試聴する

昭和縄のれん

この曲の表示回数 48,308
歌手:

走裕介


作詞:

高田ひろお


作曲:

杉本眞人


ひなびた路地の 縄のれん
焼鳥は世間のすみで 味わうものと
酸(す)いも甘(あま)いも かみわけた
父のこだわり いまわかる

酒とおんなは 二舎<号>まで
愚(ぐ)にもつかない 冗談云って
酔えばときどき 笑いとり
手酌(てじゃく)のすきな 父でした

ひとのじゃまにならぬよう
ひとをおしのけ生きぬよう
努(つと)めてがんこを よそおった
そんな父が いまもしずかに
飲んでいそうな 縄のれん

はたらきながら いやなこと
父はいっぱいあった はずだろうに
折り目ただしく 生きぬいた
そして昭和も 幕をとじ

父と母との あいだには
ほんのすこしの 波風あった
そんなときには 縄のれん
ひととき逃げる 場所でした

ひとのじゃまにならぬよう
ひとをおしのけ生きぬよう
努(つと)めてがんこを よそおった
そんな父が いまもしずかに
飲んでいそうな 縄のれん

そんな父が いまもしずかに
飲んでいそうな 縄のれん
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:昭和縄のれん 歌手:走裕介

走裕介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-03-04
商品番号:COCA-16979
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP