高田ひろお作詞の歌詞一覧リスト  115曲中 1-115曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
115曲中 1-115曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
なごり雨大川栄策大川栄策高田ひろお筑紫竜平南郷達也お酒飲んでも 酔えない夜が 三日(みっか)つづけば 細(ほそ)る顔 なんで今さら 男の嘘を 思いだしては 泣きぬれる ひとり止まり木 なごり雨  夢を拾って たぐり寄せても なぜか淋(さみ)しく 逃げてゆく 消えたしあわせ 返してほしい 戻りたいのよ あの頃に 酔えば逢いたい もう一度  雨の降る夜(よ)は こころも濡れて 過ぎた月日が よみがえる 待てといわれりゃ 死ぬまで待てた 夢につづきは ないけれど あなた恋しい なごり雨
およげ!たいやきくん高橋愛・田中れいな・夏焼雅高橋愛・田中れいな・夏焼雅高田ひろお佐瀬寿一鈴木俊介まいにち まいにち ぼくらは てっぱんの うえでやかれて いやになっちゃうよ あるあさ ぼくは みせのおじさんと けんかして うみに にげこんだのさ  はじめて およいだ うみのそこ とっても きもちが いいもんだ おなかの アンコが おもいけど うみは ひろいぜ こころがはずむ  ももいろサンゴが てをふって ぼくの およぎを ながめていたよ  まいにち まいにち たのしいことばかり なんぱせんが ぼくの すみかさ ときどき サメに いじめられるけど そんなときゃ そうさ にげるのさ  いちにち およげば ハラペコさ めだまも クルクル まわっちゃう たまには エビでも くわなけりゃ しおみず ばかりじゃ ふやけてしまう  いわばの かげから くいつけば それは ちいさな つりばりだった  どんなに どんなに もがいても ハリが のどから とれないよ  はまべで みしらぬ おじさんが ぼくを つりあげ びっくりしてた  やっぱり ぼくは タイヤキさ すこし こげある タイヤキさ おじさん つばを のみこんで ぼくを うまそに たべたのさ
音更の雪瀬口侑希瀬口侑希高田ひろお筑紫竜平南郷達也洗い髪さえ 芯まで凍え 湯冷めするよな 冬の夜 しんしんしんしん 音更の雪 肌があのひと 恋しがる こころ埋もれる ひとり宿  すきま風吹く 真夜中すぎは 布団引き上げ 隠す肩 しんしんしんしん 音更の雪 ひとりぼっちは 死にそうよ おもい抱き寝の 忘れ宿  北の故郷(ふるさと) 寒さがつづき 春になっても 薄氷(うすごおり) しんしんしんしん 音更の雪 恋の終わりに 舞う小雪 梟(ふくろう)淋しい ひとり宿
貯金の好きな女れいかれいか高田ひろお杉本眞人猪股義周誰が噂を 流そうと ケチな女と 囁かれても 貯金一筋 まっしぐら あたし一途に この道を行くだけよ 花のモデルと おだてられ いつか女の 賞味期限が 知らないあいだに 切れていた アーアーアー やっぱりあいつを 見返してやりたい 旬な女を つまみ食い やっぱりあいつを 見返してやりたい 人生返せと 云わないけれど  心やすまる ひとならば そうね結婚 してもいいけど 若い男は ごめんだわ 痩せた身体(からだ)に 悲しみが吹き抜ける 夜は食べずに ウーロン茶 服を買うのは ネットオークション あたしは負けずに 生きて行く アーアーアー やっぱりあいつを 見返してやりたい 夢も消されて ボロボロよ やっぱりあいつを 見返してやりたい 人生返せと 云わないけれど  うわべばっかり 気にしてた 過ぎた昔を 思い出すたび なぜかあいつが 愛しくて ふかす煙草の 煙さえ目に沁みる それでいいのよ 通帳の ゼロが増えるの 楽しみにして あたしはあたしの 道を行く アーアーアー やっぱりあいつを 見返してやりたい 旬な女を つまみ食い やっぱりあいつを 見返してやりたい 人生返せと 云わないけれど
男さすらい村木弾村木弾高田ひろお徳久広司杉村俊博俺の生まれた あの山脈(やまなみ)は 星を背負って かがやいている 世間すねても 暗闇(くらやみ)ばかり 旅の 旅の空 俺はさすらう  夜は深いよ 心細いよ 夢や希望は 今どこにある いつになったら 明日(あした)がみえる 掴(つか)む あてもない 俺の星屑  流れ流れて さまよい生きる 心凍(こご)える 遥(はる)かな旅よ すべて無情か あの灯火(ともしび)は 遠く うるんでる 俺のゆく道
遠き昭和の…五木ひろし五木ひろし高田ひろお杉本眞人義野裕明あの人 この人 あの顔 この顔 みんなどうして いるんだろう 酒とタバコと 遊びに暮れた やんちゃ時代の 仲間たち 元気でいるか 変わりはないか 遠き 昭和の まぶしい時代  あいつに こいつに あの恋 この恋 修羅場くぐった こともある 酔いどれ男 薄情おんな 俺もおまえも 泣かされた 思い出だけが こころを巡る 遠き 昭和の まぶしい時代  あの歌 この歌 あの夢 この夢 今も覚えて いるだろか 安い酒場で 酒酌み交わし 語り明かした 夜もある 喧嘩もしたさ 突っ張りもしたさ 遠き 昭和の まぶしい時代  遠き 昭和の 灯りが恋し
流氷列車走裕介走裕介高田ひろお佐瀬寿一蔦将包雪が雪がななめに 降りしきる もいちどおまえに逢いに オホーツク あゝ酔いどれ夢見の あゝこんな男に 逢いたいなんて 逢いたいなんて 手紙をくれた ほろりさせるな 泣かせるな おまえを迎えに 流氷列車  地図を膝に拡げりゃ あと五駅 こころを揺らせて急(せ)かす 汽笛(ふえ)の音よ あゝ三年わかれた あゝふたりだけれど こんどはきっと こんどはきっと 幸せあげる 赤いマフラー 振りかざし おまえはホームに 流氷列車  あゝひと足早めに あゝ春がきたよな おまえの笑顔 おまえの笑顔 花咲く笑顔 離すもんかよ もうにどと おまえを迎えに 流氷列車
唇は赤き砂漠走裕介走裕介高田ひろお佐瀬寿一蔦将包唇 窄(すぼ)めて あなたの 名を呼ぶ 呼べど 応えぬ 淋しさよ 愛しながら 別れて 幾年よ 千千(ちぢ)に乱れる 我が心 あゝ唇は赤き砂漠  別れの 言葉は 怨みと 思はぬ 恋の苦しみ もういちど 霧に煙る 舗道の 接吻(くちづけ)を 思いだすのさ 我が肌に あゝ唇は赤き砂漠  弊舞橋(ぬきまいばし)から 面影 ガス燈 なんで未練に 偲ぶのか ひとりグラス かさねて 酔いしれる みんな幻 我が恋よ あゝ唇は赤き砂漠
心はればれ成田山島津亜矢島津亜矢高田ひろお船村徹蔦将包のぼる朝日の 門前町に 初日(はつひ)うれしい 鐘がなる ご利益いっぱい お不動さまに 両手合わせて 無事祈る 今日も明日も お守りだいて 心はればれ 心はればれ 成田山 成田ヨイトコ 良いところ  桜ふぶきの 人波くぐりゃ 凛とそびえる 新勝寺 千年前から 人びと救う 永久(とわ)にかわらぬ そのおしえ 今日も明日も お守りだいて 心はればれ 心はればれ 成田山 成田ヨイトコ 良いところ  雨にあじさい しっぽり濡れて 町へくり出す 祇園祭(ぎおんさい) お池のほとりで 誓った契り 結ぶおみくじ 吉とでる 今日も明日も お守りだいて 心はればれ 心はればれ 成田山 成田ヨイトコ 良いところ  山の紅葉(もみじ)は あかあか燃えて 耳を澄ませば 虫の声 恵みの光に 祈りを捧げ 歳の納めの 除夜の鐘 今日も明日も お守りだいて 心はればれ 心はればれ 成田山 成田ヨイトコ 良いところ
人生笑顔で神川しほ神川しほ高田ひろお杉本眞人周防泰臣追い求めたら しあわせ逃げる そんなときには 空をみる 白い雲を 眺めていると 心が大空に なれるから  しょうがないこと いっぱいあるさ 右も左も あふれてる 気にしないで 笑って生きる それがなにより なによりなのさ 人生は 悲しいとき つらいとき しょげるとき あるけれど 笑顔があれば それでいいのよ 人生は  しあわせなんか 気まぐれだよと 心しずかに 空をみる 羽根をひろげ おおきな鳥が 急いでゆっくり 飛んでゆく  しょうがないこと いっぱいあるさ それがわたしの 人生よ 雨にうたれ 寒さに耐えて 晴れたら大空 抱きしめる 人生は 悲しいとき つらいとき しょげるとき あるけれど 笑顔があれば それでいいのよ 人生は  しょうがないこと いっぱいあるさ 右も左も あふれてる 気にしないで 笑って生きる それがなにより なによりなのさ 人生は 悲しいとき つらいとき しょげるとき あるけれど 笑顔があれば それでいいのよ 人生は
桜咲くように 桜散るように神川しほ神川しほ高田ひろお杉本眞人周防泰臣これが浮世と いうものと あなたと別れ 知りました 見るものすべて ぼんやりと 心のなかは なにもない 桜咲くように 桜散るように 終わったの わたしの愛は さらさらと ひらひらと わたしの愛は  二年暮らした この部屋で いっぱい愛を あげたのに どうしてなのか わからない 悔やんでみたら 泣けてくる 桜咲くように 桜散るように おしまいなの ふたりの愛は さらさらと ひらひらと ふたりの愛は  ひとり決めたの 出直すと 誓った空から 涙雨 通りにでると 花びらが たくさん肩に まといつく 桜咲くように 桜散るように じっとみつめて わたしは歩く さらさらと ひらひらと わたしは歩く
フクちゃん~明日天気になあれ~こおろぎ'73こおろぎ'73高田ひろお小林亜星筒井広志ゲタがゲタゲタ笑ってる 水虫びっくり かゆいから ホイ お化け屋敷の 下駄も逃げ あの子もこの子も まっ青さ ホイ フクフク フクちゃん フク フクちゃん すべって ころんで たちあがる ゲタゲタ笑おう モリモリ笑おう 明日天気になあれ  カエル カエルといばってる 殿さまガエルが 刀さし ホイ 帽子かぶせて つかまえりゃ オシッコかけられ 逃げられた ホイ フクフク フクちゃん フク フクちゃん すべって ころんで たちあがる ゲタゲタ笑おう モリモリ笑おう 明日天気になあれ  フクフク フクちゃん フク フクちゃん すべって ころんで たちあがる ゲタゲタ笑おう モリモリ笑おう 明日天気になあれ
知床挽歌走裕介走裕介高田ひろお蔦将包蔦将包ことしの冬は 蝦夷(えぞ)ふくろうが おまえをさがして こずえで鳴くよ 汚れてしまった 哀しみだけを 暖炉にもやして 眠りにつこう 春は まだ遠い 知床挽歌  三年まえは 揺り椅子ゆらし おまえはセーター 編んでたそばで そろそろ流氷 岸辺によせる おもいでばなしが 手ぶらでくるよ 夢を もう一度 知床挽歌  やかんのお湯が たぎっているよ おまえがいたなら この髭づらを 剃りなと笑って 剃刀わたす 今夜は凍(しば)れる 北斗の星よ 冬の 月が照る 知床挽歌
銀次郎旅がらす彩青彩青高田ひろお四方章人伊戸のりお津軽海峡 ヨイショと越えりゃ 波が待ったと 通せんぼ “はぐれ者もんです” 浮世あぶれたひとり旅 下手な世渡り 三度笠 俺(おい)ら股旅 銀次郎  赤い蹴出(けだ)しを ちらりとみせて あの娘泣いてた 峠道 “はぐれ者です” 浮世あぶれたひとり旅 空でまたたく 北斗星 俺ら股旅 銀次郎  根雪(ねゆき)かき分け 草木がめぶく 春が草鞋(わらじ)に しのびよる “はぐれ者です” 浮世あぶれたひとり旅 あれが都(みやこ)か 灯がみえる 俺ら股旅 銀次郎
からっ風道中彩青彩青高田ひろお四方章人伊戸のりおやけに風が 風が 吹きつける 肩に重たい 振り分け荷物 浮世双六(うきよすごろく) 賽(さい)の目(め)まかせ 足のむくまま 中山道(なかせんどう) 木曽路娘(きそじむすめ)に あばよと手を振る 旅鴉(たびがらす)  おれの国の 国の 名物は 浅間三筋(あさまみすじ)の たなびく煙(けむり) からっ風だよ 合羽(かっぱ)があおる 空で鳶(とんび)が 輪をかいた 信濃追分(しなのおいわけ) あばよと手を振る 旅鴉  おっと泣いちゃ 泣いちゃ いけないぜ 可愛い娘(むすめ)が 見送る峠 行けば藪原(やぶはら) 妻籠(つまご)の宿(しゅく)か 夢であの娘(こ)が 追いすがる 馬篭峠(まごめとうげ)で あばよと手を振る 旅鴉
タコ感 ロッカジャポニカロッカジャポニカロッカジャポニカ高田ひろお小杉保夫松坂康司タコタコタコタコタコタコタコタコ  タコタコタコタコタコタコ タコ感 ロッカジャポニカ タコタコタコタコタコタコ タコ感 ロッカジャポニカ ロッカジャポニカ  空が晴れたよ あそびましょう 遊びたいひと タコアンテナに とまれ みんな もっと とまれ  にこにこにぃこにこにこにぃこにこにこ ロッカジャポニカ ずっとずっとずっとあそびましょう タコ感 ロッカジャポニカ ロッカジャポニカ  ぼくらだいすき にらめっこ 五人そろえば 誰かが先に笑う 笑うみんな笑う  虹のかなたに 五つのひかり 鳥だ! 猫だ! オトモダチだ! そうさロッカジャポニカ HAI! HAI! HAI!  タコタコタコタコタコタコ タコ感 ロッカジャポニカ タコタコタコタコタコタコ タコ感 ロッカジャポニカ ロッカジャポニカ ロッカジャポニカ タコ  タコタコタコタコタコタコタコタコ  タコタコタコタコタコタコ タコ感 ロッカジャポニカ タコタコタコタコタコタコ タコ感 ロッカジャポニカ ロッカジャポニカ  空で遊ぼう かくれんぼう 雲のない日は かくれるばしょがなくてこまる だけど ゆかい  わくわくわぁくわくわくわぁくわくわく ロッカジャポニカ もっともっともっとあそびましょう タコ感 ロッカジャポニカ ロッカジャポニカ  ぼくらだいすき 冒険が いつもマントを なびかせながら飛ぶよ 飛ぶよ空を飛ぶよ  夢のかなたに 五つのひかり 鳥だ! 猫だ! オトモダチだ! そうさロッカジャポニカ HAI! HAI! HAI!  タコタコタコタコタコタコ タコ感 ロッカジャポニカ タコタコタコタコタコタコ タコ感 ロッカジャポニカ ロッカジャポニカ ロッカジャポニカ タコ!
およげ!たいやき あんこちゃんつりビットつりビット高田ひろお佐瀬寿一ヤマモトショウまいにち まいにち わたしは てっぱんの うえでやかれて いやになっちゃうよ あるあさ わたしは みせのおじさんと けんかして うみに にげこんだのさ  コンブの ゆれてる うみのなか みんなが びじんに みえてくる わたしは びじんに みられたく ハラの アンコを おしまずみせた ところが イカタコ しらんかお たいき じどうを あやしていたよ  まいにち まいにち ともだち できないよ うみのなかは なにか ちがうよ イルカが しょんぼり およいでいたけど けっこんを できず なげいてた  クラゲが いじめに なやんでる エビじい はいかい いなくなる うかない かおして トラフグも しごとは はけんと ひらきなおってた みんなの はなしを きいてると うみの なかでも なやみがいっぱい  むじょうネ むじょうネ よのなかは みんな こころが つかれてる ゆるキャラ みたいに いきたいね わたしは ほんとに そうおもうのよ  やっぱり わたしは タイヤキさ うみに おかにも すめないよ みんなを つれて そらへゆく どこか すてきな ほしさがす
にんじゃきりん花田ゆういちろう、小野あつこ花田ゆういちろう、小野あつこ高田ひろお渋谷毅えいっ どろ~ん どろ~ん はやく にんじゃに なれるように いっしょう けんめい どろ~ん どろ~ん  ぼく キリン にんじゃです かくれんぼうが だいすきです えいっ どろ~ん どろ~ん でもね からだが おおきいので すぐに みんなに みつかります  ぼく くびが ながいです おしろの へいの なかまでみえる えいっ どろ~ん どろ~ん くびを のばすと カミナリさんに コツンと あたまを たたかれます  ぼく あしも ながいです からだの もよう きいろに ちゃいろ えいっ どろ~ん どろ~ん じゅもんを となえて がんばってると だんだん にてきた いしがきに  えいっ どろ~ん どろ~ん はやく にんじゃに なれるように はやく にんじゃに なれるように どろ~ん どろ~ん どろ~ん どろ~ん
忍ぶの乱れ大川栄策大川栄策高田ひろお筑紫竜平南郷達也口紅(べに)を拭(ぬぐ)った さくら紙 花が咲いてる 畳のすみに 誘いあう 裏箱根 忍ぶの乱れ 飲んだお酒に まわった酔いに ほどけてく ほどけてく あゝ黒髪よ  闇をきりさく 雷(いかずち)よ 雨よふれふれ 帰れぬように 月見草 忍野村(おしのむら) 忍ぶの乱れ 青い光に 轟(とどろ)く音に 炎(も)えあがる 炎(も)えあがる あゝひそやかに  みんなわすれて しまいたい ずっとこのまま 抱きしめて 罪深き 濁池(にごりいけ) 忍ぶの乱れ 肌も心も 溶かされてゆく 喘(あえ)ぎ泣く 喘(あえ)ぎ泣く あゝあの世まで
砂漠の子守唄すぎもとまさとすぎもとまさと高田ひろお杉本眞人杉本眞人ビルの谷間の 三日月に 銀のブランコ 吊りさげて 漕いでいたいよ 夜明けまで 子守唄など 聴きながら あゝ東京は 冷たい砂漠 心ぼろぼろ 心ぼろぼろ 淋しいよ  いくら恋して 愛しても 紅い花など 咲きゃしない 水をください 一滴(ひとしずく) 子守唄なら 眠らせて あゝ東京は 乾いた砂漠 心ひりひり 心ひりひり せつないよ  胸にわたしが 飼っていた 青い小鳥は 逃げたまま おいでもいちど 止まり木に 子守唄でも 歌ってよ あゝ東京は 眠らぬ砂漠 心ゆらゆら 心ゆらゆら 恋しいよ
およげ!たいやきくん寺岡呼人寺岡呼人高田ひろお佐瀬寿一寺岡呼人まいにち まいにち ぼくらは てっぱんの うえで やかれて いやになっちゃうよ あるあさ ぼくは みせのおじさんと けんかして うみに にげこんだのさ  はじめて およいだ うみのそこ とっても きもちが いいもんだ おなかの アンコが おもいけど うみは ひろいぜ こころがはずむ ももいろサンゴが てをふって ぼくの およぎを ながめていたよ  どんなに どんなに もがいても ハリが のどから とれないよ はまべで みしらぬ おじさんが ぼくを つりあげ びっくりしてた  やっぱり ぼくは タイヤキさ すこし こげある タイヤキさ おじさん つばを のみこんで ぼくを うまそに たべたのさ  まいにち まいにち たのしいことばかり なんぱせんが ぼくの すみかさ ときどき サメに いじめられるけど そんなときゃ そうさ にげるのさ  いちにち およげば ハラペコさ めだまも クルクル まわっちゃう たまには エビでも くわなけりゃ しおみず ばかりじゃ ふやけてしまう いわばの かげから くいつけば それは ちいさな つりばりだった
およげ!たいやきくん Duet with 竹内美宥稲垣潤一稲垣潤一高田ひろお佐瀬寿一まいにち まいにち ぼくらは てっぱんの うえで やかれて いやになっちゃうよ あるあさ ぼくは みせのおじさんと けんかして うみに にげこんだのさ  はじめて およいだ うみのそこ とっても きもちが いいもんだ おなかの アンコが おもいけど うみは ひろいぜ こころがはずむ ももいろサンゴが てをふって ぼくの およぎを ながめていたよ  まいにち まいにち たのしいことばかり なんぱせんが ぼくの すみかさ ときどき サメに いじめられるけど そんなときゃ そうさ にげるのさ  いちにち およげば ハラペコさ めだまも クルクル まわっちゃう たまには エビでも くわなけりゃ しおみず ばかりじゃ ふやけてしまう いわばの かげから くいつけば それは ちいさな つりばりだった  どんなに どんなに もがいても ハリが のどから とれないよ はまべで みしらぬ おじさんが ぼくを つりあげ びっくりしてた  やっぱり ぼくは タイヤキさ すこし こげある タイヤキさ おじさん つばを のみこんで ぼくを うまそうに たべたのさ
およげ!たいやきくんダイアモンド☆ユカイダイアモンド☆ユカイ高田ひろお佐瀬寿一まいにち まいにち ぼくらはてっぱんの うえで やかれて いやになっちゃうよ あるあさ ぼくは みせのおじさんと けんかして うみに にげこんだのさ  はじめて およいだ うみのそこ とっても きもちが いいもんだ おなかの アンコが おもいけど うみは ひろいぜ こころがはずむ  ももいろサンゴが てをふって ぼくのおよぎを ながめていたよ  まいにち まいにち たのしいことばかり なんぱせんが ぼくのすみかさ ときどき サメに いじめられるけど そんなときゃ そうさ にげるのさ  いちにち およげば ハラペコさ めだまも クルクル まわっちゃう たまには エビでも くわなけりゃ しおみず ばかりじゃ ふやけてしまう  いわばのかげから くいつけば それはちいさな つりばりだった  どんなにどんなに もがいても はりがのどからとれないよ はまべでみしらぬおじさんが ぼくをつりあげ びっくりしてた  やっぱりぼくは たいやきさ すこしこげあるたいやきさ おじさんつばをのみこんで ぼくをうまそうにたべたのさ
望郷よされ節みうら晶朗みうら晶朗高田ひろお水森英夫南郷達也星が星が 星がまたたくよ 遥か故郷は その向こう 風のすきまに 望郷よされ コップ持つ手が かじかむ冬だ ああ 帰ろかな 帰ろかな よされの里よ よされ よされ ああ‥‥  酒に酒に 酒におぼれてよ ぐずる ぐずる はぐれ者 夢もちぎれた 他国のくらし いまじゃ会えない あの子やあいつ ああ 呼んでいる 呼んでいる よされの里よ よされ よされ ああ‥‥  雪は雪は 雪はどか雪よ 山に里に 降りつもる 北の念仏 あのわらべ唄 鳥は帰るか 吹雪の中へ ああ 母の顔 父の声 よされの里よ よされ よされ ああ‥‥
螢子GOLD LYLIC山川豊GOLD LYLIC山川豊高田ひろお弦哲也前田俊明頬にひとすじ ひかってた 蛍みたいな その泪 辛い昔は 忘れりゃいいさ そっと振り向き 抱きしめた 螢子 螢子 どこか淋しい すがりぐせ  苦労かけたね おまえには いいのあなたの ためだから かわい奴だよ このままずっと 生きてゆきたい しあわせに 螢子 螢子 明日を占う 流れ星  いつかおまえと ふたりして 歩く絆の ひなたみち 泣いた分だけ 笑顔になれる 夢にむかって 一歩ずつ 螢子 螢子 俺はおまえを 離さない
神戸の落葉山川豊山川豊高田ひろお弦哲也前田俊明これっきりに しましょうと 君はとつぜん 云いだした 恋は散りゆく つめたい落葉 灯りせつない 三宮 思い出ばかり むなしく浮かぶ 港町  いつもそばに いるようで なぜか元町 にあう女 風に吹かれて 舞い散る落葉 うしろ姿が 消えてゆく 愛しているさ 今でも俺は 港町  霧にかすむ ポートタワー やけに未練が つきまとう ひとりしみじみ 手に取る落葉 こころ突き刺す 銅鑼の音 さよなら神戸 さよなら神戸 港町
昭和縄のれん走裕介走裕介高田ひろお杉本眞人南郷達也ひなびた路地の 縄のれん 焼鳥は世間のすみで 味わうものと 酸(す)いも甘(あま)いも かみわけた 父のこだわり いまわかる  酒とおんなは 二舎<号>まで 愚(ぐ)にもつかない 冗談云って 酔えばときどき 笑いとり 手酌(てじゃく)のすきな 父でした  ひとのじゃまにならぬよう ひとをおしのけ生きぬよう 努(つと)めてがんこを よそおった そんな父が いまもしずかに 飲んでいそうな 縄のれん  はたらきながら いやなこと 父はいっぱいあった はずだろうに 折り目ただしく 生きぬいた そして昭和も 幕をとじ  父と母との あいだには ほんのすこしの 波風あった そんなときには 縄のれん ひととき逃げる 場所でした  ひとのじゃまにならぬよう ひとをおしのけ生きぬよう 努(つと)めてがんこを よそおった そんな父が いまもしずかに 飲んでいそうな 縄のれん  そんな父が いまもしずかに 飲んでいそうな 縄のれん
およげ!たいやきくん白鳥英美子白鳥英美子高田ひろお佐瀬寿一毎日毎日 僕らは鉄板の 上で焼かれて 嫌になっちゃうよ ある朝 僕は 店のおじさんと けんかして 海に逃げこんだのさ 初めて泳いだ海の底 とっても気持ちがいいもんだ お腹のあんこが重いけど 海は広いぜ心がはずむ 桃いろさんごが手を振って 僕の泳ぎを眺めていたよ  毎日毎日 楽しいことばかり 難破船が僕のすみかさ ときどき鮫に いじめられるけど そんなときゃ そうさ 逃げるのさ 一日泳げばはらぺこさ 目玉もくるくる回っちゃう たまにはえびでも食わなけりゃ 塩水ばかりじゃふやけてしまう 岩場のかげから食いつけば それは小さなつりばりだった  どんなにどんなに もがいても 針が喉からとれないよ 浜べで見知らぬおじさんが 僕を釣り上げびっくりしてた  やっぱり僕はたいやきさ 少し焦げあるたいやきさ おじさん つばをのみ込んで 僕をうまそに食べたのさ
花咲く丘工藤あやの工藤あやの高田ひろお弦哲也南郷達也空にヒバリが 鳴いてます 笑顔いっぱい はじけます みどりの風に 囁(ささや)けば しあわせここよと 駈けてくる 花咲く丘で あなたを想う 愛(いと)しい気持ちが あふれます  だれが吹くのか ハーモニカ 胸にせつなく 聞こえます 心はいつも さわやかに かわいい娘に なりたいの 花咲く丘で あなたを想う 木洩(こも)れ陽(び)きらきら ゆれてます  ひとり編(あ)んでる れんげ草 いつか掛(か)けたい 花飾り せせらぎ聞いた 帰り道 恋してみたいの いつの日か 花咲く丘で あなたを想う 希望の明日(あした)が あふれます
母娘花笠工藤あやの&依薫香工藤あやの&依薫香高田ひろお弦哲也矢田部正春は山形 霞城(かじょう)の桜 母娘(おやこ)そろって お花見へ 今日の母さん きれいです いいえあなたも めんこいね 花も浮かれて 小径(こみち)に舞うの  夏は燃えます 祭りの季節 揃い浴衣で 踊ります 団扇(うちわ)ななめに 帯に差す 子供みたいに はしゃいでる 空で花火が 光っています  母娘(おやこ)花笠 唄って踊る 二人並んで さくらんぼ… ハー、ヤッショー、マカショー  秋は紅葉の 最上を下り 足をのばそか 酒田まで 舟で行きましょ のんびりと 久しぶりです 水いらず 風がくすぐる ふたりの髪を  冬は樹氷の 蔵王の山へ スキー温泉 雪見酒 今度来る時ゃ じいちゃんも 家族みんなで 来たいわね 月も笑顔で 夜空に浮かぶ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
飛騨川恋唄清水博正清水博正高田ひろお弦哲也前田俊明旅のなさけか 高山本線(たかやません)に さつきほころぶ 木の根橋 飛騨川は 飛騨川は おもいでの里 逢瀬の夢は 消えたけど つなぐこころの 恋花火 あなたをいまも 愛してる  そぞろあるきの 流れの岸に 誰をしのぶか 花が舞う 飛騨川は 飛騨川は おもいでの里 あの日の夢を 重ね岩 恋を呼んでる 水鳥よ 逢いたいあなた もういちど  筏ながしの 綱場の跡に ひとり佇み 川面みる 飛騨川は 飛騨川は おもいでの里 辿ればくねる 蛇ヶ谷(じゃがたに)よ せめて噂を つれてきて おもかげ探す おんな旅
飛騨川づくし清水博正清水博正高田ひろお弦哲也前田俊明ダム湖に映える 米田富士 背丈は低いが 容姿(すがた)はみごと 惚れちゃだめ 惚れちゃだめ そんなにみつめちゃ はずかしい ホッチョセ ホッチョセ  すいすい水を 切りながら 手漕ぎボートが 川面をはしる いい汗を いい汗を かいたら気分は サイコーよ ホッチョセ ホッチョセ  蠅追いおとこ 猿田彦 桶がわ祭りに ふれ愛まつり たのしいね たのしいね みんなの笑顔が たのしいね ホッチョセ ホッチョセ  飛騨川沿いの らくだ岩 みれば夢みる 恋する夢を なんとなく なんとなく あなたもわたしも しあわせよ ホッチョセ ホッチョセ
望郷よされ節花京院しのぶ花京院しのぶ高田ひろお水森英夫南郷達也星が星が 星がまたたくよ 遥か故郷は その向こう 風のすきまに 望郷よされ コップ持つ手が かじかむ冬だ ああ 帰ろかな 帰ろかな よされの里よ よされ よされ ああ……  酒に酒に 酒におぼれてよ ぐずる ぐずる はぐれ者 夢もちぎれた 他国のくらし いまじゃ会えない あの子やあいつ ああ 呼んでいる 呼んでいる よされの里よ よされ よされ ああ……  雪は雪は 雪はどか雪よ 山に里に 降りつもる 北の念仏 あのわらべ唄 鳥は帰るか 吹雪の中へ ああ 母の顔 父の声 よされの里よ よされ よされ ああ……
津軽の舟唄花京院しのぶ花京院しのぶ高田ひろお水森英夫南郷達也風が 風があばれる 吹雪になるか 海猫(ごめ)が時化(しけ)だと さわいでる 十三(とさ)の湊は 恋港 せめて釣ろうか あの娘(こ)を陸(おか)で おとこ追分 岩木山 惚れて冬越す エンヤコラサノ エンヤラセ  首に 首に手拭 巻きつけながら 沖の向こうに 手をあわす 恋の水揚げ 神だのみ あの娘(こ)内気な とべないカモメ こころ深浦 五所川原 波は片恋 エンヤコラサノ エンヤラセ  露地を 露地を曲がれば いつもの酒場 ひとりカラオケ 唄いきる 惚れたあの娘(こ)を 横目にヨ 飲めばやんちゃな 止まり木おやじ 夢は三厩(みんまや) 中泊 遠い春まつ エンヤコラサノ エンヤラセ
おふろのかぞえうたつるの剛士つるの剛士高田ひろお茅蔵人今谷忠弘・中村圭作ひとつとせ ひとりお風呂(ふろ)に 入るときゃ 湯加減(ゆかげん)ママに 見てもらおう ふたつとせ 服を脱(ぬ)ぐときゃ かごの中 キチンと一人で たたもうぜ イエイエ イエイエ ワォワォワォワォ イエイエ イエイエ ワォワォワォワォ  みっつとせ 耳を押さえて もぐったら おシリがプカリと せんすいかん よっつとせ よごれたドロンコ ひざこぞう ちょっぴりスリ傷(きず) 湯にしみる イエイエ イエイエ ワォワォワォワォ イエイエ イエイエ ワォワォワォワォ  いつつとせ いつも湯船(ゆぶね)で おならすりゃ お湯がプクリと はなちょうちん むっつとせ ムンムン湯気(ゆげ)の ガラス窓(まど) 似顔絵(にがおえ)かけば 宇宙人(うちゅうじん) イエイエ イエイエ ワォワォワォワォ イエイエ イエイエ ワォワォワォワォ  ななつとせ 七色(なないろ)シャンプーで 洗(あら)ったら あわぶくゴリラの 出来上がり やっつとせ パパといっしょに 入ったら お湯がザンブリ 大洪水(だいこうずい) イエイエ イエイエ ワォワォワォワォ イエイエ イエイエ ワォワォワォワォ  ここのつとせ キュウッとタオルを しぼったら おヘソもニッコリ わらってる とおとせ とうとうきれいに ピッカピカ パジャマを着たなら バイバイバイ バイバイバイバイ 寝てしまお!!
わくわく どきどき加藤憲史郎加藤憲史郎高田ひろお氏家晋也若草恵きのう おうちに いぬがきた なんて なまえを つけようかな かわいい なまえに しようかな つよそうな なまえに しようかな わくわく どきどき わくわく どきどき わくわく どきどき  きょうは おつかい たのまれた じょうずに おつかい できるかな ぱんやに ひとりで いけるかな あのかど まがって いけるかな わくわく どきどき わくわく どきどき わくわく どきどき  すきに なったよ ユズ(ゆず)ちゃんを かわいい えがおが だいすきさ だいじな おもちゃを あげよかな こっそり おはなを あげよかな わくわく どきどき わくわく どきどき わくわく どきどき  わくわく どきどき わくわく どきどき わくわく どきどき
おいら歌舞伎のぬらりんひょんひまわり屋ひまわり屋高田ひろお丸山和範丸山和範ぬらりんひょん ぬら ぬらりんひょん ぬらりんひょん ぬら ぬらりんひょん ぬらりんひょん ぬら ぬらぬらぬらぬら  さくら吹雪の 舞う道で おいら歌舞伎の ぬらりひょん しがねえな しがねえな おいら浮世(うきよ)を ぱっと てらす  知らざあ言って 聞かせやしょう (ひまわり屋ー) いても立っても いられねえ おいら歌舞伎の ぬらりひょん お父(と)っちゃんも お母(か)っちゃんも 婆(ばあ)ちゃまも お切りください 携帯(けいたい)電話  ぬーらりんひょん ぬーらりんひょん ぬーらぬらぬらら らー ぬーらりんひょん ぬーらりんひょん ぬーらりんひょん ぬーらぬらぬらら らー ぬーらりんひょん  千両役者じゃ ないけれど おいら歌舞伎の ぬらりんひょん 隈取(くまどり)で 見得(みえ)を切る おいら かけだし はなたれ小僧  こいつぁ春から縁起がいいわえ (イヨ!ひまわり屋) おいら出番は きっとくる おいら歌舞伎の ぬらりんひょん 花道に 花道に おぼろ月 夢は助六(すけろく) お江戸の桜  ぬーらりんひょん ぬーらりんひょん ぬーらぬらぬらら らー ぬーらりんひょん ぬーらりんひょん ぬーらりんひょん ぬーらぬらぬらら らー ぬーらりんひょん
祇園のおんな川中美幸川中美幸高田ひろお弦哲也前田俊明柳芽をふく 石畳 花見小路に 灯がともる 髪をおふくに 襟足しろく 心ばかりの おもてなし 京都祇園の おんなは身をこがす  夏は宵山 大文字 惚れた弱みの 夕涼み もやい恋です かなわぬ願い 涙かくして おもてなし 京都祇園の おんなは深情け  霧にかすんだ 花灯路 いまも面影 また浮かぶ 強く生きなきゃ この花街で 笑顔はんなり おもてなし 京都祇園の おんなは夢を抱く
お吉情話川中美幸川中美幸高田ひろお弦哲也前田俊明下田港の 寝姿山(ねすがたやま)は まるで鶴さん 寝ているようね 沖の黒船 おぼろ月 そうよわたしは 一夜妻(いちやづま) ひとは指さす ラシャメンと お吉はお吉は 哀しゅうございます  鶴さんは腕の立つ船大工 鶴さんの造った船で 祝言をあげたかった お吉は それが夢でした いまでも そうさ いまでもさ……  ひとの噂は 七十五日 いいえ五年 十年すぎた 恨みつらみの 石つぶて 元を正せば ハリスさん 酒よはなしを きいとくれ お吉はお吉は ひとりで生きてきた  伊豆は雨ふる 下田は荒れる 女ひとりじゃ 暮らせぬこの世 紅い着物で 稲生沢川(いのうざわ) これが見おさめ 夜桜の 燃ゆるくれない 宝福寺 お吉はお吉は あの世で結ばれる
柳葉魚佐々木新一佐々木新一高田ひろお水森英夫南郷達也川に上(のぼ)った シシャモの群れが 新釧路川(くしろ)に冬を 告げにくる 息子よ達者で やってるか 東京ぐらしに 馴れたかい なにはともあれ 大事にしろよ かみさんを  男やもめの 暮らしがつづき 増えたよ少し 酒の量 からだに悪いと 思いつつ やっぱり晩酌 かかせない なにはともあれ 心配するな わしのこと  たまに夫婦(ふたり)で 帰ってこいよ シシャモが川に 戻るよに 便りがないのは いい便り 今年はどか雪 降りそうだ なにはともあれ 大事にしろよ かみさんを
カラスの口紅氷川きよし氷川きよし高田ひろお佐瀬寿一塒(ねぐら) 奥飛騨(おくひだ) 深山(みやま)だよ カラスが口紅 つけて飛ぶ 東京へいった カラスを追って ちょいとお洒落(しゃれ)に 追いかける 富士のお山を ひらりと越えて 箱根峠(とうげ)で トンビにヨ じゃまをされても え~まっしぐら  わたる多摩川(たまがわ) 日が暮れて 岸辺(きしべ)にやすんで 浴(あ)びる水 ここらでひとつ 羽根つくろって 会うはカラスの 身だしなみ 富士のお山に ウィンク投げて 意地をかけます この恋に 空へひと鳴き え~茜雲(あかねぐも)  やっと見つけた 恋カラス 真っ赤な口紅 飛んでいた 夜明けの街は さむざむ明ける 鳴いて呼んでも 味噌(みそ)っかす 富士のお山が かすんでみえる あの娘(こ) 新宿 ウグイス気取り 知らぬ他国(たこく)で え~くやし泣き
恋する大阪川中美幸&水谷千重子川中美幸&水谷千重子高田ひろお聖川湧丸山雅仁水の都の 大阪は そぞろあるきの にあう街 御堂筋 えびす橋 宗右衛門町よ ここらあたりで お茶しましょうか 光ってる大阪は 光ってる恋の道 心うきうき 心うきうき 飛んでるふたり  頬をよせあい 好っきゃねん のぞく瞳に ささやいた くいだおれ 法善寺 人情横町 浮世小路で しあわせ願う 光ってる大阪は 光ってる石畳 風もうきうき 風もうきうき ふたりの仲を  寄って行きましょう ウメチカに 若いふたりの 夢の街 指さきに 揺れている 通天閣の 赤い夕日を ながめるふたり 光ってる大阪は 光ってる並木路 今日もうきうき 今日もうきうき 恋する街よ
半分こ川中美幸&水谷千重子川中美幸&水谷千重子高田ひろお聖川湧丸山雅仁あんた あんた たこ焼き うち お好み焼きや 食べる好みは 違うても 惚れるおとこの 好みは一緒 こまったわ どうしましょう 身をひいて そりゃあかん 男ひとりを半分こ できたらええな 雨がそぼ降る 戎橋  あんた あんた カジュアル うち 着物が好きや ほんまお洒落も あわへんが 惚れるおとこは おんなじ男 けんかして ふくれ面 抜けがけは そりゃあかん うちら姉妹はふたりして ひとりやもんな 恋がきらめく 御堂筋  じゃんけんで きめましょか うちいやや そりゃあかん 男ひとりを半分こ できたらええな 願をかけます 法善寺
ニッポン・春夏秋冬あさみちゆきあさみちゆき高田ひろお網倉一也お正月がきて すこしばかり 襟を正して お雑煮を いただいて あけましておめでとう 桜が咲き誇り 春の陽気に 誘われながら くしゃみなど ひとつして ごきげんよう 春風さん 桃の節句に こいのぼり 梅雨に雨傘 待ちぼうけ 折々の暮らしのなかで 泣いて笑って 感謝して 過ぎゆく日々に ありがとう 日本人だね…  暑い夏がきて 暑中お見舞い そっと認め 打ち水で 涼をとる こんにちは 下駄の音 芒の穂がゆれ 十五夜ですね 今宵この夜 さみしさが ふとつのり こんはんは お月さん 月見団子に お母さん 雁が飛び立ち 秋祭り 折々の暮らしのなかで 泣いて笑って 感謝して 過ぎゆく日々に ありがとう  家族そろって 年越しに お蕎麦をいただく しあわせは 折々の暮らしのなかで 慎ましやかに ありがとう 過ぎゆく日々に ありがとう 日本人だね…
お月さんとおりゃんせあさみちゆきあさみちゆき高田ひろお新井利昌夜の雀(すずめ)は どこで寝る きっと河原の 竹林(たけばやし) わたししんみり お酒を飲んで 今夜の宿を 探します  憎いあなたを 憎くする 明日(あす)がみえない 夜の闇 捨てたことなど 恨んじゃいない 返してほしい 春の夢  どこで生きても 生きられる なにもなくても 困らない わたし東京に 空ある限り くじけはしない 生きてゆく  どうぞお月さん とおりゃんせ 夜があるから 朝がくる 朝の光に この目をさまし がんばるだけよ 今日もまた
梅雨のあとさきあさみちゆきあさみちゆき高田ひろお新井利昌どうぞお先に お通りなさい 傘を傾(かし)げて ほほえんだ 見知らぬお方(かた)の ちいさな会釈(えしゃく) 小路(こみち)を 譲(ゆず)った 築地塀(ついじべい) 傘傾(かさかし)げ 傘傾げ 梅雨のあとさき 日本の心 心…  どこかあなたに 空似の人よ 傘が消えてく 宵の町 見知らぬお方の 背中がきえる やすらぎ 温もり うしろ影 傘傾げ 傘傾げ 梅雨のあとさき 日本の雨よ 雨よ…  淡(あわ)い思いを 抱かせて消えた 雨に仄(ほの)かな 恋心 見知らぬお方と にどとは会えぬ あじさい 濡(ぬ)れ竹 糸柳(いとやなぎ) 傘傾げ 傘傾げ 梅雨のあとさき 日本の心 心…
秋いちもんめあさみちゆきあさみちゆき高田ひろお網倉一也故郷(ふるさと)の夕焼けは 柿の木に 咲いている 川をみつめる 眼鏡(めがね)橋 風の匂いも なつかしい 落ち葉まぢかの 秋いちもんめ  故郷(ふるさと)の赤とんぼ 山裾(やますそ)に 群れるころ 母のちいさな 肩先に 羽根をやすめて 何語る 心淋しい 秋いちもんめ  故郷(ふるさと)の遠い空 初恋の 麦畑 語り尽くせぬ 思い出は 風に消えゆく 風車 思いださせる 秋いちもんめ
ウィスキー中条きよし中条きよし高田ひろお岡千秋京建輔淋しき男が 抱いて寝る おまえのかわりの ウィスキー 口をすぼめて 寒さをこらえりゃ ヒュルリ北風 心を叩く 恋をなくした 男は コロコロコロコロ 転がる落葉 行くあてないのに この足が おまえの家路に 行きたがる  悲しき心の やりどころ 酒場の片隅 ウィスキー 昔夢なら 預けるほどあった 可愛いおまえを 知るまえならば 恋をなくした 男は コロコロコロコロ 解けゆく氷 グラスにこぼした 想い出が 心にしみこむ 水割りよ  恋をなくした 男は コロコロコロコロ 解けゆく氷 酒場の止まり木 なぜ淋し おまえを偲んだ 水割りよ
およげ!たいやきくんジェロジェロ高田ひろお佐瀬寿一まいにち まいにち ぼくらは てっぱんの うえで やかれて いやになっちゃうよ あるあさ ぼくは みせのおじさんと けんかして うみに にげこんだのさ  はじめて およいだ うみのそこ とっても きもちが いいもんだ おなかの アンコが おもいけど うみは ひろいぜ こころがはずむ ももいろサンゴが てをふって ぼくの およぎを ながめていたよ  まいにち まいにち たのしいことばかり なんぱせんが ぼくの すみかさ ときどき サメに いじめられるけど そんなときゃ そうさ にげるのさ  いちにち およげば ハラペコさ めだまも クルクル まわっちゃう たまには エビでも くわなけりゃ しおみず ばかりじゃ ふやけてしまう いわばの かげから くいつけば それは ちいさな つりばりだった  どんなに どんなに もがいても ハリが のどから とれないよ はまべで みしらぬ おじさんが ぼくを つりあげ びっくりしてた  やっぱり ぼくは タイヤキさ すこし こげある タイヤキさ おじさん つばを のみこんで ぼくを うまそに たべたのさ
ほおずき氷川きよし氷川きよし高田ひろお佐瀬寿一前田俊明梅雨の晴れ間に ふたりして ほおずき市に いきました 七月十日の 浅草寺 君は浴衣を キリリと決めて  襟のあたりが 婀娜(あだ)っぽい ほつれ髪(げ)ゆれて 手を添える ほおずき咲いてる 植木鉢 ひとつ求めた あの日あの時  あれから幾年 経ったのか あの日の君は もういない  君はどこかへ 行ったけど まっかに燃える ほおずきを いまでもひとり 吹き鳴らす 君のところに 聞こえるように  町の景色は 様変わり 近くにできた スカイツリー 愛しているさ 今もなお 君が好きだよ 好きだよ君が  あれから幾年 経ったのか やさしい君は もういない  あれから幾年 経ったのか やさしい君は もういない
三味線わたり鳥杜このみ杜このみ高田ひろお聖川湧丸山雅仁だめでもともとええじゃないか ええじゃないか 当たってくだけろ 人生は くよくよしてたら ばかをみる 人は一代 泣き笑い おまたせしました あンあ あンあンあン 三味線 三味線 三味線 わたり鳥  だめでもともとええじゃないか ええじゃないか ほんきで死ぬよな 恋をする おんなのこころは 梅の枝 惚れて鶯 抱きしめる おまたせしました あンあ あンあンあン 三味線 三味線 三味線 わたり鳥  だめでもともとええじゃないか ええじゃないか 買ってもあたらぬ 宝くじ それでも笑顔を たやさずに あおぐ夜空に 明日がある おまたせしました あンあ あンあンあン 三味線 三味線 三味線 わたり鳥
およげ!たいやきくんAGC38 feat. 東京ブラススタイルAGC38 feat. 東京ブラススタイル高田ひろお佐瀬寿一津崎知之まいにち まいにち ぼくらは てっぱんの うえで やかれて いやになっちゃうよ あるあさ ぼくは みせのおじさんと けんかして うみに にげこんだのさ  はじめて およいだ うみのそこ とっても きもちが いいもんだ おなかの アンコが おもいけど うみは ひろいぜ こころがはずむ ももいろサンゴが てをふって ぼくの およぎを ながめていたよ  まいにち まいにち たのしいことばかり なんぱせんが ぼくのすみかさ ときどき サメに いじめられるけど そんなときゃ そうさ にげるのさ  いちにち およげば ハラペコさ めだまも クルクル まわっちゃう たまには エビでも くわなけりゃ しおみず ばかりじゃ ふやけてしまう いわばの かげから くいつけば  それは ちいさな つりばりだった どんなに どんなに もがいても ハリが のどから とれないよ はまべで みしらぬ おじさんが ぼくを つりあげ びっくりしてた  やっぱり ぼくは タイヤキさ すこし こげある タイヤキさ おじさん つばを のみこんで ぼくを うまそに たべたのさ
およげ!たいやき ヤキヤキ音頭AGC38 feat. 東京ブラススタイルAGC38 feat. 東京ブラススタイル高田ひろお佐瀬寿一津崎知之海にやっとこ なれました 魚いろいろ およいでいるよ 回転寿司さ 海のなか まわってこないね たまご焼き ヤキヤキヤキヤキ ソレ ヤキヤキ ヤッキヤキ  タコのじまんは あやとりだ 糸がとちゅうで こんがらかった はっぽん足に からまって 身うごきできずに 泣き出した ありゃさ こりゃさ ヤキヤキ スッピン スッピン たいやきくん  ちょいとサンマは うぬぼれ屋 焼けばにおいが ばつぐんなのと きどって海を およぐけど お水のなかでは 焼けません ヤキヤキヤキヤキ ソレ ヤキヤキ ヤッキヤキ  ヒラメ カレイと かくれんぼう 砂にかくれて こっちみているよ どちらがカレイ またヒラメ いまだに くべつが つきません ありゃさ こりゃさ ヤキヤキ スッピン スッピン たいやきくん  海はおもろい やつばかり エビとカニさん またフラダンス はらをよじらせ 笑ったら おなかのアンコが はみでたよ ヤキヤキヤキヤキ ソレ ヤキヤキ ヤッキヤキ  はらのアンコが はみでたら アンコ ちらばり まっくらやみさ ぼくは忍者と おもわれて 弟子入り してきた イカがいる ありゃさ こりゃさ ヤキヤキ スッピン スッピン たいやきくん
ごはんあさみちゆきあさみちゆき高田ひろお網倉一也泣いたあと いつも ほかほかの 白いごはんを そっとそっと たべるのです おかずはたくあん ひと切れ ただそれだけで なんとなく しあわせな気持に なるのです お母さん お母さん 飾りのない 飾らない ごはんのような 人生を わすれていました お母さん  かなしみを いつも ほかほかの 白いごはんは そっとそっと つつむのです ふるさと はなれて 暮らして いろいろ恋も したけれど やっぱりひとりに なりました お母さん お母さん 元気だして だいじょうぶ ごはんの湯気が 励ますの あなたのかわりに お母さん  お母さん お母さん 飾りのない 飾らない ごはんのような 人生を わすれていました お母さん
ないない女の数え歌あさみちゆきあさみちゆき高田ひろお杉本眞人ひとつ 日陰のワンルーム ふたつ ふたりの恋終わり みっつ 見栄張ることもなく よっつ ようやく生きている  ないないない なにもない 恋もお金も 夢もない ないないない なにもない だけど夜明けの 陽は昇る  いつつ いつもの独り言 むっつ 虚しく酒を飲み ななつ 七色虹よ咲け やっつ 痩せてくことばかり  ないないない なにもない わたし飛べない 籠の鳥 ないないない なにもない だけど明日も 陽は昇る  ここのつ こつこつ生きていりゃ とおで 花咲くこともある  ないないない なにもない なにもなくても 生きてゆく ないないない なにもない だけど夜明けの 陽は昇る  ないないない なにもない 恋もお金も 夢もない ないないない なにもない だけど夜明けの 陽は昇る
秋櫻の頃すぎもとまさとすぎもとまさと高田ひろお杉本眞人いくつかの 盆が過ぎ いくつかの 齢を取る 秋の日和の 陽だまりのなかを 亡き父は 縁側に いつも湯呑みを 置いていた  コスモスが 咲いている 風がきて 揺れている そんな風情に 目を細めながら 一服の 茶を啜る 静けさ好む 父でした  取り越し苦労を してきたような 父の目元の 笑い皺 過ぎた昔を 懐かしむように 湯呑みを包む 父の手を おもいだします 今も 今も…  こつこつと 働いて 愚痴さえも こぼさずに 妻を愛して 子どもを愛して ささやかな 人生を ひたむきに生きた 父だけど  手にとれば 重たくて 古びてる 欠けている 茶渋のついた 湯呑み茶碗に 亡き父は 何を思い 何を語って いたのでしょう  取り越し苦労を してきたような 父の目元の 笑い皺 揺れるコスモス 慈(いつく)しむような 静かな父の まなざしを おもいだします 今も 今も…  取り越し苦労を してきたような 父の目元の 笑い皺 過ぎた昔を 懐かしむように 湯呑みを包む 父の手を おもいだします 今も 今も…
加トー茶チャチャチャ論語塾加藤茶加藤茶高田ひろおたかしまあきひこたかしまあきひこ雨のふる日は 傘がいる 天気のいい日は 傘はじゃま じゃまになるときゃ じっとして 出番がくるのを まつだけよ まつだけよ  おちゃめ 茶ぼうず おぼっちゃま チャット 着メロ ウーロン茶 お茶漬け ケチャップ ちゃんこ鍋 チャーハン チャーシュウ チャーミング  チャチャチャ チャチャチャ 加トー茶 俺は加トー茶 なんちゃって チャチャチャ チャチャチャ チャランポラン ちゃんと 着席 はじめよう  「子曰(のたまわ)く 辞は達するのみ」 (アイタ! 痔はイテーんだよねぇ) チャチャチャ チャチャチャ 加トー茶チャチャチャ論語塾  上をむいて あるいたら 拾いわすれた 金もある かわりに お靴に 踏んづけた 論より証拠の 犬のフン 犬のフン  爺っちゃん 婆っちゃん ちゃんちゃんこ ちゃっかり おちゃらけ 茶番劇 チャリティー チャレンジ チャンピオン チャート チャリンコ チャールストン  チャチャチャ チャチャチャ 加トー茶 俺は加トー茶 なんちゃって チャチャチャ チャチャチャ チャランポラン ちゃいなら チャルメラ またあした  「子曰く 性相近し 習い相遠し」 (あんたも好きねぇ) チャチャチャ チャチャチャ 加トー茶チャチャチャ論語塾  チャチャチャ チャチャチャ 加トー茶 俺は加トー茶 なんちゃって チャチャチャ チャチャチャ チャランポラン ちゃんと 着席 はじめよう  「少年老い易く 学成り難し」 (勉強しろヨー) チャチャチャ チャチャチャ 加トー茶チャチャチャ論語塾  ちゃいなら ちゃんぽん またあそぼ
秋櫻の頃あさみちゆきあさみちゆき高田ひろお杉本眞人宮崎慎二いくつかの 盆が過ぎ いくつかの 齢を取る 秋の日和の 陽だまりのなかを 亡き父は 縁側に いつも湯呑みを 置いていた  コスモスが 咲いている 風がきて 揺れている そんな風情に 目を細めながら 一服の 茶を啜る 静けさ好む 父でした  取り越し苦労を してきたような 父の目元の 笑い皺 過ぎた昔を 懐かしむように 湯呑みを包む 父の手を おもいだします 今も 今も…  こつこつと 働いて 愚痴さえも こぼさずに 妻を愛して 子どもを愛して ささやかな 人生を ひたむきに生きた 父だけど  手にとれば 重たくて 古びてる 欠けている 茶渋のついた 湯呑み茶碗に 亡き父は 何を思い 何を語って いたのでしょう  取り越し苦労を してきたような 父の目元の 笑い皺 揺れるコスモス 慈(いつく)しむような 静かな父の まなざしを おもいだします 今も 今も…  取り越し苦労を してきたような 父の目元の 笑い皺 過ぎた昔を 懐かしむように 湯呑みを包む 父の手を おもいだします 今も 今も…
およげ!たいやきくんScott MurphyScott Murphy高田ひろお佐瀬寿一スコット・マーフィーまいにち まいにち ぼくらはてっぱんの うえでやかれて いやになっちゃうよ あるあさ ぼくは みせのおじさんと けんかして うみに にげこんだのさ  はじめて およいだ うみのそこ とっても きもちが いいもんだ おなかの アンコが おもいけど うみは ひろいぜ こころがはずむ ももいろサンゴが てをふって ぼくの およぎを ながめていたよ  まいにち まいにち たのしいことばかり なんぱせんが ぼくの すみかさ ときどき サメに いじめられるけど そんなときゃ そうさ にげるのさ  いちにち およげば はらぺこさ めだまも クルクル まわっちゃう たまには エビでも くわなけりゃ しおみず ばかりじゃ ふやけてしまう いわばの かげから くいつけば それは ちいさな つりばりだった  どんなに どんなに もがいても ハリが のどから とれないよ はまべで みしらぬ おじさんが ぼくを つりあげ びっくりしてた  やっぱり ぼくは タイヤキさ すこし こげある タイヤキさ おじさん つばを のみこんで ぼくを うまそうに たべたのさ
世界の果てへ ~Around The World~Scott MurphyScott Murphy高田ひろお佐瀬寿一スコット・マーフィートランク一つに夢のせ 眠らない夜を駆け 頭空にして さあ 闇の中 hit the road  トラフィックの間を すり抜けて 今この時を 生き抜いて  Come on この目に 全てを焼き付つけて とまらない 地の果てを巡るまで  千を語る写真より 億の未知の世界 過ぎたら戻れない 過去なんていらない  町のざわめき 背に 空仰ぎ 砂漠の海 雪舞う尾根 地平線追いかけて
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
男のポケット天知茂天知茂高田ひろお檀一郎男の男のポケットは 悲しい涙の捨て場所だ 古びたベンチの 木もれ陽だけが 今の俺の友達だ 捨てて行くなら 手紙を書くな ほほえみなんか 残すなよ 汚れた靴など そろえるな 別れにこだわり 残すなよ  男の男のポケットは 女に言えないかくれ場所 おまえになんにも してやれなくて 今は後悔しているよ 汽車で行くなら 駅まで送るよ くちづけなんか求めるな 口紅ぐらいはつけて行け 静かに背を向け 行くんだよ  男の男のポケットは 自分一人の逃げ場所だ 二人で歩いたこの街並を いつか俺も捨てるだろう なくした愛ほど いとしくなるけど やさしい言葉かけるなよ 俺のことなど気にするな いい人みつけて 生きてくれ
およげ!たいやきくん辻希美辻希美高田ひろお佐瀬寿一まいにち まいにち ぼくらは てっぱんの うえで やかれて いやになっちゃうよ あるあさ ぼくは みせのおじさんと けんかして うみに にげこんだのさ  はじめて およいだ うみのそこ とっても きもちが いいもんだ おなかの アンコが おもいけど うみは ひろいぜ こころがはずむ ももいろサンゴが てをふって ぼくの およぎを ながめていたよ  まいにち まいにち たのしいことばかり なんぱせんが ぼくの すみかさ ときどき サメに いじめられるけど そんなときゃ そうさ にげるのさ  いちにち およげば ハラペコさ めだまも クルクル まわっちゃう たまには エビでも くわなけりゃ しおみず ばかりじゃ ふやけてしまう いわばの かげから くいつけば それは ちいさな つりばりだった  どんなに どんなに もがいても ハリが のどから とれないよ はまべで みしらぬ おじさんが ぼくを つりあげ びっくりしてた  やっぱり ぼくは タイヤキさ すこし こげある タイヤキさ おじさん つばを のみこんで ぼくを うまそに たべたのさ
メリーゴーランドすぎもとまさとすぎもとまさと高田ひろお杉本眞人爪まで切って くれる男は さよならも言わず いなくなる  ちょっと 淋しい 話だね 女は 別れが 来るたびに ピエロのように 泣き笑い  メーリー メーリー ゴーランド 男の膝は 遊園地 メーリー メーリー ゴーランド 一日甘えて 遊んだね  本当は泣いて 暮らしているのに 恋人 いるよな ふりをして みえっぱりだね バカなんだね  三月も惚れて 一緒にいれば 七癖もみんな うつったわ  ちょっと バカげた 話だね 夜更けに こっそり 思い出が 回転木馬に 乗って来る  メーリー メーリー ゴーランド 男の膝は 遊園地 メーリー メーリー ゴーランド 一日甘えて 遊んだね  遊び上手に 見せているけど 本当は 真面目な 女だよ みえっぱりだね バカなんだね  メーリー メーリー ゴーランド 男の膝は 遊園地 メーリー メーリー ゴーランド 一日甘えて 遊んだね  本当は泣いて 暮らしているのに 恋人 いるよな ふりをして みえっぱりだね バカなんだね
遠き昭和の…すぎもとまさとすぎもとまさと高田ひろお杉本眞人あの人 この人 あの顔 この顔 みんなどうして いるんだろう 酒と タバコと 遊びに暮れた やんちゃ時代の 仲間たち 元気でいるか 変わりはないか 遠き昭和の まぶしい時代  あいつに こいつに あの恋 この恋 修羅場くぐった こともある 酔いどれ男 薄情おんな 俺もおまえも 泣かされた 思い出だけが こころを巡る 遠き昭和の まぶしい時代  あの歌 この歌 あの夢 この夢 今も覚えて いるだろか 安い酒場で 酒酌み交わし 語り明かした 夜もある 喧嘩もしたさ 突っ張りもしたさ 遠き昭和の まぶしい時代  遠き昭和の 灯りが恋し
かつおぶしだよ人生はふじおれん・月島晴海ふじおれん・月島晴海高田ひろお佐瀬寿一藤尾領猫に生まれて よかったよ 気ままに生きても 誰も文句はいわないよ まいにち毎日 猫の手を 借りたいなんて 人間は エ~忙しそうに してるけど 貸してくれよと 頼んでこない それで それで いいんだよ ハア~かつおぶしだよ人生は  猫に生まれて しあわせよ のっぴきならねえ いやな世の中みてきたよ なにかをなにかを ねだるとき 猫なで声で 人間は エ~猫のまねして すり寄るよ やめておくれよ おいらのまねを だけど だけど いいんだよ ハア~かつおぶしだよ人生は  恋する恋する 春がくる 心も庭も 花が咲く エ~「かつぶし一緒に たべようね」 今日もタマちゃん 垣根で誘う それで それで いいんだよ ハア~かつおぶしだよ人生は
人生なんぼ節!小林旭小林旭高田ひろお杉本眞人宮崎慎二惚れっぽいのさ あいつ 下手な鉄砲 撃ちつづけ ふられ ふられても 強がって 淋しく 笑うだけ 若いころ 若いころ 皆そうさ… あぁ~ 人生 人生なんぼ節  空でお天道さま 見てる 人の道には 外れるな 嘘と恥との 上塗りじゃ どうにも なりゃしない 若いころ 若いころ 気がつかぬ… あぁ~ 人生 人生なんぼ節 そうだろ そうじゃないか…  おまえ男じゃ ないか 面の構えで ほぼ決まる 嫁は 気立てが いちばんさ 尽くして 尽くされて 若いころ 若いころ はち切れろ… あぁ~ 人生 人生なんぼ節  銭は汗かき 稼げ 一攫千金 狙っても こけて 転んで 泥まみれ 明日が またあるさ 若いころ 若いころ 苦労は買えよ… あぁ~ 人生 人生なんぼ節 そうだろ そうじゃないか…
遠き昭和の…GOLD LYLIC小林旭GOLD LYLIC小林旭高田ひろお杉本眞人宮崎慎二あの人 この人 あの顔 この顔 みんなどうして いるんだろう 酒とタバコと 遊びに暮れた やんちゃ時代の 仲間たち 元気でいるか 変わりはないか 遠き 昭和の まぶしい時代  あいつに こいつに あの恋 この恋 修羅場くぐった こともある 酔いどれ男 薄情おんな 俺もおまえも 泣かされた 思い出だけが こころを巡る 遠き 昭和の まぶしい時代  あの歌 この歌 あの夢 この夢 今も覚えて いるだろか 安い酒場で 酒酌み交わし 語り明かした 夜もある 喧嘩もしたさ 突っ張りもしたさ 遠き 昭和の まぶしい時代  遠き 昭和の 灯りが恋し
笹鰈(ささがれい)あさみちゆきあさみちゆき高田ひろお網倉一也宮崎慎二しあわせは 笹鰈 箸でその身を ほぐしつつ 故郷の かあさんを 思い出す 冬の夜  恋破れ 泣いた夜 これであなたも やさしさの 塩加減 できたねと かあさんが 呟いた  笹鰈 笹鰈 かあさんの かあさんの かあさんの味  しあわせは 笹鰈 一夜気持を 干したあと 泣かないで あのひとに さよならを 伝えたの  女には 海のよな 広い心が あるのよと あのときの かあさんの あの言葉 忘れない  笹鰈 笹鰈 かあさんの かあさんの かあさんの味  笹鰈 笹鰈 かあさんの かあさんの かあさんの味
ランドセル どっかん加藤清史郎加藤清史郎高田ひろお佐瀬寿一佐瀬寿一ランドセル どっかん せおって どっかん どっかん あるくんだ がっこうへ いくみち たのしいな ともだち たくさん できるかな たくさん できたら ハイハイハイ みんなの なまえ ハイハイハイ ちゃんと ちゃんと おぼえられるかな  ランドセル どっかん せおって どっかん どっかん あるくんだ せなかで カタカタ クスクスと ノートに きょうかしょ ふでばこが なかよく いっしょに ハイハイハイ うたって いるよ ハイハイハイ いちねんせい いちねんせい とっても ゆかいだな  ランドセル どっかん せおって どっかん どっかん あるくんだ おそらで おひさま わらってる ぼくの えがおも ピッカピカ うきうき どきどき ハイハイハイ きょうも がっこうで ハイハイハイ せんせいに せんせいに おはよう いうんだよ  うきうき どきどき ハイハイハイ きょうも がっこうで ハイハイハイ せんせいに せんせいに おはよう いうんだよ
かつおぶしだよ人生は加藤清史郎 & アンクル☆させ加藤清史郎 & アンクル☆させ高田ひろお佐瀬寿一佐瀬寿一猫に生まれて よかったよ 気ままに生きても 誰も文句はいわないよ まいにち毎日 猫の手を 借りたいなんて 人間は エ~忙しそうに してるけど 貸してくれよと 頼んでこない それで それで いいんだよ ハア~かつおぶしだよ人生は  猫に生まれて しあわせよ のっぴきならねえ いやな世の中みてきたよ なにかをなにかを ねだるとき 猫なで声で 人間は エ~猫のまねして すり寄るよ やめておくれよ おいらのまねを だけど だけど いいんだよ ハア~かつおぶしだよ人生は  恋する恋する 春がくる 心も庭も 花が咲く エ~「かつぶし一緒に たべようね」 今日もタマちゃん 垣根で誘う それで それで いいんだよ ハア~かつおぶしだよ人生は
さよならのソネットLady,oh!Lady,oh!高田ひろお鈴木邦彦さよなら さよなら さよならのソネット 泣きぬれて佇んで 振りむいてひとり さよなら さよなら さよならのソネット 淋しさに微笑んで 行き過ぎてひとり  あなたとなら 陽気にふるまい過ごせた ひとつの傘 見送る哀しい調べ 涙をふくことさえ 忘れていました わたしはもう ひとりで帰るだけ  ずぶ濡れの恋心 街角につまずいて 黄昏の人波に 残されて泣いていた  さよなら さよなら さよならのソネット 泣きぬれて佇んで 振りむいてひとり さよなら さよなら さよならのソネット 淋しさに微笑んで 行き過ぎてひとり  落葉のころ 二人で旅にも行ったし 背中をむけ ときどき喧嘩もしたわ 心の糸 あなたのほうから切るのに わたしはまだ あなたを捜してる  すり切れたレコードが 想い出をなぞるよに 流れゆく哀しみが この胸で歌になる
水たまり小林旭小林旭高田ひろお杉本真人また胸ん中に水たまりが出来ちまった 夜になると想い出が ピチャンとはねてさ この胸がおまえを恋しがるんだ 男ってのは淋しがり屋なんだよな  おまえは可憐な 俺の花 誰も汚せぬ 指させぬ 泣けば三日も 目を腫らし 泣かせた過去を せめている 水たまり 水たまり おまえの夢が 揺れる夜  夜更けに小石を 蹴るたびに すこし淋しい 水の音 胸におまえの ほほえみが 浮かんで消えて また浮かぶ 水たまり 水たまり 飛び越えながら 想う夜  ふと立ち停まるとさ 自分の影がやけに淋しそうでさ また おまえのところへ 戻りたくなっちまうんだ 男ってやつは勝手だよな  さよなら言ったら くちびるに 黒髪噛んで ふるえてた 傘にかくれて 駆けだせば 小雨の街で 泣いていた 水たまり 水たまり 別れの顔が 浮かぶ夜
キャベツ畑のサンマ森山愛子森山愛子高田ひろお奥田民生若草恵いつのまにか 北極や南極の氷が解けはじめ いつのまにか 陸(おか)のうえは洪水になっていた そしてぼくらサンマも 流れ流され キャベツ畑に 流された  キャベツ畑は ミミズがいるから餌には困らない 天敵といえば あの地下にいるモグラだけ 山のタヌキやキツネ リスにクマさんは ぼくらのことを 知らん顔  ぼくらは海から きたばかり 落ち葉の葉っぱを 背につけて トビウオみたいに 飛んでゆく  いつのまにか ぼくらはキャベツ畑に慣れ始め いつのまにか てんとう虫と仲良くなったり たまには尺取り虫の ごきげんうかがい 海のことなど 忘れてた  ある日ぼくらは モグラとささいなことから戦争さ ぼくらの武器は モグラ叩きの小槌だけ そしてモグラは 炭(すみ)と七輪(しちりん) 金網(かなあみ)で ぼくらを捕まえ 焼くつもり  ぼくらはサンマだ なめるなよ ぼくらは忍者に 早変わり モグラを煙に まきました  戦いつかれた ぼくたちは サンゴが歌う 子守唄 海で聴きたく なりました
肥後の盆唄 ~炎~石川さゆり石川さゆり高田ひろお三木たかし若草恵襦袢(じゅばん)の裾(すそ)に 蛍が止まる 止まる蛍が 盆を呼ぶ 抱かれて熱い 熱いこの身を あんたもいちど 抱き締めて 惚れちょるばい 惚れちょるばい あの世へ逝っても 惚れちょるけんね あ…あんた あ…あんた 盆に来い  おどま盆ぎり 盆ぎり 盆からさきゃ 居らんど  早よ来ておくれ 八代湾(やっちろわん)の 波にきらめく 不知火は 迎え火なのか 夢幻か 生きる女の 命火か 惚れちょるばい 惚れちょるばい 情も焦がれて 惚れちょるけんね あ…あんた あ…あんた 逢いに来い  惚れちょるばい 惚れちょるばい あの世へ逝っても 惚れちょるけんね あ…あんた あ…あんた 盆に来い  あ…あんた あ…あんた 逢いに来い
あさがおあさみちゆきあさみちゆき高田ひろお網倉一也宮崎慎二仕立ておろしの 浴衣着て ひと箸つけた 冷麦の 妹の つたない箸さばき 思い出します あの夏の日  花火見つめる 縁側で ビール片手の 父がいた 傍らで寄り添う 母の手は そっと団扇を あおいでた  あの夏は もう帰らない あの夏は もう帰らない 今年の夏も 庭に朝顔は 咲いているでしょうか  鼻緒が切れた 夏祭り ハンカチ裂いて すげ替えた 妹は 片足立ちをして じっと待ってた あの夏の日  氷イチゴと 朝顔と 家族そろった 夏休み 妹も 私も 嫁いでも 忘れられない あの家が  あの夏は もう帰らない あの夏は もう帰らない 今年の夏も 庭に朝顔は 咲いているでしょうか  あの夏は もう帰らない あの夏は もう帰らない 今年の夏も 庭に朝顔は 咲いているでしょうか  咲いているでしょうか…
夕焼けの空森昌子森昌子高田ひろお遠藤実恋に破れた わたしの膝に 母がすすめる 写真がひとつ この人に一度 会ってみたらと 水仕事している手を拭き 声かける 涙を指に からませながら みあげる空は 暮れてゆく あのひと忘れて お嫁にゆけない  風に吹かれた 風鈴ひとつ なぜか哀しく 心に響く 夕焼けの空に 愛を焦がして あのひとの胸に甘えて みたかった 倒れるぐらいに 悩んだけれど わたしの気持 かわらない あのひと忘れて お嫁にゆけない  花嫁衣裳 夢みてきたの 一生いちどの ことですものね 指を折りそっと 想いよせては 涙ぐむわたしのこの胸 つらすぎる 灯りをさがして 生きてくけれど いますぐ愛は 消せないの あのひと忘れて お嫁にゆけない
女 春雨破れ傘石川さゆり石川さゆり高田ひろお岡千秋宮崎慎二一歩踏みだし もつれる足に カラコロ カラコロ カラコロ 転がる 東下駄(あずまげた) チッと唇(くちびる) 尖(とが)らせて ついてないわと ひとり言 情け深川 情け雨 女 春雨 破れ傘  嘘もだましも なんでもありの 男と女の 男と女の この浮世 風は柳を なびかせる なびく気のない 恋もある 絆ほどいて 泣き枕 女 春雨 破れ傘  活きのいいのが とりえじゃないか 色恋なんかに 色恋なんかに 負けちゃだめ 男まさりと 呼ばれるが 辰巳女(たつみおんな)の 意地がある 木遣(きや)りくずしの 流れ花 女 春雨 破れ傘
パンダ うさぎ コアラ神崎ゆう子・坂田おさむ神崎ゆう子・坂田おさむ高田ひろお乾裕樹おいで おいで おいで おいで パンダ パンダ おいで おいで おいで おいで うさぎ うさぎ おいで おいで おいで おいで コアラ コアラ パンダ うさぎ コアラ  (せりふ)「できたかな じゃ もう1回やってみようね」  おいで おいで おいで おいで パンダ パンダ おいで おいで おいで おいで うさぎ うさぎ おいで おいで おいで おいで コアラ コアラ パンダ うさぎ コアラ  (せりふ)「ハイ よくできたね じゃ もう1回やってみようね」  おいで おいで おいで おいで パンダ パンダ おいで おいで おいで おいで うさぎ うさぎ おいで おいで おいで おいで コアラ コアラ パンダ うさぎ コアラ  (せりふ)「サァこんどは パンダとうさぎとコアラを じゅんばんに やってみてね」  パンダ うさぎ コアラ パンダ うさぎ コアラ パンダ うさぎ コアラ パンダ うさぎ コアラ パンダ うさぎ コアラ パンダ うさぎ コアラ パンダ うさぎ コアラ  (せりふ)「サァ こんどはちょっと はやくなりますよ」  パンダ うさぎ コアラ パンダ うさぎ コアラ パンダ うさぎ コアラ パンダ うさぎ コアラ パンダ うさぎ コアラ パンダ うさぎ コアラ パンダ うさぎ コアラ  (せりふ)「サァ さいごはもっともっとはやくなりますよ」  パンダ うさぎ コアラ パンダ うさぎ コアラ パンダ うさぎ コアラ パンダ うさぎ コアラ パンダ うさぎ コアラ パンダ うさぎ コアラ パンダ うさぎ コアラ
パタパタママのこいのこのこいのこ高田ひろお佐瀬寿一パタパタママ パタパタママ パタパタ パタパタママ パタパタママ パタパタ  6じ あまど パタパタ うるさいな 7じ おなべ ケロケロ だいどころ 8じ パパのくつを ピカピカ くつみがき 9じ おそうじ スイスイ ぼくじゃまさ 10じ せんたく ポイポイ スイッチ オン 11じ おふとん ポカポカ ふとんほし 12じ おけしょう パタパタ ママ きれいだよ  パクパクママ パクパクママ パクパク パクパクママ パクパクママ パクパク  1じ おかし パクパク つまみぐい 2じ テレビ チラチラ いねむりさ 3じ となりのママと ペチャクチャ ベランダで 4じ かいもの ブラブラ ぼくいっしょ 5じ おふろを ピュクピュク わかしすぎ 6じ パパをうきうき おでむかえ 7じ ゆうしょく パクパク ママよくたべる  パタパタママ パクパクママ もう8じ そろそろぼく パジャマをきて おやすみさ
パラダイス ドラキュラ内海賢二・こおろぎ'73内海賢二・こおろぎ'73高田ひろおクニ河内武市昌久美人をみれば ヨダレがズルリ こころワクワク 足もとはずむ 先祖代々 二重人格 頭脳明晰 IQは ドラQラ 人間みんな 好きなのさ なろうぜ おいらと 友達に  練馬のやしきは イッツ パラダイス 暮らしよいのさ ドント パラダイス ドント ドント ドント ドラキュラ ドント ドント ドント ドン パラダイス  棺桶しめりゃ イビキがグアリ 鼻ちょうちん パチンとわれる 夢のなかで 杭をうたれりゃ びっしょり ひや汗かいて 眠られぬ 神経とっても こまいから びっくり すること 嫌いだぜ  たすけておくれよ イッツ パラダイス ねぼけまなこさ ドント パラダイス ドント ドント ドント ドラキュラ ドント ドント ドント ドン パラダイス  ニンニク お水 ゲエッとはきけ 十字架 太陽 ギャーッとなるよ 嫌いなものは 数々あるけど 娘のチョコラの笑顔 生きがいさ なぜか 今夜は 眠れない のどが かわいて やるせない  馬車を走らせ イッツ パラダイス 美人をさがして ドント パラダイス ドント ドント ドント ドラキュラ ドント ドント ドント ドン パラダイス  練馬のやしきは イッツ パラダイス 暮らしよいのさ ドント パラダイス ドント ドント ドント ドラキュラ ドント ドント ドント ドン パラダイス  パラダイス
ショーがないね節小林旭小林旭高田ひろお首藤正毅花嫁衣装は ジーパンで それが夢なの ショーがないね 二階の窓から アベックに はな紙投げてちゃ、ショーがないね あなたの写真を 電柱に べたべた貼りつけ 抱きついた あの街この街 日が暮れる 夜がまたくる ショーがないね ショーがないね  あなたの似顔を 窓ガラス 描いてキスした ショーがないね おいらのこころを知りながら どこにきえたの ショーがないね あなたが夜店で かってきた お猿のおもちゃの ネジまいて いっしょに騒いだ さみしくて 星もぬれてる ショーがないね ショーがないね  冷や酒あおって はしご酒 ひとりぼっちじゃ ショーがないね 他人のふところ あてにして おいてゆかれちゃ ショーがないね あなたの忘れた マッチ箱 ともせばヤブ蚊が 飛んできて 浦町横丁に 風が吹く 月もふて寝で ショーがないね ショーがないね  ショーがない ショーがない ショーがないね こんな時世じゃ ショーがないね それでもいのちの あるかぎり 生きてゆかなきゃ ショーがないね あなたをお嫁に もらうとき 生命保険の 受取りに あなたの名前を かいてやろ それが愛だよ ショーがないね ショーがないね
砂漠の子守唄あさみちゆきあさみちゆき高田ひろお杉本眞人ビルの谷間の 三日月に 銀のブランコ 吊りさげて 漕いでいたいよ 夜明けまで 子守唄など 聴きながら あゝ東京は冷たい砂漠 心ぼろぼろ 心ぼろぼろ 淋しいよ  いくら恋して 愛しても 赤い花など 咲きゃしない 水をください 一滴(ひとしずく) 子守唄なら 眠らせて あゝ東京は乾いた砂漠 心ひりひり 心ひりひり せつないよ  胸にわたしが 飼っていた 青い小鳥は 逃げたまま おいでもいちど 止まり木に 子守唄でも 歌ってよ あゝ東京は眠らぬ砂漠 心ゆらゆら 心ゆらゆら 恋しいよ
ぽかぽかふわふわ大杉久美子・コロムビアゆりかご会大杉久美子・コロムビアゆりかご会高田ひろお菊池俊輔菊池俊輔おひさま ラッパパ くものうえ ラッパパ ラッパパ ラッパッパー 小鳥が空で 宙返り ふわふわわた雲 どこへゆく いちょうの木に よじ登り 誰かの名前を 呼びたいな ぽかぽか ふわふわ あったかい日だな 窓辺でお昼寝 ドラえもん  おひさま ラッパパ くものうえ ラッパパ ラッパパ ラッパッパー 垣根で風が 笑ってる ポストにちいさな かたつむり こころはじける こんな日は 誰かに手紙を 書きたいな ぽかぽか ふわふわ あったかい日だな 窓辺でお昼寝 ドラえもん  おひさま ラッパパ くものうえ ラッパパ ラッパパ ラッパッパー 青空かすめ とんでゆく 銀色飛行機 豆つぶさ 明日があるから 夢がある 誰かの肩を たたきたい ぽかぽか ふわふわ あったかい日だな 窓辺でお昼寝 ドラえもん
サンタクロースはどこのひと大山のぶ代大山のぶ代高田ひろお菊池俊輔青木望サンタクロースは どこのひと やまのむこうの やまからくるよ しろいふさふさ ひげのばし おじいちゃんかも しれないな  サンタクロースは どこのひと まちのむこうの まちからくるよ あかいぼうしを かぶってる ぼうしやさんかも しれないな  サンタクロースは どこのひと ふゆのむこうの ふゆからくるよ いつも シャンシャン すずならし がっきやさんかも しれないな  サンタクロースは どこのひと ゆきのむこうの ゆきからくるよ おおきなふくろに プレゼント おもちゃやさんかも しれないな  サンタクロースは どこのひと ゆめのむこうの ゆめからくるよ かわいいトナカイ ひきつれて いったいだれでしょ だれでしょね
青空っていいな堀江美都子堀江美都子高田ひろお菊池俊輔菊池俊輔ごらんよ 青空が笑っている 君とぼくの心に 笑っている おおきな青空を ながめてると 誰かさんの笑顔に みえてくるよ ぼくらは未来の 地球っ子 とっても素敵な 星だから どこかへゆきたいな 風に吹かれ 君とぼくは地球の ともだちなのさ  ごらんよ 青空を鳥がとぶよ 君もぼくも泣き顔 にあわないさ 涙は青空に ふいてもらおう なにか今日はいいこと ありそうだね ぼくらは未来の地球っ子 とっても素敵な 星だから 遠くのあの島へ 行ってみよう 君と歌をいっしょに くちずさんで  ぼくらは未来の 地球っ子 とっても素敵な 星だから しあわせさがそうよ 空のむこう 風が呼ぶよ 明日にちぎれ雲が
わたしと猫曜日伊東恵里伊東恵里高田ひろお風戸慎介風戸慎介月曜日には 仔猫をひろい 火曜日には ネズミを獲った ラララ  ニャンニャンニャニャンニャーニャー ニャンニャンニャーニャー  水曜日には 魚をぬすみ 木曜日には あやまりにいった ラララ  ニャンニャンニャニャンニャーニャー ニャンニャンニャーニャー  金曜日には 鈴をつけて 土曜日には 屋根からおちた ラララ  ニャンニャンニャニャンニャーニャー ニャンニャンニャーニャー  日曜日には 朝からニャーニャー  ニャンニャンニャニャンニャーニャー ニャンニャンニャーニャー ラララ ニャンニャンニャニャンニャーニャー ニャンニャンニャーニャー  わたしはこの一週間 仔猫にふりまわされて 名前をつけるのを 忘れてた
人恋岬南かなこ南かなこ高田ひろお弦哲也南郷達也ボトルのロに 息吹きかけて 霧笛の音を鳴らします…あなた なんて淋しい なんてせつない この響き 恋も夢も生きる望みも みんなみんな逃げて行く 能登の海は 鴎ばかりの 人恋岬  黙っていても 涙が頬に ほろほろ落ちてこぼれます…あなた いくら呼んでも いくら泣いても 戻れない どこにあなた どこにいるのよ 胸が胸が恋しがる 能登の海は 鴎ばかりの 人恋岬  叶わぬ夢を 見果てぬ夢を 引きずりながら立ち止まる…あなた うしろ髪引く 未練ばかりの 幻よ 消えておくれ そっとここから 恋は恋は終わったの 能登の海は 鴎ばかりの 人恋岬
港のカラスあさみちゆきあさみちゆき高田ひろお杉本眞人川口真憎い恋しい あの人は わたしに何も 云わないで アラビア文字の 貨物船 日暮れに乗って 行っちゃった  港カモメの 群れのなか わたしはカラス 赤い目の 夕焼け色の 電柱で あのひとそっと 見送った  昔 異人さんに 連れられて 少女も船に 乗ってった 行ったら帰る あてもない 昔も今も 横浜は  山で暮らせば いいものを 街まで来たら 捨てられた 今夜もひとり 止まり木で カァーカァー泣いて 飲むだけさ
野菜畑の演奏会子門真人子門真人高田ひろお佐瀬寿一あおいそらに ちぎれぐも やさいばたけの にぐるまのうえ みんなみんな がっきをもって お日さまあびて あつまった タクトをふるのは ニンジンくん ナスビのドラムで まくあけて キュウリのピアノで トマトがうたう ジャガイモくんは サイドギター そうさ あしたになれば みんなみんな いちばに うられてゆくのさ だからきょうは おわかれ おわかれ おわかれ えんそうかい  かぜのふく日も あめの日も やさいばたけを まもってきたよ みんなみんな ちからをあわせ くるしいことを のりこえた メソメソなくのは タマネギくん キノコのおどりは チャールストン アスパラくんの トランペット どんなにふいても おとでない そうさ あしたになれば みんなみんな いちばに うられてゆくのさ だからきょうは みんなで よどうし よどうし おどろうよ
ニュートンファミリー子門真人子門真人高田ひろお佐瀬寿一トントントントン Boo-Boo トントントントン Boo-Boo  モジャモジャおひげの ジイちゃんブタ (ジイちゃんジイちゃん) クリクリ目だまの バアちゃんブタ (バアちゃんバアちゃん) ガーゴーいびきの とうさんブタ プリプリつのだす かあさんブタ テカテカテカテカ リーゼントのにいさんブタ みんなみんな (Ye!Ye!Ye!Ye!)太りすぎ からだをくねらせ (Wou Wou Wou Wou)ジャズダンス 1匹、2匹、3匹、4匹、5匹そろって シェイプアップ トントントントントントン シェイプアップ  コロコロ太っちょ ねえさんブタ (ねえさんねえさん) メソメソ泣き虫 おとうとブタ (ニュートンファミリー) チャカチャカおしゃまな いもうとブタ モリモリがっつく いそうろうブタ フガフガフガフガ だだっこのぼくもブタ くーるりくーるり (Ye!Ye!Ye!Ye!)宙返り 引力ひかれて (Wou Wou Wou Wou)尻もち 6匹、7匹、8匹、9匹、10匹そろって シェイプアップ トントントントントントン シェイプアップ  ブーブーブーブー (Ye!Ye!Ye!Ye!)いいながら やせてみたいわ (Wou Wou Wou Wou)100グラム ダブダブおなか ダブダブゆすり 家族そろって シェイプアップ トントントントントントン シェイプアップ トントントントン Boo-Boo トントントントン Boo-Boo
こよみをめくって汽車がゆく子門真人子門真人高田ひろお佐瀬寿一シュシュポッポ シュポッポ 出発進行 ゴーゴーゴー  一月の汽車は お正月のせる お年玉たくさん つんでこい 二月の汽車は 節分のせる 鬼はそとそと 福はうち 三月の汽車は おひなさまのせる 五人ばやしの 笛太鼓 四月の汽車は 入園式のせる 友だちいっぱい たのしいな  五月の汽車は こいのぼりのせる でっかくなれよ 男の子 六月の汽車は 雨雨のせる てるてる坊主の おでましだい 七月の汽車は たなばたのせる ささの葉てっきょう あまのがわ 八月の汽車は お祭りのせる ワッショイみこしの おとおりだ  シュシュポッポ シュポッポ ガタゴト 走れゴーゴーゴー  九月の汽車は 遠足のせる 明日天気に なっとくれ 十月の汽車は 運動会のせる かけっこどきどき ヨーイドン 十一月の汽車は やきいものせる おち葉のたき火で ほっかほっかふーふー 十二月の汽車は クリスマスのせる サンタのおじさん 待ってるよ  シュシュポッポ シュポッポ ガタゴト 走れゴーゴーゴー
ホネホネ・ロック子門真人子門真人高田ひろお佐瀬寿一人喰い酋長が おおだいこ 月夜にこっそり たたいたら 博物館の 恐龍が 一緒にうかれて 踊ったぜ ホネホネ・ロック ホネホネ・ロック ホネホネ ホネロック  タイマツもって ガイコツも ちょうつがいはずし 踊ったぜ 路地の裏の ゴミ箱じゃ イワシの頭も 踊ったぜ ホネホネ・ロック ホネホネ・ロック ホネホネ ホネロック  砂漠じゃ死んだ ライオンも たてがみみだして 踊ったぜ ムカデやヘビの なきがらも たいこにあわせて 踊ったぜ ホネホネ・ロック ホネホネ・ロック ホネホネ ホネロック  ホネホネ ホネロック
およげ!たいやきくんPLATINA LYLIC子門真人PLATINA LYLIC子門真人高田ひろお佐瀬寿一まいにち まいにち ぼくらは てっぱんの うえで やかれて いやになっちゃうよ あるあさ ぼくは みせのおじさんと けんかして うみに にげこんだのさ  はじめて およいだ うみのそこ とっても きもちが いいもんだ おなかの アンコが おもいけど うみは ひろいぜ こころがはずむ ももいろサンゴが てをふって ぼくの およぎを ながめていたよ  まいにち まいにち たのしいことばかり なんぱせんが ぼくの すみかさ ときどき サメに いじめられるけど そんなときゃ そうさ にげるのさ  いちにち およげば ハラペコさ めだまも クルクル まわっちゃう たまには エビでも くわなけりゃ しおみず ばかりじゃ ふやけてしまう いわばの かげから くいつけば それは ちいさな つりばりだった  どんなに どんなに もがいても ハリが のどから とれないよ はまべで みしらぬ おじさんが ぼくを つりあげ びっくりしてた  やっぱり ぼくは タイヤキさ すこし こげある タイヤキさ おじさん つばを のみこんで ぼくを うまそに たべたのさ
牛ちゃんマンボ山崎バニラ山崎バニラ高田ひろお佐瀬寿一伊戸のりお元気 元気 大きな声で 牛はモーとなく いつも牧場で おなかいっぱい 草をげんきに たべてるよ ぶらぶらしっぽ ブルンブルン ぶらぶらしっぽ ブルンブルン  スキヤキうまいよ 焼肉も マンボ(マンボ) 牛ちゃん牛ちゃん がんばるぞ がんばるぞ(がんばるぞ) シャブシャブうまいよ ステーキも マンボ(マンボ) モーモーモーいちど おともだちになってよね (オーレイ)  元気 元気 今日も元気 牛はモーとなく ハチがおしりを 刺そうとするよ おしりぷりんぷりん しているから かわいいツノが つんつん かわいいツノが つんつん  牛丼うまいよ ハンバーガーも マンボ(マンボ) 牛ちゃん牛ちゃん がんばるぞ がんばるぞ(がんばるぞ) 肉じゃがうまいよ ビーフカレーも マンボ(マンボ) モーモーモーいちど おともだちになってよね (オーレイ)  元気 元気 大きな声で 牛はモーとなく 鼻におしゃれな ピアスつけて ちょっとばかし 太めでも やさしいおめめ キョロンキョロン やさしいおめめ キョロンキョロン  スキヤキうまいよ 焼き肉も マンボ(マンボ) 牛ちゃん牛ちゃん がんばるぞ がんばるぞ(がんばるぞ) 踊りもうまいよ ステップだって マンボ(マンボ) モーモーモーいちど おともだちになってよね (オーレイ)
およげ! たいやきくんMUCCMUCC高田ひろお佐瀬寿一まいにち まいにち ぼくらは てっぱんのうえで やかれて いやになっちゃうよ あるあさ ぼくは みせのおじさんと けんかして うみに にげこんだのさ  はじめて およいだ うみのそこ とっても きもちが いいもんだ おなかの アンコが おもいけど うみは ひろいぜ こころがはずむ ももいろサンゴが てをふって ぼくの およぎを ながめていたよ  まいにち まいにち たのしいことばかり なんぱせんが ぼくの すみかさ ときどき サメに いじめられるけど そんなときゃ そうさ にげるのさ  いちにち およげば ハラペコさ めだまも クルクル まわっちゃう たまには エビでも くわなけりゃ しおみず ばかりじゃ ふやけてしまう いわばの かげから くいつけば それは ちいさな つりばりだった  どんなに どんなに もがいても ハリが のどから とれないよ はまべで みしらぬ おじさんが ぼくを つりあげ びっくりしてた  やっぱり ぼくは タイヤキさ すこし こげある タイヤキさ おじさん つばを のみこんで ぼくを うまそうに たべたのさ
踊れ!たいやきくんたいプリたいプリ高田ひろお佐瀬寿一佐瀬寿一ヤーレン ソーラン ソーラン 踊れたいやきヤーレンソーラン 踊れたいやきヤーレンソーラン  カニさんとじゃんけん あっちむいてホイ タコと空手だ こっちむいてホイ あっちむいて ヤーレン こっちむいて ソーラン ニシンきたかと サンマに問えば そんなこと北海道知事に きけよといわれたよ  イソギンチャクに つかまってホイ オナラをひっかけ にげました あっちむいて ヤーレン こっちむいて ソーラン はらのアンコが だいすきなのと そんなことおっしゃってチョイナ ヒラメがついてくる  ホッカホッカたいやき コゲコゲ カリカリ あんこがプリプリ うまいしょっ  ヤーレン ソーラン ソーラン 踊れたいやきヤーレンソーラン 踊れたいやきヤーレンソーラン  フグの娘と にらめっこホイ 負けてキッスの バツゲーム あっちむいて ヤーレン こっちむいて ソーラン ぼくの生まれは 鉄板の上 そんなことされたらアッチ! ほっぺが熱くなる  かくれんぼ海で してたらホイ タコ焼き君も やってきた あっちむいて ヤーレン こっちむいて ソーラン アンタ出べそじゃ ないかときけば そんなことひみつとヤンサ するりと逃げられた  ホッカホッカたいやき コゲコゲ カリカリ あんこがプリプリ うまいしょっ  ホッカホッカたいやき コゲコゲ カリカリ あんこがプリプリ うまいしょっ  ホッカホッカたいやき コゲコゲ カリカリ あんこがプリプリ うまいしょっ  ホッカホッカたいやき コゲコゲ カリカリ あんこがプリプリ うまいしょっ
AKASAKAタヌキ村ハヤトハヤト高田ひろお叶弦大若草恵タ タ タヌキタヌキタヌキ 男って何なの タ タ タヌキタヌキタヌキ 赤坂タヌキ村  昔 赤坂辺りは タヌキが棲んでいた だけどタヌキの塒を 人は掘り返し お金儲けのビルを 建てたから 行き先なくしたタヌキたち みんな困った いっそ そうならこうしましょう お湯に浸かって そうしましょう そしてタヌキたち みんな美人に化けて 夜の街に出た 狭くて暗い 花のミニクラブ 昔棲んでた場所だから とても落ち着くわ  タ タ タヌキタヌキタヌキ 男って何なの タ タ タヌキタヌキタヌキ 赤坂タヌキ村  飲んで歌って踊れば 男が口説くから その気あるよな振りして さらりとかわすのよ 粋な女の 恋の薄化粧 噂にびっくりキツネたち やって来たのよ いっそ そうならこうしましょう お湯に浸かって そうしましょう そしてタヌキたち みんなドレスを捨てて 尻っぽみせたのよ 飲むだけ飲んで ドロンしちゃおかな キツネ・タヌキで赤坂の 夜は更けてゆく  だけどいまさら どこへ帰りゃいい 麻布 狸穴 六本木 帰る場所がない
てくてくダ・カーポダ・カーポ高田ひろお榊原政敏この広い空のもとを てくてく すり切れた 古い靴をはいて この長い細い道を てくてく 道しるべなんか いらないさ 額に汗が にじんだら 風の奴に ふいてもらおう てくてく てくてく てくてく てくてく……  あの白い雲と一緒に てくてく つぎはぎのかばん 肩にかけて あの赤い夕陽のもとへ てくてく 道草しながら あるくのさ 苦しい日々が つづいたら 風の奴に 抱いてもらおう てくてく てくてく てくてく てくてく……
青い空はポケットさ大杉久美子大杉久美子高田ひろお菊池俊輔菊池俊輔あおいそらは ポケットさ しあわせつつむ ポケットさ くちぶえふいて あるいてゆこう こずえのうえでは おひさまが ホラホラ ん? てらしてる  しろいとりが そらをとぶ ぼくらのやねの うえをとぶ まどあけて よんでみよう ちいさなかぜが ほほえんで ホラホラ ん? ふいている  ゆめをみるのは いいことさ おおきなゆめを つかまえろ かみをなびかせ かけてゆこう しろいわたぐも おいかけて ホラホラ ん? うたおうよ  しろいわたぐも おいかけて ホラホラ ん? うたおうよ
まる顔のうた大山のぶ代大山のぶ代高田ひろお菊池俊輔菊池俊輔まあるい顔の ひとがいる ながい顔の ひとがいる 四角い顔の ひとがいる さんかく顔の ひとがいる 泣いておこって だだこねりゃ 泣き虫顔になるけれど でもでも 笑ってごらん みんな みんな まる顔さ  まあるいおでこの ひとがいる まあるい眉の ひとがいる まあるい鼻の ひとがいる まあるい口の ひとがいる すねてぐずって困らせりゃ 意地悪顔に なるけれど でもでも 笑ってごらん みんな みんな まる顔さ  泣いておこって だだこねりゃ 泣き虫顔になるけれど でもでも 笑ってごらん みんな みんな まる顔さ
あした・あさって・しあさって小原乃梨子・森の木児童合唱団小原乃梨子・森の木児童合唱団高田ひろお菊池俊輔菊池俊輔あした あさって しあさって なにかいいこと ありそうさ だから探しに ゆくんだよ 道のむこうに 空がある 空のむこうに 鳥がなく 鳥のなく日は 青空さ しあわせ色の 青空さ  あした あさって しあさって ポッケに手をいれ 歩こうよ 生きているって すばらしい 草にかくれて 虫がなく 虫のなく日は 花が咲く 花の咲く日は あたたかい こころの窓も あたたかい  あした あさって しあさって みんなつなごう ちいさな手 そしてあしたに 声かけよう 川のむこうに 海がある 海のむこうに 星がある 星の降る夜は 夢をみる しずかにそっと 夢をみる
コップ酒芦屋雁之助芦屋雁之助高田ひろお桜田誠一手塩にかけた 娘も嫁つぎ ぽっかり空いた こころの中に なみなみ注ぐ コップ酒 背中で年齢が わかるよな 少し苦労も したけれど 俺の人生 悔いはない  長い会社務めやったなあ‥‥かあさん これからも手をとりあって 歩いていこなぁ たのんまっせ  ひとつやふたつ 色恋あった 想い出語る 年齢でもないが この手に包む コップ酒 あぐらをかけば 胸もとを そっと日暮れの 風が吹く 俺の人生 悔いはない  思えばなにも してやれなくて すまぬかあさん 苦労をかけた なみなみあおる コップ酒 波風たてず この俺に よくぞ今日まで ついてきた 俺の人生 悔いはない
およげ!たいやきくん池田鴻池田鴻高田ひろお佐瀬寿一まいにち まいにち ぼくらは てっぱんの うえでやかれて いやになっちゃうよ あるあさ ぼくは みせのおじさんと けんかして うみに にげこんだのさ  はじめて およいだ うみのそこ とっても きもちが いいもんだ おなかの アンコが おもいけど うみは ひろいぜ こころがはずむ ももいろサンゴが てをふって ぼくの およぎを ながめていたよ  まいにち まいにち たのしいことばかり なんぱせんが ぼくの すみかさ ときどき サメに いじめられるけど そんなときゃ そうさ にげるのさ  いちにち およげば ハラペコさ めだまも クルクル まわっちゃう たまには エビでも くわなけりゃ しおみず ばかりじゃ ふやけてしまう いわばの かげから くいつけば それは ちいさな つりばりだった  どんなに どんなに もがいても ハリが のどから とれないよ はまべで みしらぬ おじさんが ぼくを つりあげ びっくりしてた  やっぱり ぼくは タイヤキさ すこし こげある タイヤキさ おじさん つばを のみこんで ぼくを うまそうに たべたのさ
たこやきマントマン主題歌さねよしいさ子さねよしいさ子高田ひろお小杉保夫たこたこたこたこたこたこたこたこ たこたこたぁこたこたこたぁこたこたこ たこやきマントマン たこたこたぁこたこたこたぁこたこたこ たこやきマントマン たこやきマントマン  空が晴れたよ あそびましょう 遊びたいひと たこアンテナにとまれ みんな もっと とまれ にこにこにぃこにこにこにぃこにこにこ たこやきマントマン ずっとずっとずっとあそびましょう たこたこたこやきマントマン たこやきマントマン ぼくらだいすき にらめっこ 五人そろえば 誰かが先に笑う 笑うみんな笑う 虹のかなたに 五つのひかり 鳥だ!猫だ!たこやきだ! そうさたこやきマントマン HAI! HAI! HAI! たこたこたぁこたこたこたぁこたこたこ たこやきマントマン たこたこたぁこたこたこたぁこたこたこ たこやきマントマン たこやきマントマン たこやきマントマン たこ  たこたこたこたこたこたこたこたこ たこたこたぁこたこたこたぁこたこたこ たこやきマントマン たこたこたぁこたこたこたぁこたこたこ たこやきマントマン たこやきマントマン  空で遊ぼう かくれんぼう 雲のない日は かくれるばしょがなくてこまる だけど ゆかい わくわくわぁくわくわくわぁくわくわく たこやきマントマン もっともっともっとあそびましょう たこたこたこたこやきマントマン たこやきマントマン ぼくらだいすき 冒険が いつもマントを なびかせながら飛ぶよ 飛ぶよ空を飛ぶよ 夢のかなたに 五つのひかり  鳥だ!猫だ!たこやきだ! そうさたこやきマントマン HAI! HAI! HAI! たこたこたぁこたこたこたぁこたこたこ たこやきマントマン たこたこたぁこたこたこたぁこたこたこ たこやきマントマン たこやきマントマン たこやきマントマン たこ
パパとあそぼう五木ひろし五木ひろし高田ひろお五木ひろしちいさな生命が 生まれたとき パパは決めたよ  おまえの青空になるんだと おいで パパの膝のうえ 散歩にゆこうか 肩車 パパはおまえの 遊園地だから すくすく育て のびのび生きろ 今日はパパといっしょに パパとあそぼう  おまえが大きく なったとき きっとおまえは 世界を飛びまわることだろう そんな夢を パパはみて 頬ずりするのも いまのうち いつかパパから 離れてゆくなら すくすく育て のびのび生きろ 今日はパパといっしょに パパとあそぼう  ラララ… ラララ…  男ならば やさしさと けんかもすこしは できる子に なっておくれよ 男の子だもの すくすく育て のびのび生きろ 今日はパパといっしょに  パパとあそぼう パパとあそぼう 
絆川大川栄策大川栄策高田ひろお市川昭介あなたとこの世で 逢うために 生まれてきたよな 気がします 人目を忍んだ 宿命(さだめ)の裏で ようやくみつけた 春ひとつ 縋る女の縋る女の 絆川  愛(いと)しくなっては 憎くなる ほんとの愛を 知りました お酒のしずくで なぞった傘に ふたりの名前を 並べても 夢が散りそな夢が散りそな 絆川  あなたの心が 変ったら 生きてはゆけない 女です 死ぬまでこの恋 炎やしていたい 一夜(ひとよ)の情けに 身をまかせ 明日も溺れる明日も溺れる 絆川
小諸情歌大川栄策大川栄策高田ひろお徳久広司都会の水のしょぱさに 泣いて いないか 妹よ もしも暮らしに 破れたならば 生まれ育った 故郷へ 帰って おいでよ 赤とんぼ  あいつに惚れて ついてった 心やさしい 妹よ 情け徳利を しんみり注いで 昔唄った あの歌を 今夜はひと節 唄おうか  小諸でてみろ 浅間の山に  花嫁衣裳 みたかった たった ひとりの 妹よ 手提げひとつで しょんぼり帰る 痩せてやつれた 夢をみて 眠れぬ夜更けが またつづく
ブランコ堀内孝雄堀内孝雄高田ひろお堀内孝雄ボブ佐久間淋しいとき 悲しいとき 泣きたくなったとき 日暮れの町 涙でこぐ ひとりぼっちの ブランコ 夕焼空に ぼくがいて 風を切って 空高く 悲しいことは 忘れろと ぼくの心を 揺らす 揺れろ 揺れろ ブランコ ほほえみのせて ブランコ  嬉しいとき 楽しいとき 誰かを好きなとき しあわせ ほら 揺らそう ほら ひとりぼっちの ブランコ 心を揺らし 生きるぼく 風に歌を くちずさむ ときめく風が やさしそに 遠いあの日を 揺らす そよぐ そよぐ ブランコ ほほえみのせて ブランコ  夕焼空に ぼくがいて 風を切って 空高く 悲しいことは 忘れろと ぼくの心を 揺らす 揺れろ 揺れろ ブランコ ほほえみのせて ブランコ
てるてる坊主はオサムライ小沢あきこ小沢あきこ高田ひろお佐瀬寿一てるてる坊主は オサムライ かなえておくれ 願いごと  てるてる坊主は オサムライ 雨の降る日は 軒先で 雨よ止め止め もうやみなよと みえない刀 振りかざし 小雨の糸を 斬っている  てるてる坊主は オサムライ 白い着流し 粋に着る 通り雨なら お通しするが 雷さまは 通せんぼ 嵐のなかを たちむかう  てるてる坊主は オサムライ 雨があがれば ほほえんで 虹の茶店で お日様だんご ひと串たべて 遠足に ゆく子の姿 みとどける  てるてる坊主は オサムライ てるてる坊主は オサムライ オサムライ
鴎唄森昌子森昌子高田ひろお小林亜星右に燈台 左に鴎 春の景色を 二つに分けて 黒い貨物の 船がゆく 煙るたき火を ふと見つけ 砂に未練の 足跡きざむ ここは旅路の 知らぬ町  過去と涙と 流れ木燃やし 細い煙りの 行方を見つめ あなた住む町 振り返る 寒さしのぎの セーターも 胸に潮風 さしこむばかり ここは旅路の 鴎町  泣きもしたけど 笑いもしたと 恋の終った 今では言える それが私の なぐさめね 夢を見ないで 眠れても そっと寝返る すき間が寒い ここは旅路の 港町
炎の女松原のぶえ松原のぶえ高田ひろお四方章人空に昇って 竜となれ わたし真紅な 花となる 裸一貫 男の値打ち 上げる下げるも 女房の器量 港 若松 花と竜 生命炎やして ついてゆく  波が荒れたら 神棚に 両手合わせて 火打ち石 仁王立ちする あんたの姿 野暮な男に 真似などできぬ 港 若松 男花 妻という名に 賭ける意地  祭り太鼓が 鳴り響きゃ 舵の目傘(じゃのめ)投げ捨て 喧嘩山車(だし) 刺子(さしこ)半纏(はんてん) 背中にかけて 交わす目と目に 情けが通う 港 若松 花と竜 明日(あす)も咲かせる 夫婦花
雨の夜加納吾朗加納吾朗高田ひろお浜松雄踏あなたの傘に もうひとり 甘えて寄り添う 人がいる いけない恋をした私 だけど逢いたい だけど逢いたい 雨の街  どんなにあなた 愛しても 背中が冷たい 返り際 燃やしてもっと この心 別れ切ない 別れ切ない 雨の夜  あなたは帰る 家がある 私は淋しい 部屋がある さよなら言えず ゆれる影 ひとり見送る ひとり見送る 雨の街 
おふろのかぞえうた童謡・唱歌童謡・唱歌高田ひろお茅蔵人ひとつとせ ひとりお風呂(ふろ)に 入るときゃ 湯加減(ゆかげん)ママに 見てもらおう ふたつとせ 服を脱(ぬ)ぐときゃ かごの中 キチンと一人で たたもうぜ イエイエ イエイエ ワォワォワォワォ イエイエ イエイエ ワォワォワォワォ  みっつとせ 耳を押さえて もぐったら おシリがプカリと せんすいかん よっつとせ よごれたドロンコ ひざこぞう ちょっぴりスリ傷(きず) 湯にしみる イエイエ イエイエ ワォワォワォワォ イエイエ イエイエ ワォワォワォワォ  いつつとせ いつも湯船(ゆぶね)で おならすりゃ お湯がプクリと はなちょうちん むっつとせ ムンムン湯気(ゆげ)の ガラス窓(まど) 似顔絵(にがおえ)かけば 宇宙人(うちゅうじん) イエイエ イエイエ ワォワォワォワォ イエイエ イエイエ ワォワォワォワォ  ななつとせ 七色(なないろ)シャンプーで 洗(あら)ったら あわぶくゴリラの 出来上がり やっつとせ パパといっしょに 入ったら お湯がザンブリ 大洪水(だいこうずい) イエイエ イエイエ ワォワォワォワォ イエイエ イエイエ ワォワォワォワォ  ここのつとせ キュウッとタオルを しぼったら おヘソもニッコリ わらってる とおとせ とうとうきれいに ピッカピカ パジャマを着たなら バイバイバイ バイバイバイバイ 寝てしまお!!
はぐれ雲原田ヒロシ原田ヒロシ高田ひろお杉本真人男ひとり はぐれ雲 野末を渡る 風に吹かれる おまえの面影 心に抱けば 肩にとまる 赤とんぼ  男ひとり ちぎれ雲 心の隙間 おまえを偲ぶ 惚れていたのさ 忘れはしない 夢は儚く 陽は落ちる  男ひとり 流れ雲 渡れぬ川の 岸辺にたてば 汽車の汽笛が 明日へ向かう 心揺らすは 枯れすすき 
おばけ屋敷のロックンロール水木一郎水木一郎高田ひろお越部信義おばけ屋敷のロックンロール ゆれるランプがぶきみだぜ きょうはおばけのばんさんかいだよ ほうちょうもってドラキュラが キャベツをこまかくきざんでる おさらをならべるおいわさん ぶたをやくのはゆうれいだ  おぼんがちかいぜはらごしらえだ ボリュームあげておどれよおどれ おばけ屋敷のロックンロール ユウレイユウレイ ユウラユラ  おばけ屋敷のロックンロール 風もてごろのなまぬるさ きょうはおばけのリハーサルだよ おはかのかげでドラキュラが つめをみがいてすねている しょうじのかげでゆうれいが だんごくいすぎねむっている  おぼんがちかいぜとっくんとっくん ボリュームあげておどれよおどれ おばけ屋敷のロックンロール ユウレイユウレイ ユウラユラ  おばけ屋敷のロックンロール 月はこんやは三日月だ きょうはおばけのぶとうかいだよ マントわすれたドラキュラが はだかおどりでおどったよ やなぎの下でゆうれいが かえるににらまれなきだした  おぼんがちかいぜまじめにやれよ ボリュームあげておどれよおどれ おばけ屋敷のロックンロール ユウレイユウレイ ユウラユラ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 流星
  2. KICK BACK
  3. 錠剤
  4. Subtitle
  5. ウザウザ☆わおーっす!

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 好きじゃないよ
  2. Blue Moon
  3. SPECTRA
  4. ギターと孤独と蒼い惑星
  5. Stardom

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照