小諸情歌

この曲の表示回数 15,672
歌手:

大川栄策


作詞:

高田ひろお


作曲:

徳久広司


都会の水のしょぱさに
泣いて いないか 妹よ
もしも暮らしに 破れたならば
生まれ育った 故郷へ
帰って おいでよ 赤とんぼ

あいつに惚れて ついてった
心やさしい 妹よ
情け徳利を しんみり注いで
昔唄った あの歌を
今夜はひと節 唄おうか

小諸でてみろ 浅間の山に

花嫁衣裳 みたかった
たった ひとりの 妹よ
手提げひとつで しょんぼり帰る
痩せてやつれた 夢をみて
眠れぬ夜更けが またつづく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:小諸情歌 歌手:大川栄策

大川栄策の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-07-20
商品番号:COCA-13528
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP