おもいでジェラシー

この曲の表示回数 9,940

宵待草の花が 堀割りに ふたつみつ
人目に隠れて 風に揺れてる
暮れ六つの鐘に ぐずってる恋心
はかないギリシャの 悲劇のように
今もあなたが愛しい
涙だけが正直な答

おもいでジェラシー 肌が淋しくて
おもいでジェラシー くちびるが乾いてゆく
私を抱いて も一度あなた

水鏡に浮かんだ 眉月のうす明かり
髪を梳きながら あなたを忍ぶ
時はあまのじゃく 心だけ遠ざける
信じていたのは ただのまぼろし
独りとり残されても
追いかけてる 結ばれぬ恋を

おもいでジェラシー どうかなぐさめて
おもいでジェラシー ふりだしに戻して 今
私を抱いて あなたの胸で
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:おもいでジェラシー 歌手:麻生詩織

麻生詩織の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003/05/21
商品番号:EPCE-5215
ZETIMA

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP