歌詞を

ヘルプ

藤圭子の歌詞一覧リスト

48 曲中 1-48 曲を表示
2019年12月13日(金)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
アカシアの雨がやむ時藤圭子水木かおる藤原秀行アカシアの雨にうたれて
明日から私は藤圭子山上路夫鈴木邦彦あきらめましたあなたのことは
あなた任せのブルース藤圭子石坂まさを森川登誰かに頼って生きなけりゃ
網走番外地藤圭子タカオ・カンベ不詳春に春に追われし花も散る
雨がやんだら藤圭子なかにし礼筒美京平雨がやんだらお別れなのね
逢わずに愛して藤圭子川内康範彩木雅夫涙枯れても夢よ枯れるな
命預けます藤圭子石坂まさを石坂まさを命預けます流れ流れて
生命ぎりぎり藤圭子石坂まさを石坂まさを夜に疲れた恋に疲れた蝶々
命火藤圭子石坂まさを石坂まさをいのちびよ誰を頼って
うそ藤圭子山口洋子平尾昌晃折れた煙草の吸いがらで
怨み節藤圭子伊藤俊也菊池俊輔花よ綺麗とおだてられ
男と女藤圭子RaURaU&SkingU人の心の裏側に深くて
おもいで酒藤圭子高田直和梅谷忠洋無理して飲んじゃいけないと
面影平野藤圭子阿木燿子宇崎竜童女一人の住まいにしては私の
女の意地藤圭子鈴木道明鈴木道明こんなに別れが苦しいものなら
女のブルース藤圭子石坂まさを猪俣公章女ですもの恋をする
女は恋に生きてゆく藤圭子石坂まさを石坂まさを貴方はいいでしょ私がいなくて
カスバの女藤圭子大高ひさを久我山明涙じゃないのよ浮気な雨に
可愛い女藤圭子中山大三郎船村徹まるで私の人生にたのしいこと
聞いて下さい私の人生藤圭子六本木哲・補作詞:岡千秋六本木哲聞いて下さい私の人生
北国の春藤圭子いではく遠藤実白樺青空南風こぶし咲く
北国行きで藤圭子山上路夫鈴木邦彦つぎの北国行きが来たら
今日でお別れ藤圭子なかにし礼宇井あきら今日でお別れねもう逢えない
京都から博多まで藤圭子阿久悠猪俣公章肩につめたい小雨が重い
京都ブルース藤圭子なかにし礼馬飼野康二哀しみがつきものなら
霧の摩周湖藤圭子水島哲平尾昌晃霧にだかれてしずかに眠る
圭子の夢は夜ひらくGOLD LYLIC藤圭子石坂まさを曽根幸明赤く咲くのはけしの花
恋仁義藤圭子石坂まさを曾根幸明あなたと死んでも命は命
さいはての女藤圭子石坂まさを彩木雅夫惚れてふられた女でも
酒に酔うほど藤圭子RA U.RA U.・SKING U.たった一度の人生じゃないか
さすらい藤圭子十二村哲北原じゅん泣いてくれるな流れの星よ
知りすぎたのね藤圭子なかにし礼なかにし礼知りすぎたのねあまりに私を
新宿の女藤圭子石坂まさを・みずの稔石坂まさを私が男になれたなら
千年のかがり火藤圭子曲保曽根幸明千年の歴史を灯し
旅の終りに藤圭子立原岬菊池俊輔流れ流れてさすらう旅は
妻籠の宿藤圭子石坂まさを中本直樹君の生活には青春は
天国藤圭子荒木とよひさ三木たかしこの胸の悲しみを
東京流れもの藤圭子石坂まさを不詳風が吹いたら吹かれます雨が
はしご酒藤圭子はぞのなな赤坂通人の情けがひとしずく
ひとり寝の子守唄藤圭子加藤登紀子加藤登紀子ひとりで寝る時にゃよォ
舟唄藤圭子阿久悠浜圭介お酒はぬるめの燗がいい
螢火藤圭子阿木燿子三島大輔季節はずれの螢火を宿した
みちのく小唄藤圭子石坂まさを野々卓也恋のみちのく青森は
みちのく一人旅藤圭子市場馨三島大輔ここでいっしょに死ねたら
港町ブルース藤圭子深津武・補作詞:なかにし礼猪俣公章背のびしてみる海峡を
別れの朝藤圭子なかにし礼ウド・ユルゲンス別れの朝ふたりは
別れの旅藤圭子阿久悠猪俣公章夜空は暗く心も暗く
私は京都へ帰ります藤圭子山口洋子猪俣公章小雨さみしい博多の街へ

藤 圭子(ふじ けいこ、1951年7月5日 - 2013年8月22日)は、日本の演歌歌手。本名、宇多田 純子(うただ じゅんこ)。旧姓、阿部(あべ)。岩手県一関市生まれ、北海道旭川市育ち。1960年代終わりから1970年代初めにかけて一世を風靡する。夜の世界に生きる女の感情を描いた暗く陰鬱な歌(『怨歌五木寛之による造語。 朝… wikipedia