻かそれとも夢  恋のピエロさ、お芝居 もうよそうと思いながら あきらめきれずに 来る、来ない、花を散らす 花こそ哀れなもの……
少年よペギー葉山ペギー葉山山口洋子西谷翔なにげないこの小石もこの砂も あなたの手や足がふれたと思うと 虹色に光って見えてきて いつまでも頬を寄せていた 少年が駆けてゆく 苦しみなど知らないように あなたにもあんなときがあったの…… あなたが歩いてきたこの道を あなたのすべてを すべてを抱きしめる……  なにげないこの街並、鐘の音 あなたがいつもきた広場のベンチに あなたの涙がしみていて わけもなくひとり泣いていた 少年が駆けてゆく 悲しみなど知らないように あなたにもあんな時があったの あなたが生きてきたこの町を あなたのすべてを 愛さずにいられない あなたのすべてを 愛さずにいられない
深夜トランスファー上田正樹上田正樹山口洋子上田正樹おまえも俺を 乗りかえていくのか これといった 喧嘩(けんか)もなく かといって 理由(わけ)もなく カウンターのむこうから ひらひらふった手のひら しろい紙くずみたいにみえる  ああ酒場はどこも 深夜(ミッドナイト)トランスファー 飲んでさぁ 酔ってさぁ 酔っぱらったあげく 次の電車を 待つばかり  なぁ 酔いどれ行きのチケット もう一杯だけくれないか  おまえもべつに 幸せじゃないんだろ これといって 夢(あて)もなく かといって 金もなく 灰皿に入れて返した 指輪の意味もわかるさ どうせ薄情(ガラス)にゃ 薄情が似合う  ああ酒場はどこも 深夜(ミッドナイト)トランスファー 飲んでさぁ 酔ってさぁ 酔っぱらったあげく 次の電車を 待つばかり なぁ 酔いどれ行きのチケット あと 一杯だけついでくれ  ああ酒場はどこも 深夜(ミッドナイト)トランスファー 飲んでさぁ 酔ってさぁ 酔っぱらったあげく 次の電車を 待つばかり なぁ 酔いどれ行きのチケット もう一杯だけくれないか
失恋日吉ミミ日吉ミミ山口洋子平尾昌晃昨夜(ゆうべ) ふたり 今夜 ひとり 汽笛が 消えてく 背中が 冷える 灯りが うるむ 小指が 濡れる たった三月の 交際(つきあい)だけど 涙のぶんだけ あ…… 惚れました  あなた ひとり わたし ひとり 酒場の かたすみ 窓打つ 小雨 おんぼろ ギター 火のない 煙草 きいてちょうだい つらいじゃないの 振られてわかった あ… 恋の味  あなた ふたり わたし ひとり 知らない 街角 つめたい 夜風 未練が かわく 指輪を すてる 今じゃ 男の心のすみに 可愛い 女で あ… 居たいだけ
百人の男真木ひでと真木ひでと山口洋子伊藤雪彦百人の男の 優しい腕よりも あんたの冷たさが ただ恋しい時もある 一緒に死のうかと 馬鹿な気まぐれ 言葉遊びでも 酔えれば 酔えればいいわ 別離(わかれ)が音もなく しのびこむ夜は ああ 夜明けも早いのよ  優しく抱くよりも 両手をつかんで 昨夜(ゆうべ)はだれといた なにしてたと聞かれたい からだよせあって はなればなれの 夢を追うなんて 耐えられ 耐えられないわ かわいた砂の上 愛のかけらでも ああ 見つけてなぞりたい  男の淋しさが わかってたまるかと 独りで酒のなか 何故溺(おぼ)れて逃げ込むの わざと乱ぼうに 喉(のど)をそらして グラス飲みほした 気ままな 気ままな素顔 一度は狂わせて 泣かせてみたいわ ああ 私のこのひざで
北の旅人PLATINA LYLIC石原裕次郎PLATINA LYLIC石原裕次郎山口洋子弦哲也たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを 待ってると いとしいおまえの 呼ぶ声が 俺の背中で 潮風(かぜ)になる 夜の釧路は 雨になるだろう  ふるい酒場で 噂をきいた 窓のむこうは 木枯まじり 半年まえまで 居たという 泣きぐせ 酒ぐせ 泪ぐせ どこへ去(い)ったか 細い影 夜の函館 霧がつらすぎる  空でちぎれる あの汽笛さえ 泣いて別れる さい果て港 いちどはこの手に 抱きしめて 泣かせてやりたい 思いきり 消えぬ面影 たずねびと 夜の小樽は 雪が肩に舞う
今日だけは五木ひろし五木ひろし山口洋子小林亜星ほほえみあえば一日 優しいまま はじまるよ 手のひらに乗せた 風のように ふとふれあう よろこびを あなたの胸に残して ほほえみあえば一日 優しいままで はじまるよ  肩よせあえば一日 恋したまま 過せるよ いまひらきかけた 花のように せいいっぱい 美しく つめたい風の なかでも 肩よせあえば一日 恋したままで 過せるよ  明日のために一日 涙わすれ 生きようよ 心に出逢いと 愛があれば 幸せです ほんとうに 今日だけは 皆元気で 明日のために一日 涙をわすれ 生きようよ
狼のバラード五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃夢は捨てた 自分の手で 恋もないのさ 汚れた胸には 友達は お前だけ 影法師 あー岩に吠え 森を走り 傷つきながら月の光に生きる男 その微笑(ほほえみ)の裏側 誰も知らない 狼の涙を――  過去は捨てた この刀で 故国(くに)もないのさ 孤独な俺には 道連れは お前だけ 影法師 あー悪を斬り 罪を憎み 傷つきながら夜の谷間に生きる男 その微笑みの裏側 誰も知らない 狼の涙を――  あー誰が泣く 俺が死んでも いま居るところいつも墓場さ風に流浪(さすら)う その微笑の裏側 誰も知らない 狼の涙を――
明日の愛五木ひろし五木ひろし山口洋子筒美京平さようならと 泣かないで 最后(いま)は ほほえみを いつかまた めぐり逢える 太陽(ひかり)と 風のように  他人(ひと)は みな遠ざかり 希望(ゆめ)は 褪(あ)せようと 花は咲く 春がくれば 地の果て 続くかぎり  あおい海の 彼方の 静かな 岩かげ ひとつぶの 真珠になり 想い出 遠くねむる  眼を閉じれば いつでも 側にいる あなた あの星と 同じように またたく 愛のひかり  あの星と 同じように 消えない 愛のひかり
渚の女GOLD LYLIC五木ひろしGOLD LYLIC五木ひろし山口洋子五木ひろし逢いたくなったら ひとりで海に来て 名前をお呼びと云ったひと 別れてはじめて あなたの優しさが しみじみわたしにわかります 渚によせる しろい哀しいさざ波 女ごころをぬらして 二度とかえらぬ 夢を呼ぶ  どんなに遠くに あなたが行こうとも わたしの心は はなれない 愛した月日は そのままで生きている わたしの胸にも瞼にも まっ赤に燃えて ひとり泣いてる夕陽は 女ごころの切なさ 二度とかえらぬ 恋を呼ぶ  潮風はるか 空にちぎれる汽笛は 女ごころのさよなら 二度とかえらぬ ひとを呼ぶ
風の歌高木麻早高木麻早山口洋子惣領泰則海よ 今の気持を誰に云えば わかってくれるだろう 身体に感じている 言葉を越えたなにか… 愛 つらい思い知りながら 生きてゆく日の この熱さがいい ひとつずつ夢の積木つんで ウ……  ああ 誰のせいでもないのだから いつかのすれちがいさえ…… 身体に感じてゆく 確かなものが欲しい あのやさしい雲追いかけて 生きてゆく日々の この熱さがいい どこまでも風が誘う 海へ ウ……  愛 つらい思い知りながら 生きてゆく日の この熱さがいい ひとつずつ夢の積木つんで ウ…… あのやさしい雲追いかけて 生きてゆく日々の この熱さがいい どこまでも風が誘う 海へ ウ……
百人の男亜木寛子亜木寛子山口洋子伊藤雪彦百人の男の優しい腕よりも あんたの冷たさが ただ恋しい時もある 一緒に死のうかと 馬鹿な気まぐれ 言葉遊びでも 酔えれば 酔えればいいわ 別離が音もなくしのびこむ夜は ああ 夜明けも早いのよ  優しく抱くよりも両手をつかんで 昨日はだれといた なにしてたと聞かれたい からだよせあって はなればなれの 夢を追うなんて 耐えられ 耐えられないわ かわいた砂の上 愛のかけらでも ああ 見つけてなぞりたい  男の淋しさがわかってたまるかと 独りで酒の中 何故溺れて逃げ込むの わざと乱ぼうに喉をそらして グラス飲みほした 気ままな 気ままな素顔 一度は狂わせて 泣かせてみたいわ ああ 私のこのひざで 
峰子のマドロスさん西川峰子西川峰子山口洋子猪俣公章あ、あ、あばよバイバイ 可愛いあの娘 波が呼ぶんだよ 風が呼ぶんだよ 白い帽子を 横ちょにかぶり 泣かせるつもりは ないけれど や、や、やっぱりおいらは 海のマドロスさ  あ、あ、あばよバイバイ いとしいあの娘 かもめ くるりとよ 名残り惜しんでる わざとじゃけんに 口笛ふいて さよならがわりに 投げキッス や、や、やっぱりおいらは 海のマドロスさ  あ、あ、あばよバイバイ 可愛いあの娘 今度くる日まで 無事でいておくれ つらい気持は 波間に捨てて 振り向きゃはるかな 地平線 や、や、やっぱりおいらは 海のマドロスさ
女心は港の灯八代亜紀八代亜紀山口洋子弦哲也好きな男の ぬくもりは ふるさと みたいな 気がするわ すこし 泣いても いいかしら 恋は夕ぐれ 明日は出船 女心は あゝ港の灯  酒で想い出 うすめても 別れの涙は とまらない ちょっと酔っても いいかしら 歌は泣き節 おんぼろギター 女心は あゝ港の灯  ふられ女は ブイになる 出船に ついてく 流れブイ あなた 待っても いいかしら 北は木枯 南は小雨 女心は あゝ港の灯 
うしろ影八代亜紀八代亜紀山口洋子北原じゅん幸せはいらないあなたがほしい わるい男とわかればなおさらほしい あついお酒と優しい唄で 死んでゆく恋抱いてます 許せないけど泣けてくる泣けてくる 逃げたうしろ影  いちまいの枯葉ねわたしのことは 女ごころ炎やして尽くしてみても うすい情けの衿まきだけじゃ 肩が寂しい冬の窓 許せないけど泣けてくる泣けてくる 逃げたうしろ影  流れ星見つけて願いをかけて せめて一夜だけでも一緒にいたい あまい地獄につき落とされて 情のない夢追いかける 許せないけど泣けてくる泣けてくる 逃げたうしろ影 
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 錠剤
  2. Subtitle
  3. KICK BACK
  4. 旅の宿
  5. そんじょそこらの女

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 好きじゃないよ
  2. Blue Moon
  3. SPECTRA
  4. ギターと孤独と蒼い惑星
  5. Stardom

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照