杉本真人作曲の歌詞一覧リスト  165曲中 1-165曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
165曲中 1-165曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
泣きながら夢を見て佳山明生佳山明生ちあき哲也杉本真人前田俊明泣きながら 夢を見たわ あなたから さようなら 好きなの 誰がいても 失くすのはいや…… 俺も ゆうべの喧嘩を やけに 悔やんでいたのさ 踊って… さだめみたいに Je Taime(ジュテイム) うたかたの しのび逢いでも Je Taime(ジュテイム) ふたりには かけがいない時  恋なんか 女なんか いつとなく 懲りたのに 負けたよ おまえだけは いたいほど純(うぶ)…… ばかね あたしも妬いたり もっと おとなになりたい 踊って… 夜は一瞬 Je Taime(ジュテイム) すれ違い そしてひきあい Je Taime(ジュテイム) つづけよう 罪物語を  こんな俺でも いいのか こんなあたしで いいのね 踊って… 踊りくるって Je Taime(ジュテイム) うたかたの しのび逢いでも Je Taime(ジュテイム) 遅すぎた めぐり逢いでも
紅い花逢川まさき逢川まさき松原史明杉本真人Kengo昨日の夢を 追いかけて 今夜もひとり ざわめきに遊ぶ 昔の自分が なつかしくなり 酒をあおる 騒いで飲んで いるうちに こんなにはやく 時は過ぎるのか 琥珀のグラスに 浮かんで消える 虹色の夢  紅い花 想いをこめて ささげた恋唄 あの日あの頃は 今どこに いつか消えた 夢ひとつ  悩んだあとの 苦笑い くやんでみても 時は戻らない 疲れた自分が 愛しくなって 酒にうたう いつしか外は 雨の音 乾いた胸が 思い出に濡れて 灯りがチラチラ 歪んでうつる あの日のように  紅い花 踏みにじられて 流れた恋唄 あの日あの頃は 今どこに いつか消えた 影ひとつ  紅い花 暗闇の中 むなしい恋唄 あの日あの頃は 今どこに 今日も消える 夢ひとつ 今日も消える 夢ひとつ
愛の休日川奈ルミ川奈ルミ山川啓介杉本真人佐野博美焼きたてのパンの香りが 人ごみに流れてる ありふれた街の片隅 ありふれた二人の愛  今度こそは 幸せに なれそうな 気がするのは 生きるのが下手などうし よく似てるせいかしら  あなたの腕の ぬくもりに 心あずける 休日(ホリデー)  オレンジの熟れた黄金(きん)色 あざやかに目に沁みる ポケットの銀貨を合わせて ひとつ買い かじり合うの  もしかしたら この人と 人生もわけ合いそう 会うたびに やすらぎが 深くなる人だもの  あなたの心 のぞいたら 私が住んでるかしら  今度こそは 幸せに なれそうな 気がするのは 生きるのが下手などうし よく似てるせいかしら  別れた人の 幸福も 祈れる やすらぎ日和
北挽歌新沼謙治新沼謙治吉岡治杉本真人森岡賢一郎夜明け近く 電話が鳴り 何もいわず 切れた 思えばあれが おまえの 永遠(とわ)の訣別(わかれ) だったのか 風花舞う 湖に 誰もいない ボートがひとつ 遅すぎた遅すぎた 俺を待つように 揺れて 揺れて浮いてた  生きることに 張りつめてた 糸がいつか 切れた そんなおまえに 気づかず 俺はバカな 男だよ 風花舞う 草原を 汽車に揺られ 小箱がひとつ 遅すぎた遅すぎた 俺を泣くように 北へ 北へ帰るよ  風花舞う 草原を 汽車に揺られ 小箱がひとつ 遅すぎた遅すぎた 俺を泣くように 北へ 北へ帰るよ
お久しぶりね岩佐美咲岩佐美咲杉本真人杉本真人お久しぶりね あなたに会うなんて あれから何年経ったのかしら 少しは私も 大人になったでしょう あなたはいい人 できたでしょうね  お茶だけのつもりが 時のたつのも忘れさせ 別れづらくなりそうで なんだかこわい  それじゃ さよなら 元気でと 冷たく背中を向けたけど 今でもほんとは 好きなのと つぶやいてみる  もう一度 もう一度 生まれ変わって もう一度 もう一度 めぐり逢いたいね  お久しぶりね こんな真夜中に あなたから電話をくれるなんて おかしいくらい まじめな声で 私に迫るから 眠気もさめた  もしも今でも一人なら 映画みたいな恋をして 愛を育ててみたいねと 笑ってみせる  それじゃ さよなら これきりと 冷たく受話器を置いたけど 涙がしらずにあふれ出す どうかしてるね  もう一度 もう一度 生まれ変わって もう一度 もう一度 めぐり逢いたいね  もう一度 もう一度 生まれ変わって もう一度 もう一度 めぐり逢いたいね
お久しぶりね伊藤咲子伊藤咲子杉本真人杉本真人前田俊明お久しぶりね あなたに会うなんて あれから何年 経ったのかしら 少しは私も 大人になったでしょう あなたはいい人 できたでしょうね  お茶だけのつもりが 時のたつのも忘れさせ 別れづらくなりそうで なんだかこわい  それじゃ さよなら 元気でと 冷たく背中をむけたけど 今でもほんとは 好きなのと つぶやいてみる もう一度 もう一度 生まれかわって もう一度 もう一度 めぐり逢いたいね  お久しぶりね こんな真夜中に あなたから電話をくれるなんて おかしいくらい まじめな声で 私に迫るから 眠気もさめた  もしも今でも一人なら 映画みたいな恋をして 愛を育ててみたいねと 笑ってみせる  それじゃ さよなら これきりと 冷たく受話器を置いたけど 涙がしらずにあふれ出す どうかしてるね もう一度 もう一度 生まれかわって もう一度 もう一度 めぐり逢いたいね もう一度 もう一度 生まれかわって もう一度 もう一度 めぐり逢いたいね
紅い花鈴木雅之鈴木雅之松原史明杉本真人服部隆之昨日の夢を 追いかけて 今夜もひとり ざわめきに遊ぶ 昔の自分が なつかしくなり 酒をあおる 騒いで飲んで いるうちに こんなにはやく 時は過ぎるのか 琥珀のグラスに 浮かんで消える 虹色の夢  紅い花 想いをこめて ささげた恋唄 あの日あの頃は 今どこに いつか消えた 夢ひとつ  悩んだあとの 苦笑い くやんでみても 時は戻らない 疲れた自分が 愛しくなって 酒にうたう いつしか外は 雨の音 乾いた胸が 思い出に濡れて 灯りがチラチラ 歪んでうつる あの日のように  紅い花 踏みにじられて 流れた恋唄 あの日あの頃は 今どこに いつか消えた 影ひとつ  紅い花 暗闇の中 むなしい恋唄 あの日あの頃は 今どこに 今日も消える 夢ひとつ 今日も消える 夢ひとつ
新宿はぐれ鳥竹村こずえ竹村こずえ菅麻貴子杉本真人別れ話の いきさつは ささくれ畳に 聞いとくれ 今じゃ喧嘩も できないが どうしているのよ こんな夜は あんた 新宿 迷い鳥 想い出数えて いるのなら ここでも一度 ねぇ暮らそうよ  店の帰りに ふたりして 並んで放った お賽銭 合わせた両手の 隙間から いつしか倖せ 逃げていた ふたり 新宿 はぐれ鳥 沈んでばかりの 身の上は 誰のせいでも ねぇありゃしない  路地を吹く風 肩で切り 帰っておいでよ この街へ 遊びがすぎてた ひとだけど それでもあんたが 好きなのよ あたし 新宿 阿呆鳥 男を愛して 泣くなんて これで最後に ねぇしたいのよ
かもめの街山口ひろみ山口ひろみちあき哲也杉本真人やっと店が終わって ほろ酔いで坂を下りる頃 白茶けたお天道が 浜辺を染め始めるのさ そんなやりきれなさは 夜眠る人にゃ分らないさ 波止場に出れば カモメがブイに2、3羽 一服しながら ぼんやり潮風に吹かれてみるのが あたしは好きなのさ カモメよ カモメよ 淋しかないか 帰る故郷があるじゃなし おまえも一生 波の上 あたしも一生 波の上 あ~ あ~ ドンブラコ  いろんな人が居たし いろんな人が居なくなった 泣いてくれるのは カモメと霧笛ばかり 一服しながら あれこれ取り止めなく懐かしむのが あたしは好きなのさ カモメよ カモメよ 風邪などひくな 絹の寝床があるじゃなし おまえも一生 波の上 あたしも一生 波の上 あ~あ~ ドンブラコ カモメよ カモメよ あ~あ~
泣きながら夢を見て佳山明生+鮎川ゆき佳山明生+鮎川ゆきちあき哲也杉本真人栗本修泣きながら 夢を見たわ あなたから “さようなら” 好きなの 誰がいても 失(な)くすのはいや…… 俺も ゆうべの喧嘩を やけに 悔やんでいたのさ 踊って… さだめみたいに Je Taime(ジュテイム) うたかたの しのび逢いでも Je Taime(ジュテイム) ふたりには かけがえない時  恋なんか 女なんか いつとなく 懲(こ)りたのに 負けたよ おまえだけは いたいほど純(うぶ)…… ばかね あたしも妬(や)いたり もっと おとなになりたい 踊って… 夜は一瞬 Je Taime(ジュテイム) すれ違い そしてひきあい Je Taime(ジュテイム) つづけよう 罪物語を  こんな俺でも いいのか こんなあたしで いいのね 踊って… 踊りくるって Je Taime(ジュテイム) うたかたの しのび逢いでも Je Taime(ジュテイム) 遅すぎた めぐり逢いでも
お久しぶりね花見桜こうき花見桜こうき杉本真人杉本真人イイジマケンお久しぶりね あなたに会うなんて あれから何年経ったのかしら 少しは私も 大人になったでしょう あなたはいい人 できたでしょうね  お茶だけのつもりが 時のたつのも忘れさせ 別れづらくなりそうで なんだかこわい  それじゃ さよなら 元気でと 冷たく背中を向けたけど 今でもほんとは 好きなのと つぶやいてみる  もう一度 もう一度 生まれ変わって もう一度 もう一度 めぐり逢いたいね  お久しぶりね こんな真夜中に あなたから電話をくれるなんて おかしいくらい まじめな声で 私に迫るから 眠気もさめた  もしも今でも一人なら 映画みたいな恋をして 愛を育ててみたいねと 笑ってみせる  それじゃ さよなら これきりと 冷たく受話器を置いたけど 涙がしらずにあふれ出す どうかしてるね  もう一度 もう一度 生まれ変わって もう一度 もう一度 めぐり逢いたいね  もう一度 もう一度 生まれ変わって もう一度 もう一度 めぐり逢いたいね
忍冬研ナオコ研ナオコちあき哲也杉本真人古池孝浩だっていつかこじれて 駄目になるより 恋の匂いさせずに そばにいたいわ たまに逢ってこうして飲めるだけでも 女として少しは 夢があるでしょ… 失くせない ひとだから つづけるひと幕 友達芝居 だけど… 忍ぶという字は 難しい 心に刃を乗せるのね 時々心がいたむのは 刃が暴れるせいなのね  もっと楽な生き方 してもいいのに なぜかわざと淋しい道をえらぶの… 今日は今日の傷みが胸をしめても ひとり席を立つまで泣きはしないわ ばかなのね 古いのね 死ぬまでひそかに 愛するなんて だけど… いとしい花なら 忍冬(ずいかずら) 夏でも秋でも春の日も どうしてわたしのいとしさは 忍ぶという字がつきまとう  忍ぶという字は 難しい 心に刃を乗せるのね 時々心がいたむのは 刃が暴れるせいなのね  Lai Lai Lai… Lai Lai Lai…
今さらジロー竹村こずえ竹村こずえ杉本真人杉本真人D.C.Oあれは確か 二年前の雨降る夜に あたしの手を 振り払って 出て行ったっけ 部屋のすみに飾ってある あなたの写真 泣きながら破った日もあったっけ  今さらジロー 好きだとジロー 言わないでよね あたしを捨て 他の女(ひと)を愛したくせに 今さらジロー 罪だよジロー あたしにとって 昔は昔… 今は今… ルルララルルララ ルルラララ しゃぼん玉だね 愛なんて  元気ですか? ひとりですか? どうしてますか? よそよそしい笑みを浮かべ 話もしたわ さりげなくお別れして 街を歩けば ほろ苦い 想い出が胸をつく  今さらジロー ごめんとジロー あやまらないで あたしのこと 知ってるなら そっとしといて 今さらジロー 戻れはジロー しないわきっと 昔は昔… 今は今… ルルララルルララ ルルラララ しゃぼん玉だね 愛なんて  今さらジロー 好きだとジロー 言わないでよね あたしを捨て 他の女を愛したくせに 今さらジロー 罪だよジロー あたしにとって 昔は昔… 今は今… ルルララルルララ ルルラララ しゃぼん玉だね 愛なんて
粉雪の街灘麻太郎灘麻太郎青木かつみ杉本真人大野弘也愛してほしいと せがんで泣いた お前のなみだが いまでも見える 惚れているのに 背中をむけて 北野はてまで 逃げては来たが 粉雪 粉雪 みれん雪 遠くなるほど 降りつもる  かじかむ旅路を つづける胸で お前のぬくもり 日毎にもえる 酒にたよって 眠ってみても 夢をいろどる せつない影が 粉雪 粉雪 みれん雪 まくらぬらして 降りつもる  いまさら昨日に もどれぬ俺さ お前のしあわせ 祈ってやろう ゆれるこころを だきしめながら 灯りつめたい 夜汽車にのれば 粉雪 粉雪 みれん雪 窓をかくして 降りつもる
飲んじゃって…藤田恵美藤田恵美杉本真人杉本真人周防康臣あんな男の ひとりやふたり 別れてあげる どうせ咲かない 花ならば 散るのよ すぐに いつもの店で きっと誰かを 口説いているでしょう 今度はきっと 倖せに させてあげてね  夢に向かって生きてた その目が あんたらしくて 好きだったのに  飲んじゃって 酔っぱらって はしゃぎまわって 飲んじゃって 酔っぱらって 忘れてみせるわ 今夜こそ  風の噂で待っているよと 誰かが 言った 帰りたいけど 帰れない 意地があるもの あいつに逢えば きっと心が 戻ってしまう 弱い女にならないで 生きていくのよ  夢を語った あんたの横顔 覚えているわ 好きだったもの  飲んじゃって 酔っぱらって はしゃぎまわって 飲んじゃって 酔っぱらって サヨナラするのよ 今度こそ  飲んじゃって 酔っぱらって はしゃぎまわって 飲んじゃって 酔っぱらって 忘れてみせるわ 今夜こそ
紅い花畠山美由紀畠山美由紀松原史明杉本真人昨日の夢を追いかけて 今夜もひとりざわめきに遊ぶ 昔の自分がなつかしくなり 酒をあおる 騒いで飲んでいるうちに こんなにはやく時は過ぎるのか 琥珀のグラスに浮かんで消える 虹色の夢 紅い花 想いを込めてささげた恋唄 あの日あの頃は今どこに いつか消えた夢ひとつ  悩んだあとの苦笑い くやんでみても時は戻らない 疲れた自分が愛しくなって 酒にうたう いつしか外は雨の音 乾いた胸が思い出に濡れて 灯りがチラチラ歪んでうつる あの日のように 紅い花 踏みにじられて流れた恋唄 あの日のあの頃は今どこに いつか消えた影ひとつ  紅い花 暗闇の中むなしい恋唄 あの日あの頃は今どこに 今日も消える夢ひとつ 今日も消える夢ひとつ
恋ゆずり中条きよし中条きよし荒木とよひさ杉本真人馬飼野俊一悪戯っぽい その目できっと 私の知らない 女(だれ)が泣かせてる 背広の襟の長い髪の毛が 別れの合図ね わかっているのよ  あゝ駄目 駄目になるのね あゝ恋 恋どろぼう それでも芯から憎めないから 優しくしてあげて わたしのことよりも 綺麗な過去だけを その彼女(ひと)に  子供みたいな仕草でいつも 甘えるふりして 嘘をかくしてた 騙されていれば いつか目が覚めて 悪い癖直ると 信じていたのよ  あゝ駄目 駄目になるのね あゝ恋 恋どろぼう 身体のすみまで知ってるけれど 別れてあげるから わたしのことよりも 小さな夢だけを その彼女に  あゝ駄目 駄目になるのね あゝ恋 恋どろぼう それでも芯から憎めないから 優しくしてあげて わたしのことよりも 綺麗な過去だけを その彼女(ひと)に
うしろ影中条きよし中条きよし荒木とよひさ杉本真人馬飼野俊一時計を左手に 帰りの仕度 朝までいれない あなたが悲しい 待つ身の女で かまわないけれど せめて心は せめて心は 置いていってね  窓の外は つめたい雨が 捨ててもいいからこの傘を 帰したくないあなた 眠れやしないあなた 靴音淋しい うしろ影  身体にぬけない ぬくもりだけで 三日や四日は 安心できるわ わがままいえたら 朝の窓辺で そっと見送る そっと見送る ことができたら  窓の灯り 消さずにいるわ あなたがどこかで 眠るまで 帰したくないあなた 眠れやしないあなた 雨音恋しい うしろ影  窓の外は つめたい雨が 捨ててもいいからこの傘を 帰したくないあなた 眠れやしないあなた 靴音淋しい うしろ影
お久しぶりね海鴎琴寝(井口裕香)海鴎琴寝(井口裕香)杉本真人杉本真人飛澤宏元お久しぶりね あなたに会うなんて あれから何年 経ったのかしら 少しは私も大人になったでしょう あなたはいい人 できたでしょうね  お茶だけのつもりが時のたつのも忘れさせ 別れづらくなりそうでなんだかこわい  それじゃさよなら 元気でと 冷たく背中をむけたけど 今でもほんとは好きなのと つぶやいてみる  もう一度 もう一度生まれかわって もう一度 もう一度めぐり逢いたいね  お久しぶりねこんな真夜中に あなたから電話をくれるなんて おかしいくらいまじめな声で 私に迫るから眠気もさめた  もしも今でも一人なら 映画みたいな恋をして 愛を育ててみたいねと笑ってみせる  それじゃさよなら これきりと 冷たく受話器を置いたけど 涙がしらずにあふれ出す どうかしてるね  もう一度 もう一度生まれかわって もう一度 もう一度めぐり逢いたいね  もう一度 もう一度生まれかわって もう一度 もう一度めぐり逢いたいね
紅い花ダイアモンド☆ユカイダイアモンド☆ユカイ松原史明杉本真人昨日の夢を 追いかけて 今夜もひとり ざわめきに遊ぶ 昔の自分が なつかしくなり 酒をあおる  騒いで飲んで いるうちに こんなにはやく 時は過ぎるのか 琥珀のグラスに 浮かんで消える 虹色の夢  紅い花 想いをこめて ささげた恋唄 あの日あの頃は 今どこに いつか消えた 夢ひとつ  悩んだあとの 苦笑い くやんでみても 時は戻らない 疲れた自分が 愛しくなって 酒にうたう  いつしか外は 雨の音 乾いた胸が 思い出に濡れて 灯りがチラチラ 歪んでうつる あの日のように  紅い花 踏みにじられて 流れた恋唄 あの日あの頃は 今どこに いつか消えた 影ひとつ  紅い花 暗闇の中 むなしい恋唄 あの日あの頃は 今どこに 今日も消える 夢ひとつ 今日も消える 夢ひとつ
愛色夢紀行小柳ルミ子小柳ルミ子友井久美子杉本真人月灯り銀色の夜更けなら 鏡の中であなたを待っている ほどいた髪 ゆらゆらと 午前零時の 風に抱かれて 愛しいとゆれてるから 夢を夢を見させてあげましょう 淋しがりやのあなたのため そうよ そうよ女はララリリラ 満ちて引いて恋して ゆられきらめき 愛を紡ぐのよ  魔法の夜の中で 謎めいて恋に酔う あなたと私の夢紀行 あああ…  男は片手で想い出を抱き もう片手で女を抱いている いつの日か夢枯れた旅人ならば いつでも優しさで 抱いてあげる  夢を夢を見させてあげましょう 淋しがりやのあなたのため そうよ そうよ女はララリリラ 満ちて 引いて 恋して ゆられきらめき 愛を紡ぐのよ  しばりあう恋なんて 二人には似合わない あなたと私の夢紀行 あああ…
おまえを抱いて川崎修二川崎修二水木れいじ杉本真人伊戸のりお見えるはずない 故郷の海を 窓のむこうに 探す奴(やつ) 心細いか 淋しいか 泣いているよな うしろ影… おまえを抱いて おまえを抱いて 生きるこの都会(まち) 春まだ遠いけど  たまにおまえと 日帰りでいい 花を手向(たむ)けに 帰りたい 茜雲(くも)が流れる 北国で 今も呼んでる おふくろが… おまえを抱いて おまえを抱いて 男泣きする 心に風が吹く  どんな夢見て この腕まくら たてる寝息の いじらしさ 俺の命の 陽だまりに すがりつくよに 咲いた花… おまえを抱いて おまえを抱いて 春よ明日(あした)は 倖せつれて来い
龍神鳥羽一郎鳥羽一郎新本創子杉本真人五円札にヨ 火をつけて 廓帰りの 下駄をさがした 名代の漁師が 死んだらよ 沖に祭った 竜神の 酒の相手を しちょるわい 男の命が 欲しくばヨ 稲妻ころがせ ブリ起しだせ 大漁節で 褌しめて 嵐の寄せ場へ 越中船だ  義理の親子を さかづきで ちぎりあっての 沖の漁場だ 番屋のくるま座 のこり炭 誰のおんなか 海を見て 紅い椿が しおれちょる 女房にしたけりゃ 網を引け 龍神あばれる 北の海はヨ 百満貫の 銭コの浪よ やみ夜の不夜城 越中船だ  男の命が 欲しくばヨ 稲妻ころがせ ブリ起しだせ 大漁節で 龍神呼んで 嵐の寄せ場へ 越中船だ
北の鴎唄鳥羽一郎鳥羽一郎里村龍一杉本真人山背(やませ)が吠えれば こころも時化(しけ)る 今夜はお前と 朝まで酒づかり 荒くれ海にはョー 船もなく カモメが凍(こご)えてョー 鳴くばかり やん衆の港は 浜の女が情けの炎(ひ)を燃やす ヤーレンソーラン 飲み明かせ 明日(あした)は別れる お前でも 今夜はどっぷり 惚れてやる  出たとこ勝負の 男の海は 命も宝も オンボロ船まかせ 情けをかければョー 辛くなる 未練は波間にョー 捨てて行け やん衆のこころは 陸(おか)のカッパとひと味違うだろ ヤーレンソーラン 風よ吹け 荒らくれ権蔵(ごんぞう)の 深なさけ 今夜はびっしり みせてやる  ヤーレンソーラン 海よ哭(な)け 最初で最後の 夜だから 今夜はぎっちり 抱いてやる
きっとしあわせ塩野雅子塩野雅子しゅうさえこ杉本真人石川たいめいあれは およめさんに なった日のこと たくさんの 花に かこまれて 足が 宙に 浮きあがるほど 思いきり しあわせ かんじました あれから 何年 たったでしょうか いそがしさに 追いたてられて いつのまにか 過ぎてゆく日々 しあわせ どこに おいてきたの…… きっと しあわせ いつか わかるもの ずっと しあわせ おいかけて いよう きっと しあわせ そんな 気がするの ずっと しあわせ みつめて いたいの  あれは おかあさんに なった日のこと たくさんの 愛に つつまれて あふれる 涙が とまらないほど ふしぎな よろこび かんじました あれから 何年 たったでしょうか いそがしさに 追いたてられて いつのまにか 過ぎてゆく日々 よろこび どこに おいてきたの…… きっと しあわせ 今を 生きること ずっと しあわせ 信じて いよう きっと しあわせ そんな 気がするの ずっと しあわせ みつめて いたいの きっと しあわせ いつか わかるもの ずっと しあわせ おいかけて いよう きっと しあわせ そんな 気がするの ずっと しあわせ みつめて いたいの
流れ星小金沢昇司小金沢昇司たきのえいじ杉本真人明かりが点(とも)る 海岸線に 立てば心は おまえに走る 忘れられない 忘れない 戻っておいでよ この胸に  流れ星 流れ星 教えて欲しい 今頃どこに 恋しいよ 恋しいよ 風の噂じゃ北の町 あ~北の町  離れていても 心はいつも 離れられない いつでもそばに 夜の暗さに 泣ける日は 窓辺におもいで 並べてる  流れ星 流れ星 願いはひとつ 伝えて欲しい 逢いたいよ 逢いたいよ 今もひとりでいるのなら あ~いるのなら  流れ星 流れ星 教えて欲しい 今頃どこに 恋しいよ 恋しいよ 風の噂じゃ北の町 あ~北の町
東京娘歌恋歌恋石坂まさを杉本真人おじさん 好きならば夢の中 今 おじさん どこまでも連れてって 今 きらめく恋の夜 ゆれてる あなただけ今晩わ これから これから 二人はどうなるの 教えて 教えて 愛のゆくえを おじさん ちょっぴりの倖せが好き 恋する東京娘  おじさん 悲しいの 少しだけ 今 おじさん 何もかも忘れたい 今 夜更けの雨の窓 切なく あなただけ今晩わ いい娘の いい娘の 真似していいかしら 心が 心が とても寒いわ おじさん 想い出を美しくして 涙の東京娘  おじさん やさしさでつつんでね 今 おじさん 髪なんかなでられて 今 あやしいバラの花 飾って あなただけ今晩わ このまま このまま だまってみつめあう ふたりに ふたりに 夜がとけるわ おじさん さよならのくちづけが好き 恋する東京娘
ほんね八代亜紀八代亜紀たかたかし杉本真人遊びという字が服を着て 歩いているよな人だけど おまえがいなけりゃだめなんて ツンとくるよなことも言う 帰ろかな それとも別れてしまおうか お酒のんでも酔えないし 愛想づかしも度重なれば どこかばかばかしくて 涙もでやしない  尻切れとんぼを絵にかいた あんたに泣かされつづけても こどものまんまの無邪気さに ほれて今日までついてきた 帰ろかな あんたが待ってるあの部屋に 外は秋雨しとしとと こんな夜にはひとりがつらい ドジで浮気者でも あんたのそばいい  帰ろかな お店もそろそろ終わりだし 男拾って遊ぶほど そんな勇気もあたしはないし ドジで浮気者でも あんたのそばいい あんたのそばがいい
やりなおしたいの由紀さおり由紀さおりちあき哲也杉本真人足音をひきずりながら ビルの谷間を いつのまに この曲り角きていたのよ あれはただ噂がもとの にがいもめごと もう二度と逢えないなんて 私どうするの  夜に浮かんでる 公衆電話のボックス ちょっぴり お酒に酔っているけど ねえ やりなおしたいの ねえ 私のせいなのね ねえ 部屋に誰かいるの ねえ ねえ 誰よ―――  あなたが余計離れてしまう 言葉がつまる そのたび  こんな時めそめそしたら 多分あなたは さりげなく 受話器を置いてしまうでしょう 静けさをさえぎるように ぽつりぽつりと つよがりのお芝居をして 私せいいっぱい  夜に沈みそう 公衆電話のボックス あなたが声よりずっと遠くて ねえ やりなおしたいの ねえ あの日のことなのね ねえ 誰がいてもいいの ねえ ねえ あなた―――  かなしみのそば素通りをして 時間は朝へ 急ぐの
風の街錦野旦錦野旦吉田健美杉本真人あかのたちおなんとなくお前と出逢って なんとなくお前にひかれた なんとなくお前を誘って なんとなくお前と踊った 酒とピアノと煙草の煙り その夜はひどく酔っていた  なんとなくお前を愛して なんとなくお前と夢見た なんとなくお前と暮して なんとなくお前に疲れた 窓とベットとこわれた鏡 部屋はいつでも暗かった  なんとなくお前と別れて なんとなく時が流れた なんとなくお前を思って なんとなく昨日を笑った 変わる季節と過ぎ行く日々と 風はそれでも唄ってた
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
遠い灯り錦野旦錦野旦吉田健美杉本真人風が泣いてる夜は あの女(ひと)の面影を 暗い窓にもたれ そっと呼んで見る  どうせ一人で生きて行くなら 涙は流すまい 遠い灯りにちぎれた夢が 浮かんで又消えた この胸の悲しみを誰に誰に告げよう  星が見えない夜は つかのまのやすらぎを 酔えぬ酒に浮かべ 一人振り返る こんな冷たい世間と知らずに ここまで来たけれど 追えは切ない故郷の空に 心が又揺れる この旅の終わる日がいつかいつか来るのか  どうせ一人で生きて行くなら 涙は流すまい 遠い灯りにちぎれた夢が 浮かんで又消えた この胸の悲しみを誰に誰に告げよう
ぐっばい ぐっばいピーターピーター森雪之丞杉本真人夢を破いて夜中の電話 彼の肩越し受話器を取れば 胸に突き刺す重いダミ声 それはあいつの声だった  明日暇かと聞く前に 一言忘れていないかい ここにいりゃいいとつくしてあげても 気取ってある朝ぐっばいしたくせに あいつ帰ってきやがった 悪い予感はよく当る あいつ帰ってきやがった 未練っていう名のだだっ子を どこかに預けなきゃ  髪を直すと彼に嘘つき 一年ぶりにあいつと会った ちょっとやつれたうつむき顔に あたしちょっぴり驚いた  おまえいなくちゃだめだよと 水割りダブルがまわる頃 ぽつりとあいつにささやかれたのさ 二人でお店を初めてみないかと あいつ帰ってきやがった 心がからだをくどくのさ あいつ帰ってきやがった やっぱりあたし惚れてるね 女は弱いのさ  だけどあいつはもういない 目覚めたベッドのぬけがらに 一年ぶりの涙を流しゃ ぐっばい ぐっばい あいつの声がする あいつ悪い男(ひと)じゃない 夢を見せてはすぐ消える あいつ悪い男じゃない 愛されたふりがつらくても あたしにゃ恋だった
北のいい女香田晋香田晋荒木とよひさ杉本真人Hey Hey Hey Hey! 北のいい女 遊ばせ上手 百恵に聖子に今日子 あの娘は誰だっけ 一杯目のお酒で さくら色 二杯目のお酒で 誘い瞳に 三杯目のお酒で 小指がからみ ちらりちらちら 口説くけど ボトルKARAKARA 空っけつ ボトルKARAKARA 空っけつ 夜明けが そこまで 来てるのに Hey Hey Hey Hey! 北のいい女 お酒が強い  Hey Hey Hey Hey! 北のいい女 くどかれ上手 紀香にあゆみに涼子 あの娘は誰だっけ 四杯目のお酒で 耳もとに 五杯目のお酒で 濡れまつ毛 六杯目のお酒で 波うつ胸に じわりじわじわ 口説くけど ボトルKARAKARA 空っけつ ボトルKARAKARA 空っけつ 夜明けが そこまで 来てるのに Hey Hey Hey Hey! 北のいい女 お酒が強い  ボトルKARAKARA 空っけつ ボトルKARAKARA 空っけつ 夜明けが そこまで 来てるのに Hey Hey Hey Hey! 北のいい女 お酒が強い
お久しぶりねGOLD LYLIC小柳ルミ子GOLD LYLIC小柳ルミ子杉本真人杉本真人お久しぶりね あなたに会うなんて あれから何年経ったのかしら 少しは私も 大人になったでしょう あなたはいい人 できたでしょうね  お茶だけのつもりが 時のたつのも忘れさせ 別れづらくなりそうで なんだか こわい  それじゃ さよなら 元気でと 冷たく背中を向けたけど 今でもほんとは 好きなのと つぶやいてみる もう一度 もう一度 生まれ変わって もう一度 もう一度 めぐり逢いたいね  お久しぶりね こんな真夜中に あなたから電話をくれるなんて おかしいくらい まじめな声で 私に迫るから 眠気もさめた  もしも今でも一人なら 映画みたいな恋をして 愛を育ててみたいねと 笑ってみせる  それじゃ さよなら これっきりと 冷たく受話器を置いたけど 涙がしらずにあふれ出す どうかしてるね もう一度 もう一度 生まれ変わって もう一度 もう一度 めぐり逢いたいね  もう一度 もう一度 生まれ変わって もう一度 もう一度 めぐり逢いたいね
今さらジロー小柳ルミ子小柳ルミ子杉本真人杉本真人あれは確か 2年前の雨降る夜に あたしの手を 振り払って 出て行ったっけ 部屋のすみに飾ってある あなたの写真 泣きながら破った日もあったっけ  今さらジロー 好きだとジロー 言わないでよね あたしを捨て他の女(ひと)を愛したくせに 今さらジロー 罪だよジロー あたしにとって 昔は昔… 今は今… ルルララルルララ ルルラララ しゃぼん玉だね 愛なんて  元気ですか? ひとりですか? どうしてますか? よそよそしい 笑みを浮かべ 話もしたわ さりけなくお別れして 街を歩けば ほろ苦い 想い出が胸をつく  今さらジロー ごめんとジロー あやまらないで あたしのこと 知ってるなら そっとしといて 今さらジロー 戻れはジロー しないわきっと 昔は昔… 今は今… ルルララルルララ ルルラララ しゃぼん玉だね 愛なんて  今さらジロー 好きだとジロー 言わないでよね あたしを捨て他の女(ひと)を愛したくせに 今さらジロー 罪だよジロー あたしにとって 昔は昔… 今は今… ルルララルルララ ルルラララ しゃぼん玉だね 愛なんて
トーキョー・トワイライトGOLD LYLICチェウニGOLD LYLICチェウニ夏海裕子杉本真人どうしようもなく 逢いたくなる この東京(まち)には あなたがいる 見知らぬ誰かと さよならさえ 云えなかった ふり返らず 消えた背中 まだ 愛してる 淋しさを まぎらすために 花を飾り 暮らしてるわ 帰りたいの 熱いあなたの胸に 帰れなくて 今も一人よ ワイン色に 染まる黄昏の街 重ねた夜 映すように 灯がともる  何もかもが 恋しくなる 髪を撫でて 口づけして あたためて欲しい ルージュの色 選ぶたびに あなたの顔 浮かんでくる 吐息 溢れるの 眠る前に 香水つけて この素肌を なぐさめても 帰りたいの 愛が全ての日々へ 帰れなくて 流されるまま ワイン色に 濡れるうたかたの街 面影だけ ただ儚く 揺れている  帰りたいの 熱いあなたの胸に 帰れなくて 今も一人よ ワイン色に 染まる黄昏の街 重ねた夜 映すように 灯がともる 
大阪マンボ真木柚布子真木柚布子建石一杉本真人マンボ マンボ 大阪マンボ アハハン 夢まで酔わせて 薔薇のくちづけ  あんた 極楽トンボ  その気 あるやら ないやら うちの 気持ちも 知らずに 泣かせてばっかり  好きやねん 好きやねん そばに いるだけでいいんや マンボ マンボ 大阪マンボ アハハン 心を ワインレッドに そめて マンボ マンボ 大阪マンボ アハハン 夢まで酔わせて 薔薇のくちづけ  あんた はっきりさせてよ こころ遊びは やめてよ うちの 一途な 想いを わっかてほしい  あほやねん あほやねん 何を言われても かまへん マンボ マンボ 大阪マンボ アハハン ささやき ちょっとふるえて ときめき マンボ マンボ 大阪マンボ アハハン 優しく抱かれて 薔薇のくちづけ  好きやねん 好きやねん そばにいるだけで いいんや マンボ マンボ 大阪マンボ アハハン 心を ワインレッドに そめて マンボ マンボ 大阪マンボ アハハン 夢まで酔わせて 薔薇のくちづけ
新宿はぐれ鳥内藤やす子内藤やす子菅麻貴子杉本真人別れ話の いきさつは ささくれ畳に 聞いとくれ 今じゃ喧嘩もできないが どうしているのよ こんな夜は あんた 新宿 迷い鳥 想い出数えて いるのなら ここで も一度 ねぇ 暮らそうよ  店の帰りに ふたりして 並んで放った お賽銭 合わせた両手の 隙間から いつしか倖せ 逃げていた ふたり 新宿 はぐれ鳥 沈んでばかりの 身の上は 誰の せいでも ねぇ ありゃしない  路地を吹く風 肩で切り 帰っておいでよ この街へ 遊びがすぎてた ひとだけど それでもあんたが 好きなのよ あたし 新宿 阿呆鳥 男を愛して 泣くなんて これで 最後に ねぇ したいのよ
惚れた女が死んだ夜はGOLD LYLIC小林旭GOLD LYLIC小林旭みなみ大介杉本真人なぐさめなんかは ほしくない 黙って酒だけ おいてゆけ 惚れた女が 死んだ夜は 俺はひとりで 酒をくむ  わかりはしないさ この痛み どこへもやりばのない気持 惚れた女が 死んだ夜は 雨よ降れ降れ 泣いて降れ  酒よ 酒よ 俺を泣かすなよ  甘えてすがった さみしがり ふり向きゃいつでも そこにいた 惚れた女が 死んだ夜は 何を言っても ぐちになる  いいやつばかりが 先にゆく どうでもいいのが 残される 惚れた女が 死んだ夜は 涙流れる ままでいい  酒よ 酒よ 俺を泣かすなよ 酒よ 酒よ 俺を泣かすなよ
水たまり小林旭小林旭高田ひろお杉本真人また胸ん中に水たまりが出来ちまった 夜になると想い出が ピチャンとはねてさ この胸がおまえを恋しがるんだ 男ってのは淋しがり屋なんだよな  おまえは可憐な 俺の花 誰も汚せぬ 指させぬ 泣けば三日も 目を腫らし 泣かせた過去を せめている 水たまり 水たまり おまえの夢が 揺れる夜  夜更けに小石を 蹴るたびに すこし淋しい 水の音 胸におまえの ほほえみが 浮かんで消えて また浮かぶ 水たまり 水たまり 飛び越えながら 想う夜  ふと立ち停まるとさ 自分の影がやけに淋しそうでさ また おまえのところへ 戻りたくなっちまうんだ 男ってやつは勝手だよな  さよなら言ったら くちびるに 黒髪噛んで ふるえてた 傘にかくれて 駆けだせば 小雨の街で 泣いていた 水たまり 水たまり 別れの顔が 浮かぶ夜
風暦麻丘めぐみ麻丘めぐみ吉田健美杉本真人あなたの 語りかけるような 話し方が好きでした たとえば私が 小指を切った時 白い包帯巻いてくれた あなたはもう小さな アルバムの中で 笑っているだけの人 泣きながら 部屋を飛び出した 小雨模様の あの夜に もしも追いかけて くれたならば 私にはあんな 些細な出来事で 愛が終るなんて とても思えなかった  遠くを見つめる 横顔が 淋しそうで 好きでした 煙草を吹かして 私の気まぐれに 疲れたんだと つぶやいた あなたはもう誰かの やさしさの中で 暮して いるのでしょうか 夕暮れの風は さやさやと 暦をめくる あの夜に 髪を染め変えて しまえたなら 私には一つ季節が 過ぎるたび 夢が消えるなんて とてもたえられなくて
京の送り火香西かおり香西かおり秋浩二杉本真人死ぬも生きるもあなたとふたり 愛を結んだきぬぎぬの 別れ惜(お)しんで頬沿(つた)い 涙が流れて止まらない 鴨川抜けりゃ路地の提灯(あか)りが 消えて消えて淋しい雲母坂(きららざか) 聞こえますかわたしの叫び 寂しく微笑むわたしの顔が 聞こえますかわたしの叫び 忘れることなど出来はしないわ 昨夜のくちづけを  今宵はあなた何処をさ迷い 口紅染める肌の下 眠りつけずに部屋を出て あなたを探して木屋町へ 夜空を焦がす送り火のように わたしわたし情念(おもい)が滾(たぎ)ります 聞こえますかわたしの声が あなたを呼んでるわたしの声が 聞こえますかわたしの声が 命の炎が燃えつきるまで 貫(つらぬ)く恋心(こいごころ)  聞こえますかわたしの叫び 寂しく微笑むわたしの顔が 聞こえますかわたしの叫び 忘れることなど出来はしないわ 昨夜のくちづけを
風蕭蕭と渡哲也渡哲也水木かおる杉本真人風蕭蕭と 吹きわたり 砂塵をまいて 夢が舞う 男ごころを かりたてる 熱い思いを 誰に語ろう  晨(あした)に開く 花あれば 夕べに枯れる 花もある 風に嬲(なぶ)られ 散り急ぐ 花の涙は 誰も知らない  風蕭蕭と 吹く時も 落葉に 罪はないものを 若い命を 道づれに 夢の償い いかにせんかな  弧愁(こしゅう)の岸に 陽は落ちて 男は風か 逝く水か 肩でさらばを 告げながら 行くは何処(いずこ)ぞ 二度と還らず  行くは何処(いずこ)ぞ 二度と還らず
ものもらいすぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人身勝ってな自由求め 心地良い家飛び出し 北向きの部屋を借りて 暗闇に細々と暮らす すりきれた夢にすがり いつかは認めてもらえると 貧しさだけを売物に 他人のふところあてにする おごってもらい ゆずってもらい あわれんでもらい あげくのはてには さげすんでもらう 誰彼の区別なく ただただもらい続け 与えることを忘れていたら 出来てしまった ものもらい 右目がぷくんとふくれあがり 見るにたえない ものもらい  ままならぬ世間を怨み 己れのおろかさ否定して 毎日ゴロゴロ寝てばかり 動く意欲は少しも見せず 金がないなら 汗流し 涙を流してかせげばいいもの 友人知人を訪ね歩き 不在と聞いてもあがりこむ  食わせてもらい飲ませてもらい 着替えさせてもらい あげくのはてには泊まらせてもらう 誰彼の区別なく ただただもらい続け 与えることを忘れていたら どんどん広がる ものもらい 右目から左目へと進み それはみにくい ものもらい  鏡に写った姿に驚き なんとかしようと思案する 昨日のすべてを捨て去って 今日から生まれ変わるんだ  おごってやろう ゆずってやろう ほほえんでやろう 借りていたものを返してやろう  真心を尽しては ただただ働き続け 与えることに熱中したら あの娘の移ったものもらい おかげで薬を買いに行く あの娘はかんかんものもらい  ウーン ものもらい ウーン ものもらい 今度はどなたに移るだろう あんたもあぶない ものもらい
気ままな小部屋すぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人古い糸巻に 色とりどりの毛糸巻き 君が愛を編みはじめる 一晩中起きたまま そばで見ている僕は胸がつまりそう もう寝たらって言おうかな それともやっぱり黙ってようかな 流し聞きするレコードも いつのまにやら空回り 気ままな小部屋 今夜も時間は止まってる  白木のテーブルに 欠けた湯飲み茶ワン並べ 君が時を数えはじめる 一晩中何度も そばで寝ころがる僕は狂ってしまいそう  もうやめなって言おうかな それともこのままほうっておこうかな 拾い読みする小説も いつのまにやら夢枕 気ままな小部屋 窓辺にいつまで灯は点る  明日は晴れかな曇りかな それともやっぱり雨になるのかな 入れたばかりのコーヒーも いつのまにやら飲みほして 気ままな小部屋 もうじきやさしい朝が来る
夕暮れ・木枯し・裏通りすぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人夕暮れ 木枯し 裏通り 暗い路地に火が点る 古暗ドンが揺れている  初老の易者は黙って見ている 差し出す手の平孤独な人生 死相が出てるとつぶやいて 今日も淋しく眉をしかめる 迷える男のうすら笑い 明日は野となれ山となれ  クジ売り老婆は寒さにふるえる 一攫千金夢見る人波 何処まで続く目を細め 自分も一枚そっと買ってる 知的な女のふくみ笑い 明日は花咲け花開け  異国の青年地ベタにしゃがんで 手創りブローチ幾つも並べる 言葉が出ないと苦しげに 群がる瞳をじっと見つめる ひやかす御客のしのび笑い 明日は晴れやら曇りやら  夕暮れ 木枯し 裏通り 暗い路地に火が点る 古暗ドンが揺れている
ジプシー・ウーマンすぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人今更何を嘆いてるのさ 捨てちまいなよ思い出なんて あの娘はとうにこの町出たぜ 遊び相手にゃてごろな女 生まれついての流れもんだよ 本気で惚れたらあんたの負けさ  あの娘はジプシー・ウーマン 男から男へと旅するジプシー・ウーマン マジなあんたにゃ似合いっこないぜ ン……  毎晩男をかえてた娘だよ はなから何も信じちゃいねえ 気ままに生きるが口ぐせだったぜ 身体を張って銭ためこんで 酒とクスリにあけくれた日々 うわさ話はあんたも聞いたろ  あの娘はジプシー・ウーマン 夜風に恋をしてさすらうジプシー・ウーマン 文無しあんたと暮らせっこないぜ ン……  今夜はここで飲み明しなよ しけたつらには おてんとうさんも まぶしいだろうが つきあおうじゃねえか  あの娘はジプシー・ウーマン ペットにハーモニカ 孤独なジプシー・ウーマン 俺やあんたの手におえっこないぜ ン……  あの娘はジプシー・ウーマン 男から男へと旅するジプシー・ウーマン ブルース聞かなきゃ 泣くこたあなかったぜ ヘェイ
嫁入り船すぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人桜の花びら散る道を つまづきながら走っています 夕映えきれいに染め抜いた 君の小船を追い駆けて 閉じ込めてた愛があふれだしました  向こうの岸辺で待つ人の 明るい声は川風に乗り 水面に小石を投げ捨てて 僕の想いが沈む頃 淋しさが宿を借りに来るでしょう  悲しい涙で止めてはならない 嫁入り船が遠くなる 振り向かないで下さいどうか 想い出の中へ君は去るのです  桜の花びら吹雪く中 せせらぎ沿いに見送ってます 終りのないよな船唄に 君がにこっとしたようで 置きざりにした夢が泣きだしました  悲しい涙で止めてはならない 嫁入り船が遠くなる 幸せになって下さいどうか 季節の中で僕は変わるのです
遠路遙々すぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人太陽と一緒にめざめた一日は さわやかな空気吸うことではじまると君が… 時間つぶしの煙草もいらないね 景色を見てれば退屈しないよと僕が… 友の家を訪ねて見た 急がしい中出迎えてくれる 君の笑顔で心が晴れて 君の言葉で疲れがとれた  青空の下なら労働も楽しい 見方を変えれば陽気になれるよと君が… 頭をかかえて夜の街をうろつく いじけた暮らしに慣れ過ぎてしまったと僕が… 田舎町を訪ねて見た 夜汽車に揺られ訪ねて見た 酒など飲んで語り明かせば 君の窓から星が見えた とっても沢山星が見えた  たまには休憩も必要なんだよね のんびりしたけりゃいつでも又来いと君が… 本当に住みやすい所だねここは そろそろ女房でももらったらどうだいと僕が… 友の家を訪ねて見た 久かたぶりに訪ねて見た いつかはこんな街に落ち着く それまでも一度がんばって見るよ 家路をたどる足取りは軽く  グッバイ グッバイ グッバイ マイフレンド
正月の一日すぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人あの頃よく晴れた日には 竹トンボ回し回され 隣りの垣根を越えて 裏の空地まで うららかな正月の午後 茶の間でTVでも見て 落語家の駄じゃれに 笑い転げたいな でもそんなにおかしいことなんて やっぱりないよね とてもたいくつで眠くなる 君と僕の一日  あの頃澄んだ空の下 紙ヒコーキ飛ばし飛ばされ 幼ななじみのサッちゃん 今はどうしているの  おめでたい正月の午後 縁側に腰かけてたら 記念写真でもと ポーズをとらされる 何故君まで親せきと一緒に はしゃいでいるのかな いつもと変らずに過したい 君と僕の一日  愛までつまらなそうにあくびした 君と僕の一日
現代病カルテすぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人頭がクラクラして来て 躰がだるくなりだしたら 注意しなよ 用心しなよ そいつは初期の症状だ 誰も信用できなくて 毎日イライラしていたら 注意しなよ 用心しなよ 広がりはじめた兆候だ 不景気風が吹く街に悪い病気が流ってる 医者や薬じゃ直らない恐い苦しい病気だぞ 神経衰弱現代病  すべてが悲しく見えて来て 眠れぬ夜が続いたら 注意しなよ 用心しなよ 相当危険な状態だ 英雄スターを待ち望み 行進曲に浮かれだしたら 注意しなよ 用心しなよ すでに手遅れかも知れないぜ 世界中の人々に悪い病気が流ってる 都会の孤独が原因の能を虫ばむ病気だぞ 精神分裂現代病 一億そううつ現代病  注意一秒 けが一生 かかってたまるか現代病
黒い雪すぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人寒い空を星は逃げ 黒い雪が降ってくる すき間風に肌を寄せ 黒い雪の声をきく 街中の屋根の上 街中の恋人の上 怨みを深くおおいかくすまで  せまい部屋で 朝を待ち 黒い雪のかげをふむ 男と女哀しくて 黒い雪はつつみこむ 一枚の毛布があれば 暖たかな毛布があれば 嘆きは捨ててしまえるものを  この長い冬をこせば この暗い冬をこせば 裸の庭に春の陽もくると
東の国からすぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人東の国から風に乗り 君の町まで飛んで来たのさ 知らない名前になると言う 短い手紙を受け取り 何もかも捨て迎えに来たよ  都会に暮しに疲れたと 僕の前から突然消えた 忘れることなど出来ないよ 夜更けの雨戸をたたいて 振り向く君の笑顔を見たい  ため息ついては遠くを見つめる 駅前通りの喫茶店 御免なさいねの一言だったよ 無理して明るくふるまう僕さ  春風吹く頃二人なら 並木通りも花やぐだろう 遅すぎたんだねこの指輪 ポケットに入れ持って来た このまま君に見せずにおこう  つれなく手を振る背中がつらいよ 悲しみ深まる日暮れ道 式には出てねの一言だったよ すべては僕の一人芝居さ  東の国から飛んで来たのに 何もかも捨てて飛んで来たのに……
少女と紙風船すぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人紙風船ふくらませ 手の平で持て遊び 空高く飛ばしもせず 少女はいつも只待って居た  垣根越しに行き過ぎる 足音に耳澄ませ 来ぬ人のやさしさを 少女は一人只待って居た  風に乗せて飛ばそうよ キララ キラララ キララララ 高く打ちあげ飛ばそうよ キララ キラララ 紙風船 少女はまだ知らないのかな 思ったより空の青いことを  秋が行き冬が去り 春の陽が萌え出しても 紙風船見つめて 少女は何故か只待って居た  早く外(おもて)に出てごらん キララ キラララ キララララ 暮れる夕陽にあざやかな キララ キラララ 紙風船 少女はいつ気づくのかな 思ったより空の広いことに  紙風船ふくらませ 手の平で持て遊び 空高く飛ばしもせず 少女はいつも只待って居た
マニラの夕陽すぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人太陽は頭の上にあるんです 焦げつきそうな 陽射しです とってものどが 乾いてしまって 冷たいコーラでも 飲みたいような そのくせ不思議に 汗ばまないんです  南方の匂いは 独特ですね 僕等にはちょっと きつい位に 人も草木も建物もすべて やしの香りに 包まれています けれども慣れれば 気になりません  マニラの風はやさしくて やっぱり僕は想いました マニラの風は暖かで 君が居たなら 素晴らしいのにと  ナイトクラブやプレイタウンも ちょっぴりだけど のぞきましたよ あんまり君に 話したくないような 日本の 嫌な部分に触れた そんな気がして 滅入りましたよ  それでもホテルから眺めた夕陽 陽気な国の 陽気な人達 見るもの聞くもの 目新らしくて 旅の疲れは 感じませんよ 君がいないのが 残念なだけで  マニラの海は真青で いつしか僕は感じました マニラの海は広大で 君への愛も大きく持とうと  とにかく本当に 良い所です 来て見て良かったと想っています 君のことも深く考えられたし 僕のこともじっくり考えられました 明日は日本へ 帰れるでしょう  マニラの夕陽のような君へ マニラの夕陽のような君へ
すぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人その夜も母は眠い眼をこすり 妹の制服繕って 茶ダンスの上の古い置時計 眺めてはため息ついて居ました 飲んで帰って来なければ 誰にもやさしい父でした 夜風が雨戸を叩く毎 振り向く母が悲しくて 幼い僕は蒲団の中で 泣くことだけしか出来なかった 思えば涙の日々でした  リンリンとヤカンの鳴り響く音 夜更けの静けさにしみ渡り そそくさと寒い台所へ立つ 母の背が人生を語っていました せめて帰って来るだけで どんなにうれしい父でした  それでも母のくちぐせは 父さんはりっぱな人ですよ 幼い僕には解らなかった 母の気持が解らなかった 思えば不安な日々でした  その日暮しをやめたなら 母に似合いの父でした ぐちの一つもこぼさない 母の赤ぎれ手の平に 今なら僕が幸せを 生きてくことの喜びを けれどもあなたはもう居ない
三分間の別れすぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人そうだよ僕にとっては 驚きだったのさ 見知らぬ家にダイヤル 回したのかと思ったぐらい 君はどうして電話の向こうで 何も言わずに黙ってるの いつもと違う雰囲気に乗せて さよならの一言話すつもりなら 三分間は長過ぎるよね  受話器を置くとまもなく すべてが解って来て ぼんやり窓辺にもたれ 寝静まった街を見つめてたよ 君が遠くへ段々遠くへ 離れて行ってしまうよな 真夜中だから悲しみはつのる 笑いながら二人過した時なら 三分間は短かかったよ  君はこれから気軽に僕に 話しかけてはくれないさ 大切なこと打ち明けはしない 暗闇に一人取り残されたよな 三分間のはかない別れ 三分間のはかない別れ
ふきだまりの街すぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人どうしてそんなに泣くんだい どうしてそれほど嘆くんだい あんたは知ってたろう はじめから知ってたろう 俺達ちゃ所詮使い捨てだってね  今さら悔やむことはない 今夜は二人で飲み明かそう 奴等ほど汚くも なれないならそれもいい せめて笑って 暮そうぜ  あ~あ 吹きだまりの街 あ~あ 吹きだまりの店 色あせた夢に 酔い知れて  いつまで黙っているもんか 働きバチにも意地はある あんたと二人なら なんとか やれそうだ あんまり若いとは 言えないけどね  ここまで来たならあせらずに 今夜は女を抱きに行こう 置き忘れた愛が 見つかるかも知れない けれど寝音は かかれるな  あ~あ 吹きだまりの街 あ~あ 吹きだまりの店 押し着せの日々に 戻れるか  あ~あ 吹きだまりの街 あ~あ 吹きだまりの店 色あせた夢に 酔い知れて
かすりの着物すぎもとまさとすぎもとまさと杉本真人杉本真人あなたのために着たかすり 夕日のように恥じらって 白い土蔵のあの壁に 大きく影を写してた 峠を越えてやって来る 麦ワラ帽子のあの人が でもでもやっぱり駄目でした 大きくふくらむ胸をおさえて 胸をおさえて隠れたの せっかくせっかく着たかすり 夕日だけに見せました 白い土蔵のあの壁に もたれて涙を流したの
M氏への便りすぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人あれから何年過ぎたでしょうか その後変りはないのでしょうか こんなに遠く離れてしまって 忘れることは とてもたやすいけど 今でも君が 心配なんです 東京の水を君に送ります ポットにつめて 東京の水を君に送ります ポットにつめて  暖かな人々の思いやりに触れて のんびり暮していることでしょう 姫路の街が やさしい街なら 落ち着くことも 悪くはないけど 黙ってしまうには 早い気がします 東京の水を君に送ります 手紙にそえて 東京の水を君に送ります 手紙にそえて  かもめのジョナサンは もう読んだでしょうね 僕はあと書きを 先に読みました 疑うことしか 出来なくなっていて とても恐い ような気がします これも灰色の 空のせいでしょうか 東京の水を君に送ります 想い出乗せて 東京の水を君に送ります 想い出乗せて  誰もが妙に 白けきっていて 誰もが冗談で ごまかし会って 何の魅力もない街東京 それでも僕等は こうして僕等は ただ毎日を がんばっています 東京の水を君に送ります 都会の夢を 東京の水を君に送ります 都会の夢を
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
東高円寺すぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人ここでなくてはいけないなんて そんな理由は少しもないのに 僕は今でも東高円寺 あのアパートで暮しています 小さな部屋が息苦しいのは 君のいないせいなのでしょうか  気楽に飲める店は多いし 気の合う仲間も沢山いるから 僕はこうして東高円寺 このやすらぎにひたっています 近頃何故か寝つかれないのは 君を想い出にしたせいでしょうか  雨の降る日は自転車に乗り ちょっと駅まで濡れて見たくて 僕はいつまで東高円寺 心の中を知ってるくせに 電車の音が気になりだしたら 君を訪ねてこの街を出ます 君を訪ねてこの街を出ます
石神井公園すぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人僕の町へ遊びにおいでよ この季節が変ったら 緑の匂いと郊外の空気 吸いにおいでよ 石神井公園  君の街から電車に乗って 小さな駅に着いたら 表通りをバスと自転車 並んで走る 石神井公園  僕は必ず迎えに行くよ 花を迎えて 池のほとりを君と歩こう くちづけしよう 君のために二階の部屋を 空けてあるのさ 姉さんの使ってた部屋を  商店街を横切って タバコ屋の角曲ったら ボート乗り場の白いベンチが すぐに見えるよ 石神井公園  僕が生れて育った所 のどかな町さ 君も必ず小鳥の歌に ほほえむだろう 君のために二階の部屋を 空けてあるのさ 姉さんの使ってた部屋を
雪枕すぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人白い粉雪 野山を隠し 静まりかえる 冬の町 ふるえる肩を やさしく抱けば 小さな部屋に ぬくもりが通う  屋根のしずくが つららに変わる 寒さを告げる 窓の外 コタツの中で 知らずに触れた 君の素足が やけに冷たいな  遠い家並 灯りがともり 道行く人の 影はない 二人はじめて 過せる夜に 頬を染めてる 君がいとおしい  深い眠りを さまさぬように 冷たく光る 星一つ 夢見心地の 並んだ枕 月の光が ランプの変わり
てるてるぼうずすぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人てるてるぼうずを君は窓につるしてる 僕の分まで二つ並べてつるしてる そして黙って外をぼんやり見つめてる 僕は畳に寝ころんだまま 煙草に火をつけて こんなに疲れてしまったのは 誰のせいだろう うっとうしくて嫌だね ウーン 雨の日  てるてるぼうずに君が二人の顔を書く 僕の方には長いヒゲを書き込んで ねえ似てるでしょうって幸せそうに 君はいつでもいい人なんだね 明るくふるまって 沈んだ気持を隠せるなんて 恐くはないのかい まぶしすぎてやりきれないな ウーン 雨の日  てるてるぼうずは昔素敵なことばかり 天気になったら誰もはしゃぎまわって そして水たまりの中に捨てられてしまう 僕はやっぱり明日が晴れると 歩きはじめるだろう 君ももちろんこの部屋を出て 何処かへ行くだろね も少し一緒に居られるよ ウーン 雨の日
姉さんすぎもとまさとすぎもとまさと杉本真人杉本真人僕の大事な姉さん 明日お嫁に 行ってしまうよ姉さん もうよその人 いつかこの時が 来ると解っていたけど やっぱり涙こぼれて泣きたくなるよ だから僕の姉さん 幸せになってね  僕の新らしい兄さん どうぞよろしく たった一人の姉さんを 可愛がってね もしもけんかしたら 僕が承知しないよ 二人で仲良くいつまでも暮して欲しいよ だから新らしい兄さん これからもずっと兄さん  僕の父さん母さん 涙かくして 一人娘が晴れて 嫁いで行く日に 泣き虫だったこの子も やっと大人になって 歩いて行くよ新らしい明日めざして だから父さん母さん 見守ってやってね
黄色い船に乗ってすぎもとまさとすぎもとまさと吉田健美杉本真人言葉のいらない国へ ああ 明日こそ 黄色い船に乗って ああ 僕は行く あー 愛のかけらを 広いデッキに散りばめて そうさ あなたが消えた 夢の世界へ一人  誰にも知られず深い ああ 海の底 あなたは姿を変えた ああ 桜貝 あー そのささやきが キャビンの窓に聞こえたら そうさ ファンタジックな 波の扉が開く  涙のあふれる街は ああ 今日限り 黄色い船に乗って ああ さようなら あー イカリをあげて あなたの地図をたどれば そうさ あのやさしさに 僕等はきっと帰る そうさ あのやさしさに 僕等はきっと帰る
ときめいて乾杯真木ことみ・中畑清真木ことみ・中畑清たきのえいじ杉本真人高層ビルに 灯りが点(とも)る ふたりに似合いの 夜がくる 離さないでね この先も こんな俺でいいのなら 心が燃える 大都会 あなたに逢えて おまえに逢えて ほんとによかった 乾杯 乾杯 ときめいて乾杯  見つめるだけで おまえが判(わか)る あなたのことなら 私にも 時の振り子を止めたまま 夢の続き綴れたら 他には何も 欲しくない おまえひとりに あなたひとりに 愛を重ねたい 乾杯 乾杯 ときめいて乾杯  酔いしれましょうか 水割り飲んで なじみの店まで 歩こうか そうねまだまだ宵の口 肩と肩を寄せながら 映画のような ふたりづれ あなたが全て お前が全て ふたりが一番 乾杯 乾杯 ときめいて乾杯 乾杯 乾杯 ときめいて乾杯
夢で逢いましょう梓みちよ梓みちよ小谷夏杉本真人どこかへ行ってしまったのね 私の小さな赤ちゃん あなたとさよならしたことを 悔やんで 悔やんでいるのよ ほんとうならば この春で 片言交りの ふたつになって 二人で毎朝 お散歩もできたのに どこかへ行ってしまったのね 私の小さな赤ちゃん あれから のぞみもうすらいで すぼめた背中が寒いわ  あの日のことは 忘れないわ 私の悲しい赤ちゃん あなたとさよならした帰り 霙にまつ毛が濡れてた 六月三日に決めてるの あなたの秘密のお誕生日 六月の花嫁は 幸せになれるから あの日のことは 忘れないわ 私の悲しい赤ちゃん あれから 人の心さえ 信じられなくなったわ  ほんとうならば 神様に お返ししないで あなたを抱いて あれほど夢見た 幸になれたのに どこかへ行ってしまったのね さよなら 私の赤ちゃん あなたが空から 見てるから 明日も生きるわ 一人で
東高円寺今陽子今陽子吉田健美杉本真人ここでなくてはいけないなんて そんな理由は少しもないのに 私は今でも 東高円寺 あのアパートで暮らしています 小さな部屋が息苦しいのは あなたのいないせいなのでしょうか  気楽に飲める店は多いし 気の合う仲間も沢山いるから 私はこうして 東高円寺 このやすらぎにひたっています 近頃なぜか寝つかれないのは あなたを思い出にしたせいでしょうか  雨の降る日は自転車に乗り ちょっと駅まで濡れて見たくて 私はいつまで 東高円寺 心の中を知ってるくせに 電車の音が気になりだしたら あなたを訪ねてこの街を出ます
これしかないのです夏木マリ夏木マリ杉本真人杉本真人これしか これしか これしかないのです これしか これしか これしかないのです わたしと あなたの間には 焼けた肌に白い歯が とても印象的だった そんなあなたに夢中だったの だけど どんなにやさしくされたって そんな目つきはうそだもの わたしはわたし ルル…… あなたはあなた ルル…… あなたのからだが あぶないわたし おとこは心 おんなは涙 それでも それでも のがれられないわ  これしか これしか これしかないのです これしか これしか これしかないのです わたしと あなたの間には 何も言わずに部屋をでる いつも帰りが朝だって わたしが勝手に耐えてきたのよ だけど どんなにつくしてみせたって わかってくれる人じゃない 今日こそ 今日こそ ルル…… 決めたの わたし ルル…… あなたの言葉で あぶないわたし おとこは心 おんなは涙 それでも それでも のがれきれないわ  これしか これしか これしかないのです これしか これしか これしかないのです わたしと あなたの間には
わたしの本音夏木マリ夏木マリ来生えつこ杉本真人何よりも正直に言いましょう 恋しいことが 抱いて欲しいことでもないのです 愛することが 共に暮らしたいことでもないのです 私は 自分が大事になりました 熱に浮かされるまま そばにいるだけの女ではなくなりました  女の本音は行ったりきたり そんなにしっかりしていない 何より正直に言いましょう 恋しいことが 抱いて欲しいことでもあるのです 愛することが 共に暮らしたいことでもあるのです 私は自分が信用できません 恋に浮かされるまま たまらなくそばにいて 欲しいとこもあるのよ  女の本音は行ったりきたり そんなにしっかりしていない  女の本音は行ったりきたり そんなにしっかりしていない
西田敏行西田敏行大津あきら杉本真人苦い想いをする度に さからって つまずいて 又 夢見る頃の少年になりたがる 悪友(とも)と素顔で飲む度に せつなくて 安らいで 旅の重さと できない自由に憧れる  ああ 風から 風へと 走り抜け ああ 虹は光るか この街に めぐる めぐる 季節に泣いて それでも熱く…… 胸は熱く……  空の青さに気付かずに うつむいて さすらって 今日も 幸せのかけらを探してる 今夜恋唄(ラブソング)聞きながら 泣けるほど 痛いほど めぐり逢いたい 青春の日々の輝きに  ああ 夢から 夢へと 走り抜け ああ 明日はかわくか この涙 はるか はるか 誰かを愛し まだまにあうと…… まにあうさと……  ああ 風から 風へと 走り抜け ああ 虹は光るか この街に めぐる めぐる 季節に泣いて それでも熱く…… 胸は熱く……
男と女の港町香田晋香田晋荒木とよひさ杉本真人男は鴎 女は港 歌の文句じゃ ないけれど 水割り 横顔 煙草のけむり 絵になるような 星屑酒場 何処(どこ)から来たのと 尋ねれば 風に聞きなと すねている ちょっと ちょっと 憎らしい ちょっと ちょっと 男前 淋しい匂いに 惚れそうで  男は夜明け 女は夕陽 別れ言葉じゃ ないけれど 海鳴り 灯台 かすれた霧笛 夢の終りは 裏窓ホテル 何処(どこ)まで行くのと つぶやけば 波に聞きなと 背をむける ちょっと ちょっと 憎らしい ちょっと ちょっと 男前 淋しい匂いに 惚れそうで  ちょっと ちょっと 憎らしい ちょっと ちょっと 男前 淋しい匂いに 惚れそうで
似た者どうし西方裕之・永井裕子西方裕之・永井裕子田久保真見杉本真人男はつよがり 淋しい時ほど 何でもないよと 言いながら いつもより濃い酒を 飲んでいる 女は寒がり 淋しい時ほど ため息吐息が つめたくて 抱きしめてくれる人 さがしてる 隣りに座れば 何かが始まる… つよがり 寒がり 淋しがり 似た者どうしが めぐり逢い つよがり 寒がり 淋しがり 胸にあかり灯す …それが恋  女はつよがり 淋しい時ほど 綺麗な色した 服を着て いつもより濃いルージュ 選んでる 男は寒がり 淋しい時ほど 心に木枯らし 吹き荒れて 抱きしめて眠る人 さがしてる 隣りに座れば それさえ運命… つよがり 寒がり 淋しがり 似た者どうしが 見つめあい つよがり 寒がり 淋しがり 夢の続き描く …それが恋  隣りに座れば 何かが始まる… つよがり 寒がり 淋しがり 似た者どうしが めぐり逢い つよがり 寒がり 淋しがり 胸にあかり灯す …それが恋
冬の桑港森進一森進一荒木とよひさ杉本真人あなたの心から 旅立つなら 想い出さえ ついてこない 冬の桑港(シスコ) 見送る人もない 夜霧の空港 硝子(ガラス)窓のむこう側に 過去を残して あゝ 泣き濡れるほど 今では若くないけど あゝ こんなに人を 痛いくらい愛したなんて もうふたりを つなぎとめる 心さえ この都会(まち)に 捨ててゆくから  あしたに悲しみを 連(つ)れてくなら 涙も凍らせてしまう 冬の桑港 身体(からだ)の淋しさを ワインで酔わせて 満ちたりてた あの日だけを 夢に誘って あゝ 優しくされた やきつく愛は深くて あゝ うしろ髪ひく 胸の慕(おも)い消せないけれど もうふたりを つなぎとめる 心さえ この都会に 捨ててゆくから  あゝ 泣き濡れるほど 今では若くないけど あゝ こんなに人を 痛いくらい愛したなんて もうふたりを つなぎとめる 心さえ この都会(まち)に 捨ててゆくから 
乾杯!小柳ルミ子小柳ルミ子杉本真人杉本真人だから言ったじゃない 愛しちゃダメって 他にいい人見つけて暮らしてね 何もいわないで 子供じゃないのよ 男だったら だまって手を振って  恋は男と女のゲーム つかのまの出来事ね 冷たい女のふりをして 微笑うかべてさようなら だけど涙があふれて  乾杯! 乾杯! ふられ上手な女たちよ 乾杯! 乾杯! 夢追い人ね 女たちは アアア  だから言ったじゃない 愛しちゃダメって いつかどこかで会えたら 飲みたいね 何も言わないで 私が悪いの あれは都会の幻 蜃気楼  恋は男と女のゲーム なるように なるだけね いけない女と言われても それでも私はかまわない そうよ素直に生きるわ  乾杯! 乾杯! ふられ上手な女たちよ 乾杯! 乾杯! 夢追い人ね 女たちは アアア  乾杯! 乾杯! ふられ上手な女たちよ 乾杯! 乾杯! 夢追い人ね 女たちは アアア
小さな声で堺正章堺正章杉本真人杉本真人若草恵小さな声で「ゴメンナサイ」と うつ向く君が許せないから 夢を刻んだ目覚し時計も 買ったばかりの指輪もすてた 僕の知らない匂いをさせて 帰って来たのさ あの夜の君に 何故あの時に 言えないの「待ってよ」と 何故あの時に 言えないの「抱いてよ」と ひとり見上げる街の夜空が やけにきれいだ  小さな声で「ゴメンナサイ」と うつ向く君がなつかしいけど 二人でいるより 一人暮しに 馴れてしまった 僕なのさ 風が噂を運んで来たよ やりなおしたいと あの娘が泣いたと もうふり向くな すぎ去ったあの時を もう戻れない 帰らない この僕は 悪い夢だとつぶやきながら 背中を向けた
笑えないよ堺正章堺正章杉本真人杉本真人若草恵二枚目ぶって 花束抱いて 君の扉の前 あやまろうと 走っていた あの日のケンカ それなのに聞こえてきた 二人の話し声 帰りかける 僕の目に にじんだ影二つ つきさすような 雪が降り出して あの娘のことあきらめようと静けさに告げた たしかに別れは 来たけれど のんでも のんでも 笑えないよ たしかに別れは 来たけれど 酔っても 酔っても 笑えないよ  二枚目ぶって えりを立てて ひとり街の中 ゆきすぎる 恋人達 幸福そうだ あざやかに よみがえる あの時の二人 窓ごしに写った影 一つに重なった つきさすような 雪の降る中で 甘えていた 笑っていた 昔は今どこに たしかに別れて 見たけれど のんでも のんでも 笑えないよ たしかに別れて 見たけれど 酔っても酔っても 笑えないよ
北緯四十度四十分ロス・プリモスロス・プリモス星野哲郎杉本真人小杉仁三国際電話に 出てきた女に ジェラシー感じる 私なの 北緯四十度四十分 フロム 百石 トゥ ニューヨーク 見えない絆で 結ばれてても あなたのやさしさ 気になって 枕を返す ハマナスの宿  二人を結んだ 砂浜祭り あの日と同じ 花火です 北緯四十度四十分 フロム 百石 トゥ ニューヨーク 離れて知るのね 底なしの愛 浮気はだめよと 砂に書く 私をわらう おしどり鴎  羨しいのよ 白鳥たちが 私は飛べない 恋の鳥 北緯四十度四十分 フロム 百石 トゥ ニューヨーク 銀杏の落葉を 便りに添えて あなたにあげたい 里心 私はとても 渇いています  
片想い森山良子森山良子吉田健美杉本真人川口真あなたは知らないの 私の恋の芽ばえを 淋しくて淋しくて 悲しい想い あなたはつぶやいた 好きな人がいると でもそれは片想いと 笑っていたの ため息つき 遠くを 見つめる そんなあなたを どうにも出来ない 神様は 冷たい仕打ちしたのね 二人とも 悲しい恋をしたのね  私は聞きたいの あなたの歌をもう一度 でも耳に響くのは 風の音だけ 私はうつむいた 涙で濡れた頬を 今のあなたにだけは 見せたくないの 明日もまた 逢おうと 手を振る 後姿に なんにも言えない 夕焼けは さよなら告げて泣くのね 知らぬ間に はかない恋をしたのね  神様は 冷たい仕打ちしたのね 二人とも 悲しい恋をしたのね
背中めがけて投げキッス麻生詩織麻生詩織杉本真人杉本真人別ればなしは うまく言ってよ 都会暮らしの 男じゃないの つくり笑顔で うしろ姿を 見送りながら ため息ひとつ 追ってみようか 止めようか それともすがって 泣きましょうか ゆれ動く ゆれ動く あたしの心  背中めがけて 投げキッス 想いをこめて 投げキッス 涙こらえて 投げキッス ちょっぴり淋しい 街の夕暮れ  はしゃぎすぎてる恋人たちが 今のあたしを 哀しくさせる とり残された おんながひとり 車を止めて 家路を急ぐ 電話しようか やめようか それとも誰かを誘うか 走り出す 走り出す あたしの心 背中めがけて 投げキッス サヨナラこめて 投げキッス 涙あふれて 投げキッス ちょっぴり淋しい 街の夕暮れ  背中めがけて 投げキッス 想いをこめて 投げキッス 涙こらえて 投げキッス ちょっぴり淋しい 街の夕暮れ
逢いたいね渡哲也渡哲也建石一杉本真人山川恵津子背中まるめて 飲む酒に ホロリ あまえの名が落ちる 風が冷たい こんな夜は あの日の ぬくもり想い出す  別れても 離れても 心ひかれる 人がいる 別れても 離れても 心泣かせる 人がいる 逢いたいなぁ 逢いたいねぇ こんな夜は  季節変わりの 花が咲く 今日のおまえは 何処にいる 北のはずれの 港町 おまえのふるさと このあたり  今度こそ 幸せを ふたり死ぬまで 暮らしたい 今度こそ 幸せを ふたり一緒に 歩きたい 逢いたいなぁ 逢いたいねぇ こんな夜は  今度こそ 幸せを ふたり死ぬまで 暮らしたい 今度こそ 幸せを ふたり一緒に 歩きたい 逢いたいなぁ 逢いたいねぇ こんな夜は
DESTINY~最後の彼氏~ロス・インディオス&桑江知子ロス・インディオス&桑江知子岡田冨美子杉本真人若草恵私を見守るあなた遠ざけてきた 好きだけどやさしすぎる 眼差しが重すぎて いつも軽く遊んでは 知らず知らず傷ついて 疲れていたみたい 泣きながらあなたに電話した夜 車飛ばして逢いに来てくれたね 強い笑顔にジンジン感じたの あなただけが彼氏だと  自分の孤独にさえも気が付かないで 浮かれてた 楽しければ それでいいじゃないかと 愛は見えるものなのね 溺れながら掴んでた 二人の赤い糸 あの日私をベッドに寝かしつけ 椅子にもたれてうたた寝していたね 揺れる背中にジンジン感じたの 遠回りをしたけれど  愛は見えるものなのね 溺れながら掴んでた 二人の赤い糸 あの日私をベッドに寝かしつけ 椅子にもたれてうたた寝していたね 揺れる背中にジンジン感じたの あなただけが あなただけが彼氏だと  
夢までTAXI城之内早苗城之内早苗荒木とよひさ杉本真人ガラスのドレスなんて 似合わないけれど 綺麗になりたい あなたのために 鏡に映るわたし 泣き顔してる いますぐ電話を かけてきて欲しい たとえ真夜中でもわたしのこと逢いたくなったなら 私を乗せて夢までTAXI あなたの部屋へ 時をとび越えて  私を乗せて 夢までTAXI パジャマのまま抱かれたいの Sweet dream こんなに切なくてひとりで眠れはしないから  涙のピアスなんてどこかへ捨てたい 悲しさばかりを 光らせるかも 窓辺を飾る星の占いよりも あなたの声だけ 信じられるから たとえ夜更けの街 わたしのこと気にしてくれるから 私を乗せて 夢までTAXI あなたのそばへ時を止めたまま  私を乗せて 夢までTAXI パジャマのまま抱かれたいの Sweet dream こんなに切なくてひとりで眠れはしないから  ……切なくてひとりで眠れはしないから
銀次 -GINJI-北沢麻衣北沢麻衣星川裕二・浅木しゅん杉本真人GINJI come back Home GINJI come back Home Mu…  ハーバーライトに ゆれている 男の横顔 あんたに似ている ジンを一気に 呑みほして それじゃ あばよと 行ったきり どうして いるのよ あたしの銀次  あんたが帰って 来そうでさ あの日の部屋を リザーブしたよ ルージュ ひいても 気にいらず ぼんやり 見ている 夜の海 言葉は なくても あたしはいいよ  GINJI come back Home GINJI come back Home Mu…  ホテルの窓を あけるたび ひと雨来そうな 夜更けのハーバー 遠い霧笛が 泣いている 古い映画を 見るようで 青春だったよ あたしの銀次  GINJI come back Home GINJI come back Home Mu…
港のセレナーデ原田ヒロシ原田ヒロシ星川裕二杉本真人あなたの心に もうひとりの 誰かが棲んで しまったことは 知りたくないわ 今でもあなたを 好きなことに 変わりないけど せつなくなるの 外は雨… 雨… 聴かせて 甘いセレナーデ それは罪… 罪… 揺れる 恋心 港の灯りが にじんでゆく夜更け  やさしくされても 倖せでも 待ちくたびれた 女の気持 わかってほしい 想い出 数えて 涙まじり 仕方ないわと 淋しく笑う 外は雨… 雨… 聴かせて 甘いセレナーデ みんな夢… 夢… 恋は終るもの 夜更けの 窓辺に たたずんでる別離  外は雨… 雨… 聴かせて 甘いセレナーデ それは罪… 罪… 揺れる 恋心 港の灯りが にじんでゆく夜更け  
愛☆アリガトウキム・ヨンジャキム・ヨンジャ真名杏樹杉本真人川口真頬にこぼれ落ちた 涙ぬぐわないで 昨日までのツラさ 全部溶かすまで ここにあなたがいて ここに私がいる めぐり逢いの運命 信じ生きて来た  空よ 赤く燃え残る空よ 忘れはしない  愛☆アリガトウ ひとつになれば 世界中の生命 光るから 愛☆アリガトウ あなたがいれば 今日を越えた 笑顔出来るから  肩と肩が触れて 胸が騒ぐだけで さむい風の音が 子守歌になる 愛は愚かだけど 夢をくれるチカラ 人はなんて不思議 ときめきは never end  遥か たどり着く空で光れ 星屑たちよ  愛☆アリガトウ 溢れるような 歓びで時代が染まるまで 愛☆アリガトウ あきらめないで 分かち合う 望みある限り  愛☆アリガトウ ひとつになれば 世界中の生命 光るから 愛☆アリガトウ あなたがいれば 今日を越えた 笑顔出来るから  愛☆アリガトウ ひとつになれば 世界中の生命 光るから
ミスター・ロンリーキム・ランヒキム・ランヒ小田めぐみ杉本真人桜庭伸幸笑っちゃうでしょ 笑っちゃうでしょ あなた あれほどの別れ 演じたのに 受話器からの声 かすれたささやきに 心をもう 止められないなんて  マイ・ミスター・ロンリー おおロンリー あなたは夢 それともうつつ マイ・ミスター・ロンリー おおロンリー あなたは罠 それとも涙 暮れかかる渚で うす絹もためらいも 脱ぎ捨てた胸のいたみにくちづけて  本気だったわ 本気だったわ わたし 思い出をすべて ぬり替えても 堕ちてゆきながら たぐりよせた孤独は かなしみより わたしを酔わすから  マイ・ミスター・ロンリー おおロンリー なぜ会ったの なぜ求めたの マイ・ミスター・ロンリー おおロンリー なぜ触れたの なぜ愛したの 抱かれても答えに 届かぬと知りながら  ためいきが砂のようにこぼれおちる  マイ・ミスター・ロンリー おおロンリー あなたは夢 それともうつつ マイ・ミスター・ロンリー おおロンリー あなたは罠 それとも涙 暮れかかる渚で うす絹もためらいも 脱ぎ捨てた胸のいたみにくちづけて
アモーレ・アモーレキム・ランヒキム・ランヒ小田めぐみ杉本真人桜庭伸幸星のカケラをかきあつめ この部屋に灯しましょう いつものように暗闇でくちびるが せつなさをかなしみをけしかけるから  アモーレアモーレ・ミオ これきりと言い聞かせても アモーレ アモーレ アモーレ・アモーレ・ミオ こぼれおちるこのときめき いらだちながらくずれてしまう 今日でこの世が終わればいいのに  強い瞳につらぬかれ 堕ちたまま動けなくなる 青い火花が素肌をかすめていく 一瞬のためにいま生きているのよ  アモーレアモーレ・ミオ 苦しみをもてあそんでも アモーレ アモーレ アモーレ・アモーレ・ミオ 見えない明日またさがして ためらいながらこわれてゆくわ 悪い夢でも醒めずにこのまま  アモーレアモーレ・ミオ これきりと言い聞かせても アモーレ アモーレ アモーレ・アモーレ・ミオ こぼれおちるこのときめき いらだちながらくずれてしまう 今日でこの世が終わればいいのに
ステーション鳥羽一郎鳥羽一郎荒木とよひさ杉本真人南郷達也そんな駅がある 男には 心が帰る そんな駅がある 酔えば ただのオヤジだけど 不良と呼ばれた あの頃は ジーンズひとつで 飛び出した 男には 男には そんな駅がある  そんな女(ひと)がいる 男には 涙で詫びる そんな女(ひと)がいる 駅のホーム きっといつか 迎えにくるよと 言ったまま 幸福(しあわせ)つかんで いるだろか 男には 男には そんな女(ひと)がいる  そんな駅がある 男には 夜汽車で帰る そんな駅がある 酒よ いつか ふたりきりで 生まれて育った あの町へ 瞼を閉じれば 裏側に 男には 男には そんな駅がある そんな駅がある 
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Tokyoうそつき倶楽部半田浩二半田浩二岡田冨美子杉本真人矢野立美踊り疲れた ハイヒール グッバイねって 夜空へ投げた 毎晩まつりの 浮かれ街 想い出グラスが キラリと光る  女はいいね 身軽でいいね 振られちゃったと 化粧をなおし はしゃいで みせても こころは 涙  遊びだったら ほかをあたって 私 大事なときなのよ Tokyo Tokyo うそつき うそつき倶楽部  最初は逃げ腰 気取るけど おしゃれに抱かれりゃ 本気になるわ 女がハートを 求めると 男は両手を 広げてみせる  どこまで行っても よくある話 あなた次第の 恋だけど 泣かせちゃ いけない 泣いちゃ いけない  気まぐれならば 口説かないでよ 私 お家へ帰るから Tokyo Tokyo うそつき うそつき倶楽部  女はいいね 身軽でいいね 振られちゃったと 化粧をなおし はしゃいで みせても こころは 涙  遊びだったら ほかをあたって 私 大事なときなのよ Tokyo Tokyo うそつき うそつき倶楽部
ロマンティックに乾杯城之内早苗城之内早苗たきのえいじ杉本真人若草恵悲しい位 あなたが好きよ まるで映画の主役の 台詞みたいでしょ ふたつやみっつ 恋もしたけど 逢う度に熱くなる 心隠せない  愛は 夜のメルヘン まして 小雨の降る日は コートで体隠し くちづけ交わしましょう ロマンティックに乾杯 離したくない  街を彩る 灯りの粒も 一夜だけの宝石 胸がときめくわ シャンソンよりも タンゴが似合う 煌めいて汗ばんで ふたり酔いしれる  愛の言葉に変えて 肌で感じていたいの シャワーで濡れた髪が あなたの胸で踊る ロマンティックに乾杯 飲みほしましょう  愛は 夜のメルヘン まして 小雨の降る日は コートで体隠し くちづけ交わしましょう ロマンティックに乾杯 離したくない
都鳥城之内早苗城之内早苗松本礼児杉本真人川口真いつしか雨が雪にかわって 波音だけの東京ベイに 愛のために命を賭けた 一羽の鳥 哀しいかもめ 寒いこころと翼震わせ 煤(すす)けた空をさまよう わたしユラユラユラ ユラゆりかもめ 独(ひと)りぼっちで飛ぶ ユラゆりかもめ あなた何処にいるの どうしてなの 愛したのは何故 こんな悲しみ置き去りに 汽笛をかき消すように 海が泣いた  足もと洗う波の飛沫(しぶき)が 鉛色した海に還るわ 絶え間なしに風の悲鳴が あなたを 呼ぶ声を散らした 重いこころと翼濡らして 暗い波間を漂う わたしユラユラユラ ユラゆりかもめ 愛にはぐれたまま ユラゆりかもめ あなた何処にいるの どうしてなの 愛したのは何故 こんな悲しみ置き去りに 都会の明かり映して 海が泣いた  わたしユラユラユラ ユラゆりかもめ 独りぼっちで飛ぶ ユラゆりかもめ あなた何処にいるの どうしてなの 愛したのは何故 こんな悲しみ置き去りに 汽笛をかき消すように 海が泣いた
キ・ラ・ラ角川博・島津悦子角川博・島津悦子岡田冨美子杉本真人桜庭伸幸夜更けにからだを 寄せ合えば 不思議なちからが 湧いてくる 確かめたいのよ わかるでしょう 情熱がこの胸に あることを 秘密の時間が 二人を結ぶの  抱きあって 流されて 永遠みつけましょう… 愛がキララ キララ 今夜もいい感じ もっとキララ キララ 願いが叶うまで  女の心は揺れやすい 男の心は飽きやすい 信じているのに疑って 愛情が深くなることがある 泣かせてごめんね 涙がうれしい  夢の中さまよって 行き着くところまで… 愛がキララ キララ 今夜もいい感じ もっとキララ キララ 命を光らせて  愛がキララ キララ 今夜もいい感じ もっとキララ キララ 願いが叶うまで
炎の祭り歌歌佳歌佳星野哲郎杉本真人新しい波は 西から来るという 嘘かまことか 乗ろうじゃないか 南のみなさん 遅れるな 東のみなさん たまげるな 無病息災 豊年万作 祈って炎の 山車(やま)を曳(ひ)く あー 祭りだ 祭りだ 炎の祭り あー 祭りだ 祭りだ 炎の祭り 風も潮風 有明(ありあけ)仕込み  母がカカさんで 親父(おやじ)がトトさんで トトが魚で カカかつを節 わたしの祖先は 眞珠貝 あいつの祖先は ムツゴロウ 海路安全 大漁満船(まんぱい) 祈って踊って 夜を明かす あー 祭りだ 祭りだ 炎の祭り あー 祭りだ 祭りだ 炎の祭り みんな仲間だ 南国育ち  タイムトンネルを 昔へくぐり抜け 逢ってみたいね ジャガタラお春 聖徳太子に 出逢ったら とっくりお願い してみたい 夫婦円満 商売繁昌 祈って大蛇の 山車を曳く あー 祭りだ 祭りだ 炎の祭り あー 祭りだ 祭りだ 炎の祭り 祇園太鼓に 願いをかける  あー 祭りだ 祭りだ 炎の祭り あー 祭りだ 祭りだ 炎の祭り 風も潮風 有明仕込み
いい気になるなよ小柳ルミ子小柳ルミ子小柳ルミ子杉本真人矢野立美あたしが流した 涙も知らず やわな女と 住みついて いい男を演じる その素振り あんたの裸も忘れたよ  いい気になるなよ 逃げるなよ いい気になるなよ 男だろ 二人暮らした 砂の城でも 一緒に夢見た人だもの ふがいない男でも ほれていた  求めず尽したこの心 バカな女の生き方を ジゴロみたいにもて遊び あんたもたいした男だね  いい気になるなよ 逃げるなよ いい気になるなよ 男だろ 女を酔わす 甘い言葉を 信じた自分が 悲しいね ふがいない女だと 笑ってよ  いい気になるなよ 逃げるなよ いい気になるなよ 男だろ 二人暮らした 砂の城でも 一緒に夢見た人だもの ふがいない男でも ほれていた
東京娘桜たまこ桜たまこ石坂まさを杉本真人おじさん 好きならば夢の中 今 おじさん どこまでも連れてって 今 きらめく恋の夜 ゆれてる あなただけ今晩わ これから これから 二人はどうなるの 教えて 教えて 愛のゆくえを おじさん ちょっぴりの倖せが好き 恋する東京娘  おじさん 悲しいの 少しだけ 今 おじさん 何もかも忘れたい 今 夜更けの雨の窓 切なく あなただけ今晩わ いい娘の いい娘の 真似していいかしら 心が 心が とても寒いわ おじさん 想い出を美しくして 涙の東京娘  おじさん やさしさでつつんでね 今 おじさん 髪なんかなでられて 今 あやしいバラの花 飾って あなただけ今晩わ このまま このまま だまってみつめあう ふたりに ふたりに 夜がとけるわ おじさん さよならのくちづけが好き 恋する東京娘
港町挽歌秋庭豊とアローナイツ秋庭豊とアローナイツ里村龍一杉本真人みなと町今日も 黄昏に染まり 夢を散りばめ 灯り流れる 愛があるから 生きているのよ一人でも ああ‥‥ 憎い逢いたい ろくでなし 誰も知らない 恋が泣いてる鴎とぶ港町  倖せが似合う 女になりたい あなた色した 紅が悲しい 辛い時には いつも隣りにいてほしい ああ‥‥ 忘れられない ろくでなし 風の横貌 肩に冷たいほろ酔いの港町  この町を一人 離れて 行けない いつかあなたが 帰る気がして 苦いお酒も涙まじれば甘くなる ああ‥‥ 夜が寒いよ ろくでなし 星が流れて ひとめ逢いたい 潮風の港町
鳳仙花渡哲也渡哲也ちあき哲也杉本真人(セリフ)しかたないじゃないか 俺もおまえもあの街の灯に 目がくらんじまったんだ  あの日もこうして のんだっけ そして思い出 灼くように むきにグラスを ほすおまえ 青山 乃木坂 六本木 ビルにさだめを囲まれて 歩き疲れた 俺たちさ…  鳳仙花 鳳仙花 どうせ都会に 散る花は 鳳仙花 鳳仙花 いのち儚い 一年草  淋しくなったら 電話して うらみ言葉を 裏返し 傷をだまして みるおまえ 青山 乃木坂 六本木 もろく気持ちは動くけど あとで苦しむ 俺たちさ  鳳仙花 鳳仙花 熟れてはじけて 飛びだして 鳳仙花 鳳仙花 夜をさまよう 一年草  鳳仙花 鳳仙花 どうせ都会に 散る花は 鳳仙花 鳳仙花 いのち儚い 一年草
北海峡渡哲也渡哲也ちあき哲也杉本真人昨日あの街 こえてきた 明日も他国の さだめやら ああ北海峡 しぶきに吹かれ つける煙草の つける煙草のにがっぽさ  ながれ流れて こんな夜は 故郷恋しさ ついつのる ああ北海峡 今さら誰に あわす顔など あわす顔などないものを  ばかなやつほど 人知れず いたい傷みを さするもの ああ北海峡 やさぐれ鴎 啼いてくれるか 啼いてくれるか身代りに  いつになったら さすらいに 花を手向ける 春の日が ああ北海峡 沈んで浮いて どうせ死ぬまで どうせ死ぬまでひとりだよ
ほおずき渡哲也渡哲也ちあき哲也杉本真人ほおずきほおずきまだ鳴らせない ほおずきほおずきもし鳴らせたら  胸にたまった恨み言こめるように いつでも鳴らしていたっけね 紅いほおずき… おまえにしてみたあの仕打ち 今頃くやんでいるんだよ  ほおずきほおずきまだ鳴らせない ほおずきほおずきもし鳴らせたら おまえの淋しさわかるだろう  (セリフ)「どうしているんでしょうあいつ。あれっきりもう あの酒場には顔も見せてないって話しですし またどこかの街にでも流れていっちまったのか それとも…」  ほおずきほおずきまだ鳴らせない ほおずきほおずきもし鳴らせたら  その日その日をためいきでつなぎながら それでもつくしてくれたのか 恋の明け暮れ おまえはうわべはきつくても 心のやさしいやつだもの  ほおずきほおずきまだ鳴らせない ほおずきほおずきもし鳴らせたら おまえの淋しさわかるだろう
さらば荒野よ新沼謙治新沼謙治麻生香太郎杉本真人花を踏んで 大人になるなら 子供でいたいと きみは云う 花を散らして 夢叶うなら 不幸なあしたで いいと泣く そんな そんな 君の やさしさが きっと きっと 君を だめにする だから だから 手をとって 旅人になろう 風に吹かれよう さらば荒野よ 街の灯りよ  海が見たい かもめになりたい 夜空をみあげて ふと洩らす そんな哀しい きみのつばさを 都会の絵具が 染めてゆく 君の 君の こころ 焦がすよな 苦い 苦い 酒は もう止(よ)しな ふたり ふたり 手をとって 旅人になろう 風に吹かれよう さらば荒野よ 街の灯りよ  旅人になろう 風に吹かれよう さらば荒野よ 街の灯りよ
黒のララバイ加門亮加門亮ちあき哲也杉本真人南郷達也嵐に野薔薇が 散った夜 旅路の果てで 噂を聞いた… 何も死ぬこと なかったろうに 暗い運命が おまえを棄てた おやすみ 眠んな もう誰も苛めない クラスに 手向ける 黒のララバイ  あれは去年の 今頃か 形見のように 献してくれた… 過ぎた女さ こういう俺に だから黙って 別れて来たが おやすみ 眠んな 恨んでもいいんだよ ひとあし 遅れの 黒のララバイ  もしもひとりが 淋しけりゃ 屋根まで下りて 抱かれにおいで… 俺もおまえも この世になんか どうせ居場所は 見つかるものか おやすみ 眠んな やすらぎに包まれて 涙か この雨 黒のララバイ 
人生はショータイム島倉千代子島倉千代子建石一杉本真人高橋英介眠りそびれた真夜中 サングラスをかけて 窓のガラスの自分に おどけてみせる タネも仕掛けもないのが 手品と言(ゆ)うけれど タネも仕掛けもあるのが 涙 淋(さび)しくちゃ いやだよ 悲しくちゃ やっぱりいやだよ 泣いて泣いて 笑って泣いて 笑って笑って 泣いて笑って 人生はショータイム ひとときかぎり 人生はショータイム ひとときかぎり  恋に身をやく切なさ 生きているよろこび いつも隠して来たけど 今夜でやめた 自分らしさを素直に ぶつける生き方が 自分らしさにもどれる チャンス バカだって いいじゃない ドジったって そんなのいいじゃない 泣いて泣いて 笑って泣いて 笑って笑って 泣いて笑って 人生はショータイム ひとときかぎり 人生はショータイム ひとときかぎり  人生はショータイム ひとときかぎり 人生はショータイム ひとときかぎり
東京とまり木日野美歌日野美歌吉岡治杉本真人伊戸のりお軽口たたいて 笑って泣いて グラス揺らせば 鳴る氷 ドアが開くたび はじけるように 泳ぐ視線も 切ないネ  ねえチーフ わたし待ってる訳ではないわ 卒業したのよ あの恋は なみだ美人と うぬ惚れながら この指とまれ 赤い鳥 東京とまり木  かならず明日は まっすぐ帰る 言った気もする ほろ酔いで 坐りこごちも にじみの椅子で 三日三晩は 切ないネ  ねえチーフ 夜も更けたし 閉店ですか しみじみ雨降る こんな夜は こころびしょ濡れ 誘われたがる この指とまれ 青い鳥 東京とまり木  ねえチーフ これで最後の お酒にするわ 気分は沖ゆく 砂の舟 たかが恋だと 呟きながら この指とまれ 迷い鳥 東京とまり木 
みれん酒美空ひばり美空ひばりちあき哲也杉本真人よしてちょうだい 憐れみなんて 何があんたに わかるのさ…… ふられた女が やりばのなさを のんで鎮める のんで鎮める みれん酒  のれん一枚 へだてただけで 他人同士に なった恋…… あたしは夜鳴く こおろぎだもの 追いもできずに 追いもできずに みれん酒  ああだこうだと とかくの噂 いいえ淋しい 人なのよ…… だましたことさえ 赦してたって 誰か伝えて 誰か伝えて みれん酒
TOKYO海燕藤あや子藤あや子ちあき哲也杉本真人くの字に折れた 誰かの吸殻 思い出しても 昨夜(ゆうべ)はおぼろで 当てつけみたいに 情事(こい)したつもりが かえってあんたを 愛(いと)しくさせた… 不良かな 不良だね でもさ 東京タワー 見下ろす部屋と 贅沢(ぜいたく)だけが 愛なんて あぁぁ 淋しいよ― おろろん おろろん ひと恋しや つがい捜して 今日も啼(な)いてる 恋、海燕  お前が電話 かけてはいけない 街は他人(ひと)目が あるから逢えない あんたのためだと 鵜(う)呑みにしたけど 生(なま)身のあたしは 居場所もないよ… 卑怯だな 卑怯だね でもさ 背広にしみた トワレの甘さ 時々見せる やさしさに あぁぁ ほだされて― おろろん おろろん ひと恋しや 帰る海さえ 今は失(な)くした 恋、海燕  男って 女って でもさ いつかはきっと 断(た)ちきってやる あたしも意地が あるんだと あぁぁ 誓っても― おろろん おろろん ひと恋しや 誓う先から あんた待ちそな 恋、海燕
くちびる城之内早苗城之内早苗たきのえいじ杉本真人若草恵あなたと別れた あの日から はじめて気付いた 部屋の広さを 埋めるものなど 今更なくて おもいでを 飽きもせずなぞってるだけ  好きやねん うちは今でも 忘れへん あなたの事を 秋の移ろいに 心乱れる日は くちびるが 淋しがる  抱きしめて 抱きしめて うちの体を あなた 湾岸道路を 塗りかえる 口紅みたいな 夕陽のしずく あなたとふたり 浮かれた頃が 窓越しに駆け足で 浮かんで消える 好きやねん 時が過ぎても 離れへん 心は今も 鏡の向こうの 自分に問いかける くちびるを 閉じたまま そばに来て そばに来て 何か答えて あなた  好きやねん うちは今でも 忘れへん あなたの事を 秋の移ろいに 心乱れる日は くちびるが 淋しがる  Tokyoが Tokyoが そんなにいいのあなた
わかれ道渡哲也・いしだあゆみ渡哲也・いしだあゆみ水木かおる杉本真人おなじ夢 見ていたはずが いつからか 離れていった 燃えつきた わけでもないし つくすのに 疲れてたわけでもないけれど 心残して [枯葉舞う道] 別れる二人 心残して 別れる二人 おまえ おまえ それでも俺たち 逢えてよかった  さよならの 言葉にかえて 元気でと 肩に手おいた その胸に ふるえて抱かれ 少しだけ こんな夜は泣いてもいいですか 言葉なくして [迷い道して] たたずむ二人 言葉なくして たたずむ二人 あなた あなた やさしい想い出 愛をありがとう  めぐり逢う日が [明日ゆく道] 見えない二人 めぐり逢う日が 見えない二人 おまえ あなた 夜霧が静かに 恋の幕をひく
東京もどり雨加門亮加門亮ちあき哲也杉本真人南郷達也からだ壊しちゃいないか 愛に出会えたか 尋ねてみたい 客もまばらなこんな夜は ブランデー・グラスは おまえの胸さ やさしい形で 俺をかなしませる 悔んでいるよ雨、雨 東京もどり雨  損なくじだけ引いたね 回り道したね どうして耐えた 所詮浮気な俺などに 女の電話も 誰だか尋かず 黙っておまえは 外へ送り出した 許せぬやつさ雨、雨 東京もどり雨  あれば試していたのか 待ってくれたのか 今ならわかる やけに遅めの歩き方 おまえに与えた ふとした傷が 心で暴れて 俺を酔わせないよ みっともないぜ雨、雨 東京もどり雨 
駅前カフェ牧村三枝子牧村三枝子浅木しゅん杉本真人貯金通帳 差し出して お役に立ててと 微笑むお前 困った時には お互いさまと 逆に説教 されました あゝ…あゝ… ふたり出逢った 駅前カフェ  活動写真 見に行こう お前をなだめる 楽しい苦労 くちづけするにも 冷や汗流し おれは 不器用 さらけ出す あゝ…あゝ… 角をまがれば 駅前カフェ  求人広告 切り抜きで ふくらむ懐ろ テーブルランプ いつかひと山 あてたらきっと 連れて行きたい 異国町 あゝ…あゝ… 夢がひろがる 駅前カフェ
青春ばんから渡哲也渡哲也ちあき哲也杉本真人故郷さえ忘れたおまえと俺も 背広を脱ぎすてりゃ 仇名に帰る 酔おうよ 友よ 綺羅の夜に ああ昨日は昨日だ いいじゃないか ばんから時代 呑みほす小さな盃に 散りばめて ああ明日は明日だ そうじゃないか 失くした夢を 一幕一場の晴れ舞台 歌おじゃないか ああ  横惚れした聖女誰かの女房 喧嘩も懐しい 悪がき同志 酔おうよ 友よ 瑠璃に萌えて ああ女は女だ いいじゃないか 謎々づくし ふられたところで 憎めないやつばかり ああ男は男だ そうじゃないか 黙っていても しんみり心が通いあう 泣けるじゃないか ああ  ああ昨日は昨日だ いいじゃないか ばんから時代 呑みほす小さな盃に 散りばめて ああ男は男だ そうじゃないか いついつまでも おまえの傷みは 俺のもの いかすじゃないか ああ
彷徨人渡哲也渡哲也水木かおる杉本真人アカシヤ花咲く街で 枯葉の舞い散る街で かさねた出逢いの夢いくつ 風に肩おされ別れゆくならば 思い出にあたたかい 灯がともるうちに… ルルル…ルルル… 流れゆく時の中人は旅をする  夕陽にさまよう時も グラスを重ねる時も 心の寒さにエリ立てる あかね雲の果て 遠く住む女は 逢うことも 見ることも ない夢の女か ルルル…ルルル… 流れゆく 時の中 人は旅をする 
Oh 富!原田ゆかり原田ゆかりちあき哲也杉本真人前田俊明・若草恵粋な都々逸 水注すように 何さ今頃 逢いに来て 夏は名ばかり ハートは寒い 町の野良犬 おねだり渡世 あんたちっとも 治らない  O、O、Oh 富 O、O、Oh 富 No、No、No、No、No、No、Non! 三味を爪弾く 邪魔になる 今じゃ堅気の ここは堅気の 源氏店(げんやだな)  屋形船なら 木更津ビーチ あんた運命と 燃えました そんな昔の 乙女の秘密 庭の祠の 弁天様よ どうぞ許して くんなまし  O、O、Oh 富  浮名流しが 未練じゃないか O、O、Oh 富 No、No、No、No、No、No、Non! 銀杏返しが 乱れるわ だって旦那が あたし旦那が いる身なの  O、O、Oh 富  玉屋鍵屋の 花火の善い O、O、Oh 富 No、No、No、No、No、No、Non! 駕篭が迎えに まいります だって極楽 ここは極楽 源氏店(げんやだな) 
薔薇のオルゴールGOLD LYLIC前川清GOLD LYLIC前川清ちあき哲也杉本真人川村栄二やっと忘れかけた頃に  こんな風に逢いに来るひと 上目遣い 今も好きか聞くのね やめて、あたし 玩具じゃない… 街に いつか聴いた 歌は流れ 女のもろさ また揺らすけれど… 愛には愛を 罪には罰を 今夜はじめて 憎んでる 愛には愛を 薔薇には棘を 次にあなたが 傷つけばいい  だって無神経なあなた ひとが耐えた傷の痛さも 許すまでの 胸も思いやれない 誰があの日 裏切ったの… むきに くれた指輪 放りすてて 女のけじめ つけてみたつもり… 愛には愛を 罪には罰を にどとあたしを 落とせない 愛には愛を 蜜には毒を それが務めと 信じてるから  愛には愛を 薔薇には棘を そうよ最後の 贈りものなの  あぁ 恋はひと幕…芝居は終わった
花のように鳥のようにGOLD LYLIC桂銀淑GOLD LYLIC桂銀淑阿久悠杉本真人そこにあるから 追いかけて 行けば はかない 逃げ水の それが しあわせ あるよでなくて だけど 夢見る 願(がん)かける 花のように 鳥のように 世の中に 生れたら いちずに あるがままの生き方が しあわせに近い  指の間を さらさらと いつの間にやら こぼれ落ち 拾い集めた 欠片(かけら)を見つめ 恋の終わりを 知らされる 花のように 鳥のように 晴れの日も 風の日も 人生 そんなふうに思えたら しあわせに近い  誰が わたしを 捨てるでしょう いつも こんなに 一筋に こころ捧げて なさけをかけて 愛をいっぱい あげたのに 花のように 鳥のように 限りある一生を 信じて 生きることが 何よりも しあわせに近い  ラララ… ラララ… ラララララ…… あるがままの生き方が しあわせに近い
酔って候石川さゆり石川さゆり吉岡治杉本真人笑っちゃいますか 浮気されて 笑っちゃいますか 涙ウルウル 許しちゃうのが女だと? 笑っちゃいますネ トコ兄さん 冷酒(ひや)持ってこい  星の数ほど 男はいても 当り外れが 多すぎる それでも懲りずに アアア チョイト好きになり  怒っちゃいますか 浮気されて 殴っちゃいますか 涙ウルウル この指とまれ…… 笑っちゃいますネ トコ姉さん 今宵ふられて 酔って候  笑っちゃいますか けじめつけて 笑っちゃいますか 未練タラタラ 待っているのが女だと? 笑っちゃいますネ トコ兄さん 冷酒持ってこい  一度抱かれりゃ 二度目を待って 春の逃げ水 蜃気楼 それでも飽きずに アアア チョイト夢を見る  からんじゃいますか けじめつけて 捨(すて)っちゃいますか 未練タラタラ この指とまれ…… 笑っちゃいますネ トコ姉さん 今宵したたか 酔って候
元禄花見踊り原田ゆかり原田ゆかりちあき哲也杉本真人若草恵女がひとり 手酌で呑んで みっともないね 唐紙ごしに ひそひそ 誰の声…(ヘイヘイヘイ) ほろ酔い箸で 来ぬひとの名を お膳に描けば 大川端に 暮六つ 鐘が鳴る あたし 未練だわ…  ま、いっか 踊っちゃいましょ 吉原ジルバ どうせ浮世は お花見騒ぎ エェそうかいな ヤレそうかいな 涙は野暮かいな 地味な紬を ピンクの帯に 今日からさくらと 名乗ります エェ エェ  忘れろなんて かえって忘れられなくしたわ 上方訛[かみがたなま]り 流し目 悪い指…(ヘイヘイヘイ) お三味の稽古 心もそぞろ 身が入らない さっきもバチで お師匠さんに 叩かれた あたし ばかなのね…  ま、いっか パッとやりましょ 吉原マンボ 男断ちなど 元禄遅れ エェそうかいな ヤレそうかいな 寝床も春かいな 立てた操は もう花吹雪 お耐という名は 棄てました エェ エェ  ま、いっか パッとやりましょ 吉原チャチャチャ どうせ浮世は お花見騒ぎ エェそうかいな ヤレそうかいな 踊らにゃ損かいな 可愛い陰間と 絵日傘さして ハッピー、ハッピで 踊りましょ エェ エェ 
東京夜霧加門亮加門亮たきのえいじ杉本真人泣くのはおよし 涙をふいて いつもの笑顔は どうしたの 二度と会えない 別れじゃないさ 泣けば尚さら つらくなる せめてそこまで 歩こうか 心もむせぶ 東京夜霧  離れていても 心はひとつ 愛しているのさ 今もなお 赤いくちびる 切ない瞳 みればこの胸 しめつける ふたり重ねた おもいでを さみしく包む 東京夜霧  忘れはしない おまえのことは 心に似顔絵 書いてゆく 口に出せない 優しさなんて 判らないわと 云うけれど 待っていてくれ この俺を 涙でにじむ 東京夜霧
羅臼の男鳥羽一郎鳥羽一郎新本創子杉本真人流氷鳴らす 冬将軍と 男どうしの 酒をくむ さいはて港の 漁師らは 演歌が似合いな 荒武者だ いちばん船の しぶきの華に 羅臼魂の 陽がのぼる  国後あとに 北海漁場 船よたら腹 喰わせるぜ 吹雪の巻き舌 くぐりぬけ 漁師は度胸で 稼ぐのさ あぐらに抱いた わが児の笑みが もぐる舳にヨ ふと浮かぶ  百キロ先の 大地が匂う かえり潮路だ 知床よ 女房が恋しい 男らの 情けがほどける ねぐらだぜ 丸太のように かじかむ指に 羅臼魂の 陽が赤い
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
極楽トンボ牧村三枝子牧村三枝子杉本真人杉本真人お酒が強くなったのは あなたが いなくなってから 恋しくて 淋しくて ひとり待つ身がつらすぎて  何度も手紙を書いたって 音信不通の風便り 春がゆき 秋がゆき 今はこころも冬景色  だけど テレた顔で 急に ドアをあけて 涙 うかべながら たたずむ あたしを抱きしめる  ああ 極楽トンボだね あの男は あたしの心をクルクル回る  ああ 極楽トンボだね あの男は でもね 好きなのさ ルルル…  料理が上手になったのは あなたと 暮らし出してから おいしいね うまいよと… そんな言葉を聞きたくて  今では それも夢の夢 いつかは 忘れてしまいそう 幸せに ゆれていた 遠い昔がなつかしい  馬鹿ね 人が良くて 駄目な奴だけれど いつも おこれないで 許してしまうの なにもかも  ああ 極楽トンボだね あの男は あたしの 気持ちを知りもしないで  ああ 極楽トンボだね あの男は いいさ 弱いもの  ああ 極楽トンボだね あの男は あたしの心をクルクル回る  ああ 極楽トンボだね あの男は はやく… この指とまれ ルルル…  
昭和ひとり旅美空ひばり美空ひばり麻生香太郎杉本真人春の港に 着く船は 白い香りの 花だより すてた故郷と あのひとの 甘く酸っぱい なつかしさ 帰れないから ふるさとさ 帰れないから ふるさとさ 昭和 港 ひとり旅  夏の浜辺に 舞う鳥は 白いつばさの はぐれ鳥 親をたずねて 啼く声が 寒い心を しめつける 帰れないから ふるさとさ 帰れないから ふるさとさ 昭和 海峡 ひとり旅  冬の港を 出る船に 白い宛名の 迷い文 たとえ嘘でも 「元気だ」と せめて二行の 親不孝 帰れないから ふるさとさ 帰れないから ふるさとさ 昭和 朝焼け ひとり旅
海燕松原のぶえ松原のぶえ仁井谷俊也杉本真人こころを決める 旅なのに 何処まで行っても 砂と海 あきらめきれず 忘れられず 沈む夕陽を 見ています ああ一羽はぐれた 海燕 おまえはひとりが 寂しくないか ああ情あるなら あのひとに 一途な想いを 一途な想いを 伝えて欲しい  果てしなく続く 足跡は せつないおんなの 涙です あのひと世間 捨ててまで きっと私に 走らない ああ岩をかすめる 海燕 愚かなみれんと 嘲笑うでしょうか ああすがる胸さえ ないままに 冷たい季節を 冷たい季節を どうして生きる  海つばめ… 海つばめ… アアア アアア アアア ア… ああ風にさからう 海燕 結ばれないなら 何故逢わせたの ああ責めるつもりは ないけれど こころの痛みを こころの痛みを わかって欲しい  ああ一羽はぐれた 海燕 おまえひとりが 寂しくないか ああ情あるなら あのひとに 一途な想いを 一途な想いを 伝えて欲しい 
かわいい女になろうと決めた島倉千代子島倉千代子喜多條忠杉本真人南郷達也吸い殻二本と 百円ライター 競馬の新聞 赤い鉛筆 それだけ残して 夜明けに消えた 大きな背中を ふと想い出す 別れて一人 旅に出て 泣くだけ泣いて かわいい女になろうと決めた かわいい女じゃなかったからね かわいい女になろうと決めた かわいい女じゃなかったから  きれいになったと 言われるたびに 化粧のせいよと 答えたけれど 寂しそうだねと 言われたようで 心にコートを そっと着せかける 別れて北へ 旅に出て 湯けむりの宿 酔えば酔うほど切なくて 酔えば酔うほど一人になって 酔えば酔うほど切なくて 酔えば酔うほど一人になって  あいつの心が 寂しい時に 相槌ひとつも 打てなかったよ  かわいい女になろうと決めた かわいい女じゃなかったからね かわいい女になろうと決めた かわいい女じゃなかったからね
惚れて候−北のどこかへ−石川さゆり石川さゆり吉岡治杉本真人咲いていいですか 北の街で 咲いていいですか 赤い浜なす 恋はしないと 決めたのに 愛しちゃいました トコトンまで バカやってこい 渡り鳥だと わかっちゃいても 好きになったら とまらない 二度目の恋でも アアア チョイトおんなです 凍えちゃいますね つらい恋に 夢見ちゃいますね 北のどこかへ あなたと食べたい とても 好きだから トコ一生 苦労したって 惚れて候  咲いていいですね 雪の街で 咲いていいですね 遅い春です 夢はいつかは さめるのに 愛しちゃいました トコトンまで バカやってこい 甲斐性なしなら わたしが背負って 明日の照り降り ふたり傘 泣いたりしません アアア チョィトおんなです 叫んじゃいますね あなた好きと まとめちゃいますね 所帯まるごと あなたにとまれ とても好きだから トコ一生 悔いはしません 惚れて候
ごめんな…チョー・ヨンピルチョー・ヨンピル大津あきら杉本真人今泉敏郎さよならの受話器置いた  真夜中の公衆電話 無口なお前が子供のようにふざけていたね 泣かせるなと 呟いたら 涙まじり 笑い声さ だって捨てたのはあなたじゃないの おかしいわよって  いい女だったね いい女だったね ごめんな…ごめんな… 叩かれても 冗談だよと言えるなら ごめんな…ごめんな… 二人の部屋まで このさよならを奪いに戻れるけれど  思い出の店で飲んだ 呆れるほどお前浮かび 酔って暴れて放り出されたよ 夜明けの街角に いい女だったよ いい女だったよ ごめんな…ごめんな… 傷だらけのサムライだねと抱いてくれ ごめんな…ごめんな… お前の涙とあの幸せを こわしてさまよう俺さ  ごめんな…ごめんな… 叩かれても 冗談だよと言えるなら ごめんな…ごめんな… 二人の部屋まで このさよならを奪いに戻れるけれど 
ラストシーンは見たくない渡哲也・松坂慶子渡哲也・松坂慶子水木かおる・杉本真人杉本真人泣くのはよせよ 責めるのはよせよ ほほえんで 見せてくれ いつものように グラスに浮かぶ ふたりの姿 とじ込めて しまいたい いついつまでも  あゝ運命まかせ あゝ愛をつなぐ おろかな二人になりました ラスト ラストシーンは見たくない 明日を知るのが怖くて ラストシーンは見たくない 言葉さえ 時間さえ 止まればいいものを  あなたも酔って わたしも酔うわ 夢うつつ ゆれながら いつものように 夜更けの霧に 涙をかくし かりそめの楽しさに 心そらして  あゝ運命まかせ あゝ愛をつなぐ おろかな二人になりました ラスト ラストシーンは見たくない 明日を知るのが怖くて ラストシーンは見たくない 言葉さえ 時間さえ 止まればいいものを
夢ん坊 泣きん坊大川栄策大川栄策荒木とよひさ杉本真人唄ってあげるよ あんたの子守唄 あたしの膝で 眠るまで さすってあげるよ 可愛いその背中 子供のように 眠るまで  夢ん坊 泣きん坊 今夜はどこで 偉くなって 帰ってきたの 寝んねんコロリの 悪い子は 寝んねんコロリで 夢ん中  唄ってあげるよ あんたの数え唄 お酒の匂い とれるまで 叱ってあげるよ 寝たふり その背中 涙がポツリ 落ちるまで  夢ん坊 泣きん坊 綺麗な女の 移り香つけて 帰ってきたの ツンツン月夜の 阿呆鳥 ツンツン月夜で 夢ん中  夢ん坊 泣きん坊 今夜はどこで 偉くなって 帰ってきたの 寝んねんコロリの 悪い子は 寝んねんコロリで 夢ん中
めぐり逢い赤坂新沼謙治・松原のぶえ新沼謙治・松原のぶえ初信之介杉本真人ゆきずりの遊び苦手さ 不器用な男でゴメン たわむれのふりをしただけ 私もよ遊びは出来ないの 恋 恋 恋はつなわたり 赤坂赤坂あぶない二人 赤坂赤坂めぐり逢いの街  あこがれる誰も女は 赤い糸おとぎ話に 不思議だよこんな気持ちは 昔から一緒の気がするよ 夢 夢 夢にゆれている 赤坂赤坂あぶない二人 赤坂赤坂めぐり逢いの街  もうすこし飲んでゆこうか 罪色のお酒が好きよ 出来るなら時間を止めたい 二人とも今夜が始まりね 愛愛愛はものがたり 赤坂赤坂あぶない二人 赤坂赤坂めぐり逢いの街
一輪ざし伍代夏子伍代夏子きたのえいじ杉本真人前田俊明やせたおまえの 肩先に 身の上話が 書いてある 何も聞かずに 私を抱いて 一輪ざしの 花のように 身を切るような 浮世の風も あなたがいれば 暖かい  ふたり暮らせる この町が 私にしてみりゃ 都です 酒場小路を 花道にして 手さぐりながら 夢をみる この手に余る しあわせなんか 欲しくはないわ この先も  橋のたもとの 友禅流し 一輪ざしの はなみずき 日向(ひなた)のような あなたの胸に 私の帰る ふるさとよ
花かんざし田川寿美田川寿美松田史音杉本真人あなたに会いに行く日には 花かんざしを挿しましょか なにより似合う野花を摘んで 会いにゆくゆく道すがら 片手で振り振り歩きましょう そして たたずむあなたを見つけたら 髪をとかして挿しましょか あなたがひとときだれよりも わたしをきれいと感じるように  あなたの夢を見る夜は 花かんざしを挿しましょか 甘く優しいつぼみを手折り 更けてゆくゆく夜もすがら 心に抱き抱き眠りましょう やがて あなたを想って咲いたなら 髪をとかして挿しましょか あなたがひとときだれよりも わたしをきれいと感じるように  あなたがひとときだれよりも わたしをきれいと感じるように
心の糸香西かおり・伍代夏子・坂本冬美・長山洋子・藤あや子香西かおり・伍代夏子・坂本冬美・長山洋子・藤あや子たきのえいじ杉本真人前田俊明そして陽が昇り 朝の幕があく  昨日までの悲しみ 洗い流すように 覚えてて あなた 私がここにいることを 忘れないで あなた 歩いた道のほとり 心の糸を たどりながら 過ぎし日を 重ねてみたい 心の糸を 手さぐりながら 夢の続き 捜していたい  時を巻き戻すことが 出来たなら 涙なんかみせずに 生きてこれたけれど ありふれた日々を 送れることのしあわせを まぶた閉じて ひとり 今更ながら思う 心の糸を ほどかないで この街を 捨てて行けない 心の糸を 結び直して うつむかずに 歩いて行くわ  心の糸を ほどかないで この街を 捨てて行けない 心の糸を 結び直して うつむかずに 歩いて行くわ
おやすみDon't You Cryやしきたかじんやしきたかじん渡部勢津子杉本真人My baby don't you cry…  泣くなよ ガラじゃないぜ いつもの 顔を見せてくれ あいつに ふられたのと お前は 声をふるわせる  ここでいいのならば いつでもおいで 俺の肩を 貸してやるさ だから今夜は もたれて眠れよ おやすみ Don't You Cry  My baby don't you cry…  馬鹿だね 男なんて 好きなら 抱けばいいものを いけない夢を 見たと グラスに ひとり苦笑い  話し相手だけの 長いつきあい それもいいさ お前が好きさ だから今夜は 泣いてる背中に おやすみ Don't you cry  恋は夢見るもの 夢はこわれる いつかきっと いい日もあるさ だから今夜は 痛みを忘れて おやすみ Don't you cry  My baby don't you cry…
からたちのふるさと山本譲二山本譲二市場馨杉本真人残りの冬が からたちのトゲに 雪をちらす日 都会にもどる俺 白い花が もうすぐ咲くのにと 赤い手袋で 君が枝をはじく 三年ぶりの ふるさと帰り あいかわらずの 景色のなかで 君だけがなぜか まぶしく見える からたちのトゲが きらめいて見える  金色の実が からたちの道に 秋を呼ぶ頃 逢いに来たい また だまりこんで すねてた君なのに バスを追いながら 何かつよく云った 三年ぶりの ふるさと帰り 花には早い 季節のなかで 君だけがなぜか やさしく見える からたちの道が 春めいて見える
五月雨ワルツ小林旭小林旭浅木しゅん杉本真人前田俊明花の咲かない 人生に 花を咲かせて くれた人 このまま堕ちても 構わない 宿の軒先 てるてる坊主 さすらう二人のああ 五月雨ワルツ  紙を拡げて 足の爪 切ってあげてる 北の宿 このまま運命に 身をまかす 窓のアジサイ 淋しく咲いて 心の傷あとああ 五月雨ワルツ  そっぽ向いてる 倖せも いつか振り向く 時もある このまま死んでも 構わない 駅のホームを 二人で見つめ さすらい果てないああ 五月雨ワルツ 
酔いぐれすずめ大川栄策大川栄策荒木とよひさ杉本真人暖簾を潜れば 頑固なオヤジがまたひとり 肴はあぶった 痩せてる竹輪 熱燗徳利 摘んで鳴らして ころがして 一本二本と 駅前すずめ  あゝ 酔いぐれて あゝ 夢ぐれて 淋しさ相手の 片手酒 あゝ 木枯らしの あゝ 馬鹿野郎が 肩をたたいて 笑ってる  人生なんかは 演歌の文句じゃないけれど 涙をつぎたす 想い出酒か 心に詫びたい 悲しく逢いたい女がいる いまでは はぐれた 路地裏すずめ  あゝ 酔いぐれて あゝ 泣きぐれて 恋しい昔に 手酌酒 あゝ 三日月の あゝ馬鹿野郎が 細い顔して 笑ってる  あゝ 酔いぐれて あゝ 夢ぐれて 淋しさ相手の 片手酒 あゝ 木枯らしの あゝ 馬鹿野郎が 肩をたたいて 笑ってる  あゝ 木枯らしの あゝ 馬鹿野郎が 肩をたたいて 笑ってる
北の鴎唄山本譲二山本譲二里村龍一杉本真人丸山雅仁山背(やませ)が吠えれば こころも時化(しけ)る 今夜はお前と 朝まで酒づかり 荒くれ海にはョー 船もなく カモメが凍えてョー 鳴くばかり やん衆の港は 浜の女が情けの炎(ひ)を燃やす ヤーレン ソーラン 飲み明かせ 明日(あした)は別れる お前でも 今夜はどっぷり 惚れてやる  出たとこ勝負の 男の海は 命も宝も オンボロ船まかせ 情けをかければョー 辛くなる 未練は波間にョー 捨てて行け やん衆のこころは 陸(おか)のカッパとひと味違うだろ ヤーレン ソーラン 風よ吹け 荒くれ権蔵(ごんぞう)の 深なさけ 今夜はびっしり みせてやる  ヤーレン ソーラン 海よ哭(な)け 最初で最後の 夜だから 今夜はぎっちり 抱いてやる
夢追い人千昌夫千昌夫荒木とよひさ杉本真人別れ人 思い出人 夢追い人 この雨がやんでも 帰ってこない 馬鹿だよ いつまでも若くないのに きのうを心に 抱いてるなんて アーいい女だったよね やさしくなんか なかったけど アー惚れただけ未練だね もう移り香さえも残ってないのに  忘れ人 うそつき人 花摘み人 この雨に どこかで濡れていたら 帰れよ ずぶぬれで あの日の姿で 昨日をつぎたし 詫びてるなんて アーいい女だったよね 幸せの真似させてくれて アー心まで他人だね もう移り香さえも残ってないのに  アーいい女だったよね やさしくなんか なかったけど アー惚れただけ未練だね もう移り香さえも残ってないのに  アーいい女だったよね この世にふたり探せはしない アー酔うほどに未練だね もう移り香さえも残ってないのに
宇治川哀歌香西かおり香西かおり秋浩二杉本真人前田俊明遣り水さらさら蛍が飛び交う 闇を走ってあなたに会いに行く これが最後ですあなたに抱かれたら 何処かへわたしは消えてゆきます 風が冷たくなりました もうすぐ秋ですね 話しかけてもきっとあなたは 何も変わらない 白い単衣の帯紐しめて 明朝はたちます 霧の中  辛いわこの恋ふたりのひとを 愛するなんてわたしには出来ません 心魅かれても辿れぬ愛(ゆめ)だから 今からわたしはさよならします 恋は宇治川に流されて もうすぐ冬ですね 水の瀬音に耳を澄ませば 涙溢れます 過ぎた想い出捲り捲って 夢が散ります 隠れ里  恋は宇治川に流されて もうすぐ冬ですね 空を見上げりゃ雲が乱れて 胸が騒ぎます あなた恋しいあなた恋しい つのる心に 雪が舞う
泣かないで舟木一夫舟木一夫たきのえいじ杉本真人ひとりふたつ恋をして 涙の味を知り やがて人は せつなさを笑顔に変える 濡れた目がしらに 心の辛さが書いてある ごらん ごらん 星が見ている 泣かないで 泣かないで みあげてごらん  もしも俺で良かったら 甘えていいんだよ 過ぎた事は くやまずに水に流して ふいてあげようか 心の曇りをハンカチで だから だから 遠慮しないで 泣かないで 泣かないで うつむかないで  耐えていたんだね その胸誰にも打ちあけず せめて せめて 家に送ろう 泣かないで 泣かないで 明日も逢える
うかれ節細川たかし細川たかしなかにし礼杉本真人馬飼野俊一人の心は紙風船 破れやすくて カラッポで 空気入れられ ふくらんでお尻たたかれ右左 ふわふわ ふわふわ ふわふわ ふわふわ うかれ節  男と女の関係は あまり深くは考えない 上になったり下になったり 白い蝶々の つがい飛び ふわふわ ふわふわ ふわふわ ふわふわ うかれ節  先のことやら 明日のこと あまり深くは考えない つもるつもりがつもらない夢ははかないぼたん雪 ふわふわ ふわふわ ふわふわ ふわふわ うかれ節  せめて今ある幸せは あまり深くは考えない ため息一つでタンポポの 綿毛みたいに飛んでゆく ふわふわ ふわふわ ふわふわ ふわふわ うかれ節  運が良ければ そりゃいいが あまり深くは 考えない つかめそうでもつかめない 水に浮かんだ おぼろ月 ふわふわ ふわふわ ふわふわ ふわふわ うかれ節  人のいのちは 日めくりの 暦みたいに 減ってゆく 暦ちぎって投げてみりゃ軽いいのちが宙に舞う ふわふわ ふわふわ ふわふわ ふわふわ うかれ節
日暮れたら近藤千裕近藤千裕吉田健美杉本真人若草恵日暮れたら お酒を飲んで 恋の終りに 乾杯するわ 街灯り 数えながら 覚えたての歌でも歌うわ  だからあなたも笑って見せて 私のことなら 気にかけないで 通り過ぎてく 季節のように そっとこの部屋 出てって  日暮れたら 昔のように 気ままに過ごすわ 一人で  日暮れたら 昔のように 気ままに過ごすわ 一人で  日暮れたら ベッドの隅で 灯りを消して 煙草を吸うわ 友達に 電話をかけて 恋の結末 明るく話すわ  そうよ私は窓辺にもたれ 暮れ行く景色を 眺めてるから 後ろ姿を向けてるうちに 何も言わずに 出てって  日暮れたら 夜になったら 忘れてみせるわ あなたを  だからあなたも笑って見せて 私のことなら 気にかけないで 通り過ぎてく 季節のように そっとこの部屋 出てって  日暮れたら 昔のように 気ままに過ごすわ 一人で  日暮れたら 夜になったら 忘れてみせるわ あなたを
夜明けのトンボ麻生詩織麻生詩織たきのえいじ杉本真人若草恵向こうみずね ないものねだりね まるで無邪気な 一幕芝居ね 季節の継ぎ目を 越せないままで さよならですか  あなたもたぶん 夜明けのトンボ おもいでくわえて 背を向ける 男はみんな 夜明けのトンボ 女の胸を 貸りるだけ  はやり歌の 別れの言葉が 何故か今夜は 心に沁みるわ 水割りグラスに 涙がにじむ あなたのせいね  戻っておいで 夜明けのトンボ 私がまぶたに 映ったら いつものように 夜明けのトンボ 冗談云って 笑わせて  あなたもたぶん 夜明けのトンボ おもいでくわえて 背を向ける 男はみんな 夜明けのトンボ 女の胸を 貸りるだけ 
涙あふれて因幡晃因幡晃杉本真人杉本真人いいの何にも言わないで なぐさめの言葉など つらくなるだけだわ こんな時  愛し合ったあの夜も 夢を見たあの時も すべてわたしだけの ひとり芝居  くれなずむ街をひとり行けば 想い出が悲しみつれてくる  涙…涙あふれて とまどう わたし 涙…涙あふれて さまよう わたし 心みだれて…  笑いながら話したい ひびわれた物語り そして忘れきるの ひとり芝居  肩を抱く人もいないベンチ 街燈にそっと別れを告げる  涙…涙あふれて とまどう わたし 涙…涙あふれて さまよう わたし 心はぐれて…  涙…涙あふれて とまどう わたし 涙…涙あふれて さまよう わたし 心はぐれて…
北の海明けキム・ヨンジャキム・ヨンジャ里村龍一杉本真人桜庭伸幸一升徳利呑(いっしょうとっくりの)みほして あんたは私の 膝まくら 碧い海を 抱いて眠るよ 悲しいね女は せつないね別れは あんたの背中で 泣くばかり  窓に港の 灯りが揺れる 明日は 出船だね エンヤラコラセ 鴎よ哭くな 北のおんなのヨ お祭りだ  ひと荒れきそうな 空の色 にらんで私を 抱き寄せる 北の港 明日は海明けだ 気をつけてあんたは むこうみずだからよ 海はやんちゃで 気まぐれだ  まわし呑みした どんぶりだけが 愛の 形見たね エンヤラコラセ 別れがつらい 鴎おまえもヨ 酔っぱらえ  波は船より でっかいけれど あんた 負けるなよ エンヤラコラセ 鴎よ唄え 北の女のヨ お祭りだ 
気になるあいつ渡辺徹渡辺徹ちあき哲也杉本真人かたい蕾が 熟れてきれいな 花になる 時のトリック 何の不思議もないことさ 舟をつないだ 海は昨日の ままなのに 誰がおまえを こんな突然 異性に  ないぜ 俺じゃないぜ くやしいけど 黙って聞くよ  Congratulations! よかったじゃないか Congratulations! いいひとらしいね Congratulations! むきに強がれば なぜか少年みたいに 傷のついてるたそがれ  めまいしそうな 女らしさも 知らないで てんで無邪気に はしゃぐおまえは 罪だよね さくら貝より あわいピンクの 純潔を そしてひそかに すててみるのか 明日は  よせよ ばかはよせよ ひきとめても ひと足遅れ  Congratulations! つらい日はおいで Congratulations! かばってやれるぜ Congratulations! 思いきれなくて なぜか少年みたいに やけで吐き出す口笛  飛んでけ 飛んでけ どじな俺のいとしさ Congratulations!
忍冬GOLD LYLIC因幡晃GOLD LYLIC因幡晃ちあき哲也杉本真人だっていつかこじれて 駄目になるより 恋の匂いさせずに そばにいたいわ たまに逢ってこうして飲めるだけでも 女として少しは 夢があるでしょ……  失くせない ひとだから つづけるひと幕友達芝居 だけど  忍ぶという字は 難しい 心に刃(やいば)を乗せるのね 時々心がいたむのは 刃(やいば)が暴れるせいなのね  もっと楽な生き方 してもいいのに なぜかわざと淋しい道をえらぶの…… 今日は今日の傷みが胸をしめても ひとり席を立つまで泣きはしないわ ばかなのね 古いのね 死ぬまでひそかに 愛するなんて だけど……  いとしい花なら 忍冬(すいかずら) 夏でも秋でも春の日も どうしてわたしのいとしさは 忍ぶという字がつきまとう  忍ぶという字は 難しい 心に刃(やいば)を乗せるのね 時々心がいたむのは 刃(やいば)が暴れるせいなのね Lai Lai Lai…… Lai Lai Lai……
友よ舟木一夫舟木一夫秋元康杉本真人ああ 友よ 今も 元気かい? 俺は どうにか 生きているよ  過ぎた時のまぶしさを なつかしむことは やさしいことでも 長い旅のその途中 振り返るなんて 無駄なことさ  人生は 終わるまで きっと まぶしい  ああ 友よ 変わってないな 同じ 時代を 生きた仲間  ああ 友よ 酒を飲みながら あの日みたいに 語り明かそう  いつも太陽の下を 生きてゆくことは 難しいけれど 雨が 降るその空にも 太陽があると 信じて来た  この道が 終わる頃 きっと また逢おう  ああ 友よ 今も 元気かい? 俺は どうにか 生きているよ  ああ 友よ 酒を飲みながら あの日みたいに 語り明かそう  ああ 友よ 酒を飲みながら あの日みたいに 語り明かそう
港のセレナーデ北沢麻衣北沢麻衣星川裕二杉本真人宮崎慎二あなたの心に もうひとりの 誰かが棲んで しまったことは 知りたくないわ 今でもあなたを 好きなことに 変わりないけど せつなくなるの  外は雨… 雨… 聴かせて 甘いセレナーデ それは罪… 罪… 揺れる 恋心 港の灯りが にじんでゆく夜更け  やさしくされても 倖せでも 待ちくたびれた 女の気持 わかってほしい 想い出 数えて 涙まじり 仕方ないわと 淋しく笑う  外は雨… 雨… 聴かせて 甘いセレナーデ みんな夢… 夢… 恋は終わるもの 夜更けの窓辺に たたずんでる別離  外は雨… 雨… 聴かせて 甘いセレナーデ それは罪… 罪… 揺れる 恋心 港の灯りが にじんでゆく夜更け
居酒屋日吉ミミ日吉ミミ吉田健美杉本真人カウンターに 頬杖ついて あんたの横顔を 見ていたら なんだかみじめに なってきて 涙がしらずに あふれだす 袋小路の居酒屋は 淋しがりやの集まる所 悲しい話は もうやめて 今夜はとことん 付き合って ボトル一瓶 あけるまで  顔染みの 陽気な人に お似合いだねって 冷やかされ 笑ってごまかす 二人なら 嘘でもいいから このままで 袋小路の居酒屋は お人好しの集まる所 本当の話は やめにして 誰にも幸福 くるように 飲んで騒いで 夜明けまで  袋小路の居酒屋で 行き場なくした 男と女 明日の話はしないでよ 流行(はやり)歌など 口ずさむ 夢を肴に 酔えるまで…
戯言日吉ミミ日吉ミミ吉田健美杉本真人浮気者だと あいつは言った それでも本気で 惚れてみた 噂話の 多い奴なら ふられたあとが 楽だもの 女は遊びじゃ 愛せない  どうせ泣くよと あいつは言った それでも一途に 賭けて見た 別れ話を 恐れるよりも 今が大事な 恋心 女は気ままにゃ 暮らせない  元気だしなと あいつは言った いつかは涙も 乾くだろう 何度こりても すぐくり返す 嘘と真実(まこと)の すれ違い 女はひとりじゃ 歩けない
雨やどり千葉紘子千葉紘子吉田健美杉本真人着物のスソつまんで 見知らぬ軒先雨やどり ぬれた背中冷たく ぽとりとしずくが素足に落ちる 通り過ぎる傘に とりのこされてたたずむ私 待ちわびたように 小窓開いて声かけた人 赤く染まる頬 誰も知らない日暮れて雨やどり  切れた鼻緒すげかえ 口数少なく頭さげ 名前さえすら告げずに 人影とだえた小降りの町へ 響く鐘の音に せかされながらかけだす私 追いかけるように 傘をさしかけほほえんだ人 高なる心から 恋がめばえる日暮れて雨やどり  いつか消えるような とても小さい過去の出来事 降りしきる雨に 耳をすませば聞こえてくるの あなたのささやきが 忘れかけてた日暮れて雨やどり
北の鴎唄大月みやこ大月みやこ里村龍一杉本真人山背が吠えれば こころも時化(しけ)る 今夜はお前と 朝まで酒づかり 荒くれ海にはョー 船もなく カモメが凍えてョー 鳴くばかり やん衆の港は 浜の女が情けの 炎(ひ)を燃やす ヤーレンソーラン 飲み明かせ 明日は別れる お前でも  今夜はどっぷり 惚れてやる 出たとこ勝負の 男の海は 命も宝も オンボロ船まかせ 情けをかければ ョー辛くなる 未練は波間にョー 捨てて行け やん衆のこころは 陸(おか)のカッパと ひと味違うだろ ヤーレンソーラン 風よ吹け 荒らくれ権蔵の 深なさけ 今夜はびっしり みせてやる  ヤーレンソーラン 海よ哭け 最初で最後の 夜だから 今夜はぎっちり 抱いてやる
お久しぶりね内田あかり内田あかり杉本真人杉本真人お久しぶりね あなたに会うなんて あれから何年経ったのかしら 少しは私も 大人になったでしょう あなたはいい人 できたでしょうね  お茶だけのつもりが 時のたつのも忘れさせ 別れづらくなりそうで なんだかこわい  それじゃ さよなら 元気でと 冷たく背中を向けたけど 今でもほんとは 好きなのと つぶやいてみる もう一度 もう一度 生まれ変わって もう一度 もう一度 めぐり逢いたいね  お久しぶりね こんな真夜中に あなたから電話をくれるなんて おかしいくらい まじめな声で 私に迫るから 眠気もさめた  もしも今でも一人なら 映画みたいな恋をして 愛を育ててみたいねと 笑ってみせる  それじゃ さよなら これきりと 冷たく受話器を置いたけど 涙がしらずに あふれ出す どうかしてるね もう一度 もう一度 生まれ変わって もう一度 もう一度 めぐり逢いたいね  もう一度 もう一度 生まれ変わって もう一度 もう一度 めぐり逢いたいね
それは…黄昏五木ひろし五木ひろし荒木とよひさ杉本真人お前を花にたとえたら 真綿色した それは想い出 心の庭に そっと咲く 季節が 駆け足で 過ぎても いまは 風の便りが 幸福ならば あの日のこと 置きざりにするよ それも愛のひとつ…… あゝ お前を忘れはしない きっと きっと 生きてる限り  涙で夢を 溶かしたら 茜色した それは黄昏 心の小径を 引きかえし もう一度 この手で 抱けたら いまは 子供と遊ぶ うしろ姿を まぶたの中 浮かべてみるけど それも愛のひとつ…… あゝ お前を忘れはしない きっと きっと 生きてる限り  いまは 風の便りが 幸福ならば あの日のこと 置きざりにするよ それも愛のひとつ…… あゝ お前を忘れはしない きっと きっと 生きてる限り
わかれ道日野美歌・道永きよし日野美歌・道永きよし水木かおる杉本真人おなじ夢 見ていたはずが いつからか 離れていった 燃えつきた わけでもないし つくすのに 疲れてた わけでもないけれど 心残して (枯葉舞う道) 別れる二人 心残して 別れる二人 おまえ おまえ それでも俺たち 逢えてよかった  さよならの 言葉にかえて 元気でと 肩に手おいた その胸に ふるえて抱かれ 少しだけ こんな夜は 泣いてもいいですか 言葉なくして (迷い道して) たたずむ二人 言葉なくして たたずむ二人 あなた あなた やさしい想い出 愛をありがとう  めぐり逢う日が (明日ゆく道) 見えない二人 めぐり逢う日が 見えない二人 おまえ あなた 夜霧が静かに 恋の幕をひく
愛の嵐小田達也小田達也荒木とよひさ杉本真人飾る言葉も 捧げる花も 俺には似合って いないけど この胸 切りさき せつない想い お前に見せること 出来るなら  愛の嵐で 愛の嵐で 身も心も あゝびしょ濡れ いまこの手に いまお前を 強く奪って 抱きしめたい  話す夢さえ 暮らす部屋さえ 俺には何ひとつ ないけれど 上手な生き方 探すことより お前のためならば 死んでいい 愛の嵐で 愛の嵐で 身も心も あゝびしょ濡れ もうあしたも もう昨日も いまは忘れて 抱きしめたい  愛の嵐で 愛の嵐で 身も心も あゝびしょ濡れ いまこの手に いまお前を 強く奪って 抱きしめたい
人生三三七拍子さやま友香さやま友香遊なおこ杉本真人桜も散るときゃ 切ないだろう 花は消えても 幹はある くやし涙を 汗にかえ 男は この世で夢を見る ここは一番 生きざま舞台 うらみ節など 背を向けて ヨーオ 人生三三七拍子  雨が降るときゃ 傘にもなるわ あなた好みの 蛇の目傘 いとし涙が うれしくて 女は苦労に 夢を見る ここは 愛嬌 生きざま芝居 うらみ節など 背を向けて ヨーオ 人生三三七拍子  運のいいときゃ 金杯ほして 運が悪けりゃ コップ酒 浮いて沈んで また浮かび この身をかけた 夢ひとつ ここは一番 生きざま舞台 うらみ節など 背を向けて ヨーオ 人生三三七拍子
うさぎ清水綾子清水綾子荒木とよひさ杉本真人寒かったらね うさぎみたいに震えていればいいじゃない 雪降る夜はひざをまるめて ひとりぼっちで泣いてりゃいいよ なにもあの人がこの世の中で たったひとりのオトコじゃないけれど  悲しいね うさぎなんて想い出に飼い慣らされちゃって 悲しいね わたしだけが愚図すぎて お人好し いまでも本当は好きなのに  夢をかじって うさぎみたいにわたしに似合っているじゃない 雪が降るならあしたも積れ 涙に心に 想い出だけに 綺麗ごとなんかもう言わないわ そうよ片想いで終っただけのこと  悲しいね うさぎなんてひとりでは明日が探せない 悲しいね わたしだけが置き去りの お人好し いまでも涙が止まらない  悲しいね うさぎなんて想い出に飼い慣らされちゃって 悲しいね わたしだけが愚図すぎて お人好し いまでも本当は好きなのに 
センチメンタル・番外編杉本真人杉本真人最首としみつ杉本真人あたしが男を知ったのは 女を知った日から まだ三日目の夜 場末の飲み屋で咽せていた あたしを介抱してくれた G・Iジョー 熱い嵐が躯をはしり 気付いたとことは安ホテル 小ちゃな窓の 硝子越しに 路面電車の青い花火が散ったラララ…  あたしが男を愛したのは 女に絶望した日から まだ間もない頃 男と男が部屋を借りてそれからしばらくは幸福だった ある晩ジョーは大酒飲んで手当り次第にあたりを ぶちこわす その日が来たのねあたしのいい男に まっ黒な頬に 大粒の涙 ルルル…  あたしが街に立ったのは 戦争が終ってから しばらく過ぎた頃 淋しさまぎらす化粧もいつか ルージュを引く手付きも 女を越えた あたしに弱みがあるならそれは化粧を浮かせる ヒゲの剃り跡 毎日三時になると 風呂屋に行って すね毛を剃るのがその日の始まりラララ…  あたしに声をかけたのは 今夜はあんたが最初の男 一本貰うわね ハッカ煙草 つまらぬ話を終らすために それよりあんたは普通の男?それともあたしの いい男なの?  今夜も佇む街角に 夜風がしみるよ センチメンタル・ゲイブルース  今夜も佇む街角に 夜風がしみるよ センチメンタル・ゲイブルース ルルル…
今度逢ったら ふってやる!滝里美滝里美杉本真人杉本真人あんな男を愛してたなんて 笑っちゃうよね 少女みたいに ときめいて ほほそめながら 他にいい娘が いたのも知らずに 笑っちゃうよね  甘い言葉に のせられて その気になってた 思い出ばかりがキリキリと この胸しめつけ あふれ出す ねェー誰か…誰か泣かせておくれよ うでン中  今度逢ったら ふってやる 今度逢ったら ふってやる 紙屑みたいに フッフッフッフッフッ  哀しくないよ 平気さあたしは 笑っちゃうよね いつもめいわく顔された 恋ものがたり 踊りのうずに体をまかせりゃ 笑っちゃうよね  どうせ咲かない 花ならば きれいに散るわ いいことばかりがハラハラと あたしのページをめくります ねェー誰か…誰か 忘れるくらいに 燃えさせて  今度逢ったら ふってやる 今度逢ったら ふってやる 風船みたいにフッフッフッフッフッ  今度逢ったら ふってやる 今度逢ったら ふってやる 紙屑みたいに フッフッフッフッフッ
悲しみがあるうちにチュウ・ヒョンミチュウ・ヒョンミ荒木とよひさ杉本真人愛が寒い あなたに抱かれていても ぬくもりの裏側は 氷の心 夜の深さ 時間が追憶を探す こんなにも 涙が残っていたなんて ひとりの男 ひとりの女 上手な夢が 見れないのなら 悲しみがあるうちに どこかへ消えて 寝たふりをする前に どこかへ消えて  愛が逃げる わたしの心をぬけて 優しさをよそおった 氷の背中 胸の痛み あなたに返してあげる あしたまで 苦しみ残っていないよう 寂しい男 寂しい女 大人の嘘が つけないのなら 悲しみがあるうちに どこかへ消えて 泣きごとを言う前に どこかへ消えて  ひとりの男 ひとりの女 上手な夢が 見れないのなら 悲しみがあるうちに どこかへ消えて 寝たふりをする前に どこかへ消えて 寝たふりをする前に どこかへ消えて
神戸・横浜中条きよし中条きよし星川裕二杉本真人夜空を斜めに 星屑落ちて せつない想いが 心を突き抜けて行く 背中にため息 残したままで 逢えない月日を 指折り数えては 涙 神戸 横浜と 二人 離れても  今すぐ逢いたい あなたに逢いたい 抱きしめてほしい 身体が壊れるくらいに TAXI 拾って 行ける距離なら こんなにも 辛くない  夜更けの電話を 朝までしても 寂しい時間を 埋める気休めなのね 心の支えを 失うような 不安が募れば 今夜も眠れなくなるの 今度いつ逢える そんな くりかえし  愛されていると 信じているけど 充たされていない 心の隙間が凍える 逢いたい時に 逢えない恋は この胸が 痛むだけ  今すぐ逢いたい あなたに逢いたい 抱きしめてほしい 身体が壊れるくらいに TAXI 拾って 行ける距離なら こんなにも 辛くない
泣かないよ中条きよし中条きよし美樹克彦杉本真人かまい過ぎるから嫌われたんだね おしきせ ばかりのやさしさだから ほかの誰かに 目移りしてさ シャボン玉のように男が消えたよ けどさ 本当はさ むしゃぶりついてでも別れたくなかった そうさ 馬鹿だよね素直になれずにいるなんて 泣かないよ 泣かないよよけい つらさがこみあげる 泣かないよもう泣かないよきっと明日は晴れるから  つきあったのがまちがいだからって それで どうなる理由でもないし どうせ 咲かない花だと決めて 笑って 暮らすしか生きられないよ けどさ 本当はさ 子供ができたのと嘘でもついて せめて 最後にさいじ悪な女 演じたい 泣かないよ 泣かないよ 涙見せたら 負けになる 泣かないよもう泣かないよもっと綺麗に なる為に  泣かないよ 泣かないよ 涙見せたら 負けになる 泣かないよもう泣かないよもっと綺麗に なる為に
はぐれ雲原田ヒロシ原田ヒロシ高田ひろお杉本真人男ひとり はぐれ雲 野末を渡る 風に吹かれる おまえの面影 心に抱けば 肩にとまる 赤とんぼ  男ひとり ちぎれ雲 心の隙間 おまえを偲ぶ 惚れていたのさ 忘れはしない 夢は儚く 陽は落ちる  男ひとり 流れ雲 渡れぬ川の 岸辺にたてば 汽車の汽笛が 明日へ向かう 心揺らすは 枯れすすき 
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. KICK BACK
  3. 錠剤
  4. すずめ feat.十明
  5. ウタカタララバイ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Blue Moon
  2. ギターと孤独と蒼い惑星
  3. 好きじゃないよ
  4. SPECTRA
  5. 倶に

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照