京都ブルース

この曲の表示回数 15,548
歌手:

藤圭子


作詞:

なかにし礼


作曲:

馬飼野康二


哀しみがつきものなら
女などやめたいのに
あの人のためならばと
私は耐えてる
別れようと言ったけれど
さよならと言わなかった
あの人の胸のおくを 私は信じた

あゝ雨がながれる
あゝ清水坂
好きな人にも涙みせずに
あゝかくれて
京都の女は 生きるために泣く

強がりは女のものゝ素顔など見せないもの
死ぬときも化粧だけはゝとらないものなの
待ちますと言ったけれど
逢いたいと言えないまま
あの人の帰る時を 暦にたずねる

あゝ石を投げ込む
あゝ賀茂のながれ
好きな人にも涙みせずに
あゝかくれて
京都の女は 生きるために泣く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:京都ブルース 歌手:藤圭子

藤圭子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-10-26
商品番号:BVCK-38110
BMG JAPAN

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP