歌詞を

ヘルプ

鈴木紀代作詞の歌詞一覧リスト

126 曲中 1-126 曲を表示
2019年11月18日(月)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
いくじなし新曲丘みどり鈴木紀代大谷明裕ダメね私ってまた泣いている
下北ひとり可愛ゆみ鈴木紀代西つよし野辺地の駅を後にして
私も女可愛ゆみ鈴木紀代西つよし私の心に棲みついた
なみだ癖山口みさと鈴木紀代桧原さとし男の背中と倖せは
ぬけがら山口みさと鈴木紀代桧原さとしダメね昨夜も泣いて
いさりび鉄道浅田あつこ鈴木紀代杉尾聖二北へ北へひたすら北へ
野付半島山内惠介鈴木紀代水森英夫根室海峡潮風受けて
絆道 -きずなみち-飛鳥とも美鈴木紀代岡千秋たとえ火の中水の中
男の日記帳坂井一郎鈴木紀代叶弦大今夜は男の日記帳
灯り坂井一郎鈴木紀代叶弦大本気で生きて来た道で
恋はぐれ森進一鈴木紀代森進一身もだえするほど好きだった
日豊本線池田輝郎鈴木紀代水森英夫小倉駅から列車に乗れば
じょんから女節五十川ゆき鈴木紀代西つよし雪は下から舞い上がり
肥前路の女松尾雄史鈴木紀代水森英夫泣き泣き別れた佐世保の駅で
叱り酒松尾雄史鈴木紀代水森英夫日暮れを待てずに昨日も今日も
京都一人早瀬ひとみ鈴木紀代浜圭介鐘の音がする小雨降る夜だった
港わかれ雪花咲ゆき美鈴木紀代岡千秋雪が雪が雪が雪が降りしきる
諏訪湖…哀愁花咲ゆき美鈴木紀代岡千秋なぜなのあなたなぜなのよ
斎太郎月夜浅野祥鈴木紀代南乃星太風は恋風舫を解いて
別れ上手長山洋子鈴木紀代浜圭介イヤね別れ上手な男なんだから
男振り鳥羽一郎鈴木紀代安藤実親ガキの頃からわんぱく坊主
花のブルース森進一鈴木紀代森進一夜に咲いても花は花
夢情話立樹みか鈴木紀代田尾将実男は女を抱き寄せて
逢いたいあなた立樹みか鈴木紀代田尾将実寝ものがたりを真に受けて
高山本線池田輝郎鈴木紀代水森英夫おまえに出逢えるはずなど
旅の酒池田輝郎鈴木紀代水森英夫風にゆれてる赤提灯が
ひとり舟ジェロ鈴木紀代影山時則流されて流されてビルの谷間の
ちゃっきり茶太郎橋幸夫鈴木紀代影山時則小夜の中山峠を越えて
おまえと水割り坂井一郎鈴木紀代叶弦大木枯しが吹きすさぶ
うぬぼれジェロ鈴木紀代影山時則愛されてると信じてたのは私
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
宗谷本線山内惠介鈴木紀代水森英夫粉雪が窓をたたきつけ
演歌道中 旅がらす山内惠介鈴木紀代水森英夫腰の脇差マイクにかえて
下北みれん長保有紀鈴木紀代徳久広司命まるごと焦がした恋を
東京へ戻ります長保有紀鈴木紀代徳久広司一度別れたあなたです
女の人生夢舞台美山京子鈴木紀代水森英夫一つ二つと数えたら
小豆島悲歌美山京子鈴木紀代水森英夫やっと手にした倖せが
おしどり峠…北島三郎鈴木紀代原譲二胸突き八丁の浮き世の坂を
惚れた女の恋の道五十川ゆき鈴木紀代西つよし惚れた女の想いと雪は
じょんから女節竹村こずえ鈴木紀代西つよし雪は下から舞い上がり赤い裳裾
ワッショイ長山洋子鈴木紀代岡千秋ワッショイワッショイ
おまえに決めた山内惠介鈴木紀代水森英夫命を惜しむ恋ならば恋している
風蓮湖~釧路空港山内惠介鈴木紀代水森英夫釧路厚岸霧多布人もまばらな
泉州恋しぐれ長保有紀鈴木紀代中村典正惚れた私にゃ気のないあんた
遠州恋しぐれ長保有紀鈴木紀代中村典正富士は赤富士太田の川に
テキエロムーチョ佳山明生鈴木紀代佳山明生私からさよなら切り出さないと
もう一度…子守歌長山洋子鈴木紀代桧原さとし北向きの枕で両手を
純子の泪松尾雄史鈴木紀代水森英夫探さないでとにじんだ文字の
さすらい岬松尾雄史鈴木紀代水森英夫北へ北へとローカル線で
福の神坂井一郎鈴木紀代影山時則縞(しま)のドテラにいがぐり頭
釧路空港GOLD LYLIC山内惠介鈴木紀代水森英夫風の噂に聞いたんだ
サヨナラ山内惠介鈴木紀代水森英夫若さにまかせた恋が終わった
アディオス~また逢えますね~宮路オサム with Venus鈴木紀代宮路オサム勘ちがいすれちがい心の糸の
門付け兄妹旅長山洋子鈴木紀代西つよし馬の背のよな峠を越えて
木曽の翌檜長山洋子鈴木紀代弦哲也木曽のナー仲乗りさん
雨おんな長山洋子鈴木紀代弦哲也なぜかしら私雨おんな
三年たったらここで…浅田あつこ鈴木紀代井上慎之介バカねあなたと私
うわさ雨長保有紀鈴木紀代中村典正夜雨小雨の降る街で
雪つばめ長保有紀鈴木紀代中村典正冬の木枯らし恋枯らし
よさこいソーラン女節長山洋子鈴木紀代浜浩二惚れたあんたはョー
谷瀬の吊り橋長保有紀鈴木紀代中村典正すがりついてもこの橋を
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
あゝ奥多摩花田真衣鈴木紀代桧原さとし心の痛みに耐えかねて
恋の花森若里子鈴木紀代蔦将包涙で枯れた恋もある
博多山笠女節長山洋子鈴木紀代ジュン黛夜明け前博多の男が
残雪根室本線山内惠介鈴木紀代水森英夫両手で耳をふさいでも
白樺の誓い山内惠介鈴木紀代水森英夫こもれ陽ゆれる白樺林
龍飛崎長保有紀鈴木紀代中村典正私の心に棲みついた
花言葉長保有紀鈴木紀代中村典正淋しくなんかもうないわ
あなた時雨谷龍介鈴木紀代桧原さとし探さないでね私のことは
片割れ月佳山明生鈴木紀代宮下健治街が泣いてる裏通り空を
はぐれ泣き佳山明生鈴木紀代西つよし風もしばれる吹雪の夜に
心の花小町雪乃鈴木紀代岡千秋やっと出逢えたあなたと私
加恵 ~華岡青洲の妻~古都清乃鈴木紀代弦哲也紀ノ川の紀ノ川の
忍冬(すいかずら)古都清乃鈴木紀代桧原さとし夢のかけらにつまずいて
あれから三年たちました水木ケイ鈴木紀代水森英夫倖せでしたさよならの
夢追い笠長山洋子鈴木紀代影山時則薩唾峠でため息一つ
私やっぱり女です長保有紀鈴木紀代中村典正恋もしました泣きもした
木曽路の雨長保有紀鈴木紀代中村典正話し上手で聞き上手
朝はきっと来る林あさ美鈴木紀代岡千秋よいしょこらしょどっこいしょ
風蓮湖山内惠介鈴木紀代水森英夫釧路厚岸霧多布人もまばらな
パロパロしないでねケンジとエリサ鈴木紀代伊戸のりおPARUPARO SHINAIDENE
遠い街長山洋子鈴木紀代井上真之介まさか別れが来るなんて
たてがみ長山洋子鈴木紀代影山時則駒の名前もその数も
ふたり道北島三郎鈴木紀代原譲二泣いて笑ってまた泣いて
春風長山洋子鈴木紀代影山時則風は春風両国橋をカッタカッタ
望郷ひとり泣き(大陸篇)長山洋子鈴木紀代西つよし諦め切れない人なのか
シベリアの涙長山洋子鈴木紀代桧原さとし泣いちゃダメいけない
愛の灯長山洋子鈴木紀代桧原さとし悔しかったのねつらかったのね
七人の侍~麒麟の如く~長山洋子鈴木紀代桧原さとし命の重さに変わりはないが
根っこ北島三郎鈴木紀代原譲二咲いた花だけ人は観て
望郷ひとり泣き長山洋子鈴木紀代西つよし男の運が悪いのか男を見る
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
ひざ小僧北島三郎鈴木紀代徳久広司生まれ故郷を後にして
おんな炭坑節長山洋子鈴木紀代宮下健治赤い煙突目あてに行けば米の
恋のプラットホーム長山洋子鈴木紀代井上真之介じゃあね又ね今度ねきっとね
洋子の…新宿追分長山洋子鈴木紀代水森英夫一雨来そうな盛り場通り
悲恋歌林あさ美鈴木紀代岡千秋両手で耳をふさいでみても
海峡みなと林あさ美鈴木紀代岡千秋出て行く船がかすかに見える
北島三郎鈴木紀代原譲二損か得かをはかるより嘘か真で
笹舟原田悠里鈴木紀代加藤将貫こころの笹舟は流れて行けば
花と女高瀬一郎鈴木紀代水森英夫忘れ切れない男がいて
嘘だといって長山洋子鈴木紀代桧原さとし嘘でしょあなたにいい彼女いる
長山洋子・影山時則鈴木紀代影山時則糸の半分私が持つわ
洋子の…名残月長山洋子鈴木紀代西つよし日暮れて鳥は巣に帰り瀬を行く
洋子の…ふるさと長山洋子鈴木紀代大谷明裕バスを降りると一本の
洋子の…海長山洋子鈴木紀代桧原さとし海は荒波潮風受けて
ほろり酒原田悠里鈴木紀代加藤将貫倖せだったら女がひとり手酌で
たまゆら長山洋子鈴木紀代円広志雲の切れ目が縁の切れ目か
じょんから女節GOLD LYLIC長山洋子鈴木紀代西つよし雪は下から舞い上がり
おんなの浪花節長保有紀鈴木紀代宮下健治三月もったらお慰み
はまなす岬林あさ美鈴木紀代岡千秋野に咲く名もない花だから
清水湊の女長保有紀鈴木紀代宮下健治男が一人に女が二人
茉莉花の涙三沢あけみ鈴木紀代石山勝章黄昏の黄昏のポプラの並木道
青春は終わらない和田青児鈴木紀代原譲二夕陽が沈む校庭で肩組み合った
男ざかり橋幸夫鈴木紀代樋口義高女ざかりは華ざかり
青空長山洋子鈴木紀代西つよし青い空が心に消えた時
白い着物長山洋子鈴木紀代西つよし惚れて悩んで乱れて泣いて
長山洋子鈴木紀代西つよし愛と背中になぞった指が
花園しぐれ長山洋子鈴木紀代西つよし想い残しと飲み残し
ふられの酒三沢あけみ鈴木紀代西つよしあなたのすべてを
春の足音矢吹春佳鈴木紀代徳久広司やっと見つけたあなたの笑顔
神鳴りの唄金沢明子鈴木紀代井上真之介時代は幕開け御輿かつぎ出せ
一路北島三郎鈴木紀代原譲二ちょっとよければ
桶屋の八つぁん長山洋子鈴木紀代石山勝章お江戸はヱ神田のヱ
地図のない旅長山洋子鈴木紀代石山勝章どこ行くあてもなく旅立つ時は
紅い雪長山洋子鈴木紀代桧原さとし生きるも果てるもあなたと
捨てられて広畑あつみ鈴木紀代桧原さとしでもねあの人悪くないのよ
捨てられて長山洋子鈴木紀代檜原さとしでもねあの人悪くないのよ