田尾将実作曲の歌詞一覧リスト  187曲中 1-187曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
187曲中 1-187曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
女神-MEGAMI-風輪風輪京えりこ田尾将実矢野立美あなたの笑顔で 僕は強くなれる…  朝陽はかならず 僕らを照らすだろう いつでも 顔上げてゆこう 忘れないで 生まれた奇跡 夢は叶うよ あきらめないで  ひたむきに 頑張ってきたから 君は綺麗なんだね  あなたにめぐり会えて ただ ありがとう あなたを幸せに そう 僕の女神-MEGAMI-  心が曇って 動けなくなったり 誰にもそんな日があるね 僕の胸で休めばいいさ 時には泣いて心あずけて  今日よりも明日が輝いて 笑顔あふれるように  信じた道をずっと ただ まっすぐに 進んでゆけばいい そう 僕の女神-MEGAMI-  あなたにめぐり会えて ただ ありがとう あなたを幸せに そう 僕の女神-MEGAMI-
恋をするなら風輪風輪京えりこ田尾将実矢野立美恋をするなら Moonlight 港の見える Seaside 見つめ合い キスしたり 恋をするなら Sunrise ホテルの部屋で Sky high まどろんで 朝が来る そんな憧れが 浮かんでは消えて まぼろしなのか 夢なのか 男に生まれて あなたに出会えて 素直になるだけさ あなたがほしい  恋をするなら Moonlight 異国の街を Go round 手をつなぎ 旅したい 恋をするなら My love 小さな部屋で So sweet ふたりきり 暮らしたい そんなトキメキが 僕を上げるのさ まぼろしじゃない 夢じゃない 女に生まれた 綺麗な横顔 お願い いつまでも そばにいてくれ  男に生まれて あなたに出会えて 素直になるだけさ あなたがほしい そばにいてくれ あなたがほしい
こんな時代と言わないで風輪風輪京えりこ田尾将実矢野立美もうあんな日々は ごめんだぜ 叶えてみせる 俺達の夢  今ごろしみる 人の情けが あの日の俺を とことん 叱ってくれた人  こんな時代と言わないで まだまだ 続くぜ 男道 こんな時代と言わないで 進むだけ 泣いてるヒマはない  この胸の奥に 秘めて咲く 情熱の花 いつか届けたい  「不器用だけど それでいいんだ」 あの日の俺を とことん 認めてくれた人  こんな時代と言わないで 千里の道さえ 一歩から こんな時代と言わないで 止まらずに 動いて 風起こせ  こんな時代と言わないで まだまだ 続くぜ 男道 こんな時代と言わないで 進むだけ 泣いてるヒマはない
手紙北原ミレイ北原ミレイこはまかずえ田尾将実猪股義周一言だけの 短い手紙 そっと読み返す 見慣れた文字が 愛しく見えて 涙こぼれそうよ 「ごめん」と言った あの夜の顔が 今も蘇る 流れる季節 いくつも越えて 待って待ち続けた 「元気ですか」の あなたの文字が 私を 昔に連れて行く  あなたの部屋を 訪ねてみたの 一目逢いたくて 隣の人が 教えてくれた ここにいない事を 突然知った あなたの最期 悪い夢のよう 小雨の街を 恋しい名前 呼んで呼び続けた もう逢えないと 信じたくない 旅へと 出かけているだけね  「元気ですか」の あなたの文字が 私を 昔に連れて行く
今はイントロつかさ学つかさ学鮫島琉星田尾将実矢野立美約束したように 春には花が咲く 指折り待ってる 凍える心で ふたりのLINEなら 画面の底へと消えたけど ふくらむ蕾(つぼみ)に 息を吹きかけて イントロ… イントロ… イントロ… 愛が奏でる 二重奏 イントロ… イントロ… イントロ… 今はイントロ 早く抱きしめて  降ったら降ったで 心配ばかりして 晴れたら晴れたで 今すぐ逢いたい 夕陽は沈んでも 明日(あした)は朝日になる夕陽 悩んでみたって 仕方ないからさ イントロ… イントロ… イントロ… 愛が奏でる 二重奏 イントロ… イントロ… イントロ… 先は見えない だけど幸せよ  イントロ… イントロ… イントロ… 愛が奏でる 二重奏 イントロ… イントロ… イントロ… 今はイントロ 強く抱きしめて
ヒヨコグサ金沢明子金沢明子高畠じゅん子田尾将実馬飼野俊一野ざらしの ヒヨコグサ 小さくも 白い花 喜びを 分かち合い 悲しみは うなだれて過ごしましょう いつか人生を 卒業する その日まで 手を繋ぎ あなたと あなたと  降りしきる 雨の日は ふたりして 雨を聴く 手紙など したためて 友の顔 元気かと問いかける そんな穏やかさ おんなじ日は 二度とない ほほ笑みを あなたと あなたと  今日が 過去になり 過ぎた時は もどせない 大切に あなたと あなたと あなたと あなたと
乾杯しませんか、西宮で花見桜こうき花見桜こうき石井克明田尾将実伊戸のりお花見の宴 お隣どうしだね 目と目合い はにかんだ 春の夙川で 桜のように ほほ染めて笑顔 よかったら 乾杯しませんか  夏 甲子園あたり 突然の雨になり 飛び込んだ軒先で ああ? 肩寄せ合うみたいに 濡れながら向日葵に こんな時は 大きな声で よかったら 乾杯しませんか  フラれたあのこ 慰めてるあいつ 落葉のきみを待つ 秋の甲山 友達からの片想いは続く とりあえず 乾杯 忘れなよ  冬 すってんころりん 目の前で尻をつく 差し伸べた手の先で ああ? ホの字を雪に書いた 詣での廣田神社 こんな時は 心を込めて よかったら 乾杯しませんか  年おもい寄せた 西宮駅前で すれ違うあの人に ああ? 今日 告白をしよう 一輪のバラを持ち こんな時は 素直のままで よかったら 乾杯 しませんか
人生桜歌花見桜こうき花見桜こうき石井克明田尾将実公園に立つ桜が がっかりしてる あの子の 背丈まで枝のばし 肩を抱いてあげてる  そんな夢見がまるで 自分の事のようで はじめての失敗に 桜は咲いては散る  何度でも 何度でもと 背なか押されたみたいだ  校庭に立つ桜が 傷ついている あの子の 心まで枝のばし 強く抱いてあげてる  そんな夢見がまるで 自分の事のようで  いつまでも苦しくて 桜の花言葉は  変えるのは自分自身 そう言われてるみたいだ  そんな夢見がまるで 自分の事のようで  はじめての失敗に 桜は咲いては散る  何度でも 何度でもと
鏡の花服部浩子服部浩子朝比奈京仔田尾将実猪股義周忘れられないひとがいて 踏みだせないと笑ってた あなたの背中追いかけて わたしじゃだめですか… あゝ鏡の中に咲く花に 恋しているような そんな気がして いたたまれずにうちあけた夜でした  忘れちゃいけないひとならば 忘れなくてもかまわない 一生分の勇気です わたしじゃだめですか… あゝ鏡の中の花じゃない この世の花だから そばで咲かせて ふるえる声でうちあけた恋でした  あゝ電車の音が聞こえてた あなたの胸の中 抱き寄せられて やさしい雨が降りしきる夜でした
サクラ食堂より服部浩子服部浩子朝比奈京仔田尾将実猪股義周親の恋しい十五才(じゅうご)から 励ましあった 仲でした 春の嵐が 一陣吹いて あなたさらったあの日から サクラ食堂 女手一つ ふたりの夢を 護(まも)って生きる  眠る時間を惜しむよに 働いたわね ふたりして 情けの深い この下町で おなじみさんが親代わり サクラ食堂 暖簾をあげて 倖せでした あゝこわいほど  仕事帰りの常連さん おかえりなさい 日替わりは 金目の煮つけ 卯の花添えて 超えた涙が隠し味 サクラ食堂 たそがれどきに 軒(のき)に舞う桜花(はな) あなたでしょうか
プラトニック秋元順子秋元順子田久保真見田尾将実伊戸のりお銀色の夕凪に カモメが飛ぶわ 港には哀し気な 船が似合う 人は孤独だと 知ったのはいつ? どんなに求めても 束の間と 言い聞かせても 愛してる 淋(さび)しいあなたを 何も言わないで 燃えるのが こわい プラトニックでいましょうね  くちびるを重ねれば 寒い身体に あたたかい恋の火が 灯るけれど すべて脱ぎ捨てる 勇気がないわ 心が 裸にはなれないの バーボン二杯 酔いながら 時計をふと見る 恋が始まれば 終わるのが こわい プラトニックでいましょうね  ~いつも人生は さりげなく終わる 短編小説 みたいなもの~
引き潮秋元順子秋元順子田久保真見田尾将実伊戸のりお好きな男が できたのか 黙っていても すぐわかる 嘘のつけない 女だから こんなに 愛した 夢を飲み込む 人波が ああ うつろうこの街で おまえと めぐり逢えたから それだけでいい 何も言わず 別れよう それじゃ元気で このまま 引き潮のように 消えるよ…  これが最後の 恋だろう おまえとずっと 居たかった だけど遊びの ふりをしては 恰好を つけるよ 愛に揺らめく 人波に ああ 想い出きらめいて おまえが 倖せになれば それだけでいい さみしそうな 笑い方 忘れられない それでも 引き潮のように 消えるよ… このまま 引き潮のように 消えるよ…
愛着駅小川みすず小川みすず日野浦かなで田尾将実矢田部正閉まる扉が 指をほどき 別離(わかれ)を急かす ベルが鳴る 愛しながらも この街を 離れることを どうか許して… あなた あなた さようなら でも忘れない 夢の名残り そっと心に ひとり 生きてゆくの  車窓(まど)に浮かんだ 笑い顔を 掻(か)き消すように 雪が降る 離さないよと 抱き寄せた あなたの声が 遠く聞こえる… 涙 涙 溢(あふ)れても もう戻れない 愛し合った 思い出ばかり 胸に 降り積もる  揺れる列車に この身預け 夜明けと共に みなと駅 愛に逸(はぐ)れた 海鳥も 凍えるように ヒュルリ啼いてる… あなた あなた さようなら でも忘れない 流れ着いた 見知らぬ街で ひとり 生きてゆくの
北九ブルース小川みすず小川みすず日野浦かなで田尾将実矢田部正愛した振りして 本気にさせた アイツが恋しい 夜もある にじむ涙の 門司港(もじこう)レトロ 憎い仕草が また浮かぶ あぁ… おんな泣かせる 北九ブルース  揃いの浴衣で 身を寄せ合って 心にともした 夢あかり 小倉(こくら)太鼓が 響けば胸に 思い出させる あの笑顔 あぁ… 忘れられない 北九ブルース  噂を尋ねる 京町あたり 捜せば空似の 後ろ影 みれん後引く 紫川の 夜が切なく 更けてゆく あぁ… おんな泣かせる 北九ブルース
大阪なみだ雨レイジュレイジュ高畠じゅん子田尾将実竹内弘一とても優しくされたから 未練がのこる 北の新地の夕暮れは 悲しいばかり あなたの気持ちが 離れた今も わたしは この街 大好きだから あぁ雨 雨 なみだ雨 大阪なみだ雨  レモン色した御堂筋 枯れ葉も濡れる 想い出すのは温かな あなたの胸よ 愛しちゃだめだと 言い聞かせても 抱かれてしまった 女のよわさ あぁ雨 雨 なみだ雨 大阪なみだ雨  にごり水でも淀川は 流れて海へ 夢をみたのよ幸せな ひとときでした あしたがあるよと はやりの唄が 背中を押すから うつむかないわ あぁ雨 雨 なみだ雨 大阪なみだ雨
人生はひまわりのようにレイジュレイジュ高畠じゅん子田尾将実竹内弘一わたしは辛いことから 目をそむけずにきたよ わたしはどんなことにも 誠をつくしたわ すべての過去を想うと 涙が止まらないよ けれども歌があるから 歩くよこの道 ふるさとに感謝を忘れない 離れていても 同じ空の下 母がいる 父がいる 友がいる そして今 あなたがいるのよ 太陽をあびて 大地に根をはる 人生はひまわりのように  わたしは壁にぶつかり 自信を無くしかけた わたしは暗い時代も 経験してきたわ やるべきことの半分も できてはいないけれど あしたに夢を託して 進むよこの道 ふるさとはいつでも温かい 両手を広げ 抱いて抱きしめる 母がいる 父がいる 友がいる そして今 あなたがいるのよ 太陽をあびて 大地に根をはる 人生はひまわりのように  ふるさとに感謝を忘れない 離れていても 同じ空の下 母がいる 父がいる 友がいる そして今 あなたがいるのよ 太陽をあびて 大地に根をはる 人生はひまわりのように
旅先からの手紙です若山かずさ若山かずさ秋浩二田尾将実矢野立美愛は好きなひとへ 辿り着くために はるか遠い途をさ迷うわ 雨が窓打ちつける 冬の駅 忘れたいのと 離れていても あなた あなた あなた 恋しい 募る切なさで 言葉が乱れる 旅先からの あなたへ送る 手紙です  時計の針はいつも 別離を刻んで はるか長い時間をさ迷うわ 風が胸締めつける 冬の街 わたし一人で 生きてゆけない あなた あなた あなた 逢いたい 募る愛しさで 涙あふれる 旅先からの あなたへ送る 手紙です  巡る季節が 景色を変えても あなた あなた あなた 恋しい 過ぎた夢なのと わかってるのに 旅先からの あなたへ送る 手紙です
心いくとせ三浦潤平三浦潤平岩井薫田尾将実杉山ユカリ幻を 見たのでしょうか 雨の舗道に 遠ざかる うつくし君を 追いかけた 溢れる想い 重なる日々は 君にたどると 信じてた 男と女 あるがまま ことさら愛など 語らずに  夢うつつ 彷徨いめぐり 我に帰れぬ 若き日は 乱れた髪も 愛らしい 瞳にうつる 星影ゆれて 歩き続ける どこまでも 男と女 あるがまま ことさら昨日を 語らずに  ざわめく時も 静かな時も 心いくとせ 合わせては 男と女 あるがまま ことさら明日を 語らずに
何もない手のひらは湯原昌幸湯原昌幸田久保真見田尾将実田代修二手のひらを みつめてる この手は空を 飛べないけれど そっとあなたを 抱きしめられる つまずき倒れて 踏みにじられても 生きる夢失くしても 何もない この手のひらは また 何かを つかめるから  哀しみを みつめてる 想い出だけは 消えたりしない 暗いこころの 灯火になる 友を失くしても 絆が切れても 寒い夜明けるまで 何もない この手のひらで 今 静かに 祈ればいい  人生を みつめてる 走り続けて 生きて来たけど 風に吹かれて 空を見上げよう 誰にも知られず 頑張ったことを 君だけは知っている 何もない この手のひらを ふと 繋げば ふたりになる ふと 繋げば ふたりになる
都会の迷子岩出和也岩出和也かず翼田尾将実矢野立美夕陽が街角 染める頃 今日も人ごみに 姿捜してる ふたりが別れた 理由(わけ)さえも 何故か 思い出せなくて 帰れない届かない あなたの胸には せめても一度 抱いて欲しいのに この恋が終われずに 心は彷徨(さまよ)う わたし都会の 迷子  忘れた振りして いるけれど 今日も街灯り いつかにじんでる あなたを想えば 長い夜 淋しさ 今も馴れなくて… 愛して愛された 月日は確かに そうよ二人に あったはずなのに いつの間にこの手から こぼれた幸せ わたし都会の 迷子  帰れない届かない あなたの胸には せめても一度 抱いて欲しいのに この恋が終われずに 心は彷徨(さまよ)う わたし都会の 迷子
絵空事でも門戸竜二門戸竜二田久保真見田尾将実坂本昌之泣かないで その涙 口づけでとめたいよ 泣かないで もう二度と ひとりにしないから 哀しいことが あったひとほど 優しいひとに なれるから 何も言わない あなたの過去が そう 見えるんだ 抱きしめる抱きしめる あなたの涙  行かないで 倖せが こわいのと言わないで 行かないで これからは ひとりにしないから 哀しいことが あったひとほど いつかはきっと 倖せに 花を育てて 小鳥を飼って そう 暮らそうよ 抱きしめる抱きしめる あなたの全て  倖せなんて 絵空事でも 儚い今を 生きるなら 愛と云う名の 温もりだけは そう ここにある 抱きしめる抱きしめる あなたの涙
岸和田純情門戸竜二門戸竜二田久保真見田尾将実坂本昌之眠れぬ夜更けは どこからか だんじり囃子が 聴こえてくるよ あいつは元気かな あの子はどこにいる 俺もぼちぼち やってるよ 夢など叶わぬ ままでいい 六分咲きが 丁度いい もっともっと もっと咲きたいと 思って生きてる 方がいい  殴られ倒れた 路地裏に だんじり囃子が 聴こえてたっけ 身体を傷めつけ 心の痛みから 逃げていたんだ あの頃は あの日があるから 今日がある 一人ぼっちが あつまって ずっとずっと ずっと一緒だと つないだ手と手を 忘れない  捨てられた奴は 捨てないさ 愛が何かも 知らぬまま そっとそっと そっとやさしさを 信じて生きてる 方がいい
酒場のホタル大木あつし大木あつしかず翼田尾将実水谷高志私の過去なら 尋(き)いても無駄よ ホントのことなど 言わないからと 長い髪を かきあげながら 見せる笑顔が どこか淋しい 名前は夏子 ほ ほ 蛍 酒場のホタル 今夜も漂い 恋に遊ぶのか  別れたばかりと グラスを重ね 男はしばらく 御免と微笑(わら)う 過ぎた恋の 哀しい話 聞いてあげるよ 俺でよければ 名前は秋子 ほ ほ 蛍 酒場のホタル そのうちいい奴 きっと出逢えるよ  たまにドアを 振り向きながら 誰か待つのか だけど来ないね 名前は冬子 ほ ほ 蛍 酒場のホタル 心にほんのり 灯りともる夜
抱いてくれてもいいのに大木あつし大木あつしかず翼田尾将実水谷高志別れ話にうなずく わけがないじゃない 行くなら私の 心も持ってって 明日(あした)からひとりで 生きろと言うの あなた失くしたこの部屋で この街で 抱いてくれてもいいのに 最後にもう一度 女の未練が死ぬほど 死ぬほどつらい  やっと出逢えた最後の 恋と信じてた あなたの面影 消せない胸の中 いとしさと憎さは 同じなのね 哀しすぎると涙さえ 逃げて行く 抱いてくれてもいいのに あきらめつくように あなたのぬくもり覚えて 覚えていたい  ドアを閉めても他人に なれるはずもない ふたりで重ねた 思い出どうするの 戻っては来ないと わかっていても 鍵も変えずにこの部屋で 暮らしてる 抱いてくれてもいいのに 最後にもう一度 今夜もあなたの夢見て 夢見て眠る
夢色吹雪北山たけし北山たけし北爪葵田尾将実矢野立美舞い上がれ さあ舞い上がれ ひらひら ひらひらと 夢色吹雪 虹の欠片よ さあ 解き放て  泥だらけになって 生きてみるのも悪くない 悔しさから力は 漲(みなぎ)るのさ 涙見せない事だけが 強いわけじゃない 流す涙に虹が出て 遥か遥か空に羽ばたけ 舞い上がれ さあ舞い上がれ ひらひら ひらひらと 夢色吹雪 この背に受けて さあ 立ち向かえ  向かい風はいつか 追い風になる時が来る 諦めない心で 奇跡起こせ 道が無くても踏み出せば そこが道になる 男たるもの振り向かず 前に前に進み続けろ 舞い上がれ さあ舞い上がれ ひらひら ひらひらと 夢色吹雪 虹の欠片よ さあ 解き放て
Summer Dreamer中澤卓也中澤卓也中澤卓也田尾将実坂本昌之ビーチサイドを駆け抜ける カーナビに逆らいながら 予定調和な恋よりも たまに迷う恋もしたいね  白い砂浜 裸足の女神 潮風切り裂いて  熱い日差しの中で 君と踊り明かそう 心さらけて脱ぎ捨て 夏だもの 小麦色に焼けてる 日焼けの跡にキュンと 波で濡らされ 素肌と溺れたい Summer Dreamer  あの夕日が沈むまでに 僕の気持ちを伝えたい 寄せて返す波のようだね 君の心は掴めない  麦わら帽子 スカートひらり しぶきが目に染みる  熱い日差しの中で 君と踊り明かそう ハメを外してみるのさ 夏だもの 肌と肌で感じる 言葉にならぬメロディー 奏でたいのさ この手でひと夏の Summer Dreamer  熱い日差しの中で 君と踊り明かそう 心さらけて脱ぎ捨て 夏だもの 小麦色に焼けてる 日焼けの跡にキュンと 波で濡らされ 素肌と溺れたい Summer Dreamer
Memory中澤卓也中澤卓也中澤卓也田尾将実坂本昌之木漏れ日が揺れている 風が運ぶよ ほら この街の香りが 思い出連れてくる 君はもういない  あのカフェのテラス席 笑い合ったね そう 口喧嘩もしたし 仲直りもここで 涙を誘う  君の笑顔が この手をすり抜ける いっそ忘れたいと 願うたび愛しい どこへ消えたの 抜け殻抱き寄せて 温もりを探してる 僕が見えるかな  あの日もここで 「またね」と告げたよね 約束が残った 街を出れずにいるよ 写真の君は なにかを言いたげに いつもより笑ってる 僕を包むように  新しい優しさを 見つけられたら ねぇ 僕は幸せかな 出来るわけないのに 強がりの嘘  帰り道振り向けば あの花の匂い 君がそばにいるようで
夜雨子岩出和也岩出和也かず翼田尾将実夜降る雨は 私の涙 淋しく微笑(わら)った その名も夜雨子 出逢うのが 出逢うのが 遅すぎた 恋だから 雨にぬれた 細い肩 黙って哀しく 抱きしめる  あなたのそばに いられるならば すべてを捨てると 泣いてた夜雨子 つらいけど つらいけど 明日のない 恋だから 背中向けた この俺を うらんでくれたら それでいい  最終メトロ 改札口で 別れにも一度 振り向く夜雨子 涙だけ 涙だけ 置いてった 恋だから 言えなかった さよならが 夜霧にむせんで 俺を呼ぶ
東京シネマ沢井明沢井明たきのえいじ田尾将実猪股義周お好きになさい 行きなさい 止めないから 人は誰でも 笑うでしょうね 別れ話なんか バカバカしくて 命さえも あげていいと あなただけを 愛してきたわ  古い映画のようね 愛に満ちてたあの日 二度と 二度と あの日に戻れない 街の灯りが点(とも)る 辛い心を照らす まるで 東京シネマ  わがままだけど 誰よりも 優しかった きっとあなたに 代わる人など どこにもいないでしょ この先ずっと お酒飲めば 楽しそうに いつも夢の 話をしてた  胸が張り裂ける程 もっと抱かれたかった 熱い 熱い あなたのその胸に ジャズのピアノが沁みる 窓にあなたが映(うつ)る まるで 東京シネマ  古い映画のようね 愛に満ちてたあの日 二度と 二度と あの日に戻れない 街の灯りが点(とも)る 辛い心を照らす まるで 東京シネマ
母の歌沢井明沢井明たきのえいじ田尾将実猪股義周母の声が 声が聞こえる 僕の名前 呼ぶ声が こんな秋の 日暮れ時には あなたを思い出す 貧しかったあの日 子供の為だけに 日がな一日 働いていた 身を削り  笑いながら いつも心配ないと それがあなたの 口ぐせでした だけど一度聞いた 泣いてる声を 肩寄せて眠ってた 布団の中で  ひと間だけの 狭いアパート そんな暮らし 恨んでた やっと分かる 母の苦労が あなたの歳になり 一度聞きたかった あなたの抱(いだ)いた夢 女を捨てて 生き抜いた母 いつの日も  もしも もしも 次に生まれるならば それがもしも 叶うならば せめてせめて楽を させてあげたい もう一度あなたの 子供になって  笑いながら いつも心配ないと それがあなたの 口ぐせでした だけど一度聞いた 泣いてる声を 肩寄せて眠ってた 布団の中で
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
約束中澤卓也中澤卓也石原信一田尾将実坂本昌之瞳を閉じて 君を浮かべてる 春のやさしい風が 頬を撫でて過ぎてく なぜいま独(ひと)りなの 膝をかかえているの 守りたくて 届けたくて 愛のこの歌 つながっているよ 会えなくっても 空に虹を架けて 約束の君へ つながっているよ 会えなくっても 両手伸ばしそっと 君を抱きしめ  あの頃僕ら 青い麦の穂で いつか金色になる 夢を語り明かした なぜいま壊れるの 信じあう心まで 涙ふいて 思い出して 愛のこの歌 つながっているよ 会えなくっても 海の夕陽越えて 約束の君へ つながっているよ 会えなくっても 胸の奥にそっと 君が聞こえる  つながっているよ 会えなくっても 両手伸ばしそっと 君を抱きしめ
泣かせたいひと中澤卓也中澤卓也田久保真見田尾将実坂本昌之こころに嘘を つくのはやめて 哀しいときは 泣いていいのに 涙など 捨てたのと 強い女の ふりをする  あなたが愛を 思い出すまで 抱きしめていたい  今夜あなたを 泣かせたい 少女に 戻ってほしい 凍りついてる その涙 ぬくもりで 溶かしたいよ  信じてなんて 言わないけれど 哀しいときは そばにいるから もし夢を 失くしたら きっとさがして みせるから  暗い夜空に 朝が来るまで 抱きしめてみたい  今夜あなたを 泣かせたい 想い出 流せるくらい うでまくらして その胸の 哀しみを 眠らせたい  あなたが愛を 思い出すまで 抱きしめていたい  今夜あなたを 泣かせたい 少女に 戻ってほしい 凍りついてる その涙 ぬくもりで 溶かしたいよ
青山レイニーナイト中澤卓也中澤卓也堀越そのえ田尾将実矢野立美最後もあなたは優しいね 無言で差し出す 青い傘 立ち去る背中を 五秒だけ そこから見つめていて  あなたを 憎めたら つらくはないでしょう しあわせ 祈りあう さよならだから  青山レイニーナイト 泣いて 泣いていいと 肩を濡らす雨  にじんだシグナル 交差点 ひとりで渡るの 今日からは あなたが選んだ夢だから 泣いても これでいいの  誰より そばにいて 誰より 傷つけて 誰より 深い場所 心が触れた  青山レイニーナイト どうぞ 忘れないで 今日のこの雨を  あなたを 憎めたら つらくはないでしょう しあわせ 祈りあう さよならだから  青山レイニーナイト 泣いて 泣いていいと 肩を濡らす雨
恋待ち化粧若原りょう若原りょう麻こよみ田尾将実南郷達也あなたに逢える 嬉しさに 口紅引く手が 震えます 世間をたとえ 騙(だま)しても 別れられない 今はまだ 待たされて 待ちわびて あなたに あなたに 逢いに行く  二人で暮らす 幸せを ねだればあなたに 嫌われる 男の狡(ずる)さ 知りながら 燃える女の 哀しさよ 泣かされて また泣いて あなたに あなたに 逢いに行く  ため息そっと 振りほどき 口紅も一度 引き直す 昨日のぶんも この胸を 抱いて下さい 思い切り 待たされて 待ちわびて あなたに あなたに 逢いに行く
気になるおまえ若原りょう若原りょう麻こよみ田尾将実南郷達也赤いカクテルグラス 滲(にじ)む酒場の灯り 酔えばあの面影 揺れてまた浮かぶ 潤(うる)む瞳 甘い香り なぜだか胸が せつなくて 恋するなんて 柄じゃないけど やけにおまえが 気になる夜更け  雨がそぼ降る夜に ひとつ傘差しながら 部屋に送ったよね あれは三ケ月(みつき)前 二人そっと 触れた肩の ぬくもり今も 思い出す 時々どこか 淋しさ見せる そんなおまえが 気になる夜更け  恋じゃないさと 言い分けしても やけにおまえが 気になる夜更け
冬椿こおり健太こおり健太坂口照幸田尾将実南郷達也雪の重さを 弾く音 あれは椿の 吐息でしょうか いいのいいのよ 誰よりも 愛されたくって 待つ女 あなた慕って 紅く咲く 好きよこの花 冬椿  写る女の 宿鏡 髪はみどりに 花くれないに いいのいいのよ あなただけ 困らせないわと ひとり言 身体まるごと 耳にして 紅を走らす 冬椿  時をしずかに 刻む音 あなた迎えに 小走る私 いいのいいのよ 耐えしのび その甲斐あっての 夢一夜 どんな運命(さだめ)に 遭おうとも 明日(あす)を生きたい 冬椿
初恋夜曲こおり健太こおり健太坂口照幸田尾将実南郷達也初恋は 清き流れの 水のごと いつも心に 淀みを知らず 風のまにまに ひとり偲ばん あぁ あのひとは 今いずこ  しまい湯の 母の黒髪 洗い髪 若き姿に 重なるひとよ 同じ旅路を いつか歩まん あぁ あのひとも 母なりて  夕去りて 返り来ぬ夢 数知れず 同じ道なし 男と女 同じ痛みに ひとり祈らん あぁ あのひとに 幸あれと あぁ あのひとに 幸あれと
ありがとう あなたへ中澤卓也中澤卓也里実徹也田尾将実Deep寿どこまでも 続くこの旅路を あなたと行く 希望のひかり浴びて 白いキャンバスに 夢を描こう 花咲く日が きっと来るだろう  あなたがいれば それだけでいい いつも心に 愛を歌うよ 世界でのひとつの 宝物  風に吹かれて ぬくもり抱いて あなたに贈る言葉 「ありがとう」  この声は いつでもそばにある どんな時も 二人でひとつだから 遠く彼方へと 響く歌声 時を繋ぐ 笑顔を運ぶ  目指した場所は あの大舞台 描いた夢を 掴む時まで 涙は見せずに そのままで  辛い時こそ 空を見上げて あなたのために歌う このメロディー  Lalala... Lalala...  風に吹かれて ぬくもり抱いて あなたに贈る言葉 「ありがとう」 あなたに贈る言葉 「ありがとう」
しのぶ橋こおり健太こおり健太坂口照幸田尾将実南郷達也逢いたくて 逢えなくて 女の吐息も 風になる 待って実のなる 恋ならば にくい 恋しい あなたの嘘も 許したくなる 信じたくなる 外はしぐれの しのぶ橋  愛しても 尽くしても 秋風落葉の 運命(さだめ)やら ひとの噂の 石つぶて 膝をくずせば 気弱になって 酔ってすぐ泣く 負けてすぐ泣く 待つ身悲しい しのぶ橋  悔やまない 嘆くまい 男と女の 薄氷 あなた恋しい 寝化粧も 命あかあか 色鮮やかに どうか映して どうぞその目に 夢もうたかた しのぶ橋
江の島セニョリータ中澤卓也中澤卓也堀越そのえ田尾将実伊戸のりお寄せては返す波 助手席から見てる 横顔きれいで さらいそうになる  もう 僕だけを見つめてよ 火傷しそうさ 貴女  江の島セニョリータ 年上セニョリータ 愛してる 真夏のトルネード 渚のセニョリータ 潮風ソリチュード 抱きしめて 貴女を壊したい  サンダル手に持って 砂浜歩いてる ふたつの足あと 波が追いかける  なぜ 僕の髪 撫でながら 「ダメ」と微笑む 貴女  江の島セニョリータ 年上セニョリータ ほろ苦い くちづけレモネード 裸足のセニョリータ 心はフルヌード 帰さない このまま腕の中  江の島セニョリータ 年上セニョリータ 愛してる 真夏のトルネード 渚のセニョリータ 潮風ソリチュード 抱きしめて 貴女を壊したい 抱きしめて 貴女を壊したい
さよならのかけらを集めて高倉一朗高倉一朗水木れいじ田尾将実川村栄二これを愛と信じたいけど いつも遠くを見てる あなたには 預けない まごころの鍵だけは 逢えば深く 傷つく そんなことは 知ってる 私だって 私だって 女です 夢を見たのです… さよならのかけら集め 歌にすれば哀しい 抱かれながら 憎みながら 今日も また 許してる  人は誰も 夜をさまよう 寒い旅人だから つかの間の ふれあいに ぬくもりを求めあう もしも時を この手で 止めることが できたら それだけで それだけで 幸せよ 何もいらないわ さよならのかけら集め 歌にすればいとしい 抱かれながら 祈りながら 明日(あす)も また 生きてゆく  さよならのかけら集め 歌にすれば哀しい 抱かれながら 憎みながら 今日も また 許してる
いつも昨夜のように高倉一朗高倉一朗水木れいじ田尾将実川村栄二囁くよりも 見つめて欲しい 綺麗になるの 女だから なぜ…なぜ…恋したら誰も 口紅ひとつに 迷うのか… やさしく愛して 身体(からだ)ごと あなたの吐息で 染めてよ 愛して愛して 抱きしめて いつも昨夜(ゆうべ)のように  あなたと過ごす つかの間だけが 私のすべて 生きがいなの なぜ…なぜ…幸せなくせに 涙があふれて とまらない… やさしくほどいた この髪も あなたを求めて 燃えてる 愛して愛して 私だけ いつも昨夜(ゆうべ)のように  やさしく抱いてよ うしろから 心のときめき 感じて 愛して愛して 夜明けまで いつも昨夜(ゆうべ)のように
北のたずね人中澤卓也中澤卓也石原信一田尾将実井戸のりお噂たずねて 迎えに来たよ 恥ずかしがりやの 片えくぼ きみの匂いに 時計が戻る アカシア並木 古い店 恋と 別れて気がついた 心があの日から さがしてた 小雪がちらちら 灯りがゆらゆら めぐり 逢えた この街で ごめんね今度は 離しはしないよ きみは 北の たずね人  なんで幸せ こわいと言うの まばたきする癖 泣きぼくろ 俺でよければ 甘えてくれよ すずらん色の 頬寄せて 恋は 儚(はかな)いものだけど きみだけ変わらずに いてくれた 小雪がちらちら 灯りがゆらゆら 影が ふたつ 重なるよ 泣いてもいいのさ きれいな涙さ きみは 北の たずね人  小雪がちらちら 灯りがゆらゆら めぐり 逢えた この街で ごめんね今度は 離しはしないよ きみは 北の たずね人
光と影の天秤中澤卓也中澤卓也田久保真見田尾将実若草恵まぶしい光のそばに 果てしない影がある そう 倖せの そばには涙が 美しく強く生きる あなたの人生には ねえ どれほどの 哀しみがあるの?  あなたの心 あなたの背中 あなたは僕が 支える  ずっと あなたのそばにいる 永遠よりも 二度と 心の天秤が 揺れないように  鮮やかな薔薇の花は 本当は弱いもの そう トゲを持ち 自分を守るよ 美しい花のような あなたの赤いルージュ ねえ さみしいと 言いたくはないの?  あなたの涙 あなたの痛み あなたのすべて 抱きしめ  ずっと あなたを愛してる 永遠よりも 二度と 心の天秤が 揺れないように  あなたの心 あなたの背中 あなたは僕が 支える  ずっと あなたのそばにいる 永遠よりも 二度と 心の天秤が 揺れないように
俺の愛だから中澤卓也中澤卓也石原信一田尾将実井戸のりお夜明けにきみの 泣いてる声が 聞こえたようで 目が覚めた 男だったら 振り向かないで 夢に走れと 背を向けた女(ひと) ああ 愛をごまかす 哀しい嘘さ 濡れた瞳は 正直者さ いますぐに いますぐに きみをさらいに行くよ 幸せか 不幸せか 俺が決めてやる 俺の愛だから  わがまますぎる 少年みたい いきなり抱けば 微笑んだ 赤いマニキュア 落とした爪が きれいだったよ 年上の女(ひと) ああ 肩をふるわせ さよならなんて これが大人に なることなのか おもいきり おもいきり きみのくちびる奪う 幸せか 不幸せか 俺が決めてやる 俺の愛だから  ああ 愛に未熟と 笑われたって 純(うぶ)な心を ぶつけるだけさ いますぐに いますぐに きみをさらいに行くよ 幸せか 不幸せか 俺が決めてやる 俺の愛だから
恋瀬川こおり健太こおり健太坂口照幸田尾将実南郷達也川の瀬音も 雪解け水に 嵩(かさ)を増すのね ねぇあなた 心しずかに 生きれない 女ごころに 似てますね どうぞその手で 受け止めて 堰(せき)を切る切る 恋瀬川  しのび逢う恋 あの時までは よその誰かの 物語 心しずかに 生きれない 一目逢うなり 火と燃えて 堕ちてあなたと 越えた夜 想い出します 恋瀬川  つづく山並 砂丘のように 風が雪をも 噴き上げる 心しずかに 生きれない 引いて引かれて 腕の中 どうぞその手で 抱きしめて 明日(あす)へ流れる 恋瀬川
チェウニチェウニ高畠じゅん子田尾将実鈴木豪トタン屋根を バタつかせ 雪が降り 乱吹(ふぶ)く なぜここで降りたのか どこへ ゆこうとしてるのか 昨日が今日になり 明日(あす)が来る それを奇跡と 呼びますか 消したいことは 山程だけど 頭の中から 消えないの 思い出たちに 追いかけられて ひとり泣かせてよ 涙のままに  船に一羽 海鳥が 沖をみつめてる 鉛色 荒れる波 砂をひいては 又もどす 人生途中下車 くりかえし いつも路草 したけれど 疲れた訳じゃないけど 私 心がふたつに 折れそうよ 喜こび共に 分けあう人が いたとしたならば 笑顔になれる  消したいことは 山程だけど 頭の中から 消えないの 思い出たちに 追いかけられて ひとり泣かせてよ 涙のままに
くちびるに薔薇の花をチェウニチェウニ高畠じゅん子田尾将実田代修二目覚めて窓を 開け放ち 生まれたての風を 入れましょう あなたが沸かす 珈琲の 香りが部屋に あふれあふれて 何があったの あなたの気持ち 私わかるの 顔に書いてあるもの 見ない 言わない 聞かない 100万回も愛されたから 今は 見ない 言わない 聞かない くちびるに 薔薇の花を  ケヤキに イルミネイションを 巻いた後は ワイン開けましょう 脚立の上を テーブルに カンパイしたの 帰らざる日よ 夢を見ました 綺麗な夢を 私ぬくもり 肌にきざみこまれて 泣いた 騒いだ 叫んだ 100万回も愛されたから 今は 泣いた 騒いだ 叫んだ くちびるに 薔薇の花を  見ない 言わない 聞かない 100万回も愛されたから 今は 見ない 言わない 聞かない くちびるに 薔薇の花を
愛する君へ中澤卓也中澤卓也いではく田尾将実石倉重信やさしい春の 光をあびて ギター弾き うたっているよ 明日(あした)は旅立つ 愛するあなたに 届け愛の歌 祈ってる きっとまた会える 必ず会える日がきっと来る 涙みせないで 約束信じて手を振ろう  離れていても 遠くにいても こころ糸 つないでいるよ ふたりで過ごした この町思い出 抱いて大切に いつまでも きっとまた会える 必ず会える日がきっと来る 同じ夢を見て 明日を信じて手を振ろう  こころに歌を くちずさむ時 誰も皆 ちからが湧(わ)くよ 昨日(きのう)がだめでも 明日(あした)はきれいな 花を咲かすため がんばろう きっとまた会える 必ず会える日がきっと来る 人は美しい 未来(みらい)に大きく手を振ろう
片貝海岸朝倉由美子朝倉由美子東逸平田尾将実猪股義周あの人は此処に いないけど 都会の白い 太陽に 押し戻されて きっと来る 九十九里浜 愛の街 海の青さに 染められて わたしの恋が 待ってます  片貝海岸 白ちどり 天まで跳べよ 海人の 瞳に朝が 晴れ渡る 九十九里町 そよぐ波 遠い思い出 もう一度 幸せの鐘 鳴らしたい  故郷はいつも あたたかい 離れていても 潮騒が 夜ごとの夢に 添い寝する 九十九里浜 星の街 祭り終えても この町で わたしの明日を 咲かせてね
あなた雨大木あつし大木あつし麻こよみ田尾将実伊戸のりおあなたの匂いが 今もまだ 髪にうなじに 残ります あきらめた はずなのに なんで面影 また浮かぶ また浮かぶ… 未練の涙か 音もなく 雨が降ります あなたを連れて  離しはしないと あなたから 聞いたあの日は 夢ですか 優しさに 包まれて せめても一度 眠りたい 眠りたい… お酒に逃げても つらいだけ 雨が降ります 思い出連れて  あなたを失くした 淋しさに つぶれそうです この胸が 何もかも あげたのに なんで幸せ 逃げて行く 逃げて行く… 忘れるその日は ありますか 雨が降ります あなたを連れて
待ちぼうけ港大木あつし大木あつし麻こよみ田尾将実最終フェリー 着いたのに あんたは今日も 戻らない 男はどうせ 気まぐれ鴎 どこの港で 誰といる 私いつまで 待ちぼうけ 涙がじんわり 沁みる港町  桟橋見える アパートで かれこれ二年も 暮らしたわ 男はどうせ 嘘つき鴎 今度こそはと 信じたの ばかねあきらめ きれなくて 潮風ひんやり 沁みる港町  抱かれた夜の 幸せを 返して欲しい もう一度 男はどうせ 情なし鴎 何も言わずに 飛んでった 愚痴は言わない はずなのに 涙がじんわり 沁みる港町
罪の川若原りょう若原りょう麻こよみ田尾将実南郷達也つらい噂の 飛沫(しぶき)に濡れて 沈みそうです 恋の舟 この世で添えない 運命(さだめ)です このまま このまま 続いたら あなたが あなたが 駄目になる 愛しても つらいだけ 二人渡れぬ 罪の川  きっといつかは 一緒に暮らす 夢をみました ばかでした いいのよあなたは 悪くない 想い出 想い出 抱きしめて ひとりで ひとりで 生きて行く 泣かないと 決めたのに 涙集める 罪の川  今日が最後と わかっていても 胸に未練の ひとしずく 悔やんでいません この恋を これきり これきり 別れても あなたの あなたの 女です 幸せの 向こう岸 たどり着けない 罪の川
露しぐれ若原りょう若原りょう麻こよみ田尾将実南郷達也あなたを思って また泣いて 爪の先まで 涙色 突然聞いた 別れの言葉 今でも胸が 痛みます ああぁ ああぁ 未練しずくか 露しぐれ  化粧をする気も なれなくて 今も鏡は 伏せたまま あきらめきれぬ 女の心 今すぐあなた 抱きしめて ああぁ ああぁ 恋のしずくか 露しぐれ  幸せ遮(さえぎ)る こぬか雨 なんで私に 降りしきる あなたが戻る その日を信じ 待つのは愚かな 夢ですか ああぁ ああぁ 未練しずくか 露しぐれ
茜色の恋中澤卓也中澤卓也いではく田尾将実丸山雅仁夕日がそめてる 茜の空に 浮かぶのは おさげ髪 あのこの笑顔 かならず迎えに 行くからと誓ってた ふるさとは日毎に 遠ざかるけど いまでもひとすじ 愛しているよ  灯りがちらほら 暮れゆく街の 公園の ブランコで 揺れてるこころ ふたりで歌って 歩いてた坂の道 愛の歌思い出 忘れてないか いまでもひとすじ 愛しているよ  見上げる西空 一番星が 明日もまた がんばれと 希望をくれる 別れの涙で ぬれていた塩からい キスの味くちびる 大事な宝 いまでもひとすじ 愛しているよ
東京タワー中澤卓也中澤卓也田久保真見田尾将実矢野立美東京タワーの見える部屋に 住むのが夢だったと 夜更けの街歩きながら ふいに思い出す  飛べない鳥が いることを 叶わない夢が あることを 傷つきすぎて知ったんだ 東京に来て  赤いドレスの東京タワー 綺麗だけれど 泣いてるみたい 一人ぼっちの東京タワー 私と同じだね  ほんとは誰もが淋しいから 浮かれた街つくって そそぎこんだお酒だけが 胸を埋めてゆく  絵のない絵本を 見るように 夢のない夜が ふけてゆく 失くしたものは何だろう 東京に来て  赤いドレスの東京タワー 暗い夜空に まっすぐ立って 一人ぼっちの東京タワー 孤独を抱きしめて  赤いドレスの東京タワー 都会の夜に 負けないように 一人ぼっちの東京タワー 輝き続けてる
夜の白鳥渚ひろみ渚ひろみ内田りま田尾将実鈴木豪夜の白鳥(スワン)と 呼ばれています 白い羽飾り 髪に挿してます ネオンの間に間に 漂いながら 一夜の恋を 売ってます あぁ 今度 生まれたなら あぁ 本当の鳥になるの 胸に抱いてる 白鳥(スワン)の願い いつか夜空に 落として消えた 夢を探しに 旅に出る  夜の白鳥(スワン)は 涙のジュエル ドレスの代わりに まとう星明り たったひとつの 愛が欲しくて 腕から腕へ 渡り鳥 あぁ いつも 空を見てる あぁ 誰かに抱かれながら 夜の底から 空を見ている 果てない夜の 夜のどこかに きっと優しい ひとがいる  あぁ 今度 生まれたなら あぁ 本当の鳥になるの 胸に抱いてる 白鳥(スワン)の願い いつか夜空に 落として消えた 夢を探しに 旅に出る
春待ち草走裕介走裕介石原信一田尾将実蔦将包あれからどうして いたのかと 聞けばおまえの まつ毛が濡れる 淡雪舞い散る ガラス越し 時がやさしく 昔に戻す 春待ち草が あの部屋に 薄むらさきに 開く季節(とき)だね  幸せならば それでいい いつもわがまま 泣かせてばかり 忘れたことなど なかったと 口に出せない 二年の月日 春待ち草は 冬を越え 風にそよいで 誰か待つ花  素顔のままでも きれいだよ 髪もほのかに おまえの匂い 夢より大事な 愛ひとつ 胸に抱きたい 離しはしない 春待ち草の ふたりなら 北の果てにも 咲いてみないか
嘘の積木沢井明沢井明城岡れい田尾将実伊戸のりおあなたがいつわり 重ねるたびに 笑顔がやつれる 胸の内 指輪のサイズは わかっていると 言われて信じて 三年過ぎた 一つ積んでは 言い訳を 二つ積んでは わがままを 嘘の積木が 嘘の積木が くずれる予感に おびえる私  真綿(まわた)でくるんだ やさしい嘘に 心を絞(し)められ 動けない 女の弱みを にぎった人の 寝言のつづきに 夢など見ても 一つ積まれて 許したら 二つ積まれて 泣きを見る 嘘の積木を 嘘の積木を あなたが止(や)めたら 出直せるのに  一つ積んでは 言い訳を 二つ積んでは わがままを 嘘の積木が 嘘の積木が くずれる予感に おびえる私
流れ路のブルース沢井明沢井明城岡れい田尾将実伊戸のりお雨の降る夜は 心にも お酒の雨を 降らせなきゃ 渇くこの身が やるせない ひとり ひとり ただひとり 路地から路地へと 流れ路のブルース  泣けば泣くほど 倖せは 中指小指を すりぬけて 知らぬ誰かの 薬指 だけど だけど 信じたい いつかは倖せ 流れ路のブルース  何でこの世に 生まれたか 答えを言える 人はない だから明日も また生きる ひとり ひとり ただひとり 故郷に背を向け 流れ路のブルース
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
あまのじゃく デュエットVer.沢井明&マッハ文朱沢井明&マッハ文朱たきのえいじ田尾将実強がり泣き虫 ないものねだり 想い出からくり 幸せかくれんぼ 恋はあまのじゃく 酔わせてそれっきり 恋はあまのじゃく 燃えてそれっきり 悲しいけれど 夢でもいいから 逢いにきて  愛して別れて 一幕芝居(ひとまくしばい) ときめきうつり気 心は裏返し 恋はあまのじゃく どんなに焦がれても 恋はあまのじゃく 追えば背を向ける 淋しいけれど あの日を返して あなたから  ため息ぬけがら しり切れとんぼ 寄り道潮時 明日が通せんぼ 恋はあまのじゃく 酔わせてそれっきり 恋はあまのじゃく 燃えてそれっきり くやしいけれど 私をも一度 抱きしめて
灼熱の恋の物語 ~KUMAGAYA Fall in love~チェウニ&ジョニ男チェウニ&ジョニ男さくらちさと田尾将実田代修二追いかけて 追いかけて 振りきって 振りきって KUMAGAYA Fall in love  めぐり逢えたね この街で ぼくの心は エルニーニョ あなた私に 熱視線(ねっしせん) たまらないのよ 暑過ぎて  運命(さだめ)の恋さ 偶然でしょう 胸はジンジン ヒートアイランド  激しいスコール 突然来ても 冷(さ)めたりしない この想い ああ ふたりはKUMAGAYA 灼熱の恋の物語  追いついて 追いついて 捕(つか)まって 捕まって KUMAGAYA Fall in love  赤く燃えてる 街灯り 逃(のが)れられない 熱帯夜 踊り明かそか 夜明けまで いっそシャワーを 浴びようか  妖(あや)しくひびく 熊谷ビート 恋はトキメキ 摂氏40℃(せっしよんじゅうど)  涼しい秋風 吹く日が来ても 冷(さ)めたりしない この想い ああ ふたりはKUMAGAYA 灼熱の恋の物語  追いかけて 追いかけて 振りきって 振りきって KUMAGAYA Fall in love
羽田発・最終便チェウニ&ジョニ男チェウニ&ジョニ男さくらちさと田尾将実田代修二ひとり旅なんて うそだろう 帰って来ない つもりだね 騙(だま)されたふりで 見送って このまま何も 言わないで 愛しすぎると 愛は壊れる だから 今夜 羽田発 最終便 さよなら  想い出は胸に 詰めてゆく あなたに重荷 残さない 明日(あした)から君が いなくても 残り香消せは しないけど 夢にすがれば いつか破れる だから 今夜 羽田発 最終便 さよなら  しあわせをいつも 祈ってる 戻っておいで 不幸なら もう一度そっと くちづけて 愛(いと)しい日々を ありがとう 愛のかけらは 夜空(そら)に散りばめ そして 今夜 羽田発 最終便 さよなら
冬の蝶中澤卓也中澤卓也田久保真見田尾将実若草恵儚く消えてゆく 風花が さくらの花より 好きだから 哀しく消えてゆく この恋は 一番美しい 花なの  今夜だけ あなたの その胸に とまりたい 冬の蝶  寒さなど こわくない 抱きしめた ぬくもりは 春より あたたかい  激しく降りしきる 風花が 窓辺に積もって 真っ白に 哀しく降りしきる この想い 心が真っ白に 戻るの  今夜だけ あなたの その色に 染まりたい 冬の蝶  大空に 羽ばたいて あの海も 越えてゆく あなたに 逢えるなら  今夜だけ あなたの その胸に とまりたい 冬の蝶  寒さなど こわくない 抱きしめた ぬくもりは 春より あたたかい
いつまでも どこまでも中澤卓也中澤卓也いではく田尾将実花の咲く頃 君と出会って 純(うぶ)な笑顔に ときめいて 真夏の太陽が 心に火をつけた みつめていたいよ 君ひとりだけ 何もかもすべて 捨ててもふたりで 歩きたい いつまでも どこまでも  日毎ふくらむ 恋の炎は 冬の木枯し 時雨でも 消えずにいとしさ 激しく燃えあがる 涙をふきなよ 僕を信じて ついてきて 夢を見ながらふたりで 進みたい いつまでも どこまでも  もしもこの世に 君がいなけりゃ 愛のあかりも 灯らない 空しくやるせなく 心が張り裂ける 今すぐしあわせ やれないけれど この命賭けて 誓うよふたりで 生きてゆく いつまでも どこまでも
七色ネオンは女の涙芳賀誠芳賀誠麻こよみ田尾将実伊戸のりお最初は気まぐれ 遊びの恋が いつしか本気に なってた私 浮いた噂も 聞いたけど 逢えば優しさ くれた人 七色のネオンが 涙を揺らす 別れた今も 貴方(あなた)が好きよ  貴方の嘘にも 気づいていたわ 抱かれりゃ女は 許してしまう 甘い匂いが ぬくもりが 今も心に まだ残る 七色のネオンが 思い出揺らす 今夜も何故か お酒が苦い  グラスを片手に どこかの店で 誰かを口説いて いるのでしょうね 恋に別れは 付きものと 言えば淋しさ こぼれます 七色のネオンが 面影揺らす やっぱり今も 貴方が好きよ
道端に咲く花芳賀誠芳賀誠麻こよみ田尾将実伊戸のりお小雨に濡れて 道端に 名もない花が 咲いている… 思い通りに ならないあの日 夢さえも 諦めていた ひとり眠れず 泣いた夜 道端に咲く 花のように 優しく強く 生きて行きたい  微笑むように 道端に 小さな花が 咲いている… 他人(ひと)の真心 素直に受けず 意地を張り 背中(せ)を向けて来た ひとりため息 ついた夜 道端に咲く 花のように 優しく強く 生きて行きたい  他人(ひと)の真心 素直に受けず 意地を張り 背中(せ)を向けて来た ひとりため息 ついた夜 道端に咲く 花のように 優しく強く 生きて行きたい
愛が嫌いだからチェウニチェウニ田久保真見田尾将実矢野立美愛が 嫌いだから 愛は こわいから 愛は 欲しくないと 今夜も私は 今夜も私は とても嘘つき  淋しさに 引き裂かれるの 哀しみに 溺れそうなの 愛じゃなくても 愛じゃなくても 抱き合えば あたたかい いいの いいの それだけで いいの  愛が 嫌いだから 夢は 覚めるから 恋は 終わるからと あなたを忘れる あなたを忘れる それは言い訳  叫んでも 届かないなら 許しても 届かないなら 愛していると 愛していると その胸を たたきたい ずっと ずっと 泣きながら ずっと  淋しさに 引き裂かれるの 哀しみに 溺れそうなの 愛じゃなくても 愛じゃなくても 抱き合えば あたたかい いいの いいの それだけで いいの
恋のドミノチェウニチェウニ田久保真見田尾将実矢野立美ドミノ ドドド ドミノ ドミノ ドドド ドミノ ドミノ 恋のドミノ 夢までの 導火線ね  運命の指に ふと 押された恋は 止まらない 止まらない 止められない あなたに 倒れてゆく 心が 心が 止められない  ルージュの色に 素肌が染まる 脱ぐために着る ドレスもあるわ  ドミノ ドドド ドミノ ドミノ ドドド ドミノ ドミノ 恋のドミノ 夢までの 導火線ね  運命の甘い そう 悪戯なのに 離れない 離れない 離れたくない 綺麗な 嘘でもいい 今夜を 今夜を 止められない  ルージュを熱い キスで落として 悪い女に なりたい夜更け  ドミノ ドドド ドミノ ドミノ ドドド ドミノ ドミノ 恋のドミノ 夢までの 導火線ね
彼岸花の咲く頃中澤卓也中澤卓也いではく田尾将実若草恵暑い夏が去り 秋の風が立ち 君と別れた九月がやってくる 恋の予感がしてたのに 君は突然遠い町  赤い彼岸花 逆さに吊るして 線香花火みたいねと 無邪気に笑った君に さよならと告げられた 彼岸花の咲く頃  赤い煉瓦色(れんがいろ) 洒落(しゃれ)た喫茶店 壁に飾った小さなルノアール 君に似ている一枚を 今も眺めて思い出す  珈琲(コーヒー)飲みながら ふたりで語った 映画や本の物語 切なくなつかしい日が あざやかによみがえる 彼岸花の咲く頃  赤い彼岸花 逆さに吊るして 線香花火みたいねと 無邪気に笑った君に さよならと告げられた 彼岸花の咲く頃
心変わり中澤卓也中澤卓也田久保真見田尾将実南郷達也あなたに逢って はじめて知った 走り出した愛が 止まらないこと 心変わりって 心変わりって 哀しい言葉だと 思っていたけれど 昨日よりも今夜 今夜よりも明日 もっと好きになるのも 心変わりね  愚かなほどに 逢いたくなって 逢えないだけでもう 死にたくなるの 心変わりって 心変わりって 哀しい言葉だと 思っていたけれど 春の雨に打たれ 秋の風に吹かれ もっと好きになるのも 心変わりね  心変わりって 心変わりって 哀しい言葉だと 思っていたけれど 昨日よりも今夜 今夜よりも明日 もっと好きになるのも 心変わりね
恋は砂時計北原ミレイ北原ミレイ阿久悠田尾将実あなたは きっと はしゃいでいても 孤独なひとに 違いない 心を満たす 恋に出会えずに 悪い女のふりをしている  見つめるだけで こっちへ来ない 臆病者の ひとがいる 堕(お)ちてもいいと 時に思わせて ずるい男が すぐに横向く  さらさらさらと こぼれて落ちる 男と女は 砂時計 時間という名の いたずらで めぐり逢ったり はぐれたり  寂しさだけを 体にまとい よろめきながら 歌ってる 都会の夜に 染まる横顔は 過去の三つも あると思える  楽しいだけの 男に飽きて 無口なひとを 愛しても 近づくことを 拒む顔をする 夜がこんなに 深くなるのに  さらさらさらと こぼれて落ちる 男と女は 砂時計 時間という名の いたずらで めぐり逢ったり はぐれたり  さらさらさらと こぼれて落ちる 男と女は 砂時計 時間という名の いたずらで めぐり逢ったり はぐれたり
おもいで蛍沢井明沢井明たきのえいじ田尾将実伊戸のりおあきらめましょう あきらめません ひとりぼっちに させないで ふたり暮らした 下北沢の 空も泣いてる ネオンに染まりながら おもいで蛍 おもいで蛍 そっとあの日に 飛んで行(ゆ)け おもいで蛍 おもいで蛍 どうかあの人 連れてきて  忘れてあげる 忘れられない 胸が今夜も 淋しがる 幸せそうに 人が行(ゆ)き交(か)う だけど私を 待ってる人はいない おもいで蛍 おもいで蛍 まぶた閉じれば また浮かぶ おもいで蛍 おもいで蛍 涙ばかりを また誘う  おもいで蛍 おもいで蛍 そっとあの日に 飛んで行(ゆ)け おもいで蛍 おもいで蛍 どうかあの人 連れてきて
待ちわびて沢井明沢井明たきのえいじ田尾将実伊戸のりおどうするつもり 音沙汰(おとさた)なしで こみあげる恋心 じらさないで ただ待ちわびて 淋しくて 待ちわびて 切なくて ひとりのこの部屋 愛が泣いてる 幸せのぬけがらが 目に沁みる  幸せなんて その場限りね おもいでが増えただけ 涙に変わる ただ待ちわびて むなしくて 待ちわびて 恋しくて 女でいるのが 今は悲しい 叶うならその胸で 眠らせて  鏡をのぞき 口紅引けば くちびるが熱くなる 心が燃える ただ待ちわびて 逢いたくて 待ちわびて 愛しくて どうして過ごすの 夜の長さを もう一度聴かせてよ 子守唄
手のひら鳥羽一郎鳥羽一郎麻こよみ田尾将実南郷達也やれやれ一日 終わったと 風呂から上がって 汗を拭く 女房自慢の 沢庵で 今日も晩酌 酒一合… 田んぼ畑を 守り抜き 汗水流して 働いて来た 鍬を握った 手のひら見れば 豆がつぶれて 傷だらけ グイっと冷酒 飲み干して 大きくひとつ 息を吐く この土地で生まれ この土地で育ち この土地で終わる 俺の人生  子供もそれぞれ 家を出て 今では女房と 二人きり 膝もこの頃 ガタが来て 無理もきかなく なって来た… 一緒になって 四十年 ごま塩頭を ゆっくり撫でる 子供育てて 親を見送り おまえにゃ苦労の 掛け通し 心でつぶやく ありがとう 女房のグラスに 酒を注ぐ おまえと出会い おまえに惚れて おまえと生きる 俺の人生  この土地で生まれ この土地で育ち この土地で終わる 俺の人生
雨の伊勢崎線大塚浩太朗大塚浩太朗大久保與志雄田尾将実伊戸のりお発車のベルが 鳴り響くのに いくら待っても 来ない人 伝言板に 「お元気で」 小さな文字の 走り書き あんなの約束 してたのに 手荷物ひとつ 下げながら うつむく頬に 涙が止まらない 窓から見える 渡良瀬川は 雨の川 ひとり濡れたまま 雨の伊勢崎線(いせさきせん)  片道切符 手のひら載せて 背伸びしてみる ふるさとよ 都会の街に 憧れて 電車は走る 雨の中 どんなにいばらの 道のりも 寒くて暗い 四畳半 電気がひとつ ラジオも何もない 終着駅の 浅草駅は 雨の駅 ひとり濡れたまま 雨の伊勢崎線  あんなに約束 してたのに 手荷物ひとつ 下げながら うつむく頬に 涙が止まらない 窓から見える 渡良瀬川は 雨の川 ひとり濡れたまま 雨の伊勢崎線
桜の小径山本あき山本あき石原信一田尾将実矢野立美今も瞳閉じれば 浮かぶ友の顔が いつも笑い転げて なぜか急に泣いた 思い出たちよ あれから何処へ 桜の季節に 手を振りながら あの日旅立ち 帰らない  ひとり都会(まち)でつまずき 心折れた夜は 膝を抱いているより 古いノート開く 思い出たちよ 寄せ書きの中 桜の押し花 枯れずにひとつ いまも青春 あざやかに  どこでどんな生き方 みんなしてるかしら 時が流れわかるの 胸に光るものを 思い出たちよ 離れていても 桜の舞い散る 小径(こみち)を帰れ 誰もふるさと あるかぎり  いまも青春 あざやかに
愛の旅人山本あき山本あき石原信一田尾将実矢野立美風にちぎれた落ち葉が 旅行鞄にまとわり どこへ向かえばいいのか 名前知らぬ駅よ 木枯らしを 追いかけて 雪が舞い散り 悲しみが 降りそそぐ 髪に肩に 許される ものならば 時間(とき)を戻して あなたしか この胸は 愛せないの  あなた忘れるそのため ひとり出かけた旅なの 遠く離れて気づいた こんな愛の深さ ガラス窓 なみだ文字 指でたどれば むなしさが 込み上げる 暗い夜汽車 さよならの あの言葉 嘘と答えて あなたしか この胸に 宿せないの  どこまでも 面影が 線路ゆらして 悲しみで 見えないの 旅の終わり 許される ものならば 時間(とき)を戻して あなたしか この胸は 愛せないの
俄か雨若山かずさ若山かずさ菅麻貴子田尾将実伊戸のりお雨に打たれて 誰かのもとへ 消えたあなたを 憎めない ばかよね ばかよね 未練が邪魔をする 命ひとすじ 愛したひとなのに… 倖せ何処に もうすぐ春ですね 外は俄か雨  涙こぼせば あなたが困る 生きて添えない 恋だから ばかよね ばかよね 背中にさよならを 窓に稲妻 叶わぬ夢ならば… 振り向かないわ 寄り添うひともなく 外は俄か雨  いつも二人で 通った店で 今は寂しさ 紛らすの ばかよね ばかよね ひとりで生きてくわ 命きりりと 結べば雨あがり… 倖せそこに もうすぐ春ですね 外は俄か雨
夢情話立樹みか立樹みか鈴木紀代田尾将実伊戸のりお男は女を 抱き寄せて 女は男に 抱き寄せられる 一つ枕で 燃え上がり 夜をこがして 咲く花となる やがて散るとも 知らないで それを愛だと 信じてる あえぐはじける ほとばしる 恋はうたかた 夢情話  男は女に 背を向けて 女は男に 背を向けられる 泣いて別れて 泣きくずれ 熱い吐息が 行き場を失くす やっと見つけた 赤い糸 持てばすり抜け 逃げて行く もろいはかない たよりない 恋はこの世の 夢情話  空に未練の おぼろ月 この手伸ばして 届かない ゆれるもだえる うずくまる 恋はまぼろし 夢情話
逢いたいあなた立樹みか立樹みか鈴木紀代田尾将実伊戸のりお寝ものがたりを 真に受けて 心底あなたに 惚れていた あなたにとっては ひまつぶし 私にとっては 辛い恋… 逢いたい逢わない 逢いたいあなた 逢いたい逢わない あゝ 逢いたいあなた  女ごころを もて遊び 奪ってどこかへ 行った男(ひと) 私の心に つけた火は 今でも赤々 燃えている… 消したい消せない 消したい炎 消したい消せない あゝ 消したい炎  未練ばかりが つきまとう 悲しい女に なりました 泣いても泣いても 止まらない 涙はあの日の 置き土産… 逢いたい逢わない 逢いたいあなた 逢いたい逢わない あゝ 逢いたいあなた
おんな夢北見恭子北見恭子喜多條忠田尾将実伊戸のりお忘れることが できない人は きっとわたしを 忘れているわ 妻という名の まぼろしも こころ変わりの 哀しい嘘も みんな涙が 洗ってくれた 追えば追うほど 逃げてく おんな夢  いつかあなたと 旅した宿は 夫婦(めおと)湯呑みと 揃いのユカタ 蒲団ふたつを 寄せ合って こころふたつを ひとつに重ね 夢を見ました 同(おんな)じ夢を 浮かぶ面影 せつない おんな夢  淋しさばかり 数えるクセは 今夜限りで もうやめましょう 朝が来たなら 想い出も 風にまかせる 木の葉の舟で 裏のせせらぎ 流して捨てる 未練断ち切る 旅路の おんな夢
別れの朝に…チャン・ウンスクチャン・ウンスク円香乃田尾将実伊戸のりお別れの朝に… 薄紅の カトレアを買いました 優しい花が この部屋に 穏やかな幸せを 連れて来るように いつもの Yシャツは 引き出しの 右側に めざましは かけておくわ 寝坊しないでね あなたのために 出来ること 私には私には もう何もない…  別れの朝に… 想い出は 片付けておきました あなたが帰る この部屋に 悲しみや淋しさが 残らないように 灯りは 今夜だけ 点けたまま 帰ります 真夜中に 窓の灯り ちゃんと見えるよう あなたのために 出来ること 私には私には もう何もない…  あなたのために 出来ること 私には私には もう何もない…
運命の扉チャン・ウンスクチャン・ウンスク円香乃田尾将実伊戸のりおたとえば花が 咲くように 誰かと出逢い 歩いてゆけたら 運命の シナリオ 人は一人で 生きてゆけないから 微笑み分け合う 相手探すの 一人で泣くのは もうやめて たぶん人生って 幸せになること…  たとえば花が 散るように 誰かと別れ 涙に暮れても 運命の 悪戯(いたずら) 今は明日(あした)を 信じられなくても 本当に愛する 人が待ってる 一人で泣くのは もうやめて たぶん人生って 幸せになること…  時が過ぎても どうか忘れないで 恋するときめき 恋の喜び 一人で泣くのは もうやめて たぶん人生って 幸せになること…
風のようなひとチェウニチェウニ田久保真見田尾将実美野春樹閉め忘れた 窓から 忍び込む 夜を見てた あなたは綺麗な 指先で 私の心を さらってしまった  風のように 風のように あなたは つかめない 抱きしめたのに 消えてしまった 倖せは どこに 愛も…夢も…風も… 通り過ぎて ゆくだけ  開け放した 窓から 逃げてゆく 恋を見てた あなたの気まぐれ ゆるしたら 散らばる想い出 あつめて遊ぶわ  風のように 風のように あなたは 冷たいの 見えないものが 欲しい女は 哀しみを 背負う 愛も…夢も…胸に… 置き去りに なるだけ  愛してるの 愛してるの 愛して ほしかった 抱きしめたのに 消えてしまった 倖せは どこに あなた…あなた…あなた… 風のような 恋人
愛のまねごとチェウニチェウニ田久保真見田尾将実矢野立美それは 恋じゃなくて それは 夢じゃなくて それは まねごと 淋しい男と 淋しい女の 愛のまねごと  抱きしめて それだけでいい 抱きしめる それだけでいい 哀しいことは もう見たくないから 瞳を 閉じた ままで  だけど 嘘じゃなくて だけど 夢じゃなくて だけど まねごと 優しいあなたと 苦しい私の 愛のまねごと  愛さない 言い聞かせてる 信じない 繰り返してる 最後の恋は 誰にも言わないの くちびる 噛んだ ままで  愛してる こころで泣いて 行かないで こころで叫ぶ 哀しいことは もう見たくないから 瞳を 閉じた ままで
デラシネ~根無し草~門戸竜二門戸竜二田久保真見田尾将実矢野立美人は愚か者ね 水に映る月は つかめない運命だと 知っているのに 同じあやまち 同じあやまち また繰り返す  あなたの心が 欲しいなんて 本当のことは 言えやしない  デラシネ 根無し草は デラシネ 流れてゆくだけ デラシネ 帰る場所がないから 流れてゆくだけ  好きなくせに逃げる 欲しくなれば捨てる 哀しいと笑うクセ 傷つきすぎた そんなあたしの そんなあたしの 生きる術なの  産まれた時にも 泣かなかったの 嘘つきだから ごめんなさい  デラシネ 根無し草は デラシネ 流れてゆくだけ デラシネ こんな時代の隙間を 流れてゆくだけ  デラシネ 根無し草は デラシネ 流れてゆくだけ デラシネ 夢につかまりながら 流れてゆくだけ
浮き草かぞえ唄門戸竜二門戸竜二田久保真見田尾将実矢野立美ひとつ ひたすら 淋しくて ふたつ ふところ 空っぽで みっつ 見事な どん底で よっつ 夜明けを 眺めましょう 月は三日月 空飛ぶ船か 迎え酒する さかずきか 渡り鳥さえ 群れを離れりゃ 浮き名ながせる はぐれ鳥 いつつ いい人できたけど 根無し 金なし 愛想なし シャンシャンシャン やれ シャンシャンシャン シャンシャンシャン それ シャシャンがシャン 浮き草同士で丁度いい  むっつ 無情な 世の中で ななつ なみだも 枯れ果てて やっつ ヤケクソ ヤケッパチ ここのつ 今夜は 騒ぎましょう ちょいとお待ちよ ふらりふらふら 酔っているのか 赤とんぼ カモメどこ行く 千鳥足だよ 白いお顔が にくらしい とうで とうとう通せんぼ 根無し 夢なし 待ったなし シャンシャンシャン やれ シャンシャンシャン シャンシャンシャン それ シャシャンがシャン 不幸なくらいで丁度いい  シャンシャンシャン やれ シャンシャンシャン シャンシャンシャン それ シャシャンがシャン 浮き草同士で丁度いい  シャンシャンシャン やれ シャンシャンシャン シャンシャンシャン それ シャシャンがシャン 浮き草同士のかぞえ唄
青いダイヤモンドGOLD LYLIC中澤卓也GOLD LYLIC中澤卓也田久保真見田尾将実川口真涙が流れて とまらない 明日がどこかも わからない それでもいいさ 想い出だけは けして 消えたりはしないから  君に逢えたから 今の僕がいる ダイヤモンドだね 涙に磨かれ 心は光るよ 悲しみにあうたび 輝くよ  どうして二人は 出逢えたの どうして二人は 別れるの いつかはきっと わかるのだろう それを 運命と呼ぶのだろう  君に逢えたから 今の僕がいる ダイヤモンドだね すべての時間は 心に刻まれ 宝物みたいに 輝くよ  君に逢えたから 今の僕がいる ダイヤモンドだね 涙に染まって 心が青いよ 逢いたくてこんなに 淋しいよ 青春と言う名の 青さだね
黄昏に中澤卓也中澤卓也田久保真見田尾将実南郷達也一つ一つ 点いてゆく 街の灯り 眺めてる 風の中に 夕食(ゆうげ)の香り おまえを思い出す 疲れ切った 街を染めてく 黄昏のように おまえだけが この人生に 寄り添ってくれた しみじみと 風に吹かれて 心の中で ありがとう  悔やむことは 何もない いつも夢を 信じてた 走るように 生きてきただろ? 自分に聞いてみる 疲れ切った 街を包んだ 黄昏のように おまえだけが 苦しい時も 寄り添ってくれた 言葉では 照れくさいから 心の中で ありがとう  疲れ切った 街を染めてく 黄昏のように おまえだけが この人生に 寄り添ってくれた しみじみと 風に吹かれて 心の中で ありがとう 心の中で ありがとう
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
泥船KenjiroKenjiro田久保真見田尾将実矢野立美この恋は 泥船だと はじめから 分かっていたわ それでもいいの あなたとふたり 沈むなら 怖くなかった 悪い男と みんな言うけど ほんとは優しくて 弱虫  お金など 紙切れだし 燃やしても あげても同じ 何でもいいの あなたがそれを 欲しいなら 全部いらない 一人ぼっちの あなたと私 ふたりになれそうな 夢見た  この恋が 泥船でも 最後まで 離れたくない 泣いてもいいの 涙の河で 溺れても たとえ死んでも 愛していると 言わないあなた だまして欲しいのに 弱虫
25時の鏡KenjiroKenjiro田久保真見田尾将実矢野立美愛という名の 毒リンゴ 齧(かじ)ったあなたは ねむりつく 化粧が落ちた わたしの顔は 泣いてるようと ふと思う 鏡よ鏡 世界で一番 鏡よ鏡 さみしい女は だあれ だあれ  胸の隙間を 埋めるのは かすれる吐息か 絶望か 傷つきすぎた 男はみんな サヨナラばかり 繰り返す 鏡よ鏡 世界で一番 鏡よ鏡 哀しい男は だあれ だあれ  手足からませ すがりつく 引き離されれば 千切れるの 見えない心 欲しがるよりも 温もりだけが あればいい 鏡よ鏡 永遠よりも 鏡よ鏡 愛しい今夜を 見せて 見せて
あまのじゃく沢井明沢井明たきのえいじ田尾将実伊戸のりお強がり泣き虫 ないものねだり 想い出からくり 幸せかくれんぼ 恋はあまのじゃく 酔わせてそれっきり 恋はあまのじゃく 燃えてそれっきり 悲しいけれど 夢でもいいから 逢いにきて  愛して別れて 一幕(ひとまく)芝居 ときめきうつり気 心は裏返し 恋はあまのじゃく どんなに焦がれても 恋はあまのじゃく 追えば背を向ける 淋(さみ)しいけれど あの日を返して あなたから  ため息ぬけがら しり切れとんぼ 寄り道潮時 明日が通せんぼ 恋はあまのじゃく 酔わせてそれっきり 恋はあまのじゃく 燃えてそれっきり くやしいけれど 私をも一度 抱きしめて
ぬれて京橋沢井明沢井明たきのえいじ田尾将実伊戸のりおどうかあなたが 先に出て行って ここから見送るわ 涙流せば 別れづらくなるでしょ ぬれて京橋 男と女 愛が辛い ぬれて京橋 雨の向こうに あの頃が見えてくる 優しかった そんなあなたの姿が  二度と誰かを 好きにならないわ 心がちぎれそう 愛の迷(ま)い子を ひとり抱いて佇む ぬれて京橋 襟を立てても 胸が寒い ぬれて京橋 私残して 幸せが逃げてゆく 楽しかった おもいでばかり残して  ぬれて京橋 男と女 愛が辛い ぬれて京橋 雨の向こうに あの頃が見えてくる 優しかった そんなあなたの姿が
蛍火の恋若山かずさ若山かずさ菅麻貴子田尾将実丸山雅仁逢えて嬉しい 枕を照らす 蛍みたいな 雪を見る 今がしあわせ 恋一夜 死ぬほど愛した 男(ひと)だから 燃えて焦がれる 蛍火の恋  明日(あす)を欲しがる 女の夢は 胸にしまって 聞く寝息 今がしあわせ 恋一夜 悔やんでいません 悔やまない 肌も恥じらう 蛍火の恋  真心(こころ)たたんで あなたに渡す 受けてください 命ごと 今がしあわせ 恋一夜 あとには戻れぬ さだめゆえ あなたひとすじ 蛍火の恋
雨の舟宿こおり健太こおり健太麻こよみ田尾将実南郷達也雨の舟宿 忍び逢い 胸に涙の 露しずく つらい噂に 流され泣いて 泣いて明日(あした)は 他人の二人 添えぬ運命(さだめ)の 恋の川  川の岸辺に 寄り添って 暮らすことなど 夢でした 秘めた恋なら なおさら燃えて 燃えて哀しい 女の心 抱いて下さい もう一度  白い障子に また揺れて 泣いているよな 川柳(かわやなぎ) 二度と逢わない 心に決めて 決めてあなたを 見送る私 別れ急かせる なみだ川
霧雨の街こおり健太こおり健太麻こよみ田尾将実南郷達也他の誰かと 寄り添い歩く 髪の長さも 短く変えた うしろ影 今さら君に 会えるはずない 迎えに来るのが 遅すぎたよね 哀しみが 降りしきる 霧雨の街  つらい気持ちも わかってやれず 甘え過ぎてた 君の一途な 優しさに 幸せひとつ やれないままで 男の弱さを 許して欲しい 淋しさに 立ち尽くす 霧雨の街  二人の月日 戻るはずない 迎えに来るのが 遅すぎたよね 想い出が 降りしきる 霧雨の街
恋姫オルリコオルリコ荒木とよひさ田尾将実萩田光雄夢見しあの頃は 恋に恋してた 想い出が増えてくそれが 人生だと知らずに 哀しい終りでも 輝いたわたし 心の思うままに 生きてきたの今日まで 1ダースの恋よりも あなただけは重たい 逢えなくて 泣きぬれて 迷子になりそうな時も I MISS YOU 忘れはしない…わたしは恋姫  若さは自由だと みんな言うけれど 切なさや淋しさそれが 人生だと気づけば めぐり逢い別れても 優しさを残し 愛よりも深いものが 胸の奥で生れる 1グラムの星よりも あなただけは永遠 遠くても 好きだから 明日が見えない時も I MISS YOU 忘れはしない…わたしは恋姫  逢えなくて 泣きぬれて 迷子になりそうな時も I MISS YOU 忘れはしない…わたしは恋姫 わたしは恋姫
紫陽花の詩上杉香緒里上杉香緒里田久保真見田尾将実女は紫陽花 みたいなの 涙に打たれ きれいになれると 恋を失くして 泣いている 私にそっと 言い聞かせて 守ってくれた 母さんでした  だんだん だんだん 無邪気に 戻るあなたを 今度は私が 守って生きます  母さんが 雨の中 紫陽花に水やりしてる もういいよ 大丈夫 差し掛ける ちいさな傘よ  自分の心を 捨ててまで 女は家を 守るものですか 古い時代を つらぬいて 涙も見せず ただひたすら 育ててくれた 母さんでした  だんだん だんだん 忘れて しまうあなたが 哀しみ忘れて ゆけたらいいのに  母さんが 濡れながら 紫陽花に水やりしてる もう部屋に 入ろうよ 抱き寄せる ちいさな肩よ  母さんが 優しげに 紫陽花に水やりしてる 大丈夫 大丈夫 抱き寄せる ちいさな肩よ
問わず語り西崎緑西崎緑たきのえいじ田尾将実矢野立美どこへ帰るの 何を急ぐの 幸せそうな人の波 こんな日暮れは 淋しいと 思い出ばかり なぞってる  もしも もしもあの頃に 戻れる汽車が あったなら 問わず語りに あなたを浮かべ 問わず語りに 涙ぐむ  ふたり暮らした 部屋はいつでも あの日のままに しています 秋もすっかり 冬になり 心の中に 月が舞う  どこにいるの ねえあなた 今夜は夢で 逢いに来て 問わず語りに 鏡を見つめ 問わず語りに 紅を引く  もしも もしもあの頃に 戻れる汽車が あったなら 問わず語りに あなたを浮かべ 問わず語りに 涙ぐむ
桜草西崎緑西崎緑たきのえいじ田尾将実矢野立美人目にふれもせず 咲く花は 誰に思いを 告げるやら あきらめました あなたの事は 追えば不幸に なるばかり 桜草 濡れて桜草 ひそやかに ただ咲き誇る 桜草 ゆれて桜草 雨に染まりながら  化粧で隠しても 隠せない 辛い心まで 未練まで 幸せでした あなたに逢えて うしろ髪引く おもいでが 桜草 泣いて桜草 戻れない あなたの元に 桜草 燃えて桜草 七日だけの命  桜草 濡れて桜草 ひそやかに ただ咲き誇る 桜草 ゆれて桜草 雨に染まりながら
2時間だけのルージュチェウニチェウニ田久保真見田尾将実矢野立美もしもあなたが もっと悪い男だったら もしも私が もっと強い女だったら これ以上愛したら 戻れなくなるから これきりでこれきりで さよならするでしょう  2時間だけのルージュ あなたの好きな色で 2時間だけのルージュ 秘密の自分に なりたいの  せめて今だけ あなたの胸で 愛に生きる 女になりたい  うすい手帳に しるす星は愛された夜 ただのアダムとイブに なって戯れる夜 これ以上愛したら 戻れなくなるのに もう一度もう一度 逢わずにいられない  2時間だけのルージュ 激しいキスが欲しい 2時間だけのルージュ あなたの私に なりたいの  せめて今だけ 哀しみ忘れ 夢に生きる 女になりたい  2時間だけのルージュ あなたの好きな色で 2時間だけのルージュ 秘密の自分に なりたいの  せめて今だけ あなたの胸で 愛に生きる 女になりたい
山吹の花こおり健太こおり健太麻こよみ田尾将実南郷達也もしも世間に 知れたなら 別れる覚悟の 私です つらい噂が たたぬよに 息を秘(ひそ)めて 待ちわびる 咲いて実らぬ 山吹の 花に重ねる 恋ひとつ  ふたり暮らせる 約束は 望みはしません せがまない 無理を言ったら 嫌われる 今はいいのよ このままで 色も優しい 山吹の 花に聞かせる ひとり言(ごと)  風の音にも あなたかと 浮き立つ心が 哀しくて にじむ涙を 唇で 拭いてください 今すぐに 八重に咲いても 山吹の 花も淋しい 露しぐれ
風の道こおり健太こおり健太麻こよみ田尾将実南郷達也今は冷たい 風さえも いつかは背を押す 風になる 何度も夢に つまずいて 何度も心が 傷ついて それでも今日まで 生きてきた これからも これからも 迷わずに歩く どんな時も信じたい ひとすじ風の道  いつも変わらぬ あの人の 笑顔の優しさ あたたかさ ひとりじゃ何も できなくて ひとりじゃ明日(あした)が 遠すぎて 心を寄せ合い 生きてきた これからも これからも 迷わずに歩く どんな時も信じたい ひとすじ風の道  も一度夢を 抱きしめて も一度心を あたためて 大地を踏みしめ 生きてゆく これからも これからも 迷わずに歩く どんな時も信じたい ひとすじ風の道
東京メランコリーチョン・テフチョン・テフかず翼田尾将実伊戸のりおどうして別れたのか 風が尋ねるけれど 悪いのは僕の方 分かっている 君を抱きそびれては 酔いつぶれて眠った 荒れていたあの頃を 悔やんでいる だから東京 東京 つらいけど 君がどこかに どこかに いる限り この街捨てられない 部屋さえ替えられない 君を 待てばメランコリー  ダメな男さ君の 淋しさも知らないで 言葉などいらないと 自惚れてた 君が去っていく朝 さよならも言えなくて 無くしては気づくのか 大事な物 ひとり東京 東京 彷徨えば 君の噂が 噂が 風になる 探していけないなら 電話も変えたのなら なんで 夢で逢いに来るの  だから東京 東京 嫌いでも 君がどこかに どこかに いる限り この街捨てられない 部屋さえ替えられない 君を 待てばメランコリー  君の そばで眠りたい
ゆずれない愛チョン・テフチョン・テフかず翼田尾将実伊戸のりおあなたの心に 誰かいることは 出逢った時から 感じていたわ 遠くを見つめる 瞳がつらいから わたし哀しく はしゃいでみせる 愛して愛して 愛しても 胸の隙間が 埋まらない 何処にも何処にも 行かないで 今のわたしには あなたがすべて そうよこの愛 ゆずれない愛  涙の止め方 上手くなるたびに 女は大人に なるのでしょうか 知りたくないのよ あなたの思い出は 聞けば何かが 壊れてしまう 抱かれて抱かれて 抱かれても なぜか淋しさ 消せなくて 体は体は 嘘をつく なんて儚いの ぬくもりなんて だけどこの愛 ゆずれない愛  愛して愛して 愛しても 日毎あなたが 遠くなる 忘れて忘れて 過去なんて 今のわたしには あなたがすべて そうよこの愛 ゆずれない愛
リチャードギアにはなれないけれど因幡晃因幡晃上田紅葉田尾将実塩入俊哉生まれて初めて花屋へ行った 生まれて初めて薔薇を買ったよ 何度も覗いては 通り過ぎた店先 戸惑いの掌に 一本の薔薇  くちには出せずに 愛の言葉を いつもはぐらかしてたよ いとしい君に… リチャードギアにはなれないけれど たった一本の薔薇に 数え切れない愛をこめて…  生まれて初めて口づけをした 少年みたいな胸の高鳴り 二度目のプロポーズ どんな顔をするかな 日の暮にうつむいた 一本の薔薇  まっすぐ咲いてた 僕の隣で 君はいつでもいつでも 優しく強く… 無口が取り柄だけれど… たった一本の薔薇に 数え切れない愛をこめて…  残りの人生 君と小さな 夢を育ててゆきたい この空の下 リチャードギアにはなれないけれど たった一本の薔薇に 数え切れない愛をこめて…
夜のピアスKenjiroKenjiro田久保真見田尾将実矢野立美こんな俺と居たら 不幸になると 口癖みたいに 繰り返すけど 倖せが 欲しいなら欲しいなら あなたを 愛したりしない  男なんて まるでピアス いつの間にか 失うだけ 男なんて 夜のピアス 心の穴に 飾るだけ  ダイヤモンドじゃなく あなたはガラス 生まれる運命(さだめ)は 選べないけど 安っぽい ひかりでもひかりでも あなたは 私の宝石  男なんて まるでピアス 熱い肌を 突き刺すだけ 男なんて 夜のピアス 哀しい夢に 飾るだけ  あなたなんて まるでピアス 涙よりも 輝くだけ あなたなんて 夜のピアス 心の穴に 飾るだけ
大阪れいんぼうKenjiroKenjiro田久保真見田尾将実矢野立美砂糖にむらがる アリのよに ネオンに集まる 人の群れ 夢は七色 大阪れいんぼう 虹は消えると 知ってても 見ればきれいと 思うのさ あなたという名の 虹を見た  どぎつい化粧を してるのは 泣きたい夜更けに 決まってる 夢は何色 大阪れいんぼう あんな男と 言いながら 強いお酒で ごまかして 誰かに抱かれて 眠るだけ  少女にもどれや しないけど こころのバージン 捧げたの 夢は七色 大阪れいんぼう 嵐あらしの 人生の 寒さしのぎの まぼろしに あなたという名の 虹を見た
あなたのとなりにはオルリコオルリコ喜多條忠田尾将実若草恵星がきらめく こんな夜は 遠いあなたを 想い出す ヒナゲシの花束や 春の淡い約束も  人は何故に 出逢うのですか 何故に別れるの 夢の名残り いとしむように 街の灯りが揺れて  あなたのとなりには 今はもう 寄り添えないの あなたのとなりには 私と違う 愛の言葉を 紡ぐ人が居る  風にあなたの 名を呼べば 夜の黙(しじま)に消えてゆく しあわせに気付かない 幼なすぎた恋でした  二人だけで見つけた星は 二つ寄りそって 涙いろの銀河の中で 今もきらめいている  あなたのとなりには 今はもう 寄り添えないの あなたのとなりには 私と違う やさしい笑顔 あげる人がいる  あなたのとなりには 今はもう 寄り添えないの あなたのとなりには 私と違う 愛の言葉を 紡ぐ人が居る
菜の花湯原昌幸湯原昌幸田久保真見田尾将実矢野立美哀しいほど澄んだ 青空が広がる 親孝行を気取った 最後のドライブ 菜の花畑 指さす 少女のような横顔 僕を忘れ 自分を忘れても 花の名前 覚えてたお袋  ずっと大人になれなかった 僕と そっと子供に戻ってゆく あなたと 並んで座り 見つめよう 風に揺れてる 一面の菜の花  想い出にも遥か 青空は広がる 学校帰りころんだ でこぼこ砂利道 泣き虫だった 僕は いつも走って帰った 笑いながら おかえり言いながら 花の中で 手を振ったお袋  ずっと大人になれなかった 僕も やっと大人に なれるというのだろうか 小さくなった 肩越しに 遠く揺れてる あの頃の菜の花  ずっと大人になれなかった 僕と そっと子供に戻ってゆく あなたと 親父の好きな 花だった 風に揺れてる 一面の菜の花
アイラブ東京花見桜こうき花見桜こうき石井克明田尾将実清水信之まるで貴方は東京 憧れの男(ひと)よ 祈る様に捧げた 大切な操(もの) 大人になる為 傷付く事さえ 貴方となら 怖くないわ アイラブ東京 三宿 恵比寿 中目黒(なかめ) 下北沢(しもきた)で 貴方に愛されたから 強くなれたわ アイラブ東京 忘れられないの 私を女に変えた この街を  ほんと貴方は東京 冷たい男(ひと)ね 私に夢を魅せて どこかに消えた 他の男(ひと)知った 今の私にも 心の奥 秘めさせたの アイラブ東京 高田の馬場 野方 永福で 貴方の匂いがしたの 振り向いてみた アイラブ東京 今もこの街で 貴方に出会えるような 気がするの  大人になる為 傷付く事さえ 貴方となら 怖くないわ アイラブ東京 三宿 恵比寿 中目黒(なかめ) 下北沢(しもきた)で 貴方に愛されたから 強くなれたわ アイラブ東京 忘れられないの 私を女に変えた この街を
風の午後北原ミレイ北原ミレイ城岡れい田尾将実若草恵木枯らし窓辺を打ち 舗道が見える席 全てがあの日のまま あなたがいないだけ 泣いて泣いて 待って待って すこし慣れた 悲しみに 嘘など許せたら 愛はつづいたのに… 風の午後 吹き溜まり 誰も急ぎ足 風の街あてもなく ひとり彷徨(さまよ)う私  粉雪両手に受け 肩寄せ歩いてた 突然くちづけされ ぬくもり分けた日よ 泣いて泣いて 待って待って 胸の痛み 抱きしめる 上手に甘えたら 夢はつづいたのか… 風の午後 セピア色 時が立ち止まる 風にさえ負けそうな 瞳うつろな私  泣いて泣いて 待って待って やっと晴れた 冬の空 嘘など許せたら 愛はつづいたのか… 風の午後 石畳 過去を乗り越えて 風の中未来(あした)へと ひとり生きてく私
恋はおとぎ話純烈&西田あい純烈&西田あい田久保真見田尾将実石倉重信愛しすぎてはいけないと 自分の気持ち おさえてた 愛され方が わからない ひとりが似合うのよ ごめんなさい  こころに火をつけて ため息で吹き消す も一度火をつけて 二人で燃えようよ  ひとりが好きと 言わないで 愛していると 言わないで 優しい嘘を つかないで 恋は夢のひとつ  信じすぎたら 傷つくと わかっていても かまわない 愛しあっても 最後には ひとりに戻るのよ ごめんなさい  無理やり口づけて くちびるを噛むかも それでも口づけて 二人で燃えようよ  ひとりになると 言わないで 信じていると 言わないで 優しい嘘を つかないで 恋は夢のひとつ  こころに火をつけて ため息で吹き消す も一度火をつけて 二人で燃えようよ  ひとりが好きと 言わないで 愛していると 言わないで 優しい嘘を つけばいい 恋はおとぎ話
春知らず西崎緑西崎緑たきのえいじ田尾将実矢野立美じれったい… 待つだけ待たして これを未練と 呼ぶのでしょうか あなたを浮かべて まぶたを閉じれば 心は涙の 海になる  夢をあんなに ふりまいて 置いてきぼりに するなんて 桜咲いても 春知らず 春だと云うのに 春知らず  しょうがない… 心と心は 一度切れたら 結べはしない それでもあなたを 嫌いになれない 愛しさ憎さの 板ばさみ  桜並木に ふたりづれ しあわせそうに 歩いてる 桜咲いても 春知らず 独りが淋しい 春知らず  夢をあんなに ふりまいて 置いてきぼりに するなんて 桜咲いても 春知らず 春だと云うのに 春知らず
都会のおとぎ話西田あい&純烈西田あい&純烈田久保真見田尾将実石倉重信恋のさみしさ知って 愛の苦しみ知って 胸の痛みで 眠れないの  恋の呪文をとなえ 愛の魔法をかけて 君の悲しみ 消してあげる  みつめて そらして みつめて いやよ 抱きしめて  人生はいつも 短いから ささやかな夢を おとぎ話を…  鏡にうつる顔は きっと世界で一番 つらく悲しい 女だから  恋のぬくもり伝え 愛のくちづけ届け 君の幸せ 目覚めさせる  信じて こわいの 信じて いやよ 抱きしめて  人生はいつも 短いから あざやかな夢を おとぎ話を…  みつめて そらして みつめて いやよ 抱きしめて  人生はいつも 短いから ささやかな夢を おとぎ話を…
女の口紅こおり健太こおり健太麻こよみ田尾将実南郷達也愛しても 愛しても 届かない いつか口紅(べに)さえ 色褪せて 夜が更ける あなた二人は 終わりでしょうか あぁ 今夜も待たされて それでも信じたい ばかですね この胸を この指を あたためて欲しい  淋しくて 淋しくて 涙ぐむ 逢えば優しく 抱きしめて くれる人 あなた私と 遊びでしょうか あぁ 何度も泣かされて それでも逢いたくて 直す口紅(べに) ため息を 悔しさを あたためて欲しい  あなた明日は 逢えるでしょうか あぁ 心が寒すぎて ひとりじゃ眠れない ばかですね この命 この愛を あたためて欲しい
面影哀愁こおり健太こおり健太麻こよみ田尾将実石倉重信ガラスの窓に 降る雨が 今夜も想い出 連れて来る 赤い唇 震わせて 涙で送って くれた女(ひと)…… 胸に面影 また浮かぶ あれから何年 過ぎたのか ひとりとまり木 酒に酔い ゆらゆらあの日に 戻る夜  幸せやれる あてもなく 一緒に来いとは 言えなくて 馬鹿な男の 身勝手を 悔やんでみたって 遅すぎる…… にじむため息 この俺を 今でもおぼえて 覚えているだろか 逢えるはずない もう二度と ゆらゆら灯りが うるむ夜  胸に面影 また浮かぶ あれから何年 過ぎたのか ひとりとまり木 酒に酔い ゆらゆらあの日に 戻る夜
俺でよかったのか湯原昌幸湯原昌幸田久保真見田尾将実竜崎孝路なぜだろう 思い出す お前の笑った顔ばかり なぜだろう あんなにも 泣かせてきたのに  一度も聞けずに だけどずっと 聞きたかった ことがある ことがある  俺で… 俺でよかったのか 何も… 何もしてやれないままで お前は お前は幸せだったのか  哀しみは 果てしない 泣くだけ泣いても終わらない 哀しみを 抱くように 枕を抱こうか  遙かなお前に 届くように 星を見上げて 言ってみる 言ってみる  ずっと… ずっと愛してたよ いつも… いつも心で言うだけで どうして どうして 口に出せないまま  季節が過ぎても 同じ場所で お前だけを 探してる 探してる  俺で… 俺でよかったのか 何も… 何もしてやれないままで お前は お前は幸せだったのか
泣きまねチャン・ウンスクチャン・ウンスク田久保真見田尾将実伊戸のりお心のすき間 吐息で埋めて 生きる女だから いいの いいの はじめから終わる 運命(さだめ)の恋が 終わっただけのこと そうよ 悲しくなんてない  泣きまねしてるから どうぞ 出て行って 泣きまねしてるだけ 涙が こぼれても 泣いてない 泣いてない これは泣きまねよ  愛してみても 別れてみても 一人ぼっちだから いいの いいの このひとはきっと 違うだなんて 夢見ただけのこと そうよ 分かっていたことよ  泣きまねしてるから はやく 捨て去って 泣きまねしてるだけ 可愛い 女には なれないの なれないの これは泣きまねよ  泣きまねしてるから どうぞ 出て行って 泣きまねしてるだけ 涙が こぼれても 泣いてない 泣いてない これは泣きまねよ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
純粋エゴイストチャン・ウンスクチャン・ウンスク田久保真見田尾将実伊戸のりおあなたがもっと 悪い人なら良かった 私をもっと 傷つけてくれたら良かった 倖せに 慣れていない女は 優しすぎる人が 嘘つきに見える  赤いワインを 胸にこぼせば こころの傷が 血をながす  私エゴイストなの 強がりだけが 自分を守る 生き方だから 私エゴイストなの 哀しいけれど 素直になんて 今さらなれない  私がもっと 甘えられたら良かった あなたにもっと 淋しいと言えたら良かった 倖せを 信じられない女は 綺麗すぎる夢を こわしたくなるの  ずっとひとりで 生きてきたから ふたりになんて なれないわ  私エゴイストなの さよならだけが 自分を守る 生き方だから 私エゴイストなの 愛してるから 捨てられるより 捨てる方がいい  私エゴイストなの 強がりだけが 自分を守る 生き方だから 私エゴイストなの 哀しいけれど 素直になんて 今さらなれない
夜光虫KenjiroKenjiro田久保真見田尾将実矢野立美もっと上手に だましてくれたら つかの間の夢と 割り切るのに 嘘が下手なひと だから憎めなくて どうしたらいいか わからなくなる  暗い涙の海に浮かぶ この恋は 青い炎で 燃える夜光虫 いいのそれで いいのそれで 哀しい恋の方が 好きよ  もっと上手に 生きてゆけるなら さらりと別れて 忘れるけど 愛されていると 今も信じたくて もう一度だけと 抱かれたくなる  眠るあなたの肌に浮かぶ この汗は 夜が明ければ 消える夜光虫 胸のおくで 胸のおくで 静かに飼いならして 生きる  暗い涙の海に浮かぶ この恋は 青い炎で 燃える夜光虫 いいのそれで いいのそれで 哀しい恋の方が 好きよ
夕日が泣いてるKenjiroKenjiro田久保真見田尾将実矢野立美靴をそろえた屋上で 最後に1本たばこを吸おう やめるやめると言いながら やめられなくて苦笑い 汚れすさんだ空見上げ 夕焼け小焼け口ずさむ 遠いふるさと あれきり話してない 親父は 元気だろうか  強くなれ 強くなれと 親父はいつも言っていた 死ぬことと 生きること どちらが強いのだろう 夕日が泣いてる 真っ赤に泣いてる  友を信じて悔いはない 夜逃げの部屋には子供のおもちゃ ハンコひとつのその重さ お人好しでも俺らしい 慣れない手紙 お袋へ ごめんと書けばあとがない 親不孝者 何度も泣かせてきて 旅行も 連れて行けずに  強くなれ 強くなれと お袋いつも笑ってた 弱虫の 俺だった 今でも変わらないのか 夕日が泣いてる 真っ赤に泣いてる  強くなる 強くなると 心でそっと呟いた 死んだ気で 生きたなら 俺にも明日(あす)は来るはず 夕日が泣いてる 真っ赤に泣いてる
待ちわびてみずき舞みずき舞山本茉莉田尾将実若草恵お酒 つけましょうか 寒い夜ね あなた おちょこ二つ 並べては 淋(さみ)しく ひとり酒  あぁ 馬鹿ですね 今夜にも あの人が 暖簾(のれん)くぐって 来てくれるよで 灯りをともしたの…  あなただけを 待ちわびて 酔いつぶれています 抱きしめに来て あなただけを 待ちわびて 夢みて泣きぬれて 遠い海鳴り 歌うの子守唄  店の隅で ぽつり 飲んでいたわ あなた 三度目には カウンター 情けを 注ぎあった  あぁ 馬鹿ですね 尽くしても あの人は 羽を休めに 止まっただけの 気まぐれカモメです…  だけど今も 待ちわびて 信じていたいのよ あの日の言葉 だから明日も 待ちわびて 夢みていいですか 春が来る日を 女の幸せを  あなただけを 待ちわびて 酔いつぶれています 抱きしめに来て あなただけを 待ちわびて 夢みて泣きぬれて 遠い海鳴り 歌うの子守唄
ローマで乾杯高橋元太郎&山口いづみ高橋元太郎&山口いづみ池森しおん田尾将実石倉重信スペイン広場で 君を待っている 二年前の約束 忘れはしない コバルトブルーの 花のワンピース 迷いながら決めたの 胸をふるわせ ローマの夜の 光に抱かれ そっと触れ合う 指の温もり 再び出逢えた 愛に乾杯 再び出逢えた 愛に乾杯  トレビの泉に かけた願い事 水の底でコインが 光っていたわ 寂しさ隠して 季節重ねてた 夢を追って旅立つ 君を見送り ローマの夜は 自由をくれる 見つめ合ったら 愛が広がる 再び出逢えた 愛に乾杯 再び出逢えた 愛に乾杯  ワインのグラスに 君が映ってる 甘い香り漂う 愛しさつのる 酔ってもいいでしょ ほんの少しだけ 肩にもたれ目を閉じ 夢を見たいわ ローマの夜に 誓った想い 二度と離れず 二人で生きてく 再び出逢えた 愛に乾杯 再び出逢えた 愛に乾杯
ないものねだり湯原昌幸湯原昌幸田久保真見田尾将実矢野立美別れるために 出逢った恋と わかっていたはずさ だけどいつか もう少し もう少し そばにいたいと 求めてしまう 男は ないものねだり 哀しい ないものねだり おだやかな日々から 逃げだすように 熱い夢に 走りたくなる  淋しい夜に 待ち合わせして 抱きしめあうだけと 思いながら 心まで 心まで 欲しくなるのは 身勝手だろう 男は ないものねだり いつまで ないものねだり 許されない恋の 痛みのような 熱い傷が なつかしくなる  男は ないものねだり 哀しい ないものねだり 追いかければ逃げる 真夏(なつ)の陽炎 そんな女(ひと)を 愛したくなる
引き潮湯原昌幸湯原昌幸田久保真見田尾将実矢野立美好きな男が できたのか 黙っていても すぐわかる 嘘のつけない 女だから こんなに 愛した 夢を飲み込む 人波が ああ うつろうこの街で おまえと めぐり逢えたから それだけでいい 何も言わず 別れよう それじゃ元気で このまま 引き潮のように消えるよ  これが最後の 恋だろう おまえとずっと 居たかった だけど遊びの ふりをしては 格好を つけるよ 愛に揺らめく 人波に ああ 想い出きらめいて おまえが 倖せになれば それだけでいい さみしそうな 笑い方 忘れられない それでも 引き潮のように消えるよ  このまま 引き潮のように消えるよ
つぶやき石川えりな石川えりな水木れいじ田尾将実川村栄二痛いほどに燃えた くちづけのあとで 背を向けて街の灯(ひ)を 見つめるあなた めぐり逢えた奇跡 信じかけたのに 心にはもうひとり 旅人がいる あなたのすべてを 欲しいと思う 愚かな愛が とまらない… こっちへ来て 抱きしめてよ それも叶わぬ つぶやきだけど…  眠りかけた恋に 罪深い恋に ため息で 指先で 火をつける人 甘い罠に堕ちて 夢を見たいのに 何故かしら今さらに 臆病になる いのちの限りに ときめきながら ひとつに溶けて しまえたら… この瞳(め)を見て 囁いてよ 声にならない つぶやきだけど…  わたしのすべてを 奪って欲しい 言葉にすれば 終るから… こっちへ来て 抱きしめてよ それも叶わぬ つぶやきだけど…  声にならない つぶやきだけど…
恋は万華鏡石川えりな石川えりな水木れいじ田尾将実川村栄二夢か 現(うつつ)か 幻か ほんのここらは 宵の口 恋は不思議な 万華鏡  謎めく恋に ゆらめく心 風の音にも 波うつ素肌 しびれるような ささやきに わたし揚羽の 蝶になる 甘い 蜜の味 毒でもかまわない 燃えて 乱れて 腕の中 揺れて 揺られて 夢の中 ためいきを つくたびに 妖しき写し絵が めくるめく 廻る万華鏡  逢うたびいつも 懐かしいのは 前の世からも 結ばれてたと 宿命(さだめ)の糸を ほどくよに あなた指さす おぼろ月 明日(あす)の ことなんか どうでもいいじゃない 抱いて 抱かれて 舞い堕ちて 酔って 酔わされ 舞いあがる くちづけを するたびに 妖しき写し絵が めくるめく 廻る万華鏡  夢か 現か 幻か ほんのここらは 宵の口 恋は不思議な 万華鏡
如月西崎緑西崎緑たきのえいじ田尾将実矢野立美ビルの谷間に 昇る月 見れば夜毎(よごと)に やせていく ひと冬越しても 実らない まるで私の 恋のよう あなた あなた 抱きしめて 女の一番 綺麗な季節(とき)を あなた あなた そばにきて 燃えて如月 報われず あれから一年 もう二年  もっと器用に 生きれたら 涙なんかは 流さない あなたの代わりに なる人が どこにいますか 世の中に あなた あなた 抱きしめて 叱ってください 泣き虫だよと あなた あなた そばにきて 耐えて如月 甲斐もなく 心が寒がる 淋しがる  あなた あなた 抱きしめて 女の一番 綺麗な季節(とき)を あなた あなた そばにきて 燃えて如月 報われず あれから一年 もう二年
花咲き染めし西崎緑西崎緑たきのえいじ田尾将実矢野立美一期一会と 云うけれど 焦がれる事は 罪ですか 思いの丈を 出来るなら 満たして欲しい ひと夜でも 花咲き染めし 陽は西に 花咲き染めし 燃え盛る  恋は泡沫(うたかた) 祭りごと 夢でもいいの 会いに来て ただ待つだけの 半年は 長すぎました 私には 花咲き染めし 風が啼く 花咲き染めし 身が細る  鏡のぞいて くちべにを 引いて悲しい 六畳間 しあわせなんて あまのじゃく 心を焦らし 背を向ける 花咲き染めし 月冴えて 花咲き染めし 燃え盛る
北行路こおり健太こおり健太麻こよみ田尾将実前田俊明許して欲しい ばかでした 寄せ来る波が 胸を打つ 誰より大事な 人なのに 気づいてみても 遅すぎる あぁ あなたにもう一度 逢いたくて たずねて来ました 最果て北の町  あなたの噂 隠すよに 港に霧が また揺れる あの日の別れの うしろ影 こぼれる涙 抱きしめる あぁ あなたにもう一度 逢いたくて 心が震える たそがれ北の町  ここから先は オホーツク 女の夢も 行き止まり 私の事など もう忘れ 見つけてますか 幸せを あぁ あなたにもう一度 逢いたくて 明日はどこまで 最果て北の町
笑顔の宝物こおり健太こおり健太麻こよみ田尾将実前田俊明ありがとう これからも(これからも) ありがとう いつまでも(いつまでも) 夢を信じて どこまでも  人は誰もが 淋しがり ひとりきりなら つらすぎる そんな時には いつだって 優しい笑顔を くれる人 ひとつふたつと 笑顔が増えて 出逢いが 何より宝物  ありがとう これからも(これからも) ありがとう いつまでも(いつまでも) 夢を信じて どこまでも  思い通りに 行かなくて 明日が見えない 夜もある そんな時には いつだって 心にあなたが いてくれる ひとつふたつと 笑顔が増えて 出逢いが 何より宝物  ありがとう これからも(これからも) ありがとう いつまでも(いつまでも) 夢を信じて どこまでも  ひとつふたつと 笑顔が増えて 出逢いが 何より宝物  ありがとう これからも(これからも) ありがとう いつまでも(いつまでも) 夢を信じて どこまでも
愛のせせらぎ岩本公水岩本公水さくらちさと田尾将実蔦将包涙の粒を 集めたら あなたへと流れる 川になるでしょう 水面(みなも)ゆらす やさしい風が 遠い面影 つれてくる 恋しくて 恋しくて 好きよ 逢えなくたって  夜空に星も 見えなくて どうしようもないほど さみしいときは ほんの少し 頬(ほほ)染めながら 腕に抱かれた おもいでに よりそって 眠ります あなた 逢えなくたって  はなびら浮かべ 流れてる この澄んだ小川は とぎれはしない そうよ愛は 胸に生きてる たとえあなたが 離れても 忘れない 忘れない 好きよ 逢えなくたって
心のふるさと岩本公水岩本公水仁井谷俊也田尾将実蔦将包夕暮れせまる 北の空みれば 遠く懐かしい 故郷のあの町が 春は雪解け れんげ草 夏は浴衣で 遠花火 昨日の悲しみが 溶けて消えてゆく いつもふる里 こころに抱いて…  何事もなく 季節(とき)は過ぎてゆき 何か忘れもの している気がします 秋は稲穂に 赤とんぼ 冬はいろり火 雪まつり あの日の約束が 胸に甦(よみがえ)る 今もあの夢 こころに熱く…  春は雪解け れんげ草 夏は浴衣で 遠花火 かわらぬ微笑みで 明日(あす)を生きてゆく いつもふる里 こころに抱いて…
愛は誰のために朝倉由美子朝倉由美子東逸平田尾将実愛は誰のために 瞳 閉じるのか 愛は誰のために いのち燃やすのか 愛は誰のために 過去を捨てるのか 愛は誰のために 今日を生きるのか ラララ…いつまでも 大切にしたい FOR WHOM LOVE IS 愛はあなたのために  愛は誰のために 別れ惜しむのか 愛は誰のために 酒と語るのか 愛は誰のために 歌に偲ぶのか 愛は誰のために 涙散らすのか ラララ…いつまでも 大切にしたい FOR WHOM LOVE IS 愛はあなたのために  愛は誰のために 花を咲かすのか 愛は誰のために 雨を降らすのか 愛は誰のために 明日に生きるのか 愛は誰のために 夢に死ねるのか ラララ…いつまでも 大切にしたい FOR WHOM LOVE IS 愛はあなたのために あなたのために
金沢わすれ雨山本あき山本あき田久保真見田尾将実伊戸のりお恋を失くせば 明日もなくす それが女よ 暗がり坂の 階段で うずくまる つめたい背中を 雨がたたく 降りしきる雨を 全部 お酒に 変えて下さい 愛に はぐれて 酔いつぶれて あぁ あなたを 忘れるまで ねぇ 泣かせて 金沢わすれ雨  夢が覚めれば 気持もさめる それが男ね 外から誰も 覗けない 格子窓 あなたの心は 見えないまま 降りしきる雨を 全部 涙に 変えて下さい 愛に はぐれて 泣き崩れて あぁ 温もり 忘れるまで ねぇ 流して 金沢わすれ雨  あなたに逢えない 夜は長い 降りしきる雨を 全部 お酒に 変えて下さい 愛に はぐれて 酔いつぶれて あぁ あなたを 忘れるまで ねぇ 泣かせて 金沢わすれ雨
片瀬川こおり健太こおり健太麻こよみ田尾将実南郷達也あなたを今日で あきらめる 決めてはみたけど 逢いたくて 泣いて焦がれる 胸の内 好きと告げたら 罪ですか 叶わぬ恋とわかっていても そばにいたい 瀬音哀しい 片瀬川  愚かなこの恋 叱るよに 川風心に 吹き抜ける あなた好みの 長い髪 夢を見るのは 罪ですか 二人の運命(さだめ)なぜすれ違う ひとり泣いて 飛沫(しぶき)冷たい 片瀬川  私の気持を 知りながら 気づかぬふりする 意気地なし にじむ吐息の やるせなさ 好きになるのは 罪ですか 叶わぬ恋とわかっていても そばにいたい ひとりどこまで 片瀬川
桜の下でこおり健太こおり健太麻こよみ田尾将実矢野立美舞い散る花びら 見上げれば 月日の速さ せつなくて 私が生まれた お祝いに 桜を植えて 桜を植えて くれた人 ふるさと 山脈(やまなみ) 春霞(はるがすみ) あなたの眼差し あなたの笑顔 ずっとずっと ずっと忘れない  小さな花びら 手で受けて 御無沙汰続きを 詫びるだけ 「思った通りに 生きてみろ」 桜の下で 桜の下で 言った人 ふるさと 木漏れ陽 春の風 あなたの真面目さ あなたの強さ きっときっと きっと忘れない  ふるさと 山脈(やまなみ) 春霞(はるがすみ) あなたの生き方 あなたの心 ずっとずっと ずっと忘れない
瞳の奥まで松原健之松原健之荒木とよひさ田尾将実君のすべてを 僕は知りたい 少しうつむく 瞳の奥まで 心開いて そして見つめて 今がどこへも 行かないように 幼いほど ふるえる言葉で 切なさの答え 求めているなら 愛の証し 君に誓えるよ この生命(いのち) 引き換えに してもいいから  君が綺麗で 僕は悲しい 胸のすき間が 月より遠くて せめて指先 そして口びる 君がどこへも 行かないように 泣きたいほど 傷つく心が 夢の中ボクを 探しているなら 愛の契り 君に捧げるよ この瞬間(とき)を 永遠に 止めていいから  幼いほど ふるえる言葉で 切なさの答え 求めているなら 愛の証し 君に誓えるよ この生命(いのち) 引き換えに してもいいから この瞬間(とき)を 永遠に 止めていいから
こまくさ帰行岩本公水岩本公水さくらちさと田尾将実蔦将包あなた宛ての手紙 駅で書いています さようならのあとは 何を書けばいい 好きでした ただ一途に 好きでした ありがとう あなた すべてだったひと 泣いてはだめ 迷っちゃだめ もう二度と ふり向かない ふるさと行き 八時の「こまくさ」で なつかしい あの町へ 帰ります  きっと咲いています 秋田駒の峰に 紅も淡い花が 雪にたえて 今 私には 生きる場所が あるのだと ひとりであなた 待って知りました 泣いてはだめ 迷っちゃだめ この駅で 乗り換えたら ふるさと行き 八時の「こまくさ」で 新しい 明日へと 向かいます  泣いてはだめ 迷っちゃだめ もう二度と ふり向かない ふるさと行き 八時の「こまくさ」で 新しい 明日へと 向かいます
姫鏡台岩本公水岩本公水さくらちさと田尾将実矢野立美しあわせでしたか お母さん さび朱色した 姫鏡台 化粧もしない 明け暮れにも ほつれ髪見せずに 笑ってた 面影が やさしく揺れてる 元気だしてと 云うように  雪国生まれと 思うほど 雪になじんだ ひとでした 故郷(ふるさと)とおく 嫁いできた 若い日のあなたが 愛おしい 父さんに 言えない苦労も 私 今ならわかるのに  時にはため息 かけながら 母の磨いた 姫鏡台 ささやかでいい 日々の暮らし 大切に生きます お母さん ありがとう 言わせてください 今も あなたの娘です
すいかずら~金銀花~湯原昌幸湯原昌幸石原信一田尾将実塩入俊哉もしも生まれ変わる そんなことがあれば 君とふたたび出逢い 恋の続きをしよう 黄昏のなか ほのかに白く すいかずらの花が ひと枝の上 ふたつ寄り添い 命灯し合うよ どれだけ君を 愛せただろう 泣いて笑って かけがえのない 君だと気づく ただ いとしい  僕は君のために 何が出来ただろう 心はりさけそうな 悔やむことさえあった 若さは遠く 足早に去り すいかずらの花が 想い出たちの 傷を癒して 甘く香り立つよ どれだけ季節(とき)を 重ねただろう 泣いて笑って やすらぎの場所 君だと気づく ただ いとしい  どれだけ君を 愛せただろう 泣いて笑って かけがえのない 君だと気づく ただ いとしい
津軽半島龍飛崎高城れに(ももいろクローバーZ)高城れに(ももいろクローバーZ)田久保真見田尾将実… あなた 黙っていて ごめんなさい わたし わたし 旅立ちます …  北のはずれの 小さな駅に ひとり来ました 夢のかけら 雪に変わり そっと舞い散る 吹き飛ぶ ふぶきが 龍になって 想い出を 抱きしめて Fly 強く 羽ばたくの… あなた あなた あなたさよなら どうか許して ここは ここは 津軽半島 風の龍飛崎  嵐間近の 荒ぶる海に なみだ落とした どん底でも わたしならば きっと歩ける きらめく 稲妻 胸にあつめ あなたへの この想い Beam 遠く 届けます…  あなた あなた あなたありがと ずっと好きです ここは ここは 津軽半島 風の龍飛崎  あなた あなた あなたさよなら どうか許して ここは ここは 津軽半島 風の龍飛崎
泣けない女逢川まさき逢川まさき及川眠子田尾将実川村栄二別れてあげるよ 望みどおり 私がじゃまだと思う前に はらりと悲しみこぼれたけれど 夕陽がじょうずに隠してくれた 泣きたいときに 泣けない私 強がりが 何より可愛いなんて 嘘つきだよね あなたが言った 言葉だけ信じて 淋しさで寄り添っていた それもたぶん愛なのに  遠くで瞬(またた)く街の灯かり あなたの肩越しゆがんでいる ゆらりと決心(こころ)がぐらつきそうで 背中を抱く腕(て)をそっとほどいた 泣きたいときに 笑ってみせる 愚かだね 未練があふれるくせに ふるえる指も 濡れた瞳も 気付いてくれなくて 優しさを置いてゆくだけ それもきっと愛だから  泣きたいときは 泣いてもいいと 本当の私がささやくけれど 嘘つきだから 好きな人とは きれいに終わりたい 淋しさで寄り添っていた それもたぶん愛なのに  それもきっと愛だから
なぐさめ冴木杏奈冴木杏奈田久保真見田尾将実萩田光雄何も欲しくないの もう一度逢いたい 願い続けながら 時は過ぎ去って 短すぎる恋を 重ねてはごまかす 一番愛しながら 別れた人を  瞳を閉じれば ぬくもりが全て 終わらない淋(さみ)しさを 忘れたいだけ  なぐさめでも かまわないの あなたに 抱かれて なぐさめでも 今夜だけは 私を 愛して  街は急ぎ足で また春が来るけど こころだけが今も 置き去りのままで 短すぎる夢に 逃げるのを許して 誰も愛さないで 生きてゆくから  瞳を閉じれば 思い出が見える まぼろしと戯れて 眠りつくだけ  なぐさめでも かまわないの あなたを 抱きしめ なぐさめでも 今夜だけは 本当の 恋人  なぐさめでも かまわないの あなたに 抱かれて なぐさめでも 今夜だけは 私を 愛して
もしもあなたが 泣きたい夜は冴木杏奈冴木杏奈田久保真見田尾将実萩田光雄こどもの頃の 願いはひとつ 早く大人に なりたかった だけど大人に なると思うの こどもに戻って やり直せたら  もしもあなたが 泣きたい夜は どうぞ私を 思い出して 何も言わずに そばにいるから ずっとずっと 抱いててあげる  夜空に浮かぶ 三日月の船 あなたの心まで どうかこの想い 届けて欲しい…  こどもの頃は 大人になれば 夢はかなうと 信じていた だけど大人に なると分かるの 誰もが心で 泣いていること  もしもあなたが 悲しい夜は どうぞ私を 思い出して 男の人も 泣いていいのよ ずっとずっと 強くなくても  夜空に浮かぶ 星屑の海 あなたを抱きしめて 蒼い夜明けまで 漂いたいの…  夜空に浮かぶ 三日月の船 あなたの心まで どうかこの想い 届けて欲しい…
微笑松原健之松原健之荒木とよひさ田尾将実塩入俊哉美しい微笑(ほほえみ)は 罪だけ作る 君はただ戯(たわむ)れの ふりをしてても ときめきがいつまでも 心に刺さる 生きてきたその中で どんな恋より 禁じられた夢 落ち合う場所(ところ)は 悲しみだけの駅(ホーム) 落葉降る その朝は 過去だけを 置きざりに 微笑が枯葉色 終わるだけの恋  淋しげな微笑に 似合うのは涙 君だけが悲しみを 胸に隠せば 行く先のない愛に 肌を重ねて 倖(しあわ)せに近づいた 短い季節 禁じられた夢 着換える部屋(ところ)は 夜明けが見える窓辺 曇りなら その朝は 靴音を 消したまま 微笑が小雨色 濡れただけの恋  禁じられた夢 落ち合う場所(ところ)は 悲しみだけの駅(ホーム) 落葉降る その朝は 過去だけを 置きざりに 微笑が枯葉色 終るだけの恋
忘れ上手桜川けん桜川けん田久保真見田尾将実石倉重信淋しい女ほど 心の部屋に 想い出とじこめ 鍵をかけてる もういいさ もういいさ 僕のそばで… 忘れ上手になればいい あなたを離さない 心の鍵を 心の鍵を 隠すなら このまま抱きしめる  可愛い女ほど 自分を責めて 涙のしずくで 日記書いてる 泣かないで 泣かないで 僕のそばで… 忘れ上手になればいい 涙にくちづける 心の鍵を 心の鍵を この僕に あずけてくれないか  優しい女ほど 悲しみさえも 捨てたり出来ずに あやし続ける 今夜から 今夜から 僕のそばで… 忘れ上手になればいい あなたを離さない 心の鍵で 心の鍵で あしたへの 扉を開けようよ
月下美人キム・ヨンジャキム・ヨンジャ田久保真見田尾将実竜崎孝路人知れず 夜の闇に咲く 悲しい恋の ような花 待って待って待って 待ちわびて 甘く甘く甘く 匂い立つ夢 あなた 愛しても 愛し足りない 白い月下美人 一夜(ひとよ)の命 あなた 憎んでも 憎み切れない いっそ 心を引き抜いて さらって欲しい  密やかに 姿変えてゆく あなたの嘘の ような月 泣いて泣いて泣いて 泣き濡れて 熱く熱く熱く 散り急ぐ夢 あなた 奪っても 奪い取れない 揺れる月下美人 刹那の運命(さだめ) あなた 忘れても 忘れられない いっそ 心を引き裂いて 枯らせて欲しい  あなた 愛しても 愛し足りない 白い月下美人 一夜の命 あなた 憎んでも 憎み切れない いっそ 心を引き抜いて さらって欲しい
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
角館・想い人岩本公水岩本公水喜多條忠田尾将実蔦将包しんしん きらきら 雪が舞う しだれ桜に 雪が舞う あの人は 何処(どこ)の町 どんな暮らしの毎日ですか 角巻(かくま)きで 角館(かくのだて) 想い人 想い雪 恋しくて 愛(いと)しくて 今もわたしは ひとりです しんしんと きらきらと ああ 雪桜の町  どんなに どんなに 愛しても 抱いてくれない 人でした こころだけ 抱きしめて つらい笑顔をする人でした 隠し恋 角館 想い人 ちぎれ雪 許されぬ 恋でした 雪が埋(うず)めた 恋でした はらはらと きらきらと ああ 雪桜の町  遠くで 静かに 鐘が鳴る 戻れない恋 告げるよう あの人を 貫いて 愛の弓矢を放ってみたい 角館 想い人 みだれ雪 燃える雪 かなしみを 貫いて 弓矢こころに 刺さります しんしんと きらきらと ああ 雪桜の町
涙の数岩本公水岩本公水さくらちさと田尾将実蔦将包鳥のように 羽があれば 大空飛べるけど 背伸びしても 上手には 生きては行(ゆ)けないわ  どれほど泣いたら 明日が見えますか かなしい想い出が また目隠しするの 涙の数だけ しあわせきっと来る そう 信じれば ひとすじ光が射す  恋を失くし 愛に惑い はじめて知りました 誰もみんな ひとりでは 生きては行けないと  どれほど泣いたら 笑顔になれますか 愛するぬくもりに まためぐり逢いたい 涙の数だけ 優しくなれるから そう ひたむきに もいちど歩き出せる  どれほど泣いたら 明日が見えますか かなしい想い出が また目隠しするの 涙の数だけ しあわせきっと来る そう 信じれば ひとすじ光が射す
幸せの回数湯原昌幸湯原昌幸もりちよこ田尾将実塩入俊哉あと何度 君と食事できるだろう、 ありがとうって言えるだろう? あと何度 散歩できるだろう、 おいしい珈琲飲めるだろう?  同じ朝 目覚めては 「今日も晴れたね」と たわいない言葉でいい 何度だって交わそう  君となら 二人いるなら 青空を見上げて ただ、生きている それだけで 幸せと...  まだ何度 君と旅に行けるだろう、 並んで写真を撮れるだろう? まだ何度 喧嘩できるだろう、 涙ぬぐってやれるだろう?  記念日がめぐるたび グラスを重ねて 遠い夢あしたの夢 何度だって語ろう  君となら 二人いるなら 星空を見上げて ただ、愛してる それだけで 幸せと...  君となら 二人いるなら 青空を見上げて ただ、生きている 幸せを 何度でも...
西馬音内 盆唄城之内早苗城之内早苗喜多條忠田尾将実南郷達也彦三頭巾(ひこさずきん)の その裏は 夜叉か菩薩か 泣き顔か 三日三晩を 踊ってみても あなたは戻らぬ 遠い人 秋田 みちのく 西馬音内  端縫(はぬい)衣装や 藍染の 色も哀しい 恋の色 長い恋文 逢えない人に 書いても届かぬ せつな文(ぶみ) 秋田 みちのく 西馬音内  お盆恋しや かがり火恋し まして踊り子 さあさ なお恋し  踊り始めは 音頭でも 締めはさびしい がんけ唄 夜の川から 恋しい人を 呼んでも応える 声もない 秋田 みちのく 西馬音内
遠い花火城之内早苗城之内早苗喜多條忠田尾将実南郷達也ひとり暮らしの東京に 花火のはじける音がする 窓をあければ夏夜空 遠い花火がありました あれは十九の頃でした 故郷秋田は大曲 夜空焦がして打ち上がる 恋の花火がありました  お前が好きとささやいて そっと肩抱く人でした ままごとみたいな暮らしでも あなたのそばで幸せでした  今も花火を見るたびに あなたの笑顔を想います 夢を夜空にひろげては 子供みたいにはしゃぐ人 たった一度の人生で 出会える恋は少なくて まして別れたそのあとも 想い出す人少なくて  どんな暮らしをしてますか 今もわたしが好きですか 離しはしないと言ったこと あなたはきっと忘れてる  遠い花火を見るたびに 遠い想い出はじけます 若いということそれだけで はじけた恋がありました
泣いてくださいこおり健太こおり健太麻こよみ田尾将実南郷達也激しく 雨が降りしきる 二人の別れ 急(せ)かせるように 理由(わけ)など聞かない 聞いたなら なおさら惨めに なるだけね 泣いてください 私のために 嘘でも涙を 流して欲しい  あなたの 胸に誰かいる 抱かれるたびに 感じていたの 男のずるさを 許しても いつかはあなたを 恨むだけ 泣いてください 私のために いい人だったと 思えるように  ひとりで 生きて行けますと 強がり言えば 心が寒い 大事に育てた はずなのに 幸せどうして 背を向ける 泣いてください 私のために 嘘でも涙を 流して欲しい
おぼろ月こおり健太こおり健太麻こよみ田尾将実南郷達也吐息に曇る 手鏡に 書いてまた消す あなたの名前 やつれて痩せた 指の先 一人の夜は 長すぎて 他の人など 愛せない あなた恋しい… 窓に涙の おぼろ月  別れが来ると 気づかずに 肩に寄り添い 甘えた月日 梳(と)かした髪が 揺れるたび あなたの匂い こぼれます 信じられない 今もまだ 声が聞きたい… 夢は儚(はかな)い 未練月  今頃あなた 誰といる 眠れぬままに 朝が来る 他の人など 愛せない あなた恋しく… 西に傾く おぼろ月
ためらう鍵穴チャン・ウンスクチャン・ウンスク田久保真見田尾将実そうよ 何度も恋をして そうよ 何度も傷ついて いつか 泣きそうな自分を 心の部屋に 閉じ込めたの ああ あなたが冷たい男なら 私のことなどかまわないで ああ あなたが優しい男なら はやくこっちを向いて… 女の口唇は 心の鍵穴だから カチャリと鍵が カチャリと鍵が 外れるような KISSをして  きっと 今度はちがうのと きっと 今度は愛なのと すぐに 信じたい自分が 心の部屋で ひざを抱くの ああ あなたがいけない男なら 私のことなど誘わないで ああ あなたが淋しい男なら はやくこっちを向いて… 女の口唇は 心の鍵穴だから ふわりとドアが ふわりとドアが 開いてしまう 夢を見る  女の口唇は 心の鍵穴だから カチャリと鍵が カチャリと鍵が 外れるような KISSをして
約束キム・ヨンジャキム・ヨンジャ田久保真見田尾将実竜崎孝路誰が見ていても すべて失くしても 胸にすがり 泣きたかった こころ閉じ込めて そっと見つめあう 時がもどる 窓辺の席で  しあわせなのと たった一言 たずねるあなた…  何も言わないで 何も聞かないで やっと逢えたの それだけでいい  街はたそがれて 人は急ぎ足 愛がひとつ ゆらめいてる ふいに触れあった 指をひきよせて ここで 抱いて欲しいと思う  ごめんねなんて 誰に言ったの あやまらないで…  あの日の約束 守り続けたと ずっと あなたに伝えたかった  あなたがいたから ふたり逢えたから 今の 私になれたのだから
泣き砂 海風城之内早苗城之内早苗喜多條忠田尾将実若草恵黙(しじま)切り裂き海鳥翔べば 雪が泣きます 海が泣く 女の敵は女だと 切れて別れて知りました あなたとここに来た時に あなたの影が教えてたのに 馬鹿だ 馬鹿だと 海風が 乱れた髪を まだ乱す こころ踏まれて 泣き砂が キュッキュ キュッキュッキュと 泣いてます  人に知られず泣けるのならば 砂になりたい 泣き砂に 女の夢は男だと 決めた女が捨てられた 芍薬(しゃくやく)いろのこの肌が ひとりの酒でなおさら燃える 馬鹿だ 馬鹿だと 海風が 笑って窓を 叩きます 風に巻かれて 泣き砂が キュッキュ キュッキュッキュと 泣いてます  馬鹿だ 馬鹿だと 海風が 乱れた髪を また乱す こころ踏まれて 泣き砂が キュッキュ キュッキュッキュと 泣いてます
再会キム・ヨンジャキム・ヨンジャ田久保真見田尾将実竜崎孝路もしも命の 砂時計が 残りわずかと 言われたなら 私もあなたに 逢いたいと きっと 電話したでしょう 突然の れんらくに すべり落とした コーヒーカップ ああ 一時間だけ 逢いたいと言う あなたの声 静かすぎて悲しくなった ああ 別れてからも 愛していたと あなたはそう あなたはずっと知らないで  夢は叶うと 信じられる 何も知らない 青春(こども)だった あの日のふたりを 想うたび 今も 泣きたくなるわ いつの日か 再会を ねがい続けて 暮らしていたの ああ 一時間だけ 逢いたいと言う あなたの声 優しすぎて苦しくなった ああ 別れてからも 愛されてたと 私もそう 私もずっと知らないで  ああ 一時間だけ 逢いたいと言う あなたの声 優しすぎて苦しくなった ああ 別れてからも 愛されてたと 私もそう 私もずっと知らないで
月のひとり言キム・ヨンジャキム・ヨンジャ田久保真見田尾将実竜崎孝路グラスに浮かべた 蒼い月 今夜はひとりで 酔いたいの はかなくこわれた 夢も 二度とは消えない 傷も 今はほんのり苦く 飲み干せる 人生ってそんなに 悪くないわ  あなたの強さに 守られて あなたの弱さを 愛してた 激しくもとめた 夜も しずかに別れた 朝も 今はほんのり甘く 飲み干せる 人生って案外 素敵なもの  グラスに浮かべた 月は 心をうつして 永遠に 欠けたり満ちたり するの それが人生…  別れの痛みは いつか すべてを許せる やさしさに あなたに出逢えて 私 しあわせだった…
さいはて岬岩本公水岩本公水吉岡治田尾将実蔦将包遠くサハリンが見える こんな晴れた日は 覚えてますか… くちづけだけの 淡い恋 心の振り子が いまでも揺れる 帰ってきませんか 帰ってきませんか さいはて岬へ  海もうらうらと凪(な)いで 沖ゆく連絡船 鴎の群れが… 短い春を 告げていた 待ってるおんなが 一人でいます 帰ってきませんか 帰ってきませんか さいはて岬へ  肌に突きささるような シベリアおろしです 何処(どこ)より早く… 幾千億の 雪が降る あなたを求めて 花いちもんめ 帰ってきませんか 帰ってきませんか さいはて岬へ
故郷にありがとう岩本公水岩本公水吉岡治田尾将実蔦将包電話しようか 母さんに 愚痴(ぐち)になるから よそうかな 見た目飾って 綺麗(きれい)だけれど 見かけとうらはら つらい街です東京は 悩みかかえて へこんだ夜は 子どもの頃に 帰ります 田圃(たんぼ)の稲穂に 蝉(せみ)しぐれ 小川のせせらぎ 山ぶどう 頑張れ頑張れ 肩抱いて やさしく包む 故郷に 故郷にありがとう  手紙書こうか 父さんに 出稼ぎさきの アドレスへ お正月には 笑顔が揃(そろ)う それぞれ馴染(なじ)んだ 家族の顔が浮(うか)びます 雪がしんしん 降りつむ夜に 囲炉裏(いろり)をかこみ きりたんぽ おまえも飲めよと つぐお酒 父さん酔ってる 歌もでた 笑って喋(しゃべ)って 花が咲く 心を癒(いや)す 故郷に 故郷にありがとう 故郷にありがとう
たそがれの街角杉良太郎杉良太郎たかたかし田尾将実暮れゆく街はセピア色 人の群れに華やいで 来るはずもない 君がいまにも 駈けて来そうな そんな街角  マロニエの花が 咲いていた 愛しあって求めあい ただいたずらに 傷をふやして ふたり暮らしてた あの頃…  花冷えの街角に 夕暮れの鐘が鳴る 想い出が風のように ムム…ゆき過ぎる  灯りが街に点っても 君のいない淋しさに 行き惑ってるぼくの心は 愛にはぐれた 旅人  花冷えの街角に 夕暮れの鐘が鳴る 移りゆく時の流れ ムム…悲しくて  花冷えの街角に 夕暮れの鐘が鳴る 想い出が風のように ムム…ゆき過ぎる
愛が欲しい渥美二郎渥美二郎麻こよみ田尾将実石倉重信指輪をはずした 左手の 軽さが哀しい 指の先 尽す女の 一途さが 重荷になって いたなんて… どれだけ涙を 流したら あなたをあきらめられますか 酒よりしみます 淋しさが ああ もう一度 愛が欲しい  恋して信じて 傷ついて いつしか濃くなる 口紅(べに)の色 ひとつため息 つくたびに せつなく胸が また痛む… どれだけ月日を 重ねたら あなたをあきらめられますか かすかに聞こえる 雨の音 ああ もう一度 愛が欲しい  尽す女の 一途さが 重荷になって いたなんて… どれだけ涙を 流したら あなたをあきらめられますか 酔って泣きたい 優しさに ああ もう一度 愛が欲しい
淡雪なみだ神園さやか神園さやか田久保真見田尾将実竜崎孝路空のかけらが 舞い散るように ひとつふたつと 淡雪がふる 逢えないあなた 想い続けて 私 こころに 冬を抱く  愛は愛は 遠い 遠い春 空がさむいと泣いている 淡雪なみだ 抱きしめて… あなたが とても好きだから…  夢のかけらが 舞い散るように こぼれた涙 淡雪になる 傷つけるのが こわいと言って あなた優しく 背を向けた  愛は愛は 苦い 苦い蜜 風にさらわれ落ちてゆく 淡雪なみだ 受け止めて… どこかに 飛んでゆきそうよ…  愛は愛は 遠い 遠い春 空がさむいと泣いている 淡雪なみだ 抱きしめて… あなたが とても好きだから…
ひこうき雲神園さやか神園さやか田久保真見田尾将実竜崎孝路明日も会える そんな顔して サヨナラしたの 大好きだった ふたりの写真 風に千切った  ああ ふり向かない約束なの 泣かないで 泣かないで 空を見た…  心の傷あとなんて 青空のひこうき雲 静かに静かに 消えてゆくもの  最後にそっと 抱きしめあって サヨナラしたの 何も言わない 温もりだけが 胸に残った  ああ ちゃんと生きる約束なの 微笑んで 微笑んで 歩き出す…  悲しい想い出なんて 夕暮れのひこうき雲 明日に明日に 消えてゆくもの  ああ ふり向かない約束なの 泣かないで 泣かないで 空を見た…  心の傷あとなんて 青空のひこうき雲 静かに静かに 消えてゆくもの
涙の重さ上沼恵美子上沼恵美子かず翼田尾将実川村栄二あきらめた 恋なのに ドアのすき間 忍びこむ夢 二度とあなた 帰ってこない わかっているのに 心うずかせる ひとりぼっち流す 涙の重さ 生きることがつらい こんな夜には あなたの隣で 溶けるほど眠りたい 逢いたくて 明日は来ない  窓を打つ 雨音や 通り過ぎる 風の音にも 振り向くのは 悲しい癖ね 淋しさが今日も 素肌抱きしめる 広いベッド濡らす 涙の重さ あなたの物みんな 捨ててみたけど 夜更けの部屋では 思い出が目を覚ます 逢いたくて 昨日に戻る  胸の傷に沁みる 涙の重さ 捜さないわあなた 幸せでいて この世のどこかで 暮らしてるそれでいい 逢いたくて 明日は来ない 逢いたくて 明日は来ない
文鳥岩本公水岩本公水峰崎林二郎田尾将実蔦将包可愛がってた あの文鳥が 籠から突然 逃げました 愛しいあなたの 面影消えた 離れてなおさら 想いが増すの あなたのそばで すごした日々の しあわせ今も 忘れられない ひとりで笑い 暮らせるよりも 泣いてもふたりで 暮らしていたい  静かになった とりかご見れば ためらいながら 春が射す 逃げた小鳥を うらむのやめて 逃(にが)した自分を 責めてる私 ひとりぼっちの さみしい部屋に 鳴いてはいつも 愛をつないだ 耳を澄ませば 千代千代千代と 私を呼ぶ声 聞こえる今も  あなたのそばで すごした日々の しあわせ今も 忘れられない 耳を澄ませば 千代千代千代と 私を呼ぶ声 聞こえる今も
恋風岩本公水岩本公水秋浩二田尾将実蔦将包涙ポロポロ 流れて落ちる 桜ハラハラ 散るように 悲しみあふれ 傷あと濡らす 夜ごと・夢ごと・私ごと ああ この恋が 許されないと わかっているのに ああ戻れない どこまでも 追いかける 地の涯(はて)・空の涯  季節(とき)が過ぎて 心のスキ間 風がヒュルヒュル 吹き荒れる 瞼(まぶた)とじれば 高鳴る胸が 夜ごと・夢ごと・私ごと ああ この恋が はかなく終わる 運命(さだめ)と知っても ああ悔やまない どこまでも 追いかける 地の涯・空の涯  ああ あなただけ 偏(ひとえ)に愛し 生きてくことしか ああ出来ないわ どこまでも 追いかける 地の涯・空の涯
おやじ山崎ていじ山崎ていじ宮村雅楽田尾将実Deep寿おやじ 稲刈りすんだのかい 今年の出来は どうだった ワラであばれて ぶたれた頃が 思い出される しみじみと ゆったりしてたよ なあおやじ 達者でナア  おやじ 祭りはすんだのかい いためた腰が 気にかかる 無茶はしないで いてくれよ おれが帰れりゃ いいんだが そいつが叶わぬ なあおやじ 堪忍ナア  おやじ 今夜も飲んでるかい 旨(うま)そにグイと 目を細め 弱くなったと おふくろさんが いつかしょんぼり 話してた いっしょに飲みたい なあおやじ 達者でナア
おまえしか愛せない山崎ていじ山崎ていじ落明博章田尾将実石倉重信おまえのためなら いつだって 死ねると謂ったら 笑うだろ それともおまえは 泣くだろか おまえしか愛せない すべてを捧げて すべてを許して おまえしか愛せない 今夜も俺を 迎えてくれよ こころ溶かす 微笑みで  一生一度の 恋だから この腕この胸 命がけ 誰にもおまえを渡さない おまえしか愛せない すべてを投げ捨て 裸になっても おまえしか愛せない 今夜も俺を 包んでくれよ 母とおなじ ぬくもりで  おまえしか愛せない いくつになっても 男は火の鳥 おまえしか愛せない 今夜も俺に 聴かせてくれよ 深き愛の 子守歌 こころ溶かす 微笑みで
港の挽歌鳥羽一郎鳥羽一郎たかたかし田尾将実丸山雅仁海が恋しい 船乗りたちには 消えて淋しい 港の灯り 昔ここらじゃ かわいいカモメが 赤い灯 青い灯 声をはずませて 海の男を 夜ごと呼んでいた  陸(おか)に上がった あいつのバカヤロウ 街の暮らしが そんなにいいか 凍る飛沫(しぶき)に 命をからめて 男の仕事に 汗をかきあった たったひとりの 俺の相棒(だち)だった  変わる時代に 変わらぬ男の 心意気だぜ 夜明けの海よ 船はボロでも 三段跳びだぜ 腕ならまけない 若いものたちにゃ 海はおふくろ 俺のふるさとさ
ふたりで帰ろう山口のり山口のり上田紅葉田尾将実石倉重信あなたと帰ろう ふたりで帰ろう いつものこの道 人生並木を… お疲れ様 永いこと 胸でつぶやく ありがとう なぜか…涙が…こぼれ~てきちゃったわ しあわせが待つ我が家へ 今日も一緒に帰りましょう  あなたと帰ろう 歩いて帰ろう 夜空に小さな 歓び数えて… 愛の灯り 消さないで 広い世間の 軒の下 つらい…ときにも…離れ~ずいたふたり しあわせが待つ我が家へ 今日も一緒に帰りましょう  あなたと帰ろう 今夜も帰ろう この世でひとつの 愛しい家路を… これからまた 宜しくね 頼む相手は あなただけ だから…笑顔を…忘れ~ず生きましょう しあわせが待つ我が家へ 今日も一緒に帰りましょう
草枕岩本公水岩本公水こはまかずえ田尾将実蔦将包あなたと一緒に いる夜は なんにも見えない あなただけ あなたと離れて 見る空に 心を半分 分けた月 逢(あ)いたくて 逢いたくて ただ逢いたくて 草の枕に 問いかける あなたの今の 胸のうち  楽しい時間は 短くて 知らない間に 更ける秋 待ってる時間は 長すぎて 育てる愛にも 気づかない ふれたくて ふれたくて ただふれたくて 草の枕で 夢ん中 面影ばかり 追いかける  二人で訪ねた この町を 一人で行(ゆ)くのは つらすぎる 小さな想い出 ひとつにも 大きな未練の 愛を知る 泣きたくて 泣きたくて ただ泣きたくて 草の枕に 映しては あなたのすべて 抱きしめる
愛は絵空事チャン・ウンスクチャン・ウンスク田久保真見田尾将実ずるい男(ひと)になればいいの 明日からは 優しすぎて傷つけたら しょうがないわ  ため息 逃がしたくて 窓を あけてみれば 街の灯りを 泣かせるように雨が降る  心じゃなくて 体じゃなくて ただのあなたが 欲しかった 夢見たことも… 信じたことも… 愛は哀しい絵空事  泣きたいとき笑う癖が なおらないの この街では正直者 生きられない  心が 同じ色の ひとと 出逢えたから それでよかった どうかこのまま背を向けて  嘘つきだから 強がりだから こんな私を 忘れてね 許したことも… 求めたことも… 愛は哀しい絵空事  心じゃなくて 体じゃなくて ただのあなたが 欲しかった 夢見たことも… 信じたことも… 愛は哀しい絵空事
霧幻海峡松原のぶえ松原のぶえいとう彩田尾将実南郷達也遠く離れりゃ 離れるほどに つのる恋しさ 女の未練 行くなとひと言 言われたら 船には乗らずに いたものを 馬鹿よ馬鹿よね 胸の隙間を 哭く霧笛… 越えて来ました 北海峡  あなた空似の 人さえいない 飲めば酔います ひとりの酒場 おまえが最後と 言いながら わたしを冷たく 捨てたひと いつになったら 忘れられよか 面影を… 二度と戻れぬ 北海峡  心がぼろぼろ 崩れそな 夜には夢でも 逢いに来て こらえ切れずに 泣いているよな 泪雨… 春はまぼろし 北海峡
あかんあかん山口のり山口のりもず昌平田尾将実南郷達也ああ つらいけど別れよう もうこれ以上は あかん 暮らしたのは 三月(みつき)と少々 大川の 夕日の見える 窓に来て いつも鴎が 気を揉んだ  「ほどほどにシィや 深間にはまったら ほんまにわやや…」  あかん あかん ほんまにあかん けど 後ひくなぁ あの人… ああ 浪花の流れ唄  ああ 水割りも五杯目ね もうこれ以上は あかん 足許より 心がふらつく 曽根崎の いつもの店の 止まり木で ママが真顔で 囁いた  「ほどほどにシィ 本気は身の毒や ほんまにこわい…」  あかん あかん ほんまにあかん けど 後ひくなぁ あの人… ああ 浪花の流れ唄  あかん あかん ほんまにあかん けど 恋しいなぁ あの人… ああ 浪花の流れ唄
心のままにまきのめぐみまきのめぐみ麻生開田尾将実若草恵LOVE 逢いたくて LOVE 今すぐに 私の肩を優しく抱いて 包んで欲しい もう この胸は もう 戻せない 出会った日から あなたの色に 染まって行くわ ゆっくりと… ありふれた時間(とき)の中 温もりだけを感じてたい 哀しくて泣き出した夜は くちづけで忘れさせて 心のままに 愛し続けたい 遠くにいても 貴方が見える 真実の愛だから  ねぇ 同じ夢 ねぇ 持ちたくて どんな事でも 話して欲しい 過去も未来も ありのまま… 黄昏に目を伏せて 寄り添うように溶けてゆくの そばにいて見えなくなったら おもいっきり息を吸うわ 心のままに 熱い想い抱いて 二人でともす灯りの中で 永遠を誓うのよ  心のままに 愛し続けたい 遠くにいても 貴方が見える 真実の愛だから
しあわせの花アグネス・チャンアグネス・チャン渡辺なつみ田尾将実川口真ずっと忘れ物していた 無邪気に笑い泣くこと めぐり逢い 傷つくたび 信じる心を 置いてきた 人は誰も 心に愛の種を持っている 愛一粒 注がれるたび きっと笑顔が芽生える  しあわせの花を咲かそう 心の中にいくつも ささやかでも 私たちは この世に生まれた花  時は果てしなく流れる 触れ合う時は一瞬  だけど今 振り返れば 数え切れぬほど 想い出が 人はいつも 心に愛の海を持っている 愛ひと波 打ち寄せるたび 明日に夢を浮かべる  しあわせの花を咲かそう あなたの胸にたくさん 晴れた日にも 雨の夜も けして散らない花  しあわせの花を咲かそう 心の中にいくつも ささやかでも 私たちは この世に生まれた花
ナギサまきのめぐみまきのめぐみ堀越そのえ田尾将実宮崎慎二そぞろ歩き 繰り出す 港の祭り 花火 割れる音 サンバのリズム  缶のビール 片手に ならぶ砂浜 口説き落とすなら 今がチャンスだわ  見上げる空に 星が一粒 真夏の恋は にわかドラマ  渚のプロフィール ウソもありのルール 熱く見つめられて 本気でハマりそう 渚のプロフィール 釣られちゃってリール 夜の海にはねる 夏のマーメイド  遠く船の灯りが 波間に浮かぶ ふいに 黙りこむ 横顔 ステキ  昔どこかで聴いた 甘いメロディ 停めた車から 流れる Car Radio  貝殻ふたつ 合わせてひとつ 逆巻くウェイブ 胸にせまる  裸足にラメミュール 港育ちガール あとで泣くとしても あなたがいいみたい 裸足にラメミュール 赤い瓜がシュール 夏の恋は熱い 夢のカーニバル  渚のプロフィール ウソもありのルール 熱く見つめられて 本気でハマりそう 渚のプロフィール 釣られちゃってリール 夜の海にはねる 夏のマーメイド
木曜日の女チャン・ウンスクチャン・ウンスク田久保真見田尾将実船山基紀捨てられて泣きたい夜は いつも呼び出してしまう 「あんな男」と悪態ついて 朝まで呑み明かすの 手を離せば 帰ってこない 男なんて 風船ね 遠い空で 割れてしまえ うそぶきながら 泣き笑い なぐさめてくれなくても いいの ふられ上手と言われて いいの 想い出はずっと 消えないから 悲しくても いいの  木曜に電話がかかる 癖で待ちわびれたけれど 日曜日には逢えない女 つなぎの女だった 尻尾(しっぽ)の切れた トカゲみたい 心はほら もとどおり 痛いくらい 好きな男 跡形(あとかた)もなく 忘れるよ あいつなんて不幸でも いいの ボロボロになってみれば いいの いつか淋しくて 思い出して 戻ってきても いいの  木曜日は泣いたって いいの すぐに慣れてしまうから いいの 壊れた胸にも 朝の光 刺し込む日が くるの
東京きりぎりす前田有紀前田有紀さいとう大三田尾将実金沢重徳・竜崎孝路人 みんな コップの中の 水 氷 溶けて 混ざれば みな同じ  夢は 明日の 心の約束 生きてりゃいいさ 友達さ  きりぎりす 東京きりぎりす 心 落ち葉の人の背に きりぎりす 東京きりぎりす 歌っておくれよ いつまでも  人生は 砂糖で包む ぶどう粒 甘く 酸っぱい ものなのさ  恋は 淋しい心がするものさ 涙もあるさ 水色さ  きりぎりす 東京きりぎりす 風も 冷たいこの街に きりぎりす 東京きりぎりす 歌っておくれよ 青い空  きりぎりす 東京きりぎりす 心 落ち葉の人の背に きりぎりす 東京きりぎりす 歌っておくれよ いつまでも
最終便まで香田晋香田晋うえだもみじ田尾将実竜崎孝路雪の札幌 公園通り 肩をたたいた 懐かしい奴 笑う目尻に 増えたなシワが おまえらしい いい顔さ 最終便まで つきあうよ 久しぶりに 話そう ちょっと翼をやすめて  夜のすすきの 馴染みの店に 腰をおろせば ほろ苦い味 いつもおまえと 飲んだな此処で 好きなあの娘を 誘っては 最終便まで 休まずに 飛び続ける 俺たち いつか飛べなくなるまで  帰る東京 おまえの暮らし 北の匂いを 忘れてないか 今度一箱 送ってやるよ 寒い街の ぬくいもの 最終便まで もう少し 飲み干そうよ 想い出 胸の翼をたたんで
京都恋歌五木ひろし五木ひろし高林こうこ田尾将実ボブ佐久間しんしん雪の 大原を 二の字刻んで 逢いにゆく 忍ぶ恋路が 辛いから 逢えばあなたに 無理ばかり 橙色(だいだいいろ)に はんなりと 宿の灯火(あかり)が うちを呼ぶ どないしよう どないしよう 野村岐(のむらわか)れの 思案道  ちくちく胸に 突き刺さる 世間みたいな 針つらら なんぼ死ぬほど 燃えたって どうもならへん この先は 別れなあかん 貴男(ひと)やのに 胸でほっこり 抱かれたい すきやもん すきやもん 泣いて花尻(はなじり) 迷い橋  隠れて雪を 燃やす花 朧清水(おぼろしみず)の藪椿(やぶつばき) どないしよう どないしよう 渡りとうない 戻り橋  どないしよう どないしよう 野村岐(のむらわか)れの 思案道
悲しいね牧村三枝子牧村三枝子松本礼児田尾将実悲しいね 悲しいね 雨など降れば なおさらに 窓に滲む 街明かり あんた恋しい腕まくら えんやらや えんやらやらやら 今頃あんたは 誰かと夢ん中 えんやらや えんやらやらやら あたしは涙の海を漕ぐ 寒いよ こんな夜は 恋唄なみだ酒  淋しいよ 淋しいよ 風など吹けば ことさらに 損な役さ いつの日も 恋に泣くのはあたしだけ ねんころろ ねんころころりよ とびきり上手な女を抱くんだよ ねんころろ ねんころころりよ あたしは冷たい膝を抱く 寒いよ こんな夜は 恋唄なみだ酒  えんやらや えんやらやらやら 今頃あんたは 誰かと夢ん中 えんやらや えんやらやらやら あたしは涙の海を漕ぐ 寒いよ こんな夜は 恋唄なみだ酒
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. Dear
  3. 嘘じゃない
  4. バラが咲いた
  5. ぴったりしたいX'mas!

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 夢幻
  2. Love seeker
  3. LOVE BANDITZ
  4. 永久 -トコシエ-
  5. hanataba

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×