黒木憲の歌詞一覧リスト  11曲中 1-11曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
11曲中 1-11曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
有難や節有難や有難や 有難や有難や 金がなければ くよくよします 女に振られりゃ 泣きまする 腹がへったら おまんまたべて 寿命尽きれば あの世行き 有難や有難や 有難や有難や  恋というから 行きたくなって 愛というから 会いたがる こんな道理は 誰れでもわかる それを止めたきゃ 字を変えろ 有難や有難や 有難や有難や  有難や有難や 有難や有難や デモはデモでも あの娘のデモは いつもはがいい じれったい 早く一緒に なろうと言えば デモデモデモと 言うばかり 有難や有難や 有難や有難や  近頃地球も 人数がふえて 右も左も 満員だ だけど行くとこ 沢山ござる 空にゃ天国 地にゃ地獄 有難や有難や 有難や有難や  有難や有難や 有難や有難や 酒を呑んだら 極楽行きと 思うつもりで 地獄行き どこでどうやら 道まちがえて どなる女房の 閻魔顔 有難や有難や 有難や有難や  親の教えは 尊いものよ 俺もそろそろ みならおか おやじゃええとこで 酒呑んでござる 勉強ばかりじゃ 親不孝 有難や有難や 有難や有難や黒木憲浜口庫之助森一也竜崎孝路有難や有難や 有難や有難や 金がなければ くよくよします 女に振られりゃ 泣きまする 腹がへったら おまんまたべて 寿命尽きれば あの世行き 有難や有難や 有難や有難や  恋というから 行きたくなって 愛というから 会いたがる こんな道理は 誰れでもわかる それを止めたきゃ 字を変えろ 有難や有難や 有難や有難や  有難や有難や 有難や有難や デモはデモでも あの娘のデモは いつもはがいい じれったい 早く一緒に なろうと言えば デモデモデモと 言うばかり 有難や有難や 有難や有難や  近頃地球も 人数がふえて 右も左も 満員だ だけど行くとこ 沢山ござる 空にゃ天国 地にゃ地獄 有難や有難や 有難や有難や  有難や有難や 有難や有難や 酒を呑んだら 極楽行きと 思うつもりで 地獄行き どこでどうやら 道まちがえて どなる女房の 閻魔顔 有難や有難や 有難や有難や  親の教えは 尊いものよ 俺もそろそろ みならおか おやじゃええとこで 酒呑んでござる 勉強ばかりじゃ 親不孝 有難や有難や 有難や有難や
悲歌(エレジー)あなたは歩く 悲しい過去に 別れを告げて ぼくのもとへ それは むらさき色した 雨のたそがれ 枯葉の道 迎えに行こう さみしい歌に あなたの胸が 泣かぬように  ふりむかないで 悲しい過去は あなたを二度と 追って来ない あれは はかないまぼろし やがて消え行く バラの朝に くちびる合せ 涙の味に ほほえみ交す 時が来るさ  ル…… ル…… ル…… ル…… それは悲しい さだめの 歌に別れを 告げる夜明け しあわせあふれ 抱きしめた肩 苦しめた過去 忘れるのさ黒木憲阿久悠田辺信一あなたは歩く 悲しい過去に 別れを告げて ぼくのもとへ それは むらさき色した 雨のたそがれ 枯葉の道 迎えに行こう さみしい歌に あなたの胸が 泣かぬように  ふりむかないで 悲しい過去は あなたを二度と 追って来ない あれは はかないまぼろし やがて消え行く バラの朝に くちびる合せ 涙の味に ほほえみ交す 時が来るさ  ル…… ル…… ル…… ル…… それは悲しい さだめの 歌に別れを 告げる夜明け しあわせあふれ 抱きしめた肩 苦しめた過去 忘れるのさ
おもいやり泣いてくらすなよ 酒もほどほどに やせたりして体を 悪くするじゃない せめて別れの握手に 心こめながら お前にささやく胸のうちを じっときいてくれ すねて泣くじゃない  惚れて転ぶなよ 恋におぼれるな 一途になり自分を 捨ててけがするな 別れまぎわによけいな ことと思うけど お前を愛した男だから これがはなむけさ 思い出してくれ  五年過ぎたかな ここの愛の巣も 気づかないでいたけど みんな想い出さ 大人どうしのくらしに 幕を下ろす時 お前が行くまでしゃれていたい 肩で泣くじゃない 胸で泣くじゃない黒木憲阿久悠三佳令二泣いてくらすなよ 酒もほどほどに やせたりして体を 悪くするじゃない せめて別れの握手に 心こめながら お前にささやく胸のうちを じっときいてくれ すねて泣くじゃない  惚れて転ぶなよ 恋におぼれるな 一途になり自分を 捨ててけがするな 別れまぎわによけいな ことと思うけど お前を愛した男だから これがはなむけさ 思い出してくれ  五年過ぎたかな ここの愛の巣も 気づかないでいたけど みんな想い出さ 大人どうしのくらしに 幕を下ろす時 お前が行くまでしゃれていたい 肩で泣くじゃない 胸で泣くじゃない
君に逢いたい君に逢いたい 今一度 好きで別れた 遠いひと 帰らぬ 愛のおもかげを 泉に淡く 浮かべても 涙でくずれる 想い出の道  君は日傘を ふりながら 待ってくれてた 風の中 ポプラ並木の こぼれ陽が 今もこの目に いたいけど 別れて逢えない 初恋のひと  君は今頃 倖せか 春のあの日を 忘れたか 夢にまで見る 君の名を 夕焼け雲に 呼んだけど 声さえかえらぬ 故郷の空黒木憲有馬三恵子鈴木淳君に逢いたい 今一度 好きで別れた 遠いひと 帰らぬ 愛のおもかげを 泉に淡く 浮かべても 涙でくずれる 想い出の道  君は日傘を ふりながら 待ってくれてた 風の中 ポプラ並木の こぼれ陽が 今もこの目に いたいけど 別れて逢えない 初恋のひと  君は今頃 倖せか 春のあの日を 忘れたか 夢にまで見る 君の名を 夕焼け雲に 呼んだけど 声さえかえらぬ 故郷の空
霧にむせぶ夜GOLD LYLIC涙じゃないよと 言いたいけれど こらえても こらえても まつ毛がぬれる 君よりせつない この俺なのさ だから笑顔が ほしいのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜  逢いたくなったら 夢でも逢える はなれても はなれても かわらぬ心 君よりはげしい この恋なのさ だから死ぬほど つらいのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜  分ってくれたら 泣くのをやめて いつまでも いつまでも 待たせはしない 君よりさみしい この胸なのさ だからみじかい 旅なのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜GOLD LYLIC黒木憲丹古晴己鈴木淳涙じゃないよと 言いたいけれど こらえても こらえても まつ毛がぬれる 君よりせつない この俺なのさ だから笑顔が ほしいのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜  逢いたくなったら 夢でも逢える はなれても はなれても かわらぬ心 君よりはげしい この恋なのさ だから死ぬほど つらいのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜  分ってくれたら 泣くのをやめて いつまでも いつまでも 待たせはしない 君よりさみしい この胸なのさ だからみじかい 旅なのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜
チェリーブランディーチェリーブランディー かたむけるのも あなたとでなければ 意味はないの ほかの誰かじゃ つまらない グラスにうつるの あなたのほほえみ  お酒をのんでも よえないの あなたとでなければ 意味はないの 恋のなやみを 解けるのも あなたでなければ できないの  チェリーブランディー 愛の言葉よ あなたとでなければ 意味はないの ほかの誰かじゃ つまらない いつまでも消えないの あなたの面影  二人の香りがする お酒 あなたとでなければ 意味はないの ほかの誰かじゃ つまらない あなたとでなければ 意味ないの黒木憲若林ケンもんでみのわチェリーブランディー かたむけるのも あなたとでなければ 意味はないの ほかの誰かじゃ つまらない グラスにうつるの あなたのほほえみ  お酒をのんでも よえないの あなたとでなければ 意味はないの 恋のなやみを 解けるのも あなたでなければ できないの  チェリーブランディー 愛の言葉よ あなたとでなければ 意味はないの ほかの誰かじゃ つまらない いつまでも消えないの あなたの面影  二人の香りがする お酒 あなたとでなければ 意味はないの ほかの誰かじゃ つまらない あなたとでなければ 意味ないの
とまり木もようすてきなカフスね どなたのお見立て いいひとが できたのね くやしいけれども わかるのよ いいの止してよ 言訳は できてるみたいに 聞こえるわ 赤坂 とまり木 24時  やけ酒みたいよ 今夜の呑みかた あのひとと 別(き)れたこと 夜風のうわさじゃ きいてたわ だめよ 強がり 言ったって あなたの背中が 泣いてます すすきの とまり木 24時  おひさしぶりね どうしてらしたの どこでまた ウブな娘を 騙していたのよ 悪いひと あなたうらんで 一昨日(おととい)も さんざん夕子が 荒れてたわ モトマチ とまり木 24時  あなたのひだり手 小指のとなりで 光ってる その指輪 外して頂だい 帰るまで そうよ 妻ある ひとだって 知ってはいるけど つらいのよ 中州 とまり木 24時黒木憲吉田旺徳久広司すてきなカフスね どなたのお見立て いいひとが できたのね くやしいけれども わかるのよ いいの止してよ 言訳は できてるみたいに 聞こえるわ 赤坂 とまり木 24時  やけ酒みたいよ 今夜の呑みかた あのひとと 別(き)れたこと 夜風のうわさじゃ きいてたわ だめよ 強がり 言ったって あなたの背中が 泣いてます すすきの とまり木 24時  おひさしぶりね どうしてらしたの どこでまた ウブな娘を 騙していたのよ 悪いひと あなたうらんで 一昨日(おととい)も さんざん夕子が 荒れてたわ モトマチ とまり木 24時  あなたのひだり手 小指のとなりで 光ってる その指輪 外して頂だい 帰るまで そうよ 妻ある ひとだって 知ってはいるけど つらいのよ 中州 とまり木 24時
花はまぼろしこころのすみで いつまでも 涙にぬれて 咲いている 思い出だけの はかないかおり ああ 初恋の 花はまぼろし  かなしいトゲの あることを あの娘も俺も 知らなくて いちずにもえた かえらぬ月日 ああ 初恋の 花はまぼろし  千切ってすてて すむのなら こんなに胸も いたまない 夢より淡い おもかげなのに ああ 初恋の 花はまぼろし黒木憲丹古晴己鈴木淳こころのすみで いつまでも 涙にぬれて 咲いている 思い出だけの はかないかおり ああ 初恋の 花はまぼろし  かなしいトゲの あることを あの娘も俺も 知らなくて いちずにもえた かえらぬ月日 ああ 初恋の 花はまぼろし  千切ってすてて すむのなら こんなに胸も いたまない 夢より淡い おもかげなのに ああ 初恋の 花はまぼろし
二人で来た道君とあるいた から松林 忘れられない 雨がふる ぬれてつめたい あのくちづけを 思い出すたび せつなくて 二人で来た道を ひとりで来たのさ  君は遥かな 思い出の人 雨の湖畔で 消えた人 偲ぶことさえ いけないことと 知っていながら 恋しくて 二人で来た道を たどってみるのさ  君の呼ぶ声 きこえるような 風の梢に 涙ぐむ つらいさだめを うらんで泣いて 死んでいいよと だきあった 二人で来た道は 野菊も咲くのに黒木憲丹古晴己鈴木淳君とあるいた から松林 忘れられない 雨がふる ぬれてつめたい あのくちづけを 思い出すたび せつなくて 二人で来た道を ひとりで来たのさ  君は遥かな 思い出の人 雨の湖畔で 消えた人 偲ぶことさえ いけないことと 知っていながら 恋しくて 二人で来た道を たどってみるのさ  君の呼ぶ声 きこえるような 風の梢に 涙ぐむ つらいさだめを うらんで泣いて 死んでいいよと だきあった 二人で来た道は 野菊も咲くのに
夜の東京の片隅で泣いているんだね 何か辛いんだね 痛いほど わかる気がするその泪 夜の東京の片隅で 俺もいつか こらえきれずに泣いたから  戻っちゃ来ないさ 忘れちまいなよ 出来るなら 肩をたたいてやりたいが 夜の東京の片隅で 俺も知ってる 無理に忘れた哀しさを  風が出てきたよ 雨になるんだろうか 寂しくて 俺もこのまま帰れない 夜の東京の片隅で 待ってやるさ 気がすむまで泣くがいい黒木憲有馬三恵子鈴木淳泣いているんだね 何か辛いんだね 痛いほど わかる気がするその泪 夜の東京の片隅で 俺もいつか こらえきれずに泣いたから  戻っちゃ来ないさ 忘れちまいなよ 出来るなら 肩をたたいてやりたいが 夜の東京の片隅で 俺も知ってる 無理に忘れた哀しさを  風が出てきたよ 雨になるんだろうか 寂しくて 俺もこのまま帰れない 夜の東京の片隅で 待ってやるさ 気がすむまで泣くがいい
別れても久し振りだね お前と会うのは あれからどうして いたのかい 別れた頃より またひとつ きれいになった みたいだが すぐ泣く癖は 変らない しあわせならば それでいい  風の噂は 聞いていたけれど 思いがけずに 逢うなんて こうして二人で 飲んでると 遠い昔に いるようで 別れたことも 忘れるよ キャラの香りも 同じだね  二度とこうして 逢えないだろうが 今なら言えるさ この気持 あの時俺が 大人なら 別れはしない 離さない そいつをいつも くやんでる 送らないけど 幸せに黒木憲有馬三恵子鈴木淳久し振りだね お前と会うのは あれからどうして いたのかい 別れた頃より またひとつ きれいになった みたいだが すぐ泣く癖は 変らない しあわせならば それでいい  風の噂は 聞いていたけれど 思いがけずに 逢うなんて こうして二人で 飲んでると 遠い昔に いるようで 別れたことも 忘れるよ キャラの香りも 同じだね  二度とこうして 逢えないだろうが 今なら言えるさ この気持 あの時俺が 大人なら 別れはしない 離さない そいつをいつも くやんでる 送らないけど 幸せに
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. シンデレラボーイ
  3. KICK BACK
  4. ツキヨミ
  5. 希望のチューしよっ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 希望のチューしよっ
  2. 霹靂
  3. Blue Moon
  4. Deep down
  5. 倶に

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照