渡哲也の歌詞一覧リスト  45曲中 1-45曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
45曲中 1-45曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
逢いたいね背中まるめて 飲む酒に ホロリ あまえの名が落ちる 風が冷たい こんな夜は あの日の ぬくもり想い出す  別れても 離れても 心ひかれる 人がいる 別れても 離れても 心泣かせる 人がいる 逢いたいなぁ 逢いたいねぇ こんな夜は  季節変わりの 花が咲く 今日のおまえは 何処にいる 北のはずれの 港町 おまえのふるさと このあたり  今度こそ 幸せを ふたり死ぬまで 暮らしたい 今度こそ 幸せを ふたり一緒に 歩きたい 逢いたいなぁ 逢いたいねぇ こんな夜は  今度こそ 幸せを ふたり死ぬまで 暮らしたい 今度こそ 幸せを ふたり一緒に 歩きたい 逢いたいなぁ 逢いたいねぇ こんな夜は渡哲也建石一杉本真人山川恵津子背中まるめて 飲む酒に ホロリ あまえの名が落ちる 風が冷たい こんな夜は あの日の ぬくもり想い出す  別れても 離れても 心ひかれる 人がいる 別れても 離れても 心泣かせる 人がいる 逢いたいなぁ 逢いたいねぇ こんな夜は  季節変わりの 花が咲く 今日のおまえは 何処にいる 北のはずれの 港町 おまえのふるさと このあたり  今度こそ 幸せを ふたり死ぬまで 暮らしたい 今度こそ 幸せを ふたり一緒に 歩きたい 逢いたいなぁ 逢いたいねぇ こんな夜は  今度こそ 幸せを ふたり死ぬまで 暮らしたい 今度こそ 幸せを ふたり一緒に 歩きたい 逢いたいなぁ 逢いたいねぇ こんな夜は
あいつこの指泣いて かんだやつ 今でもおれを 憎むやつ それでもじっと 陰ながら どこかでおれを 見てるやつ 遠くになるほど 近くなる あいつ あいつ 忘れられないあいつ  名もない花が 好きなやつ 子供のように 怒るやつ いっしょに側に いるだけで 不思議にこころ なごむやつ 日なたの匂いが するような あいつ あいつ 心ひかれるあいつ  ひとりでいまも 暮らすやつ かなしい意地を 通すやつ 二度ない春を 無駄にして ひそかに愛を 燃やすやつ 忘れてくれたら いいものを あいつ あいつ 俺を泣かせるあいつ渡哲也水木かおる遠藤実この指泣いて かんだやつ 今でもおれを 憎むやつ それでもじっと 陰ながら どこかでおれを 見てるやつ 遠くになるほど 近くなる あいつ あいつ 忘れられないあいつ  名もない花が 好きなやつ 子供のように 怒るやつ いっしょに側に いるだけで 不思議にこころ なごむやつ 日なたの匂いが するような あいつ あいつ 心ひかれるあいつ  ひとりでいまも 暮らすやつ かなしい意地を 通すやつ 二度ない春を 無駄にして ひそかに愛を 燃やすやつ 忘れてくれたら いいものを あいつ あいつ 俺を泣かせるあいつ
朝やけ何かあったら こわれそうな あぶないあぶない あの女 小さくうなずき 大丈夫よと 答えてゆがんだ 笑い顔 朝やけの朝やけの 空は晴れても ひとりで行かせた 苦みがのこる  いつか暗さに なれた目に まぶしいまぶしい あの女 汚れたこの手で 傷ついた 小鳥を抱いたら 罪つくり 朝やけの朝やけの 光さしても こころは夜霧に さまようようだ  胸のどこかに ひっかかる 別れた別れた あの女 この先逢う日も ないだろが 行く道迷うな ケガするな 朝やけの朝やけの 雲はながれて しめったタバコの けむりがにがい しめったタバコの けむりがにがい渡哲也水木かおる遠藤実何かあったら こわれそうな あぶないあぶない あの女 小さくうなずき 大丈夫よと 答えてゆがんだ 笑い顔 朝やけの朝やけの 空は晴れても ひとりで行かせた 苦みがのこる  いつか暗さに なれた目に まぶしいまぶしい あの女 汚れたこの手で 傷ついた 小鳥を抱いたら 罪つくり 朝やけの朝やけの 光さしても こころは夜霧に さまようようだ  胸のどこかに ひっかかる 別れた別れた あの女 この先逢う日も ないだろが 行く道迷うな ケガするな 朝やけの朝やけの 雲はながれて しめったタバコの けむりがにがい しめったタバコの けむりがにがい
あじさいの雨弱いからだに かさねた無理を かくしていたのか 濃いめの化粧 いくども色を 変えながら 枯れて淋しく 散ってゆく 雨 雨 あじさいの雨に 煙るおまえの 白い顔  いつも変わらぬ 笑顔のかげで いつか指から 消えてたゆびわ 苦労の重さ たえながら じっと咲いてた 花にふる 雨 雨 あじさいの雨は 男ごころを ぬらす雨  かげで流した おまえの涙 ふいてやれずに 今日までひとり 身勝手すぎた このおれを 詫びてみたって 遅いけど 雨 雨 あじさいの雨に 声をころして 男泣き渡哲也水木かおる遠藤実弱いからだに かさねた無理を かくしていたのか 濃いめの化粧 いくども色を 変えながら 枯れて淋しく 散ってゆく 雨 雨 あじさいの雨に 煙るおまえの 白い顔  いつも変わらぬ 笑顔のかげで いつか指から 消えてたゆびわ 苦労の重さ たえながら じっと咲いてた 花にふる 雨 雨 あじさいの雨は 男ごころを ぬらす雨  かげで流した おまえの涙 ふいてやれずに 今日までひとり 身勝手すぎた このおれを 詫びてみたって 遅いけど 雨 雨 あじさいの雨に 声をころして 男泣き
雨降り花夢ものぞみも つまずくたびに やせて小さく なって来た だめな俺だが 雨降り花よ 純なこころで 咲けるなら せめて野に咲く 花でいい  好きとひと言 云えないままに あいつ泣かせた 二年前 なんで別れた 雨降り花よ 今もこの血が 熱いなら せめて野に咲く 花でいい  口に出せない 男のつらさ じっと背中で 耐えるやつ しみる しみるさ 雨降り花よ 友のこころに 咲けるなら せめて野に咲く 花でいい  風に吹かれて 這いずるように 俺は俺なり 生きてゆく 雨が重たい 雨降り花よ うすい紅いろ ひと色に せめて野に咲く 花でいい渡哲也水木かおる杉山真人夢ものぞみも つまずくたびに やせて小さく なって来た だめな俺だが 雨降り花よ 純なこころで 咲けるなら せめて野に咲く 花でいい  好きとひと言 云えないままに あいつ泣かせた 二年前 なんで別れた 雨降り花よ 今もこの血が 熱いなら せめて野に咲く 花でいい  口に出せない 男のつらさ じっと背中で 耐えるやつ しみる しみるさ 雨降り花よ 友のこころに 咲けるなら せめて野に咲く 花でいい  風に吹かれて 這いずるように 俺は俺なり 生きてゆく 雨が重たい 雨降り花よ うすい紅いろ ひと色に せめて野に咲く 花でいい
ありんこ咲くなら咲け 散るなら散れ 自分できめろ たったひとつの生命じゃないか わかっていてできないのが人間ならば ありんこになって生きてもいいさ ころげころげながら踏まれ踏まれながら もっともっと汚れちまえよ はぐれたありんこが雨に打たれ 重い夢のかけらをひきずる バカだね苦しい旅は捨てて 笑っていれば楽しいものを  降るなら降れ 吹くなら吹け 手かげんするな どうせまた来る 嵐じゃないか やるだけやれ 死ぬまでやれ 甘ったれるな 涙なんか ひとりで流せ 街におぼれながら人を憎みながら もっともっと壊れちまえよ ひたすらありんこみたいに歩け その心を誰かが待っている また来る明日のために愛は とまっておけよその胸の中  迷い迷いながら 叫び叫びながら もっともっと汚れちまえよ ひたすらありんこみたいに歩け この思いが誰かにつたわる もう一度かけがえのない愛に たどりついたら錨をおろせ渡哲也門谷憲二山崎稔咲くなら咲け 散るなら散れ 自分できめろ たったひとつの生命じゃないか わかっていてできないのが人間ならば ありんこになって生きてもいいさ ころげころげながら踏まれ踏まれながら もっともっと汚れちまえよ はぐれたありんこが雨に打たれ 重い夢のかけらをひきずる バカだね苦しい旅は捨てて 笑っていれば楽しいものを  降るなら降れ 吹くなら吹け 手かげんするな どうせまた来る 嵐じゃないか やるだけやれ 死ぬまでやれ 甘ったれるな 涙なんか ひとりで流せ 街におぼれながら人を憎みながら もっともっと壊れちまえよ ひたすらありんこみたいに歩け その心を誰かが待っている また来る明日のために愛は とまっておけよその胸の中  迷い迷いながら 叫び叫びながら もっともっと汚れちまえよ ひたすらありんこみたいに歩け この思いが誰かにつたわる もう一度かけがえのない愛に たどりついたら錨をおろせ
粋な別れ生命に 終りがある 恋にも 終りがくる 秋には枯葉が 小枝と別れ 夕べには太陽が 空と別れる 誰も涙なんか 流しはしない 泣かないで 泣かないで 粋な別れを しようぜ  生命に 終りがある 恋にも 終りがくる はかない生命は 切なく燃えて どこか消えてゆく 煙草の煙 恋の行方なんか わかりはしない 追わないで 追わないで 粋な別れを しようぜ渡哲也浜口庫之助浜口庫之助川上義彦生命に 終りがある 恋にも 終りがくる 秋には枯葉が 小枝と別れ 夕べには太陽が 空と別れる 誰も涙なんか 流しはしない 泣かないで 泣かないで 粋な別れを しようぜ  生命に 終りがある 恋にも 終りがくる はかない生命は 切なく燃えて どこか消えてゆく 煙草の煙 恋の行方なんか わかりはしない 追わないで 追わないで 粋な別れを しようぜ
歌い残した歌つぼみのままで 夢は枯れ 寂しくすする 冷えた酒 都落ちする 春の宵 さらばとふりむく 街の灯に 歌い残した 歌がある  少女のままの けがれない 写真を置いて 消えた娘よ どこへ行ったか 日陰花 別れて幾年 世を拗ねた 身にも涙は ながれくる  こころのほつれ 逢うひとも 二十才に帰る 道もない 山のみどりよ 海の青 旅路になきがら さらすなら 枯れて見果てぬ 夢に死ぬ渡哲也搭山清遠藤実つぼみのままで 夢は枯れ 寂しくすする 冷えた酒 都落ちする 春の宵 さらばとふりむく 街の灯に 歌い残した 歌がある  少女のままの けがれない 写真を置いて 消えた娘よ どこへ行ったか 日陰花 別れて幾年 世を拗ねた 身にも涙は ながれくる  こころのほつれ 逢うひとも 二十才に帰る 道もない 山のみどりよ 海の青 旅路になきがら さらすなら 枯れて見果てぬ 夢に死ぬ
逢坂川汚れた女と 目を伏せたけど 襟の白さに あゝ 少女が残る おなじ痛みの川千鳥 今のおまえがいいんだよ 水の都の さすらいに ゆれて 流れて 逢坂川  小雨の街角 けんかをしても 背中あわせの あゝ ぬくみがかよう 夢にはぐれた 淋しさを うめる相手はおまえだけ 北へ南へ あてもなく ゆれて 流れて 逢坂川  捨てきれなかった この街の灯は ひとの情に あゝ ほろりとにじむ 酔ってグラスに 逃げた日を 笑いばなしにしておくれ ついてくるかい どこまでも ゆれて 流れて 逢坂川渡哲也水木かおる遠藤実汚れた女と 目を伏せたけど 襟の白さに あゝ 少女が残る おなじ痛みの川千鳥 今のおまえがいいんだよ 水の都の さすらいに ゆれて 流れて 逢坂川  小雨の街角 けんかをしても 背中あわせの あゝ ぬくみがかよう 夢にはぐれた 淋しさを うめる相手はおまえだけ 北へ南へ あてもなく ゆれて 流れて 逢坂川  捨てきれなかった この街の灯は ひとの情に あゝ ほろりとにじむ 酔ってグラスに 逃げた日を 笑いばなしにしておくれ ついてくるかい どこまでも ゆれて 流れて 逢坂川
男の流転指で数えて 想っても 過ぎた昔は 戻りゃせぬ 笑って一番 あの娘のために 三々一の 男の流転  恋と涙と 命まで 俺がかけたに なに悔やむ ままよ夜空に 勝負と吠えりゃ 夢まで焦がすか 男の流転渡哲也藤田五郎叶弦大指で数えて 想っても 過ぎた昔は 戻りゃせぬ 笑って一番 あの娘のために 三々一の 男の流転  恋と涙と 命まで 俺がかけたに なに悔やむ ままよ夜空に 勝負と吠えりゃ 夢まで焦がすか 男の流転
男の別れ歌~わかれ花~誰かがささえて やらなけりゃ 倒れてしまう あの女 俺は行くぜと 別れたけれど うしろ髪ひく 残り雨  今日からひとりと つぶやいて 怨みをこめた あの泪 女ごころは 切ないけれど 俺にゃできない 幸せに  よごれたこの世に ただひとり 真珠のような あの女 きっと浮かぶさ 淋しい顔が 俺がいのちを 閉じるとき渡哲也水木かおる遠藤実誰かがささえて やらなけりゃ 倒れてしまう あの女 俺は行くぜと 別れたけれど うしろ髪ひく 残り雨  今日からひとりと つぶやいて 怨みをこめた あの泪 女ごころは 切ないけれど 俺にゃできない 幸せに  よごれたこの世に ただひとり 真珠のような あの女 きっと浮かぶさ 淋しい顔が 俺がいのちを 閉じるとき
おもいで螢夢をともしに きたこの街は 夢の住めない 街だった 螢 螢 ほうほう螢 どこ行った 誰がうたうか わらべ唄  羽根をうたれて 飲まされたのは 甘い水かよ にがい水 螢 螢 ほうほう螢 風の中 ゆくえ迷って どこへ飛ぶ  みんなうわべは 幸せそうで しんはさみしい 奴ばかり 螢 螢 ほうほう螢 ネオン川 酒に涙を すてに来た  ふとんかぶれば 故郷が見える 見える故郷にゃ 帰れない 螢 螢 ほうほう螢 街の空 俺は飛びたい もう一度渡哲也水木かおる遠藤実夢をともしに きたこの街は 夢の住めない 街だった 螢 螢 ほうほう螢 どこ行った 誰がうたうか わらべ唄  羽根をうたれて 飲まされたのは 甘い水かよ にがい水 螢 螢 ほうほう螢 風の中 ゆくえ迷って どこへ飛ぶ  みんなうわべは 幸せそうで しんはさみしい 奴ばかり 螢 螢 ほうほう螢 ネオン川 酒に涙を すてに来た  ふとんかぶれば 故郷が見える 見える故郷にゃ 帰れない 螢 螢 ほうほう螢 街の空 俺は飛びたい もう一度
風車飲みすぎた わけではないが 今夜の酒は ひとりがしみる 夢は通せんぼ 女はかくれんぼ 俺は今日まで道草ばかり 飲むほどに 酔うほどに つれもどす 思い出 クルクル 風車  ひかえめで 気だてがよくて 俺にはすぎた いい奴だった 恋はそれっきり あいつがひとりきり 胸に散っても 散らない花よ 飲むほどに 酔うほどに つれもどす 思い出 クルクル 風車  盃 を とめるひとなく 破れた夢を つくろう夜ふけ 酔って通りゃんせ 夢路で帰りゃんせ とてもしらふじゃ 帰れぬ故郷 飲むほどに 酔うほどに つれもどす 思い出 クルクル 風車渡哲也水木かおる遠藤実飲みすぎた わけではないが 今夜の酒は ひとりがしみる 夢は通せんぼ 女はかくれんぼ 俺は今日まで道草ばかり 飲むほどに 酔うほどに つれもどす 思い出 クルクル 風車  ひかえめで 気だてがよくて 俺にはすぎた いい奴だった 恋はそれっきり あいつがひとりきり 胸に散っても 散らない花よ 飲むほどに 酔うほどに つれもどす 思い出 クルクル 風車  盃 を とめるひとなく 破れた夢を つくろう夜ふけ 酔って通りゃんせ 夢路で帰りゃんせ とてもしらふじゃ 帰れぬ故郷 飲むほどに 酔うほどに つれもどす 思い出 クルクル 風車
風蕭蕭と風蕭蕭と 吹きわたり 砂塵をまいて 夢が舞う 男ごころを かりたてる 熱い思いを 誰に語ろう  晨(あした)に開く 花あれば 夕べに枯れる 花もある 風に嬲(なぶ)られ 散り急ぐ 花の涙は 誰も知らない  風蕭蕭と 吹く時も 落葉に 罪はないものを 若い命を 道づれに 夢の償い いかにせんかな  弧愁(こしゅう)の岸に 陽は落ちて 男は風か 逝く水か 肩でさらばを 告げながら 行くは何処(いずこ)ぞ 二度と還らず  行くは何処(いずこ)ぞ 二度と還らず渡哲也水木かおる杉本真人風蕭蕭と 吹きわたり 砂塵をまいて 夢が舞う 男ごころを かりたてる 熱い思いを 誰に語ろう  晨(あした)に開く 花あれば 夕べに枯れる 花もある 風に嬲(なぶ)られ 散り急ぐ 花の涙は 誰も知らない  風蕭蕭と 吹く時も 落葉に 罪はないものを 若い命を 道づれに 夢の償い いかにせんかな  弧愁(こしゅう)の岸に 陽は落ちて 男は風か 逝く水か 肩でさらばを 告げながら 行くは何処(いずこ)ぞ 二度と還らず  行くは何処(いずこ)ぞ 二度と還らず
風の舞う港から何をこんな遠く逃げて 来たのだろう一人 淋しそうな姿 鈍色の浜に立つ 細い後ろ影 風の舞う港から カモメ 傷をいやして 飛んでゆけ 思い出は海に沈めて  旅は捨てるはずの過去を 時に飾りさえも つけて連れて来るよ 見も知らぬ悲し気な 姿胸を打つ 風の舞う港から 浮かぶ面影ひとつ その頬に光るもの おまえの涙  風の舞う港から カモメ 俺も帰ろう うつむいた あの頬の涙ぬぐいに  渡哲也小椋佳小椋佳何をこんな遠く逃げて 来たのだろう一人 淋しそうな姿 鈍色の浜に立つ 細い後ろ影 風の舞う港から カモメ 傷をいやして 飛んでゆけ 思い出は海に沈めて  旅は捨てるはずの過去を 時に飾りさえも つけて連れて来るよ 見も知らぬ悲し気な 姿胸を打つ 風の舞う港から 浮かぶ面影ひとつ その頬に光るもの おまえの涙  風の舞う港から カモメ 俺も帰ろう うつむいた あの頬の涙ぬぐいに  
関東流れ唄風に吹かれて 流されて ねぐら求めて どこへ行く 追われ追われて 見た流れ星 流れて男を 賭けるのさ 風に吹かれて 流されて 木枯らしの町 はぐれ鳥  極道やくざと そしられて 流れの果ての この命 ひとりで生きて ひとりで死んで 恋も未練も 捨てたのさ とじた瞼に にじむ灯は しぐれ降る町 明日はない渡哲也宮原和男由樹俊一郎風に吹かれて 流されて ねぐら求めて どこへ行く 追われ追われて 見た流れ星 流れて男を 賭けるのさ 風に吹かれて 流されて 木枯らしの町 はぐれ鳥  極道やくざと そしられて 流れの果ての この命 ひとりで生きて ひとりで死んで 恋も未練も 捨てたのさ とじた瞼に にじむ灯は しぐれ降る町 明日はない
北海峡昨日あの街 こえてきた 明日も他国の さだめやら ああ北海峡 しぶきに吹かれ つける煙草の つける煙草のにがっぽさ  ながれ流れて こんな夜は 故郷恋しさ ついつのる ああ北海峡 今さら誰に あわす顔など あわす顔などないものを  ばかなやつほど 人知れず いたい傷みを さするもの ああ北海峡 やさぐれ鴎 啼いてくれるか 啼いてくれるか身代りに  いつになったら さすらいに 花を手向ける 春の日が ああ北海峡 沈んで浮いて どうせ死ぬまで どうせ死ぬまでひとりだよ渡哲也ちあき哲也杉本真人昨日あの街 こえてきた 明日も他国の さだめやら ああ北海峡 しぶきに吹かれ つける煙草の つける煙草のにがっぽさ  ながれ流れて こんな夜は 故郷恋しさ ついつのる ああ北海峡 今さら誰に あわす顔など あわす顔などないものを  ばかなやつほど 人知れず いたい傷みを さするもの ああ北海峡 やさぐれ鴎 啼いてくれるか 啼いてくれるか身代りに  いつになったら さすらいに 花を手向ける 春の日が ああ北海峡 沈んで浮いて どうせ死ぬまで どうせ死ぬまでひとりだよ
くちなしの花PLATINA LYLICいまでは指輪も まわるほど やせてやつれた おまえのうわさ くちなしの花の 花のかおりが 旅路のはてまで ついてくる くちなしの白い花 おまえのような 花だった  わがままいっては 困らせた 子供みたいな あの日のおまえ くちなしの雨の 雨のわかれが 今でもこころを しめつける くちなしの白い花 おまえのような 花だった  小さなしあわせ それさえも 捨ててしまった 自分の手から くちなしの花を 花を見るたび 淋しい笑顔が また浮かぶ くちなしの白い花 おまえのような 花だったPLATINA LYLIC渡哲也水木かおる遠藤実いまでは指輪も まわるほど やせてやつれた おまえのうわさ くちなしの花の 花のかおりが 旅路のはてまで ついてくる くちなしの白い花 おまえのような 花だった  わがままいっては 困らせた 子供みたいな あの日のおまえ くちなしの雨の 雨のわかれが 今でもこころを しめつける くちなしの白い花 おまえのような 花だった  小さなしあわせ それさえも 捨ててしまった 自分の手から くちなしの花を 花を見るたび 淋しい笑顔が また浮かぶ くちなしの白い花 おまえのような 花だった
酒は男の子守唄心に燃える 火はあれど 夢まだ寒き 風の街 ふるさと遠く ひとりくむ 酒は男の 子守唄  海山ゆけば 露おびて 手足にからむ 乙女花 明日の別れ 待つ身には 恋は緑酒か 苦酒か  みどりの竹に くむ酒も カニの甲らに にる酒も 心にしみて かけめぐる 酒はみちづれ 酒は友  水より薄き 人の世に 情けをともす 宿あかり 酔いきわまれば 泣くもよし 酒に男の 涙あり  渡哲也水木かおる遠藤実心に燃える 火はあれど 夢まだ寒き 風の街 ふるさと遠く ひとりくむ 酒は男の 子守唄  海山ゆけば 露おびて 手足にからむ 乙女花 明日の別れ 待つ身には 恋は緑酒か 苦酒か  みどりの竹に くむ酒も カニの甲らに にる酒も 心にしみて かけめぐる 酒はみちづれ 酒は友  水より薄き 人の世に 情けをともす 宿あかり 酔いきわまれば 泣くもよし 酒に男の 涙あり  
笹舟朝の別れが ない国へ つれていってと おまえはすがる 笹舟 さらさら おんな舟 波にもまれて 傷つきながら どこへ流れる ネオン川  春はいちめん 菜の花の 故郷の話を きかせてほしい 笹舟 さらさら おんな舟 幼ななじみの 思い出川に いつか失くした 夢を見る  酒に崩れる 足もとを バカと叱っ 肩貸す灯かげ 笹舟 さらさら おんな舟 つんだ涙の 重さに負けて 沈みやしないか さだめ川渡哲也塔山清遠藤実朝の別れが ない国へ つれていってと おまえはすがる 笹舟 さらさら おんな舟 波にもまれて 傷つきながら どこへ流れる ネオン川  春はいちめん 菜の花の 故郷の話を きかせてほしい 笹舟 さらさら おんな舟 幼ななじみの 思い出川に いつか失くした 夢を見る  酒に崩れる 足もとを バカと叱っ 肩貸す灯かげ 笹舟 さらさら おんな舟 つんだ涙の 重さに負けて 沈みやしないか さだめ川
さざんかの女小さな花が 寒かろと 雪をはらって いたおまえ さざんかに はつ雪の 降った朝…… 花にもやさしい おまえを見たら とても別れが 云えなかったよ  焚火をしてた うしろから そっと目かくし したおまえ さざんかの 花白く 匂う朝…… 子供の時代に かえれるならば 生まれかわって 出直したいよ  憎んでいても そのうらで 涙ながして いるおまえ さざんかの 実がひとつ 落ちた朝…… おまえに変わりが なければいいが 遠い空見て 胸がいたむよ渡哲也水木かおる遠藤実小さな花が 寒かろと 雪をはらって いたおまえ さざんかに はつ雪の 降った朝…… 花にもやさしい おまえを見たら とても別れが 云えなかったよ  焚火をしてた うしろから そっと目かくし したおまえ さざんかの 花白く 匂う朝…… 子供の時代に かえれるならば 生まれかわって 出直したいよ  憎んでいても そのうらで 涙ながして いるおまえ さざんかの 実がひとつ 落ちた朝…… おまえに変わりが なければいいが 遠い空見て 胸がいたむよ
さすらいの挽歌しあわせうすい 窓に灯りともし 指折りかぞえ 待ってる女 いつまでも しばりたくない おれはもう 帰らないだろ 過ぎた季節は 返せないけど これからの季節は おまえにやりたい  男は夢に 生きることを望み 女はいつも 幸せ願う 顔みれば 何もいえない 遠くから 別れを云おう 愛のしずかな くらしをまもる おまえにはそう云う 男がにあうよ  野菊のように 咲いてくれたひとの 淋しい笑顔 ゆれてる旅路 何ひとつ 酬いられない おれは今 それがせつない いつかも一度 恋に逢えたら 花の夢いっぱい ひらいておくれよ渡哲也塔山清遠藤実しあわせうすい 窓に灯りともし 指折りかぞえ 待ってる女 いつまでも しばりたくない おれはもう 帰らないだろ 過ぎた季節は 返せないけど これからの季節は おまえにやりたい  男は夢に 生きることを望み 女はいつも 幸せ願う 顔みれば 何もいえない 遠くから 別れを云おう 愛のしずかな くらしをまもる おまえにはそう云う 男がにあうよ  野菊のように 咲いてくれたひとの 淋しい笑顔 ゆれてる旅路 何ひとつ 酬いられない おれは今 それがせつない いつかも一度 恋に逢えたら 花の夢いっぱい ひらいておくれよ
彷徨人アカシヤ花咲く街で 枯葉の舞い散る街で かさねた出逢いの夢いくつ 風に肩おされ別れゆくならば 思い出にあたたかい 灯がともるうちに… ルルル…ルルル… 流れゆく時の中人は旅をする  夕陽にさまよう時も グラスを重ねる時も 心の寒さにエリ立てる あかね雲の果て 遠く住む女は 逢うことも 見ることも ない夢の女か ルルル…ルルル… 流れゆく 時の中 人は旅をする 渡哲也水木かおる杉本真人アカシヤ花咲く街で 枯葉の舞い散る街で かさねた出逢いの夢いくつ 風に肩おされ別れゆくならば 思い出にあたたかい 灯がともるうちに… ルルル…ルルル… 流れゆく時の中人は旅をする  夕陽にさまよう時も グラスを重ねる時も 心の寒さにエリ立てる あかね雲の果て 遠く住む女は 逢うことも 見ることも ない夢の女か ルルル…ルルル… 流れゆく 時の中 人は旅をする 
純愛のブルースおれが死んだら しあわせな 恋をしとくれ たのんだぜ ひとりぽっちが つらくても 泣いちゃいけない 人目につくぜ おまえにやすてきな 明日がある  おれはなんにも 欲しくない 今日と云う日が あればよい 流れる雲と 西 東 泣きたかったら ひとりで泣くさ おもいでだけで いいんだよ  おれが死んだら その時は 泣いてくれとは 云わないが つめたい石の そのそばヘ 植えておくれよ 小さな花を おまえによく似た 白い花を渡哲也星野哲郎叶弦大重松岩雄おれが死んだら しあわせな 恋をしとくれ たのんだぜ ひとりぽっちが つらくても 泣いちゃいけない 人目につくぜ おまえにやすてきな 明日がある  おれはなんにも 欲しくない 今日と云う日が あればよい 流れる雲と 西 東 泣きたかったら ひとりで泣くさ おもいでだけで いいんだよ  おれが死んだら その時は 泣いてくれとは 云わないが つめたい石の そのそばヘ 植えておくれよ 小さな花を おまえによく似た 白い花を
青春ばんから故郷さえ忘れたおまえと俺も 背広を脱ぎすてりゃ 仇名に帰る 酔おうよ 友よ 綺羅の夜に ああ昨日は昨日だ いいじゃないか ばんから時代 呑みほす小さな盃に 散りばめて ああ明日は明日だ そうじゃないか 失くした夢を 一幕一場の晴れ舞台 歌おじゃないか ああ  横惚れした聖女誰かの女房 喧嘩も懐しい 悪がき同志 酔おうよ 友よ 瑠璃に萌えて ああ女は女だ いいじゃないか 謎々づくし ふられたところで 憎めないやつばかり ああ男は男だ そうじゃないか 黙っていても しんみり心が通いあう 泣けるじゃないか ああ  ああ昨日は昨日だ いいじゃないか ばんから時代 呑みほす小さな盃に 散りばめて ああ男は男だ そうじゃないか いついつまでも おまえの傷みは 俺のもの いかすじゃないか ああ渡哲也ちあき哲也杉本真人故郷さえ忘れたおまえと俺も 背広を脱ぎすてりゃ 仇名に帰る 酔おうよ 友よ 綺羅の夜に ああ昨日は昨日だ いいじゃないか ばんから時代 呑みほす小さな盃に 散りばめて ああ明日は明日だ そうじゃないか 失くした夢を 一幕一場の晴れ舞台 歌おじゃないか ああ  横惚れした聖女誰かの女房 喧嘩も懐しい 悪がき同志 酔おうよ 友よ 瑠璃に萌えて ああ女は女だ いいじゃないか 謎々づくし ふられたところで 憎めないやつばかり ああ男は男だ そうじゃないか 黙っていても しんみり心が通いあう 泣けるじゃないか ああ  ああ昨日は昨日だ いいじゃないか ばんから時代 呑みほす小さな盃に 散りばめて ああ男は男だ そうじゃないか いついつまでも おまえの傷みは 俺のもの いかすじゃないか ああ
旅路の雨こんな晩には さびしそうねと お酒をつけて くれたっけ 男の気持ち 手にとるように わかってくれた あの女 なんでだまって 消えたのか 旅路の雨に 思い出す  芝居みてさえ 身につまされて 涙を流す やつだった あいつのなやみ しんみになって わかってやれば よかったよ どんな思いで きくだろか 旅路の雨に 春がゆく  苦労させたが 寝顔は別の 女のように 笑ってた この手の中で 可愛くいつも 花開こうと してたやつ ごめん幸せ やれなくて 旅路の雨が 身をせめる渡哲也水木かおる遠藤実こんな晩には さびしそうねと お酒をつけて くれたっけ 男の気持ち 手にとるように わかってくれた あの女 なんでだまって 消えたのか 旅路の雨に 思い出す  芝居みてさえ 身につまされて 涙を流す やつだった あいつのなやみ しんみになって わかってやれば よかったよ どんな思いで きくだろか 旅路の雨に 春がゆく  苦労させたが 寝顔は別の 女のように 笑ってた この手の中で 可愛くいつも 花開こうと してたやつ ごめん幸せ やれなくて 旅路の雨が 身をせめる
東京流れ者GOLD LYLIC何処で生きても 流れ者 どうせさすらい ひとり身の 明日は何処やら 風に聞け 可愛いあの娘の 胸に聞け ああ 東京流れ者  流れはてない 旅に出て いつかわすれた東京の 泣いてくれるな 夜の雨 男いのちは 赤く散る ああ 東京流れ者  風はひとりで 吹いている 月もひとりで 照っている 俺はひとりで 流れ者 明日の墓場は わからない ああ 東京流れ者  夢はいらない 花ならば 花は散ろうし 夢も散る どうせ散るなら 男花 恋もすてたぜ 義理ゆえに ああ 東京流れ者GOLD LYLIC渡哲也川内和子不詳何処で生きても 流れ者 どうせさすらい ひとり身の 明日は何処やら 風に聞け 可愛いあの娘の 胸に聞け ああ 東京流れ者  流れはてない 旅に出て いつかわすれた東京の 泣いてくれるな 夜の雨 男いのちは 赤く散る ああ 東京流れ者  風はひとりで 吹いている 月もひとりで 照っている 俺はひとりで 流れ者 明日の墓場は わからない ああ 東京流れ者  夢はいらない 花ならば 花は散ろうし 夢も散る どうせ散るなら 男花 恋もすてたぜ 義理ゆえに ああ 東京流れ者
通り雨洗いざらしの 矢がすりの どこにかくれた 酒場の匂い それがほんとの おまえだね 送るつもりが ころがりこんで さめてまぶしい 朝の部屋  風呂屋がえりの たわむれに おれの背中に おぶさるおんな そんな甘えも かわいいが 明日の約束 できないおれが なぜかつらくて 気が重い  更けて路地うら 小走りに かえる姿が 瞼にうかぶ つけておいたよ 窓の灯は 今のうちなら おまえもきっと 通り雨だと 忘れるさ渡哲也水木かおる遠藤実洗いざらしの 矢がすりの どこにかくれた 酒場の匂い それがほんとの おまえだね 送るつもりが ころがりこんで さめてまぶしい 朝の部屋  風呂屋がえりの たわむれに おれの背中に おぶさるおんな そんな甘えも かわいいが 明日の約束 できないおれが なぜかつらくて 気が重い  更けて路地うら 小走りに かえる姿が 瞼にうかぶ つけておいたよ 窓の灯は 今のうちなら おまえもきっと 通り雨だと 忘れるさ
時は何も知らずに…この世に人は生まれ堕ちて あしたはひとり夜露に消えても 心の中の想い出たどれば 哀しい別れがあるから せめてお前だけは きっと倖せ 苦労なんか 背負わず 暮らせ まつ毛濡らし 涙こぼす 横顔 いまでも… 忘れない 過ぎゆく時は 何も知らずにいるけど  流れる雲とどこか似てる わが身を映す 淋しい人生 川面に遊ぶ子供の姿に 帰らぬ昨日を探して せめてお前だけは 夢を掴んで 笑い声で あしたも暮らせ 胸の中で抱いた 白いセーター いまでも… 忘れない 過ぎゆく時は 何も知らずにいるけど  せめてお前だけは きっと倖せ 苦労なんか 背負わず 暮らせ まつ毛濡らし 涙こぼす 横顔 いまでも… 忘れない 過ぎゆく時は 何も知らずにいるけど 過ぎゆく時は 何も知らずにいるけど  渡哲也荒木とよひさ三木たかしこの世に人は生まれ堕ちて あしたはひとり夜露に消えても 心の中の想い出たどれば 哀しい別れがあるから せめてお前だけは きっと倖せ 苦労なんか 背負わず 暮らせ まつ毛濡らし 涙こぼす 横顔 いまでも… 忘れない 過ぎゆく時は 何も知らずにいるけど  流れる雲とどこか似てる わが身を映す 淋しい人生 川面に遊ぶ子供の姿に 帰らぬ昨日を探して せめてお前だけは 夢を掴んで 笑い声で あしたも暮らせ 胸の中で抱いた 白いセーター いまでも… 忘れない 過ぎゆく時は 何も知らずにいるけど  せめてお前だけは きっと倖せ 苦労なんか 背負わず 暮らせ まつ毛濡らし 涙こぼす 横顔 いまでも… 忘れない 過ぎゆく時は 何も知らずにいるけど 過ぎゆく時は 何も知らずにいるけど  
友よ時の流れの 向うがわ しみじみ逢いたいひとがいる 口に出したら 嘘になる たいせつなひと 今 風の中 熱い思いが 思いが奔る  つよく叱って くれた男 いのちのぬくもりくれた女 ゆくえなくした 街角で やさしかったよ あの ふれあいが 今もこころを こころを泣かす  遠い出逢いの おもいでを しづかに暖め 酒をくむ 目と目あわせて うなづいて それだけでいい 今 ほのぼのと 熱いこころが こころがかよう渡哲也水木かおる三木たかし矢野立美時の流れの 向うがわ しみじみ逢いたいひとがいる 口に出したら 嘘になる たいせつなひと 今 風の中 熱い思いが 思いが奔る  つよく叱って くれた男 いのちのぬくもりくれた女 ゆくえなくした 街角で やさしかったよ あの ふれあいが 今もこころを こころを泣かす  遠い出逢いの おもいでを しづかに暖め 酒をくむ 目と目あわせて うなづいて それだけでいい 今 ほのぼのと 熱いこころが こころがかよう
花あかり ソロバージョン待たせるだけで あの日から いくつの季節が 流れたろ 夜が寒いと 花冷えの 肩があまえる めぐり逢い  思えば長い 冬の日も 色づきそだてた 夢ひとつ 逢いたかったと すがりつく しだれ桜の 花あかり  あふれる愛を そそぐよ 空ければグラスに 充たす酒 酔って怨みを こめた目が 胸にせつない 花の宿  吐息もからむ 襟あしに 花びらふたつの こぼれ紅 恋に生きたい 死にたいと むせぶおぼろ夜 雨になる 渡哲也水木かおる浜圭介前田俊明待たせるだけで あの日から いくつの季節が 流れたろ 夜が寒いと 花冷えの 肩があまえる めぐり逢い  思えば長い 冬の日も 色づきそだてた 夢ひとつ 逢いたかったと すがりつく しだれ桜の 花あかり  あふれる愛を そそぐよ 空ければグラスに 充たす酒 酔って怨みを こめた目が 胸にせつない 花の宿  吐息もからむ 襟あしに 花びらふたつの こぼれ紅 恋に生きたい 死にたいと むせぶおぼろ夜 雨になる 
日暮れ坂何のために やすらぎに 背をむけて 何のために ひとり行く 日暮れ坂 ほこりによごれた 上着を肩に 出逢いと別れ 今日もかさねる ふりむいたら なにもかも くずれ去る ふりむかずに ひとり行く 日暮れ坂  夢は遠く 傷ついて たおれても 夢の重さ なげくまい 日暮れ坂 ネオンの灯りは はなやかだけど 吹きすぎてゆく 風は冷たい 風の中で ひらく花 枯れる花 風に吹かれ ひとり行く 日暮れ坂  かがやき忘れた 都会の星よ ささくれだった 人の心よ 遠い道の はてで呼ぶ ものはなに 遠い道を ひとり行く 日暮れ坂渡哲也水木かおる遠藤実何のために やすらぎに 背をむけて 何のために ひとり行く 日暮れ坂 ほこりによごれた 上着を肩に 出逢いと別れ 今日もかさねる ふりむいたら なにもかも くずれ去る ふりむかずに ひとり行く 日暮れ坂  夢は遠く 傷ついて たおれても 夢の重さ なげくまい 日暮れ坂 ネオンの灯りは はなやかだけど 吹きすぎてゆく 風は冷たい 風の中で ひらく花 枯れる花 風に吹かれ ひとり行く 日暮れ坂  かがやき忘れた 都会の星よ ささくれだった 人の心よ 遠い道の はてで呼ぶ ものはなに 遠い道を ひとり行く 日暮れ坂
ひとり都会 裏窓 袋小路 夢を消された 他人街 いっそ泣こうか 笑おうか 胸のすきまに 霧が降る ひとり ひとり おれもひとり  出逢い ゆきずり 別れ花 しんは酔えない 忘れ酒 薄い幸せ 細い肩 胸のすきまに 雨が降る ひとり ひとり あいつもひとり  夜更け 靴音 石だたみ ひとりたたずむ ガード下 背中ぬくめる 灯もうすく 胸のすきまに 風が吹く ひとり ひとり みんなひとり渡哲也水木かおる遠藤実都会 裏窓 袋小路 夢を消された 他人街 いっそ泣こうか 笑おうか 胸のすきまに 霧が降る ひとり ひとり おれもひとり  出逢い ゆきずり 別れ花 しんは酔えない 忘れ酒 薄い幸せ 細い肩 胸のすきまに 雨が降る ひとり ひとり あいつもひとり  夜更け 靴音 石だたみ ひとりたたずむ ガード下 背中ぬくめる 灯もうすく 胸のすきまに 風が吹く ひとり ひとり みんなひとり
鳳仙花(セリフ)しかたないじゃないか 俺もおまえもあの街の灯に 目がくらんじまったんだ  あの日もこうして のんだっけ そして思い出 灼くように むきにグラスを ほすおまえ 青山 乃木坂 六本木 ビルにさだめを囲まれて 歩き疲れた 俺たちさ…  鳳仙花 鳳仙花 どうせ都会に 散る花は 鳳仙花 鳳仙花 いのち儚い 一年草  淋しくなったら 電話して うらみ言葉を 裏返し 傷をだまして みるおまえ 青山 乃木坂 六本木 もろく気持ちは動くけど あとで苦しむ 俺たちさ  鳳仙花 鳳仙花 熟れてはじけて 飛びだして 鳳仙花 鳳仙花 夜をさまよう 一年草  鳳仙花 鳳仙花 どうせ都会に 散る花は 鳳仙花 鳳仙花 いのち儚い 一年草渡哲也ちあき哲也杉本真人(セリフ)しかたないじゃないか 俺もおまえもあの街の灯に 目がくらんじまったんだ  あの日もこうして のんだっけ そして思い出 灼くように むきにグラスを ほすおまえ 青山 乃木坂 六本木 ビルにさだめを囲まれて 歩き疲れた 俺たちさ…  鳳仙花 鳳仙花 どうせ都会に 散る花は 鳳仙花 鳳仙花 いのち儚い 一年草  淋しくなったら 電話して うらみ言葉を 裏返し 傷をだまして みるおまえ 青山 乃木坂 六本木 もろく気持ちは動くけど あとで苦しむ 俺たちさ  鳳仙花 鳳仙花 熟れてはじけて 飛びだして 鳳仙花 鳳仙花 夜をさまよう 一年草  鳳仙花 鳳仙花 どうせ都会に 散る花は 鳳仙花 鳳仙花 いのち儚い 一年草
ほおずきほおずきほおずきまだ鳴らせない ほおずきほおずきもし鳴らせたら  胸にたまった恨み言こめるように いつでも鳴らしていたっけね 紅いほおずき… おまえにしてみたあの仕打ち 今頃くやんでいるんだよ  ほおずきほおずきまだ鳴らせない ほおずきほおずきもし鳴らせたら おまえの淋しさわかるだろう  (セリフ)「どうしているんでしょうあいつ。あれっきりもう あの酒場には顔も見せてないって話しですし またどこかの街にでも流れていっちまったのか それとも…」  ほおずきほおずきまだ鳴らせない ほおずきほおずきもし鳴らせたら  その日その日をためいきでつなぎながら それでもつくしてくれたのか 恋の明け暮れ おまえはうわべはきつくても 心のやさしいやつだもの  ほおずきほおずきまだ鳴らせない ほおずきほおずきもし鳴らせたら おまえの淋しさわかるだろう渡哲也ちあき哲也杉本真人ほおずきほおずきまだ鳴らせない ほおずきほおずきもし鳴らせたら  胸にたまった恨み言こめるように いつでも鳴らしていたっけね 紅いほおずき… おまえにしてみたあの仕打ち 今頃くやんでいるんだよ  ほおずきほおずきまだ鳴らせない ほおずきほおずきもし鳴らせたら おまえの淋しさわかるだろう  (セリフ)「どうしているんでしょうあいつ。あれっきりもう あの酒場には顔も見せてないって話しですし またどこかの街にでも流れていっちまったのか それとも…」  ほおずきほおずきまだ鳴らせない ほおずきほおずきもし鳴らせたら  その日その日をためいきでつなぎながら それでもつくしてくれたのか 恋の明け暮れ おまえはうわべはきつくても 心のやさしいやつだもの  ほおずきほおずきまだ鳴らせない ほおずきほおずきもし鳴らせたら おまえの淋しさわかるだろう
水割りGOLD LYLICいつもおまえは 微笑ったあとで ふっと淋しい 顔をするね 顔するね うすい肩さえ 痛々しいが 水割りの 水割りの 酒といっしょに 飲みほす恋の わかれ酒  きれいばかりに 見ないでくれと みせたうなじの 傷のあと 傷のあと 影と影とが 呼びあうからか 水割りの 水割りの 氷みたいに こころがふれて 鳴った夜  うらむその目を ふり切るおれに そっとさし出す 女傘 女傘 抱いてやりたい 抱いたら負ける 水割りの 水割りの 酒のちからで とび出す路地に 冬の雨GOLD LYLIC渡哲也水木かおる遠藤実いつもおまえは 微笑ったあとで ふっと淋しい 顔をするね 顔するね うすい肩さえ 痛々しいが 水割りの 水割りの 酒といっしょに 飲みほす恋の わかれ酒  きれいばかりに 見ないでくれと みせたうなじの 傷のあと 傷のあと 影と影とが 呼びあうからか 水割りの 水割りの 氷みたいに こころがふれて 鳴った夜  うらむその目を ふり切るおれに そっとさし出す 女傘 女傘 抱いてやりたい 抱いたら負ける 水割りの 水割りの 酒のちからで とび出す路地に 冬の雨
みちづれGOLD LYLIC水にただよう 浮草に おなじさだめと 指をさす 言葉少なに 目をうるませて 俺をみつめて うなづくおまえ きめた きめた おまえとみちづれに  花の咲かない 浮草に いつか 実のなる ときをまつ 寒い夜ふけは お酒を買って たまのおごりと はしゃぐ姿に きめた きめた おまえとみちづれに  根なし明日なし 浮草に 月のしずくの やどるころ 夢の中でも この手をもとめ さぐりあてれば 小さな寝息 きめた きめた おまえとみちづれにGOLD LYLIC渡哲也水木かおる遠藤実水にただよう 浮草に おなじさだめと 指をさす 言葉少なに 目をうるませて 俺をみつめて うなづくおまえ きめた きめた おまえとみちづれに  花の咲かない 浮草に いつか 実のなる ときをまつ 寒い夜ふけは お酒を買って たまのおごりと はしゃぐ姿に きめた きめた おまえとみちづれに  根なし明日なし 浮草に 月のしずくの やどるころ 夢の中でも この手をもとめ さぐりあてれば 小さな寝息 きめた きめた おまえとみちづれに
霧笛が俺を呼んでいる霧の波止場に 帰って来たが 待っていたのは 悲しいうわさ 波がさらった 港の夢を むせび泣くよに 岬のはずれ 霧笛が俺を 呼んでいる  さびた錨に からんで咲いた 浜の夕顔 いとしい笑顔 きっと生きてる どこかの町で 探しあぐねて 渚に立てば 霧笛が俺を 呼んでいる  船の灯りに 背中を向けて 沖を見つめる 淋しいかもめ 海で育った 船乗りならば 海へ帰れと せかせるように 霧笛が俺を 呼んでいる渡哲也水木かおる藤原秀行霧の波止場に 帰って来たが 待っていたのは 悲しいうわさ 波がさらった 港の夢を むせび泣くよに 岬のはずれ 霧笛が俺を 呼んでいる  さびた錨に からんで咲いた 浜の夕顔 いとしい笑顔 きっと生きてる どこかの町で 探しあぐねて 渚に立てば 霧笛が俺を 呼んでいる  船の灯りに 背中を向けて 沖を見つめる 淋しいかもめ 海で育った 船乗りならば 海へ帰れと せかせるように 霧笛が俺を 呼んでいる
無理をするなよ無理をするなよ 上着の裾に つかまって はぐれないよに ついてくる今日子 おれに歩みを 合わせても この世はみ出た 意地っぱり 疲れないかい 無理をするなよ  無理をするなよ 明日がないから 別れろと 云った親さえ 捨ててきた今日子 化粧落さず 寝た顔に 夢で泣いたか ひかる露 すまなかったね 無理をするなよ  無理をするなよ みじめな暮らし 見せまいと 人の前では 背伸びする今日子 いつか幸せ やりたいが 思うばかりの 路地住まい 弱いからださ 無理をするなよ渡哲也水木かおる遠藤実無理をするなよ 上着の裾に つかまって はぐれないよに ついてくる今日子 おれに歩みを 合わせても この世はみ出た 意地っぱり 疲れないかい 無理をするなよ  無理をするなよ 明日がないから 別れろと 云った親さえ 捨ててきた今日子 化粧落さず 寝た顔に 夢で泣いたか ひかる露 すまなかったね 無理をするなよ  無理をするなよ みじめな暮らし 見せまいと 人の前では 背伸びする今日子 いつか幸せ やりたいが 思うばかりの 路地住まい 弱いからださ 無理をするなよ
夕焼けやりきれないよな 淋しさに 仰ぐ四角い 街の空 夕焼け 小焼け また日がくれる 赤い夕陽が つれもどす ふるさとの 山よ 小川よ あの女よ かわりはないか  あの日の夢にも はじかれて 肩を落した 橋の上 夕焼け 小焼け 明日も天気 桃の花散る 水車小屋 別れても ひとり 娘よ 幸せを みつけておくれ  生まれた時から さすらいの 星をだいてた 俺なのか 夕焼け 小焼け また風が出る にがい涙を すてる酒 遠い日の 夢の 中から あの女が 呼んでるようだ渡哲也搭山清遠藤実やりきれないよな 淋しさに 仰ぐ四角い 街の空 夕焼け 小焼け また日がくれる 赤い夕陽が つれもどす ふるさとの 山よ 小川よ あの女よ かわりはないか  あの日の夢にも はじかれて 肩を落した 橋の上 夕焼け 小焼け 明日も天気 桃の花散る 水車小屋 別れても ひとり 娘よ 幸せを みつけておくれ  生まれた時から さすらいの 星をだいてた 俺なのか 夕焼け 小焼け また風が出る にがい涙を すてる酒 遠い日の 夢の 中から あの女が 呼んでるようだ
雪わり草あてもないのに 夕げの支度 いつもおまえは ふたりぶん 雪わり草の 好きなやつ 日陰の恋に 耐えるやつ  薄い情を うらんでおくれ あれからふた冬 もうすぎた 飾り窓さえ もう春なのに ひと目気にして 裏通り 雪わり草の 好きなやつ 苦労もくちに しないやつ  心ゆるして 初めてみせた まぶしい素顔が 目にしみる 夢がさめたら もういないよで 眠れないって うるむ声 雪わり草の 好きなやつ 手と手をくんで ねむるやつ  寒い季節も つぼみはあかい 咲かせてやりたい 幸せに渡哲也塔山清遠藤実あてもないのに 夕げの支度 いつもおまえは ふたりぶん 雪わり草の 好きなやつ 日陰の恋に 耐えるやつ  薄い情を うらんでおくれ あれからふた冬 もうすぎた 飾り窓さえ もう春なのに ひと目気にして 裏通り 雪わり草の 好きなやつ 苦労もくちに しないやつ  心ゆるして 初めてみせた まぶしい素顔が 目にしみる 夢がさめたら もういないよで 眠れないって うるむ声 雪わり草の 好きなやつ 手と手をくんで ねむるやつ  寒い季節も つぼみはあかい 咲かせてやりたい 幸せに
酔挽歌泣きたくなったら 泣くだけ泣けばいい 心のつっかえ棒 はずしてさ 酔いたくなったら 酔うだけ酔えばいい 涙をつかまえて 喧嘩して 男の胸ん中に 夕陽が沈めば そろり そろそろ 子守唄  今夜もどこかで 縄暖簾 手酌で 男の名をあげて 今夜もどこかで 酔いつぶれ 淋しい男の名をあげて  抱きたくなったら 抱くだけ抱けばいい 心の淋しさが 消えるまで 酔いたくなったら 酔うだけ酔えばいい 誰かの膝枕 眠るまで 男の胸ん中に 一番星が キラリ キラキラ 子守唄  今夜もどこかで 縄暖簾 手酌で 男の名をあげて 今夜もどこかで 酔いつぶれ 淋しい男の名をあげて  今夜もどこかで 縄暖簾 手酌で 男の名をあげて 今夜もどこかで 酔いつぶれ 淋しい男の名をあげて渡哲也荒木とよひさ三木たかし泣きたくなったら 泣くだけ泣けばいい 心のつっかえ棒 はずしてさ 酔いたくなったら 酔うだけ酔えばいい 涙をつかまえて 喧嘩して 男の胸ん中に 夕陽が沈めば そろり そろそろ 子守唄  今夜もどこかで 縄暖簾 手酌で 男の名をあげて 今夜もどこかで 酔いつぶれ 淋しい男の名をあげて  抱きたくなったら 抱くだけ抱けばいい 心の淋しさが 消えるまで 酔いたくなったら 酔うだけ酔えばいい 誰かの膝枕 眠るまで 男の胸ん中に 一番星が キラリ キラキラ 子守唄  今夜もどこかで 縄暖簾 手酌で 男の名をあげて 今夜もどこかで 酔いつぶれ 淋しい男の名をあげて  今夜もどこかで 縄暖簾 手酌で 男の名をあげて 今夜もどこかで 酔いつぶれ 淋しい男の名をあげて
流氷の街流氷の街の 片隅で 心にしみ込む 優しさは 涙おく 露草か ひそやかな ひとよ  すまじきは恋の 戯れか 心のなごみの 華やぎも ひとむれの つわぶきか 隠れ咲く 花よ  白くて細い 首すじの ほつれ毛あたり 忍び寄る  別れの影を ふり払い 笑顔ばかりを 見せていた  流氷の街を 背にすれば 心にさし込む 悲しさは ひたむきな 追い風か 散り花の 夢よ渡哲也小椋佳小椋佳流氷の街の 片隅で 心にしみ込む 優しさは 涙おく 露草か ひそやかな ひとよ  すまじきは恋の 戯れか 心のなごみの 華やぎも ひとむれの つわぶきか 隠れ咲く 花よ  白くて細い 首すじの ほつれ毛あたり 忍び寄る  別れの影を ふり払い 笑顔ばかりを 見せていた  流氷の街を 背にすれば 心にさし込む 悲しさは ひたむきな 追い風か 散り花の 夢よ
流浪親がいながら 孤児(みなしご)に されて十年 東へ西へ どこを塒(ねぐら)に かえようと 所詮無情の あゝ 風ばかり  あかの他人に もらわれて たった七日も がまんができず やがて家出(やさぐ)れ 泣きながら ひとり辿った あゝ 細い道  憶い出すたび とおざかる あの日はぐれた おふくろの顔 逢えぬ人なら それもよし どうせ名のれる あゝ 俺じゃない  生きてきたかと 問われたら 俺は笑って うなずくだろう 流れ流れの 人生も 夜が明ければ あゝ 明日がある渡哲也ちあき哲也曽根幸明親がいながら 孤児(みなしご)に されて十年 東へ西へ どこを塒(ねぐら)に かえようと 所詮無情の あゝ 風ばかり  あかの他人に もらわれて たった七日も がまんができず やがて家出(やさぐ)れ 泣きながら ひとり辿った あゝ 細い道  憶い出すたび とおざかる あの日はぐれた おふくろの顔 逢えぬ人なら それもよし どうせ名のれる あゝ 俺じゃない  生きてきたかと 問われたら 俺は笑って うなずくだろう 流れ流れの 人生も 夜が明ければ あゝ 明日がある
わかれ花誰かがささえて やらなけりゃ 倒れてしまう あの女 俺は行くぜと 別れたけれど うしろ髪ひく 残り雨  今日からひとりと つぶやいて 怨みをこめた あの泪  女ごころは 切ないけれど 俺にゃできない 幸せに  よごれたこの世に ただひとり 真珠のような あの女 きっと浮かぶさ 淋しい顔が 俺がいのちを 閉じるとき渡哲也水木かおる遠藤実誰かがささえて やらなけりゃ 倒れてしまう あの女 俺は行くぜと 別れたけれど うしろ髪ひく 残り雨  今日からひとりと つぶやいて 怨みをこめた あの泪  女ごころは 切ないけれど 俺にゃできない 幸せに  よごれたこの世に ただひとり 真珠のような あの女 きっと浮かぶさ 淋しい顔が 俺がいのちを 閉じるとき
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  3. KICK BACK
  4. 第ゼロ感
  5. アルジャーノン

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. Romance
  3. アルジャーノン
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照