試聴する

雨の港

この曲の表示回数 49,155
歌手:

大川栄策


作詞:

たかたかし


作曲:

遠藤実


別れりゃ他人のはずなのに
からだがあの人おぼえてる
お酒くち紅港の酒場
雨の降る夜は恋しくて
だめね女はひとりじゃ眠れない

やさしく抱かれたあの夜の
着物で今夜も酒をつぐ
霧笛ほつれ毛東京なまり
わかれ演歌に泣けてくる
酔えばつらいわむかしにまた戻る

あれほど怨んだ人なのに
いいことばかりを数えてる
涙ため息哀愁みなと
船でゆく人かえる人
明日は私にいい夢つれて来い
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨の港 歌手:大川栄策

大川栄策の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-11-21
商品番号:COCA-12025
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP