試聴する

春待ち草

この曲の表示回数 23,526
歌手:

走裕介


作詞:

石原信一


作曲:

田尾将実


あれからどうして いたのかと
聞けばおまえの まつ毛が濡れる
淡雪舞い散る ガラス越し
時がやさしく 昔に戻す
春待ち草が あの部屋に
薄むらさきに 開く季節(とき)だね

幸せならば それでいい
いつもわがまま 泣かせてばかり
忘れたことなど なかったと
口に出せない 二年の月日
春待ち草は 冬を越え
風にそよいで 誰か待つ花

素顔のままでも きれいだよ
髪もほのかに おまえの匂い
夢より大事な 愛ひとつ
胸に抱きたい 離しはしない
春待ち草の ふたりなら
北の果てにも 咲いてみないか
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春待ち草 歌手:走裕介

走裕介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP