試聴する

夜ごとの涙

この曲の表示回数 5,566
歌手:

北見恭子


作詞:

星野哲郎


作曲:

船村徹


あなたにあげた さよならを
忘れるための 酒なのに
毎夜につのる 恋しさの
炎の中で 独り泣く

なんでもないわ もういちど
昔に戻る だけだもの
男のように さりげなく
微笑えば ゆがむ影法師

もしもにかけた ひとすじの
願いの糸も 切れぎれに
いまさら誰を 裏街の
灯影にかくす 恋の傷
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜ごとの涙 歌手:北見恭子

北見恭子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-07-20
商品番号:COCA-13524
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP