高田弘編曲の歌詞一覧リスト  159曲中 1-159曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
159曲中 1-159曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
酒場にて永井裕子永井裕子山上路夫鈴木邦彦高田弘好きでお酒を 飲んじゃいないわ 家にひとり帰る時が こわい私よ あのドアを開けてみたって あなたはいない 暗い闇が私を 待ってるだけよ また長い夜をどうして すごしましょう 愛の香りも 消えたあの部屋  どうぞお店が 終る時まで ここにおいてひとりだけで 飲んでいるから 死ぬことも出来ず今でも あなたを想い 今日もひとり酒場で 泣いてる私 また長い夜をどうして すごしましょう 愛の香りも 消えたあの部屋  死ぬことも出来ず今でも あなたを想い 今日もひとり酒場で 泣いてる私 また長い夜をどうして すごしましょう 愛の香りも 消えたあの部屋
しあわせ岬門松みゆき門松みゆきたかたかし岩久茂高田弘しあわせになりたいなァ 愛する人の胸に抱かれて ホロホロと泣きたいなァ 悲しみを忘れて あまえてみたい あゝ 海に赤い夕陽が沈む あなた乗せた船は 船は見えない 岬に 春が来るというのに  しあわせになりたいなァ あなたと二人ここで暮らせたら 苦労さえ楽しいなァ どんなわがままでも 聞いてあげたい あゝ こんな夜はお酒をつけて ひとり待てばあなた あなた恋しい 岬に 春が来たというのに  しあわせになりたいなァ 浜木綿が咲く北の岬は 潮さいの音ばかり くちびるが燃えます 日暮れが来ます あゝ そうよここがあなたの故郷 帰る時をわたし わたし待ちます 岬に 春が過ぎてゆくけど
関東春雨傘福田こうへい福田こうへい米山正夫米山正夫高田弘関東一円 雨降るときは さして行(い)こうよ 蛇の目傘(かさ) どうせこっちは ぶん流し エー エー… エー 抜けるもんなら 抜いてみな 斬(き)れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ あとにゃ引かない 女伊達(だて)  花が散(ち)ります 桜の花が 太く短い 命なら 派手に行こうよ この啖呵(たんか) エー エー… エー 抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ こわいものなし 女伊達  女だてらに朱鞘(しゅざや)を差して 罪でござんす ご時世(じせい)が やくざ渡世(とせい)の 身の辛(つら)さ エー エー… エー 抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ 恋も知らない 女伊達
大阪の灯石塚ひろし石塚ひろし新條カオル四方章人高田弘そぞろ歩きの 心斎橋で いとしい君の 面影(かげ)慕う 男ごころに しみついた たった一度の 思い出を 秘めて大阪 灯がともる  好きと言うのも もどかしかった 千日前の 喫茶店 あの日ソファーに 身を寄せて そっと両手を 添えた時 君の瞳も 濡れていた  消えてまたつく ネオンの花が 行きかう人の 肩に散る きっと逢えると 見上げれば 澄んだか細い 淀の月 夜の大阪 灯がともる
ロボットガンちゃん110番藤本房子藤本房子石ノ森章太郎小林亜星高田弘きたぞ きたきた ガンときた ハイハイ モシモシ ハイりょうかい どんなでっかい じけんでも どんなちっちゃな じけんでも おいらにガーンと まかしとき はぐるまギシギシ ねつカッカ ガンガラガーンと かいけつだい こちら ロボット110ばん  そうら そらそら ビュンとそら クルクル ブルルン プロペラだい どんなとおくの じけんでも どんなちかくの じけんでも おいらはビューンと とんでゆく めだまグルグル くちへのじ ガンガラガーンと かいけつだい こちら ロボット110ばん  でたぞ でたでた クルリでた りょうあしひっこみ くるまでた どんなデコボコ どうろでも どんなドロンコ どうろでも おいらは はしるぜ どこへでも サイレン ピポピポ ライトピカ ガンガラガーンと かいけつだい こちら ロボット110ばん
バッテンパンチの唄藤本房子藤本房子八手三郎小林亜星高田弘パンチ パンチ バッテン パンチ こいつはたまらん こたえるパンチ きょうはしっぱい パンチをくったが(アーア) それでもおいらは くじけない(アー) がんばりゃいいんだ こんどはセーフ おいら まけない ガンちゃんだい  パンチ パンチ バッテン パンチ どたまのてっぺん しびれるパンチ またもしっぱい パンチをくっても(アーア) ガンガラファイトだ くじけない(アー) がんばりゃいいんだ あしたはセーフ おいら ロボット ガンちゃんだい  パンチ パンチ バッテン パンチ おへそのしたまで こたえるパンチ またもやられた パンチのパンチだ(アーア) ガンガラパッパァ くじけない(アー) やったるみてくれ いつかはセーフ おいら がんばる ガンちゃんだい
うちの親分松島みのり、藤田淑子松島みのり、藤田淑子冬社花代子小林亜星高田弘うちの親分 なんでガスよ てんぐの子なのに 鼻ペチャで そのくせいつでもいばりんぼ だめだといわれりゃ やりたがり こわい時ほど 空いばり 「でも なんでガスよ」 おいらにゃ親分がいちばん テンクロそろえば ルンルン ふたりでできないことはない  うちの親分 なんでガスよ 特技はどんぶり 10ぱい飯 おいらの分まで 食べたがり かわいこちゃんには からっきし よわくていいとこ 見せたがり 「でも なんでガスよ」 おいらにゃ親分がいちばん テンクロそろえば ルンルン ふたりでできないことはない  うちの親分 なんでガスよ 人間世界に来たわけは 妖怪王国指名犯 百と八匹 みつけだし かたっぱしから 退治する 「でも なんでガスよ」 おいらにゃ親分がいちばん テンクロそろえば ルンルン ふたりでできないことはない
茶つみももくろちゃんZももくろちゃんZ文部省唱歌文部省唱歌高田弘なつもちかづく はちじゅうはちや のにもやまにも わかばがしげる あれにみえるは ちゃつみじゃないか あかねだすきに すげのかさ  ひよりつづきの きょうこのごろを こころのどかに つみつつうたう つめよつめつめ つまねばならぬ つまなにゃにほんの ちゃにならぬ つまなにゃにほんの ちゃにならぬ
一月一日ももくろちゃんZももくろちゃんZ千家尊福上真行高田弘としのはじめの ためしとて おわりなきよの めでたさを まつたけたてて かどごとに いおうきょうこそ たのしけれ  はつひのひかり さしいでて よもにかがやく けさのそら きみがみかげに たぐえつつ あおぎみるこそ とうとけれ
いっぽんどっこの唄福田こうへい福田こうへい星野哲郎安藤実親高田弘ぼろは着てても こころの錦 どんな花より きれいだぜ 若いときゃ 二度とない どんとやれ 男なら 人のやれない ことをやれ  涙かくして 男が笑う それがあの娘にゃ わからない 恋だなんて そんなもの いいじゃないか 男なら なげた笑顔を みておくれ  何にはなくても 根性だけは 俺の自慢の ひとつだぜ 春が来りゃ 夢の木に 花が咲く 男なら 行くぜこの道 どこまでも
川は流れる三代沙也可三代沙也可横井弘櫻田誠一高田弘病葉(わくらば)を 今日も浮かべて 街の谷 川は流れる ささやかな 望み破れて 哀しみに 染まる瞳に 黄昏の 水のまぶしさ  思い出の 橋のたもとに 錆(さび)ついた 夢のかずかず ある人は 心つめたく ある人は 好きで別れて 吹き抜ける 風に泣いてる  ともし灯も 薄い谷間を ひとすじに 川は流れる 人の世の 塵にまみれて なお生きる 水をみつめて 嘆くまい 明日(あす)は明るく
酒場にて三代沙也可三代沙也可山上路夫鈴木邦彦高田弘好きでお酒を 飲んじゃいないわ 家(うち)にひとり帰る時が こわい私よ あのドアを開けてみたって あなたはいない 暗い闇が私を 待ってるだけよ また長い夜をどうして すごしましょう 愛の香りも 消えたあの部屋  どうぞお店が 終る時まで ここにおいてひとりだけで 飲んでいるから 死ぬことも出来ず今でも あなたを想い 今日もひとり酒場で 泣いてる私 また長い夜をどうして すごしましょう 愛の香りも 消えたあの部屋  死ぬことも出来ず今でも あなたを想い 今日もひとり酒場で 泣いてる私 また長い夜をどうして すごしましょう 愛の香りも 消えたあの部屋
俺はお前に弱いんだ金児憲史金児憲史石巻宗一郎バッキー白片高田弘「遅くならないうちに 今日はこのまま帰ろうね…」  つれないそぶり したけれど 俺の胸は 燃えている 好きだと云えぬ 何故云えぬ 古い傷あと あるからさ ただそれだけ  「またここまで来てしまったね じゃ おやすみ…」  いつも別れる さよならと 暗い露地の 曲り角 やさしく抱いて 何故やれぬ うぶなお前を みつめたら ただ泣けるぜ  「しょうがない娘だな あまえてばっかりいて…」  今日も明日も あえるのに 無理を云って 困らせる 叱ってやれぬ 何故だろう 俺はお前に 弱いんだ ただそれだけ
素顔藤あや子藤あや子中村中小野彩高田弘変わり果てた鬼でも 見るみたいな眼が 反(かえ)ってこの胸 燃えあがらす かわいそうな女を 見るみたいな眼で 下手に触った あんたのせい  嫌いと告げれば 諦めるなんて この世の女は 柔なのね 二度と来るなと 禁じられても 目覚めた炎は 消えないわ  難しいこと わかんない ちょいと お頭(つむ)が 弱いもんだから 酷い言葉で 罵られても あたいのことなら嬉しいの  あんたがあたいを生んだのよ  熟し過ぎた果肉の 生ぬるい蜜 満ちてく念(おも)いを 止めたいなら 飛び出そうな命を もぎとるしかない 上手く狙って 突き止めてよ  綺麗なことしか 見えないだなんて どこまで男は 野暮なのよ 穢(けが)れる前に 戻りたいから 元居た所を 求めるの  小賢(こざか)しいこと わかんない ちょいと 器量が 悪いもんだから 喜ばすのが あんたの役目 使い果たすのが あたいの役目  こんな女 見たことないって あんた 言ったじゃないの  あんた その眼を 逸らすほど どうしようもなく 疎ましいのなら 早くこの身を 滅ぼしとくれ あたいの息の根 止めとくれ  あんたをあたいに残すのよ あんたにあたいを残すのよ
女のみち福田こうへい福田こうへい宮史郎並木ひろし高田弘私(わたし)がささげた その人に あなただけよと すがって泣いた うぶな私が いけないの 二度としないわ 恋なんか これが 女のみちならば  ぬれたひとみに またうかぶ 捨てたあなたの 面影(おもかげ)が どうしてこんなに いじめるの 二度と来ないで つらいから これが 女のみちならば  暗い坂道 一筋に 行(ゆ)けば心の 灯(ひ)がともる きっとつかむわ 幸せを 二度とあかりを けさないで これが 女のみちならば
喝采佳山明生佳山明生吉田旺中村泰士高田弘いつものように 幕が開き 恋の歌 うたう私に 届いた報せは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるあなた駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛びのった ひなびた町の 昼下がり 教会の前にたたずみ 喪服の私は 祈る言葉さえ失くしてた  つたがからまる 白いカベ 細いかげ 長く落として ひとりの私は こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともない私の 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように 幕が開く 降りそそぐ ライトのその中 それでも私は 今日も恋の歌 うたってる
ぶんぶんぶんももくろちゃんZももくろちゃんZボヘミア民謡・訳詞:村野四郎ボヘミア民謡高田弘ぶんぶんぶん はちがとぶ おいけの まわりに のばらが さいたよ ぶんぶんぶん はちがとぶ  ぶんぶんぶん はちがとぶ あさつゆ きらきら のばらが ゆれるよ ぶんぶんぶん はちがとぶ
酒場にて丘みどり丘みどり山上路夫鈴木邦彦高田弘好きでお酒を 飲んじゃいないわ 家(うち)にひとり帰る時が こわい私(あたし)よ あのドアを開(あ)けてみたって あなたはいない 暗い闇(やみ)が私を 待ってるだけよ また長い夜をどうして すごしましょう 愛の香りも 消えたあの部屋  どうぞお店が 終わるときまで ここにおいてひとりだけで 飲んでいるから 死ぬこともできずに今でも あなたを想い 今日もひとり酒場で 泣いてる私 また長い夜をどうして すごしましょう 愛の香りも 消えたあの部屋  死ぬこともできず今でも あなたを想い 今日もひとり酒場で 泣いてる私 また長い夜をどうして すごしましょう 愛の香りも 消えたあの部屋
お富さん福田こうへい福田こうへい山崎正渡久地政信高田弘粋な黒塀 見越しの松に 仇な姿の 洗い髪 死んだ筈だよ お富さん 生きていたとは お釈迦さまでも 知らぬ仏の お富さん エッサオー 源治店(げんやだな)  過ぎた昔を 恨むじゃないが 風もしみるよ 傷の跡 久しぶりだな お富さん 今じゃ異名も 切られの与三よ これで一分(いちぶ)じゃ お富さん エッサオー すまされめえ  かけちゃいけない 他人の花に 情かけたが 身の運命(さだめ) 愚痴はよそうぜ お富さん せめて今夜は さしつさされつ 飲んで明かそよ お富さん エッサオー 茶わん酒  逢えばなつかし 語るも夢さ だれが弾くやら 明烏(あけがらす) ついて来る気か お富さん 命短く 渡る浮世は 雨もつらいぜ お富さん エッサオー 地獄雨
あん時ゃどしゃ降り福田こうへい福田こうへい矢野亮佐伯としを高田弘あん時ゃどしゃ降り 雨ン中 胸をはずませ 濡れて待ってた 街の角 アーアー 初恋ってゆう奴ァ すばらしいもんさ 遠い日のこと みんな夢 ひとりしみじみ 思い出してる 雨ン中  あん時ゃどしゃ降り 雨ン中 離れられずに 濡れて歩いた どこまでも アーアー 別れるってゆう奴ァ たまんないもんさ つらい運命(さだめ)を 恨んだよ ひとりしみじみ 思い出してる 雨ン中  あん時ゃどしゃ降り 雨ン中 やけのやん八 濡れて泣いたぜ 思いきり アーアー 想い出ってゆう奴ァ ほろ苦いもんさ 今じゃあの娘も どうしてか ひとりしみじみ 思い出してる 雨ン中
ねがい星星星星上田紅葉三木たかし高田弘愛されていたと解る 失くして気づく幸せ ともに暮らしたあの日々が 遥かにまぼろしのよう せめて今は 願うだけよ そう あなたの人生が… 大きなぬくもりに抱かれているように 愛の…陽射しの中で… 愛の…陽射しの中で…  あやまちが許すならば あの日に戻りあなたに 渡し損ねたぬくもりを 残らず手渡すけれど 元気ですか 届きますか もう…いいのよ忘れても… あなたに相応(ふさわ)しい誰かが待ってるわ 腕を…伸ばせばそこに… 腕を…伸ばせばそこに…  せめて今は 願うだけよ そう あなたの人生が… 大きなぬくもりに抱かれているように 愛の…陽射しの中で… 愛の…陽射しの中で…  遠く…願いを込めて… 愛の…願いを込めて…
ああ田原坂福田こうへい福田こうへい高橋掬太郎山口俊郎高田弘雨は降る降る 人馬は進む かわい稚児どんが 濡(ぬ)れてゆく あゝ 散るが花かよ 田原(たばる)坂  下(さ)げた血刀 笑うて振れば 風に飛ぶ飛ぶ 乱れ雲 あゝ かばねさらすか 田原坂  我が胸の 燃ゆる思ひに くらぶれば けむりはうすし 桜島山  どこで散ろうと 男の生命(いのち) 鳴くな雲間の ほととぎす あゝ つきぬ恨みの 田原坂
ソウル若三杉ドクター南雲とシルバーヘッドホーンドクター南雲とシルバーヘッドホーンケイ・ふじやまケイ・ふじやま高田弘ワカミスギ(Hi!…BOYS AND GIRLS) ワカミスギ(YA!YA!YA!YOU KNOW…) ワミカギス(……WHAT?) ワカミスギ(……MY FRIEND) ワカミスギ(VERY VERY VERY STRONG) ワカミスギ(WOO……WONDERFUL) ワスカミギ(……WHAT HAPPEN?) ワカミスギ  ガイド・ブックによりますと 本名・下山勝則ちゃん 28年4月の3日 でっかく生まれた牡羊座  貴ノ花(RIGHT ON RIGHT ON BABY) 高見山(HEY!JECY COME ON) 旭国(ONE OF“P-I-L-A-N-I-A”) 北の湖(HE WAS BORN IN“N-I-P-P-A-C-H-I”) き麒麟児(???????) わは輪島(OH!GEE SUPERMAN) か魁傑(HE'S GONNA RIVAL RIVAL) 若三杉!  より出し つき出し うわて投げ  得意技はと問われれば 前ミツつかんで寄って出て  こらえるところを上手投げ 横綱候補のナンバー・ワン  ワミスギカ(がんばれ がんばれ) ワスミカギ(やったれ やったれ) ワミカギス(わっしょい わっしょい) ワカミスギ(それ行け それ行け) ワカミスギ(人気絶頂) ワカミスギ(今度は全勝) ワカミスギ(横綱確実) ワカミスギ・ワカミスギ・ワカミスギ…… <勝ち名乗り>若三杉!
萩の月山本みゆき山本みゆきいとう彩高田弘高田弘一緒に行けない この人と 幾つの石橋 別れ橋 こうしてふたりで 歩いた道を 忘れはしません 最後の夜も… 待つ身悲しい 女の夢が 揺れて揺れて 揺れて切ない 萩の月   過ごした季節の 思い出は 櫻の舞い散る 石畳 夕陽の宿では 波音聞いて 甘える倖せ はじめて知った… 生きて行けます 恋しさだけで なんでなんで なんで寂しい 萩の月   椿の花より 炎える口紅(べに) 愛しい小指に 押し当てる 生まれたこの町 捨てると言えば どれだけ泣かすか 優しい母を… 追えぬ女の 罪ほろぼしに せめてせめて せめて映して 萩の月
萩物語り山本みゆき山本みゆき森坂とも高田弘高田弘まさか夢なの 夢じゃない 頬をあなたが 優しくつねる 別れて十年 止まったはずの 胸の時計が 春を指す うれし涙で みかんの花が ほろりこぼれる 城下町  好きなあなたの 志(こころざし) 守りたかった 身を引いてでも あれから一人の おんなの道は 先の見えない 鍵曲(かいまが)り  恋の一文字(ぐともじ) 書くたび消える  波がさらった 菊ヶ浜(きくがはま)  どんな時代に 生まれても 糸を手繰れば あなたに続く 小さな町しか 知らない私 広い世間も ふたりなら 弱音封じに 口づけられて  明日(あす)へせせらぐ 藍場川(あいばがわ)
ぬくもり細川たかし細川たかし橋本淳筒美京平高田弘あなたの指を やさしくかんで あきらめないわと 涙をふいた 女の夢をかなえてくれる 二人の明日を信じてるの 部屋の灯りを消して 寝顔にくちづけ そばにあなたがいれば 幸せも逃げない 髪をほどく私 時計はずすあなた 夜風もなぜか つれない東京  あなたの心 占うように 別れましょうよと 切り出したけど 電話の低い 男の声は 私の嘘を 見ぬいている 二人身体を寄せて 甘えていたいの 人のぬくもりだけを 信じてきた私 ひざにワインボトル 胸にうらみ言葉 二人になぜか せつない東京  朝の光の中を あなたが帰るわ 部屋の灯りを消して さよならの手をふる 車ひろうあなた 窓をしめる私 二人になぜか つれない東京
経験畑中葉子畑中葉子安井かずみ村井邦彦高田弘やめて 愛してないなら やめて くちづけするのは やめて このまま帰して あなたは わるい人ね わかってても あなたに逢うと いやと言えない ダメな あたしね だから 今日まで たから 今日こそ きらいにさせて 離れさせて  やめて 本気じゃないから やめて きつくだかないで やめて そんな気やすめは あなたは ずるい人ね わかってても あなたの後を ついてゆきたい ダメな あたしね だから なかせて だから ひとこと きらいにさせて 離れさせて
男はみんな華になれ畑中葉子畑中葉子なかにし礼網倉一也高田弘あなたの指が はなれると 私の中に 秋がはじまる 色めきたつ枯葉が コロコロと 未練のように あなたを追いかけてゆく 愛する人を失くしたあとは 乳房の重さが急にむなしい 男はみんな華になれ あなたのうしろ姿に 私は祈る 男はみんな華になれ この世はあなたのためにあるのです  終着駅のざわめきに あなたが消えて 秋がはじまる ベルの音を うつろに聞いてると セピアカラーの景色が 遠のいてゆく あなたの肌をくすぐるための 肩までのばした髪を切りましょう 男はみんな華になれ この先どんな女に めぐり逢っても 男はみんな華になれ あなたはドラマのいつも主役です  男はみんな華になれ あなたのうしろ姿に 私は祈る 男はみんな華になれ この世はあなたのためにあるのです
せんせい畑中葉子畑中葉子阿久悠遠藤実高田弘淡い初恋 消えた日は 雨がしとしと 降っていた 傘にかくれて 棧橋で ひとり見つめて 泣いていた おさない私が 胸こがし 慕いつづけた ひとの名は せんせい せんせい それはせんせい  声を限りに 叫んでも 遠くはなれる 連絡船 白い灯台 絵のように 雨にうたれて 浮んでた 誰にも言えない 悲しみに 胸をいためた ひとの名は せんせい せんせい それはせんせい  恋する心の しあわせを そっと教えた ひとの名は せんせい せんせい それはせんせい
海辺まで10マイル天地真理天地真理橋本淳小林亜星高田弘海辺まで10(テン)マイル 急ぐことはないわ この先の小さな店でお茶にしませんか 眠たげなまなざしが 似合わないあなた  ラジオから流れてるなつかしいビートルズ あの頃の私達にはあこがれがあった 素晴らしい恋人に めぐり逢う夢も  幾たびか喧嘩して別れかけた二人 それなのにたよれるひとは いつもあなたなの 思い出のひとコマが 胸によみがえる  夏の日のざわめきがまるで嘘のような 木枯しのさん橋に立ち あなたに抱かれた 海辺まで10(テン)マイル ロマンスの旅ね
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
赤いランプの終列車福田こうへい福田こうへい大倉芳郎江口夜詩高田弘白い夜霧の 灯りに濡れて 別れ切ない プラットホーム ベルが鳴る ベルが鳴る さらばと告げて 手を振る君は 赤いランプの 終列車  涙かくして 微笑み合うて 窓に残した 心の温み あの人は あの人は 何日また逢える 旅路の人か 赤いランプの 終列車  遠い汽笛に うすれる影に 一人佇(たたず)む プラットホーム さようなら さようなら 瞼の奥に 哀しく消える 赤いランプの 終列車
破れたダイアリー中野美紀中野美紀吉岡治岸本健介高田弘雨がビショビショ 降るせいか 小言ばかりで 根暗です なんにも言わない お父さん アンタ死んでる かたつむり  いいコやるのも 疲れます いつか心も カビだらけ マックの オンボロ・キャラバンで 街を出たのは 梅雨の頃  古いセーラーに さようなら 過去のわたしに さようなら ごめんネ 誰でもよかったの 愛を捧げて みたかった  海を見ました 北の海 花を見ました 紅い花 はじめて きれいな青空を ふたり見たような 気がすると 走り書きした 岬町  9月1日 うろこ雲 これで終った ダイアリ― どんなに両手で ふさいでも いまも聴こえる クラクション 紅く染った ハイウェイ  空につづいた オフロード いまもキャラバン 走ってく わたしはちんまり 家の中 破りすててる ダイアリ― 風に舞い散る ダイアリ―
東京―北京松岡ひろみ松岡ひろみ橋本淳高田弘高田弘忘れな草を 胸に抱き 私は 空の彼方をめざす 亜麻色の午後…… 窓を通して あの人の姿を さがすけれど とどかないわ さよならの言葉 はじめての別れ 淋しさがつのる せめてなぐさめの くちづけが欲しかった 東京―北京 空の旅  いやよいやなの 忘れては あなたに 捧げた女心 私の愛を…… ひとりさすらう 北風の街角 祈り賭けたポプラ並木 面影もゆれる 東洋のパリと 北国の花と 甘い伝説を秘めた町 今ここに 東京―北京 空の旅
大月みやこ大月みやこ平岡精二平岡精二高田弘ふたり暮した アパートを ひとりひとりで 出て行くの すんだことなの 今はもう とてもきれいな 夢なのよ あなたでなくて 出来はしない すてきな夢を 持つことよ もうよしなさい 悪い癖 爪を噛むのは 良くないわ  若かったのね お互いに あの頃のこと うそみたい もうしばらくは この道も 歩きたくない なんとなく 私のことは 大丈夫よ そんな顔して どうしたの 直しなさいね 悪い癖 爪を噛むのは 良くないわ
せめてお名前を黒沢明とロス・プリモス黒沢明とロス・プリモス伊藤アキラ森田公一高田弘ただ一日の恋でいい ひとときだけの愛でいい あゝそれなのに 知らぬふりして遠ざかる せめてお名前を せめてお名前を 街角に 消えるあなたは どこの女  ただまぼろしの恋ならば あきらめもする夢だもの あゝそれは無理 一度この目にふれた女 せめてお名前を せめてお名前を 人ごみに ふっとかくれる 細い影  また来ることもない街で もう会うこともない女よ あゝいつの日にか きっとあなたもよその女 せめてお名前を せめてお名前を 夕暮れに うかぶあなたに さようなら
くるま・おんな・ぶるーす黒沢明とロス・プリモス黒沢明とロス・プリモス橋本淳筒美京平高田弘かれの車に 明日からは わたしの場所は もうないの さめた二人の 愛の終わりに さよならが あるだけなのよ 捨てられて またひろわれて 今日までいくども 幸せ夢みた 弱い女の 最後の夜に せめてブルースを きかせてほしい  小雨の中を 走りつづけて あれはてた 海辺の町に 赤いレンガの 小さなホテル ここで彼とは お別れね 嫌われた訳も 知らずに 立ち去るあなたに 手をふる私 濡れたまつげも ながす涙も あなたの気持を かえはしないわ  嫌われた訳も 知らずに 立ち去るあなたに 手をふる私 女ひとりで 夜明けを待てば 暗いブルースが 好きになるのね
恋のラストブルース黒沢明とロス・プリモス黒沢明とロス・プリモス橋本淳筒美京平高田弘あなたを待てば 真夜中の ナイトクラブに 最後の ブルースが流れる 捜し求めた 人なのに 髪の乱れと 心の乱れ あまりに切ない恋だった  あなたを待てば 雨の中 窓をつたわり 最後の ブルースが流れる 見交わす瞳に 真心が 生きているわと 甘えたくせに あまりに短い恋だった  一人クラブで 思い出す あなたの好きな 最後の ブルースが流れる うしろ姿も さみしげな あなた ゆきずり 孤独な人に なぐさめられた恋だった
ひとり酒場で八代亜紀八代亜紀吉川静夫猪俣公章高田弘ひろい東京に ただ一人 泣いているよな 夜が来る 両手でつつむ グラスにも 浮かぶいとしい 面影よ 夜の銀座で 飲む酒は なぜか身にしむ 胸にしむ  嘘で終った 恋なんか 捨てて忘れて しまいたい 男の意地も おもいでも 流せ無情の ネオン川 夜の銀座で 飲む酒は なぜか身にしむ 胸にしむ  暗い東京の 酒場でも 夢があるから 酔いにくる 今夜はとても 淋しいと そっとあの娘が 言っていた 夜の銀座で 飲む酒は なぜか身にしむ 胸にしむ
逢わずに愛して八代亜紀八代亜紀川内康範彩木雅夫高田弘涙枯れても 夢よ枯れるな 二度と咲かない 花だけど 夢の 夢のかけらを せめてせめて こころに ああ 永久にちりばめ 逢わずに愛して いついつまでも  逢えば別れが つらくて泣ける 恋のねぐらは どこにある 鳥に 鳥になりたい そっとそっと こころで ああ 紅の命を 逢わずに愛して いついつまでも  はなればなれの 運命におかれ 愛がなおさら つよくなる 何が 何があっても すがりすがり 生きぬく ああ 死にはしないわ 逢わずに愛して いついつまでも
東京下町恋物語黒木姉妹黒木姉妹鮎川めぐみ高田弘高田弘浅草 駒形 橋の上から 行き交う 客船 見下ろしました 明かりが灯れば その数毎の 出会いと 別れが あるのでしょうね スカイツリーが 映る 川面にゆらり 浮かぶ 東京下町恋物語 まだまだ ページを開いたばかり  春待ち 桜の 隅田川沿い 今夜はどこまで 歩きましょうか 繋いだ右手の このぬくもりに 心を 預けて しまいたくなる スカイツリーが 光る 夜空に夢が 浮かぶ 東京下町恋物語 もう少し 続きを読みたい私  あなたと見ている この街角 忘れられない 景色に変わる  スカイツリーが 光る 夜空に夢が 浮かぶ 東京下町恋物語 ふたりで育てる 恋物語
夢おいかけて大城バネサ大城バネサ青山るみ合田道人高田弘夢おいかけて 自分で決めた 子供の頃から 演歌好き 心届けと 祖父母の国の 檜舞台に 立ちました 七つ転んで 八つで起きる 夢は見るもの 追うものよ まだまだこの道 捨てられぬ 夢に向って もう一度  夢おいかけて 幾年(いくとせ)すぎた 追えば追うほど 逃げてゆく 異国の風が 冷たく嘲(わら)う 人の情(なさけ)に 泣いた日も 世の中 それほど甘くはないと 知ったあとから 味が出る 明日の希望を 胸に秘め 夢に向って もう一度  七つ転んで 八つで起きる 夢は見るもの 追うものよ まだまだこの道 捨てられぬ 夢に向って もう一度
さくら雪大城バネサ大城バネサ寧樂小夜合田道人高田弘幸せは 似合わない そんな星の下 生まれてきたのね それでも恋を 知った日に 灯り ともした人 泣くもんか 泣くもんかって思うけど 後ろ姿が 小さくなって あなたが 遠く離れてゆく こんな春なら 来なければ 来なけりゃよかった さくら雪  泣き顔は 似合わない そんな言葉に つつまれ泣いてた それでも涙 拭いたとき 微笑み くれた人 忘れよう 忘れようって思うけど いつもぬくもり 探してしまう ひとりじゃ広い 淋しい部屋 こんな恋なら しなければ しなけりゃよかった さくら雪  泣くもんか 泣くもんかって思うけど 涙あふれて 恋しくなって こころが 今も求めている どうせ夢なら いつまでも あなたを想って さくら雪
知りすぎたのね藤圭子藤圭子なかにし礼なかにし礼高田弘知りすぎたのね あまりに私を 知りすぎたのね 私のすべて 恋は終わりね 秘密がないから 話す言葉も うつろにひびく 嫌われたくなくて 嫌われたくなくて みんなあなたに あげたバカな私 捨てられたのね 私はあなたに いいのよいいの 作り涙なんか  知りすぎたのね あまりに私を 知りすぎたのね 私のすべて 花から花へ 蝶々が舞うように ほかの誰かを 恋するあなた 嫌われたくなくて 嫌われたくなくて みんなあなたに あげたバカな私 捨てられたのね 私はあなたに しおれた花が 捨てられるように
花の唄錦野旦錦野旦千家和也井上忠夫高田弘君と僕の借りてた 狭い部屋を今日越す ほこりかぶる窓の隅に 花の種を埋めよう 君が死んであれから 僕は羽をなくした 鳥のように空を見ては いつも泣いて暮した ふたりだけの愛の暮しを ままごと遊びと人は呼ぶけど 僕の中で君は今も生きている  駅に向う道すじ 後向きに歩こう 人に見えない君の影が 僕の袖を引いてる ふたりだけの愛の暮しを ままごと遊びと人は呼ぶけど 僕の中で君は今も生きている  走る汽車の座席は 後向きに座ろう 人に見えない君の影が 僕のそばに寄り添う
赤い恋のバラード錦野旦錦野旦浜口庫之助浜口庫之助高田弘おまえだけが 俺の生きがいだよ おまえだけが 俺の生命(いのち)だよ おまえのためならば 友達も捨てよう おまえのためならば 罪をも犯そう 恋のために 生命がある 生命のため 恋があるのさ 恋に負けた男には 夕焼けは悲しすぎる 恋にむせぶ男には 明日は遠すぎる  灯り消して おまえ見つめるとき 夢の中で おまえを抱くとき おまえのくちびるは 涙に濡れて 耳元に忍びよる 明日のささやき 恋と生命 生命と恋 赤く燃える ひとつに燃える 恋をなくした男の夜は 砂場になり果て 恋の嵐また吹けば 砂漠によみがえる  恋のために 生命がある 生命のため 恋があるのさ 恋に負けた男には 夕焼けは悲しすぎる 恋にむせぶ男には 明日は遠すぎる
がんばれ元気錦野旦錦野旦小池一夫小林亜星高田弘たとえば元気 昨日の哀しみと今日の淋しさは おまえに教えるだろう 青春とは 玉ねぎの皮をむくようなものなんだということを 涙がとめどなく こぼれても まばたきせずに 笑わねばならないときがあることを 雨上がりの校庭 濡れた砂場に立つおまえ さあ……もう泣くなよ  たとえば元気 今日の憎しみと明日の優しさは おまえに教えるだろう 青春とは こぶしに握った真夏の海なんだということを 汗ばむ手のひら にじむ涙は 海と同じに激しく 塩からい味がするじゃあないか あかね色に染まった 帰り道を走るおまえ さあ…もう泣くなよ さあ…もう泣くなよ
生まれかわれるものならばいしだあゆみいしだあゆみ橋本淳筒美京平高田弘生まれかわれる ものならば あなたのために 美しく 死ぬことさえも おそれない 愛が私の 十字路ならば  あなたやさしく 手をとって 私のそばで 添い寝して 父や母や 妹も 今はまぼろし 夢の中  愛のしとねで ただひとり 回転木馬の 夢をみる 名前をすてて 身をすてて そして私は 幸せなのよ  あなたやさしく 手をにぎり 私のそばで 添い寝して 絹をまとい 花を抱き 生まれかわれる ものならば  あなたやさしく 手をにぎり 私のそばで 添い寝して 絹をまとい 花を抱き 生まれかわれる ものならば
幸せだったわありがとういしだあゆみいしだあゆみなかにし礼加瀬邦彦高田弘女一人残して あなた旅に出るけど 私うらまないのよ 幸せだったわ ありがとう ほんの三月ばかりの 恋は季節みたいに みじかかったけれども 幸せだったわ ありがとう 涙をみせないで さよならを いってるくらい あなたは 私には とってもやさしい人だった 私ウブじゃないけど こんな恋は初めて 夢をみてるみたいに 幸せだったわ ありがとう  あなたきっと 誰かを連れて旅に出るのね かくさなくていいのよ 幸せだったわ ありがとう 私にかまわずに その人をかわいがって 私の時よりも たくさん愛してあげなさい 泣いてなんかいないわ 昨日までの私を 思い出しただけなの 幸せだったわ ありがとう
交換日記岡田奈々岡田奈々松本隆中村泰士高田弘あなたが書いて 私が読むの 日記の中の 白いページは はじめてくちづけしたあの日  ちょっぴりてれて 押し花ひとつ ほんとは好きと 書けばいいのに はにかむあなたの乱暴な字  内緒よ誰にも 見せないでね 秘密のダイアリー 並木道で手を振った 青いシャツを着たあなたが目に浮かぶ  私が書いて あなたが読むの 嫌いと書いて 消しゴムで消す ケンカをした日のページなの  あなたが飛ばす 紙飛行機に つんとすまして 知らん顔した あと三日だけは口きかない  内緒よ誰にも みせないでね 秘密のダイアリー 明日 駅で出逢ったら 元気ないわねと背中をたたいちゃう  内緒よ誰にも 見せないでね 秘密のダイアリー 恋はいつもドラマなの ふたり作るのよ小さな物語
少女夜曲岡田奈々岡田奈々松本隆実川俊高田弘白い障子あけてみる 雪降る夜は 恋しさだけつもります あなたは来ない 髪を梳かす赤い櫛 待てど暮せど 銀のかごに入れられた 小鳥のようね  夢二の絵本は閉じたまま 私はあなたを待ってます 忘れな草 おし花にした やるせなさをかみしめて  時に追われて 春が来ても 私の胸は冬のままでしょう  いつのまにか友達の垣根をこえて バラの棘で指をさし ひとりで泣いた 赤や青の着物きた 人形みたい もて遊ばれ捨てられて しくしく泣いた  炬燵に涙の文字を書き あなたの名前を書いて消す あやとり糸 プツンと切れて せつなさだけあふれます  振り子時計に揺られながら 今夜もひとり また泣き寝入り  夢二の絵本は閉じたまま 私はあなたを待ってます 忘れな草 おし花にした やるせなさをかみしめて  時に追われて 春が来ても 私の胸は冬のままでしょう
みちくさ岡田奈々岡田奈々松本隆中村泰士高田弘いつもの道 曲り角 あなたのことを待ちぶせる きっと見違えるはず うすくお化粧しているから  胸を押えて 目をつむって あなたの腕に飛び込むの 子供じゃない いつまでも だけど心は ふるえてる  映画で見た ラブシイン そっとあなたに置き変える 頬がとても熱いの 私いけない娘でしょうか  あなたの指 ふれた時 稲妻に似たときめきが 口で言えぬ恥じらい 心の奥をかけめぐるの  涙の意味も 知っているわ いくつか恋のまねごとも みんな あなた知る前の 長い幼い道草ね  映画で見た ラブシイン そっとあなたに置き変える 頬がとても熱いの 私いけない娘でしょうか
放課後岡田奈々岡田奈々松本隆都倉俊一高田弘いつもあなたと放課後に みちくさした道 忘れません 今にも不意に手を振って あなたが来そうな曲り角  鞄をさげて歩いたわ 港の見える長い坂道 あの時「好き」と言えたなら この愛は続いていたかしら  ひとりぼっちの放課後は 淋しい涙が友だちよ あなたに似てる あかね雲 「弱虫だね」って笑ってる  ふたつ違いの上級生 幼い愛が届かなかった あの時くちづけ せがんだら この愛は続いていたかしら
ふるさとをあげる岡田奈々岡田奈々松本隆実川俊高田弘あなたにふる里を見せてあげたい 小さな柿の実を手にのせて 都会で生きて来た淋しがりやに 囲炉のあたたかさあげたいの  ほら汽車の窓は雪化粧ね あの鉄橋わたれば もうすぐ駅よ 迎えに来た母さんに あなたのこと恋人と 白い息を弾ませて 紹介するでしょう  晴れたら裏山に二人で登り 遠くの山や川 見ましょうね あなたが木枯らしにふるえてたなら 私のくちびるであたためて  ふる里知らない寒いあなた 私の両手で包んであげたい 幼なじみに会っても あなたのこと恋人と 頬を紅に染めながら あいさつするでしょう
酒とふたりづれ新沼謙治新沼謙治里村龍児聖川湧高田弘おまえが泣いて 泣いているような 露地の灯りに 雨がふる 少し濃い目の 水割りを 涙でうすめて 飲んでいた おまえの面影 あぁ~ 俺は今夜も 酒とふたりづれ  お前も聞いて 聞いているような 未練まじりの 流行歌(はやりうた) 指のすき間を 遠去かる 煙草の煙りに 浮かぶ面影(かお) 想い出 肴に あぁ~ 俺は今夜も 酒とふたりづれ  おまえが呼んで 呼んでいるような 窓の残り灯 風の音 うしろ髪ひく 恋だけど 昔に戻れる 夢もない 倖せ祈って あぁ~ 俺は今夜も 酒とふたりづれ
いつか男は去って行く平浩二平浩二なかにし礼筒美京平高田弘あなたのくちづけには 嘘がある 他の女の人の匂いがするの 水がもれるように 木の葉が散るように あなたはわたしの手から 離れてゆくのね 男はいずれ去って行く 去った男は帰らない  あなたのさよならには 嘘がある 他の女の人の影がよりそうの 糸が切れるように 扉がしまるように あなたはわたしの胸から 逃げて行くのね 男はいずれ去って行く 去った男は帰らない 帰らない
ダイヤモンドのパンツ楠トシエ楠トシエやなせたかし高見彰一高田弘たとえものすごいお金持でも ダイヤモンドのパンツは はかない トイレにいくとき タキシードはきない お金持でも風邪ひけば クシャミする ラン ラン ラン ランララ ランララ ランララ ララララ ランララ ランラララ ランララ ランララ ランララ ララララ ランララ ランラララ おれたちみんな 気楽なくらし タイヤキ食べて 水のんで まんぷくすれば それがしあわせ  たとえものすごい お金持でも ダイヤモンドのパンツは はかない あくびをするとき ノドチンコはみえる お金持でも オヘソはひとつだけ ラン ラン ラン ランララ ランララ ランララ ララララ ランララ ランラララ ランララ ランララ ランララ ララララ ランララ ランラララ おれたちみんな 気楽なくらし ヤキイモたべて 水のんで まんぷくすれば それがしあわせ それがしあわせ それがしあわせ
流れて津軽清水まり子清水まり子松井由利夫チコ早苗高田弘よされよされと しばれて積もる 雪はおんなの 恨み花 三昧は抱いても 情けは抱けぬ みれん深浦 鯵ヶ沢 よされ よされと 流れて津軽  顔も知らない 両親(ふたおや)さまが 眠る小泊 雪の下 十三の砂山 米ならよかろ 民謡(うた)が聞こえる 竜飛岬(たっぴざき) よされ よされと 流れて津軽  岩木お山は 吹雪いて見えぬ 三昧をたよりの くどき歌 雪の向こうに かくれた春を せめて手さぐり 五所川原 よされ よされと 流れて津軽
今夜かしら明日かしらテレサ・テンテレサ・テン山上路夫筒美京平高田弘あなたとまだ このまま 二人でいたい どこかで花さえ 香っているわ いつもの道 あなたと 回り道して 知らないところへ ゆきたい私  あなた あなたの胸に いつか いつかは抱かれるの 今夜かしら 明日かしら 今夜かしら 明日かしら 心がさわぐの  今夜はまだ 家には 帰りたくない きれいな月さえ 昇ってきたわ どうしてなの 自分で わからないのよ 心がふるえて ほてっているの  私 私のすべて あなた あなたのものなのよ 今夜かしら 明日かしら 今夜かしら 明日かしら 心がさわぐの  あなた あなたの胸に いつか いつかは抱かれるの 今夜かしら 明日かしら 今夜かしら 明日かしら 心がさわぐの
オレンジの雨野口五郎野口五郎吉田栄子筒美京平高田弘そんなこと どうでもいいじゃない いつだって 愛してるじゃない オレンジの雨の中 ぬれてる ふたりなら 火遊びと 言われていい 燃えるのは そのときだけの 恋はいつも気まぐれ  狂うほど 愛するっていい 死にたいと 叫ぶのもいい オレンジの夢を見る 夜明けに どこからか しのびこむ 別れの鐘 逃げて行く 追いかけるほど 恋はいつも 冷めたい  オレンジの雨の中 ぬれてる ふたりなら 火遊びと 言われていい 燃えるのは そのときだけの 恋はいつも気まぐれ
ケーキ屋ケンちゃん宮脇康之宮脇康之多地映一高田弘高田弘シュークリームはね ふたですくって たべるんだよ だけどむりしちゃいけないよ のどにつかえて ヒョッヒョッヒョオッてなことに なるからさ うちへおいでよ おしえてあげるよ だってだってだって ぼくんち ケーキ屋なんだもん  ショートケーキはね フォークできざんで たべるんだ だけどあわてちゃいけないよ おちてころがり トンコロンコロンてなことに なるからさ うちへおいでよ たくさんあるよ だってだってだって ぼくんち ケーキ屋なんだもん  ミルクコーヒーはね ちょいとすまして のむんだよ だけどわらっちゃいけないよ むせてふきだし ブフウフブハーてなことに なるからさ うちへおいでよ ごちそうするよ だってだってだって ぼくんち ケーキ屋なんだもん
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
父娘坂竹川美子竹川美子臼井ひさし稲毛康人高田弘山に山風 野原に野風 親の心に 別れ風 蝶よ花よと 育てた娘 今日は嫁入り つのかくし 越えて行くのか 峠道 送る涙の イヤー 父娘坂 父娘坂  誰が唄うか 娘の為に じんと身にしむ 祝い唄 細い目もとは 母さんゆずり とてもきれいな 晴れ姿 鈴を鳴らして 馬の背に ゆれて越えるか イヤー 父娘坂 父娘坂  親が許した やさしい人に やっともらわれ となり村 何もお前に やれないけれど せめて自慢の お立ち酒 無事で倖せ つかみなと 祈りつづける イヤー 父娘坂 父娘坂
星の流れにちあきなおみちあきなおみ清水みのる利根一郎高田弘星の流れに 身を占って どこをねぐらの 今日の宿 すさむ心で 枯れはてた こんな女に 誰がした  煙草ふかして 口笛ふいて あてもない夜の さすらいに 人は見返る わが身は細る 町の灯影の わびしさよ こんな女に 誰がした  飢えて今ごろ 妹はどこに 一目逢いたい お母さん ルージュ哀しや 唇かめば 闇の夜風も 泣いて吹く こんな女に 誰がした
カスバの女GOLD LYLICちあきなおみGOLD LYLICちあきなおみ大高ひさを久我山明高田弘涙じゃないのよ 浮気な雨に ちょっぴり この頬 ぬらしただけさ ここは地の果て アルジェリア どうせカスバの夜に咲く 酒場の女の うす情け  唄ってあげましょ わたしでよけりゃ セーヌのたそがれ まぶたの都 花はマロニエ シャンゼリゼ 赤い風車の 踊り子の 今更かえらぬ 身の上を  あなたもわたしも 買われた命 恋してみたとて 一夜の火花 明日はチュニスか モロッコか 泣いて手を振る うしろかげ 外人部隊の 白い服
五番街のマリーへちあきなおみちあきなおみ阿久悠都倉俊一高田弘五番街へ行ったならば マリーの家へ行き どんなくらししているのか 見て来てほしい 五番街は古い町で 昔からの人が きっと住んでいると思う たずねてほしい マリーという娘と 遠い昔にくらし 悲しい思いをさせた それだけが気がかり 五番街でうわさをきいて もしも嫁に行って 今がとてもしあわせなら 寄らずにほしい  五番街へ行ったならば マリーの家へ行き どんなくらししているのか 見て来てほしい 五番街で住んだ頃は 長い髪をしてた 可愛いマリー 今はどうかしらせてほしい マリーという娘と 遠い昔にくらし 悲しい思いをさせた それだけが気がかり 五番街は近いけれど とても遠いところ 悪いけれどそんな思い 察してほしい
愛のくらしちあきなおみちあきなおみトミー・チルドレン・アルフレッド・ハウゼ・加藤登紀子トミー・チルドレン・アルフレッド・ハウゼ・加藤登紀子高田弘この両手に 花をかかえて あの日あなたの部屋を たずねた 窓をあけた 日ざしの中で あなたは 笑って迎えた 手をつなぎ ほほ寄せて くり返す 愛のくらし 花は枯れて 冬がきても すてきな日々は 続いていた 愛をかたる 言葉よりも 吹き過ぎる風の中で 求めあう ぬくもりが 愛の変らぬしるし  人は幾度も 愛に出遇い 終りのない愛を 信じた ある日気がつく 愛の終りに 人は幾度も 泣いた 手をつなぎ ほほ寄せて くり返す 愛のくらし 花は咲いて 春がきても すてきな日々は 戻ってこない 愛をかたる 言葉よりも 風にこごえた この両手に あなたのからだの ぬくもりが 今も消えずに残る
喝采PLATINA LYLICちあきなおみPLATINA LYLICちあきなおみ吉田旺中村泰士高田弘いつものように幕が開き 恋の歌うたうわたしに 届いた報らせは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるアナタ駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の昼下がり 教会のまえにたたずみ 喪服のわたしは 祈る言葉さえ 失くしてた  つたがからまる白い壁 細いかげ長く落として ひとりのわたしは こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともないわたしの 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように幕が開く 降りそそぐライトのその中 それでもわたしは 今日も恋の歌 うたってる
おじゃまむしの歌こおろぎ'73こおろぎ'73丘灯至夫風戸慎介高田弘おじゃま じゃま じゃま おじゃまんが くしゃみひとつは ほめられた くしゃみふたつは けなされた くしゃみみっつは ほれられた いい気分 いい気分 ほらほら 出てきた おじゃまむし ゆっくり朝寝を おじゃまする 仕事中でも おじゃまする 食前食後に おじゃまする 自信まんまん おじゃまする おじゃまですかと おじゃまする おじゃま じゃま じゃま おじゃま じゃま じゃま おじゃまむし  おじゃま じゃま じゃま おじゃまんが にきびひとつは おもわれた にきびふたつは きらわれた にきびみっつは ほれられた いい気分 いい気分 ほらほら 出てきた おじゃまむし まるい頭で おじゃまする 三角めだまで おじゃまする 四角い顔して おじゃまする しあわせですかと おじゃまする こまることないかと おじゃまする おじゃま じゃま じゃま おじゃま じゃま じゃま おじゃまむし  おじゃま じゃま じゃま おじゃまんが のどをならして 猫がくる しっぽふりふり 犬がくる あの娘 花束 抱いてくる いい気分 いい気分 ほらほら 出てきた おじゃまむし たつ巻みたいに おじゃまする かげろうみたいに おじゃまする 相手かまわず おじゃまする あかわりないかと おじゃまする あたまをさげさげ おじゃまする おじゃま じゃま じゃま おじゃま じゃま じゃま おじゃまむし
剣人・男意気こおろぎ'73こおろぎ'73あおいあきら小林亜星高田弘犬が西向きゃ 尾は東 おいらが空向きゃ 星が散る 男意気だよ 江戸っ子だい 若と呼ばれる 柄ではないが どでかい夢も もってるぜ 銀河をまとめた 国づくり クルリとまわれば クルリとまわれば 世がかわる  笑う門には 福が来る おいらが笑うと 敵が来る 男意気だよ 江戸っ子だい 敵をけちらし 疲れはせぬが ふと夢に見る 父の国 銀河のはての ふるさとを クルリとまわれば クルリとまわれば 世がかわる  足の向くまま 思うまま おいらは自由に 生きるのさ 男意気だよ 江戸っ子だい 肩で風切る つもりはないが 切ってみせるぜ 血のえにし 銀河の国々 栄えあれ クルリとまわれば クルリとまわれば 世がかわる
まごころ堺正章堺正章阿久悠鈴木邦彦高田弘ぼくが心を 今うち明けてみても それをよろこぶ あのひとじゃないさ がまんできずに 愛していると言えば それですべてを 失ってしまう できるなら この胸を開いてみせて ふくらんだ恋心 捧げたいよ 季節はずれの しおれた花を見つめ 今日もためいき ついているぼくさ  そっと心で しあわせ祈るだけで 過ぎて行くのか このぼくの恋は 広いこの世で ただひとりだけのひと なのにそれさえ 話せないなんて できるなら 暖かいその手をとって しあわせになろうよと 言ってみたい 季節はずれの かわいた花を捨てて 今日もまごころ 見つめてるぼくさ
ぼくらのガッチャマンコロムビアゆりかご会コロムビアゆりかご会小山高男小林亜星高田弘ビューン ビューン ビュビューンビュン とんできた とんできた ガッチャマン ぼくらの街を 守るため 鉄獣メカを むかえうち 白い翼が 宙に舞う ぼくらの味方 ガッチャマン 朝陽がとても よく似合う 燃える希望の 炎の色だ  ビューン ビューン ビュビューンビュン やってきた やってきた ガッチャマン ぼくらの海を 守るため 悪魔の罠に たちむかい かざすとどめの G・フェンサー ぼくらの仲間 ガッチャマン 海の碧(あお)さが よく似合う 澄んだやさしい 瞳の色だ  ビューン ビューン ビュビューンビュン とんできた とんできた ガッチャマン ぼくらの地球 守るため 悪魔の野望 うちくだき いくぞ ガッチャ・スパルタン ぼくらのヒーロー ガッチャマン 夕陽がとても よく似合う 燃える怒りの 炎の色だ
氷雨PLATINA LYLIC日野美歌PLATINA LYLIC日野美歌とまりれんとまりれん高田弘飲ませて下さい もう少し 今夜は帰らない 帰りたくない 誰が待つと言うの あの部屋で そうよ誰もいないわ 今では 唄わないで下さい その歌は 別れたあの人を 想い出すから 飲めばやけに 涙もろくなる こんな私 許して下さい  外は冬の雨まだやまぬ この胸を濡らすように 傘がないわけじゃないけれど 帰りたくない もっと酔う程に飲んで あの人を忘れたいから  私を捨てた あの人を 今更悔んでも 仕方ないけど 未練ごころ消せぬ こんな夜 女ひとり飲む酒 佗しい 酔ってなんかいないわ 泣いてない タバコの煙り 目にしみただけなの 私酔えば 家に帰ります あなたそんな 心配しないで  外は冬の雨まだやまぬ この胸を濡らすように 傘がないわけじゃないけれど 帰りたくない もっと酔う程に飲んで あの人を忘れたいから  忘れたいから
オヨネコぶーにゃん川島千代子・神谷明川島千代子・神谷明伊藤アキラ渡辺岳夫高田弘この オソロシさは 何だ?何だ!何だ?! きつくあたれば ゴマをする スキを見せれば つけあがる 何がニャンだか わからニャン それは誰かと たずねたら ぶーにゃんオヨヨ ぶーにゃんオヨヨ ハイ!ハイ! オヨネコぶーにゃん だ!ヨ!  この オモシロさは 何だ?何だ!何だ?! 頭よさそで わるそうで ちょっとネクラで あかるくて 何がニャンだか わからニャン それは誰かと たずねたら ぶーにゃんオヨヨ ぶーにゃんオヨヨ ハイ!ハイ! オヨネコぶーにゃん だ!ヨ!  この ザンコクさは 何だ?何だ!何だ?! 恋をするたび すぐフラれ モテたつもりで またフラれ 何がニャンだか わからニャン それは誰かと たずねたら ぶーにゃんオヨヨ ぶーにゃんオヨヨ ハイ!ハイ! オヨネコぶーにゃん だ!ヨ!  何がニャンだか わからニャン それは誰かと たずねたら ぶーにゃんオヨヨ ぶーにゃんオヨヨ ハイ!ハイ! オヨネコぶーにゃん だ!ヨ!
ビリビリ ビリ犬野沢雅子・山田栄子野沢雅子・山田栄子藤子不二雄市川昭介高田弘B・I・R・I・K・E・N  トンガリ頭でも キューピーじゃない 耳はながいが ウサギじゃない 目のフチ黒いが パンダじゃない  ビリビリ ビリケン ビリケンケン ほんにビリ犬 ミョーなヤツ ビリビリ ビリケン ビリケンケン ほんにビリ犬 ミョーなヤツ  G・A・R・I・K・E・N  顔はながいが キリンじゃない 鼻は赤いが ブタじゃない メガネかけても 人間じゃない  ガリガリ ガリケン ガリケンケン ほんにガリ犬 へんなヤツ ガリガリ ガリケン ガリケンケン ほんにガリ犬 へんなヤツ  B・I・R・I・K・E・N  犬ににてるが 犬じゃない 空を飛ぶけど 鳥じゃない ネクタイしてても サラリーマンじゃない  ビリビリ ビリケン ビリケンケン ほんにビリ犬 ミョーなヤツ ビリビリ ビリケン ビリケンケン ほんにビリ犬 ミョーなヤツ
おいらテン丸藤田淑子藤田淑子冬杜花代子小林亜星高田弘うおんちっと! うおんちっと! あたまのときんがピコピコピコピコ いざいざおいらの出番だぞ てんぐ印のみらくる武器で しっかりきめたら りりしくあついぜ すりるだぜ うおんちっと! うおんちっと! 指名手配だ 百と八匹 泣いてもダメ おどしてもダメ ダメ! ダメ! ダメダメダ! 見たろ見てたろ 魅力だろ すごいもんだろ ヘヘンヘン おいらテン丸 テンテンこてんぐテン丸だい  うおんちっと! うおんちっと! いつでもクロめはガスガスガスガス 右から左さ 気にしない 異次元空間わーぷで飛んで のりこんだからにゃ 華麗にやるぜ かくごだぜ うおんちっと! うおんちっと! 指名手配だ 百と八匹 逃げてもダメ かくれてもダメ ダメ!ダメ! ダメダメダ! 断固 断とつ だて姿 どんなもんだい ヘヘンヘン おいらテン丸 テンテンこてんぐテン丸だい  うおんちっと! うおんちっと! 指名手配だ 百と八匹 泣いてもダメ おどしてもダメ ダメ! ダメ! ダメダメダ! 見たろ見てたろ 魅力だろ すごいもんだろ ヘヘンヘン おいらテン丸 テンテンこてんぐテン丸だい
宇宙魔神ダイケンゴーの歌堀江美都子、こおろぎ'73、ザ・チャープス堀江美都子、こおろぎ'73、ザ・チャープス鳥海尽三小林亜星高田弘魔神の星に 生うけて 渦巻く運命の 銀河を守る はるかなエンベリアス いついつ帰る 宇宙を駆ける 鋼鉄のパワー いざいざ 回転大輪剣 宇宙魔神 ダイケンゴー  めざすは果ての マゼラン星 銀河の嵐を つき進む それゆけダイケンサー とべとべ勇士 宇宙を駆ける 鋼鉄のパワー いざいざ 必殺十字剣 宇宙魔神 ダイケンゴー  宇宙を駆ける 鋼鉄のパワー いざいざ 回転大輪剣 宇宙魔神 ダイケンゴー
雨にぬれた花テレサ・テンテレサ・テン山上路夫筒美京平高田弘雨の小径に私だけ ひとり残してゆくあなた たとえ追いかけたとて もう駄目なのね 傘をかたむけただ一人 ぬれて私はたたずむの このまま死にたいわ ただあなただけに 生きてた私 明日からはどうしましょう 雨の小径に咲いている 白く名もないあの花に 私もなりたいわ  雨に煙って見えないわ 好きなあなたのうしろ影 遠くなるだけなのよ もうとどかない 愛とまごころ棄てられて 何か私に残るでしょう あとには涙だけ ただあなただけに 捧げた愛よ のこる愛をどうしましょう 雨の小径に咲いている 白く名もないあの花に 私もなりたいわ
さようならの彼方へ内山田洋とクール・ファイブ内山田洋とクール・ファイブ千家和也筒美京平高田弘振り替えれば 翼の下で町の灯が 揺れて燃える この国をあとに  他国の人に まわり囲まれて 夜の国際線で ただひとり旅立つの 愛に愛に 傷ついたふたりが 同じ場所に 住んじゃいけない あなたの とめるその声が 指でふさぐ 耳にしのび込む I'll never fall in love again  ひとくちすする 熱い珈琲の 湯気が形をつくる 想い出のひとこまを 二度と二度と 逢うこともないでしょう 遥か下で 送るあなたに 今更 のぞくこの窓に 泣いてゆがむ 顔がうつってる I'll never fall in love again  別れたあとは 他人なんて嘘 肌を重ねた過去は いつまでもつきまとう 愛を愛を 失なった女は 消える他に 術がないのよ あなたの 夢に目覚めれば 空が赤い やがて日が変わる I'll never fall in love again 
あん時ゃどしゃ降り西方裕之西方裕之矢野亮佐伯としを高田弘あん時ゃどしゃ降り 雨ン中 胸をはずませ 濡れて待ってた 街の角(かど) アーアー 初恋っていう奴(やつ)ァ すばらしいもんさ 遠い日のこと みんな夢 ひとりしみじみ 思い出してる 雨ン中  あん時ゃどしゃ降り 雨ン中 離れられずに 濡れて歩いた どこまでも アーアー 別れるっていう奴ァ たまんないもんさ つらい運命(さだめ)を 恨んだよ ひとりしみじみ 思い出してる 雨ン中  あん時ゃどしゃ降り 雨ン中 やけのやん八 濡れて泣いたぜ 思いきり アーアー 思い出っていう奴ァ ほろ苦(にが)いもんさ 今じゃあの娘(こ)も どうしてか ひとりしみじみ 思い出してる 雨ン中
長崎の女西方裕之西方裕之たなかゆきを林伊佐緒高田弘恋の涙か 蘇鉄(そてつ)の花が 風にこぼれる 石畳 うわさにすがり ただひとり 尋ねあぐんだ 港町 ああ 長崎の 長崎の女(ひと)  海を見おろす 外人墓地で 君と別れた 霧の夜 サファイア色の まなざしが 燃える心に まだ残る ああ 長崎の 長崎の女  夢をまさぐる オランダ坂に しのび泣くよな 夜が来る 忘れることが しあわせと 遠くささやく 鐘の音 ああ 長崎の 長崎の女
青春のバラード~ひとつぶの涙~森田健作森田健作吉田旺中村泰士高田弘あの頃なにげなく みつめあっていたけど 恋だときづかずに 友達でいたよ この広い空の下でふたり めぐり逢えてよかった 初恋いろの季節の中で 君にあげよう ひとつぶの涙  あれから半年が うそのように流れた 今なら初恋と こころから呼べる この広い空の下をふたり おなじ夢を追いかけ 青春というバスにゆられて 行こうとどこまでも さわやかな君と  この広い空の下でふたり めぐり逢えてよかった 初恋いろの季節の中で 君にあげよう ひとつぶの涙
毛虫のモモちゃん前川陽子前川陽子阿久悠小林亜星高田弘私 この頃 考えちゃうの 鏡を見るたび 考えちゃうの ほんとに蝶になれるかな きれいな蝶になれるかな このまま毛虫のままだったら 私の人生マックラよ アアアア 毛虫のモモちゃん 女の子 毛虫のモモちゃん 女の子  私 この頃 ゆううつなのよ ためいき出るほど ゆううつなのよ 口紅つけてみたけれど まつ毛もつけてみたけれど このまま毛虫のままだったら お嫁にもらってもらえない アアアア 毛虫のモモちゃん 女の子 毛虫のモモちゃん 女の子  このまま毛虫のままだったら お嫁にもらってもらえない アアアア 毛虫のモモちゃん 女の子 毛虫のモモちゃん 女の子
宇宙の男ライガーMoJo・こおろぎ'73MoJo・こおろぎ'73酒井あきよし小林亜星高田弘あらくれ星だぜ この俺は 広い銀河の 荒武者さ 迫るマゼラン 横目でにらみゃ ピュンとうなるぜ ベルト剣 そうさ 俺は俺は 宇宙の男 ライガー  さすらう星だぜ この俺は 星屑だけが 道しるべ どこにいるんだ 宇宙の友よ 呼べど叫べど 悪の星 そうさ 俺は俺は 宇宙の男 ライガー  たたかう星だぜ この俺は どこに行こうと はぐれもの たたかい一途だ ダイケンゴーよ お前がいれば 敵はない そうさ 俺は俺は 宇宙の男 ライガー
セクシー・バス・ストップ浅野ゆう子浅野ゆう子橋本淳ジャック・ダイヤモンド高田弘いつものジューク・Boxかけても あなたはいないのね 消えゆく街の灯を数えて 涙ぐむ私よ BUS.STOP.I.Remember 二人で踊った BUS.STOP.I.Remember あの日を忘れない 彼にもたれて抱かれたわ 喧嘩の後でかわしたくちづけ あれは何だったの  BUS.STOP.I.Remember 二人で踊った BUS.STOP.I.Remember あの日を忘れない 彼に秘密を知られたわ いつもの席で私は淋しく 涙かみしめてる  いつものジューク・Boxかけても あなたはいないのね BUS.STOP.I.Remember 二人で踊った BUS.STOP.I.Remember あの日を忘れない 彼にもたれて抱かれたわ 最後のキャンドル・ライトともして みんな踊るけれど 私は小さな恋の傷あと 今日もかみしめてる
都会の女弘田三枝子弘田三枝子橋本淳三原綱木高田弘夜明けの舗道を 霧が晴れてゆく あなたと私を 引きさくように からめた指先 あわせたくちびる やがて恋の火も 色あせてゆくのね 今 時は流れて 今 最後の言葉を あー待つだけなの 私の胸は 明日の私は 人形みたいに 乾いたこころに すがるものもないわ  はじめてあなたに 愛するすべてを おしえられたのは 18だった 枯葉の舞い散る 都会の片隅 ひとつのコートにくるまった二人 今 時は流れて 今 最後の言葉を あー待つだけなの 私の胸は 飲めないお酒も 好きになれそうよ あなたに捨てられ 何かがこわれそう
胸さわぎ弘田三枝子弘田三枝子千家和也川口真高田弘別れ言葉口に出来る あなたが分からないわ 嫌われたの飽きられたの 私はあなたから 頬を叩かれた時も 服を破られた時も あなたからの愛だと 強く固く信じた  過去を責められた時も 何かねだられた時も 泪見せず私は したがったつもりよ ひと思いに死ねと言って そのほうが倖せよ あなた以外どんな人も 愛せるはずがない  やっとこの街に慣れて やっと友達も出来て 愛を胸に抱きしめ 微笑んだ私よ―― 別れ言葉口に出来る あなたが分からないわ 嫌われたの飽きられたの 私はあなたから  ひと思いに死ねと言って そのほうが倖せよ あなた以外どんな人も 愛せるはずがない
雨の日ぐらしちあきなおみちあきなおみ吉岡治川口真高田弘かもめが暗く啼いている そんなレコード買いました あなたのせいじゃないけれど お酒もつよくなりました なんだか死にたくなりそうで こんな雨の日はアパートに 帰れない帰れない! 朝までやってるスナックで ひとりゆらゆらのんでます  からだの芯が疼くよで 逃げて出ました映画館 無口なくせに喋るのは 酔ってるだけじゃないのです なんだか死にたくなりそうで こんな雨の日はアパートに 帰れない帰れない! ふるびてひしゃげた止り木で その日暮しの心です なんだか死にたくなりそうで こんな雨の日はアパートに 帰れない帰れない! 朝までやってるスナックで ひとりゆらゆらのんでます
あいつと私ちあきなおみちあきなおみ千家和也中村泰士高田弘電車通りよろめいたら 靴のかかとがとれた あなたと喧嘩して ひとり帰る道 さよならの ひらがな意味があるの 許してと あなたに読んでほしい 口惜しいわ 私駄目な女ね―― 柄じゃないけど 泪もろいの 手をかしてあなた  袋小路立ち停まれば 長い私の影を あなたと似ていない 人が踏んでゆく 愛してる のどまで言葉出ても 言えないの あなたの答恐い 口惜しいわ 私駄目な女ね―― 柄じゃないけど 心細いの 手をかしてあなた
二年前の秋ちあきなおみちあきなおみ吉田旺中村泰士高田弘とても恥ずかしいの 誰にも黙っててね あの人を忘れかね 私はまだひとりきり 今は楽しそうに 暮らしているようだと 私の名前でたら よろしく伝えて あ……狭い部屋に友達あつめ 祝ってもらった 二年前の秋が 遠いゆめになった とてもかなしいわ  ひとつだけおしえて 二人が居たアパート こわされずあるかしら 一度みに行きたいけど きっともどることもないでしょう あの町には 心のくもりいつかぬぐえる時まで あ……一つのリンゴ分けて食べた ささいな倖せ ふっと想い出すの ばかね今になって とてもかなしいわ
雨の日にきた別離ちあきなおみちあきなおみ千家和也中村泰士高田弘女物の傘さして 濡れて部屋を出るあなた 口もつけずに残した ワイングラスを手のひらに 愛のために私は ひとり乾杯するわ―― あなたは大人でありすぎていた 私を子供のまんまでおいた なおさら辛い よけいに辛い こんな形の別離  雨に瞳さえぎらせ 姿かすませるあなた うすい匂いのしみつく 洗いざらしのハンカチで 愛のあとに私は ひとりお化粧落とす―― あなたは大人でありすぎていた 私を子供のまんまでおいた なおさら辛い よけいに辛い こんな形の別離
最后の電話ちあきなおみちあきなおみ吉田旺中村泰士高田弘あなた 私がいなくても 花に水を忘れないで あなた 私がいなくても 外でばかり食事しないで それからあなた あの頃みたいに 酔って車を 走らせないでね コドモみたいなひとだから…… 気がかりなのよ トビラのなまえは 消してください おわかれですね…………あなた  あなた 私はいないのよ 小鳥の餌絶やさないで あなた 私はいないのよ シャツはいつもとり変えてね それからあなた 体に毒だわ あまり煙草は すごさないでね 何もできないひとだから 心配なのよ 忘れた荷物は 捨ててください おわかれですね…………あなた
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
くせちあきなおみちあきなおみ吉田旺中村泰士高田弘背中のボタンを止める時にいつも 知らず知らず彼の名前を呼んでしまうの 昨日も友達にやくざな男なんて 忘れておしまいって言われたけれど きっときっときっと無理だわ 破いた写真をつなぎ合わせるように 想い出がソファの上で煙草ふかすわ  ベッドが広いわまるで空家のよう 窓をたたく風に背を向けまつ毛とじましょう 今夜は友達に見かけのいい男を 紹介されたけど帰ってきたわ きっときっときっと駄目だわ 破いた写真をつなぎ合わせるように 悲しみがランプのそばで ギターはじくわ
夜よ石原裕次郎石原裕次郎なかにし礼浜圭介高田弘多分 生きているかぎり 俺が誰にも見せない顔を 知ってる奴 それはお前 夜よ 夜よ  闇の中で わらべ唄を口ずさみ 部屋に枕の 白い羽根を散らすとき 夜は俺をみつめてる そして全てを 許してくれる 涙よりも優しい奴 夜よ 夜よ  夢も人も通りすぎ 道に枯葉も 落ちていない日 お前となら語りあえる 夜よ 夜よ  花を恨み マッチ棒で火をつけて 燃えてよじれる 花の姿見てるとき 夜は俺の肩に手を かけて静かに ゆすってくれる ふりかえれば 笑いかける 夜よ 夜よ  闇の中で わらべ唄を口ずさみ 部屋に枕の 白い羽根を散らすとき 夜は俺をみつめてる そして全てを 許してくれる 涙よりも優しい奴 夜よ 夜よ
地平を駈ける獅子を見たGOLD LYLIC松崎しげるGOLD LYLIC松崎しげる阿久悠小林亜星高田弘陽は昇り 風熱く 空燃えて 地平を駈ける獅子を見た 激しく 雄々しく 美しく たて髪 虹の尾をひいて アアア ライオンズ ライオンズ ライオンズ ミラクル元年 奇跡を呼んで 獅子よ 吠えろよ 限りなく ライオンズ ウォウォウォ ライオンズ ウォウォウォ ライオンズ ライオンズ  空青く 風白く 地は緑 炎の色の獅子を見た 誰もが情熱抱く時 心に響く雄叫びが アアア ライオンズ ライオンズ ライオンズ ミラクル元年 奇跡を呼んで 獅子よ 駈けろよ 果てしなく ライオンズ ウォウォウォ ライオンズ ウォウォウォ ライオンズ ライオンズ  アアア ライオンズ ライオンズ ライオンズ ミラクル元年 奇跡を呼んで 獅子よ 駈けろよ 果てしなく ライオンズ ウォウォウォ ライオンズ ウォウォウォ ライオンズ ライオンズ  ライオンズ ウォウォウォ ライオンズ ウォウォウォ ライオンズ ウォウォウォ ライオンズ ウォウォウォ ライオンズ ライオンズ
さいはて哀歌石原裕次郎石原裕次郎杉紀彦平尾昌晃高田弘白く凍てつく 北の海辺を 人を葬う 黒い列が行く だまりこくって 悲しみさえも 風の彼方に 埋めてしまうのか ああ寒い寒い 人の世を 流れ流れて 辿りついたさいはて… おれも捨てようか 恋のなきがら  つらら浮かべて 酒を飲んでも 昔の夢が 帰る訳じゃない せめて思い出 抱きしめながら 風をまくらに 眠ってしまおうか ああ寒い寒い 人の世を 流れ流れて 辿りついたさいはて… 春は遠すぎる 海の流氷  生きて来たことは くやまないけど 女を愛した 古い傷がある 群をはずれた かもめが一羽 風にまかれて 海辺に消えて行く ああ寒い寒い 人の世を 流れ流れて 辿りついたさいはて… おれも消えようか あすの吹雪に
愛の絆石原裕次郎石原裕次郎杉紀彦八角朋子高田弘暗い過去を ひきずりながら 生きて来たが これで終りと 思いつめた 夜明けの裏通り おまえを見つけたよ 身体の中を ああ 何かが走り 言葉をなくし 抱きあう… 愛なんて呼べない 愛愛以上の つよい絆 感じ 燃える二人  人のさだめ それは不思議さ こんな場所で こんな具合に 深い傷を背おった者同志 出逢いが訪れる 初めて逢って ああ 名前も知らぬ それでもすべて 分って… 昔から知ってた そんなそんな気がして 曇り空の夜明け あるく二人  孤独だらけの ああ 過去をすてたら 生れたままの 姿で… 死ぬことを怖れず 生きて生きて行くのも わるい事じゃないと 思う二人
港町の少女石原裕次郎石原裕次郎杉紀彦八角朋子高田弘船が出る朝の 口笛 耳にしみついた メロディー そうさ 少女よ 君のすきな はやりうたさ おいかけて 長い髪 潮風に なびかせて泣くなんて あゝ君らしくないぜ…… 手をふってくれ 少女よ 幼なくて優しい 港町の少女よ ひとときのひとときの恋を ありがとう  風が吹く朝の 桟橋 おとこ心さえ ふるえる そうさ 少女よ 君のための 銅羅の音さ あしたには 忘れろよ 夢をみた 月日だと 友達に あゝ思い出を語れ…… 手をふってくれ 少女よ 小麦色まぶしい 港町の少女よ あたらしいあたらしい 恋に 生きてくれ  手をふってくれ 少女よ 安らぎの思い出 港町の少女よ 風に散る風に散る泪 忘れない
よこはま物語石原裕次郎石原裕次郎なかにし礼浜圭介高田弘愛しあっても かなわぬものを これでいいのと うなづくお前 負けた負けたよ お前に負けた ずっとこのまま ついて来るかい よこはまで 出逢った恋の物語 よこはまで 出逢った恋の物語  ちょっと今夜は 肌寒いから 抱いてほしいと 恥らうお前 遠慮するなよ ふたりの時は 俺のすべては お前のものだよ よこはまで 出逢った恋の物語 よこはまで 出逢った恋の物語  無理をしないで ただ末永く 好いてほしいと 言っては泣いた 泣くな泣くなよ お前のほかに 幸せなんか さがしはしないさ よこはまで 出逢った恋の物語 よこはまで 出逢った恋の物語
帰らざる季節堺正章堺正章阿久悠鈴木邦彦高田弘恋したひとが 泣いているという そんなうわさ聞かされた 秋のたそがれに ギターの弦(いと)が 切れた前ぶれに なぜか胸がさわいでた そんな時だった しあわせなんて はかないものか あんな笑顔を見せたひとが つらいなんて 冷たい雨が 落ちて来るような 重い空を見つめてる とても悲しくて  恋したひとが 待っているという そんな便り渡された 秋が終るころ 思い出のこる 海の見える丘 そこで待っておりますと 書いてあったけど しあわせなんて はかないものか あんな笑顔を見せたひとが つらいなんて 行くのはよそう あれは想い出さ 今は遠い 帰らない季節の出来ごと
涙が通り過ぎる堺正章堺正章小谷夏中村泰士高田弘いつでも 窓のすき間から こっそり 君を見ていたよ 夏の毎朝 白い帽子が 風に踊って 通るよ 見送るだけで 幸せで ひとりで ほほえんだ  言葉をかけることもなく 気持を告げることもなく 夏が終って 秋が来るころ 君はそれっきり 消えたよ 涙が通り過ぎて行く あの日の 君のように  あれは幼い 恋の思い出 ぼくの窓辺に いまでも 涙が通り過ぎて行く あの日の 君のように
さよならをするために堺正章堺正章石坂浩二坂田晃一高田弘過ぎた日の微笑みを みんな君にあげる ゆうべ枯れてた花が 今は咲いているよ 過ぎた日の悲しみも みんな君にあげる あの日知らない人が 今はそばに眠る  温かな昼下がり 通りすぎる雨に 濡れることを 夢に見るよ 風に吹かれて 胸に残る思い出と さよならを するために  昇る朝陽のように 今は君と歩く 白い扉をしめて やさしい夜を招き 今のあなたにきっと 判るはずはないの 風に残した過去の さめた愛の言葉  温かな昼下がり 通りすぎる雨に 濡れることを 夢に見るよ 風に吹かれて 胸に残る思い出と さよならを するために
たそがれに別れを堺正章堺正章小谷夏中村泰士高田弘散歩のふりして この町を出よう うすむらさきの 夕暮れを 覚えておくよ 愛のかたみに さよなら さよなら 細い指のひと いつか季節が めぐり行き いつかぼくらは ああまた出逢う その日のために 消えて行く 人ごみに まぎれて  駅への小径で ふり返るぼくの 気のせいかしら あの窓に 小さな影が 泣いてるみたい さよなら さよなら 白い指のひと いつか季節が めぐり行き いつかぼくらは ああまた出逢う その日のために 歩き出す 唇をかんで
北の女日野美歌日野美歌あいたかしあいたかし高田弘むかしの演歌が 身に沁む夜は 何故かお酒が ほろ苦い 抱けば切ない 女の胸に 未練と云う名の恋がある ほつれ髪(げ) 悲しい 北の女  寂れた港の 小さな酒場 破れ障子が 良く似合う 風に吹かれた 赤ちょうちんが 待てど戻らぬ 人を待つ 泪で濡れます 北の女  漁火もえても とどかぬ恋を 拾いあつめて つなぐ夢 ひとり注ぎたす お酒に酔えば 海猫さえも 啼いてとぶ 口びる冷たい 北の女
海鳴りの宿石原裕次郎石原裕次郎池田康生遠藤実高田弘過去なんて どうでもよかった ついてきてほしかった 海鳴りのきこえる この宿で しあわせの貝がらを あげたかったのに やせてうつくしい あの手には 今日もグラスが握られて 揺れてるだろうか… むなしく…  約束の切符を見つめて うなずいたひとだった 海鳴りがやたらと はげしくて しあわせの貝がらは くだけてしまった やはり昨日から 逃げられず こころの扉 締めたまま 泣いてるだろうか…ひとりで…
宴のあと石原裕次郎石原裕次郎西沢爽北原じゅん高田弘帰るのね こんな夜更けに あの女が 待っているのね 愛された 宴のあとは アパートの 扉をあけて 遠くなる 遠くなる あなたのこころ  花を買い グラス飾って 待ちわびた 夜の終りは さよならの キッスも忘れ 街角に 車が消えて 涙ぐむ 涙ぐむ 私が残る  好きだから ひとのあなたの 幸福を こわしたかった それなのに 今夜も負けて 燃える手に 乳房をつつみ ふりしきる ふりしきる 雨に泣くのよ
幸福の実感山口百恵山口百恵阿木燿子宇崎竜童高田弘昨日までなら幸福と 思った事が 今日は不幸に感じられる 私困った女ですね あなたと過す一時が 今はかえって 私の心波立たせる なんの理由もないはずなのに  幸福はシーソーゲーム 手にしたとたん 重くなる 重くなる  すべてを賭けて愛せると 思った人が 今日は他人に見えるなんて 私いけない女ですね あなたの話す何気ない 言葉の癖が 時々すごく気になったり そんな自分が怖いのです  幸福はシーソーゲーム 手にしたとたん 重くなる 重くなる  縛られる事が愛なんて 思ったけれど 今は自由が欲しいのです 私かってな女ですね 暖か過ぎるその手から 翼を広げ 飛ぶことばかり夢に見てる そんな女に変りました  幸福はシーソーゲーム 手にしたとたん 重くなる 重くなる
野菊の墓山口百恵山口百恵千家和也佐々木勉高田弘私は十七 あなたは十五 姉さん気どりの 里の秋 日暮れて暗い 矢切(やぎり)の渡(わた)し 舟を見つめる 影法師  揺れて触れ合う 指先に 通う心は あたたかい まわりの人は ふたりの仲を 汚(けが)れに満ちた 噂する  お墓に咲いた 野菊の花は 私のこぼす 泪なの  あなたは竜胆(りんどう) 私は野菊 恋をたとえる 花言葉 雨降り雲に 泣く十三夜 ともる提灯(ちょうちん) 宵(よい)祭り  本を読んだり 話したり 逢えばはにかむだけなのに まわりの人は ふたりの仲に 疑り深い 眼をむける  お墓に咲いた 野菊の花は 私のこぼす 泪なの
たけくらべ山口百恵山口百恵千家和也佐々木勉高田弘お歯ぐろ溝(どぶ)に 燈火(ともしび)うつる 巷(ちまた)は染まる 薄墨の色 下駄を鳴らして 表の道を 幼なじみの 人が往く 好きとも言えずに ただ物陰で そっと見送る 恋ごころ  祭囃子(ばやし)が 簾(すだれ)を抜ける 浮かれて人は 輿(みこし)を囲む 白い浴衣に 朱塗りの木履(ぽっくり) 帯は胸高 薄化粧 眼と眼で交した 挨拶さえも 人が気になる 恋ごころ  身を切るような 霜降る朝に 格子の外に 水仙の花 やがて売られて往く花街へ 廓(くるわ)づとめの日も近い なんにも告げずに 遠くへ行った 暗い路地裏 恋ごころ
誰も愛せない山口百恵山口百恵千家和也佐々木勉高田弘人の眼を気にしたら 誰も愛せない ためらいをはさんだら 誰も愛せない 広い世の中に ふたりぼっち  あなたのために 私は生きる あなたのために 私は生きる すべてを賭けて――  幼いながら 妻と呼ばれる 喜びにこの胸を 弾ませて  年の差を気にしたら 誰も愛せない 疑いをはさんだら 誰も愛せない 広い世の中に ふたりぼっち  あなたの胸で 私は眠る あなたの胸で 私は眠る 躰を寄せて――  幼いながら 妻と呼ばれる 倖せを大切に 噛みしめて
乙女は待っている山口百恵山口百恵千家和也都倉俊一高田弘心で分かっていても 形に出来ない恋だから やさしい素振りもしない あいつがとても気にかかるの  悩みごとの多い 青春だけど 私は自由でいたい――  あたたかい花咲く季節 乙女は待っている  まわりの男の子とは 特別違った恋だから 逢うたび喧嘩になるの あいつが何故か憎めないの  道に迷いやすい 青春だけど 私は歩いてゆくわ――  あたたかい花咲く季節 乙女は待っている
嵐の中の少女山口百恵山口百恵千家和也馬飼野康二高田弘焚火(たきび)のむこうの あなたの肌は 炎の色より あざやかな赤 誰にも見せない 素肌をさらし 私は静かに 瞼(まぶた)をとじる  裸になることは 心を見せること ふたりの愛情を 確かめ合うこと 嵐の中の この出来事で 初めて私 大人になれる  生まれたばかりの 子供のように 私はすべてを 隠しはしない あふれる泪も 弾んだ胸も 自分に素直な 少女でいたい  やさしく抱(いだ)かれて しばらく眠りたい ふたりの愛情を 育ててゆきたい 嵐の中の この出来事で 初めて私 大人になれる  裸になることは 心を見せること ふたりの愛情を 確かめ合うこと 嵐の中の この出来事で 初めて私 大人になれる
教室を出たら大人山口百恵山口百恵なかにし礼鈴木邦彦高田弘喫茶店 ガラス窓にうつる あなたの横顔は 大人の匂いがする お茶をのむ素振りが 妹みたいだと タバコをもみ消しながら つぶやくあなた  あゝ私だって 教室を出たら大人よ あなたの手が髪に肩に ふれるたび 私はきれいになる だから 接吻(くちづけ)されたい ほんのちょっぴり 接吻されたい  ポツリポツリ 雨が道をぬらす あなたの肩先に コートをかけてくれる 口紅もつけたい お洒落もしたいのに 背のびをしちゃいけないと ささやくあなた  あゝ私だって 教室を出たら大人よ あなたの手が頬に指に ふれるたび 私はきれいになる だから 抱きしめてほしい ほんのちょっぴり 抱きしめてほしい
バラの誘惑山口百恵山口百恵なかにし礼鈴木邦彦高田弘バラの花 しきつめた うす明りの 部屋の中 あの人の くちびるが 私の目に近づく  息もとまる バラの匂い 何故か こわい 今夜だけは許してね 好きなんだけど  一度でも愛したら 涙はもう止まらない 風に散る花よりも 悲しい子になるでしょう  あの人の 横顔が 淋しそうに 見えたから 私から くちづけを 求めていってしまった  バラの棘が 肌に痛い もうかえれない どうか遠くに連れてって 私を抱いて  朝が来て私は ぬれた頬をふきもせず 遠ざかるあの人の 靴の音を聞いてた
ともだちそれとも妹山口百恵山口百恵白井章生高田弘高田弘あざやかな光ふりそそぐ夏の日 なぜか心さみしい………  おぼえていますかあの日 陽に焼けた素肌見つめあった夜明け 光とともに消えた まぼろしだったのね熱い恋は 引きずり込むのが恐いとあなたは 妹みたいに見守るなんて やさしすぎるわ罪な嘘なのあなた  おぼえてますかあの日 あなたの我まま聞いてあげた夜明け はるかな空へ消えた かもめのようなのね恋の日々は 溺れていくのが恐いとあなたは ともだち同志にもどろうなんて やさしすぎるわ罪な嘘なのあなた
新しい地図山口百恵山口百恵白井章生高田弘高田弘海のみえる小さな停車場が ひとり歩きの初めです おもいつめたわけではありません 私は元気です  昨日までの気持捨てるために いつか本で読んだ遠い街を 新しい地図広げ探してみます 新しいしあわせを探しに行きます  精いっぱい愛していたけれど あなたのことは忘れます 朝一番電車に乗りました キップを握りしめ  昨日までの気持捨てるために いつか本で読んだ遠い町を 新しい地図広げ探してみます 新しいしあわせを探しに行きます  昨日までの気持捨てるために いつか本で読んだ遠い街を 新しい地図広げ探してみます 新しいしあわせを探しに行きます
めまいの季節山口百恵山口百恵白井章生鈴木邦彦高田弘今日こそ私 勇気を出すわ 子洪じゃないわ 勇気を出すわ あなたの我ままきくわ 私は大丈夫―でも恐いのよ めまいがするわ 震えているわ しっかり私をつかまえていて!  あなたのために 素直になるわ 大人の秘密を さぐってみるわ 誰にも負けない愛で 二人は結ばれる―でも恐いのよ めまいがするわ 震えているわ しっかり私をつかまえていて!
陽のあたるアパート山口百恵山口百恵白井章生鈴木邦彦高田弘いつかは暮らすでしょう 陽のあたるアパート 私のそば 誰がすわり 白いギター 誰が弾くのよ 手づくりのケーキ作り 熱い紅茶飲むのよ 私のそば 誰がすわり 私の髪 誰がふれるの  ふたりの愛のお城 陽のあたるアパート 私の夢 誰がかなえ 私の肩 誰が抱くのよ 季節の花いつも飾り 二羽の小鳥育てる 私のひざ 誰が眠り 私の指 誰が握るの
お元気ですか山口百恵山口百恵白井章生鈴木邦彦高田弘私なんだか元気じゃありません あなた遠くへ移ったあの日から ケンカ相手いなくてつまんない 手紙だけじゃものたりない気持 今、あなた“お元気ですか”  窓の向こうにひまわり咲きました 夏が来たのにうれしくありません 私ひとりボートはこげません 私ひとり海へも行けません 今、あなた“お元気ですか”  今日もあなたの似顔絵書いてます うまく書けたら送るつもりです ちょっとテレて告白してみます いつかきっとお嫁に行くつもり 今、あなた“お元気ですか”
お月様の下で山口百恵山口百恵千家和也都倉俊一高田弘今夜はあなたと 大人びた 恋をしたいのよ 心の結びめ ひとつずつ ほどかれるように 軽いくちづけなら 許せるのよ 初めてだけれど 知らぬ間に ふるえていたわ お月様の下で―  夜明けが来るまで 大人びた 愛を交すのよ 浜辺の貝ガラ 波の間に さらわれるように 甘いささやきなら 間きたいのよ 恥かしいけれど 気づかずに 泣き出していた お月様の下で―  甘いささやきなら 間きたいのよ 恥かしいけれど 気づかずに 泣き出していた お月様の下で―
恋人ごっこ山口百恵山口百恵千家和也都倉俊一高田弘私のことを あなたはどんな 女の子だと思うのか 教えてほしい 邪魔っけかしら 迷惑かしら  はっきりと確かめたいの 心の中を― 甘えてばっかり いるような 恋人ごっこは イヤだから 本当のその気持 関かせてほしい ふたりにとって 大切なのは 涙よリ約束よりも ひとつの愛よ―  私のことを あなたはどんな 女の子だと思うのか 教えてほしい 幸福かしら 満足かしら ひとリ決めしているだけじゃ 心配なのよ― 慣れっ子同士の つき合いの 恋人ごっこは イヤだから 何にも隠さずに 答えてほしい ふたリにとって 大切なのは 言葉よりおねだりよりも ひとつの愛よ―
まるで飛べない小鳥のようにいしだあゆみいしだあゆみ橋本淳中村泰士高田弘悲しみの空の下 あの人は さみしげに待っているわ 私を  冷たい路線を今すぐ 北国へ まるで飛べない 小鳥のように あせばむ乙女の 胸の中に 愛するこころ秘めて ベルが鳴る 夜の駅の旅立ち  灰色のまなざしは すてましょう 青空も 不幸せに見えるわ  女の予感を信じて 北国へ 今のあなたは 私のすべて ふるえる乙女の 愛のくらし 歴史が始まる日よ ベルが鳴る 夜の駅の旅立ち  冷たい路線を今すぐ 北国へ まるで飛べない 小鳥のように あせばむ乙女の 胸の中に 愛するこころ秘めて ベルが鳴る 夜の駅の旅立ち
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛の氷河いしだあゆみいしだあゆみ阿久悠井上忠夫高田弘「あなた とても悲しい噂が私の耳に入って 来るのです それは まるで氷のナイフのように 眠ってしまった 私の心を切り裂く のです 人人は 私を信じることの愚かさを 私に教えます 待つということのむなしさを 私に教えます 透明な しかし うすくなった 空気の中で 季節の終った 蝶のように 私は 生きているのです」  しあわせ過ぎた 月のあとの 涙の海に おぼれる私 髪をとかして 爪みがいて 好きなドレスを 鏡にうつす  「あなたに抱かれて海の音をきき 空いっぱいの鴎の群を見た時 死んでもいいとさえ 感じたしあわせが やはり 忘れられないのです」  二度とは人を 愛さないでしょう 一度の愛で ぬけがらのよう 帰らぬ人と知っているのに なぜ さよならいえずにいるの  「突然の別れは こわくないのです 耐えて 行けるのです でもなぜか 段段遠く 段段遠くなって行く感じが つらいのです 多分 私が 女だからでしょう」
おしえてお星様橋本潮橋本潮木本慶子大木将弘高田弘手のひらの涙が 月に照らされ星になる おしえてお星さま 夢はどこへ消えるの  泣き虫の私に 妖精の羽ください 大空はばたいて 夢をつかまえたいの  天の川をわたる小舟 星のしずくが風になる いつかまた会える日まで ほんの少しのサヨナラ  湖は静かに 月を映した水鏡 おしえてお星さま 夢はどこへ帰るの  弱虫の私に 妖精の羽ください いますぐ飛んで行き 夢とめぐり逢いたい  流れ星に願いこめて 遠い町にも届けたい いつかまた会える日まで 忘れないでね 私を  天の川をわたる小舟 星のしずくが風になる いつかまた会える日まで ほんの少しのサヨナラ
連れていってピーターパン橋本潮橋本潮木本慶子大木将弘高田弘連れていってピーターパン 夢と冒険 ネバーランド  雲が七色に光るよ 風と友達になれるよ 目を閉じて 耳をすまして ほら聞こえる ティンカーベルの羽の音  ネバーランド ネバーランド 願いをかなえて 空を飛びたい ネバーランド ネバーランド 今夜の夢に迎えに来てよ ピーターパン  約束してピーターパン ずっと私を忘れないで  月のブランコに揺られて 星とかくれんぼしたこと 目を閉じて 耳をすまして またいつでも逢えると信じていたいから  ネバーランド ネバーランド 今度は私がかなえてあげる ネバーランド ネバーランド あなたの夢をおしえてほしい ピーターパン  ネバーランド ネバーランド 願いをかなえて 空を飛びたい ネバーランド ネバーランド 今夜の夢に迎えに来てよ ピーターパン
すてきなとしごろ橋本潮橋本潮おおくぼ由美森田公一高田弘青い空に 浮かぶ雲は 胸に広がる 憧れみたい 誰かにそっと ささやきたいの 素敵なことが 起こりそうだと 私はいま 夢みるとしごろ なにを みてもしても 心がはずむの  両手を空に さしだして つかまえたいの すべての愛を ハロー私の 素敵な季節  光る海に 飛ぶかもめは 希望にむかい はばたきだすの あなたにきっと 約束するわ 私のきもち 大事にすると 私はいま 夢みるとしごろ なにを みてもしても 心がはずむの  両手でそっと 抱きしめる 波のひびきと 潮風のうた ハロー私の 素敵な季節 両手を空に さしだして つかまえたいの すべての愛を ハロー私の 素敵な季節
ようこそ橋本潮橋本潮おおくぼ由美森田公一高田弘雨がふる日に あなたに逢えた だから私は 雨が好きです キラキラひかる しずくのスパンコール あなたの瞳に 映っていたわ  ようこそ 私の胸に ようこそ New Little One 小さな愛が 生まれるような そんなうれしい 予感がします  雲のきれまに 青空みえて 大きな虹が 橋をかけます ゆらゆらゆれる 光のミラーボール あなたの心を 映していたわ  ようこそ 私の胸に ようこそ New Little One やさしい愛が 芽生えるような そんなすてきな 予感がします  ようこそ 私の胸に ようこそ New Little One やさしい愛が 芽生えるような そんなすてきな 予感がします
青いリンゴGOLD LYLIC野口五郎GOLD LYLIC野口五郎橋本淳筒美京平高田弘心 こころを しばりあい 二人 ふたりで 傷ついた あれは あれは 恋のおわり 涙の初恋か  青いリンゴを 抱きしめても 思い出さえ 帰らない 涙 なみだの 海にいま ぼくは 深く沈もう  濡れた ぬれた まつげの君 踊る 夢の中で 踊る 甘い あまい くちづけさえ 二人は知らないで 青いリンゴを 抱きしめても 思い出さえ 帰らない 星も ほしも 見えない 今 君はどこに 眠るの  青いリンゴを 抱きしめても 思い出さえ 帰らない 涙 なみだの 海にいま ぼくは 深く沈もう
山羊にひかれて愛川欽也愛川欽也寺山修司田中未知高田弘山羊にひかれて ゆきたいの はるかな国まで ゆきたいの しあわせ それとも ふしあわせ 山のむこうに なにがある  愛した人も 別れた人も 大草原に 吹く風まかせ  山羊にひかれて ゆきたいの おもいでだけを みちづれに しあわせ それとも ふしあわせ それをたずねて 旅をゆく
新宿港桜井京桜井京寺山修司佐伯一郎高田弘ひとの涙が 海となり いつかその名も 新宿港  流れついたは 流れついたは 浮世のさだめ あなたの胸に あなたの胸に とまり船  逢わぬさきから さよならが 待ってる二人と 知ってはいたが  どこか似ている どこか似ている 昔のひとに 酔ったふりして 酔ったふりして 打ちあけて  かもめという名の 安酒場 ネオン消えれば もうお別れさ  あなた出船の あなた出船の 手をふりながら さみしい胸の さみしい胸の 銅鑼(ドラ)ならす
なんでも山田!こおろぎ'73こおろぎ'73伊藤アキラ小林亜星高田弘そもそもはやまだ 始まりはやまだ 許せないやまだ 結局はやまだ いいすぎだやまだ やりすぎだやまだ しかじかでやまだ かくかくでやまだ こんなはずではなかったのに (こんなはずではなかったのに) こんなことになったってのも (こんなことになったってのも) やまだだやまだ(やまだだやまだ) なんでもやまだ(なんでもやまだ やまだ) やまだだやまだ なんでもやまだ やまだやまだやまだ や~ま~だ  なんとなくやまだ それとなくやまだ まずいのはやまだ 原因はやまだ(やまだ!) さわぎすぎやまだ ちょんぼだぞやまだ どうしてもやまだ しつこくもやまだ どうも変だと思ってみりゃ (どうも変だと思ってみりゃ) みんなそこに問題がある (みんなそこに問題がある) やまだだやまだ(やまだだやまだ) なんでもやまだ(なんでもやまだ やまだ) やまだだやまだ なんでもやまだ やまだやまだやまだ や~ま~だ  どこまでもやまだ けしからんやまだ なりゆきはやまだ 雲行きはやまだ(あめだ) いつだってやまだ 結論はやまだ もうひとつやまだ 責任はやまだ よると触ると話はこれ (よると触ると話はこれ) あれもこれもすべてはこれ (あれもこれもすべてはこれ) やまだだやまだ(やまだだやまだ) なんでもやまだ(なんでもやまだ やまだ) やまだだやまだ なんでもやまだ やまだやまだやまだ や~ま~だ (もうやまだ やまだ)
琉球(しま)の恋歌長谷川千恵長谷川千恵高林こうこ山田ゆうすけ高田弘南風が吹くたび 心が騒ぐ 珊瑚の海が 瞼にゆれる きっと貴男は あの麗海で 三弦奏で 恋歌綴る わたしは飛べぬ 山端水鶏 波の石垣 逢いにも行けず  噂通りに 貴男の恋歌は 誰かに盗られ 届いてこない 紅のデイゴか あの美人は 憎い花だよ 天まで焦がす わたしは飛べぬ 山端水鶏 思い乱れて 彩さえ冴えぬ  夢の中なら 千里も走り この黒髪で 繋ぎもするに 東風よ伝えて 誰より好きと 夜通し揺すれ 貴男の胸を わたしは飛べぬ 山端水鶏 闇の新月 祭りは遠い
恋する私片平なぎさ片平なぎさ岩谷時子鈴木邦彦高田弘人目をしのんで セーター編んで 心もやせば いつか暮れてゆく 雨のガラス窓 ああ あなたはいま部屋で ああ なにしているの 毎日思いつめて 恋に恋する 私なの  ポストに入れない 手紙を書いて 頬を染めれば 外は雨あがり 誰か歩いてる ああ ぬれた夜にえがく ああ はかない夢 あなたは優しいのに 恋に恋する 私なの  ああ 私のことだけを ああ 思い出して あなたは優しいのに 恋に恋する 私なの
三つの恋の物語ハッピー・サザンアローハッピー・サザンアロー吉岡治中川博之高田弘三つの恋の 恋の物語  着信メロは あなたが決めた 掛けてくれなきゃ 悲しい玩具 噂ばかりの すすき野に ああ ああ 雪が舞う 春がいちばん好きなのに 雪子という名の 札幌 札幌 恋の物語  どんなに燃える 激しい愛も 炎かき消し 夜更けに帰る 橋を渡って ゆく人に ああ ああ 風が追う つらい思いはなれてるわ 風子という名の 大阪 大阪 恋の物語  三つの恋の 恋の物語  想い出パジャマ まとってみても 恋は抜け殻 淋しいだけね ひとりぽっちの 誕生日 ああ ああ 雨が降る いつも幸せ 遠いのに 幸子という名の 東京 東京 恋の物語
お水のRUMBAハッピー・サザンアローハッピー・サザンアロー雨宮英子中川博之高田弘夢と涙を シェイクして 甘いお酒に かえましょう 貴方に酔った 今夜の私 いいの何かが 起きたって 消さないで 消さないで 愛の炎を 燃やしてる すすき野の お水の女 Love night 札幌 お水のRUMBA  こんな思いに させといて 誰にウインク しているの よそ見をすると 許しませんよ ママも認めた 仲じゃない 罪な人 罪な人 涙ぐんでる 妬いている 曽根崎の お水の女 Love night 大阪 お水のRUMBA  恋の傷あと この涙 夜の化粧で 消えるなら 呼び名をかえて 出直すつもり 今度幸せ 見つけたら 離さない 離さない 夢の続きを ねだってる 新宿の お水の女 Love night 東京 お水のRUMBA
京都 木屋町あたり渚ゆう子渚ゆう子なかにし礼筒美京平高田弘雨降る京都の 木屋町あたりで 都通りで はぐれた人と 思いがけず 巡り逢えた 紅柄法師の 木屋町通りは 人目も多い 噂も早い 傘で顔を 隠したの 今さら声をかけても きっと傷つくだけの私 私が一人泣いたらそれで 今夜の雨は上がる  古い京都の しきたりどおり 知らないふりをした私 京都木屋町 お座敷帰り 頬を刺す 針の雨 今さら肌を許してみても 他人のままの二人 私が一人耐えたらそれで 朝には夢も覚める 悲しい京都の木屋町あたりに 雨 雨 雨が降る
京都・北山・杉木立渚ゆう子渚ゆう子橋本淳筒美京平高田弘旅人の足も遠い 京都 北山 杉木立 笹船を流しても 想いは届かない あの人はゆきずりに 恋を残して行った あれはかりそめね 愛しい人の呼び名を 忘れるすべも知らずに 木もれ陽の坂道で 私は春に泣く  風に追われ八重桜 京都 北山 杉木立 山の娘の恋は 可憐に散ってゆく 谷川に足をなげ 影法師を探して 誰を待つのやら 淋しさを抱きしめれば うつろな夢も壊れて 夕暮れの山道で 私は春に泣く  谷川に足をなげ 影法師を探して 誰を待つのやら 淋しさを抱きしめれば うつろな夢も壊れて 夕暮れの山道で 私は春に泣く
京の石段渚ゆう子渚ゆう子阿久悠中村泰士高田弘京の石段 女が一人 日傘くるくる 回して下りる 初恋のあの人は 今は何処にいる 逢いたくて 逢いたくて おみくじ引いて 願かけました 強い女になりますと  京の石段 女が一人 涙ほろほろ 流して下りる 諦めはいけないと 胸に言い聞かせ 好きだから 好きだから せつないほどに 苦しみました 泣かぬ女になりたいの  京の石段 女が一人 恋をしみじみ 感じて下りる この命一度だけ 賭けてみたいから 追いかけて 追いかけていきたい心 打ち明けました 生きた女になるために
京都・神戸・銀座渚ゆう子渚ゆう子橋本淳筒美京平高田弘川の流れに せつない影を 浮かべて恋は 忍びよる あなたの好きな東山 町の明りが揺れている 京都の夜の忍び逢い 忍び逢い  あなたの気持ち 確かめたくて 泣いてしまった 雨の中 初めて私 知ったのよ 涙で開く 花びらを 神戸の夜の忍び逢い めぐり逢い
心配している私です川中美幸川中美幸木未野奈北原じゅん高田弘一人でボトルを 半分も あけちゃ身体に よくないわ いつもは飲めない 人なのに 悲しいことが あったのね 女は泣けば すむけれど 泣けないあなたが かわいそう  今では私も この店の ママの代りを してるけど 酔ってるお客に からまれて かくれて泣いた 時もある はた目じゃ楽に みえたって 誰でもあるのよ やなことは  一昨夜(おととい)はいった 背の高い ルミと歌でも うたったら あなたも気嫌も なおるわよ 秋田で生まれ 水戸育ち さすがにうまい 節廻し 心配している 私です
好きなんだけど野口五郎野口五郎橋本淳筒美京平高田弘好きなんだけど 話せない 恋を知らない 僕だから 好きなんだけど さわれない 君の心の真実に 雪が降るのに あかく燃えてる 僕たちふたり 身体も夢も 幼いけど 愛なんだ  心を紅く 染めながら やさしく君を 抱きしめた 生命をこめて ただ一度 君に告げたい 情熱を 雪が降るのに 僕は燃えてる からめた手と手 みかわす瞳 ただひとすじの 愛なんだ  好きなんだけど  さそえない 愛にめばえた 僕だから 好きなんだけど かわせない 甘くふるえる くちづけを 雪がふるのに 恋は燃えてる 僕たちふたり 身体も夢も 幼いけど 愛なんだ
炎のように火のように青江三奈青江三奈山崎ふみえ曽根幸明高田弘激しく燃える 恋の火は 赤いライトの 渦の中 刻むリズムが 人生ならば 二度と帰らぬ この刻を 愛するあなたの その胸で 炎のように 火のように  花散る夜も 秋の夜も 紅のドレスが 夢を呼ぶ いつか散り行く 命であれば せめてこの恋 燃ゆる間に 愛して愛して 愛されて あなたの胸で 死にたいの  命の限り その日まで 紅い炎を 燃やしたい 夢とまぼろし 追いかけながら 生きた月日は もう遠い 愛するあなたの その胸で 炎のように 火のように
下町情話倉田愛子倉田愛子平山忠夫三嶋秀記高田弘辛い涙は 笑顔でかくし 情け寄せ合う 恋所帯 これでいいのよ いいのです 母の心に 添えないけれど 紅い絆で 明日からの 運命つないだ ああ二人です  夢も途切れて 遠くになるわ 詫びて届かぬ 故郷よ これでいいのよ いいのです どこか似合いの 下町ぐらし 妻と呼ばれて 身を寄せる 惚れたあなたが ああすべてです  他人ばかりの 倖せ浮かべ すがる瀬もない 隅田川 これでいいのよ いいのです 愛のほころび しっかり縫って 生きる二人の 路地裏に ともす灯りが ああ命です
百日草倉田愛子倉田愛子平山忠夫三嶋秀記高田弘雲の上から 母さんは やさしく私を みつめてる 自分のことより 世間のために 一生けんめい つくしなと 諭した言葉を 忘れずに 心の歌で 飾ります  辛い時でも 母さんは 涙を私に かくしてた 指輪も消えた 淋しい指で 私をこの世に はばたけと 望みをかけて くれました ご恩忘れず 励みます  空に浮かんだ 母さんの 笑顔は私の 灯りです どんな悩みも 癒してくれて 幸せでした ありがとう 母さんのように 愛されて きれいな花を 咲かせます
カナリヤ倉田まり子倉田まり子松宮恭子松宮恭子高田弘泣きながら 破いたわ 想い出の写真 肩を寄せる二人の 笑顔がつらくて  一人きりの冬が 通り過ぎたけど 二度ともどらぬ 幸せな時 切なく恋しい  そうね カナリヤのように 歌いつづけたなら わたしをすてたあの人 帰ってくれる気がして  あの人 今頃は どうしてるかしら 遠い空を見上げて 名前を呼んだわ  街は はなやいで 恋する頃ね 季節のように 愛もめぐれば どんなに いいでしょう  ひとり カナリヤのように 待ちつづけていたなら わたしをすてたあの人 帰ってくれる気がして  そうね カナリヤのように 歌いつづけたなら わたしをすてたあの人 帰ってくれる気がして
涙のくちづけ郷ひろみ郷ひろみG.ゲルド・岩谷時子P.ウディル・G.ゲルド高田弘夏の思い出 サヨナラ 手紙を書くと 約束した 君に涙の くちづけを つめたい風が 吹いても 忘れられない君に ぼくの 愛と涙の くちづけを はるかな空から きこえる声よ 抱きしめたいのに 君はもういない また逢う日まで サヨナラ 思い込めて 君の幸を 祈りながら くちづけを  また逢う日まで サヨナラ 変らぬ愛を 誓いながら 君に涙の くちづけを くちづけを くちづけを ……………
人情岬とんねるずとんねるず秋元康後藤次利高田弘置き手紙だけで 男と別れて 一人旅するなんて いい気なもんさ 不幸せめぐり だまされ続けて やけになってみたって 仕方がないよ さあお猪口出して辛口の酒注いで 一気に空ければ忘れられる 納沙布は人情岬 過去の傷も古い名前も 言わなくていい 納沙布は人情岬 恋に破れて行くあてのない 女のための岬さ  のれんなどしめて 今夜は朝まで おまえの愚痴ひとつも聞いてあげるよ 粉雪の中で 別れた男に 手紙書いてみたって 出せないくせして さあ元気出して小皿を叩きながら 歌でも歌えばやり直せる 納沙布は人情岬 遠い街も胸の痛みも 思い出になる 納沙布は人情岬 恋に遠まわりをしてきた 女のための岬さ  納沙布は人情岬 今日の天気も明日の景気も 鳴り次第 納沙布は人情岬 恋に破れたら来ればいい みんなのための岬さ 岬さ 
パパは恋人山口百恵・宇津井健山口百恵・宇津井健千家和也都倉俊一高田弘手のひら握ると 何かがつかめるの お前もそろそろ 年頃になったね 私の倖せは どこにあるの 近くなる遠くなる そして隠れるルル 私の恋人は パパに似てる 唇も髪の毛も 指の形も 三人でお見合いしましょう いつの日にかいつの日にか  睫毛をふせると 泪がこぼれるの 何だかこの頃 綺麗に見えるのさ 私の倖せは 誰がくれる あの人かこの人か 別の人かなアア 私の恋人は パパに似てる 笑い声歩き方 話す仕草も 三人でお見合いしましょう いつの日にかいつの日にか
愛のゆくえ幸田薫幸田薫伊井田朗水森英夫高田弘一つめの秋 見送る頃は お酒の味も 覚えたわ 銀杏並木が 裸になって 別れのときを 知ったから 愛はいつか 色あせて 散ってゆくのね 散ってゆくのね はかないものね  二つめの冬 迎えた頃は なみだにくれて いたのです 白くかぼそく 降る雪さえも 無情に折るわ 枯れ枝を 愛はいつか 音たてて 崩れ去るのね 崩れ去るのね せつないものね  三つめの春 訪ずれたとき 思い出川を わたります 波のまにまに くだけた夢が 浮いては沈む 夕まぐれ 愛はいつか 影もなく 消えてゆくのね 消えてゆくのね 悲しいものね
あなたの私石川さゆり石川さゆり千家和也市川昭介高田弘あなたのことを いろいろ悪く 聞かせる人が いるけれど 疑うことは 悲しいことよ この耳ふさいで 信じてる  愛したために 世間の人が 冷たく石を 投げるなら ふたりで分けましょ おんなじ痛み あなたと私に この先もしも 別れがあるなら 死ぬ時でしょう  あなたについて 知らないことは まだまだうんと あるけれど 私の肌に 小指も触れぬ 綺麗な気持ちが うれしいの  愛したために 友達さえも 離れて行って しまうなら ふたりで耐えましょ おんなじ辛さ あなたと私に この先もしも 別れがあるなら 死ぬ時でしょう  愛したために 世間の人が 冷たく石を 投げるなら ふたりで分けましょ おんなじ痛み あなたと私に この先もしも 別れがあるなら 死ぬ時でしょう
伊豆の踊子山口百恵山口百恵千家和也都倉俊一高田弘通り雨往く 峠の茶屋に 晴れて道連れ 旅の空 可愛い踊子 太鼓を提げて 歩く道すじ 白い花  今日の泊まりは いで湯の宿か 白い湯舟に 染まる肌 可愛い踊子 お座敷めぐり 三味と太鼓の 障子窓  恋と呼ぶには まだ幼なさが 残る黒髪 薄化粧 可愛い踊子 小首をかしげ 笑う眼もとの 恥ずかしさ  舟は出てゆく 下田の浜を またの逢う日は 来るのやら 可愛い踊子 うち振る指に こぼす涙も 紅の色
六つの星細川たかし細川たかし能丸武・中山大三郎中山大三郎高田弘汗と涙を流した数で 明日の勝負に賭けてみろ 運命の星はめぐるとも いのち燃やせよ男花 未来をつくる セントラル・リーグ  走れ青春 ペナント・レース 秘めた闘志と 見せる技 転んで起きて とびついて 見れば青空 ただ深い われらが護る セントラル・リーグ  夢をえがいた 少年時代 日夜きたえて 現在がある 泣きたかったら グランドの 砂をつかんで 立ちあがれ 栄光ある歴史 セントラル・リーグ  希望はるかな 男の世界 進めその時 その日まで 勝利の女神 ほほえめよ この手この足 この肩に 六つの星よ セントラル・リーグ
ひとり旅細川たかし細川たかし橋本淳三木たかし高田弘あなたを訪ねて 急ぐ旅の汽車の窓から バカだな 夜明けの海 私は見つめていました  希望という名の重い荷物 私は背負っています 冷たく指差す 人の影に つらい想いをしてます  あなたは 悪い人と 知っていながら  秋風の中 旅に出ました 胸の傷をいやすつもりで あなたに逢えなきゃ 女心も枯れます  私の行く手を拒むような 哀しい噂 聞きます 見知らぬ女と部屋をかまえ あなた 苦労をしていると  私をせめて一度 抱いて下さい  弱い女が耐えてきました 夢がかなうこともあるわと… あなたに逢えなきゃ 女心も枯れます  あなたは 悪い人と 知っていながら  秋風の中 旅に出ました 胸の傷をいやすつもりで 淋しく私が 指輪見つめる秋です
まわり道GOLD LYLIC琴風豪規GOLD LYLIC琴風豪規なかにし礼三木たかし高田弘桜の花のような 小雪がふりかかる お前のおくれ髪を この手で なでつける まわり道を したけれど めぐり逢えたら いいさ いいさ 遅れてやって来た 二人の春に 乾杯を あ……  川辺で子供たちが  無邪気に遊んでる お前はそれを見て かすかに 涙ぐむ まわり道を したけれど 夢が叶えば いいさ いいさ 苦労の分だけは お前もなれよ 幸せに あ……  まわり道を したけれど これが最後の 恋さ 恋さ 二人であたたかな ねぐらをきっと つくろうよ あ……
恋の曼珠沙華小林幸子小林幸子朝比奈佳・補作詞やしろようTAI高田弘恋はくれない 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) あなたと歩いた 石だたみ きっと 迎えに来ると 抱きしめられて 泣いて別れた オランダ坂  蝶々さん 辛い運命です 蝶々さん 長崎は雨 蝶々さん いつもそうですね 女は 蝶々さん 泣かされて 待ちわびて  小雨にけむった 天主堂 ビードロ細工の 頼りなさ 船はいつ帰る 浦上の鐘の音に 願い届けと 十字を切る  蝶々さん こんな私にも 蝶々さん 風はやさしく 蝶々さん 揺れる港の灯 明日も 蝶々さん 信じたい 愛したい  蝶々さん 辛い運命です 蝶々さん 長崎は雨 蝶々さん いつもそうですね 女は 蝶々さん 泣かされて 待ちわびて  蝶々さん 蝶々さん
モスラの歌コスモスコスモス原案作詞:田中友幸・関沢新一・本多猪四郎・日本語詞:三浦徳子古関裕而高田弘モスラヤ モスラ ドゥンガン カサクヤン インドウ ムウ ルスト ウィラードア ハンバ ハンバムヤン ランダバン ウンラダン トゥンジュンカンラー カサクヤーンム  モスラヤ モスラ ドゥンガン カサクヤン インドウ ムウ ルスト ウィラードア ハンバ ハンバムヤン ランダバン ウンラダン トゥンジュンカンラー カサクヤーンム  モスラや モスラ 救けてよと 呼べば 時を越えて 海を越えて 波のように やって来る 守り神  モスラや モスラ 優しささえ 忘れ 荒れ果てた 人の心祈りながら 歌いたい 愛の歌  モスラヤ モスラ ドゥンガン カサクヤン インドウ ムウ ルスト ウィラードア ハンバ ハンバムヤン ランダバン ウンラダン トゥンジュンカンラー カサクヤーンム  モスラヤ モスラ モスラヤ モスラ モスラヤ モスラ モスラヤ モスラ
嘘つき女のブルース香西かおり香西かおり市川睦月三木たかし高田弘私が小さな 嘘をつくのは あの人に 嫌われたくないから ほんとの私を 見せてしまうと 幸せが きっといなくなるから 真っ赤な嘘と 人は言うけど 私のは 薄い水色 泪色 だから この辛い 嘘を許して 嘘を許して  そんなにいけない ことなのかしら 女なら 誰も夢は見たいわ いつかは終わると わかっていても 紫陽花(あじさい)の 花がせめて散るまで 真っ赤に燃えた 夜が明ければ 思い出は 薄い水色 泪色 だから あの夜を 嘘にしないで 嘘にしないで  真っ赤な糸が プツンと切れて 夕暮れは 薄い水色 泪色 ああ…… 明日から 嘘もつけない 嘘もつけない
初恋サンシャイン日高のり子日高のり子岡田冨美子すぎやまこういち高田弘生まれる前から知っていた そんな気がする 二人の出逢い 目と目がカチンと合ったとたん ハートにカラーがついたのよ  青い空は恋の海(サンシャイン) 銀の小舟が浮かんでる(サンシャイン) いっしょに乗れるとしあわせね あなたと遠くへ行けるかしら(サンシャイン)  今 好きなのと言えたから そよ風がキラキラキラキラ 光るのでしょうか  両手を広げて待っていて 髪をなびかせ飛び込んでゆく 私のすべてを大事にしてね ハートの景色が甘くなる  青い空は恋の海(サンシャイン) 真昼の星をさがしましょう(サンシャイン) 指先結んでしあわせね あなたとどこまで行けるかしら(サンシャイン)  また 明日(あした)きっと逢えるから さよならがキラキラキラキラ 光るのでしょうか  青い空は恋の海(サンシャイン) 銀の小舟が浮かんでる(サンシャイン) いっしょに乗れるとしあわせね あなたと遠くへ行けるかしら(サンシャイン)  今 好きなのと言えたから そよ風がキラキラキラキラ 光るのでしょうか
PRETTY LOVE日高のり子日高のり子岡田冨美子すぎやまこういち高田弘アッア あなたと歩道橋の上 待ちあわせ どっちから昇って来るの 車の河を夕焼けが赤く染める  PRETTY LOVE, PRETTY DATE 口づけはまだだけれど PRETTY LOVE, PRETTY DATE いつかきっとね  五分遅れでやって来て ごめん ごめん あなたはいつも頭をかく  アッア あなたが映画の話を 始めると ソーダ水の氷が溶けて 帰りの時間忘れちゃう そばにいたい  PRETTY LOVE, PRETTY DATE 口づけはまだだけれど PRETTY LOVE, PRETTY DATE いつかきっとね  切手をはったラブレター なぜか なぜか ポストに入れず手渡したい  アッア あなたに見つめられると 熱くなる この気持 言葉にすると こわれてしまう気がするの それほど好き  PRETTY LOVE, PRETTY DATE 口づけはまだだけれど PRETTY LOVE, PRETTY DATE いつかきっとね  送ってもらう帰り道 誰も 誰も いない所で立ち止まって
メランコリック・ママ小林幸子・木の実ナナ小林幸子・木の実ナナ荒木とよひさ中村泰士高田弘(小林)男ってみんな トンボだね (小林)心に秋風 隠してさ (木の実)男ってみんな 迷子だよ (木の実)遠くのお家が 恋しくて (小林)お酒を飲まなきゃ 偉くもなれなくて (木の実)あしたを恐がる 淋しがり屋  (小林)メランコリック・ママ (木の実)私でよかったら (木の実)メランコリック・ママ (小林)私でよかったら (二人)メランコリック・ママ 私でよかったら (二人)抱いてあげようか  (木の実)男ってみんな 可愛いいね (木の実)はなたれ坊やで 泣き虫で (小林)男って みんな子供だよ (小林)夢から生まれてきたからさ (木の実)ひとりぼっちじゃ なんにも出来なくて (小林)ゆりかご恋しい 淋しがり屋  (小林)メランコリック・ママ (木の実)私でよかったら (木の実)メランコリック・ママ (小林)私でよかったら (二人)メランコリック・ママ (二人)私でよかったら 抱いてあげようか  (小林)メランコリック・ママ (木の実)私でよかったら (木の実)メランコリック・ママ (小林)私でよかったら (二人)メランコリック・ママ 私でよかったら (二人)抱いてあげようか
別れてひと月ヒデとロザンナヒデとロザンナなかにし礼都倉俊一高田弘あなたと別れて やっとひと月 つらい時間が流れた 今だに私はベッドの真ん中で 眠ることが出来ないの 何もしないでいるのが怖くて 部屋の掃除をしてたら 私がなくして叱られた カウスボタン 出て来た 激しい愛ゆえに 憎しみだって強かった 罵りあって別れたけれど仕方がなかった あなたと別れて やっとひと月 時間は流れたけれど 忘れるためには まだまだ時間がかかりそうね  一途な愛ゆえに傷つけあっていたけれど 私としては 昔の方が幸せだったわ あなたと別れて やっとひと月 時間は流れたけれど 忘れるためには まだまだ時間がかかりそうね
全1ページ中 1ページを表示

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照