キャベツ畑のサンマ

この曲の表示回数 11,939
歌手:

森山愛子


作詞:

高田ひろお


作曲:

奥田民生


いつのまにか 北極や南極の氷が解けはじめ
いつのまにか 陸(おか)のうえは洪水になっていた
そしてぼくらサンマも 流れ流され
キャベツ畑に 流された

キャベツ畑は ミミズがいるから餌には困らない
天敵といえば あの地下にいるモグラだけ
山のタヌキやキツネ リスにクマさんは
ぼくらのことを 知らん顔

ぼくらは海から きたばかり
落ち葉の葉っぱを 背につけて
トビウオみたいに 飛んでゆく

いつのまにか ぼくらはキャベツ畑に慣れ始め
いつのまにか てんとう虫と仲良くなったり
たまには尺取り虫の ごきげんうかがい
海のことなど 忘れてた

ある日ぼくらは モグラとささいなことから戦争さ
ぼくらの武器は モグラ叩きの小槌だけ
そしてモグラは 炭(すみ)と七輪(しちりん) 金網(かなあみ)で
ぼくらを捕まえ 焼くつもり

ぼくらはサンマだ なめるなよ
ぼくらは忍者に 早変わり
モグラを煙に まきました

戦いつかれた ぼくたちは
サンゴが歌う 子守唄
海で聴きたく なりました
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:キャベツ畑のサンマ 歌手:森山愛子

森山愛子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-01-14
商品番号:TOCT-40240
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP