試聴する

霧情の港

この曲の表示回数 6,585
歌手:

北見恭子


作詞:

松井由利夫


作曲:

岡千秋


忘れたつもりのおもかげを
思い出させて 今夜も霧が降る
あんたはきっと帰ってきます
半年待ったら 待たされついで
紅いはまなす 枯れるまで

北国育ちの 鴎には
嬉しがらせる 嘘などつけないさ
あんたはきっと 帰ってきます
涙を枕に 夜通し酔って
ほろり歌った お立ち酒

あんたの港はわたしだけ
夢の灯りは 消さずに待ってるよ
あんたはきっと 帰ってきます
もうすぐこの霧 霙に変わりゃ
慕情抱えて 冬籠り
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:霧情の港 歌手:北見恭子

北見恭子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-11-21
商品番号:COCA-12957
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP