鈴木紀代作詞の歌詞一覧リスト  147曲中 1-147曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
147曲中 1-147曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
おわら風の盆三代沙也可三代沙也可鈴木紀代伊藤雪彦伊戸のりお八尾(やつお)の町に ぼんぼり灯(とも)りゃ 揃(そろ)いの浴衣で 踊り出す 三味線(しゃみ)の音(ね) 胡弓(こきゅう)に 身をゆだね 編笠(あみがさ)越しに あなたを探す 一年一度の 二人の逢瀬 心ふるわす おわら風の盆  井田川(いだがわ)沿いの 小さな部屋で 女のよろこび 知りました にぎればつぶれる 繭(まゆ)のよに はかない夢と 思いたくない 待つことだけしか 出来ない私 つらいせつない おわら風の盆  格子戸(こうしど)並ぶ 坂道上り もしやと振り向きゃ 秋の風 今夜が最後の 町流し 逢いたいあなた 逢えないあなた 雁(かりがね)みたいに 飛んで行(ゆ)きたい 恋の越中 おわら風の盆
中山道原田悠里原田悠里鈴木紀代水森英夫伊戸のりおあなた忘れの 旅に来て あなた恋しと 泣く私 夜泣き地蔵さん 見ていて欲しい 碓氷峠(うすいとうげ)を 越えたなら けじめをつけます 一歩また一歩 中山道(なかせんどう)は 山の中  未練引きずる この胸を 十六夜月(いざよいづき)が 笑ってる 右へ行(ゆ)こうか 左へ行こか 追分宿(おいわけじゅく)の 分かれ道 涙をふいたら 一歩また一歩 中山道は 迷い道  肩にとまった 枯れ葉より 軽いはかない 恋だった 憎さいとしさ 谷間に流し 奈良井宿(ならいじゅく)まで あと三里(さんり) 明日を夢見て 一歩また一歩 中山道は 道半ば
こぬか雨山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫伊戸のりお窓を伝って しずくが落ちる 俺の涙のような こぬか雨 おまえが残した 別れの手紙 無かった事には 出来ないか いとし過ぎて せつな過ぎて… 今も「さよなら」言えない 俺なんだ  晴れる事ない 重たい胸で 苦(にが)い想い出ばかり 渦(うず)を巻く 根もない噂に おびやかされて 泣かせたあの日も 雨だった 愛し過ぎて 求め過ぎて… ぎこちないほど愚(おろ)かな 俺だった  おまえも一度 帰って来ぬか 来ぬか来ぬかと願う こぬか雨 逢いたい逢えない おまえに飢(う)えて 今夜も心が ひもじがる 淋し過ぎて 恋し過ぎて… 今も「おかえり」言いたい 俺なんだ
灘のおとこ節みやま健二みやま健二鈴木紀代桧原さとし伊戸のりお播州平野(ばんしゅうへいや)の ど真ん中 太鼓が響く けんか祭り 吹く風つめたい 向かい風 心を燃やし 立ち上がる 力をぶつける 大舞台 雄叫(おたけ)び上げる 灘のおとこ節  生まれも育ちも この地元(じもと) いとしい女(あいつ) 俺の命 この手で守れる 男なら この手で夢を 勝ち取れる 神輿(みこし)をぶつける 晴れ舞台 男の見せ場 今日のこの勝負  男の強さの 裏側は 目を見りゃわかる 仲間同士 去年の自分を 越えたいと 鉢巻き固(かた)く しめ直す 勇気をぶつける 大舞台 ヨーイヤーサー ヨイヤサ 灘のおとこ節
花火山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫伊戸のりお倖せ続くと 信じてた ひび割れ砕けた この心 淋しさ逃れて 旅してみても 酒を飲んでも 埋まらない 夜空を染める 火花の中に おまえが浮かぶ 恋花火  着慣れぬ浴衣に 帯しめて 背中にうちわを 差した俺 ほほえむおまえと 手と手をつなぎ 胸を焦がして 見た花火 鮮やかすぎる 色とりどりの 想い出今は 夢花火  跡形失くした この別れ 自分を自分で 責めている 二人の写真は 残ってないが 忘れられない 片えくぼ おまえも俺と 想いを分けて 見てるだろうか 遠花火(とおはなび)
無人駅柳澤純子柳澤純子鈴木紀代岡千秋矢田部正風に桐一葉 舞い落ちて 終わった恋を 知る私 愛した胸に 戻れない 居場所は もうない 呼んでも 届かぬ あなたが 欲しくて 足が向くまま たどり着けば 二人が出逢った 無人駅  寄る辺(べ)なくした この私 一度でいいの 抱きしめて 心の炎 たぎらせた あの日が まぶしい 木造 駅舎に 置かれた ノートの ページめくれば あなたの文字 涙で読めない 無人駅  消しても 消えない あなたの 横顔 落ちる夕陽(ゆうひ)よ 連れてって 明日をください 無人駅 明日をください 無人駅
赤・青・黄色の歌柳澤純子柳澤純子鈴木紀代桧原さとし矢田部正赤のあの字はね あこがれのあ 赤信号だよ 交差点 止まれ止まれ あわてるな 自動車(くるま)も人も 自転車も みんなみんな 信号を 守ってくれて ありがとう  青のあの字はね 青空のあ 青信号だよ 手を上げて 進め進め よく見てね 心に愛が あればこそ きっときっと お互いに ゆずって助け 合えるんだ  黄色のきの字はね きらめくのき 黄信号だよ 気をつけて 待とう待とう 無理するな 何かがあって 泣くよりも いつもいつも ほほえみを 絶やさず生きて 行こうよね
望郷ひとり言越川ゆう子越川ゆう子鈴木紀代水森英夫伊戸のりお寄る辺(べ)なくした 都会の隅で ぽっかり穴が 空(あ)いた胸 諦(あきら)め切れない 夢抱いて 小さな夜空を 見上げる私 帰りたい 帰れない… あゝ帰ろかな 今夜も望郷 望郷ひとり言  人の情けが 行き交(か)う町は 故郷(ふるさと)遠い 城下町 悩みも苦労も 知らないで 笑顔で歩いた 夕焼け坂よ 帰りたい 帰れない… あゝ帰ろかな つぶやく望郷 望郷ひとり言  いつも倖せ 願ってくれる 過去(むかし)も今も 父さん子 ごつごつした手で あの指で 私の涙を ぬぐって欲(ほ)しい 帰りたい 帰れない… あゝ帰かな 私の望郷 望郷ひとり言
じょんから未練越川ゆう子越川ゆう子鈴木紀代水森英夫伊戸のりお恋もしました 夢も見た 涙にまみれた 明日(あす)への扉 津軽中里 故郷(ふるさと) 離れ じょんから節よ じょんから未練 うしろ髪引く さとごころ  同じ月見て 父さんは 熱燗(あつかん)一杯 やってる頃か 耳に聞こえる しわがれ声の じょんから節よ じょんから未練 ぎゅっと唇(くちびる) かみしめる  春はいつ来る この胸に 忘れた笑顔を 取り戻したい 前を向こうと 言い聞かせては じょんから節よ じょんから未練 今じゃ私の 子守唄
古傷山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫伊戸のりおまぶたにおまえが 浮かぶ夜 心の古傷 また痛む… 別れちゃいけない 女(ひと)だったんだ 別れた後で 気がつくなんて 胸に今でも 棲んでいる おまえがいたから 俺がある  石段登って 初詣 真っ赤な着物が 似合ってた… おみくじ小枝に 結んでいたね 別れが来ると 書かれてたのか 二人暮らした 帰らぬ日 あの日があるから 今がある  心に傷跡 無い人に 心の痛みは わかるまい… おまえの背中の 小さなほくろ この手が指が おぼえているよ 愛も涙も 分け合った おまえがいたから 俺がある
生かされて北島三郎北島三郎鈴木紀代原譲二南郷達也昭和 平成 令和へと 時節も移り 道のりは 情け知らずの 風が吹く ひたすらに たくましく 人生一度さ 熱い絆に 生かされて  あの日 握った 手の温(ぬく)み 忘れられない 想い出は 汗と涙で 支え合う 厳しさに 励まされ 人生一度さ めぐり逢わせに 生かされて  大地 踏みしめ 前を見て 昇る朝陽に 身を清め 未来(あす)の幸せ 追いかける おごらずに ひたむきに 人生一度さ 夢と感謝に 生かされて
向かい風北島三郎北島三郎鈴木紀代原譲二南郷達也広い世間の 片隅で 日暮れに吹く風 向かい風 先の見えない 真っ暗闇で おまえと手さぐり 恐れずに あと少し もう少し 二人で開けよう 明日(あした)の扉  涙ふき合う いたわりが 勇気と希望(のぞみ)を 連れて来る いつも悪い日 ばかりじゃないさ 苦しい時こそ 上を向き あと少し もう少し 頑張りましょうよ 明日の為に  その日その日を 大切に 心を合わせて 生きて行(ゆ)く 夢という名の 種まきましょう 春には芽を吹く 花も咲く あと少し もう少し 二人の笑顔が 明日を招く
笑顔の花古都清乃古都清乃鈴木紀代岡千秋石倉重信つめたさ寒さを 耐える冬 春に華やぐ 淡墨桜(うすずみざくら) つぼみが一輪(いちりん) ある限り 泣かないで 泣かないで 泣きたい時こそ 泣かないで 心に咲かせる 笑顔の花を 笑顔の花を  心に浮かべた 恋筏(こいいかだ) 流れ流され はかなく消えた 月影雲間(つきかげくもま)に かくれても もう一度 もう一度 輝く明日(あした)を もう一度 夢見て咲かせる 笑顔の花を 笑顔の花を  あなたと出逢えて ひらく縁(えん) 手と手つないで 生まれる絆 雨の日風の日 どんな日も 大丈夫 大丈夫 一人じゃないから 大丈夫 あなたと咲かせる 笑顔の花を 笑顔の花を
雪の交差点山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫伊戸のりお雪がはらはら 肩に舞う 行く人来る人 曲がる人… 別れたあの女(ひと) あの背中 夢でも見てるか この目の前に 時が止まる 息が止まる あゝゝゝ めぐり逢い 雪の交差点  あの日歩いた 雪の道 寄り添う足跡(あしあと) 忘れない… 若さのおろかさ 腑甲斐(ふがい)なさ 時計を戻して 許して欲しい 時が止まる 足が止まる あゝゝゝ 抱きしめる 雪の交差点  雪は春には 消えるけど 消えない真心(まごころ) 届けたい… 一人にしないよ もう二度と 喜ぶあなたの こぼれる笑顔 時が止まる 声が止まる あゝゝゝ この涙 雪の交差点
泣くんじゃないよ北川大介北川大介鈴木紀代叶弦大馬飼野俊一星を見上げて 泣いてたね 母さん恋しと 泣いてたね うぶで無邪気な 甘えんぼ そんなおまえに 惚れたんだ 一人じゃないよ 二人だよ 俺がいる 涙ふいたら明日は 泣くんじゃないよ  海を見つめて 言ってたね 倖せ欲しいと 言ってたね 一度散っても また開く 花をおまえと 咲かせたい 忘れてないよ あの時の 約束を 見せておくれよ笑顔を 泣くんじゃないよ  過去の傷なら 俺もある 未来(あす)はおまえと 歩きたい 二人で夢を つかもうよ いつの日か 俺に甘えていいんだ 泣くんじゃないよ
網走3番線ホーム山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫馬飼野俊一君への電話も つながらないし 胸に不安が 又よぎる 願いは一つ ただ一つ はやく笑顔を 見せてくれ 発車まで あと五分 網走3番 3番線ホーム  一緒に釧路へ 行くはずだった 僕を一人に しないだろ 風さえ凍(こお)る 始発駅 生きる望みを くれた女(ひと) 今に来る きっと来る 網走3番 3番線ホーム  けたたましいほど 発車のベルが ひびき渡るよ 胸を刺す 僕から君を 失(な)くしたら 何がこの手に 残るのか 嘘だろう 嘘だろう 網走3番 3番線ホーム
太鼓男祭りみやま健二みやま健二鈴木紀代西つよし伊戸のりお一年一度 男が燃える 四国新居浜(にいはま) 秋まつり 心を合わせて 鳥居をくぐる 大漁豊作 ありがとう ソラ エンヤエンヤ ヨイヤサー エンヤエンヤ ヨイヤサー 豪華絢爛(ごうかけんらん) 太鼓男祭り  正月盆も 帰らぬ男(やつ)が 息を切らして やって来る 威勢(いせい)の良さなら 誰にも負けぬ 揃いの法被(はっぴ)で 練り歩く ソラ エンヤエンヤ ヨイヤサー エンヤエンヤ ヨイヤサー 夢はでっかい 太鼓男祭り  女が惚れる 骨太男 命ときめく 血が騒ぐ 男の見せ場に 飛び交う熱気 力をぶつける かきくらべ ソラ エンヤエンヤ ヨイヤサー エンヤエンヤ ヨイヤサー 天をゆさぶる 太鼓男祭り
あゝおふくろよみやま健二みやま健二鈴木紀代西つよし伊戸のりおおふくろを 楽(らく)にしたくて 俺は故郷(ふるさと) 後にした 一人前に なれた今… 親孝行を したい時親は亡(な)し あゝおふくろよ おふくろよ あふれる涙が 止まらない  おふくろは 俺のためなら どんな苦労も してくれた その恩さえも 返せない… あの手をつなぎ 夢でいい歩きたい あゝおふくろよ おふくろよ 亡(な)くしてわかった あたたかさ  おふくろは 俺の心の 愛という名の 宝物 自分の事は 後まわし… 夕焼け空に 思い出がよみがえる あゝおふくろよ おふくろよ も一度息子に 生まれたい
正念場山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫伊戸のりお夢とロマンを 追いかけて あの日故郷(ふるさと) 後(あと)にした 雨の日風の日 嵐の日 一に我慢 二に我慢 男が惚(ほ)れる 男になりたい  親にもらった この命 何(なん)で祖末(そまつ)に 出来ようか 心に錦(にしき)を 飾(かざ)るまで 一に努力 二に努力 男を磨(みが)く 男を生きたい  やっと見つけた 生きる道 後(あと)へ退(ひ)けない 崖(がけ)っ淵(ぷち) たじろぐ怯(おび)える 正念場(しょうねんば) 一に度胸(どきょう) 二に度胸 男の中の 男でありたい
夕霧挽歌パク・ジュニョンパク・ジュニョン鈴木紀代HANZO川村栄二釧路駅から 北大通(きたおおどお)り 足が覚えた 道を行(ゆ)く おまえに逢える はずもないのに よく似た背中を さがしてる あの日も霧 今夜も霧 別れ別れに なるなんて 本気で愛してたんだよ 北の岬の 夕霧挽歌 本気で愛して いたんだよ 明日(あす)が見えない 夕霧挽歌  夏の間近の 幣舞橋(ぬさまいばし)で 手と手つないで みた夕陽 倖せくれて 涙もくれた おまえを忘れて しまえない 沸き立つ霧 からまる霧 愛が行(い)き場を 失くしてる 本気で愛してたんだよ 悔やみ切れない 夕霧挽歌 本気で愛して いたんだよ 夢をかき消す 夕霧挽歌  あの日も霧 今夜も霧 別れ別れに なるなんて 本気で愛してたんだよ 北の岬の 夕霧挽歌 本気で愛して いたんだよ 明日が見えない 夕霧挽歌
いくじなし丘みどり丘みどり鈴木紀代大谷明裕矢田部正ダメね私って また泣いている 今夜も涙が 止まらない イヤね私って また欲しがってる あなたの肌の ぬくもりを いくじなし 私いくじなし あなたを忘れて しまえない いくじなし 私いくじなし つれないあなたを 憎めない  ダメね私って また待っている あなたが帰って 来る時を イヤね私って また夢見ている も一度二人 暮らせる日 いくじなし 私いくじなし あなたの噂を 気にしてる いくじなし 私いくじなし あなたの匂いを 恋しがる  いくじなし 私いくじなし あなたを忘れて しまえない いくじなし 私いくじなし つれないあなたを 憎めない
下北ひとり可愛ゆみ可愛ゆみ鈴木紀代西つよし南郷達也野辺地(のへじ)の駅を 後にして 各駅停車で 大湊(おおみなと) 泣いて泣いて泣いて 泣いて別れた あなたの面影(かげ)が ついて来る 憎さいとしさ せつなさの 想い出抱きしめ 下北ひとり  届かぬ愛の なきがらは 心の傷跡(きずあと) 夢の跡(あと) どこにどこにどこに どこに捨てたら 忘れる事が 出来ますか 風は北風 つむじ風 川内(かわうち)下風呂(しもふろ) 下北ひとり  カモメが一羽 ふるえてる 砂浜海岸 岩の蔭 あなたあなたあなた あなた欲しがる 聞き分け悪い 私です 明日(あす)はどの道 どの岬 どこまで行っても 下北ひとり
私も女可愛ゆみ可愛ゆみ鈴木紀代西つよし南郷達也私の心に 棲(す)みついた あなたを追いだし切れないの… 男ぎらいと 言われるけれど ちがうわあなたを 待っているの 私も女 女の端(はし)くれだから  も一度泣いても かまわない あなたと一緒に暮らせたら… 夢を失(な)くして 真っ暗闇(まっくらやみ)の 心に灯(あか)りを ともしたいの 私も女 女の端(はし)くれだから  女に生まれて よかったと お願いも一度想わせて… あなた私の 生き甲斐(がい)でした あなたの他には 欲しくないの 私も女 女の端(はし)くれだから
なみだ癖山口みさと山口みさと鈴木紀代桧原さとし石倉重信男の背中と 倖せは 追えば追うほど 遠ざかる あなたになじんだ この肌が 声も立てずに 泣いてます 忘れたい 忘れない 私のすべてを あげた男(ひと) 憎みたい 憎めない あなたがくれた なみだ癖(ぐせ)  女に生まれて よかったと あなた一色(ひといろ) 燃えた日々 今では心の 傷の跡(あと) 日毎夜毎(ひごとよごと)に 痛みます 恨(うら)みたい 恨(うら)めない あなたの匂(にお)いが 残る部屋 戻りたい 戻れない ぬくもりくれた あの胸に  忘れたい 忘れない 私のすべてを あげた男(ひと) 憎みたい 憎めない あなたがくれた なみだ癖(ぐせ)
ぬけがら山口みさと山口みさと鈴木紀代桧原さとし石倉重信ダメね昨夜(ゆうべ)も泣いて 今夜も泣いて 涙がかれても 泣く私 バカねあなたにあの日 捨てられたのに 恋しさばかりが 又つのる 何もいらない あなたが欲しい すがれる胸は もうないの 何もいらない あなたが欲しい ぬけがらみたいな 私です  ダメねあなたがくれた 私にくれた 想い出この手で 集めてる バカね女の夢を 明日(あした)の夢を 失(な)くした今でも さがしてる 何もいらない あなたが欲しい ひとりの長い 夜(よる)が来る 何もいらない あなたが欲しい ぬけがらみたいな 私です  何もいらない あなたが欲しい すがれる胸は もうないの 何もいらない あなたが欲しい ぬけがらみたいな 私です
いさりび鉄道浅田あつこ浅田あつこ鈴木紀代杉尾聖二伊戸のりお北へ北へ ひたすら北へ 女が一人 旅をする 足がおぽえた 駅で降りれば 木古内 道南 いさりび鉄道 シュルシュルシュラリ シュルシュラリ ままにならない 命なら 逢いたさつのる 男(ひと)がいる  あの日あの日 小雪のあの日 あなたと二人 旅をした 同じ景色を 分かち合える日 信じて夢見る いさりび鉄道 シュルシュルシュラリ シュルシュラリ 津軽海峡 イカ釣りの 灯りがゆれる 夜の海  心 心 ちぎれた心 も一度たぐり 寄せたいの  逢えるはずない 背中さがして 上磯 函館 いさりび鉄道 シュルシュルシュラ リシュルシュラリ 今もあなたを 愛してる  別れたままで 終われない
野付半島山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫伊戸のりお根室海峡 潮風受けて 君と歩いた 野付半島 かすかに見える 島影は この手伸ばして 届かない… 僕の心に 棲(す)んでる君は 今は今は 遠い女(ひと) 遠い女(ひと)  海に突き出た 一本道に 朽(く)ちたトドマツ 霧がさえぎる 丹頂鶴(たんちょうづる)の 哭(な)く声が 僕の心に 突き刺さる… ひとりぼっちで ふるえてないか 君は君は どこにいる どこにいる  尾岱沼(おだいとう)から 原生花園(げんせいかえん) 行けば木道(もくどう) 砂の半島 か弱く咲いた クロユリに 君の面影 重ねてる… いつか必ず 戻って来る日 僕は僕は 待っている 待っている
絆道 -きずなみち-飛鳥とも美飛鳥とも美鈴木紀代岡千秋南郷達也たとえ火の中 水の中 命にかえても 守り抜く いくつになっても 子供は子供 母という名の 生きる道 離れ離れに 暮らしていても 切って切れない 絆道  母の想いの ひとしずく わかって欲しさに 書く手紙 一途な生き方 貫き通す 若さ烈(はげ)しさ 信じてる 今日の笑顔も 涙の跡も 親子同じの 絆道  何がなくても 愛がある 女手一つの 水入らず 雨降る夜には ふと口ずさむ むかし聞かせた 子守唄 夢に向かって 歩いて欲しい 明日もこの道 絆道
男の日記帳坂井一郎坂井一郎鈴木紀代叶弦大若草恵今夜は男の 日記帳 何故か読みたく なった俺 ページを重ねた 月日だけ 悔いを残さず 生きただろうか 過ぎた過去(むかし)は 変えられないが 明日(あした)は勇気で 変えてやる  夢だけ背負って 生きて来た 怖(こわ)いものなど なかったが 初めて出逢った 向かい風 散って砕(くだ)けた 希望のかけら 泣いた涙の 数だけ知った 出逢った心の あたたかさ  一途(いちず)にひたすら 一つ道 前に向かって 歩きたい あわてずあせらず 諦(あきら)めず ありのまんまの 姿でいたい 嘘もなければ いつわりもない 男の男の 日記帳
灯り坂井一郎坂井一郎鈴木紀代叶弦大若草恵本気で生きて 来た道で 待っていたのは 落とし穴 真っ暗闇で のたうちまわり もがいてあがいて つかんだ灯(あか)り 情(じょう)という名の 親ごころ あなたが居たから 今がある  はぐれた夢は 遠ざかり 愚痴(ぐち)と弱音(よわね)に まみれてた 心の居場所 失(な)くした俺が あなたの背中に 見つけた灯(あか)り 愛という字が にじんでた あなたが居たから 生きられた  涙の日々に 明け暮れて やせてやつれた この体 あなたにそっと 火をつけられた 自分の心を たぎらす灯(あか)り 今日という日が よみがえる あなたが居たから 歌がある
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
恋はぐれ森進一森進一鈴木紀代森進一丸山雅仁身もだえするほど 好きだった 男の背中の そっけなさ 倖せ束(つか)の間 炎の恋は 燃えて乱れて 焦がされて ぬけがらみたいな この私  想い出忘れる ために飲み 想い出かぞえて いる酒場 隣に座った 見知らぬ男(ひと)が 惚れた男(ひと)より あたたかい わびしさ抱えて 千鳥足  明日(あした)はあなたを 忘れたい むなしい口癖 くり返す あなたの足音 聞き分けられる 罪を今夜も くれた男(ひと) ぬけがらみたいな この私
日豊本線池田輝郎池田輝郎鈴木紀代水森英夫伊戸のりお小倉駅から 列車に乗れば おまえの面影 また浮かぶ 惚れているのに 倖(しあわ)せを やれずじまいで 別れた二人 にがい涙がこみあげる 悔やみ切れない 日豊(にっぽう)本線  はぐれカモメが 海辺に一羽 おまえと重なる やるせなさ 言葉足らずの 行き違い 胸で詫(わ)びても 届きはしない 過ぎたあの日の想い出を 拾い集める 日豊本線  桜島から 煙がのぼる 炎は俺にも 残ってる つらいせつない この胸に 熱い勇気が 燃えたぎるのさ 二人ほほえみ合える日の 夢が土産(みやげ)の 日豊本線
じょんから女節五十川ゆき五十川ゆき鈴木紀代西つよし雪は下から 舞い上がり 赤い喪裾に まといつく 太棹三味線 女の旅路 燃える くすぶる はじける 愚図る 離れられない 男(ひと)がいる じょんから じょんから わかって欲しい  バチの乱れは 気の乱れ 別れ言葉は 言わせない 深みにはまった 女の弱み 男ごころは 風より軽い 月にかくれて されるまま じょんから じょんから 哭(な)かせて欲しい  鉛色した 空の色 春は私にゃ 遠すぎる 太棹たたけば 糸さえ切れる 憎い いとしい せつない 辛(つら)い 指にからまる 女節 じょんから じょんから あんたが欲しい
肥前路の女松尾雄史松尾雄史鈴木紀代水森英夫石倉重信泣き泣き別れた 佐世保の駅で いるはずもない 君をさがしてる バカだった バカだった 俺はバカだった 離しちゃいけない 女(ひと)だった 時計の針は 戻せないけど も一度逢いたい 肥前路の女(ひと)  二人で歩いた 嬉野(うれしの)あたり 夢街道は 今も変わらない バカだった バカだった 俺はバカだった 泣かせちゃいけない 女(ひと)だった 許して欲しい あやまる事も 今でも出来ない 肥前路の女(ひと)  噂をたどれば 長崎くんち 誰かと来てた 君を見たという バカだった バカだった 俺はバカだった 渡しちゃいけない 女(ひと)だった 愛しているよ 叫んでみても 声さえ届かぬ 肥前路の女(ひと)
叱り酒松尾雄史松尾雄史鈴木紀代水森英夫南郷達也日暮れを待てずに 昨日も今日も 赤提灯の 暖簾をくぐる 夢に向かって 突き進んでた 希望が砕けて 舞い落ちた 男だろ 男だろ しゃがれた親父の 声が聞こえる 叱り酒  体をこわして ないかと書いた 金釘文字(かなくぎもじ)の おふくろ便り そっと小遣い しのばせ入れて こらえた涙が 止まらない 男だろ 男だろ しゃがれた親父の 声が聞こえる 叱り酒  親には顔向け 出来ないままで 終われはしない 待ってて欲しい 闇にまぎれて 泣くだけ泣いた 晴れる日かげる日 道半ば 男だろ 男だろ しゃがれた親父の 声が聞こえる 叱り酒
京都一人早瀬ひとみ早瀬ひとみ鈴木紀代浜圭介川口真鐘の音(おと)がする 小雨(こさめ)降る夜(よる)だった 夢がほとばしる 迷うものはなかった 恥(は)じらいを捨てて 交わしたくちづけ 今は遠い 遠いあなた はかない恋 嵯峨野 四条 鴨川 京都ひとり  古い街並みを 二人寄り添い歩く そばにいるだけで 胸をこがす倖せ ためらいを捨てて この身をまかせた 過ぎた夢の 夢のかけら 拾(ひろ)っている 町家(まちや) すだれ 路地裏 京都ひとり  何もかも捨てて 命を燃やした あの日泣いて 泣いて私 別れた男(ひと) 御池(おいけ) 祇園(ぎおん) 木屋町(きやまち) 京都ひとり ひとり ひとり 私は 京都ひとり
港わかれ雪花咲ゆき美花咲ゆき美鈴木紀代岡千秋萩田光雄雪が…雪が雪が雪が降りしきる あなたを乗せて 行く船に 叫んでみても もう遅い 私は一人 残されたまま 二度と逢えない あなたでしょうか 悲しいせつないやるせない あゝやるせない 涙涙の 港わかれ雪  風が…風が風が風が吹きすさぶ 打ちのめされた 心にも 砕(くだ)けた夢が 渦(うず)を巻く 二人をつなぐ 想いの糸が 汽笛一声(ひとこえ) 引きちぎられる 諦(あきら)めきれない動けない あゝ動けない 泣いて又泣く 港わかれ雪  私は一人 残されたまま 二度と逢えない あなたでしょうか 悲しいせつないやるせない あゝやるせない 涙涙の 港わかれ雪
諏訪湖…哀愁花咲ゆき美花咲ゆき美鈴木紀代岡千秋萩田光雄なぜなのあなた なぜなのよ 私一人を 残して行ったのよ 憎みたい 憎めない 明日(あす)の夢さえ 奪(うば)った男(ひと)を 諏訪湖のほとりに たたずめば つめたく頬(ほほ)打つ 未練風  それでも私 心から ひどいあなたを 今でも信じてる 恨(うら)みたい 恨めない 生きる倖せ くれたんだもの 諏訪湖の向こうに 見えるのは 涙でにじんだ 霧ヶ峰  ひたすら泣いて 泣きぬれて 一人あなたに 別れを告げました すがりたい すがれない 待って戻らぬ あの日の背中 諏訪湖のあなたは 忘れない 初めて愛した 男(ひと)だから
斎太郎月夜浅野祥浅野祥鈴木紀代南乃星太伊戸のりお風は恋風 舫(もやい)を解いて 湾(うみ)に浮かべる 櫓櫂舟(ろかいぶね) 可(かわ)愛いあの娘(こ)の 面影が 端島(はしま)遠島(としま)に 見えかくれ エンヤドット エンヤドット せめて聴かそか 斎太郎(さいたら)節を  松島の サーヨー 瑞巌寺(ずいがんじ)程の 寺も無い トーエー  波の背の背に 育った俺は 陸(おか)に上がれば 石地蔵 松は松でも 伴侶(つれ)を待つ 三年(みとせ)四年(よとせ)は 長すぎる エンヤドット エンヤドット 背中(せな)を泣かせる 今宵(こよい)の月夜  白帆(しらほ)巻き上げ 赤銅色(しゃくどういろ)の 顔で笑えば 夢も咲く 惚れたあの娘(こ)に 大漁を 元気溌剌(はつらつ) 届けたい エンヤドット エンヤドット 寿春(はる)へいざなう 斎太郎(さいたら)月夜
別れ上手長山洋子長山洋子鈴木紀代浜圭介川口真イヤね別れ上手な 男(ひと)なんだから 大好きだけど 大嫌い  木(こ)の葉が秋に 舞い散るように 私の恋は 終わったの いつでも甘えて 夢見ていたわ あたたかだった あなたの胸で  イヤね別れ上手な 男(ひと)なんだから あなたを今も 憎めない ダメね 口説(くど)き上手な男(ひと)なんだから すっかりその気に なったの私  ぽっかり空(あ)いた 心の穴は お酒なんかじゃ うまらない  言葉にならない 想いの丈(たけ)が 涙となって こぼれて落ちる  イヤね泣かせ上手な 男(ひと)なんだから 笑顔を私 忘れてた  ダメねおだて上手な 男(ひと)なんだから 燃えてる炎を お願い消して  イヤね別れ上手な 男(ひと)なんだから 爪あと一つ 残さない  ダメね 酔わせ上手な 男(ひと)なんだから  ほとぼり 冷(さ)めるの 待つしかないわ
男振り鳥羽一郎鳥羽一郎鈴木紀代安藤実親蔦将包ガキの頃から わんぱく坊主 ぎこちないほど 舌足らず 愚痴も無ければ ホラも無い 元気一つが 取り柄の男 五臓六腑に 酒しみわたりゃ 何でも来いの 何でも来いの 男振り  崖の上から 突き落とされて ギャーと泣くほど ヤワじゃない ぐっと固唾を 飲み込んで ゲキを自分で 自分に飛ばす 剛気なくせに 涙にもろい 女が惚れる 女が惚れる 男振り  がんじがらめの この世の中で 義理と人情 忘れない 愚図で真面目で 不器用で ゲンもかつげば 御輿もかつぐ 後手にまわれば 本領発揮 かかって来いの かかって来いの 男振り
花のブルース森進一森進一鈴木紀代森進一マイケル吉田夜に咲いても 花は花 朝に咲いても 花は花 ましてあなたの 胸で咲く 女ですもの 恋の花 熱い吐息に 吐息にとける花  愛を与えて 咲くも花 愛を奪って 咲くも花 つらい別れに 耐えかねて 風に吹かれて 咲くも花 泣いて一人の 一人のなみだ花  一度散っても 咲けば花 何度散っても 咲けば花 傷もあります 過去もある 女ですもの 夢もある きっと咲かすわ 咲かすわ夢の花
夢情話立樹みか立樹みか鈴木紀代田尾将実伊戸のりお男は女を 抱き寄せて 女は男に 抱き寄せられる 一つ枕で 燃え上がり 夜をこがして 咲く花となる やがて散るとも 知らないで それを愛だと 信じてる あえぐはじける ほとばしる 恋はうたかた 夢情話  男は女に 背を向けて 女は男に 背を向けられる 泣いて別れて 泣きくずれ 熱い吐息が 行き場を失くす やっと見つけた 赤い糸 持てばすり抜け 逃げて行く もろいはかない たよりない 恋はこの世の 夢情話  空に未練の おぼろ月 この手伸ばして 届かない ゆれるもだえる うずくまる 恋はまぼろし 夢情話
逢いたいあなた立樹みか立樹みか鈴木紀代田尾将実伊戸のりお寝ものがたりを 真に受けて 心底あなたに 惚れていた あなたにとっては ひまつぶし 私にとっては 辛い恋… 逢いたい逢わない 逢いたいあなた 逢いたい逢わない あゝ 逢いたいあなた  女ごころを もて遊び 奪ってどこかへ 行った男(ひと) 私の心に つけた火は 今でも赤々 燃えている… 消したい消せない 消したい炎 消したい消せない あゝ 消したい炎  未練ばかりが つきまとう 悲しい女に なりました 泣いても泣いても 止まらない 涙はあの日の 置き土産… 逢いたい逢わない 逢いたいあなた 逢いたい逢わない あゝ 逢いたいあなた
高山本線池田輝郎池田輝郎鈴木紀代水森英夫丸山雅仁おまえに出逢える はずなどないと 知ってて一人 旅に来た… 高山本線 乗ったねあの日 ディーゼルカーに ゆられたね 隣の席は 空(あ)いたまま 想い出連れて 富山まで  各駅停車を 乗り継ぐ駅で おまえの背中 さがしてる… 女の気持ちが 読めないままに 別れた俺の 腑甲斐(ふがい)なさ おまえの涙 想わせる 飛騨川(ひだがわ)奥の 飛水峡(ひすいきょう)  いくつになっても その気になれば やり直せると 信じたい… おまえの他には 俺にはいない 泣かせたままで 終われない トンネル一つ また抜けて 逢いたさ見たさ つのる旅
旅の酒池田輝郎池田輝郎鈴木紀代水森英夫丸山雅仁風にゆれてる 赤提灯(あかちょうちん)が 旅路の俺を 呼び止める 飲んでは詫(わ)びる 盃(さかずき)に おまえの面影 また浮かぶ 徳利(とっくり)何本 倒したことか 諦(あきら)め悪い 旅の酒  あの日心の 時計の針は 止まったままで 動かない 男のきまま わがままで 悲しい想いを させた俺 粉雪まじりの みぞれの音は おまえのむせぶ 泣き声か  一度ちぎれた 絆(きずな)の糸を つなげるすべは ないものか おまえと俺の 想い出は 今でも心の よりどころ ひなびた酒場の 手酌(てじゃく)の酒は 夜(よ)ふけてしみる 旅の酒
ひとり舟ジェロジェロ鈴木紀代影山時則周防泰臣流されて 流されて ビルの谷間の なみだ川 立つ瀬なければ 浮かぶ瀬もない 寄る辺(べ)なくして 今日も又 あゝゝ木(こ)の葉みたいな ひとり舟(ぶね)  倖せは 倖せは 泣けば泣くほど 遠ざかる やっとつぼみの 夢一輪を 何でかき消す つむじ風 あゝゝどこへ流れる ひとり舟  人の世は 人の世は 嘘と真実(まこと)の 寄せ集め 愛にはぐれて 情けに飢(う)えて 寒さこらえる 夜(よる)の川 あゝゝ春はいつ来る ひとり舟
ちゃっきり茶太郎橋幸夫橋幸夫鈴木紀代影山時則新田高史小夜(さよ)の中山 峠を越えて 草鞋(わらじ)の先を 東へ向ける 聞いてくれるな そのわけは あゝ 茶山茶どころ 茶の香り ちゃっきり茶太郎 故郷(ふるさと)恋しや 富士の山  愚痴(ぐち)と弱音は 得意じゃないが 泣きたい時は 俺にもあるさ 涙一粒(ひとつぶ) 振り払い あゝ 唄いだすのさ 茶摘(つ)み唄 ちゃっきり茶太郎 帰るに帰れぬ 牧之原  何里行(ゆ)けども 忘れはしない あの娘の声が 背中にからむ 何を隠そう 惚れていた あゝ 赤い襷(たすき)に 菅(すげ)の笠 ちゃっきり茶太郎 遠州はるかに 駿河湾
おまえと水割り坂井一郎坂井一郎鈴木紀代叶弦大丸山雅仁木枯しが吹きすさぶ 俺のこの胸に 春のぬくもり 注(そそ)いでくれた女(やつ) あれから何年 指になじんだ このグラス ふるさとみたいな 止まり木だった 水割り 水割り おまえと水割り  一人減り二人減り 客が消えた店 俺に甘える おまえがいとおしい 何(なん)にも言わずに 酔ってはしゃいで いるおまえ 涙のやり場に 戸惑(とまど)う夜に 水割り 水割り おまえと水割り  明日(あした)から淋しくて 生きてゆけないと 腕にすがって 泣き顔かくす女(やつ) このまま二人で 手と手つないで 行(い)かないか 知らない街でも 寄り添いながら 水割り 水割り おまえと水割り
うぬぼれジェロジェロ鈴木紀代影山時則周防泰臣愛されてると 信じてたのは 私一人の うぬぼれでした 泣いて泣いて 又泣いて 又々泣いて 又泣く私 死ぬまで離しは しないよと 言った男は どこの誰… 愛が行き場を 失くしてる  あなたのそばで 寝息を聞いて 寝つく私は 倖せでした 待って待って 又待って 又々待って 又待つ私 心の傷跡(きずあと) うずく夜(よる) つける薬は ないですか… 熱はいまだに 下がらない  喜びくれて 笑顔をくれて 罪なあなたは 涙もくれた 泣いて泣いて 又泣いて 又々泣いて 又泣く私 女に生まれて よかったと 言った私は バカですね… 恋はうぬぼれ 蜃気楼(しんきろう)
宗谷本線山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫伊戸のりお粉雪(こゆき)が窓を たたきつけ 宗谷本線 ただひた走る 倖せやれず 夢さえやれず 君と別れた 稚内(わっかない) 後ろめたさに 打ちのめされて 逢いたさ見たさの 旅に来た  別れて気づく 身勝手を 君は許して くれるだろうか 便りも途絶(とだ)え 噂も途絶(とだ)え 何も頼れる すべがない 窓の外には 凍(い)てつくような はるかにかすんだ 礼文島(れぶんとう)  季節がいくつ 変わっても 君のぬくもり 忘れはしない 意気地(いくじ)のなさが 甲斐性(かいしょ)のなさが 僕をとがめる 責(せ)め立てる 宗谷本線 君へと続く 明日(あした)はどの道 たどる道
演歌道中 旅がらす山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫伊戸のりお腰の脇差(わきざし) マイクにかえて 津軽海峡 ひとっ飛び 北海道中 旅がらす 夢と希望の 振分け荷物 お控えなすって 演歌一筋アンアアンアンアンアアンアンアン 度胸笠  富士のお山を よじ登るより つらい男の 正念場(しょうねんば) 東海道中 旅がらす いのち掛川(かけがわ) 一人で渡る お控えなすって 演歌一筋アンアアンアンアンアアンアンアン 男節  恋の尾道(おのみち) 逢いたいあの娘(こ) 今はおあずけ あばよ酒 山陽道中 旅がらす 涙一粒 拭(ふ)かせてお呉(くれ) お控えなすって 演歌一筋アンアアンアンアンアアンアンアン 濡(ぬ)れ合羽(がっぱ)  今日は福岡 明日(あした)は小倉 聞いて下せぇ 流行(はや)り唄 九州道中 旅がらす 男一匹 花咲く日まで お控えなすって 演歌一筋アンアアンアンアンアアンアンアン 励(はげ)みます  よろしゅうお頼もうします
下北みれん長保有紀長保有紀鈴木紀代徳久広司前田俊明命まるごと 焦(こ)がした恋を 水に流して しまえない 一途(いちず)に愛した 男(ひと)でした 一番大事な 男でした あなた あなた あなた あなた忘れの 下北みれん  いっそつれなく して欲しかった きれい事では 終われない 面影ひきずり 大湊 涙を捨てます 尻屋崎 泣いて 泣いて 泣いて 泣いて名を呼ぶ 下北みれん  波が砕(くだ)ける 仏ヶ浦(ほとけがうら)の はぐれ鴎(かもめ)も 飛び去った 明日(あした)の夢など 捨てたのに 過去(むかし)の写真も 捨てたのに あなた あなた あなた あなた恋しい 下北みれん
東京へ戻ります長保有紀長保有紀鈴木紀代徳久広司前田俊明一度別れた あなたです 故郷へ帰った 私です バカバカバカです バカでした 過去(むかし)を忘れて しまえない 夢を見たって 覚めれば一人 やっぱり私は 東京へ戻ります  憎いいとしい あなたです 今夜も泣いてる 私です ムリムリムリです ムリでした お酒じゃ気持は 晴れません 何もいらない あなたが欲しい も一度私は 東京へ戻ります  一目逢いたい あなたです 諦(あきら)め切れない 私です バカバカバカです バカでした 離しちゃいけない 男(ひと)でした 着の身(み)着のまま 新幹線で 今すぐ私は 東京へ戻ります
女の人生夢舞台美山京子美山京子鈴木紀代水森英夫石倉重信一つ二つと 数えたら 数え切れない 古傷(ふるきず)だらけ 後ろを向いても 夢などないわ 明日(あした)という名の 幕が開(あ)く 大丈夫 大丈夫 大丈夫 あゝ女の人生 夢舞台  恋に命を かけたのに 惚れた男(ひと)とは せつない別れ 泣きたい分だけ 泣いたらいいわ こぼした涙が かわくまで 大丈夫 大丈夫 大丈夫 あゝ笑顔に変わる日 きっと来る  もがき続けた 若い日々 先の見えない 不安がつのる あなたの人生 あなたが主役 諦(あきら)めなければ かなうはず 大丈夫 大丈夫 大丈夫 あゝ女の人生 夢舞台
小豆島悲歌美山京子美山京子鈴木紀代水森英夫石倉重信やっと手にした 倖せが 指のすきまを こぼれて落ちた 戻りたい 戻れない 心の居場所を 失(な)くした私 涙と道連れ 瀬戸の旅 ここは土庄(とのしょう) 小豆島  声を限りに 叫んでも 遠いあなたに 届きはしない つなぎたい つなげない ほどけた絆(きずな)の はかなさもろさ エンジェルロードで 誓(ちか)い合う 愛もなければ 夢もない  未練一つが なぜ重い 足を引きずり 泣き泣き歩く 忘れたい 忘れない あなたと暮らした 三百十日 一途(いちず)に咲いてる オリーブの 花も散る散る 小豆島
おしどり峠…北島三郎北島三郎鈴木紀代原譲二丸山雅仁胸突(むなつ)き八丁の 浮き世の坂を よくぞここまで 登って来たな おまえの汗と おいらの汗と 二人一緒の おしどり峠 あの花この花 心の中に 咲かせた花の 数(かず)いくつ  六畳一間(ひとま)が 最初の一歩 遅い帰りを 待っててくれた おまえがいるさ おいらがいるさ 長い道のり おしどり峠 あの時この時 涙の時も 優しい心は この胸に  何にも言うなよ わかっているさ いつも心で 思っているよ おまえの影と おいらの影と 二つ重なる おしどり峠 あの夢この夢 この先までも 大事に生きよう いつまでも
惚れた女の恋の道五十川ゆき五十川ゆき鈴木紀代西つよし溝渕新一郎惚れた女の 想いと雪は 積もり積もって 深くなる  星の数ほど 男はいても あたしゃ あんたに 岡っ惚(ぽ)れ ためらい恥じらい かなぐり捨てて 愛の一字に 賭けてみる ダメと言うなら ダメでいい 尽くす 捧げる くつがえす バカと言うなら バカでいい これが私(あたし)の これが私の 恋の道  惚れたあんたに 謎かけられりゃ 解かざぁなるまい 博多帯  私好みの男でなけりゃ 肌も心も 許さない 女の倖せ そそいでおくれ 愛の一字を 見せとくれ ダメと言うなら ダメでいい 全て 忘れて 火と燃える バカと言うなら バカでいい 女盛りの 女盛りの 恋の道  ダメと言うなら ダメでいい 愚痴も 涙も こぼさない バカと言うなら バカでいい 惚れた私の 惚れた私の 恋の道
じょんから女節竹村こずえ竹村こずえ鈴木紀代西つよしD.C.O雪は下から 舞い上がり 赤い裳裾(もすそ)に まといつく 太棹(ふとざお)三味線 女の旅路 燃えるくすぶる はじける愚図(ぐず)る 離れられない 男(ひと)がいる じょんからじょんから わかって欲しい  バチの乱れは 気の乱れ 別れ言葉は 言わせない 深みにはまった 女の弱み 男ごころは 風より軽い 月にかくれて されるまま じょんからじょんから 哭(な)かせて欲しい  鉛色(なまりいろ)した 空の色 春は私にゃ 遠すぎる 太棹たたけば 糸さえ切れる 憎いいとしい せつない辛(つら)い 指にからまる 女節 じょんからじょんから あんたが欲しい
ワッショイ長山洋子長山洋子鈴木紀代岡千秋伊戸のりおワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ イェイ イェイ イェイ イェイ イェーイ 祭りだ祭りだ それ行け ドンドンドン あの国この国 地球は一つ 太郎もメリーも ドキドキワックワク テレツクテンテン テレツクテンテン 手をつなごう  ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ イェイ イェイ イェイ イェイ イェーイ 輪になれ輪になれ みんなで ドンドンドン あの山この山 地球は縁 明子もジミーも ドキドキワックワク テレツクテンテン テレツクテンテン 手をつなごう  ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ イェイ イェイ イェイ イェイ イェーイ 翔(はばた)け 翔(はばた)け 天まで ドンドンドン あの顔この顔 地球結ぶ 次郎もベティーも ドキドキワックワク テレツクテンテン テレツクテンテン 手をつなごう  ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ イェイ イェイ イェイ イェイ イェーイ 神輿(みこし)だ 神輿(みこし)だ ドッコイ ドンドンドン あの夢この夢 地球を駆(か)ける 花子もトミーも ドキドキワックワク テレツクテンテン テレツクテンテン 手をつなごう
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
おまえに決めた山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫伊戸のりお命を惜しむ 恋ならば 恋しているとは 言えないだろう 一つ命を 一つの恋に かけて捧(ささ)げて 悔(く)いはない おまえに決めた おまえに決めた  心に傷が ない女(ひと)に 心の痛みは 分かりはしない 俺の人生 おまえがいなきゃ 花の咲かない 春のよう おまえに決めた おまえに決めた  世の中敵に まわしても 今さら失う ものなどないさ 熱い心で 一途(いちず)な愛で 俺に尽くして くれる女(ひと) おまえに決めた おまえに決めた
風蓮湖~釧路空港山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫釧路 厚岸(あっけし) 霧多布(きりたっぷ) 人もまばらな バスに乗る 年月かけて 重ねた愛が 音も立てずに くずれるなんて… 君と二人で 来るはずだった 秋も終わりの あゝ風蓮湖  風の噂に 聞いたんだ 君が酒場で 泣いてたと 逢いたさに居ても立っても いられない 歯止めを失(な)くした この心 あの日に戻る 道はないのか 一人降り立つ 釧路空港  縁もゆかりも ない街で 君と暮らした 二年半 思い出はどこの誰にも 奪(うば)えない 愛した証(あかし)と 夢の跡 あの日と同じ 君に逢えたら 連れて帰るよ 釧路空港
泉州恋しぐれ長保有紀長保有紀鈴木紀代中村典正南郷達也惚れた私にゃ 気のないあんた 岸和田イチの 男振り だんじり祭じゃ 屋根の上 踊ってさばく 大工方(だいくがた) ヒヤヒヤで ワクワク ドキドキや 泉州(せんしゅう)おんなの 恋々恋々 恋しぐれ  あんた根っから 中之濱町(なかんば)育ち ハンパなことが 大嫌い つめたい小雨が 降る夜に 馴染みの酒場で 知り合(お)うた 私のな せつない 片想い 泉州おんなの 恋々恋々 恋しぐれ  秋の浜風 肌身にしみる 坂道登る 千亀利城(ちぎりじょう) あんたと逢えそな 名残り月 祭の後の やるせなさ ヒヤヒヤで ワクワク ドキドキや 泉州おんなの 恋々恋々 恋しぐれ
遠州恋しぐれ長保有紀長保有紀鈴木紀代中村典正南郷達也富士は赤富士 太田の川に 船は浮きもの 流れもの 女ごころに 火をつけて 消しもしないで 行った男(ひと) 千に一つの 帰りを待てば 今日も遠州 遠州 遠州恋しぐれ  秋葉(あきば)神社の 火伏(ぶ)せの山に 咲いてせつない 女郎花(おみなえし) 恨みつらみは ないけれど 未練一つを 持て余す バカは死ななきゃ なおりはしない 今日も遠州 遠州 遠州恋しぐれ  恋は女の 命だけれど 所詮男の ひまつぶし 耳をつんざく 噂風 髪を手櫛(てぐし)で かき上げる 小夜の中山 女がひとり 今日も遠州 遠州 遠州恋しぐれ
テキエロムーチョ佳山明生佳山明生鈴木紀代佳山明生佐野博美私からさよなら 切り出さないと 罪なこの恋は 終わらないから… 足音であなたと わかっても 聴こえない ふりをする私 テキエロ テキエロムーチョ 愛した分だけ 別れはつらい テキエロ テキエロムーチョ 昨夜(ゆうべ)の倖せ 今夜の涙  恋なんてふとした めぐり合わせね 心ときめいて 流されるまま… いたずらな出逢いを 恨んでも 振り出しに 戻れない二人 テキエロ テキエロムーチョ 孤独で閉(と)ざした 心の鍵(かぎ)を テキエロ テキエロムーチョ 夜明けの渚(なぎさ)に 投げ捨てたのよ  テキエロ テキエロムーチョ 翼を失(な)くした 男と女 テキエロ テキエロムーチョ 海辺のホテルの 夢ものがたり
もう一度…子守歌長山洋子長山洋子鈴木紀代桧原さとし前田俊明北向きの 枕で両手を 胸に組み そっとほほえみ 浮かべてる いつまで寝てるの お母さん 目を覚ましてよ お母さん… 背中で聞いた あの子守歌 歌って欲しい もう一度  ケイタイが 今でもつながる ベルの音 起きて来そうな お母さん あなたの代わりは ありません 亡(な)くした後で 気づくとは… 疲れた時は 肩をたたいて 喜ぶ顔が 見たかった  白い布 はずして欲しいと 困らせる 年端(としは)行かない 娘です わがまま気ままで 母さんを 私もきっと 困らせた… 子供を授(も)って 初めて知った 大きな愛を ありがとう
純子の泪松尾雄史松尾雄史鈴木紀代水森英夫前田俊明探さないでと にじんだ文字の 書き置き残して 消えた女(やつ) 俺が 俺が 不器用で 倖せやれずに ごめんよな 泣いていないか 泣いていないか 純子の泪(なみだ)が 気にかかる  不良(わる)い男に 遊ばれてると おまえの噂を 耳にした うぶな うぶな お人好し 守ってやれない 腑甲斐(ふがい)なさ どこにいるのか どこにいるのか 純子の泪に わびたいよ  夜の巷を 探して歩く 逢いたさ見たさの やるせなさ 胸に 胸に 灯(ひ)をともし たたずむ背中に こぬか雨 ぬれていないか ぬれていないか 純子の泪は 俺がふく
さすらい岬松尾雄史松尾雄史鈴木紀代水森英夫前田俊明北へ北へと ローカル線で たどり着いたら 名もない浜辺 紅いはまなす 咲いてはいても 逢えるはずない 笑顔の君よ かかえ切れない 淋しさに 涙が落ちる さすらい岬  何を今さら 悔やんでみても 過ぎたあの日は 帰って来ない 風が又吹く 波間に浮かぶ 好きで別れた 面影一つ かかえ切れない いとしさに 逢いたさつのる さすらい岬  ウトロ鴎の 啼く声聞いて 雲の流れに この身をまかす 夢は砕かれ 望みは絶たれ 空(から)の心に 未練が残る かかえ切れない せつなさに 想い出連れて さすらい岬
福の神坂井一郎坂井一郎鈴木紀代影山時則池多孝春縞(しま)のドテラに いがぐり頭 腕組みしながら ほほえむ男 何故かあんたの 行く先々で 笑いの渦(うず)が 巻き起こる あの店この店 暖簾(のれん)をくぐりゃ 商売繁盛 笑う門(かど)には 福の神  火の見櫓(やぐら)を 知らない人も あんたの事なら 誰でもわかる キレイドコロに 貢(みつ)がれるとは どうした風の 吹きまわし あの店この店 ふと立ち寄れば 千客万来 涙忘れて えびす顔  泣いて暮らすも 一生ならば 笑って暮らすも 一生一度 杜(もり)の都に 桜が咲けば 無邪気にあんた 踊り出す あの店この店 盃(さかずき)交(か)わす 仙台四郎 運ぶ幸せ 福の神
釧路空港GOLD LYLIC山内惠介GOLD LYLIC山内惠介鈴木紀代水森英夫伊戸のりお風の噂に 聞いたんだ 君が酒場で 泣いてたと 逢いたさに居ても立っても いられない 歯止めを失(な)くした この心 あの日に戻る 道はないのか 一人降り立つ 釧路空港  目には見えない 紅い糸 たぐり寄せたい もう一度 倖せに今は誰かと いるのなら このまま帰ろう 逢わないで 幣舞(ぬさまい)橋で 君の背中を 追えばよかった 悔(く)やみ切れない  縁もゆかりも ない街で 君と暮らした 二年半 思い出はどこの誰にも 奪(うば)えない 愛した証(あかし)と 夢の跡 あの日と同じ 君に逢えたら 連れて帰るよ 釧路空港
サヨナラ山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫伊戸のりお若さに まかせた 恋が終わった あの日から 明日(あした)の夢さえ 失(な)くしてしまった なぜか なぜか 心を 傷つけ合った サヨナラ サヨナラ 倖せはぐれの 街角  生きるか 死ぬかの 恋がしたいと うそぶいて 結局未練を 引きずり生きてる だから だから わかって 欲しかったんだ サヨナラ サヨナラ 最後に交(か)わした くちづけ  人影 とだえた 夜(よる)の都会の 片隅で つないだあの手を 離してしまった そうさ そうさ 大事な 女(ひと)だったんだ サヨナラ サヨナラ 愛しているのに サヨナラ
アディオス~また逢えますね~宮路オサム with Venus宮路オサム with Venus鈴木紀代宮路オサム斉藤功勘ちがい すれちがい 心の糸の かけちがい 好きでした 本気(マジ)でした 夢を見ました それなのに… アディオス アディオス さよならあなた アディオス アディオス 倖せでした こぼれる涙を かくすには まぶし過ぎるわ 青い空 きっと きっと また また 逢えますね  忘れたい 忘れない 炎となった あの季節 後ろ髪 引かれます 愛がつまった 部屋でした… アディオス アディオス いとしいあなた アデイオス アデイオス 振り向かないで このままあなたと 別れても 赤の他人と 思えない きっと きっと また また 逢えますね  アディオス アディオ 私のあなた アディオス アディオス ひとりになるの どこかであなたを 見かけたら 声をかけても いいですか きっと きっと また また 逢えますね
門付け兄妹旅長山洋子長山洋子鈴木紀代西つよし伊戸のりお馬の背のよな 峠を越えて 三味線門付(かどづ)け 兄妹(ふたり)旅 今日も吹雪いて 空(か)ら唄続き 帰るふるさと 遠すぎる 米もなければ 寝る場所もない ないない尽(づ)くしの 日暮れ道  バチを持つ手が しびれる疼(うず)く ひもじさ堪(こら)えて 口説(くどき)節 泣くな妹よ 涙が凍(こお)る ついて行きます 兄さんに 地図もなければ 行くすべもない 兄妹(ふたり)の絆が 強くなる  たたく太棹(ふとざお) おやじの形見(かたみ) よされの唄声 母ゆずり 親にもらった 命の限り 夢にはぐれず 生きて行く あてもなければ 知る人もない まどろむ安宿(やすやど) 木賃宿(きちんやど)
木曽の翌檜長山洋子長山洋子鈴木紀代弦哲也伊戸のりお木曽のナー 仲乗りさん 私ゃあんたに 一目惚れ 山には檜(ひのき) 黒檜(ねず) 椹(さわら) 胸には根気と いう名の木 あすなろ あすなろ 明日(あす)は倖せに あすなろ あすなろ きっと倖せに あんたの声が こだまする 翌檜(あすひ)の 筏(いかだ)で 川下り  木曽のナー 御嶽(おんたけ)さん 伸ばすこの手に 届かない 夢なら届く いつの日か あせらずたゆまず 諦(あきら)めず あすなろ あすなろ 今に春が来る あすなろ あすなろ 木曽に春が来る つめたい寒い 谷底(たにそこ)で あんたは背中に 水しぶき  あすなろ あすなろ 明日(あす)は泣かないで あすなろ あすなろ きっと泣かないで あんたの帰り 待つ私 雪解け間近(まぢか)の あかね空
雨おんな長山洋子長山洋子鈴木紀代弦哲也前田俊明なぜかしら 私 雨おんな 大事な時には 雨が降る 不思議よね 私 雨おんな あなたと出逢った あの夜(よる)も 二つの傘が 一つになって 肩寄せ歩いた 段葛(だんかずら) 二つの傘が 一つになって 私の恋は 始まった  なぜかしら 私 雨おんな 出かける間際(まぎわ)に 雨が降る 不思議よね 私 雨おんな あなたと別れた あの夜(よる)も 一つの傘が 二つになって だまって歩いた 仮粧坂(けわいざか) 一つの傘が 二つになって 私の恋は 終わったの  一つの傘が 二つになって どの道行こうか 塔ノ辻 一つの傘が 二つになって 一人で歩く 雨あがり
三年たったらここで…浅田あつこ浅田あつこ鈴木紀代井上慎之介宮崎慎二バカね… あなたと私 愛し合ってる はずなのに ダメね… 心の糸が からまり合って ほどけない たったひとつの 出来事が ふたりの夢を こわしたけれど 一年二年 三年たったら もいちどここで 逢いましょう 一年二年 三年たったら 涙もかわいて いるでしょう  バカね… 強がり言って 弱い心を かくしてる ダメね… 別れの理由(わけ)を しょぼ降る雨の せいにして 離れ離れに なるけれど 消えない愛を 信じているわ 一年二年 三年たったら ほほえみ合って 逢いましょう 一年二年 三年たったら 絆の強さを 知るでしょう  一年二年 三年たったら もいちどここで 逢いましょう 一年二年 三年たったら 涙もかわいて いるでしょう
うわさ雨長保有紀長保有紀鈴木紀代中村典正前田俊明夜雨小雨の 降る街で 私を泣かす うわさ雨 してはいけない 恋だった ムリに終わった 恋だった あなた あなた 心がきしむ うずく砕け散る  無くて七癖(ななくせ) 尽くす癖 諦め癖の ない私 触れちゃいけない 男(ひと)だった 惚れてしまった 男だった あなた あなた 未練がにじむ しみるこの涙  十日続きの 晴れ間なし 私の胸に かかる雲 見てはいけない 夢だった かなうはずない 夢だった あなた あなた 倖せ奪う ちぎるつむじ風
雪つばめ長保有紀長保有紀鈴木紀代中村典正前田俊明冬の木枯(こが)らし 恋枯(が)らし 落ち葉みたいに 散った恋 惚れた男の あの背中 ふり返らずに 消えてった… 飛んでみせます 雪つばめ 凍(こご)える命に 火をつけて  丁度去年の 今頃は 寒さ知らずの 冬だった 信じられない 言いわけも 心の隅(すみ)で 信じてた… 空を見上げる 雪つばめ 傷(いた)んだ翼を あたためて  弱い心を 叱るよに 風が頬打つ 背をたたく 泣いた涙も 想い出も 未練も捨てて 行く私… 飛んでみせます 雪つばめ 明日(あした)は一人で 空高く
よさこいソーラン女節長山洋子長山洋子鈴木紀代浜浩二伊戸のりお惚れたあんたはョー 移り気だけど 泣いて退(ひ)くには はやすぎる 熱い想いを たぎらせて たぎらせて 今宵(こよい)とりこに してみせる ヤーレン・ソーラン(ソーラン・ソーラン) ヤーレン・ソーラン(ソーラン・ソーラン) ヤーレン・ソーラン よさこい祭り 鳴子(なるこ)両手で かき鳴らせ 北の大地の 女節  にしん来たかと 鴎に問えば わたしゃ立つ鳥 波に聞け チョイ ヤサ エーエンヤーサーノドッコイショ  ヤン衆ゆずりのョー 度胸と意地が おんな心に 火をつける 抱かれたいなら 投げないで 投げないで やわな吐息が 邪魔になる ヤーレン・ソーラン(ソーラン・ソーラン) ヤーレン・ソーラン(ソーラン・ソーラン) ヤーレン・ソーラン よさこい祭り 夢のかけらを つかまえろ 夏の宴(うたげ)の 女節  ヤーレン・ソーラン(ソーラン・ソーラン) ヤーレン・ソーラン(ソーラン・ソーラン) ヤーレン・ソーラン よさこい祭り 心こがして 華(はな)となれ これぞまっこと 女節
谷瀬の吊り橋長保有紀長保有紀鈴木紀代中村典正南郷達也すがりついても この橋を 渡りたかった 渡れなかった 谷瀬の吊り橋 ゆらゆらゆれて あなたと私に かかる橋 諦めきれず もう一度 ここへ来ました 来ました 熊野川  五条駅から 路線バス 山また山の 天辻(てんつじ)峠 南へ南へ くねくね行けば あなたを見たさに はやる胸 川底見れば すくむ足 風もつめたい つめたい 熊野川  たどり着いたら この肩を やさしく抱いて くれるでしょうか 谷瀬の吊り橋 ゆらゆらゆれて 後ろを向いても 戻れない 近くて遠い 向こう岸 どこへ流れる 流れる 熊野川
あゝ奥多摩花田真衣花田真衣鈴木紀代桧原さとし杉村俊博心の痛みに 耐えかねて 一人降り立つ 青梅駅 レトロな映画の 看板に 何故か涙が こぼれます 吉野街道 梅まつり あゝ 奥多摩 奥多摩は 思い出の町  あの時登った 御岳山 滝をめぐって 天狗岩 疲れた心が いやされる 鳥のさえずり 身にしみる けやき木もれ陽 蝉しぐれ あゝ 奥多摩 奥多摩 やすらぎの町  鳩ノ巣小橋の 吊り橋を 一人渡れば 遊歩道 せせらぎづたいに 秋の彩(いろ) 紅葉りんどう 彼岸花 人の情けに 夢が咲く あゝ奥多摩 奥多摩は ぬくもりの町
恋の花森若里子森若里子鈴木紀代蔦将包蔦将包涙で枯れた 恋もある 咲かずじまいの 恋もある むせび泣き すすり泣き しゃくり泣き 泣いた数だけ 恋がある それでもいいの もう一度 咲かせてみたい 恋の花  心の傷を 怖(おそ)れたら きっと倖せ つかめない かすり傷 やけど傷 向こう傷 恋の傷あと まだ疼(うず)く つらくていいの もう一度 咲かせてみたい 恋の花  あだ花だって 花は花 季節はずれの 花も花 忍び咲き はぐれ咲き 狂い咲き 愛があるから 胸に咲く 夢でもいいの もう一度 咲かせてみたい 恋の花
博多山笠女節長山洋子長山洋子鈴木紀代ジュン黛伊戸のりお夜明け前 博多の男が 山笠舁(か)いてオィサッオィサッ 風になる 私ゃあんたの 赤手拭(あかてのごい)に 一年一度 惚れ直す ときめくざわめく 祭りの 女節  水法被(みずはっぴ) 舁(か)き縄(なわ)締め込み 男が謳(うた)うオイサッ オイサッ 晴れ姿 山笠(やま)が恋人 命をかける 妬(や)くほどあんた 山笠(やま)のぼせ ドキドキハラハラ ワクワク 女節  祝い目出度の 若松さまよ 若松さまよ  勢(きお)い水 一番山笠 太鼓の音でオィサッオィサッ 走り出す 廻り止(どめ)まで 気合いを抜くな 男の力 魅(み)せとくれ 凛々(りり)しいあんたに 捧げる 女節
残雪根室本線山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫前田俊明両手で耳を ふさいでも もれて聞こえた 別れの言葉 やさし過ぎた 君がいて 甘え過ぎた 僕がいた… 春は名ばかり 北の風 根室本線 みれん雪  心の糸が 切れたまま 結び合えずに 別れた二人 僕に愛が ある限り 君に届く 気がしてた… 茶内落石(ちゃないおちいし) 無人駅 根室本線 あかね空  死ぬほど好きと もう一度 言えばよかった 別れる前に 君が僕を 忘れても 僕は君を 忘れない… 雪の切れ間に サンゴ草 根室本線 ただひとり
白樺の誓い山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫伊戸のりおこもれ陽(び)ゆれる 白樺林 肩寄せ歩いた 丘の径(みち) 他の誰かに 言えない恋は 他の誰かを 傷つける せつなすぎる 痛すぎる 僕はあなたを 欲しかった  僕と結婚して下さい… もう今更遅いんだね…  あなたの名前 叫んでみても こだまが返って 来るばかり 二度と逢えない あなたでしょうか 愛が行き場を 失くしてる 悲しすぎる つらすぎる 咲いてりんどう 濃(こ)むらさき  涙は今日で 終わりにしよう 白樺林で 誓う朝 四十八(しじゅうはち)池 鳥居をくぐり 祈る倖せ 届けたい 淋しすぎる 遠すぎる 胸に想い出 ひとり旅
龍飛崎長保有紀長保有紀鈴木紀代中村典正前田俊明私の心に棲(す)みついた あなたとさよなら する旅路 青森駅から 外ヶ浜 海岸づたいに たどる道 ヒュルル ヒュルヒュル 頬を打つ ここは龍飛崎 風岬  三百六十二段行く 階段国道 乱れ足 泣いても戻らぬ 恋だから せつない想い出 忘れ旅 ヒュルル ヒュルヒュル ちぎれ雲 ここは龍飛崎 冬隣り  山あり海あり夕日あり ないのはあなたの 背中だけ 最後に残った 一粒の 涙の捨て場を 探してる ヒュルル ヒュルヒュル 恋よ散れ ここは龍飛崎 北の果て
花言葉長保有紀長保有紀鈴木紀代中村典正前田俊明淋しくなんか もうないわ あなたに出逢った あの日から… 好きよ好き好き あなたが好きよ 夢じゃないのね 抱きしめて 今夜の私は 紅いバラ 「燃える心」が 花言葉  逢いたい時に 逢えるのに 時々せつなく なる私… ダメねダメダメ 泣いたらダメね 口に出せない もどかしさ 心でゆれてる 月見草 「秘めた想い」が 花言葉  季節がいくつ 変わっても 私の気持ちは 変らない… 好きよ好き好き 本当に好きよ 生きるよろこび 重ね合う あなたと私は シクラメン 「愛の誓い」が 花言葉
あなた時雨谷龍介谷龍介鈴木紀代桧原さとし伊戸のりお探さないでね 私のことは 足手まといに なりたくないの 心に決めて 手紙を書いて 二人の部屋を 出て来た私 何で今さら あなた… あなたあなた あゝあなた… あなた時雨(しぐ)れて 泣ける夜(よる)  この手伸ばせ あなたに触れた あの日あの夜(よ)が 私のすべて お酒の味も 涙の味も おぼえた私 未練な私 寝ても覚(さ)めても あなた… あなたあなた あゝあなた… あなた時雨(しぐ)れて 胸に降る  夢に向かって 歩いて欲しい それが私の 私の夢よ 倖せすぎた あたたかすぎた あなたの胸が 今では憎い 忘れられない あなた… あなたあなた あゝあなた… あなた時雨(しぐ)れて ぬれる夜(よる)
片割れ月佳山明生佳山明生鈴木紀代宮下健治南郷達也街が泣いてる 裏通り 空を見上げりゃ 片割れ月よ ああ…何でここまで ついて来る おまえもひとり 俺(おい)らもひとり 悔やんでなんか いるもんか  惚れた女も 一人いた 夢を見たんだ 叶わぬ夢を ああ…風の噂は 酷(こく)なもの おまえもひとり 俺(おい)らもひとり 迷ってなんか いるもんか  運はこの世の まわりもの 今日がなくとも 明日(あした)はあるさ ああ…咲いて一重(ひとえ)の 月見草 おまえもひとり 俺(おい)らもひとり 怨んでなんか いるもんか
はぐれ泣き佳山明生佳山明生鈴木紀代西つよし南郷達也風もしばれる 吹雪の夜に 暖簾(のれん)しまって 一人酒 はぐれ泣きする 浜千鳥 いくら消しても まぶたに浮かぶ あんたにあんたに 逢いたいよ  ひとり尋(たず)ねて はまなす港 いつか根づいた 北の町 遠く一声(ひとこえ) 哭(な)く霧笛 船が着く度 噂を乗せて 行く人来る人 泊まる人  たぐり寄せたい 心の糸も 凍りつくよな 冬の海 濡れた翼の 浜千鳥 どこにいるのか 未練でしょうか 涙に涙に くもる月
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
心の花小町雪乃小町雪乃鈴木紀代岡千秋南郷達也やっと出逢えた あなたと私 ひとりぼっちは もういやよ 心の花は 愛の花 かたい絆を むすぶ花 むすぶ花  人の目を引き 足さえ止める 桜ばかりが 花じゃない 心の花は 人知れず いのち赤々 燃える花 燃える花  同じ口癖 あなたと私 今日も倖せ ありがとう 心の花は 明日も又 生きる力を くれる花 くれる花
加恵 ~華岡青洲の妻~古都清乃古都清乃鈴木紀代弦哲也南郷達也紀ノ川の 紀ノ川の 名もない医者の 嫁に来た 白く咲くのは まんだらげ 赤く咲くのは 愛の花… 息を殺して 人目を避けて 加恵は女に なりました  美しいお義母(かあ)はんに憧れて、 何にも知らんで嫁いで来ましたがやのし…  やさしさの やさしさの 一枚下は 泥の沼 義母(はは)は息子の ためと言い 加恵は夫の ためと言い… 男一人に 命をかけて 女二人が 身を砕(くだ)く  痛み止めの眠り薬が出来上がって、 治らん病気も治るようになりました。 あなたの名をとどろかす礎(いしずえ)となったお義母(かあ)はんも、 草葉の陰でどないにお喜びですやろのし…  諦めず 諦めず あなたは夢を かなえたわ 光失くした この目にも 晴れの姿が 映ります… 幸も不幸も 見透かすように 今日も咲いてる まんだらげ
忍冬(すいかずら)古都清乃古都清乃鈴木紀代桧原さとし南郷達也夢のかけらに つまずいて 耐えて忍んだ 冬もある 泣いた分だけ ほほえみ合えば いい日がきっと 来ると言う… 二つ並んで 咲く花は あなたと私 忍冬(すいかずら)  口が悪くて 不器用な そんな男(ひと)ほど 深情(ふかなさ)け どこの誰より あなたの事は わかっています 知ってます… 裏も表も 見せ合って あなたと私 忍冬(すいかずら)  傍(そば)にあなたが いるだけで つらい明日(あした)も 生きられる 一人ぽっちに もう戻れない つないだ手と手 離せない… 春よ来い来い 二人にも あなたと私 忍冬(すいかずら)
あれから三年たちました水木ケイ水木ケイ鈴木紀代水森英夫石倉重信倖せでした さよならの 一言 私 聞くまでは 情なし木枯らし しみる夜 つないだ手と手 ほどいた男を バカね バカね バカね バカね 今も憎めない あれから三年 三年たちました  桜の花が 散るように 私の恋も 終わったわ あなたと暮らした 年月は 私の宝 私の未練 バカね バカね バカね バカね 今も憎めない あれから三年 三年たちました  別れた男の 想い出を 捨てては拾う 雨の夜 やさしく抱かれて 見た夢が 私は欲しい も一度欲しい バカね バカね バカね バカね 今も憎めない あれから三年 三年たちました
夢追い笠長山洋子長山洋子鈴木紀代影山時則池多孝春薩唾(さった)峠で ため息一つ 目指す興津(おきつ)は あと一里 あらいやだ ごめんね… 他人の空似(そらに) 惚れた弱みの 夢追い笠と わらう茜(あかね)の わらう茜(あかね)のヨー 東海道  大井川なら 晴れれば越すが 越すに越せない 恋の川 ねぇちょいと 聞いてよ… せつない話 夜(よる)は雑魚寝(ざこね)の しぐれの旅籠(はたご) せめて夢でも せめて夢でもヨー 見せとくれ  噂たどれば 一足(ひとあし)ちがい 苦労駿河の ひとり笠 あらいやだ しゃくだね… 女の涙 きっと明日(あした)は あんたに逢える つのる想いは つのる想いはヨー 富士の山
私やっぱり女です長保有紀長保有紀鈴木紀代中村典正前田俊明恋もしました 泣きもした 私いろいろ ありました 今はもう 今はもう 過ぎたことです 何もかも 想い出だけじゃ 生きれない 私やっぱり 女です  未練一つに まどわされ 後ろばかりを 見ていたわ いつの日か いつの日か めぐり逢いたい いい男(ひと)に 短く髪も 切りました 私つくづく 女です  赤く咲く花 白い花 胸に咲かせる 愛の花 もう一度 もう一度 私倖せ 欲しいです 明日があるわ 夢がある 私まだまだ 女です
木曽路の雨長保有紀長保有紀鈴木紀代中村典正前田俊明話し上手で 聞き上手 別れ上手な 男(ひと)でした 薄(うす)くれないの 恋椿(こいつばき) 春を待たずに なぜ散り急ぐ 木曽路は 雨 雨 私を泣かす 涙雨  あなた忘れの 旅に来て あなたばかりを 想い出す 夕暮れ近い 石畳(いしだたみ) 窓の格子(こうし)に 灯(あか)りがともる 木曽路は 雨 雨 馬籠(まごめ)の宿(しゅく)は こぬか雨  ひとり淋しく 見上げれば 男滝(おだき)女滝(めだき)の 水しぶき 薄日(うすび)が胸に 差す頃に 越えて行きたい 十曲峠(じっきょくとうげ) 木曽路は 雨 雨 心をぬらす しのび雨
朝はきっと来る林あさ美林あさ美鈴木紀代岡千秋よいしょこらしょ どっこいしょのしょ ほうら見えたでしょ お日さまが待っている 水平線に 夢を頼りに ここまで来たからね よいしょこらしょ 元気で行こう 朝は きっと来る  よいしょこらしょ どっこいしょのしょ 聞こえて来たでしょ 倖せを連れて来る 明日(あした)の歌が 雨が降る日は 裸足(はだし)のままでいい よいしょこらしょ 歩いて行こう 朝は きっと来る  よいしょこらしょ どっこいしょのしょ 情熱(あつ)くなったでしょ 輝きを失(な)くさない あなたが好きよ どんな時でも 一人じゃないからね よいしょこらしょ 笑顔で行こう 朝は きっと来る あなたに きっと来る
風蓮湖GOLD LYLIC山内惠介GOLD LYLIC山内惠介鈴木紀代水森英夫前田俊明釧路 厚岸 霧多布 人もまばらな バスに乗る 年月かけて 重ねた愛が 音も立てずに くずれるなんて… 君と二人で 来るはずだった 秋も終わりの あゝ風蓮湖  楢の木立が 立ち枯れた 道をたどれば 行き止まり 明日へ一歩 踏み出す勇気 僕になかった 臆病だった… 赤く染まった 夕焼け雲が 風にちぎれる あゝ風蓮湖  何を頼りに 白鳥は 海を渡って 来るのだろう 心に灯(あか)り ともしていれば 君は戻って くれるだろうか… 消して消えない 面影ひとつ 水面(みず)に浮かべる あゝ風蓮湖
パロパロしないでねケンジとエリサケンジとエリサ鈴木紀代伊戸のりおラッキーボーイ(PARUPARO SHINAIDENE) (PARUPARO SHINAIDENE)  (女)ケータイ番号 おしえても (女)どうして電話を くれないの (男)留守電だったり 切れてたり (男)それより元気で いたのかい (女)あなたほんとに やさしのひとね (男)おまえほんとに かわいいやつだ (女)久し振りよね 逢いたかったよ (男)俺もおまえに 逢いたかったよ (女)パロパロしないでね(PARUPARO) (男)パロパロしないとも(PARUPARO) (女)パロパロしちゃダメよ(PARUPARO) (男)パロパロするもんか (男女)二人で一緒に 踊ろうね  IKAW LANG ANG MAHAL KO MAHALIN MO AKO PARUPARO DAMEYO  (女)どうしてドキドキ するのかな (女)あなたを愛して しまいそう (男)さわってごらんよ この胸に (男)ドキドキしてるよ おんなじさ (女)あなた英語は 下手くそなのに (男)おまえ日本語 メチャクチャだけど (女)嘘が上手ね だまされちゃったよ (男)少し今夜は 飲みすぎちゃったよ (女)パロパロしないでね(PARUPARO) (男)パロパロしないとも(PARUPARO) (女)パロパロしちゃダメよ(PARUPARO) (男)パロパロするもんか (男女)二人で楽しく 話そうね  (女)一度見たかった 日本の雪を (男)今度誘うよ 約束するよ (女)(だけど)帰っちゃうのよ わたしの国に (男)戻っておいで またこの店に (女)パロパロしないでね(PARUPARO) (男)パロパロしないとも(PARUPARO) (女)パロパロしちゃダメよ(PARUPARO) (男)パロパロするもんか (男女)二人で朝まで 歌おうね
遠い街長山洋子長山洋子鈴木紀代井上真之介宮崎慎二まさか別れが 来るなんて 誰が想像 したでしょう だって明日の 幸せを 信じて暮らして いた私 わるい女に なれてたら… かわいい女に なれてたら… 今でも愛して くれたでしょうか 夢見る街は夢見る街は 遠い街  まさか遊びで 恋なんて してるつもりは なかったわ だって欲しいと 言われたら 私の命も 上げたのに 奪うことさえ 出来なくて… 与えることさえ 出来なくて… 今更泣いても もう戻れない 二人の街は二人の街は 遠い街  わるい女に なれてたら… かわいい女に なれてたら… 今でも愛して くれたでしょうか 夢見る街は夢見る街は 遠い街
たてがみ長山洋子長山洋子鈴木紀代影山時則駒(こま)の名前も その数(かず)も 何も知らない 私でも あなたの強さは わかります 勝って下さい これから先も 運(うん)と私が あなたの味方(みかた)  千を見通す ひらめきで 一を見直す こだわりで 輝くあなたに 惚れてます 負けた時にも 言い訳なしで ぐっとこらえる 男の姿  勝負終われば ただの人 抱いて抱かれる 明け方の たてがみみたいな 髪が好き 宇宙(そら)を駆(か)け翔(と)ぶ 獅子(ライオン)になり 夢をつかんで 二人の未来(あした)
ふたり道北島三郎北島三郎鈴木紀代原譲二前田俊明泣いて笑って また泣いて おまえと歩いた ふたり道 短いようで 振り向きゃ長い 重ねた月日の 五十年 いつでも傍で 支えてくれて ありがとう ありがとう なぁ おまえ  夢という名の 身勝手を だまって堪(こら)えて くれたやつ かくれて涙 ふいてた夜は さすがに心で 詫びた俺 今なら言える 照れずに言える ありがとう ありがとう なぁ おまえ  何がなくても 連れがある 明日につながる 今日がある 二人で同じ 想い出分けた おまえの代わりは 他にない 男に生きる よろこびくれて ありがとう ありがとう なぁ おまえ
春風長山洋子長山洋子鈴木紀代影山時則京建輔風は春風 両国橋を カッタカッタと 下駄(げた)の音 初の白星 心もはずむ 熱いかけ声 背中に受けりゃ 明日の主役は この俺さ  夢の深さと 身体(からだ)のデカさ 髷(まげ)のつくりと 心意気 人の値打ちは 見た目じゃないよ 悔し涙を 払った指で 嬉し涙を ぬぐったのさ  負けて覚える 相撲もあるが 勝って身につく 技もある 西の小兵(こひょう)は 粘(ねば)りがいのち こらえこらえて 男になって 春の笑顔で 生きるのさ
望郷ひとり泣き(大陸篇)長山洋子長山洋子鈴木紀代西つよし伊戸のりお諦め切れない 人なのか 諦めたくない 夢なのか 昨夜(ゆうべ)も泣いて 今夜も泣いて 泣いてわかった よりどころ 巫山(ウーシャン) 奉節(フォンチエ) 瞿塘峡(チュータンシア) 何で今さら ふるさとが 涸(か)れた心に しみて来る 責(せ)めてくれるな 望郷ひとり泣き  離れた心は 戻らない 離れた情けは 後を引く 酔ってもひとり 醒(さ)めてもひとり ひとり見るのは 古い夢 長江(チャンジャン)下りの 汽笛さえ 聞けばみじめに なるばかり 捨てたつもりの はぐれどり 声を殺して 望郷ひとり泣き  巫山(ウーシャン) 奉節(フォンチエ) 瞿塘峡(チュータンシア) 何で今さら ふるさとが 涸(か)れた心に しみて来る 責(せ)めてくれるな 望郷ひとり泣き
シベリアの涙長山洋子長山洋子鈴木紀代桧原さとし伊戸のりお泣いちゃダメ いけない… わかっているけれど 泣いちゃダメ どうして… 涙がにじむの あなたは今頃 はるかロシアの空の下 何も話してくれないで 熱い吐息(といき)は シベリアの涙  手紙さえ 届けば… 明日(あした)も見えるのに 噂さえ途絶(とだ)えて… 背中がふるえる 逢いたい逢えない 夜(よる)は私をダメにする 古い小さなカチューシャが 今もせつなく 思い出させるの  心から 愛した… あなたと居たかった 夢に見た 倖せ… はかなく消えるの 流氷に乗って はるかロシアに着けるなら… 恋はむなしく砕け散る 白いシベリア 遠すぎるあなた
愛の灯長山洋子長山洋子鈴木紀代桧原さとし伊戸のりお悔しかったのね つらかったのね あなたの涙を 初めて見たわ 世間の誰もが 背を向けたって 私迷わず ついて行く 愛の灯(ともしび) くれた男(ひと) いつまでも どこまでも 命の果てまで ついて行く  死ぬの生きるのと 困らせたけど 大きな心で すくってくれた あなたのその眸(め)は 変わっちゃいない 遠い幸せ 信じてる 愛の灯(ともしび) 赤々と いつまでも どこまでも この胸いっぱい 信じてる  長い道のりも ふたりで行けば 春夏秋冬(はるなつあきふゆ) あたたかくなる あなたの明日(あした)は 私の明日(あした) 何もいらない 女です 愛の灯(ともしび) あればいい いつまでも どこまでも 私はあなたの 女です
七人の侍~麒麟の如く~長山洋子長山洋子鈴木紀代桧原さとし宮崎慎二命の重さに 変わりはないが 泣きを見るのは 正直者(いいやつ)ばかり 地べたをはいずる 天空仰ぐ 七つの魂(くび)は名もない戦士  侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 仁(じん)の一文字 胸に抱き 侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 蹄(ひづめ)の音に かける夢  表と裏とで 成り立つこの世 倫(みち)が曲がれば 心も曲がる 正義の味方の 柄(がら)でもないが 七つの魂(くび)を 差し上げましょう  侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 真愛(あい)を殺さず 邪悪(あく)を斬(き)る 侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 雄たけびあげる 崖っぷち  侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 侍すなわち 麒麟(キリン)の如く
根っこ北島三郎北島三郎鈴木紀代原譲二咲いた花だけ 人は観て きれいな花だと もてはやす 花には枝あり 幹がある 目にこそ届かぬ その下に 忘れちゃならない 根っこの力 蔭で支えて 土ん中  上へ上へと 背のびすりゃ 嵐で根こそぎ 倒される 前、横、後ろに 気を配り 足げにされても 踏まれても 愚痴さえ言わずに 根っこは耐える 陽の目一生 見なくても  裸さらして 生きる木は 雷さんにも どやされる 涙は裂けても こぼさない 我慢を肥料に 今日もまた 生命を枯らさぬ 根っこがあるさ 明日にでっかい 花となる 
望郷ひとり泣き長山洋子長山洋子鈴木紀代西つよし伊戸のりお男の運が 悪いのか 男を見る目が ないからか 昨夜(ゆうべ)も泣いて 今夜も泣いて 泣いてわかった よりどころ 金木(かなぎ) 中里(なかさと) 五所川原(ごしょがわら) 何で今さら ふるさとが 涸(か)れた心に しみて来る 責(せ)めてくれるな 望郷ひとり泣き  ちぎれた愛は 戻らない ちぎれた絆(きずな)は ほころびる 酔ってもひとり 醒(さ)めてもひとり ひとり見るのは 古い夢 十三(とさ)の湊(みなと)の 汽笛さえ 聞けばみじめに なるばかり 捨てたつもりの はぐれ女(どり) よされよされと 望郷ひとり泣き  金木(かなぎ) 中里(なかさと) 五所川原(ごしょがわら) 何で今さら ふるさとが 涸(か)れた心に しみて来る 責(せ)めてくれるな 望郷ひとり泣き
ひざ小僧北島三郎北島三郎鈴木紀代徳久広司丸山雅仁生まれ故郷を 後にして 初めの一歩を 踏み出した 時にはよろけ 時には転び すり傷切り傷 向こう傷 ひざ小僧 ひざ小僧 おまえに残る 傷あとを さすれば色々 想い出す  世間(かぜ)の冷たさ 厳しさに 心がかじかむ 夜(よ)もあった 弱音をはかず なきごと言わず 山道細道 くねり道 ひざ小僧 ひざ小僧 おまえは耐えて 踏んばって 歩いてくれたな この俺と  明日(あす)の雲行き 空模様 お天道さましか わからない 終わりの一歩 踏みとげるまで あの夢この夢 俺の夢 ひざ小僧 ひざ小僧 おまえと越える 人生を よろしく頼むよ これからも
おんな炭坑節長山洋子長山洋子鈴木紀代宮下健治赤い煙突(えんとつ) 目あてに行けば 米のまんまが 暴(あば)れ食(ぐ)い 歌う戯(ぎ)れ歌 ボタ山暮らし もっこカンテラ ヘルメット 掘って掘って また掘って 惚れた男の 黒い汗  稼(かせ)ぐ日銭(ひぜに)は 一升ビンに 代えてさわいで カラにする 花も季節も ない地の底にゃ 泥(どろ)にまみれた 夢がある 掘って掘って また掘って 汽車を汽船を 走らせる  月の差し込む ハモニカ長屋 私ゃあんたの 腕の中 絹の布団(ふとん)に くるまるよりも 炭坑(やま)の男は あたたかい 掘って掘って また掘って 明日は地獄の 一丁目
恋のプラットホーム長山洋子長山洋子鈴木紀代井上真之介じゃあね又ね 今度ねきっとね 見つめあう 目と目さえぎるように 発車合図で ドアーが閉まる あなたが逢いに 来れない時は 私が行くわ あなたの町へ  じゃあね又ね 今度ねきっとね 話してる 言葉聞こえなくても 口の動きで わかってくれる 愛しているわ 愛していてね 忘れちゃイヤよ 待っててあなた  じゃあね又ね 今度ねきっとね 離れたら 恋はおしまいなんて 聞きたくないわ 信じてないわ 淋しいけれど 泣いたらダメね すぐまた逢える 元気でいてね
洋子の…新宿追分長山洋子長山洋子鈴木紀代水森英夫伊戸のりお一雨来そうな 盛り場通り ふるさと恋しく させる街 右へ行こうか 左へ行こか まっすぐ行こうか 戻ろうか 夢が華やぐ 心がゆれる ここは新宿 新宿追分  夕焼け背にして 土手道はるか 輝く若葉が 目に浮かぶ 星も見えない 都会の隅で 情けに泣いたり すがったり ビルの谷間を 流されながら 夜の新宿 新宿追分  思い出横丁で 別れた男(ひと)の よく似た背中を さがしてる 北のはずれの 岬に行こか 南の花咲く 野に行こか 一人旅して 捨てたい未練 ここは新宿 新宿追分
悲恋歌林あさ美林あさ美鈴木紀代岡千秋両手で耳を ふさいでみても 指のすきまを くぐって届く 途切れ途切れの さよならに ききわけ持たない 私です  あゝあなた 今夜のあなた あゝ同じあなたと 思えない… かなしい夢なら ふりむいて 悪いうそだと 笑ってよ  よじれた胸が 酔うほど愚図(ぐず)る 諦め方を おしえて欲しい 別れ別れに なるのなら 今でも好きだと 言わないで  あゝあなた 私のあなた あゝ明日はあなたと 呼べないの… 大事に育てた 想い出が 涙ポロポロ くずれます  あゝあなた 今夜のあなた あゝ同じあなたと 思えない… かなしい夢なら ふりむいて 悪いうそだと 笑ってよ
海峡みなと林あさ美林あさ美鈴木紀代岡千秋出て行く船が かすかに見える あゝそこが女の 港町 いつまで待っても 待っても待っても 逢える あてはない 投げてこの身を 届けたい 連絡船の 海峡みなと  母にも言わず 育てた恋が あゝ渦に巻かれて 沈みそう すべてを捨てても 捨てても捨てても 欲しい 愛がある 夢を運んだ かえり船 連絡船の 海峡みなと  こぼれて落ちる 女の涙 あゝ海と同(おんな)じ 味がする かじかむ心を 心を心を あなた 抱きしめて 波の花さえ ちぎれ飛ぶ 連絡船の 海峡みなと
北島三郎北島三郎鈴木紀代原譲二損か得かを はかるより 嘘か真(まこと)で 動きたい 自分自身に 嗤(わら)われる 生き方だけは したくない 男らしく 俺らしく  いいか悪いか 言う前に 好きか嫌いで 決めている 自分自身が ためされる みんな承知さ 剣が峰 男らしく 俺らしく  失くしたくない 夢ならば 涙こらえて まわり道 自分自身で 嗅ぎ分けた そんな標(しるべ)に 生かされて 男らしく 俺らしく
笹舟原田悠里原田悠里鈴木紀代加藤将貫こころの笹舟 流れて行けば 好きなあなたに 届くでしょうか 愛した時から 始まる旅は 切なさこらえて 願いを胸に 寄り添う日まで ひとり川  ため息ついたら 倖せ逃げる 愛の笹舟 はかない小舟 淋しい時には あたため合って いとしさ道づれ ほほえみ合えば あなたと私 ふたり川  他人には言わない あなたの夢を 知っているのよ 私が一人 迷った時には 手と手をつなぎ 夜明けを待ちます あなたのそばで 木もれ陽ゆれる 明日川 
花と女高瀬一郎高瀬一郎鈴木紀代水森英夫伊戸のりお忘れ切れない 男がいて 愛し切れない 恋となる もっと抱いてよ 抱きしめて 花は乱れて 地に落ちて 女は乱れて 空に舞う  何を捨てても 悔いはない 左枕で 言うあなた 強く抱いてよ 抱きしめて 花は嵐に 散り急ぎ 女は嵐に 咲き急ぐ  これで終わりと 決めたのに 逢えば裏切る この躰 そっと抱いてよ 抱きしめて 花は夜明けに 蝶を呼び 女は夜明けに 罪を呼ぶ
嘘だといって長山洋子長山洋子鈴木紀代桧原さとし伊戸のりお嘘でしょあなたに いい彼女(ひと)いるなんて 嘘よね昨夜(ゆうべ)も 倖せくれたもの 疑い出したら 眠れない 涙が とまらない 泣かしちゃいや いじめちゃいや 雨の岐(わか)れ道 嘘でしょあなたは 私のものなのに…  嘘でしょ二人に さよなら来るなんて 嘘よね毎晩 電話をくれるもの どうして心の裏側を どうして 見せないの 泣かしちゃいや 離しちゃいや ここは乱橋(みだればし) 嘘でしょつれない ふりしないで欲しい…  本気にさせては はぐらかす ほんとに ずるい人 泣かしちゃいや じらしちゃいや 雨の岐(わか)れ道 嘘でしょあなたは 私のものなのに…
長山洋子・影山時則長山洋子・影山時則鈴木紀代影山時則南郷達也糸の半分 私が持つわ 残りの半分 俺が持つ 絆という字で 結ばれて おまえと俺は 生きて行く 離さないでね 離すもんかよ 心を重ね 命を重ね 二人は一緒 今日から一緒  流行(はや)りすたりの はげしい街で 一途な想いは 変わらない あなたを信じて ついて行く 悲しい過去は 忘れなよ 泣かさないでね 泣かすもんかよ ぬくもり抱いて ほほえみ抱いて 二人は一緒 明日も一緒  雨が降る夜 出逢った二人 今では他人に 戻れない 今夜は酔っても いいですか 甘えてくれよ この俺に 見捨てないでね 捨てるもんかよ 頬寄せ合って 肩寄せ合って 二人は一緒 死ぬまで一緒
洋子の…名残月長山洋子長山洋子鈴木紀代西つよし伊戸のりお日暮れて鳥は 巣に帰り 瀬を行く魚は 岩の蔭 人は人ゆえ 人を恋い 人は人ゆえ 人に泣く 誰と語らん 秋の夜(よる) 旅寝(たびね)の空に 名残月  行方も告げず 吹く風は 梢(こずえ)をふるわせ 遠ざかる 花は花ゆえ 花と咲き 花は花ゆえ 花と散る 紅(くれない)燃ゆる 色香(かんばせ)も 移ろい行くは 世の運命(さだめ)  行く道はるか 山の端(は)に 夜ふけて流れる 星ひとつ 夢は夢ゆえ 夢を追い 夢は夢ゆえ 夢に酔う 汲(く)めど尽きせぬ 我が想い 旅路の果てに 名残月
洋子の…ふるさと長山洋子長山洋子鈴木紀代大谷明裕伊戸のりおバスを降りると 一本の 我が家に続く 細い道 心の中の アルバムを めくればいつでも よみがえる ふるさとは ふるさとは 泣きたい時に 行くところ  日差しいっぱい 浴びながら 渋柿むいて ぶらさげる いつも変わらぬ 父母の 笑顔が心を なごませる ふるさとは ふるさとは 逢いたい人の いるところ  桜吹雪の 木の下で 又逢う約束 してた男 胸を焦がした 初恋は 戻って来ないが 懐かしい ふるさとは ふるさとは 想い出話 咲くところ
洋子の…海長山洋子長山洋子鈴木紀代桧原さとし伊戸のりお海は荒波 潮風受けて 磯で砕けて 白く散る あゝこの淋しさは いつ消える あゝこのため息は いつとける 啼け啼け 鴎 声限り 飛べ飛べ 鴎 雲越えて  沖はしぐれて また日が差して 遠い島影 見えかくれ あゝあの日の人に いつ逢える あゝひそかな想い いつ届く 啼け啼け 鴎 日が落ちる 飛べ飛べ 鴎 夜もすがら  頬の涙は 小さな海か 辛(から)いせつない 塩の味 あゝあのほほえみは いつ戻る あゝあの幸せは いつかなう 啼け啼け 鴎 今日も又 飛べ飛べ 鴎 明日も又
ほろり酒原田悠里原田悠里鈴木紀代加藤将貫南郷達也倖せだったら 女がひとり 手酌で飲んだり してないわ 雨降る夜の 屋台村 本気で惚れても 別れたら 未練をあなたは くれるだけ 涙がほろり ほろりほろほろ ほろり酒  あなたを忘れる お酒があれば 飲ませて下さい 今すぐに いいことばかり 想い出す 二人で暮らした 二年半 恋しさつぎたす 夢もよう 涙がほろり ほろりほろほろ ほろり酒  あなたのなの字を しの字に変えて あしたと小窓に 書いてみる 夜ふけて外は 雨あがり 愛した心の 残り火を 吹き消しましょうと ひとり言 涙がほろり ほろりほろほろ ほろり酒 
たまゆら長山洋子長山洋子鈴木紀代円広志伊戸のりお雲の切れ目が 縁の切れ目か うすい背中に 影が差す 恋の涼風 乱れ風 胸をゆさぶる もてあそぶ  女結びは 蝶結び 男結びは 片結び 解かぬが華の 謎と帯 さて…戯れ芝居 恋はたまゆら  見栄も張ります 嘘もつきます 泣きも入れます 往生際  手練手管の 弁天も 化粧する術 ない心  人の心と 八重桜  赤に黄色の 花紅葉 表も裏も 見せて散る さて…紙吹雪 夢はたまゆら  女結びは 蝶結び 男結びは 片結び 解かぬが華の 謎と帯 さて…戯れ芝居 恋はたまゆら
じょんから女節PLATINA LYLIC長山洋子PLATINA LYLIC長山洋子鈴木紀代西つよし伊戸のりお雪は下から 舞い上がり 赤い裳裾(もすそ)に まといつく 太棹(ふとざお)三味線 女の旅路 燃えるくすぶる はじける愚図(ぐず)る 離れられない 男(ひと)がいる じょんからじょんから わかって欲しい  バチの乱れは 気の乱れ 別れ言葉は 言わせない 深みにはまった 女の弱み 男ごころは 風より軽い 月にかくれて されるまま じょんからじょんから 哭(な)かせて欲しい  鉛色(なまりいろ)した 空の色 春は私にゃ 遠すぎる 太棹(ふとざお)たたけば 糸さえ切れる 憎いいとしい せつない辛(つら)い 指にからまる 女節 じょんからじょんから あんたが欲しい
おんなの浪花節長保有紀長保有紀鈴木紀代宮下健治伊戸のりお三月(みつき)もったら お慰み おためごかしの 噂雨 手前ご存じ 不調法 イキな恋句(もんく)は 言えないが 惚れた女の 浪花節 あゝゝゝ聞いとくれ  五つこはぜの 白い足袋 ほどく手もとの じれったさ 空にまん丸 お月さん 仰ぐすすきに 秋の風 酔った女の ほつれ髪 あゝゝゝせつないね  七つ尽くして 足りぬなら 八つ九つ 捧げます 一途一筋 一本気 花の生涯(いのち)を 賭けました こんな女の 浪花節 あゝゝゝ名調子
はまなす岬林あさ美林あさ美鈴木紀代岡千秋伊戸のりお野に咲く名もない 花だから あなたのその指で 摘まれたい 東京へは 行きません 津軽で 暮らします 幸せよ幸せよ ここはふるさと 春まだ浅い 小泊(こどまり)岬  あなたと初めて 逢ったのは りんごが赤くなる 秋でした 心はずむ くちづけを りんごが のぞいてた 幸せよ幸せよ かくしきれない 胸のときめき 潮騒岬  愛するひとから 愛されて 女は涙さえ かわくのね 空に浮かぶ 白い雲 二人で 追いかける 幸せよ幸せよ 今はつぼみの 夢が花咲く はまなす岬
清水湊の女長保有紀長保有紀鈴木紀代宮下健治佐伯亮男が一人に 女が二人 うまく行くはず ありません 恋むらさきに 咲くりんどうが 彩をなくして 散ってゆく 想い断ち切る ひとり旅 清水湊に 清水湊に 雪が降る  はぐれて行きたや 未練な恋と 浮かれ鴎に 割り台詞 当てもないまま 街道行けば 風の間に間に 茶の香り うしろ髪ひく 鎌ヶ崎 波のしぶきが 波のしぶきが 又ゆれる  淋しさまぎらす 灯台あかり 出船入船 夜が明ける 朝霧かすむ 三保松原は 泣いた涙の 吹きだまり 忘れられない 名を呼べば 清水湊に 清水湊に 雪が降る  
茉莉花の涙三沢あけみ三沢あけみ鈴木紀代石山勝章杉村俊博黄昏の黄昏の ポプラの並木道 たたずめばはるか遠い 想い出が浮かぶ あこがれたあこがれた 都会の片隅で 何もない部屋の中に あなただけがいた  1970年の あの夏の日は いつまでもどうしても 忘れられない 幸せにつつまれた 茉莉花のかほり あの頃の流行歌 くちずさみながら  この街をこの街を 走る路面電車 消え去った同じ道に 人があふれてる なつかしいなつかしい 小さな喫茶店 窓ぎわで二人ずっと 見つめ合っていた  1970年の あのときめきは いつまでもどうしても 忘れられない ふり向けばわけもなく 熱くなる涙 新しい風が吹く 時代が来たけれど  1970年の あの夏の日は いつまでもどうしても 忘れられない 幸せにつつまれた 茉莉花のかほり あの頃の流行歌 くちずさみながら
青春は終わらない和田青児和田青児鈴木紀代原譲二夕陽が沈む 校庭で 肩組み合った 顔と顔 友達がいて 俺がいて 汗と涙に まみれてた 熱い夢が ある限り 青春は 青春は 終わらない  木造校舎 木の机  かくれて彫った あの名前 初恋の人 遠い人 甘いすっぱい 味がする 胸の炎は 燃えている 青春は 青春は 終わらない  けんかしたやつ 泣いたやつ 慰め合った 帰り道 想い出があり 愛があり かたい絆で むすばれる 明日も希望が わいてくる 青春は 青春は 終わらない
男ざかり橋幸夫橋幸夫鈴木紀代樋口義高若草恵女ざかりは 華ざかり 男ざかりは 働きざかり 人生本番 まっさかり このまま 終わらない ピッカピッカの バリバリ バーリバーリの ピカピカ 男の出逢い 男の我慢 男の勇気 男の感謝 男のドラマは いろいろあるが 汗ふく笑顔に 艶が出る  浮き世なさけは 徒なさけ 男なさけは ほろ酔いなさけ 人生時々 薄なさけ 噂の風も吹く ピッカピッカの バリバリ バーリバーリの ピカピカ 心が躍る 心が沈む 心がゆれる 心が燃える 男はロマンを 捨てない限り 恐れることなど 何もない  ピッカピッカの バリバリ バーリバーリの ピカピカ 涙は熱い 涙は辛い 涙は力 涙は門出 男のピンチは 明日へのチャンス 希望の扉を たたくのさ
青空長山洋子長山洋子鈴木紀代西つよし青い空が心に 消えた時 出逢ったあなたが 光をくれた 飾り立てた言葉が ないだけに すべてを信じて いられます お茶する時も 旅する時も いつでもどこでも 一緒一緒 開いた 開いた 何の花が 開いた 恋の花が 開いた  青い空が心に 戻ったら 笑顔も私に 戻って来たわ ありったけのこの愛 雲に乗せ あなたに届けて いいですか 夢見る時も 星座(ほし)見る時も あなたと私は 一緒一緒 見つけた 見つけた 何の鳥を 見つけた 青い鳥を 見つけた  お茶する時も 旅する時も いつでもどこでも 一緒一緒 開いた 開いた 何の花が 開いた 恋の花が 開いた
白い着物長山洋子長山洋子鈴木紀代西つよし惚れて悩んで 乱れて泣いて ひとり来ました 北の旅 女に生まれて よかったわ 命を燃やして よかったわ 白い着物に 身をつくろえば 雪がおいでおいでと 呼んでいます  つらいせつない 悲しい甘い 恋は涙と 裏腹(うらはら)ね あなたに出逢えて なかったら 愛してもらえて なかったら 生きるよろこび 知らないままで 今も笑いころげて いるのでしょう  山が瀬音(せおと)が 吹雪が風が 紅(あか)い血まめの 足を奪(と)る このまま倒れて しまっても 夢見てこごえて しまっても 白い着物の 私を抱いて あなた熱い口づけ くれるでしょう
長山洋子長山洋子鈴木紀代西つよし愛と背中に なぞった指が 昨夜(ゆうべ)の嘘を 伝えてる 肌が感じる やさしさは 男の罪の 裏返し いっそつれない つめたさで 今夜は抱いて ほしかった  あまりあなたが いい男(ひと)すぎて 信じていても 不安なの 熱いいとしい くちびるが かわいた胸に 火をつける 惚れた弱みの 倖せが いつまで続く はずもない  夢を涙を 女の意地を 占うような 夜(よる)の雨 愛があるから 燃えるのか 燃えれば愛と 言えるのか 愛をはかりに かけるより 死んでもいいと 思いたい
花園しぐれ長山洋子長山洋子鈴木紀代西つよし想い残しと 飲み残し イヤよ今夜は したくない 明日(あす)は遠くへ 行くあなた 涙は涙は バラ色ね 胸に降る降る 花園しぐれ  過去をたずねた こともない 傷をいじくる こともない 肩をやさしく 抱きしめて 倖せ倖せ くれたのね ぬれてせつない 花園しぐれ  そっと咲かせた 恋だもの 離れたくない 男(ひと)だもの 羽目をはずして 飲むお酒 未練は未練は いじわるね 夜明け間近(まぢか)の 花園しぐれ
ふられの酒三沢あけみ三沢あけみ鈴木紀代西つよし伊戸のりおあなたのすべてを 欲しがって あなたの笑顔を 失くしたの あの時のあの時の 燃える想いを 抱きしめて 抱きしめて 今夜は酔わせて ふられの酒よ  身体は遠くに 離れても 心は近くに 感じます この胸にこの胸に 涙ひとつぶ 忘れたり しないでよ 泣いたら明日も 見えなくなるわ  出逢った夜更けも 雨でした 別れた夜明けも 雨でした いつの日か いつの日か 想い出したら 倖せを 祈ってね 今夜も雨降り ふられの酒よ 
春の足音矢吹春佳矢吹春佳鈴木紀代徳久広司伊戸のりおやっと見つけた あなたの笑顔 心のみぞれも やみました みかけだおしの 倖せ花に 迷ったことなど ありません ほらね ほらね もうすぐ もうそこに 聞こえてくるくる 春の足音  やっとかなった あなたの夢が 心の雲さえ 晴れました 寄せて返して 砕ける波を 乗り切りましたね 信じ合い ほらね ほらね あなたと 行く道に 聞こえてくるのは 春の足音  やっと来ました 二人の明日 心に灯りが つきました どんな時でも 絆は強く 手と手を結んで くれました ほらね ほらね 小枝の つぼみにも 聞こえてくるでしょ 春の足音  
神鳴りの唄金沢明子金沢明子鈴木紀代井上真之介伊戸のりお時代(かぜ)は幕開け 御輿(みこし)かつぎ出せ 男だ我慢だ 神鳴りだ 愛と恨みの 数珠(じゅず)つなぎ 情けにすがれば 何も生まれない 汗を額(ひたい)に 一(ひと)っかき 力合わせば 陽(ひ)が見える  ゴロゴロドンドン 叫ぶ ゴロゴロドンドン 声がする  夏は梅雨(つゆ)明け 冬は雪起こし 希望だ怒りだ 神鳴りだ 今も昔も 変わらない 自然の恵みは 天のさずけもの 生まれ故郷に 降る雨も やがて大河(たいが)の 水となる  ゴロゴロドンドン 生きる ゴロゴロドンドン 底力(そこぢから)  ゴロゴロドンドン 叫ぶ ゴロゴロドンドン 声がする ゴロゴロドドドン 生きる ゴロゴロドンドン 底力(そこぢから)
一路北島三郎北島三郎鈴木紀代原譲二ちょっとよければ すぐのぼせ ちょっと悪けりゃ すぐしょげる 迷いながらも 一つ路(みち) つまずいたって いいじゃないか 生きて生きて いるんだからさ  力入れたら りきみすぎ 力ぬいたら たるみすぎ 悩みつきない 一つ路(みち) まがりなりでも いいじゃないか 生きて生きて いるんだからさ  口に出せない くやしさを 口に出したら 愚痴(ぐち)になる 故郷(こきょう)離れて 一つ路(みち) 涙見せても いいじゃないか 生きて生きて いるんだからさ  俺のこの手で この足で 俺の明日(あした)を 切り拓(ひら)く 一途(いちず)一筋(ひとすじ) 一つ路(みち) 夢を追っても いいじゃないか 生きて生きて いるんだからさ
亭主長山洋子長山洋子鈴木紀代市川昭介伊戸のりお口を開けば ぶっきらぼうで 言葉たらずの 亭主(カミナリ)だけど 裏も表も 裏も表も 飾らない あなたが好きよ 死ぬほど好きよ  他人(ひと)に見せない 心の汗を そっと私が ぬぐってあげる 泣いて笑って 泣いて笑って 生きて来た あなたと一緒 いつでも一緒  小春日和(こはるびより)は 幸せ日和(びより) うしろ姿に こぼれる陽射(ひざ)し 何の不足も 何の不足も ありません あなたが命 ぜったい命
桶屋の八つぁん長山洋子長山洋子鈴木紀代石山勝章池多孝春お江戸はエ 神田のエ こちとらチャキチャキサ 紺(こん)の半纏(はんてん)ひっかけて 富(とみ)くじ神だのみ 愉快だね 楽しいね ドンと当たれば千両箱(せんりょうばこ) オイオーイ どうしたんでぇーい 何があったの 桶屋(おけや)の八つぁん 困った時には お互いさまよ  紅屋(べにや)のエ 娘にエ とことん惚れてもサ 年季明けまでおあずけと しょんぼり小名木川(おなぎがわ) 愉快だね 楽しいね 初心(うぶ)な恋より花見酒 オイオーイ どうしたんでぇーい 元気出せ出せ 泣くなよ八つぁん 威勢(いせい)がいいのが 取り柄(え)じゃないか  三度のエ メシよりエ 無駄口(むだぐち)好きでもサ タガがはずれた風呂桶(ふろおけ)は 何とかならねぇか 愉快だね 楽しいね 狭いながらもこの長屋(ながや) オイオーイ どうしたんでぇーい 腕のいいのが 自慢の八つぁん お隣同士の 見習い稼業 
地図のない旅長山洋子長山洋子鈴木紀代石山勝章宮崎慎二どこ行くあてもなく旅立つ時は 心のカバンに何を入れて行くだろう 風吹けば風吹くまま飛べる翼だろか 青い空の果てまで夢を描いてみたい 何が来ても逃げない 誰の後も追わない  そびえる山脈か あの海原か 心の足にまかせる 地図のない旅 雨降れば雨降るまま ぬれた夢をかかえ 自分らしく歩けば 陽も差す時が来る 何が来ても逃げない 誰の後も追わない 何が来ても逃げない 誰の後も追わない
紅い雪長山洋子長山洋子鈴木紀代桧原さとし川村栄二生きるも果てるも あなたと決めたの いのち半端(はんぱ)に 切り裂けないから 苦しみ悲しみ 恋にはつきもの 泣いて捨てたり 出来ない女です 紅(あか)い雪にかくれ 白い花に埋(う)もれ あなたの影が 浮かんで消える 追えば逃げる背中 指が宙(ちゅう)をつかむ はかなく散る夢 あゝゝ…  あざむく男の 心の底には 愛という名の 魔物(まもの)が棲(す)んでる 恋する女の 孤独の渕(ふち)には 翹(はね)をもがれた 蝶々がうずくまる 月のしずく浴(あ)びて 銀の虹に抱かれ 女に変わる 吐息を殺す 燃える髪の私 闇にあえぐあなた 乱れて見る夢 あゝゝ…  紅(あか)い雪にかくれ 白い花に埋(も)もれ あなたの影か 浮かんで消える 追えば逃げる背中 指が宙(ちゅう)をつかむ はかなく散る夢 あゝゝ…
捨てられて広畑あつみ広畑あつみ鈴木紀代桧原さとしでもね あの人 悪くないのよ 噂信じた 私が悪い そうよ一人に なるのこわくて 尽くしすぎて捧げすぎて 捨てられたの どんな愛でもいい すがれるものなら どんな愛でもいい やり直せるなら でもね帰れる部屋は 部屋はもうないの だからだから今夜は つき合ってよ  でもね あの人 憎めないのよ ひどい男と 言うのはやめて そうよ悲しい 嘘がなければ あの人よりやさしい人 いないはずよ どんな愛でもいい つめたくされても どんな愛でもいい そばにいられたら でもね大事な鍵(かぎ)も 鍵も返したの だからだから今夜は つき合ってよ  どんな愛でもいい すがれるものなら どんな愛でもいい やり直せるなら でもね帰れる部屋は 部屋はもうないの だからだから今夜は つき合ってよ
捨てられてGOLD LYLIC長山洋子GOLD LYLIC長山洋子鈴木紀代檜原さとし伊戸のりおでもね あの人 悪くないのよ 噂信じた 私が悪い そうよ一人に なるのこわくて 尽くしすぎて捧げすぎて 捨てられたの どんな愛でもいい すがれるものなら どんな愛でもいい やり直せるなら でもね帰れる部屋は 部屋はもうないの だから だから今夜は つき合ってよ  でもね あの人 憎めないのよ ひどい男と 言うのはやめて そうよ悲しい 嘘がなければ あの人よりやさしい人 いないはずよ どんな愛でもいい つめたくされても どんな愛でもいい そばにいられたら でもね大事な鍵(かぎ)も 鍵も返したの だから だから今夜は つき合ってよ  どんな愛でもいい すがれるものなら どんな愛でもいい やり直せるなら でもね帰れる部屋は 部屋はもうないの だから だから今夜は つき合ってよ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ライラック
  3. 366日
  4. キミがいれば
  5. Masterplan

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Masterplan
  2. 相思相愛
  3. Penalty
  4. 笑い話
  5. カリスマジャンボリー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×