風屋台

この曲の表示回数 8,246
歌手:

三代沙也可


作詞:

麻こよみ


作曲:

伊藤雪彦


赤いちょうちん 揺れるたび
浮かぶ面影 コップ酒
惚れたおまえに 幸せひとつ
やれずに別れて 来た俺さ
苦(にが)さ飲みほす 風屋台

尽すおまえの 優しさを
じゃまにしていた あの頃は
女心の 淋しさつらさ
今ならわかって やれるのに
ばかな男さ 風屋台

酒にほろ酔い 目を閉じりゃ
そばにおまえが いるようで
すまなかったと 一言(ひとこと)詫びて
この手に抱きたい 細い肩
つらさ飲みほす 風屋台
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:風屋台 歌手:三代沙也可

三代沙也可の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-03-24
商品番号:KICM-30267
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP