鴎唄

この曲の表示回数 12,287
歌手:

森昌子


作詞:

高田ひろお


作曲:

小林亜星


右に燈台 左に鴎
春の景色を 二つに分けて
黒い貨物の 船がゆく
煙るたき火を ふと見つけ
砂に未練の 足跡きざむ
ここは旅路の 知らぬ町

過去と涙と 流れ木燃やし
細い煙りの 行方を見つめ
あなた住む町 振り返る
寒さしのぎの セーターも
胸に潮風 さしこむばかり
ここは旅路の 鴎町

泣きもしたけど 笑いもしたと
恋の終った 今では言える
それが私の なぐさめね
夢を見ないで 眠れても
そっと寝返る すき間が寒い
ここは旅路の 港町
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鴎唄 歌手:森昌子

森昌子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-11-20
商品番号:PCCA-00413
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP