雨の港

大川栄策

雨の港

作詞:たかたかし
作曲:遠藤実
発売日:1994/11/21
この曲の表示回数:85,326回

雨の港
別れりゃ他人のはずなのに
からだがあの人おぼえてる
お酒くち紅港の酒場
雨の降る夜は恋しくて
だめね女はひとりじゃ眠れない

やさしく抱かれたあの夜の
着物で今夜も酒をつぐ
霧笛ほつれ毛東京なまり
わかれ演歌に泣けてくる
酔えばつらいわむかしにまた戻る

あれほど怨んだ人なのに
いいことばかりを数えてる
涙ため息哀愁みなと
船でゆく人かえる人
明日は私にいい夢つれて来い

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません