舞酔い雪

この曲の表示回数 29,656
歌手:

大川栄策


作詞:

吉岡治


作曲:

市川昭介


忘れていたのに 諦めたのに
今頃なぜに めぐり逢う
憎いいとしい 想い出に
お酒つぐ手が 震えます
あゝどうする 笑顔がつらい
夜の湯の町 舞酔(まよ)い雪

あれから流れて ふた冬み冬
倖せでしたか あの人と
肩を並べて のむ酒が
寒いこころを あたためる
あゝどうする どうすりゃいいの
夜の湯の川 舞酔い雪

今なら間に合う 帰っちゃだめと
いえないままに 雪の中
きっと逢えるわ また逢える
お酒ゆらせば 鳴る氷
あゝいまでも あなたが好きよ
夜の湯の町 舞酔い雪
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:舞酔い雪 歌手:大川栄策

大川栄策の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-08-21
商品番号:COCA-13689
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP