コバルト

この曲の表示回数 11,057

日なたで白く 雪が春を告げていた
ゆっくりと世界が動き始めた 回り始めた

雲の切れ間に 真夏の水色の空
季節がめぐっても変わらないもの 壊れないもの

くちびるの端っこでキスをして
揺れる景色を見ている
僕らは蒼い風のようにね 風のようにね

爪先で蹴とばして進むから
世にも美しい場所へ
海さえ越える 鳥のようにね 鳥のようにね

クヌギ林の少年達の夢は果て
陽光がしみこんだシャツをなびかせ 髪をなびかせ

耳たぶをぶつけあって笑ったり
恋の深みを泳ぐよ
いつかは実る花のようにね 花のようにね

くちびるの端っこでキスをして
揺れる景色を見ている
僕らは蒼い風のようにね 風のようにね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:コバルト 歌手:國府田マリ子

國府田マリ子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-08-06
商品番号:KMCS-3
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP