歌詞を

ヘルプ

三代沙也可の歌詞一覧リスト

45 曲中 1-45 曲を表示
2021年5月7日(金)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
哀愁海岸三代沙也可松井由利夫伊藤雪彦捨てたい消したい忘れたい
哀愁列車三代沙也可横井弘鎌多俊与惚れて惚れて惚れていながら
愛は永遠に…三代沙也可仁井谷俊也伊藤雪彦愛わたしの愛はあなたの胸の中
赤い風車三代沙也可松井由利夫伊藤雪彦赤い風車女のこころ
アカシアの下で三代沙也可麻こよみ伊藤雪彦アカシアの甘い香りの下で
あなたさがして三代沙也可松井由利夫伊藤雪彦あなたとはじめて出逢った夜は
あなたの女三代沙也可吉岡治伊藤雪彦おまえと一から出直すと
雨の波止場町三代沙也可松井由利夫伊藤雪彦雨がやんでも港の灯り
阿波の踊り子三代沙也可助田ひさお伊藤雪彦ひとめで燃える恋もある
いい日がくるよ三代沙也可東逸平伊藤雪彦いのちを尽くして光ってる
裏町しぐれ三代沙也可木下龍太郎伊藤雪彦風邪を引くなとやせた手に
江ノ島絶唱三代沙也可志賀大介伊藤雪彦あのひとのやさしさも
江ノ島ひとり三代沙也可志賀大介伊藤雪彦寄せては返す波でさえ
江ノ島ひとり~歌謡浪曲入り~三代沙也可志賀大介伊藤雪彦寄せては返えす波でさえ
おしゃれ小唄三代沙也可松井由利夫伊藤雪彦お洒落しゃれても惚れてはないよ
おんなの旅路三代沙也可松井由利夫伊藤雪彦汽車をなんども乗り継ぎました
おんなの岬三代沙也可志賀大介伊藤雪彦岬の先は海ばかり
風屋台三代沙也可麻こよみ伊藤雪彦赤いちょうちん揺れるたび
鎌倉恋歌三代沙也可志賀大介伊藤雪彦行けば涙になるだけと
川は流れる三代沙也可横井弘櫻田誠一病葉を今日も浮かべて
貴船川三代沙也可池田充男伊藤雪彦あなたほらあなた蛍です
君が好きだよ三代沙也可横井弘櫻田誠一夜空の星になりたいなんて
京しぐれ三代沙也可松井由利夫伊藤雪彦嵯峨野霧雨夕まぐれ
恋文しぐれ三代沙也可麻こよみ伊藤雪彦ひとりの夜は淋しくて
酒場にて三代沙也可山上路夫鈴木邦彦好きでお酒を飲んじゃいないわ
桜…その愛三代沙也可志賀大介伊藤雪彦人は一生旅だよと父のことばの
桜の川三代沙也可麻こよみ伊藤雪彦風にこぼれる花びらが
酒がたり三代沙也可たかたかし伊藤雪彦路地にこぼれる赤い灯が
札幌ラプソディ三代沙也可麻こよみ伊藤雪彦あの町この町たそがれて
倖せの花三代沙也可麻こよみ伊藤雪彦流れる川の冷たさを耐えて
倖せもやい酒三代沙也可たかたかし伊藤雪彦世渡り下手で口下手な
白い花のタンゴ三代沙也可麻こよみ伊藤雪彦別れの小径にはらはらと
逗子の恋港三代沙也可志賀大介伊藤雪彦ふたりの涙がこの海を
旅哀歌三代沙也可志賀大介伊藤雪彦行きずりの旅の雨
泣き上戸三代沙也可麻こよみ伊藤雪彦この手をほどき足早に
南国土佐を後にして三代沙也可武政英策武政英策南国土佐を後にして
初恋の詩集三代沙也可志賀大介伊藤雪彦あなたからの白い白い押し花
ふたりの湘南~ソロ・バージョン~三代沙也可岩本亮・補作詞:伊藤雪彦伊藤雪彦渚のむこうに夕日が沈み
弁天菊之助三代沙也可岩本亮伊藤雪彦月も明るい江の島の
水色のハンカチ三代沙也可仁井谷俊也伊藤雪彦あなたに貰った水色のハンカチ
もういちど江ノ島三代沙也可岩本亮・補作詩:伊藤雪彦伊藤雪彦あなたの面影探しつつ
夢蕾三代沙也可麻こよみ伊藤雪彦ままにならないこの世の川よ
夢花火三代沙也可たかたかし伊藤雪彦あなた見送る別れの駅は
夜汽車は北へ三代沙也可木下龍太郎伊藤雪彦寒い寒い膝掛け巻いても寒い
わたしの好きな姫島は三代沙也可伊藤雪彦伊藤雪彦わたしの好きな姫島は