×

麻生詩織の歌詞一覧リスト  12曲中 1-12曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
12曲中 1-12曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
おもいでジェラシー宵待草の花が 堀割りに ふたつみつ 人目に隠れて 風に揺れてる 暮れ六つの鐘に ぐずってる恋心 はかないギリシャの 悲劇のように 今もあなたが愛しい 涙だけが正直な答  おもいでジェラシー 肌が淋しくて おもいでジェラシー くちびるが乾いてゆく 私を抱いて も一度あなた  水鏡に浮かんだ 眉月のうす明かり 髪を梳きながら あなたを忍ぶ 時はあまのじゃく 心だけ遠ざける 信じていたのは ただのまぼろし 独りとり残されても 追いかけてる 結ばれぬ恋を  おもいでジェラシー どうかなぐさめて おもいでジェラシー ふりだしに戻して 今 私を抱いて あなたの胸で麻生詩織たきのえいじ金田一郎宵待草の花が 堀割りに ふたつみつ 人目に隠れて 風に揺れてる 暮れ六つの鐘に ぐずってる恋心 はかないギリシャの 悲劇のように 今もあなたが愛しい 涙だけが正直な答  おもいでジェラシー 肌が淋しくて おもいでジェラシー くちびるが乾いてゆく 私を抱いて も一度あなた  水鏡に浮かんだ 眉月のうす明かり 髪を梳きながら あなたを忍ぶ 時はあまのじゃく 心だけ遠ざける 信じていたのは ただのまぼろし 独りとり残されても 追いかけてる 結ばれぬ恋を  おもいでジェラシー どうかなぐさめて おもいでジェラシー ふりだしに戻して 今 私を抱いて あなたの胸で
帰りたくない夜ねぇ良かったら 話聞いてくれる ゆうべ恋を失くしたの 本当よ 外は雨降り そうよ女だって 帰りたくない夜もあるのです  もういっぱい あとひとつだけ 水割り水割り つき合ってほしい 氷の角が 丸くなっても せめてこの雨やむまで…  雨に降られた 髪は乾くけれど 捨てられたこの心はびしょぬれ ベソをかいても 気づかれないように にぎやかなこの店を選んだの  なぐさめないで 笑ってほしい ないものねだりと 叱ってほしいの 忘れる為に 酔えば酔うほど なおさら痛み つのるの  もういっぱい あとひとつだけ 水割り水割り つき合ってほしい 氷の角が 丸くなっても せめてこの雨やむまで…  せめてこの雨 やむまで…麻生詩織伊藤薫伊藤薫ねぇ良かったら 話聞いてくれる ゆうべ恋を失くしたの 本当よ 外は雨降り そうよ女だって 帰りたくない夜もあるのです  もういっぱい あとひとつだけ 水割り水割り つき合ってほしい 氷の角が 丸くなっても せめてこの雨やむまで…  雨に降られた 髪は乾くけれど 捨てられたこの心はびしょぬれ ベソをかいても 気づかれないように にぎやかなこの店を選んだの  なぐさめないで 笑ってほしい ないものねだりと 叱ってほしいの 忘れる為に 酔えば酔うほど なおさら痛み つのるの  もういっぱい あとひとつだけ 水割り水割り つき合ってほしい 氷の角が 丸くなっても せめてこの雨やむまで…  せめてこの雨 やむまで…
恋唄綴り涙まじりの 恋唄は 胸の痛さか 思い出か それとも幼い あの頃の 母に抱かれた 子守歌 ああ……夢はぐれ 恋はぐれ 飲めば 飲むほど 淋しいくせに あんた どこにいるの あんた 逢いたいよ  窓にしぐれの この雨は あすも降るのか 晴れるのか それとも涙が かれるまで 枕ぬらして かぞえ唄 ああ……夢はぐれ 恋はぐれ 泣けば 泣くほど 悲しいくせに あんた 抱かれたいよ あんた 逢いたいよ  ああ……夢はぐれ 恋はぐれ 飲めば 飲むほど 淋しいくせに あんた どこにいるの あんた 逢いたいよ麻生詩織荒木とよひさ堀内孝雄涙まじりの 恋唄は 胸の痛さか 思い出か それとも幼い あの頃の 母に抱かれた 子守歌 ああ……夢はぐれ 恋はぐれ 飲めば 飲むほど 淋しいくせに あんた どこにいるの あんた 逢いたいよ  窓にしぐれの この雨は あすも降るのか 晴れるのか それとも涙が かれるまで 枕ぬらして かぞえ唄 ああ……夢はぐれ 恋はぐれ 泣けば 泣くほど 悲しいくせに あんた 抱かれたいよ あんた 逢いたいよ  ああ……夢はぐれ 恋はぐれ 飲めば 飲むほど 淋しいくせに あんた どこにいるの あんた 逢いたいよ
シナリオ何も云わないで おやすみなさい 疲れた体を 投げだして  あなたの安らぎに なれるのなら それで私 生きてゆける  人生のシナリオ 書き足すことよりも 今日の続きを 演じられたら 何もいらない あなたのシナリオに 私をあずけるわ 通り過ぎた時間を 閉じ込めて  窓越しに見える 都会の広さ どこにも行かずに そばにいて  あなたの腕の中 いられるのなら 他に何も 欲しくはない  人生のシナリオ ふたりで綴れたら たとえ涙も 切なささえも 辛くないから あなたのシナリオの しあわせの場面に たどり着ける日まで ついて行く  人生のシナリオ 書き足すことよりも 今日の続きを 演じられたら 何もいらない あなたのシナリオに 私をあずけるわ 通り過ぎた時間を 閉じ込めて 麻生詩織たきのえいじ金田一郎何も云わないで おやすみなさい 疲れた体を 投げだして  あなたの安らぎに なれるのなら それで私 生きてゆける  人生のシナリオ 書き足すことよりも 今日の続きを 演じられたら 何もいらない あなたのシナリオに 私をあずけるわ 通り過ぎた時間を 閉じ込めて  窓越しに見える 都会の広さ どこにも行かずに そばにいて  あなたの腕の中 いられるのなら 他に何も 欲しくはない  人生のシナリオ ふたりで綴れたら たとえ涙も 切なささえも 辛くないから あなたのシナリオの しあわせの場面に たどり着ける日まで ついて行く  人生のシナリオ 書き足すことよりも 今日の続きを 演じられたら 何もいらない あなたのシナリオに 私をあずけるわ 通り過ぎた時間を 閉じ込めて 
忍冬ひとつの歳を 重ねる度に 綺麗になるって 本当ですか ためらいがちに うなづくけれど 心の迷い 消せません  ああ 夢より近く ああ 夢より遠い そんな近さで愛されるなら どうか私の体を抱いて 忍ぶ 忍ばす 忍冬(すいかずら)  一度だけの 人生だから 選んでください あなたの方で 私でいいの? あなたの隣 歩いてゆける その女は  ああ 淋しさばかり ああ ゆりかごにして ひとり枕を 抱いてたけれど 愛と呼ばせて あなたのことを 燃える心は 忍冬  ああ 夢より近く ああ 夢より遠い そんな近さで愛されるなら どうか私の体を抱いて 忍ぶ 忍ばず 忍冬 忍ぶ 忍ばず 忍冬麻生詩織たきのえいじ聖川湧ひとつの歳を 重ねる度に 綺麗になるって 本当ですか ためらいがちに うなづくけれど 心の迷い 消せません  ああ 夢より近く ああ 夢より遠い そんな近さで愛されるなら どうか私の体を抱いて 忍ぶ 忍ばす 忍冬(すいかずら)  一度だけの 人生だから 選んでください あなたの方で 私でいいの? あなたの隣 歩いてゆける その女は  ああ 淋しさばかり ああ ゆりかごにして ひとり枕を 抱いてたけれど 愛と呼ばせて あなたのことを 燃える心は 忍冬  ああ 夢より近く ああ 夢より遠い そんな近さで愛されるなら どうか私の体を抱いて 忍ぶ 忍ばず 忍冬 忍ぶ 忍ばず 忍冬
背中めがけて投げキッス別ればなしは うまく言ってよ 都会暮らしの 男じゃないの つくり笑顔で うしろ姿を 見送りながら ため息ひとつ 追ってみようか 止めようか それともすがって 泣きましょうか ゆれ動く ゆれ動く あたしの心  背中めがけて 投げキッス 想いをこめて 投げキッス 涙こらえて 投げキッス ちょっぴり淋しい 街の夕暮れ  はしゃぎすぎてる恋人たちが 今のあたしを 哀しくさせる とり残された おんながひとり 車を止めて 家路を急ぐ 電話しようか やめようか それとも誰かを誘うか 走り出す 走り出す あたしの心 背中めがけて 投げキッス サヨナラこめて 投げキッス 涙あふれて 投げキッス ちょっぴり淋しい 街の夕暮れ  背中めがけて 投げキッス 想いをこめて 投げキッス 涙こらえて 投げキッス ちょっぴり淋しい 街の夕暮れ麻生詩織杉本真人杉本真人別ればなしは うまく言ってよ 都会暮らしの 男じゃないの つくり笑顔で うしろ姿を 見送りながら ため息ひとつ 追ってみようか 止めようか それともすがって 泣きましょうか ゆれ動く ゆれ動く あたしの心  背中めがけて 投げキッス 想いをこめて 投げキッス 涙こらえて 投げキッス ちょっぴり淋しい 街の夕暮れ  はしゃぎすぎてる恋人たちが 今のあたしを 哀しくさせる とり残された おんながひとり 車を止めて 家路を急ぐ 電話しようか やめようか それとも誰かを誘うか 走り出す 走り出す あたしの心 背中めがけて 投げキッス サヨナラこめて 投げキッス 涙あふれて 投げキッス ちょっぴり淋しい 街の夕暮れ  背中めがけて 投げキッス 想いをこめて 投げキッス 涙こらえて 投げキッス ちょっぴり淋しい 街の夕暮れ
泣いて泣いて哀しくって哀しくって 涙が途切れない 今は泣いて泣いて早く忘れたいの 倖せって 不倖せと いつでも背中合わせ 眠りましょう 独りの夜は  迷い子の迷い子の仔猫 ゆうべの私に似てる 出された両手を振って 雨の中を逃げた  びしょ濡れの心が 張り裂ける思いが 私には判る  めぐり逢いは めぐり逢いは 別れの一里塚 今の人が次の季節 他人かもしれない ああ都会はなんて綺麗 見せかけの薔薇の花 蜃気楼を見ているみたい  ふらふら ふらふら街を 一人で彷徨いながら いけない遊びをしても 叱る人もいない  あの部屋に帰れば いくつもの思い出 私を責めるわ  哀しくって哀しくって 涙が途切れない 今は泣いて泣いて早く忘れたいの 倖せって 不倖せと いつでも背中合わせ 眠りましょう 独りの夜は  眠りましょう 独りの夜は麻生詩織伊藤薫伊藤薫哀しくって哀しくって 涙が途切れない 今は泣いて泣いて早く忘れたいの 倖せって 不倖せと いつでも背中合わせ 眠りましょう 独りの夜は  迷い子の迷い子の仔猫 ゆうべの私に似てる 出された両手を振って 雨の中を逃げた  びしょ濡れの心が 張り裂ける思いが 私には判る  めぐり逢いは めぐり逢いは 別れの一里塚 今の人が次の季節 他人かもしれない ああ都会はなんて綺麗 見せかけの薔薇の花 蜃気楼を見ているみたい  ふらふら ふらふら街を 一人で彷徨いながら いけない遊びをしても 叱る人もいない  あの部屋に帰れば いくつもの思い出 私を責めるわ  哀しくって哀しくって 涙が途切れない 今は泣いて泣いて早く忘れたいの 倖せって 不倖せと いつでも背中合わせ 眠りましょう 独りの夜は  眠りましょう 独りの夜は
みちのく本線隠し切れない 心の辛さ ぬぐえるものは ありますか もしも答えが 出せるなら あなたに聞いて みたかった  さよなら あなた これきりですね 悲しまないわ これ以上 みちのく本線 知る人もなく 窓の向こうは 奥州路  笑い話しで 済ませるなんて 女にすれば 無理なこと 桜咲く日を 待ちきれず 私はひとり 北へ行く  片道だけの 切符の文字が 心をゆすり 泣けと云う みちのく本線 薄墨模様 雨が心に 突きささる  さよなら あなた これきりですね 悲しまないわ これ以上 みちのく本線 知る人もなく 窓の向こうは奥州路麻生詩織たきのえいじ聖川湧隠し切れない 心の辛さ ぬぐえるものは ありますか もしも答えが 出せるなら あなたに聞いて みたかった  さよなら あなた これきりですね 悲しまないわ これ以上 みちのく本線 知る人もなく 窓の向こうは 奥州路  笑い話しで 済ませるなんて 女にすれば 無理なこと 桜咲く日を 待ちきれず 私はひとり 北へ行く  片道だけの 切符の文字が 心をゆすり 泣けと云う みちのく本線 薄墨模様 雨が心に 突きささる  さよなら あなた これきりですね 悲しまないわ これ以上 みちのく本線 知る人もなく 窓の向こうは奥州路
紅葉前線ひと足先に 信濃路を 秋の絵筆が 伸びていく 街道筋の 旅の宿 ひとり泊まるも もの悲し  女盛りの 季節は短い 足踏みばかり させないで あなた恋しい 心も肌も 紅葉前線 はかなく燃える  十日もすれば 凩が 冬の便りを 告げていく あなたが居れば 俳句でも お酒片手に ふたつみつ  無我の夢中で すきになるのは どうしていつも 女だけ あなた私を 欲しいと云って 紅葉前線 心にしみる  女盛りの 季節は短い 足踏みばかり させないで あなた恋しい 心も肌も 紅葉前線 はかなく燃える麻生詩織たきのえいじ国安修二ひと足先に 信濃路を 秋の絵筆が 伸びていく 街道筋の 旅の宿 ひとり泊まるも もの悲し  女盛りの 季節は短い 足踏みばかり させないで あなた恋しい 心も肌も 紅葉前線 はかなく燃える  十日もすれば 凩が 冬の便りを 告げていく あなたが居れば 俳句でも お酒片手に ふたつみつ  無我の夢中で すきになるのは どうしていつも 女だけ あなた私を 欲しいと云って 紅葉前線 心にしみる  女盛りの 季節は短い 足踏みばかり させないで あなた恋しい 心も肌も 紅葉前線 はかなく燃える
夢の降る街青い森を抜け 辿り着いた街は 星も雪も無く 夢だけが降ってた 独り 淋しさに凍え 聞いた 優しい声 受話器 持つ手震えても 強がった あの日 近道のない旅だから 私らしく 歩けばいい 振り返れば きっと降り積もる しあわせの華  白い息を吐き 空を見上げた夜 そっと手のひらに 綴ったあこがれ あの日手を振るあなたに 背中 向けられずに 強く 抱いて にじませた 愛しい風景 巡り行く季節の風に 迷いながら 濡らした夢 目を閉じれば 今も温かい ささやきの影  近道のない旅だから 私らしく 歩けばいい 振り返れば きっと降り積もる しあわせの華麻生詩織別所秀彦別所秀彦青い森を抜け 辿り着いた街は 星も雪も無く 夢だけが降ってた 独り 淋しさに凍え 聞いた 優しい声 受話器 持つ手震えても 強がった あの日 近道のない旅だから 私らしく 歩けばいい 振り返れば きっと降り積もる しあわせの華  白い息を吐き 空を見上げた夜 そっと手のひらに 綴ったあこがれ あの日手を振るあなたに 背中 向けられずに 強く 抱いて にじませた 愛しい風景 巡り行く季節の風に 迷いながら 濡らした夢 目を閉じれば 今も温かい ささやきの影  近道のない旅だから 私らしく 歩けばいい 振り返れば きっと降り積もる しあわせの華
夜明けのトンボ向こうみずね ないものねだりね まるで無邪気な 一幕芝居ね 季節の継ぎ目を 越せないままで さよならですか  あなたもたぶん 夜明けのトンボ おもいでくわえて 背を向ける 男はみんな 夜明けのトンボ 女の胸を 貸りるだけ  はやり歌の 別れの言葉が 何故か今夜は 心に沁みるわ 水割りグラスに 涙がにじむ あなたのせいね  戻っておいで 夜明けのトンボ 私がまぶたに 映ったら いつものように 夜明けのトンボ 冗談云って 笑わせて  あなたもたぶん 夜明けのトンボ おもいでくわえて 背を向ける 男はみんな 夜明けのトンボ 女の胸を 貸りるだけ 麻生詩織たきのえいじ杉本真人向こうみずね ないものねだりね まるで無邪気な 一幕芝居ね 季節の継ぎ目を 越せないままで さよならですか  あなたもたぶん 夜明けのトンボ おもいでくわえて 背を向ける 男はみんな 夜明けのトンボ 女の胸を 貸りるだけ  はやり歌の 別れの言葉が 何故か今夜は 心に沁みるわ 水割りグラスに 涙がにじむ あなたのせいね  戻っておいで 夜明けのトンボ 私がまぶたに 映ったら いつものように 夜明けのトンボ 冗談云って 笑わせて  あなたもたぶん 夜明けのトンボ おもいでくわえて 背を向ける 男はみんな 夜明けのトンボ 女の胸を 貸りるだけ 
ろくでなしあんたがおもう そんな女性が どこかにいたら お目にかからせて 男の中に 住んでる虫が 綺麗な花を また追いかける ろくでなし 強がるけれど 本当は 可愛い 可愛い坊や ろくでなし 朝方までに 帰っておいでよ ここへ  あんたは愛を いつも食べ残し 自分勝手に 悲しいふりしてる 心を着替え 今夜も街の 酒場で夢を またひろげてる ろくでなし 淋しがり屋の お尻が青い 青い坊や ろくでなし 酔いつぶれても 帰っておいでよ ここへ  ろくでなし 強がるけれど 本当は 可愛い 可愛い坊や ろくでなし 朝方までに 帰っておいでよ ここへ ろくでなし 朝方までに 帰っておいでよ ここへ麻生詩織荒木とよひさ堀内孝雄あんたがおもう そんな女性が どこかにいたら お目にかからせて 男の中に 住んでる虫が 綺麗な花を また追いかける ろくでなし 強がるけれど 本当は 可愛い 可愛い坊や ろくでなし 朝方までに 帰っておいでよ ここへ  あんたは愛を いつも食べ残し 自分勝手に 悲しいふりしてる 心を着替え 今夜も街の 酒場で夢を またひろげてる ろくでなし 淋しがり屋の お尻が青い 青い坊や ろくでなし 酔いつぶれても 帰っておいでよ ここへ  ろくでなし 強がるけれど 本当は 可愛い 可愛い坊や ろくでなし 朝方までに 帰っておいでよ ここへ ろくでなし 朝方までに 帰っておいでよ ここへ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 百万本のバラ
  2. 最愛
  3. 悲しみは雪のように
  4. ミッドナイト・トレンディ
  5. ラジオ体操の歌

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. スーパーレア
  3. ELEVEN -Japanese ver.-
  4. 出町柳パラレルユニバース
  5. LOVE, SO GOOD.

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照