渚の女

この曲の表示回数 87,643

逢いたくなったら ひとりで海に来て
名前をお呼びと云ったひと
別れてはじめて あなたの優しさが
しみじみわたしにわかります
渚によせる
しろい哀しいさざ波
女ごころをぬらして
二度とかえらぬ 夢を呼ぶ

どんなに遠くに あなたが行こうとも
わたしの心は はなれない
愛した月日は そのままで生きている
わたしの胸にも瞼にも
まっ赤に燃えて
ひとり泣いてる夕陽は
女ごころの切なさ
二度とかえらぬ 恋を呼ぶ

潮風はるか
空にちぎれる汽笛は
女ごころのさよなら
二度とかえらぬ ひとを呼ぶ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:渚の女 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1987/12/21
商品番号:35NT-126
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP