千年のかがり火

この曲の表示回数 9,786
歌手:

藤圭子


作詞:

曲保


作曲:

曽根幸明


千年の歴史を灯しつづけるかがり火
この川は清く
炎に染めた愛をうつしてそして流れる
五月の若鮎にもつれ泳ぐ鵜の鳥
一夜の薪能の 舞に似た
この恋模様なぜかなやまし

つかの間の宴に燃えて燃え尽きるかがり火
この川は清く
いにしえの夢を今宵もうつしてそして 流れる
炎の 舞姿瀬音 舟音 夢模様 悲しい 命 知った時
揺れるかがり火なぜかさみしい

五月の若鮎にもつれ泳ぐ鵜の鳥
一夜の薪能の 舞に似た
この恋模様なぜかなやまし
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:千年のかがり火 歌手:藤圭子

藤圭子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-10-23
商品番号:CRDN-2011
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP