ふたりの日曜日

この曲の表示回数 25,471
歌手:

天地真理


作詞:

山上路夫


作曲:

平尾昌晃


バスは朝日の中を どこへ走るの
今日もあなた待つ街へ 向うのよ
そうよ あこがれ乗せて ゆれてゆくの
指折り数えて待った
ふたりの日曜日
あれから 小さな愛を
ひとりで 育てたのよ
私の瞳を見れば あなたも気づいてくれるわ
バスは 私の愛を乗せてゆくの

バスは郊外ぬけて 街にはいるわ
とても きれい街並みが かがやくわ
そうよ 心の中が ときめく時
あなたとだいじにしたい
素敵な日曜日
あれから 私の夢は
あなたの ことばかりよ
逢うたび いつでも愛は 心に大きくなるのよ
バスは 私の愛を乗せてゆくの 乗せてゆくのよ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ふたりの日曜日 歌手:天地真理

天地真理の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-03-08
商品番号:SRCL-3138
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP