試聴する

恋はぐれ

この曲の表示回数 3,261
歌手:

森進一


作詞:

鈴木紀代


作曲:

森進一


身もだえするほど 好きだった
男の背中の そっけなさ
倖せ束(つか)の間 炎の恋は
燃えて乱れて 焦がされて
ぬけがらみたいな この私

想い出忘れる ために飲み
想い出かぞえて いる酒場
隣に座った 見知らぬ男(ひと)が
惚れた男(ひと)より あたたかい
わびしさ抱えて 千鳥足

明日(あした)はあなたを 忘れたい
むなしい口癖 くり返す
あなたの足音 聞き分けられる
罪を今夜も くれた男(ひと)
ぬけがらみたいな この私
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:恋はぐれ 歌手:森進一

森進一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-06-13
商品番号:VICL-37397
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP