逢坂川

この曲の表示回数 15,207
歌手:

渡哲也


作詞:

水木かおる


作曲:

遠藤実


汚れた女と 目を伏せたけど
襟の白さに あゝ 少女が残る
おなじ痛みの川千鳥
今のおまえがいいんだよ
水の都の さすらいに
ゆれて 流れて 逢坂川

小雨の街角 けんかをしても
背中あわせの あゝ ぬくみがかよう
夢にはぐれた 淋しさを
うめる相手はおまえだけ
北へ南へ あてもなく
ゆれて 流れて 逢坂川

捨てきれなかった この街の灯は
ひとの情に あゝ ほろりとにじむ
酔ってグラスに 逃げた日を
笑いばなしにしておくれ
ついてくるかい どこまでも
ゆれて 流れて 逢坂川
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:逢坂川 歌手:渡哲也

渡哲也の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-05-25
商品番号:TACL-2439
ニュートーラス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP