さすらいの挽歌

この曲の表示回数 10,410
歌手:

渡哲也


作詞:

塔山清


作曲:

遠藤実


しあわせうすい 窓に灯りともし
指折りかぞえ 待ってる女
いつまでも しばりたくない
おれはもう 帰らないだろ
過ぎた季節は 返せないけど
これからの季節は おまえにやりたい

男は夢に 生きることを望み
女はいつも 幸せ願う
顔みれば 何もいえない
遠くから 別れを云おう
愛のしずかな くらしをまもる
おまえにはそう云う 男がにあうよ

野菊のように 咲いてくれたひとの
淋しい笑顔 ゆれてる旅路
何ひとつ 酬いられない
おれは今 それがせつない
いつかも一度 恋に逢えたら
花の夢いっぱい ひらいておくれよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さすらいの挽歌 歌手:渡哲也

渡哲也の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP