流浪

この曲の表示回数 11,431
歌手:

渡哲也


作詞:

ちあき哲也


作曲:

曽根幸明


親がいながら 孤児(みなしご)に
されて十年 東へ西へ
どこを塒(ねぐら)に かえようと
所詮無情の あゝ 風ばかり

あかの他人に もらわれて
たった七日も がまんができず
やがて家出(やさぐ)れ 泣きながら
ひとり辿った あゝ 細い道

憶い出すたび とおざかる
あの日はぐれた おふくろの顔
逢えぬ人なら それもよし
どうせ名のれる あゝ 俺じゃない

生きてきたかと 問われたら
俺は笑って うなずくだろう
流れ流れの 人生も
夜が明ければ あゝ 明日がある
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:流浪 歌手:渡哲也

渡哲也の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-11-22
商品番号:TACL-2504
ニュートーラス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP