木枯らしの舗道

この曲の表示回数 25,980
歌手:

天地真理


作詞:

山上路夫


作曲:

森田公一


街の舗道に 木枯らしふきぬける
さよならを言いましょう 次の角で
いつか月日が流れていったなら
すばらしい青春と思うでしょう
山のぼり魚つり
いろんなことを 教えてくれたあなた
そんなことするだけで 幸福(しあわせ)だった
帰らないあの頃が とても愛しい

それがくせなの 手をあげ行くあなた
だけどもう会えないの 明日からは
ここの街とも しばらくお別れね
泣かないで 歩くことできないから
土曜日に会うたびに
私にギター 教えてくれたあなた
しばらくは 弾けないわ ギターもきっと
帰らないあの頃を 想い出すから

あなたと夜更けまで
語ったことを忘れてないわ 今も
そんなことするだけで 幸福(しあわせ)だった
帰らないあの頃が とても愛しい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:木枯らしの舗道 歌手:天地真理

天地真理の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-11-21
商品番号:SRCL-4401
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP